ゆで あずき レシピ。 ぼた餅の作り方!簡単に出来るおはぎ・ぼたもちの基本レシピ [毎日のお助けレシピ] All About

おいしいそら豆のゆで方/ゆで時間:白ごはん.com

ゆで あずき レシピ

超簡単! 小豆 あずき のゆで方 レシピ 超簡単! 小豆 あずき のゆで方 レシピ 時間のない方に、小豆 あずき を簡単にゆでる方法を教えます。 何かと下準備が面倒な『小豆』。 それが、実はとっても簡単に出来る方法がありました。 私もこれには、びっくりしました。 そんだけなら、私にもできるはずだわ。。。 と やってみたら、ほんとに簡単!! それは炊飯器を使う方法です。 栄養も逃げず、砂糖無添加なので、自然な甘さが味わえます。 乾燥あずき 1カップ 水 3カップ 作り方: 1)乾燥あずきをサッと洗って炊飯器に入れる。 2)水3カップを入れ、炊飯スイッチオン。 3)スイッチが保温に切り替わったらふたを開け、 まだ水分が残っているようなら、 再びふたをして、炊飯スイッチをオン。 4)次に保温になったら、できあがり。 ( CafeGlobeレシピより) これを基本にしてアンコが作れます。 これに、砂糖で甘みを加えれば、『つぶあん』になります。 『こしあん』は、フードプロセッサーでがぁーとしたあと、鍋で水分と甘みを加えればOKです。 実際作ってたら、市販のアンコがあんなに甘いのは、相当な量の砂糖が入ってることがわかりました。 あの甘さに慣れてしまった舌には、自分で作ったあんこだと、かなり甘さ控えめになっています。 自分のアンコの味が出来たら、私も日本の味がわかる人に近づくのかな。。。 ・ ・ Copyright C 2008. All Rights Reserved.

次の

超簡単!小豆(あずき)のゆで方(レシピ)

ゆで あずき レシピ

超簡単! 小豆 あずき のゆで方 レシピ 超簡単! 小豆 あずき のゆで方 レシピ 時間のない方に、小豆 あずき を簡単にゆでる方法を教えます。 何かと下準備が面倒な『小豆』。 それが、実はとっても簡単に出来る方法がありました。 私もこれには、びっくりしました。 そんだけなら、私にもできるはずだわ。。。 と やってみたら、ほんとに簡単!! それは炊飯器を使う方法です。 栄養も逃げず、砂糖無添加なので、自然な甘さが味わえます。 乾燥あずき 1カップ 水 3カップ 作り方: 1)乾燥あずきをサッと洗って炊飯器に入れる。 2)水3カップを入れ、炊飯スイッチオン。 3)スイッチが保温に切り替わったらふたを開け、 まだ水分が残っているようなら、 再びふたをして、炊飯スイッチをオン。 4)次に保温になったら、できあがり。 ( CafeGlobeレシピより) これを基本にしてアンコが作れます。 これに、砂糖で甘みを加えれば、『つぶあん』になります。 『こしあん』は、フードプロセッサーでがぁーとしたあと、鍋で水分と甘みを加えればOKです。 実際作ってたら、市販のアンコがあんなに甘いのは、相当な量の砂糖が入ってることがわかりました。 あの甘さに慣れてしまった舌には、自分で作ったあんこだと、かなり甘さ控えめになっています。 自分のアンコの味が出来たら、私も日本の味がわかる人に近づくのかな。。。 ・ ・ Copyright C 2008. All Rights Reserved.

次の

あずき(小豆)のゆで方、煮方、下ごしらえ

ゆで あずき レシピ

知る人ぞ知る大分県の名菓「ゆでもち」。 小麦粉を練った生地で、あずきやさつまいもの餡を包んで茹でます。 材料 1人前 小麦粉 適量 水 適量 あずき、さつまいも、かぼちゃ、クリームチーズなどお好みの具 適量 本日11月14日は「大分県民の日」。 1871年に廃藩置県により大分県が誕生したことに由来しているそうです。 あ、私(筆者)は大分出身ではないのでWikipediaで調べました。 そこでご紹介したいのが、知る人ぞ知る大分県の名菓「 ゆでもち」!ご存知の方もいらっしゃるでしょうか?小麦粉を練った生地で、あずきやさつまいもの餡を包んで茹でた平べったいお菓子です。 めちゃくちゃ素朴なんですが、 これがとってもおいしいんですよ。 本日のダークホース 中でも、もっともおいしかったのは「 煮リンゴ&クリームチーズ」。 ねっとり濃厚なクリームチーズの酸味が引き立てる、しゃきしゃきリンゴのジューシーな甘み。 リンゴに加えておいたシナモンのスパイシーな香りも効いています。 そして今回のダークホース「 サンマの蒲焼き」が意外とおいしかったことにもビックリ!茹であがった直後はなんていうか… 化石発掘キットみたいな見た目になりましたが、食べてみると、生地のほんのりとした塩気とサンマの甘辛い味が絶妙に合うのです。 おやつというより、うどんとか、すいとんみたいなイメージですかね。

次の