デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局。 デリケートゾーン専用の石鹸は薬局で買えるの?

すそわきがはデリケートゾーン専用の石鹸でケアすると臭わない

デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局

デリケートゾーンを普通のボディソープで洗ってはいけない理由とは? ボディゾーンは体を清潔にするための石鹸ですから、デリケートゾーンも洗って問題はないように思えます。 ところがボディソープで洗い続けていくと、肌あれやかゆみ・においが強くなるなどのトラブルに悩む女性が多いのはどうしてでしょう。 洗浄力が強すぎる 「弱酸性と書いてあるから、これなら肌に良いだろう」多くの人は、ドラッグストアに並んでいるボデイソープをこのように選んでいます。 CMでも「肌にやさしい」「赤ちゃんも洗える」と宣伝していれば、誰でもそう思うでしょう。 ですが、どんなに「弱酸性」とはいっても多くのボデイソープはPH10前後のアルカリ性です。 PH7を中性、それ以下は酸性、以上がアルカリ性になります。 健康な肌はこのアルカリ性の洗浄力で洗っても、肌を弱酸性に戻そうとする力がありますから特にトラブルを起こす事もありません。 デリケートゾーンのは、目元よりも薄く非常にデリケート。 デリケートゾーンのPHは約4~5、膣内は自浄作用があり常に酸性に保たれるようになっています。 これをアルカリ性の洗浄成分で洗っていると、最初はなんとかして酸性に戻ってはいきますが、洗い続けることで乾燥がすすんでしまうとその力もどんどん低下し、ニオイやかぶれのトラブルを起こしやすくなってしまいます。 そう考えれば、デリケートゾーンは専用石鹸で洗うのが正解です。 尿や分泌物は拭いても完全に取り去る事はできません。 生理中はナプキンによって蒸れも起きますし、皮脂も多いのでニキビなどもできやすいです。 そんな敏感でデリケートな部位は、洗浄力の優しい石鹸を使うのが一番良い方法です。 ボディソープでデリケートゾーンを洗うとしみる!そんな経験はありませんか? ボディソープで陰部を洗うと、しみるような感触やヒリヒリすることはないでしょうか?「ボデイソープが原因?」とまずは思うかもしれませんが、それ以外にも原因がかくされていることもあるのです。 炎症を起こしている セックスや自慰行為だけでなく、トイレットペーパーで強く拭いてしまう癖があったりお風呂で洗う時に、ボディタオルで直接洗っているなど。 傷をつけやすい行為をしていないでしょうか? それだけでなく、生理用品やオリモノシートをこまめに取り替えないことで炎症を起こしてしまっていることも考えられます。 カンジダ膣炎は、ストレスや疲労の蓄積でもなりやすい病気です。 カンジダ膣炎は、クセになりやすく再発を繰り返してしまいますので「日頃のケア」がとても大切。 早めに病院で治療を受けてください。 女性に多い膀胱炎 女性に多い膀胱炎は、トイレに行く時間がない・人前で恥ずかしいので我慢してしまう事でなりやすいと言われています。 膀胱炎は尿道から膀胱に雑菌が入り込んでしまうことで炎症を起こし、「排尿痛」「腹痛」が起こり、尿が濁ったり、トイレ回数が増えていきます。 清潔にしていれば、雑菌が尿道から入り込むことはないのですが、ビデの使い過ぎや間違った拭き取り、洗浄のやり方によって大腸菌が尿道から入り込んでしまうことも原因の一つと言われています。 体が弱っている・皮膚が乾燥しているときには雑菌も入り込みやすく、炎症を起こしてしまいやすくなるもの。 そこへ、いつものようにボディソープで洗浄するとそれが悪化して痛みや違和感を起こしてしまいます。 そうならない為にも、普段からデリケートゾーン専用の石鹸を利用して、清潔に・することが予防にもつながるのです。 何が違うの?デリケートゾーン専用ボディソープや石鹸の特徴 デリケートゾーンは皮膚が薄いだけでなく、蒸れやすく汚れも付着しやすい部位です。 そんなダメージを受けているデリケートゾーンを、優しくケアするのは専用の石鹸。 ボディソープとは何が違い、どのような効果・効能があるのでしょうか。 デリケートゾーンを守る弱酸性 尿やおりものは、アルカリ性の物質です。 体や顔は、中性の石鹸やボディソープで洗っても、回復は早いのですがデリケートゾーンの皮膚は非常に薄いので石鹸の保湿力でそれをカバーする必要があります。 ソフトに汚れを落としながら、自浄作用を邪魔せず善玉菌だけを残して洗い流す、本当の弱酸性(㏗5)の洗浄成分でつくられているのがデリケートゾーン専用石鹸です。 泡立ちがきめ細かくソフトに洗う事ができる デリケートゾーンの構造は複雑ですが、ごしごしこすったりしてはいけません。 顔と同じで、泡で優しく包み込むように洗う事が大切です。 デリケートゾーン専用の石鹸は、キメの細かい泡で包み込むようにして洗うことができるように工夫されています。 においやかゆみをケアできる デリケートゾーン専用の石鹸には、抗炎症成分や殺菌成分が配合されています。 これがゆるやかに作用すると、おりものや生理中のにおいもしっかりと消臭し、皮膚をやさしく守ってくれます。 デリケートゾーンの石鹸にはどんな効果があるの? 女性が気にする匂いのケアはもちろんですが、この他にも専用の石鹸を使うことで様々な効果を得ることができます。 乾燥を防いで潤いを与える事ができる 蒸れやすいデリケートゾーンですが、トイレットペーパーで拭き取ったりナプキンやオリモノシートの摩擦によって乾燥が進みやすくなっています。 特に更年期を控えた年齢の女性や、閉経後の女性のデリケートゾーンは乾燥しやすく匂いもしやすいもの。 専用石鹸には植物由来の成分が豊富に含まれています。 中には天然の保湿成分が配合されていますので、やさしく洗うだけでしっかり保湿して皮膚を正常な状態にします。 黒ずみを解消できる石鹸もあります デリケートゾーンは下着の締め付けや摩擦によって、黒ずみが非常にできやすくなっています。 これが強い匂いの原因になっていることもありますので、美白成分が入った専用石鹸を毎日使うことでメラニンの排出を促し、気になる黒ずみを解消できます。 メラニン色素は毛穴の奥の方から浮き上がってきますので、毎日しっかりケア7することがとても重要です。 デリケートゾーンは、入浴した時には毎日洗う部位ですから石鹸でのケアが好ましいのです。 石鹸だけでなく、保湿・美白効果のあるクリームなどを併用するとより効果が高くなり肌も透明感が生まれます。 嫌な匂いを洗って解消することができる ジャムウなどの天然ハーブや、消臭効果の高い「柿タンニン」などが配合されていますので、生理中の嫌なニオイや「すそわきが」のような独特な臭気もスッキリ洗い流してくれます。 スソワキガに人は、消臭効果のあるデリケートゾーン専用石鹸でケアするだけでなく、デリケートゾーンに使えるデオドラントとの併用がおすすめです。 デリケートゾーン専用石鹸なら何でも良いの?正しい石鹸の選び方 デリケートゾーン専用の石鹸の種類も増えましたが、どれも同じような効果を得られるわけではありません。 ですが「デリケートゾーン専用の石鹸」と記載がありながらも洗浄力が高く、刺激が強いものもたくさんあります。 デリケートゾーン専用の石鹸は3つのポイントをチェック! デリケートゾーンに優しい弱酸性• 保湿力があり刺激がないもの• 抗炎症や殺菌成分が含まれている 弱酸性の洗浄力 デリケートは自浄作用があるので、他の部位のように強い洗浄力は必要ありません。 あくまでも必要のない雑菌や汚れを洗い流して、自浄力を高めてあげることを優先します。 アレルギー体質の人や敏感肌の人は、成分をしっかりチェックして自分がアレルギーを起こす成分がないか確認しましょう。 オレイル硫酸TEA・カルニチン・ラウリル硫酸などの洗浄成分はデリケートゾーン専用石鹸には不向き。 これが入っているものは避けた方が良いでしょう。 乾燥を防ぐ保湿成分 ムレやすいデリケートゾーンが乾燥する?想像がしにくいかもしれませんが、毎日尿や便の拭き取りに生理中は経血の拭き取りとデリケートゾーンは気をつけていても摩擦により皮膚が乾燥しやすくなっています。 ましてや目元よりさらに皮膚が薄いために、一度乾燥すると肌のバリア機能が低下してしまい雑菌が繁殖しやすく、黒ずみもできやすくなります。 必要な潤いをキープするだけでなく、肌に留まる保湿成分が含まれているものが好ましいでしょう。 美白成分と違い、保湿成分は石鹸から肌に浸透して留まるので、コラーゲン・セラミド・ヒアルロン酸などが含まれているものはより保湿力が高くなります。 また、天然の植物は保湿だけでなく収れんや抗菌効果をもっていますので、それにも注目しておきたいものです。 においの元の雑菌を増やさない殺菌効果 デリケート専用石鹸には、柿渋エキスやミョウバン、イソピロピルメチルフェノール等の殺菌効果の高い成分が含まれています。 においの元を殺菌するだけでなく、生み出さない成分も必要なもの。 ジャムウは、女性のデリケートな仕組みを考えて組み合わせたハーブで、においにもしっかりアプローチします。 デリケートゾーン専用石鹸には、このジャムウ成分が配合のものが多くみられます。 選ぶ時の目安にしても良いでしょう。 デリケートゾーン用石鹸は、無香料のものもあれば香料が入っているものもあります。 石鹸で洗い流せば、残り香程度で特に気にするほどの強さではありませんし、それがにおいを中和する作用をしてくれます。 合成香料ではなく、天然の植物から抽出した香りを使っているなら安心です。 デリケートゾーンの石鹸は市販 薬局・マツキヨ・ドンキ で購入してもいいの? 思い立ったらすぐに使いたいのがデリケートゾーン専用石鹸です。 汗や皮脂、尿などによって、多少は匂いはあって仕方がないものですが、生理などのホルモンバランスの乱れにより強くなると手早くなんとかしたくなるものです。 仕事帰りに近くにあるマツキヨやドンキに立ち寄る人は、そこで購入できれば気楽でいいですよね。 通常の石鹸とは違い、デリケートゾーン専用石鹸は少々高額ですから、ディスカウントがある店にあるならそちらで購入したいもの。 ナプキンなどが並んでいる棚の近くに、デリケートゾーン専用石鹸が配置されている店が多いので店内をあちこち回らなくても簡単に手に入れることができます。 デリケートゾーンの石鹸は市販だと通販より安い 市販で購入できるデリケートゾーン専用石鹸は、「コラージュフルフル」「サマーズイブ」「ラクタシード」などです。 通販購入だと1500円~3000円と高額なのに対して、市販の商品は1000円程度で購入できます。 コラージュフルフルは泡タイプの石鹸で、雑誌でも紹介されていますのでどのような商品かも知っている人も多いでしょう。 洗い心地も好評で、使った事で「匂いが気にならなくなった」と答えているひとが多いです。 日本製の石鹸ですし、デリケートゾーン以外の石鹸もシリーズでありますのでそちらを使っている人も安心して使えるでしょう。 サマーズイブ、ラクタシードは海外製のデリケートゾーン専用石鹸のために肌質によっては合わずに、かゆみがでることがあります。 使用を中止してもかゆみがあったりかぶれてしまったようなひとは婦人科で診察を受けましょう。 脱毛後したらデリケートゾーン専用石鹸を使いましょう デリケートゾーンは蒸れやすく、においが気になることからアンダーヘアを脱毛したりを整える人が増えてきました。 手入れすることによって、経血やおりものが付着することを防ぎ清潔感のあるデリケートゾーンを手に入れることができます。 脱毛で受けたダメージ回復にも、デリケートゾーン専用石鹸や薬用ボディソープ 脱毛サロンやエステで脱毛をした後は、自宅でも保湿成分を与えて肌をいたわらなくてはいけません。 もちろん、デリケートゾーンに使える保湿クリームで、しっかり潤いを与えてあげることは必須。 デリケートゾーン専用石鹸は刺激がないだけでなく、保湿成分もたっぷり含まれていますので、脱毛でダメージを受けた皮膚をしっとりさせることができます。 快適になっただけでなく、脱毛した皮膚を回復させてトラブルから守ることも脱毛後には大切なこと。 デリケートゾーン専用石鹸で、ケアすれば脱毛効果もしっかり感じることができます。 ただ洗えばいいわけではなく、正しい洗い方をしないとトラブルを引き起こすことになってしまいます。 乱暴にすると、爪で傷つけてしまい毛嚢炎などを起こしてしまうことにもなりかねませんので注意してください。 デリケートゾーンは前から後ろに洗いましょう デリケートゾーンは本来は前から後ろに向かって拭くものですが、便を拭きにくいためについ後ろから前にサッと拭いてしまう人もいるようです。 肛門には大腸菌が住みついていますし、便をすませたあとはその便を拭き取っても見えない雑菌がそこにあるわけですから、トイレで用を済ます度に大腸菌をデリケートゾーンに運んでしまうとどうなるでしょう。 せっかくデリケートゾーン専用石鹸で洗うのですから、雑菌や汚れを効率よく落とす洗い方をしましょう。 アンダーヘアから性器、IラインとOライン、最後に肛門をやさしく洗います。 石鹸はかならず泡立てて洗うこと 泡立てネットでたっぷりした泡をつくるのが一番良いのですが、すぐに用意できないならボディタオルでしっかり泡を作ります。 これでデリケートゾーンののせて「泡で洗う」事を意識します。 においが気になる生理中やで悩んでいる人は、泡をデリケートゾーンに乗せて2~3分間パックしてみましょう。 長くおいても効果が強くなるわけではありませんので、最長3分を目安に洗い流してください。 シャワーより洗面器でさっと洗い流す 陰部はトイレットペーパーのかすや尿のかすが溜まりやすいので、指の腹でそっと洗っておきます。 シャワーよりも、洗面器にぬるま湯をはりさっと洗い流す方が刺激がありません。 シャワーで洗いたい場合、お湯の温度をぬるめにしてシャワーの湯圧は少し抑えめにすること。 少し手を当てながら洗うと、より肌にやさしく洗いあがります。 タオルで抑えるようにして水分をきる せっかく丁寧に洗い流したデリケートゾーンをゴシゴシとタオルでこすると、肌を傷めてしまい乾燥したり黒ずみができやすくなります。 軽く抑えるようにして水分を拭き取りましょう。 もっと知りたい!デリケートゾーン専用石鹸あるあるQ&A 専用石鹸で洗うことが大切な事はわかっいても「これってどんなんだろう」という疑問も多いはず。 その後のケア方法など、デリケートゾーン専用石鹸に多く寄せられる疑問の中から「これは知りたい」ことをピックアップしました。 Q:どれくらい使えば、においは消えるの? A:医薬部外品の殺菌・抗菌成分や天然成分がたっぷり含まれているので、早くに効果を感じることができます。 早い人は、ボディソープから占用石鹸に替えた当日に「においが消えた」と感じる人もいますし、気づいたらにおいがなくなっている人もいます。 平均的に1週間毎日ケアすれば、においを気にすることなく過ごせます。 生理中や妊娠中に使っても安心?性病や膀胱炎などの時は使わない方がいいの? A:石鹸成分が、皮膚から浸透して体に影響を及ぼすことはありませんので妊娠中に使っても問題はありません。 生理中は、経血のにおいが気になりますし、膀胱炎やカンジダ膣炎になった時には特に衛生面も気をつけたいものです。 ボディソープをつかうより、専用石鹸でていねいに優しく洗うことで気分もすっきりしますし、雑菌の繁殖を抑え増すので安心して利用してください。 デリケートゾーン専用ボディソープ・石鹸で体を洗っても良いですか? A:体の中でももっとも皮膚が薄いデリケートを洗い流せる洗浄成分ですから、体を洗ってもまったく問題はありません。 敏感肌で通常のボディソープで肌荒れするような人は、デリケートゾーン専用石鹸で洗うと肌も乾燥しなくなります。 デリケートゾーン専用石鹸は、洗浄力がソフトなので汗をかいた時には普通のボディソープや石鹸を使うなど、体は使い分けするのもよいでしょう。 今日からデリケートゾーンはボディソープで洗わない!においをスッキリとさせてくれる石鹸紹介します デリケートゾーン占用石鹸なら、どんな商品でもにおいケアができる、トラブル知らずになるものではありません。 においが気になるのであれば、弱酸性の洗浄成分・合成界面活性剤フリーだけでなく、殺菌・抗菌・抗炎症作用のある石鹸を選びましょう。 とくに人気や口コミがいいだけでなく、成分的にも安心してつかうことができる石鹸を厳選して紹介します。 デリケートゾーンにおすすめボディソープ・石鹸ランキングはこちら デリケートゾーンは、体を洗う石鹸と同じ成分で洗浄していると乾燥しやすくなったり、傷がつきやすくなってしまいます。 常在菌を洗いすぎない、弱酸性の洗浄成分で、保湿力があり刺激がないものを長期的に使用することによって効果を発揮し持続させることができます。 香りがあるもの、泡立ちが豊かなものなど使う人の好みはあるでしょうが、口コミだけに惑わされることなく自分が使いやすいものを継続してつかうこと。 そしてにおいの悩みをスッキリ解消してください。 第18位 インティマ ウォッシュジェル 雑誌でも紹介されたことがあるデリケートゾーン専用ウォッシュジェル。 価格も手ごろで、ポーランドでは大人気だそうです。 200mlは750円、500mlが1,805円(税抜)と手ごろな価格が人気です。 第17位 フロプリー 内側からのにおいと雑菌によるにおいのWアプローチを考えたフロプリー。 柿タンニンとシャンピニオンエキスで消臭。 プエラリアミリフィカとオリゴ糖で体を整えます。 ボディソープは医薬部外品で、グリチルリチン酸・シメン-5-オールで、しっかり殺菌・炎症を抑えて健康な肌をキープ。 柿タンニンをはじめとした天然成分を配合し、においを元から断ち切ります。 定期コースは25日の返金保証付で初回は7800円 税別 が5800円となっています。 第16位 愛肌ソープ ジャムウ成分を30種類を含み、しっとりした石鹸を作るための枠練り製法。 泡立ちもよく、きめの細かな泡はパックにも最適です。 ローズの香りでバスタイムも癒される愛肌ソープは単品2400円 税抜 が定期コースなら2040円、2回目以降は15%OFFにもなります。 第15位 ラクタシードオールデイ ケア ホエイ・乳酸を配合し肌に潤いを与えてやさしい面では評価できます。 洗浄成分に合成界面活性剤が多く配合されています。 においケアに必要な成分もなく、汚れはおとせてもにおいケアとしては不合格。 弱酸性だから、良い石鹸とは限りません。 第14位 ㏗ケアフェミニンウォッシュ 弱酸性、pH5のデリケートゾーン専用のボディウォッシュ。 香りも色々ありますので、好みで選ぶことができます。 洗浄力はソフトですが、香料がやや強め。 かゆみには効果がある成分は配合されていますが、においケアには弱いです。 第13位 コアソープ アミノ酸系の洗浄成分でデリケートゾーンをやさしく洗い流します。 豪華な美容成分に、イソフラボンやプエラリタミリフィカを配合し、女性らしさもアップ。 消臭ケアだけでなくアンダーヘアをふわふわにもしてくれます。 1本で2ヶ月2500円 税別 ですからコスパにも優れています。 第12位 東京ラブソープ プレミアム 美白成分をたっぷり配合した、東京ラブソーププレミアム。 柿タンニンや茶エキスもしっかり配合で、消臭ケアにも効果があります。 肌力を高める成分が多く、皮膚のターンオーバーを正常化して乾燥から守りケアする石鹸です。 ジャムウ製法ではありませんが、乳酸桿菌・豆乳発酵液が配合されているのも注目です。 第11位 ドルチェローズ 生ジャムウソープ においケアには、天然由来成分の柿タンニン・茶エキスがしっかりサポート。 23種類の天然由来成分を配合して、デリケートな肌を守ります。 美容オイルと美容成分をたっぷり配合することで、黒ずみや美白効果が高く「黒ずみケア」の石鹸として選ばれています。 コールドプロセス製法の練り石鹸なので使い込むとやわらかくなるのも特徴。 イランイランとローズの香りで、女子力もアップします。 1個1,728円、3個セットから送料無料です。 定期購入なら初回が1,296円 3回の購入が必要 とお安く手に入れられます。 第10位 ペマエンジェル レディハート 無添加のジャムウ石鹸であり、天然の洗浄成分で肌をやさしく洗い上げます。 コールドプロセス製法で、成分を壊さずに石鹸に閉じ込めているので石鹸でありながらボディソープのようななめらかさを持った洗い上がりです。 においはもちろん美白成分配合で、黒ずみケアにも効果が高く透明感のある美しい肌を生み出します。 1個2,052円(税込)、2個セット4,039円(税込)、3個6,048円とまとめ買いがお得になっていますので「においをケアしながら、美肌を手に入れたい」人はお試しあれ! 第9位 ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ 低価格のジャムウソープで、消臭だけでなく黒ずみ解消のマグワ根皮エキスやカミツレ花エキス・ツボクサエキス等をたっぷり含んでいます。 1個で約2ヶ月使用できつ1512円のコスパの良さも見逃せません。 Webで定期便を申し込むと、プラス1個プレゼントキャンペーンありで定期を続けると、割引も大きくなるのでお得です。 第8位 ロンタルハーバルジェルソープ デリケートゾーンの消臭・黒ずみケアのためのソープで、チューブタイプになっているのが特徴。 弱酸性に洗浄成分、ミョウバンと柿タンニン配合で、気になる臭いをシャットアウトします。 ジャムウ成分として、パパイヤ、ティーツリーなどを配合し、保湿効果もバッチリです。 デザインが非常におしゃれで、デリケートゾーン専用とは見えませんので、日帰り温泉に持っていっても気にならないのも嬉しいです。 全身の洗浄にも使えますので、敏感肌の人はボディソープをやめて全身の洗浄につかうのも良いでしょう。 2本セットは泡立てネット付きで4,590円(税込)になっています。 第7位 アンボーテ フェミニーナウォッシュ ダマスクローズが成分の30%を占める、アンボーテフェミニーナウォッシュはメディアでも話題になっている液体タイプのデリケートゾーン専用石鹸になります。 オーガニック認証「COSMOS」認定を受けていて、成分の安全性が非常に高いのも高ポイント。 においやかゆみケアに、天然成分がしっかり作用。 保湿成分も非常に豊富で、傷んだデリケートゾーンを優しく洗い流しケアしてくれます。 コンパクトな使い切りサイズで、ローズの香りが女性らしいです。 石鹸では泡立てにくく、使いにくさを感じるひとにおすすめします。 定期購入すれば43%OFFの3,980円で購入することができ、休止や解約の定期縛りはありません。 6位 コラージュフルフル泡石鹸 硝酸ミコナゾールとトリクロサンを配合した、医薬部外品の薬用石鹸です。 特にデリケートゾーン専用ではありませんが、真菌 カビ の増殖を抑制するので、かゆみや炎症を起こした時に使うと治まると人気があります。 無香料で低刺激ですが、洗浄成分に合成界面活性剤が配合されていますので、人によっては脱脂力が強く刺激を感じてしまうこともあります。 第5位 完全無香料のジャムウソープ。 公式サイトにもならず、大手ショッピングを含めて281万個売れたというのですから、デリケートゾーン専用石鹸のレジェンド的な商品です。 パーム油から作られる石鹼素地を使っい、ジャムウ成分は日本人の肌に合わせたブレンド。 アロエ、ヤシ油、カミツレ油、オタネニンジン、甘草を配合して、においを元からスッキリと洗い流します。 ジャムウソープとして人気のある石鹸ですが、石鹸素地を使っていますので弱酸性の洗浄成分ではありません。 泡立ちも他の石鹸と比較すると弱いので、洗いにくさを感じる人もいるようです。 全身の洗浄に使えますが、泡立ちから考えてデリケートゾーンのポンポイント使用が適しているでしょう。 2,047円(税込)で1ヶ月しっかりとにおいを消臭できます。 ジャムウ成分にパパイン酵素配合で、黒ずみ・抑毛までこれ一つ。 コスパ面でもすぐれていますし、泡立ちもよく使いやすいのもポイントです。 デリケートゾーンだけでなく、バストトップや足の洗浄にもつかえ、ほのかなローズの香りと男性を虜にするフェロモン系のハーブを配合。 定期購入すると、1個1,955円(税込)と定価より183円お得です。 第3位 効果効能 すそワキガ・ワキガにも対応 製造国 日本 価格 定期購入:3,970円 定期購入:3,970円 ジャムウ処方の石鹸が多い中、イソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸のにおい菌に特化した成分を配合した医薬部外品。 経血や汗のにおいも考えた新発想のデリケートゾーン専用石鹸です。 抗菌・抗真菌(カビ)・抗炎症作用にすぐれているだけでなく、ジャムウ成分を配合して保湿力もバッチリ強化。 ポンプ式だから泡立てる手間なく、洗浄や泡パックのスペシャルケアが可能です。 28日間返金保証付きで、万が一合わない場合のは返品できるのも初めてでも安心して使えます。 ボディソープでは珍しい、カリ石鹸にアミノ酸洗浄成分をプラス。 保湿成分を特にたっぷり配合した事で、アウトバス知らずのふわとろ肌になることができます。 泡だだちもよく、もちもちの泡でデリケートゾーンも刺激を与えることなく洗えます。 エコサート認証のオーガニック成分を贅沢に配合しているのも、ボディソープでありながらスキンケアもできるはスーパーボディソープです。 子供も使用できる。 イソプロピルメチルフェノールとグリチルリチン酸ジカリウムのダブル処方の医薬部外品。 デリケートゾーンだけでなく、ワキガや足臭ケアにも使えます。 メディアでも特集される事が多く、においのトータルケアを叶える事ができるのです。 美肌成分、保湿成分をたっぷり配合したデオシークは、単品価格は4980円 税別+送料 が定期コースなら2480円 税別 ・送料無料。 定期縛りなしで、1回で解約する事もできます。 色んなデリケートゾーン専用のボディソープや石鹸がありますが、「におい」をメインに考えた成分配合のものから「黒ずみ」を改善する美白目的をメインにした成分など色んな商品があります。 特ににおいケアをしっかりしたいのであれば、殺菌・抗菌成分が確かなものを選ぶべき。 現在購入可能なデリケートゾーン専用ボディソープ・石鹸を紹介しましたので、気になる商品があれば使ってみてください。

次の

デリケートゾーン専用の石鹸は薬局で買えるか調査してみた

デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局

おすすめポイント• ビタミンC誘導体配合でデリケートゾーンの黒ずみ改善できる• ジェルタイプだからベタつかない• メラニンによる色素沈着を防げる 臭いが気になる人におすすめの保湿製品 デリケートゾーンの臭いは、陰部のムレと膣内環境悪化によるおりものが主な原因です。 陰部のムレよる臭いは、皮脂や雑菌を洗い流すことで改善することができます。 しかし、デリケートゾーンは洗いすぎるとかえって雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。 デリケートゾーンは、専用のソープを使った洗いすぎない洗浄で汚れを落としましょう。 おすすめポイント• 1回の使い切りで衛生的• 膣内の乾燥を防げる• 膣内のpHを整えておりものを軽減• 保湿成分配合で膣内を保湿できる かゆみが気になる人におすすめの保湿製品 デリケートゾーンがかゆい場合は、医薬品でかゆみを鎮める方法が最も効果的です。 薬剤によるかゆみの鎮静と、保湿製品によるかゆみ防止を併用しながらケアを行いましょう。 ここでは、デリケートゾーンのかゆみを鎮める医薬品を紹介します。 おすすめポイント• デリケートゾーンのかゆみをすばやく鎮められる• ヒリヒリや赤み、かゆみなどの炎症を鎮められる• 健康な肌である弱酸性の状態に戻すサポートをしてくれる 2. ドラッグストアでデリケートゾーン用の保湿クリームや市販薬を買う時のポイント デリケートゾーン用の保湿製品を選ぶ時は、以下のポイントを見て選ぶようにしましょう。 陰部に使える製品か• 保湿以外でどのような効果に期待するか• アルコールなどの刺激成分は含まれていないか この3つのポイントについて詳しく説明していきます。 陰部に使える製品かを見る 薬局には、プチプラで試しやすい商品がたくさん販売されていますが、市販製品の中にはデリケートゾーンに使うのに適していない保湿アイテムも販売されています。 デリケートゾーンに使えない製品でケアをしてしまうと、かえって乾燥や黒ずみが悪化する原因となってしまいます。 また、膣などの粘膜部分に使う場合は、より一層使用前の確認が必要です。 薬局でデリケートゾーンの保湿製品を買う時は、パッケージの注意事項を必ず読んでから購入するようにしてください。 パッケージを確認して、どのような効果が期待できる商品なのかを確認してみてください。 おすすめの保湿アイテムについては、1. ドラッグストアで買えるデリケートゾーンのおすすめ保湿ケアアイテムをご覧ください。 刺激成分が配合されていないかを見る デリケートゾーンの肌は、他の部位よりも皮膚が薄いため刺激成分に弱い状態です。 そのため、デリケートゾーンに使う市販薬や保湿剤は、腕や足に使うものより刺激の少ない製品を選ぶ必要があります。 以下の成分が配合されていない商品は、肌への刺激が少ないといえます。 アルコール エタノール• 合成香料• 着色料 また、パッチテストやアレルギーテストをしている製品は、肌が弱い人でも比較的安心して使うことができるでしょう。 このような成分や、テストの有無もパッケージを確認してみてください。 デリケートゾーン用の保湿アイテムが置いている場所 デリケートゾーン関連の製品が置いている場所は、薬局によって少し違いはありますが、多くの場合は生理用品売り場の隣に置かれています。 また、かゆみ止めなどの医薬品に関しては、かゆみ止めの医薬品売り場で販売されています。 購入するのが恥ずかしい人は、なるべく女性店員がいるレジでお会計を済ませてしまうのがおすすめです。 また、薬局で購入したデリケートゾーン用の製品は、外から何が入っているか見えない黒いレジ袋に入れてもらえるので、中身が見られないかを心配せずに買い物できます。 それでもやっぱり買うのが恥ずかしいという人は、通販などで購入してみてください。 まとめ デリケートゾーン専用の保湿アイテムは、薬局でも購入することができます。 購入する時は、以下のポイントに注目して選んでみてください。 陰部に使える製品か• 保湿以外でどのような効果に期待するか• アルコールなどの刺激成分は含まれていないか デリケートゾーンをしっかりと保湿ケアして、肌の不健康な状態による臭いや黒ずみをなくしてきましょう。

次の

【効果期待大7選!】デリケートゾーンの黒ずみケア専用、美白クリームは成分で選ぶ!

デリケート ゾーン ボディ ソープ 薬局

デリケートゾーンのケアには、やっぱりデリケートゾーン用につくられたがいいの? どんなデリケートゾーンソープがあるの?どう選べばいいの? デリケートゾーンソープを試したいけど、他人には聞きづらいし、どれにしようか悩んでしまう… という方はきっと多いのではないでしょうか? 今回は、デリケートゾーンソープとは何か?から、選び方のポイント、肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーンソープ、注目商品のレビュー、デリケートゾーンソープの洗い方・使い方のポイントまでまとめてご紹介します! 人に打ち明けづらくお悩みの方も多いかもしれませんが、女性の体は年齢や生活の影響で繊細に変化します。 だからこそ、その時々の自分に必要な、そして悩みにあうアイテムで、お手入れをきちんと行うことは、笑顔の明日への大事な1歩です。 ぜひ、参考にしてくださいね! 目次• デリケートゾーンソープとは? デリケートゾーンのお手入れを見直すことにしてみたけれど、 「そもそもデリケートゾーンソープって何?」 という方に向けて、一般的にデリケートゾーンソープと呼ばれる石鹸の特徴と選び方のポイントをご紹介します。 普通の石鹸の場合は、アルカリ性のものも多いですし、汚れや、汗などをしっかり洗い流すことに着目したさっぱり系の石鹸も多いですね。 また、デリケートゾーンソープは、ニオイ対策に着目したものも比較的多く、ニオイのもとになる汚れを洗い流すことに着目していたり、雑菌の繁殖を抑えるために殺菌成分を配合していたりするものがあります。 また、を防いで、デリケートゾーンの肌をすこやかに保つために、保湿成分などを配合してうるおいケアを行うことに着目したものもあります。 ニオイの原因が、汚れの洗い残し以外に、雑菌の繁殖などによる場合があるからです。 肌が敏感になりやすく、洗浄成分による負担などが気になる方は、洗い心地がマイルドなものや、弱酸性のデリケートゾーンソープをチェックしてみてください。 また、女性なら、バスタイムはよい香りに包まれたい!という方も多いですよね。 香りにこだわりたい方は、フローラルの甘い香り、柑橘系のさっぱりした香り、シャボンなど、好きな香りのものを探してみるのもよいでしょう。 殺菌成分を配合した薬用ソープ(医薬部外品)で、公式オンラインショップから購入可能なものを選びました。 通販で購入できると、対面の時のような照れくささもなく手軽に手に入るので、はじめてのデリケートゾーンケアという方にもおすすめですよ。 ワンプッシュで泡で出てくるタイプなので、泡立ての手間もなく、また肌を強くこすることなく泡をクッションにして包むように洗うことができるのがポイント。 殺菌成分と抗真菌(抗カビ)成分を配合。 泡でやさしく包みながら、ニオイの原因になる汚れや雑菌をなめらかに洗い落とし、デリケートゾーンを清浄に洗い上げます。 デリケートゾーン以外にもムレの気になる、足やワキなどを洗うのにもおすめです。 また、やわらかな泡で軽やかに洗えるので、赤ちゃんのおしりまわりを洗うのにもおすすめ。 無香料・無色素・弱酸性。 うるおい成分ウコンエキスや殺菌成分トリクロロカルバニリド配合。 ニオイの元となる、汗・皮脂・古い角質などを汚れを一緒に洗い流し、肌を清浄にします。 べたつきの元も洗い流してくれるので、さらっとした肌に洗い上げたい方におすすめ。 足の裏やデリケートゾーンなどニオイが気になる部分は、もこもこに泡立てて、1分ほど泡パックして洗い流すのが使い方のポイント。 ふわりと香るローズの香りがバスタイムを女性らしく演出してくれます。 無合成着色料・無鉱物油・パラベンフリー。 肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープの中から、成分配合の石鹸をセレクトしました。 保湿成分としてグリセリン配合。 弱酸性。 また、スクラブ剤(植物性グルコマンナン)を配合しています。 やわらかな泡と一緒に、気になる汚れを吸着しながら洗い流し、デリケートゾーンを清浄に、そしてしっとりと洗い上げてくれます。 フレッシュジャスミンの香り。 ポンプタイプで使いやすいのも魅力。 オンラインショップから手軽に購入できます。 最後に、香りの素敵な、肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープをご紹介します。 肌らぶ編集部おすすめのデリケートゾーン用ソープの中から、保湿成分配合の石鹸をセレクトしました。 肌のうるおいを保ちながら、気になる汚れをおだやかに洗い流します。 弱酸性。 ナチュラルなハーブの香りがバスタイムをやさしく演出してくれます。 殺菌成分と抗真菌(抗カビ)成分を配合。 泡立ての手間なく、やわらかい泡でなめらかに洗えるのが魅力。 泡で包みこんで、汚れやニオイの元になる雑菌などを洗い流します。 無香料。 デリケートゾーン以外にも、ムレの気になる足やワキ、また、やわらかな泡で軽やかに洗えるので、赤ちゃんのおしりまわりを洗うのにもおすすめです。 泡を触ってみると、とてもやわらかで、クリーミーさがとても肌に気持ちよいです。 無香料ということで、特に気になるような香りはありません。 これなら他のボディーソープと一緒に使っても、香りを邪魔しないのでいいなと思いました。 肌に当てても泡がへたることもなく、軽やかに洗うことができます。 泡のクッションでやさしくなめらかに洗えるので、デリケートで摩擦などの負担をかけたくない肌を洗うのによさそうだと思いました。 また、なめらかに洗えて、泡切れもよく、洗い流した後はほどよいさっぱり感があります。 女性なら、生理中や汗をかく季節など、デリケートゾーンのムレやニオイが気になる時にまずは試してみてもらいたいです。 また、冬にブーツなどでムレてしまって足のニオイが気になる時に、足を洗うボディーソープとして使うのもおすすめだなと思いました。 なんといっても、泡で出てくるボトルというのがとても魅力的です。 この手軽感なら、毎日お手入れを継続するのも簡単だし、デリケートゾーンのケアに少し億劫だった方にもおすすめしたいです。 デリケートゾーンの洗い方 デリケートゾーンの洗い方のポイントをご紹介します。 デリケートゾーンは、タオルなどを使って力をいれてゴシゴシと洗うと、肌への摩擦が刺激になってしまうこともあるので、一般的には泡でなでるように洗い、汚れが溜まりやすい場所は指の腹で優しく洗うことがよいとされています。 以下のポイントを意識してみてください。 汚れが溜まりやすい部分を中心に、手(指の腹)を使ってを立てないようにしてやさしい力加減で洗いましょう。 ニオイや汚れが気になるからと、強引に洗いすぎてしまわないことが大事です。 アンダーヘアをはじめとする前の部分から順々に洗っていき、最後に肛門付近を洗うようにしましょう。 デリケートゾーンはとても複雑な構造なので、おりものなどの分泌物が固まった垢や、尿のかすなどが残りやすいとされています。 また、汗腺もあるので、ムレやニオイが気になりやすい部分でもあります。 順番に、丁寧に洗いましょう。 すすぎ残しは肌の負担になることもありますし、熱すぎるお湯で流していると肌の乾燥につながることもあります。 ぬるま湯で洗い流すのがおすすめです。 覚えておきたいデリケートゾーンのケアポイント 最後に、覚えておきたいデリケートゾーンに過剰な負担をかけないためのケアポイントをご紹介します。 デリケートゾーンのケアは、もちろん、やさしく洗って清潔に保つことが基本ですが、そのほかにもいくつか心がけたいケアポイントがあるのです。 ぜひチェックしてみてくださいね。 ニオイケアとしてはもちろんですが、デリケートゾーンを清潔に保つという意味でも大切です。 おりものや経血が気になるという方は、デリケートゾーン向けの拭き取りシートなどもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね。 ムレ対策のために、通気性をよくすることも意識しましょう。 生理中に使うナプキンを通気性のよいものに変えてみたり、アンダーヘアを整えたり通気性のよい下着を着用したりするのもひとつの方法です。 まとめ 今回は、デリケートゾーンソープとは何か?から、選び方のポイント、肌らぶ編集部注目のデリケートゾーンソープ、商品レビュー、デリケートゾーンソープの使い方のポイントまでまとめてご紹介しました。 いかがでしたでしょうか? デリケートゾーンケアの第一歩はやはり、「清潔に保つこと」にあります。 デリケートゾーンの性質にあったソープ・石鹸を使って、やさしく丁寧に洗うことを心がけてくださいね。 女性として自信の持てる体を目指して、しっかり日々のお手入れを行っていきましょう!.

次の