軽減税率 外食。 軽減税率、外食とテイクアウトの線引きは?

【図解】軽減税率って何?いつから?対象品目は?わかりやすく解説

軽減税率 外食

消費税が10%への増税に対して適用となる軽減税率は、主に飲食料品が対象となります。 飲食料品とひとことでいっても、飲食料品の種類は多岐に渡り、どこまでを飲食料品と呼ぶのか判断に悩む人も多いでしょう。 飲食料品といえば、普段私達が手にする飲料や食品類のことになるのでしょうが、それらのすべてが軽減税率の対象になるわけではありません。 そこで今回は、 そもそも軽減税率の対象となる飲食料品とはどのようなものなのか、そして、 対象となるのはどこからどこまでなのか、皆さまの疑問にお答えしていきます。 併せて、ありがちな質問などを参考に挙げておきますので、判断に迷う時の参考にして下さいね。 軽減税率8%の対象は、• 外食以外の飲食料品• 定期購読の新聞 の2種類があります。 それぞれ対象となる規定をご説明いたします。 新聞 新聞に軽減税率が適用される規定は、 「週2回以上発行されるもので、一般社会的事実を掲載しているもの」 「定期購読契約に基づくもの」 であることです。 つまり、新聞販売店などによる定期購読が対象となり、 キオスクやコンビニなどで購入する新聞等は除外されます。 また、新聞が 電子版の場合も軽減税率の対象となりません。 飲食料品 もう1つ対象となる品目は飲食料品ですが、軽減税率が適用となる飲食料品は以下のようになります。 「食品表示法に該当する飲食料品で、酒類を除いたもの」 「外食、ケータリング等で提供される飲食料品は含まれない」 となっており、飲食品を持って帰えるのか、それとも店内で飲食するのかによって適用される税率が異なることになります。 わかりやすく表で見ておきたいと思います。 軽減税率8% 消費税10% 飲食料品• 精米、野菜、精肉、鮮魚、乳製品、パン類、菓子類など• 食用の氷• ミネラルウォーター• ノンアルコール飲料• 甘酒、みりんなどアルコール分1%未満 飲食料品ではない• 家畜用動物や観賞用の魚• 保冷用の氷、ドライアイス• 水道水• 酒類 飲食料品の讓渡• テイクアウト、出前• 学校給食、有料老人ホームの食事• ホテルや旅館の客室冷蔵庫内の飲料• 果樹園で購入した果物など 飲食料品の讓渡ではない• レストラン、出張料理• 社員食堂• ホテルのルームサービス• 果樹園での飲食 つまり単純に飲食料品を購入した際にのみ軽減税率が適用され、同じ飲食料品でも、 それを購入して持ち帰れば軽減税率の8%、もし店内で飲食する場合は消費税10%が適用されることになります。 食品表示法 軽減税率でいう飲食料品とは、 食品表示法で規定されてある品目全般を指しています。 では、この食品表示法とは何なのでしょうか。 食品表示法とは、2015年4月1日施行となった食品に関する日本の法律のことをいいます。 食品表示法は、「JAS法」「食品衛生法」「健康増進法」の3法の食品表示に関する規定をまとめたものです。 消費者がより安全で健康に良い食品を選ぶことができるよう、食品の安全性や機能性に関して表示することを定めたものです。 この食品表示法で規定する食品とは、すべての飲食物のことを指しており、 原則として人が口に入れるものに限られています。 従って、工業用で使う塩や油、動物に与える食品などは食品表示法に該当しないことになります。 食品表示法に該当する飲食料品 食品表示法に該当する食品は、• 加工食品• 生鮮食品• 添加物• 一体資産 の4つに区分されています。 それぞれの特徴をご説明しておきます。 加工食品 加工食品は、野菜や原材料となる食品を加工してまったく別の製品となる飲食料品にことをいいます。 竹輪やかまぼこ、ハム、パン、おにぎり、麺類、お弁当、総菜、野菜ジュース、鉄分牛乳、豆乳プリン、カレー粉など・・・実は身の回りにある飲食品のほとんどが加工食品なのです。 生鮮食品 農産物や畜産物、水産物などその食品の原型をとどめている食品のことを生鮮食品といいます。 ジャガイモ、キャベツ、玉ねぎ、にんじん、牛肉、鶏肉、鳥モモ肉、モツ、カシワ、サバ、サンマ、マグロ、サケなど・・・もちろんカットされてある場合もありますが、熱や調味料などを加えず生のまま(収穫したまま)の状態で売られている飲食料品のことをいいます。 飲料品であれば無加工の牛乳がも生鮮食品となります。 添加物 さらに、加工食品によく含まれている添加物も食品表示法に該当する飲食物です。 添加物とは食品の製造の過程、または加工や保存を目的に使用される人体に害のない成分のことをいいます。 着色料、香料、甘味料、参加防止剤、ビタミン、鉄分、ミネラル、アミノ酸、調味料、保存料、安定剤、増粘剤など多種多様な添加物の種類があります。 一体資産 もう1つ食品表示法の規定にある品目の中には、実際に飲食料品ではなくとも飲食料品の一部として分類されるものがあります。 もともと販売される加工食品などで分離することができない品目は、条件に沿うものであれば飲食料品の一体資産として軽減税率の対象にできるのです。 キャラメルやチョコレートなどについているシールやカード、おもちゃなどの「おまけ」• お弁当や食事とセット料金になっているアルコール飲料• 対象かどうかを区別するポイント 食品表示法で規定されてある飲食料品がどのようなものか、大体のことがわかったところで、その食品が軽減税率の対象かどうかを区別するポイントをいくつかご紹介いたします。 酒類や医薬品ではない飲食料品 まず、その商品が 医薬品や酒類ではないことが飲食料品を区別するポイントとなります。 酒類は、アルコール成分が1%以上のものはすべて消費税10%の適用となります。 医薬品は確かに人の口に入れるものですが、食品表示法ではなく、医薬品医療機器等法・薬機法(旧 薬事法)に該当する医薬品に分類されます。 一般的に販売される医薬品は「医薬品」または「医薬部外品」の名称がついているので確認しましょう。 微妙なもので、栄養ドリンクや美容ドリンクなどがあります。 これらは医薬部外品と表示があるものは、すべて消費税10%、医薬部外品の表示がなければ軽減税率8%となります。 飲食する場所 次に、飲食料品を購入する場合に、それを 飲食する場所がどこなのかで判断することができます。 原則として、 テーブルやイスなど飲食用の設備を利用して食品が提供される場合はすべて軽減税率の対象外となります。 レジ袋やエコバックに入れて持ち帰る飲食料品は軽減税率8%です。 コンビニやスーパーなどでは店内で飲食する設備がある場合があります。 店内に完備されてある設備を利用して飲食する場合は、消費税10%です。 ただ、立ったまま店内で購入した飲み物を飲んだすれば、これは除外され軽減税率の対象だと言えます。 レストランやカフェ、スポーツジムなどの売店、公共施設のなどの売店、ホテルや旅館内の飲食店など、テーブルやイスを利用する場所であっても、その食品を持ち帰った場合は軽減税率の対象となります。 食品表示法に従う さらに、これは食品と呼べるかどうか悩んでしまうものも当然いくつか出てくるでしょう。 その場合は 食品表示法に記載があるかどうかを判断のポイントとすることができます。 例えば、スッポンや海ヘビは食品表示法ではその他の水産動物類に該当し、軽減税率の対象とすることができる反面、食用であるハチノコやイナゴなどの昆虫類はそもそも記載がないため法的には飲食料品に分類できません。 また、生きた魚介類は食用であれば水槽の中にあっても軽減税率の対象ですが、牛豚、鳥などの生きた家畜の場合には食用であっても軽減税率の対象とすることができません。 人の食用として販売されるもの 最後に、その食品が飲食料品に分類できるのかどうかを判断する一番わかりやすい方法は、それが 人の食用として販売されるものかどうかを確認してみることです。 ペットの犬にあげる食品でも、スーパーで購入したビーフジャーキーは人の食用として販売されるものなので、飲食料品です。 しかし、ペットショップで購入した犬用のビーフジャーキーは飲食料品には該当せず、軽減税率の対象にはなりません。 また、水槽の中のヒラメは人の食用として軽減税率の対象ですが、観賞用の金魚は食べる習慣がないため、人の食用とはならず消費税10%がつきます。 その他、詳しくは ご地域の保健所が公開している食品表示法の規定を確認してみましょう。 酒類の区別 人によってはお酒も必要不可欠な食事の一部だと認識する場合もあるでしょうが、全面的に アルコール飲料は軽減税率の対象外となります。 一般的には、お酒やたばこは嗜好品として分類されているからです。 アルコール成分が1%未満 先述したようにアルコール成分が1%未満のお酒の場合は飲料品として扱われ、軽減税率8%が適用されることになります。 最近では軽減税率にあやかってかどうかは不明ですが、飲料大手などノンアルコールのビールが増えています。 ノンアルコールビール• ノンアルコール酎ハイ• ノンアルコール スパークリングワイン• その他のお酒でアルコール成分1%未満のもの• 甘酒でアルコール成分1%未満のもの など・・・ 食品の原料に使うお酒 ワインや日本酒などは、飲料としてではなく料理や加工食品の原料として使う場合がありますね。 その場合でも、基本的にアルコール成分が1%以上であればすべて軽減税率の対象外となります。 みりんや料理酒はもともと料理用として販売されていますが、これらもアルコール成分が1%以上であればお酒、1%未満であれば飲食料品と判断することができます。 お酒入りのお菓子 意外な軽減税率の対象となるものに、お酒入りのお菓子があります。 ウイスキーボンボンなどは実はアルコール成分が2,3%の商品もあるのですが、これは菓子類に分類され軽減税率8%が適用となるのです。 その他ラム酒入りのクッキーやマーマレード、洋菓子等はいかにアルコール成分が高いとしても軽減税率が適用されます。 ただし、原料のお酒自体には消費税10%がかかります。 医薬品の区別 医薬品の中にも、健康食品と呼ぶものや健康飲料などが含まれており、判断が微妙なものが多くなります。 栄養ドリンク 栄養ドリンクは大まかに、「医薬品」「医薬部外品」「清涼飲料水(飲料)」の3種類があります。 「医薬品」と「違約部外品」は飲食料品ではないので消費税10%です。 「清涼飲料水(飲料)」の表示があるものは、軽減税率の対象とすることができます。 医薬品・医薬部外品の例 ユンケル、リポビタンD、チオビタドリンク、アリナミン、リゲイン、ルル内服液、グロモント、など・・・ 軽減税率の対象例 レッドブル、モンスター、バーン、タフマンV、イミダペプチド、アミノバリュー、メガシャキ、など・・・ 健康食品・美容サプリ 健康食品や美容サプリは医薬品としてのイメージが強いのですが、これらはあくまでも食品に分類されているのです。 健康食品や美容サプリのほとんどは健康を補助する食品となり、「保険機能食品」「特別用途食品」「一般の健康補助食品」と大まかに3種類があります。 これらは、「医薬品」「医薬部外品」の表示がない限り、すべて軽減税率の対象となります。 軽減税率よくある質問 これまでご説明したように、それぞれの品目や飲食の場所などによって、概ねのところで対象かどうかを区別していくことができます。 でも、状況によっては判断が難しいのが現状です。 そこで、比較的質問されがちな疑問を国税庁の公表データや、軽減税率関連サイトの情報を参考にご紹介しておきたいと思います。 飲食料品の讓渡とは何? 軽減税率の規定として、よく出てくる言葉に「飲食料品の讓渡」というフレーズがあります。 これは一体どういう意味なのでしょうか。 ここでいう 飲食料品の讓渡とは、飲料や食品などの提供方法や販売方法のことをいいます。 あくまでも販売者側の立場にたった時に使われる用語です。 飲食料品の讓渡はレジカウンターで行われるのか、宅配なのか、店内での飲食用設備を介して行われるのかによって、税率が変わってくることになります。 飲食料品とは具体的に? 軽減税率の対象となる飲食料品とは、今回ご説明したように食品表示法の規定にあるお酒以外の飲食料品全般を指していますが、具体的にどんなものがあるか、いざ思い浮かばない場合もあるでしょう。 具体的な飲食料品の項目をご紹介致します。 米や穀物• 果実や野菜などの農産物• 食肉や生乳• 食用鳥卵などの畜産物• 卵類も含む魚類や貝類、改装などの水産物• 飲食料品に使用する添加物• 飲食料品に付随する一体資産 など、基本的に一部を除き、人の口に入れる飲食料品であることが規定されています。 果物や野菜の苗木や種は? 果物や野菜の苗木は食することができますので、食品なのかなと思ってしまいます。 ところが、これらは軽減税率の対象外となります。 食品とは人の口に供されるものをいい、果物の 苗木や種は栽培用や園芸用として販売されているので、この場合は消費税10%がつきます。 でもそれらの苗木や種を加工食品として販売する場合には、軽減税率の対象となります。 代表的なものに、ほうれん草があります。 これは土の中にあれば苗木ですが、掘り起こしてザルに盛れば食品に変わります。 種類でも、落花生、グリンピース、カボチャのタネ、松の実のタネ、など園芸用として売れば対象外ですが、食品として売れば軽減税率の対象となります。 水は飲食料品になる? 人の飲料として、ペットボトルなどで 販売されている水は飲食料品となり軽減税率の対象となります。 一方、水道水は生活用水に分類されているため、飲料として使った場合でも対象外となり税率10%が適用されます。 ただ、これも讓渡方法によって異なり、水道水をペットボトルに入れて飲料として販売した場合には飲食料品と見なされ軽減税率の対象となるのです。 ウォーターサーバーの利用料は? 販売されている水が飲食料品として分類されるのであれば、当然ウォーターサーバーの利用も軽減税率の対象なのかなと思ってしまいますよね。 この場合はどなるのでしょうか。 ウォーターサーバーの利用に関しては、完全に分離することが必要になります。 自動販売機や通販の飲食料品は? 自動販売機やオンライン通販などで販売されている、お菓子やジュース、パン、インスタント食品などは、 単純に飲食料品を販売しているものであることから、 軽減税率の対象となります。 オンラインでも カタログギフトの場合は飲食料品であっても基本的には対象外となります。 カタログギフトではプレゼントを受け取る人が自由にリストから商品を選べるシステムになっています。 この場合は、サービスを讓渡していることになり、飲食料品の対象にはなりません。 というように、いくつか疑問になりやすい点をご紹介致しましたが、もちろん、数えきれない程の様々なケースがあり得ます。 以下のサイトは国税庁が公開している軽減税対策Q&Aです。 参考にしてみて下さい。 まとめ いかがでしたでしょうか。 軽減税率が適用されて、特定の飲食料品は従来通り8%の税率となるのは嬉しいことですが、その対象を区別するのが若干ややこしいのが難点となっています。 対象となるのが飲食料品であるだけに、具体的な例を挙げていけばキリがないともいえ、すべてを理解するのは不可能でもあります。 今後の対策としては、疑問が上がる度にその都度1つずつ解決していくことが、上手に対応していくポイントになるでしょう。 特に増税直後には、多少の混乱がすでに予想されており、間違えて計算してしまったとしても、大事には至らないといえます。 しかし、 せっかく節税できるのであれば上手に活用していきたいものです。 ぜひ、この機会に 基本的なポイントだけでも抑えておくことをおすすめします。 カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

外食に係る消費税の軽減税率について個別事例により解説しました

軽減税率 外食

軽減税率について まず、ざっと軽減税率について説明します。 軽減税率とは 「消費税増税に伴い生活の負担が圧迫するので生活必需品の特定の品目の消費税を軽減して負担を抑えましょう。 」 というものです。 対象品目については上記で記載した通り「酒類と外食を除く食品全般」であり 導入は消費税10%増税の際と同じ 2019年10月1日予定です。 軽減税率といっても税率は 現状の8%に据え置きであって 正直言うと恩恵はそこまでありません。 そして、食品全般でも外食の場合は軽減税率対象外なので ・どの場合が軽減税率の対象でどの場合が対象外なのか。 という複雑さがあり販売側もレジ対応や会計などで負担を強いられる事になります。 メリットやデメリット、対象品目の詳細は別に記載していますので よろしければそちらもご覧ください。 関連記事: 関連記事: 軽減税率の外食の線引きの定義について 現在決められた軽減税率による外食の定義として 「テーブルや椅子などその場で飲食させる設備を設置した場所で行う食事の提供」 としています。 これだけだと非常にわかりづらいので具体例をあげると 軽減税率対象外(外食扱い) ・外食チェーン店内での飲食(牛丼店、ハンバーガー店、ファミレス店など) ・ケータリング(出張して料理を作ってもらう事) ・コンビニのイートインコーナーかつ返却必要な食器で提供される食料品 ・ショッピングセンター内のフードコート 軽減税率対象(外食ではなく加工食品扱い) ・牛丼店、ハンバーガー店、コーヒー店などのテイクアウト ・すし店やピザ屋の出前やお土産 ・コンビニでの購入(返却不要なイートインコーナーも対象) などがあります。 コンビニでの扱いなどは食べ方によって非常にわかりづらいですね 汗 出展: 返却が必要な食器などが必要かどうかがポイントの一つではありますが、 すし屋の出前などは容器を返却する事もあるのでグレーなラインでもありますね。 例をあげてわかりやすい所でいえば牛丼やハンバーガーなどテイクアウト出来る店が スポンサードリンク 軽減税率の外食の問題点は? 軽減税率の外食の問題点について書いていこうと思います。 外食産業の事務負担の増加 主に店側についてですが、事務負担が大変になります。 テイクアウトか店内での食事かによって税率が変わってくる以上 同じ商品であっても別会計にしなければなりません。 今後経理に関して軽減税率に対応したソフトなどが販売される事になるとは思いますが、 全ての会社が導入するとは限りません。 つまり手間がそれだけ増えるので管理するのが大変になってくるでしょう。 お会計の際の対応も複雑に これは店内の食事とテイクアウト出来るお店が主になってくるのですが、 店内の食事とテイクアウトで別の消費税がかかるので、レジでのお会計が大変になります。 これも会計ソフト同様軽減税率対応の機会が販売されるとは思いますが、 会計ソフト以上にレジの導入は費用がかかるので個人店や中小企業においては 導入しないお店が多いのではないかと思います。 居酒屋などは注文を紙などで対応しているお店もありますし、軽減税率導入で複雑になり 会計時が大変になる事になるでしょう。 つまりお店側にとってはレジでの対応と事務負担の対応と2回に渡り負担が増えてくる事になるでしょう。 軽減税率導入といっても結局は消費税が8%であり2%の違いでしかありません。 その2%でこれだけの負担を強いられるのは問題であるといえるでしょう。 まとめ.

次の

軽減税率の外食の線引きの定義は?問題点について要チェック

軽減税率 外食

POINT• 食品表示法に規定されている「飲食料品」は軽減税率8%。 ただし、酒類や医薬品等は、軽減税率の対象外• 飲食店での「外食」は標準税率10%• 飲食店でのテイクアウトやレジ前の菓子の購入、ピザなどのデリバリーは軽減 2019年10月1日から始まる軽減税率の概要 最初に今回の軽減税率制度の概要について説明しましょう。 消費税の税率は、2019年10月1日から標準税率10%へ引き上げられ、一定の品目については軽減税率制度により税率8%となる複数税率が予定されています。 軽減税率8%が適用になるのは、次の2品目の譲渡です。 なお、後述しますが、この飲食料品の譲渡には、「外食」や「ケータリング」は含まれません。 また、飲食料品の輸入(保税地域からの引き取り)についても、軽減税率の対象となります。 食品表示法では、「食品」はすべての飲食物(食品衛生法に規定する「添加物」を含む)をいいますが、いわゆる「医薬品」、「医薬部外品」、「再生医療等製品」を除くとされています。 例えば、コンビニで買える栄養ドリンクでも、清涼飲料水である「Red Bull」は軽減税率の対象となり、医薬部外品である「ユンケル」は軽減税率の対象となりません。 軽減税率8%の対象となる飲食料品の概要は次のとおりです。 国税庁「」から引用。 飲食店における軽減税率8%、標準税率10%の判断基準は? ここからは、飲食店における軽減税率の判断ポイントを見ていきましょう。 飲食店での「外食」やカラオケボックスでの飲食は標準税率10% 「外食」は軽減税率の対象とならないとされています。 ここでいう外食とは、テーブルなどが置いてある店で飲食をすることをいいます。 この飲食設備は、事業者自らが設置したもののほか、設備設置者から使用許可を受けている場合も含みます。 一般的にはレストランや居酒屋、喫茶店、フードコートなどでの食事の提供がこれにあたりますね。 おでん屋やラーメン屋の屋台のように事業者が飲食設備を設置している場合も軽減税率の対象とはなりません。 また、カラオケボックスや映画館、ホテルのルームサービス等で飲食する場合は、部屋や座席といった飲食設備を使用することになりますから、これら特定の施設での飲食料品の提供は軽減税率の対象となりません。 飲食店での「テイクアウト」や「レジ前の菓子」の購入は軽減税率8% 飲食料品を持ち帰りのための容器に入れ、または包装を施して行う譲渡、いわゆるテイクアウトは外食に含まれないため、軽減税率の対象となります。 また、飲食店で飲食し、その後残りを持ち帰った場合などは、提供時点では外食であるため軽減税率の対象になりません。 その飲食料品の提供等を行った時点で判定することとなっています。 回転寿司店などでは、お客様が案内された席で寿司をパック詰めして持ち帰ることができる場合がありますが、店内での飲食と区別されない状態での食事の提供は軽減税率の対象となりません。 もちろん、持ち帰り用として注文を受け、パック詰めをして提供するものは軽減税率の対象となります。 また、キッチンカーや弁当の露店販売など、飲食設備を設置しておらず、公園のベンチなど顧客以外の者も自由に使用できるもので使用許可(お祭りなどの催しで講演を占有する場合は公園使用許可が必要です)を取っていない場合などは、軽減税率の対象となります。 それから、飲食店であっても、レジ前での菓子の販売など、持ち帰りを前提とした飲食料品の販売は軽減税率の対象となります。 「ケータリング」は標準税率10% 外食と並んで、ケータリングも軽減税率の対象とならないとされています。 ケータリングとは、相手方が指定した場所において行う加熱、調理又は給仕等の役務を伴う飲食料品の提供をいいます。 出来上がった料理を宅配するのとは違い、ケータリングは現地で調理や給仕というサービスも料金に含まれるため、それが自宅であっても外食に準ずるものとして、軽減税率の対象とはならないのです。 ただし、有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅などでの飲食料品の提供や、学校給食として行う飲食料品の提供などのうち、同じ日の間に同じ者に対して行う飲食料品の提供の税抜き対価額の金額条件など一定の要件を満たすものについては軽減税率の対象となります。 具体的な対象範囲や要件について詳しくは 国税庁 「」を参照ください。 飲食料品の「出前」、「デリバリー」は軽減税率8% そば屋の「出前」やピザの「デリバリー」などは、できあがった飲食料品を単に届けるだけであるため、軽減税率の対象となります。 「果物狩り」や「潮干狩り」は標準税率10% 果樹園での果物狩りや潮干狩り、釣り堀等の入場料については、お客様が果物を収穫するなどし、その場で飲食するといったイベントとしての役務の提供になりますので、飲食料品の譲渡に該当せず、軽減税率の対象となりません。 ただし、収穫した果物等について別途対価を受け取る場合には、飲食料品の譲渡として軽減税率の対象となります。 例えば、あるぶどう農園での料金システムは次のようになっています。 入園料500円• 粒もぎ取り食べ放題30分毎に1,000円• おみやげ販売1kg1,000円 この場合、園内での収穫や飲食の対価である入園料、食べ放題料金は軽減税率の対象となりません。 一方で、持ち帰ることが明らかで別途対価を受け取るおみやげ販売は、軽減税率の対象となります。 まとめ 一言で飲食料品といっても飲食店の場合、外食なのかテイクアウトなのかといったシチュエーションによって税率が異なる場合もあります。 わかりやすい例を挙げると、ファーストフード店で店内で食べれば10%、お持ち帰りだと8%と、同じ商品でも税率が分かれるようになるのです。 軽減税率は対象品目の線引きが難しいですが、正しく理解するために、新しい情報を入手することを意識していきしましょう。 【関連記事】• photo:Getty Images.

次の