巨人 人気 選手。 ジャイアンツ2018!期待の若手イケメン選手人気ランキング!

【2012プロ野球】巨人選手人気投票【読売ジャイアンツ】

巨人 人気 選手

東京ドームを埋め尽くす巨人ファンのイメージ。 「元・巨人ファン」と「アンチ巨人」は似て非なるもの。 まず、その話からはじめようと思う。 アンチ巨人は完全に「ヘイト」の立場。 坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。 巨人軍を憎み、ナベツネや読売新聞を憎み、中居正広から徳光和夫まで憎くてしょうがない。 巨人のことを「讀賣」と表記する人はアンチ……という「アンチ巨人あるある」も存在する。 翻って元・巨人ファンは、言ってみれば「元カレ」である。 かつては初々しく愛情をはぐくみ、喜びも哀しみも分かち合い、結婚まで考えた仲。 でも、それぞれに事情があって別れてしまった。 もちろん男女の仲がそうであるように、別れた後の形は人それぞれだ。 かつての恋人をあっさり忘れて新しい恋人に夢中の人もいるだろうし、別れ方が最悪でアドレス帳からデータを消して着信拒否(アンチ化)する人もいるだろう。 そして心の片隅で元カノのことを気にかけながら、その幸せを願うケースだってある。 つまり、元・巨人ファンのなかにはアンチ巨人がいることも間違いないが、そうではないケースも多々あるということをご理解いただきたい。 私は例に挙げた「3番目」のタイプの元カレである。 小学3年生だった1990年に東京で野球をはじめ、ほぼ同時に巨人ファンになった。 ところが1990年代後半、思春期を迎えると状況が徐々に変化していく。 高校野球をやっていた私は、いつも強大な敵に行く手を阻まれた。 私自身、スポーツ推薦で強豪校に声を掛けられるような経験は皆無のレベルだったが、それでも本気で下剋上をもくろみ、努力していたつもりだ。 そんな日々のなかで、ふと疑問を覚えた。 折しも、巨人はフリーエージェント制度や逆指名制度を利用して、球界のスター選手を根こそぎかっさらっていた時期だった。 上原浩治は「雑草魂」と言った。 だが、そんな上原も結局はエリート・巨人に請われて入団しているではないか。 いつしか私は「元・巨人ファン」になった そんな思いが芽生えてから、巨人に対して以前のような熱を保てなくなってしまった。 いわゆる「俺たち、しばらく距離を置こう」と告げたままの自然消滅。 結局「家柄の違い」という壁を越えられなかった。 その後、ロッテや広島を応援してみようと試みた時期もあったが、巨人ファン時代のようにのめり込むことはできなかった。 21世紀以降は特定の贔屓チームと言えるような球団がない状態が続いている。 とはいえ、そんな野球ファンは山ほどいることだろう。 自分としては「ごく普通のこと」と気にも留めていなかった。 そんなときにある編集者からメールが来た。 「菊地さんが話していた『元・巨人ファン』って、もしかしたら野球界のサイレント・マジョリティーなんじゃないですか?」と。 サイレント・マジョリティー、つまり「物言わぬ多数派」。 言われてみれば……という心当たりがあった。 巨人ファンはどこへ流れていったのか? そして元・巨人ファンが本当にサイレント・マジョリティーであるならば、彼らを追うことが今後の野球界の行く末を占うことになるのではないか。 ジュニア世代の競技人口が激減し、危機がささやかれる野球界の課題を意外な角度から見つけることができるのではないか……。 そんな思いが頭にもたげてきた。 以来、私は行く先々で「元・巨人ファン」を見つけては片っ端からリサーチすることにした。 なぜ巨人ファンをやめたのか? 巨人ファンをやめて、今はどうしているのか? 今の巨人についてどう思っているのか? そんな私の行動は、「昔の女」の近況を聞いて回る哀れな男のようでもあった。 『巨人ファンはどこへ行ったのか?』はそんな女々しい男が書き綴った、元カノ……もとい読売ジャイアンツと応援する者たちを追いかけた記録である。 本稿ではその中からある1人の野球ファン難民の事例を取り上げようと思う。 野球界を彷徨う「野球ファン難民」 福島県郡山市で生まれ育ったライターのオグマナオトさんは、気づいたときにはもう巨人ファンだったという。 「福島は中畑清さんの出身地ですから、福島県民は基本的に巨人ファンばかりでした。 でも、今は楽天が東北にやってきて、楽天ファンも増えているみたいです」 テレビをつければ巨人戦の中継が流れている時代に育った。 小学校の登下校中には巨人帽をかぶり、リコーダーで松本匡史の応援歌を奏でながら歩いたという。 小学3年生だった1986年、巨人は広島と熾烈な優勝争いを演じた末にゲーム差0ながら、勝率わずか3厘差で優勝を逃した。 オグマさんは今思い返しても、当時抱いた「悔しい!」という感情に驚くことがあるという。 「それくらい自分は巨人が好きだったんだな……」と。 そんなオグマさんが巨人ファンをやめたのは、1995年10月8日のことだった。 前年の10月8日は、巨人と中日の間で勝ったチームがリーグ優勝という「10・8決戦」が繰り広げられ、巨人が劇的な優勝を飾った。 それからわずか1年後、オグマさんはこの日を限りに巨人ファンをやめる決意を固めている。 「原辰徳の引退試合を、自分のファンとしての引退試合にしようと決めていました」 80年代から90年代にかけてチームの顔だった「若大将」こと原辰徳の現役引退。 とはいえ、熱烈な原のファンだったわけではない。 「もともとやめ時を探していたんです」とオグマさんは語る。 「1990年代前半から、巨人をうさん臭く感じるようになっていました。 金満主義が本格的になるのは90年代後半からですが、落合博満をFAで獲ったり(1993年オフ)、なんでもほしがる球団の体質がイヤになったんです。 ちょうどそんなときに原が引退したので、ここだなと」 一方、野球界から視線をずらしてみると、1992年にはバルセロナ五輪でバスケットボールアメリカ代表が「ドリームチーム」を結成。 マイケル・ジョーダン、マジック・ジョンソンといったNBAのスター選手が輝きを放ち、金メダルを獲得した。 1993年にはサッカーJリーグが開幕。 いよいよ「スポーツといえば野球」という時代ではなくなったことをオグマさんは実感したという。 「他のスポーツを知れば知るほど、野球のいびつさ、巨人だけが突出したアンバランスさを感じました」 決して、野球が嫌いになったわけではない。 だが、「巨人を嫌いになったから」と自分自身に弁解するように、他のスポーツ、娯楽へと興味を向けていった。 その後、オグマさんはエンターテインメントのひとつとして野球を楽しむようになった。 現在はライターとなり、野球関係の仕事をすることもある。 しかし、今はもう特定の球団を応援することはなくなったという。 オグマさんは自嘲気味に、自分の置かれた状況をこう語った。 まさに私自身に当てはまる言葉だったからだ。 オグマさんは「野球ファン難民」として過ごしてきた20年の時間をこう総括する。 イチローがデビューして注目されたパ・リーグも楽しめるようになりましたし、野茂英雄がメジャーに渡ってメジャーリーグも見られるようになった。 『もう巨人がトップではないな』という実感がありました。 でも、やっぱり年間通して野球を見るための自分の『軸』があったほうが、面白いのかなと思います。 86年にカープに負けたときの、あの悔しさを味わえないと思うと、僕はペナントレースを本当の意味で楽しめていないのかもしれません」 そしてオグマさんは、「楽天がもうちょっと早くできてくれれば(2005年に球団創設)、違ったのかもしれませんね」と言って笑った。 今や40歳を過ぎ、これから特別な理由付けがない限りは新たな贔屓球団ができるイメージが湧かないという。 人気が本格化したのは「最下位イヤー」説 オグマさんに、今の巨人をどのように見ているのかを聞いてみた。 「いま、巨人帽をかぶっている子って見ないですよね。 ベースボールキャップならヤンキースのほうが多いし。 やっぱりスターがいないということが大きいのかなと感じます。 高橋由伸が選手を引退して監督になるタイミングで、オコエ瑠偉(楽天)をドラフトで獲っていたらドラマ性もあって面白いかなとも思ったんですけど……」 そしてオグマさんは「いっそのこと、一度、徹底的に弱くなってしまうほうがいいのかもしれませんね」と過激な言葉を吐いてから、続けて意外な根拠を示してくれた。 「ビブリオの小野さんが言っていたんです。 歴史的に巨人の人気が本格的に出たのは、長嶋茂雄監督1次政権の最下位になった年(1975年)からだって」 この言葉には補足が必要だろう。 オグマさんの話を聞いた後、私は東京・神保町にある古書店「ビブリオ」を訪ねた。 ビブリオは、野球に携わる出版関係者で知らぬ者はいないほどの品揃えを誇る名店である。 その店主・小野祥之さんに、オグマさんから聞いた発言の真意を尋ねてみた。 「あぁ、たしかにオグマさんに言いましたね。 それは、最下位になった年以降、巨人に関連する出版物の量が一気に増えているからなんです。 ウチの店にある巨人の本や雑誌を見ても、1975年以降のものが多いですよ」 巨人は1965年〜1973年に9年連続日本一に輝いた「V9」と呼ばれる黄金時代があり、1974年に国民的大スターの長嶋茂雄が引退。 翌1975年には長嶋が監督に就任したものの、まさかの最下位に転落する。 この最下位は現在にわたって球団史上唯一という汚点になっている。 私は1982年生まれで、当時の巨人を取り巻く空気感を知らない。 そのため、最下位の年を契機に巨人関連の出版物が増えたという意味が、にわかには理解できなかった。 小野さんは解説を続けてくれた。 「『V9』といっても、当時の後楽園球場なんて空席も目立っていましたから。 でも、あの長嶋が監督になって、どんな野球をするんだろうと注目されるなかで、最下位になってしまった。 ここで多くの人の『長嶋を応援しなきゃ!』というスイッチが入ったのだと思います。 巨人に関する多くの書籍・雑誌が出版されて、翌年(1976年)から2連覇。 どん底から頂点に登り詰めるストーリーもまた、人々の心をくすぐったんでしょうね」 今の巨人がもし最下位に転落したらどうなるか リアルタイムで見てきた世代のなかには、長嶋茂雄への思い入れが尋常ではないと思えるような人が少なくない。 それは、長嶋が数々の名シーンを演じてきたプレーヤーとしての一面だけでなく、監督として地に堕ち、ふたたび這い上がった壮大なドラマの主人公としても見ているからなのだろう。 2017年、高橋由伸監督となり2年目を迎えた巨人は6月に13連敗を喫するなど、一時は5位まで転落した。 後半にかけて持ち直し、順位こそ4位に終わったものの貯金は4を数えた。 低迷しているとはいえ、「最下位」ほどのインパクトはない。 もし、巨人がふたたび最下位に落ちるような事態が起きたとしたら、1975年の巨人のように復活を願う熱狂が湧き上がるのか。 それとも、「名門の落日」が目に見えてわかる形になり、ますます日本中の巨人熱がしぼんでしまうのだろうか。 外部サイト.

次の

巨人歴代イケメンの若い頃!原辰徳監督・元木大介・二岡智宏!

巨人 人気 選手

読売巨人(ジャイアンツ)の人気選手5人を成績付きで紹介! 菅野智之31歳、投手、背番号『18』 今のプロ野球界で年俸1位の菅野!今年こそ20勝目指してほしいところ。 — ピーちゃん 野球好き。 14 15勝8敗 200 1. 00 2019年 3. 89 11勝6敗 120 1. 25 菅野選手の巨人に対する思いってすごかったですよね。 ドラフト史上初の入団拒否騒動もありました。 ドラフト会議の時の菅野選手をまとめると、• 最多勝2回• 最優秀防御率4回• 最多奪三振2回• 沢村賞2回• 最優秀選手1回• ベストナイン3回• ゴールデングラブ賞3回 巨人のエース・侍ジャパンのエースとして活躍してほしいところです。 00 1勝1敗 1. 67 2019年 2. 77 4勝0敗 1. 31 広島カープに入団し、巨人にFA移籍した大竹選手。 巨人に入団以来なかなかいい成績が残せずにもやもやしていた記憶がありますね… しかし、2019年では中継ぎで32試合に出場し4勝0敗という好成績を納めました。 侍ジャパンのプレミア12でも中継ぎで登板し、日本の世界一に大きく貢献しました。 2019年は飛躍の年で年俸も2375万アップの5000万で契約更新しましたね。 主にスライダーとシュートを使い分けるピッチングで今年も切れのあるスライダーを見せてもらいたいところです。 309 100 33. 935 2019年. 265 94 31. 828 2018年から急激に存在感を表してきた岡本選手。 ドラフト1位指名されてからは1軍でプレーすることもありましたが、ほとんど2軍でプレーすることが多いイメージでした。 2018年のシーズン中盤ごろから巨人の4番を任されるようになり、プロ野球史上最年少で「打率3割・30本塁打・100打点」以上を記録しました。 基本はファーストを守っていますが、サードやレフトも守れる器用さも持っています。 306 97 39. 096 2019年. 292 89 27. 884 広島カープからFA行使で巨人に移籍した丸選手。 ゴールデングラブ賞に7年連続で受賞しているスター選手です。 巨人の3番を任されており、ボールを見極める選球眼は球界一でしょう。 2018年のカープ時代には四球が130回!プロ野球の歴代で4位です。 しかし、このプロ野球の歴代最高四球の1位から3位は王貞治選手なんですけどね… カープファンの私からすると、巨人に移籍することになって非常に残念でしたが、常に新しいことに挑戦している丸選手を応援しています。 丸選手はバッティングフォームを毎年改良しているんです。 気づいている方もいるでしょうが、今年はどんなバッティングフォームに変わるのでしょうか。 バッティングフォームを変えることは打者にとってすごく勇気のいることですよね。 間のとり方、タイミングのとり方がすべて変わってきます。 常に野球にまじめな丸選手! そして、意外とバントも上手いんです。 クライマックスシリーズのい阪神戦、1対1の同点2アウトでセーフティスクイズを1発で決めましたもんね。 345 67 18. 962 2019年. 312 94 40. 971 巨人一筋の坂本選手。 走攻守三拍子そろっていて、2019年には40本塁打を放ちました。 2020年も巨人の主将を勤め、6年目になります。 ショートを守っていて、守備範囲も広く、プロ野球界で一番打率が良く、一番ホームランを打つ選手ではないでしょうか。 三振が目立つことが課題ですが、今年は三振しないよう意識すればもっと活躍できるかなぁと思っています。 また、顔はめっちゃかっこよく、女性に人気ですね。 スカパーが毎年プロ野球ファンにアンケート調査しているんですが、3年連続で「イケメンランキング1位を獲得しています。 そして、「好きなバッター部門1位」「今シーズン活躍すると思う選手1位」とスカパーアンケートを総なめしています! なんという人気っぷり! 参考元:• 投手 田口選手• 内野手 田中選手• 捕手 小林選手 順番に解説していきます。 08 0 1. 62 2019年 4. 13 14 1. 18 2年連続2桁勝利から一転…2018年は成績が急降下しましたね。 先発ピッチャーで成績も年俸もうなぎ上りでしたが2018年の絶不調で2軍に降格してしまいました。 2019年は中継ぎで55試合に登板し14ホールドとまずまずの成績をおさめました。 2018年に年俸が下がりましたが、去年中継ぎでいい成績を残したので1000万アップの8500万に上がりました。 今年は先発ローテーションに入ってほしいですね。 田口選手曰く、先発でも中継ぎでもしっかりと準備をしていきたいとのことです。 でもやっぱり、先発ローテーションに入りたいという思いは強いかもしれません。 241 55 6. 631 2019年. 224 35 2. 631 田中選手のお兄さんは広島カープの田中広輔選手です。 兄弟なので顔もよく似ています。 セカンドの吉川選手が怪我で離脱してからレギュラーに定着するようになりました。 カープの田中広輔選手と同じく俊足の俊太選手。 名前が「俊太」ということでいかにも足が速そうな名前。 2019年は2軍での調整が多く、シーズン中は62試合の出場に留まりました。 巨人のセカンドはレギュラーが決まっていない印象で、以下の選手でレギュラー争いが激しさを増しています。 291 58 26. 575 2019年. 244 52 19. 580 打撃よりも守備の評価だ高い小林選手。 盗塁阻止率は4年連続でリーグトップ! 主に「菅野」や「山口」が投げる試合にしかマスクを被ることがなく、試合の出場回数は年々減ってきているイメージです。 2017年のWBCでは打率4割超えでめっちゃ活躍したイメージですが、その後打撃が不調になって今に至る…って感じがします。 そして、故意にデッドボールを狙う傾向にあり、主審に注意されたことも… 炭谷がFA行使で巨人に入団し、マスクを被る機会が減りました。 守備だけでなくバッティングにも磨きをかけ、去年以上に試合に出場してほしいところです。 スポンサーリンク まとめ 巨人の人気選手は下記の通り。 菅野 巨人のエース• 大竹 頼りになる中継ぎ• 岡本 不動の4番• 丸 安定のクリンナップ• 坂本 走攻守の三拍子 巨人の注目選手は下記の3人。 田口 先発ローテーションに返り咲くか?• 田中俊太 セカンドのレギュラー争いを勝ち取れるか?• 小林 バッティング技術を伸ばせるか? 巨人はスター選手ばかりですが、若手も着実に育っています。 若い選手がどんどん活躍してほしいですね!.

次の

巨人(読売ジャイアンツ)イケメンランキング2018!人気選手10選!

巨人 人気 選手

Contents• 巨人が西武との練習試合を中止に! 巨人は、本日3日 「本日3日(水)14時から東京ドームで予定しておりました埼玉西武ライオンズとの練習試合は、中止といたします」 と発表しました。 「理由は追って当球団からご説明したします」としていますが、関係者によると 巨人の選手に新型コロナウイルス感染の疑いがあるとみられるようです! ついに巨人もコロナ感染者が発生したのでしょうか!! ネット上の声 【必見】 一昨日のインスタライブで原監督が「 コロナに 誰もかかってなかった」と言っていたので、巨人選手がコロナというのはおかしな話。 また、巨人は31日に1〜3軍全員が東京Dに集まっている為、仮に誰かコロナだった場合、濃厚接触者が出て、今日の2軍の試合も中止になっているはず。 関係者は、 選手2人が新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたとみられます。 驚きですね!濃厚接触者が誰になるのでしょうか。 昨日対戦した西武チームの選手や関係者は大丈夫でしょうか? それにしても急な発表に、関係者もさぞ驚いたことでしょうし、ファンもびっくりですね。 ようやくプロ野球開幕に向けてスタートしたばかりのこの時期に、残念なニュースですね。 プロ野球では、3月末に阪神の藤浪晋太郎投手ら3選手が感染した例がありますね。 感染した選手名が判明! 坂本勇人選手と大城卓三選手が、感染したと発表がありました。 昨日の試合に、両選手は出場しているのでおそらく 無症状の陽性だったと思われます。 しかし、選手だけでなく濃厚接触者が誰なのかを判明させてほしいですね。 プロ野球開幕に向けて少しずつ動き出したばかりの矢先の感染者判明です。 今年のシーズン開幕はどうなるのでしょうか。 お二人共早く陰性になることを祈っています。 そして、一刻も早く事態がよくなりますように、祈るばかりです!.

次の