日本 の こわい 夜。 日本の夜はもの足りない!? 注目されるナイトタイムエコノミー

【無料配信】映画「日本のこわい夜」の高画質フル動画!dailymotion/パンドラも

日本 の こわい 夜

イントロダクション「こわい話、聞きたいですか?」…深夜の深く暗い道を一台の路線バスが走っていく。 停留所にバスが止まり、一人の女(白石加代子)が乗り込んできた。 その女は「こわい話、聞きたいですか?」と聞き、静かに語り始める。 エピソード1「予感」…消費者金融会社に勤める俯川(香川照之)は、顧客リストデータを盗み、愛人との待ち合わせ場所に急いでいた。 ところがエレベーターが突然止まり俯川は中に閉じこめられてしまう。 エレベーターには他に老人(梅野泰靖)と老女(大方斐紗子)、黒い帽子の女性(小島聖)が乗っていた。 必死に助けを求める俯川と対照的に3人は静かに微笑んでいる。 そこに愛人から「約束の時間までに来なければ死ぬ」と電話が入り…。 エピソード2「すきま」…小寺(中村俊介)は、管理人(嶋田久作)から電話を受け友人の清水(山崎樹範)のアパートを訪れていた。 清水が家賃を3ヶ月滞納したまま姿を消したらしい。 小寺は清水の部屋に入り驚く。 窓枠、タンスの扉、家具と家具の間など、部屋中のありとあらゆる隙間に赤いガムテープで目張りがしてあるのだ。 さらに「見られてる見られてる見られてる」とパソコンの画面に同じ言葉が浮かび上がっている。 生活臭が漂い、全てが放置されているこの部屋で、一体何が起きたのか!? エピソード3「金髪怪談」…ロサンゼルスに出張した石黒良夫(杉本哲太)は、バカンスに出ている専務の部屋に滞在する事に。 長旅と酒に酔った石黒は寝室でベッドに横になった。 脇のサイドテーブルに置かれた本には、しおりが挟まれている。 パラパラとめくっていたが、眠気に襲われまた眠りにつく。 しばらくして石黒は気配を感じハッと目覚める。 しかし部屋には夕日が射し込んでいるだけだ。 手にしていた本はベッドの下に落ちている。 誰もいないはずの部屋。 しかし、確かに女性の気配を感じていた…。 エピソード4「くも女」…雑誌編集者の山崎(遠藤章造)はフリーライターの長谷川(岡田義徳)に「くも女」の取材を依頼。 長谷川は噂の出所である茨城県のとある町に取材に行くが、ある日を境に連絡が途絶えてしまう。 山崎は長谷川の後を追い茨城へ向かう。 そしてクモ女に襲われて以来、部屋に閉じこもっている朱美(杉原あんり)の家を訪れる。 襲われた時の状況を聞くうちに部屋には不思議な音が聞こえてきた。 そこに朱美の母・知子(深浦加奈子)が現れ…。 エピソード5「大生首」…真由(山田優)は幼い頃に一度だけ実家の仏間でオバケを見たことがある。 しかしそれが一体何だったのか、よく分からない。 大人になった真由は同じ会社に勤める福田(村杉蝉之介)からのストーカーに悩んでいた。 ある日、父・敏則(モロ諸岡)から「母さんが倒れた」と電話が入り、真由は急いで実家に向かう。 静子(浅丘めぐみ)は具合が悪いにもかかわらず仏間でお経を唱え続けている。 ある日、真由の左腕に奇妙な痣が浮かび上がり…。 【以上、TBS広報資料より引用】 引用パーツ 日本のこわい夜 1 イントロダクション「こわい話、聞きたいですか?」…深夜の深く暗い道を一台の路線バスが走っていく。 停留所にバスが止まり、一人の女(白石加代子)が乗り込んできた。 その女は「こわい話、聞きたいですか?」と聞... 出典:テレビドラマデータベース.

次の

日本のこわい夜 特別篇 / くりぃむしちゅー

日本 の こわい 夜

購入した日本のこわい夜のDVDディスクを自分のパソコンにコピーして、後でまた別のフォーマットに変換して通常の再生ソフトで見たり、好きな部分を切り取って編集や保存したりしたいと思ったことがありますか?しかし一般では、市販やレンタルのDVDにはコピー・リッピングを防ぐためのコピーガードがかかっています。 そのため、日本のこわい夜のコピーガード 解除ができるコピーソフトが必要となります。 そのやり方とツールについて、この記事を参考になってください。 Blu-rayディスクのコピーガード解除は、 記事を読んでみましょう。 DVDFab はあなたのお持ちのDVDディスクをISOファイル、フォルダ、またはもう一枚のDVDディスクにコピーしてくれるDVDコピーソフトです。 このソフトはDVDの様々なコピーガードを解除して、ほぼすべてのDVDを問題なくコピーできます。 DVDFab DVDコピーは六つのコピーモードがあります、自分の需要に応じて選べます。 まず、DVDFabの最新版をダウンロードして、PCにインストールします。 Step1:インストール完了のDVDFabを起動して、「コピー」をクリックしてから、「メインムービー」モードを選びます。 Step2:コピーモード 解除をしたい日本のこわい夜 DVDディスクをドライブに入れて、日本のこわい夜 はファイル形式であれば、「+」ボタンをワンクリックして、日本のこわい夜のDVD ISOファイルまたはフォルダを追加します。 Step3:「詳細設定」ボタンをクリックして、出力のところでDVD5かDVD9を選びます。 Step4:保存先のドロップダウンリストから使用しているドライブの名称を選択してから、「開始」ボタンでコピーを開始します。 コピーモード 解除が始まります。 最後に: 以上では、DVDFab DVD コピーのメインムービーモードで日本のこわい夜のDVDディスクのコピーモード解除をしてコピーする方法を紹介しました。 DVD コピーモード 解除について、より詳しい情報はを参考にしてください。

次の

映画「日本のこわい夜 」ネタバレあらすじと結末・みんなの感想

日本 の こわい 夜

さすがに2時間は長かったのかなあ。 カウントダウンのナレーションがさんだったのは素直に嬉しい! そして、メインイベント「ほんとにあったの家」です。 まずはご近所さんたちの演技が下手すぎて笑った(あそこは顔出しで喋らせた方が本物っぽい)。 リポーター役のは、数日前に放送されたTBS『大SP』にも出演。 あのを見た後では、どんなに神妙な顔で「この部屋、へんな感じがします」と言われても、とキャラ違いすぎて嘘くさすぎ。 途中からは、幽霊などモノともせずにガンガン体当たりでリポートしてくれたけど、最初から全開でいってくれたら尚良かった。 何事にも動じないマイペースキャラがの魅力で、そこが買われての抜擢なんだろうし(怯えさせたいならの方が適役)、あの幽霊だらけの状況でまともにリポート続けられるのは西塔さんかぐらいしかいない(笑)。 押入からドバーン!と水が流れ出てきた時もめちゃ笑って、「すげー!ありえねー演出!!(爆笑)」とちょっと小馬鹿にしたけど(すまん)、本気でバラエティ番組だと信じてた人は、このシーンで右上に常時出ていた「Jホラードラマ」というテロップの意味に気付いたらしいから、コレに関してはあれぐらい嘘くさくて丁度いいのかもしんない。 なんせ笑えたし(ここらへんは賭けだよねえ)。 の背後に幽霊を見つけたカメラマンが階段を転げ落ちるシーンはも良かったね。 すぐそこに幽霊がいるみたいで。 私はこれぐらいのものを本物の心霊番組で見たいんだよー!!!(心からの叫び) 明るいスタジオで除霊してたときは嘘くさかった霊能者も、「の家」でのお祓いはそれなりの雰囲気作りがされてるおかげで別人のように霊験高まって見えた(やっぱり場の雰囲気とか照明って大切)。 その後、演出はバラエティからドラマへと移行。 「Jホラードラマ」というテロップも消滅(どこから見てもドラマだから明示する必要なくなったもんね)。 バラエティの時はそれなりに自然だったの芝居も、ドラマに移った途端、急速に下手に…(さすがに両方は無理か)。 わたしゃてっきり、家で飼ってる白い犬は監督「」ネタで行くかと思って一人でゾゾゾと鳥肌立ててたのに、ほんとにイヌでくるとは!(しかもかわいいのがズルイ) これね、視聴者もだいたい見方わかっただろうし、作る方もだいたいのさじ加減わかっただろうし、2回目以降はもっとうまくいけるはず。 忘れた頃にもう1回頑張ってみて。 そして気付いちゃいましたよ。 この手法なら、の《生き人形》がイメージ通りに実写化できるじゃないっすか! 例の、テレビ番組に映った幽霊の映像をお蔵入りにするつもりなら、フェイクで作って欲しい。 だってもう、ほんとに見たいんだもん(泣)。 漫画とかただの再現VTRじゃ満足できないんだもん。 実物が出せないのならフェイク・ドキュメンタリーで再現してよ。 今回の番組も何が不満って、せっかくスタジオセットがあるのにそこに幽霊を出さないこと! 樹海に行って幽霊見たって心霊フェイク・ドキュメンタリーとか、テレビ局のスタジオに幽霊が出たって言う心霊フェイク・ドキュメンタリーとか、誰か作って、おねがい。 あー、なんて罪作りな番組だろう。 知らなきゃこんな欲求も一生出てこなかったのに…。 制作陣は責任とって。 しかし「ドラマ」って明記してあれだけ嘘くさく作っても「やらせかよ」って言われるのか。 しかもその一方では「作るならもっと本当っぽく作れ」って言われるし。 これでもし「本当の事件使って、あんなやらせみたいな番組作るなんて不謹慎」とかクレームきたら、誰の意見にあわせて作るのが最適なのかさっぱり見えなくなるね。 久しぶりに『ほん呪MOVIE1』借りてこようかな。 『MOVIE1』でも思ったけど、白石監督作品で一般人にかけられるボカシって、なんか変だと思う。 何が変なんだろう・・・? 色が濃すぎるの? 円が小さすぎるの?・・・わからん。

次の