ポケモンgo レシラム個体値。 【ポケモンGO】レシラムのおすすめ技と最大CP&弱点

【ポケモンGO】レシラムのおすすめ技と最大CP&弱点

ポケモンgo レシラム個体値

種族値は同じなので後はタイプが違うので自分のボックスと相談ですね。 レシラム、ゼクロム両方に言える事ですがドラゴンタイプとして使うなら微妙な立ち位置のポケモンですね。 攻撃種族値はレックウザが284、レシラムとゼクロムが275なのでレックウザの方が強いのでレックウザ揃っている人はそこまでガチらなくてもいいかもしれません。 ドラゴンタイプで使うなら攻撃種族値が同じディアルガとほぼ同じ立ち位置と言えます。 ここからが重要ですがドラゴンタイプで使うのは微妙ですがしかしレシラムは炎、ゼクロムは電気タイプでもあるのでいずれのタイプにおいては現状最強になります。 レシラムはほのおのキバ、オーバーヒートを覚えるので炎タイプでファイヤーを抜いて一番火力が出せるポケモンになります。 ゼクロムはチャージビーム、ワイルドボルトを覚えるのでこちらも電気タイプで一番火力が出せるポケモンになります。 なので炎タイプ、電気タイプで使うならレシラム、ゼクロムはかなり強いポケモンなのでガチるべきです。 でドラゴンタイプですが今後出てくるであろうポケモンでキュレムと言うドラゴン、氷タイプのポケモンがいるのですがそれが変化したポケモンでブラックキュレムとホワイトキュレムというのがいるのですがそれがドラゴンタイプ最強になります。 攻撃種族値が現状の情報ですと310にもなるポケモンなのでこれが来たらガチり案件です。 結論を言うと炎タイプとして使うならレシラムはガチり案件、電気タイプで使うならゼクロムはガチり案件でドラゴンタイプはブラックキュレム、ホワイトキュレム待ちってとこですね。

次の

【ポケモンGO】ゼクロム対策!弱点・討伐人数、個体値100%(CP2307)をゲットだ!

ポケモンgo レシラム個体値

レシラムの弱点• じめん(じしん、ドリルライナー等)• いわ(ストーンエッジ、いわなだれ等)• ドラゴン(げきりん、りゅうせいぐん等) 対策おすすめポケモン レシラムは 「ドラゴン」「ほのお」タイプとなっています。 複合タイプのため通常 「ほのお」弱点の「みず」、 「ドラゴン」弱点の「こおり」「フェアリー」が 等倍になってしまいます。 ドラゴン対策でこおりポケモンを準備することが多いと思いますが、 レシラムの場合は弱点ではなく等倍相性になるので注意して下さい。 弱点を覚悟して高火力のドラゴンタイプで戦うのもありですが、じめんやいわポケモンでリスクを回避するのもありです。 レシラムは攻撃の種族値が非常に高く、相性が等倍となるタイプであってもガリガリと削られていきます。 また防御も高めです。 レシラム攻略におすすめのポケモンは高火力の「ドラゴン」「いわ」タイプです。 おすすめポケモンとおすすめわざの構成をまとめてみました。 レックウザ(ドラゴンテール・げきりん)• ドサイドン(どろかけ・がんせきほう)• ディアルガ(りゅうのいぶき・りゅうせいぐん)• パルキア(ドラゴンテール・りゅうせいぐん) レシラムとの戦い方 天気が強風・晴れの時はレシラムが強い! レシラムは天候ブースト時(強風・晴れの時)には、ブーストがかかり強力になってしまいます。 通常時に比べ、天候ブースト時には少人数で倒すのが困難になってしまいます。 レシラムを倒すのに必要な最低人数目安 個人的にも一番気になるのが攻略に必要な最低人数は何人なのかです。 ただし、これは参加者のポケモンの強さによって激しく変化すると思います。 超精鋭揃い(TL40)の場合:2人以上• 精鋭揃い(TL30後半)の場合:4人以上• 平均TL30程度の場合:8人以上• 平均TL20程度の場合:20人• 新人トレーナーの場合:攻略不可 参加人数は多ければ多いほど良いのです! 最大参加可能な20人で挑めれば一番良いですね! ボールを投げるタイミングやコツをあらかじめ知って、ゲットチャレンジに望みましょう。

次の

【ポケモンGO】レシラムレイド 対策情報まとめ

ポケモンgo レシラム個体値

おくびょうなどのすばやさを上げる性格にすると、どうしてもすばやさVを粘りたくなります。 かつとくこうも高くないといけません^^;そこまでの厳選はめんどくs(ry 厳選方法ですが、上の方が言っているように欲しい性格のシンクロを先頭にします。 個人的にはタワーオブヘブンで出るリグレーがオススメ。 とくせいがふたつあるので若干めんどくさいですが、タワーオブヘブンにはナースがいるので、弱ポケでリグレーの体力を削って捕まえる場合、回復してくれる人がすぐそばにいるのはタイムロスを防げます。 (高レベのみねうちもちがいればまったく問題ないですが)出現率も高く、ヘブンでは2匹しか野生がいないはず。 ムンナよりは簡単なはずです。 また手持ちを少なくしておけば、ヘブン内でレポート書いて、リグレーつかまえる、手持ちチェック。 ほしい性格とくせいならキープ、いらなければリセットというやり方もできます。 他の伝説のために主要な性格は先に集めておいてしまった方が後が楽かもです。 前置きが長くなりました。 レシラムとの戦闘はポケを2匹にしておくといいです。 まずシンクロを出し、クイックボール(意外にクイック一発でいくことがよくあります)。 捕まえられなかったら2匹目を出しマスターボール(マスターボール使ってもいい場合です。 でもマスターは今作ではもういっこゲットできるようなので使ってしまってもいいかと)。 レシラムの固体値は、当サイトの固体値カリキュレーターを使って、50レベ・ほしい性格で算出(実数値・努力値はいじらなくておk)。 都合のいいことに、固体値0〜31までの実数値が出ます。 そこでつかまえたレシラムがどの程度の固体値なのか見ます。 ただし性格はわからないので、あくまで目安です。 ただひかえめを選んだ場合は他の性格では出ない数値までとくこうがあがります。 れいせいなどの場合も考えられますが、『ひかえめ』であるという前提で見て、その固体値で満足できるかを判断します。 満足できなかったらリセット。 満足できたら、Nにわざと負けます。 一匹でもレシラムで相手を倒すと努力値が入ってしまうので注意です。 ゼクロムを倒すとこうげきに努力値が3入ってしまい、ひかえめだとほぼ終わりますw 負けるとポケモンリーグに戻るので、そこで性格判定。 ちゃんと合ってれば見事ゲットです。 違ったらリセットで。 でもレベル50運用でその数値に満足がいっているならリセットする必要はない(はず?)です。 そこはご自身の環境に合わせて、ということで。 長文失礼しました。 それとは別に眠らせ捕獲要因でムシャーナ。 ムシャーナが「シンクロ&ひかえめ」でもいいと思いますが、効率を考えるとムンナ&ムシャーナの2段構え。 実際は眠らせなくてもハイパーで簡単にゲットできますが、個人的にプレミアボールでゲットしたかった。 素早さ105のビクティニで素早さ判定。 ゲットしたあとはゼクロム戦で能力確認。 これを企んでから今まで7時間。 眠いので寝ます。 おくびょうなどのすばやさを上げる性格にすると、どうしてもすばやさVを粘りたくなります。 かつとくこうも高くないといけません^^;そこまでの厳選はめんどくs(ry 厳選方法ですが、上の方が言っているように欲しい性格のシンクロを先頭にします。 個人的にはタワーオブヘブンで出るリグレーがオススメ。 とくせいがふたつあるので若干めんどくさいですが、タワーオブヘブンにはナースがいるので、弱ポケでリグレーの体力を削って捕まえる場合、回復してくれる人がすぐそばにいるのはタイムロスを防げます。 (高レベのみねうちもちがいればまったく問題ないですが)出現率も高く、ヘブンでは2匹しか野生がいないはず。 ムンナよりは簡単なはずです。 また手持ちを少なくしておけば、ヘブン内でレポート書いて、リグレーつかまえる、手持ちチェック。 ほしい性格とくせいならキープ、いらなければリセットというやり方もできます。 他の伝説のために主要な性格は先に集めておいてしまった方が後が楽かもです。 前置きが長くなりました。 レシラムとの戦闘はポケを2匹にしておくといいです。 まずシンクロを出し、クイックボール(意外にクイック一発でいくことがよくあります)。 捕まえられなかったら2匹目を出しマスターボール(マスターボール使ってもいい場合です。 でもマスターは今作ではもういっこゲットできるようなので使ってしまってもいいかと)。 レシラムの固体値は、当サイトの固体値カリキュレーターを使って、50レベ・ほしい性格で算出(実数値・努力値はいじらなくておk)。 都合のいいことに、固体値0〜31までの実数値が出ます。 そこでつかまえたレシラムがどの程度の固体値なのか見ます。 ただし性格はわからないので、あくまで目安です。 ただひかえめを選んだ場合は他の性格では出ない数値までとくこうがあがります。 れいせいなどの場合も考えられますが、『ひかえめ』であるという前提で見て、その固体値で満足できるかを判断します。 満足できなかったらリセット。 満足できたら、Nにわざと負けます。 一匹でもレシラムで相手を倒すと努力値が入ってしまうので注意です。 ゼクロムを倒すとこうげきに努力値が3入ってしまい、ひかえめだとほぼ終わりますw 負けるとポケモンリーグに戻るので、そこで性格判定。 ちゃんと合ってれば見事ゲットです。 違ったらリセットで。 でもレベル50運用でその数値に満足がいっているならリセットする必要はない(はず?)です。 そこはご自身の環境に合わせて、ということで。 長文失礼しました。

次の