映画 オタク に 恋 は 難しい。 悪評判「ヲタクに恋は難しい」2020映画レビュー

映画『ヲタクに恋は難しい』公式サイト

映画 オタク に 恋 は 難しい

失礼ながら、原作は読んでないし、TVアニメも見ていない。 ましてやアニヲタやゲーヲタでもないので、少し敷居が高いかと思い、客足が落ち着いてきたころを見計らってこっそり鑑賞。 観て思うに、主役の桃瀬成海役だけは高畑充希一択で早々に決まり、彼女の持ち味を最大限活かすためにミュージカル仕立ての脚本にしたのでは? だったら、他の主要キャストも舞台出身者で固めれば良かったのにな、と思ったりもする。 ただ、高畑充希はとにかく可愛かった。 こんな腐女子なら全然ウェルカム。 実力派の彼女が演技ではなく、素で笑いをこらえてる場面も何度かあったが、それをNGにせず敢えてOKにしたのも現場の楽しそうな雰囲気が想像できて微笑ましかった。 もう一つ付け加えると、菜々緒のコスプレがドはまりでかっこ良かった。 内容はともかくとして、もう一人の主役の山崎賢人も含めた主要キャストのファンが各々の目線で楽しめばいいのでは? もっとテンポ良く進むギャグ満載のヲタクラブコメかと思って期待して見に行ったら、訳の分からないミュージカル風。 それならそれでワンコーラスぐらいにしといて回数を少なくして効果的に歌わせればいいものを、いちいち歌が長くて飽き飽きする。 歌のシーンがこの映画のテンポを悪くしていると思う。 それに私の中ではコメディ俳優四天王だと思っている高畑充希、賀来賢人、佐藤二朗、ムロツヨシを擁しているならもっといい映画になるハズ。 変なミュージカル風にして長い歌を何度も歌わせる時間があったら、賀来賢人とムロツヨシをもっと使った方がいいと思う。 この二人の出演シーンが以外と少なかったと思う。 佐藤二朗はまあまあ出ていたんじゃないかな?個人的にはコメディ俳優四天王の掛け合いをもっと見たかった。 特にムロツヨシの良さがほとんど出てなかった思う。 賀来賢人のプッツンキレッキレのシーンももっと見たかった。 そこそこ面白かったが、期待外れでした。 ネタバレ! クリックして本文を読む 知人が観たいと言ったので、とりあえず原作を全部読んで本映画の視聴に行きました。 いや、酷い酷い。 知人がいなければとっくに退場していたレベルです。 時間とお金がもったいなかったです。 まず、設定が大分違います。 原作のストーリーとほぼ同じような内容で進んでいるのに、一緒にいる人間が違ったり、誘い方が違ったり、意味がわかりません。 わざわざキャスト増やして話を変えて進めずに、きちんと原作通り進めるべき。 次にキャラクター性。 原作のキャラクター性は崩壊しています。 辛うじて主人公は「それっぽい」感じですが、他のキャラクターはもはや同じ名前の別人だと思わないと観ていられない。 そのキャラクターは二人っきりで異性を家に呼んだりしない。 そして、そのキャラクターは絶対に異性に呼ばれたからって家に行かない。 いきなり相手を見下して「仕事の邪魔だけはするな」なんて言わない。 …はぁ。 そして、ストーリー。 ぐだぐだです。 二藤の行動が終始意味不明。 ヲタクを馬鹿にしているのか、おそらくただのイメージで作ったのだろう、統一性のない部屋のグッズや愛を感じないコスプレ、周りの言葉を顧みずにひたすら喋りまくる痛い感じとオワコンの流れるコメント。 ヲタクってこんな感じでしょ感が凄い。 一番酷かったのは謎のミュージカル。 長いし、歌詞が意味わかんないし、ストーリー進行に支障をきたしすぎ。 音楽が始まるたびに「またか」と飽き飽きするレベル。 原作しか読んでないが、この漫画のどこにミュージカル性を見いだしたのか。 意味不明である。 挙げればキリがないが、非常につまらない作品であった。 原作はそれなりに楽しく読んだが、この映画は終始つまらなかった。 脚本・監督を務めた福田雄一の作品は今後絶対に観ないようにしようといういい勉強になったと思い、今回は諦めるが、原作好きな人は絶対に観ないことをオススメする。 それこそTwitterやpixiv時代から追いかけてきた大好きな作品だったから、謎の使命感で嫌な予感がしつつ観に行きました。 一言で表すなら、「何の映画?」という感じ。 これは監督が悪かったのかな、なんて思う気もするし、コンセプトもあやふやで実写化をするにあたって、原作を見て勉強されたという方が少ないんじゃないかなと思う。 正直壊滅的。 なんでもかんでも実写化する風潮には反吐が出るし、それこそ「ラブコメならギャグで押し通そう!」という今作品のやり過ぎ感に呆れた。 ギャグに福田組キャストを詰め込めば面白いってもんじゃない。 ミュージカルにする意味も分からない。 キャラ崩壊もいいとこだし、ちょこちょこ入れてくる曲がいちいち長い!!!!!!「まだ終わらんのか、はよストーリー進めろよ」と終始イライラしてた。 でもちゃっかり曲は気に入ってしまうという。 いやそこじゃないんだよ力の入れようは。 曲よりストーリーの良さ、再現度に力を入れろよ!!!という感じ。 いやもう、ホントに残念というか、可哀想というか……。 勿論福田監督の映画が好きで観に来た、ヲタ恋初心者の方がハマるだとかそんな余地はこれっぽっちもない。 見るなら漫画からにしよう。 好きになったらこの悪さに気付こう。

次の

映画『ヲタクに恋は難しい』Blu

映画 オタク に 恋 は 難しい

どーも、スルメ です。 映画とは一切関係ないんだけど、毎年花粉症があまりにも酷いためレーザー治療を受けてきました。 花粉を感じる粘膜をレーザーで焼き切るという手術なんだけども、その足でそのまま映画館に直行するというねw なので術後の鼻はちょっと違和感があったり。 映画鑑賞には特に問題はありませんでしたが。 以上、特に関係のない話でした! さて、今回は実写化となった 『ヲタクに恋は難しい』のレビューになります。 映画を観る前にですね、一応アニメ版を予習しておきました! 「やっぱラブコメアニメ大好きだなぁ~」と再認識し、始終ニヤニヤしながら観てたよねw 登場人物たちとも歳近いし、自分も見ての通りオタク ヲタク なので同じ趣味を楽しめる彼女の存在に憧れたり。 「俺も成美みたいな彼女と付き合いてぇーーーーー!」と声を大にして言いたい! それで実写版なのですが主人公二人とも配役的には「うーん……」という感じ。 さて、高畑充希演じる成美に対して「付き合いてぇーーーーー!」という気持ちは生まれるのだろうか。 ルックスが良く仕事もできる宏嵩は、実は重度のゲームヲタク。 そして成海もまた、マンガやゲーム、コスプレ、そして何よりBLを愛する腐女子だった。 周囲にヲタクだとバレる「ヲタバレ」を恐れている成海は、普段は本性を隠している「隠れ腐女子」だったが、ヲタク仲間の宏嵩の前では本当の自分をさらけ出すことができた。 やがて、ヲタク同士ならば快適に付き合えるのではないかという宏嵩の提案もあり、2人は付き合うことになるのだが……。 『銀魂』が大きな成功を収めたからか、最近は漫画実写映画が多い気がしますね。 私は 『勇者ヨシヒコ』は大好きなのですが、長編は微妙に感じることが多いかな。 一本の映画になると私好みではなくなる不思議。 今作も福田監督が手掛けることに関しては違和感ないし、原作的にもただの恋愛映画にはならなそうな雰囲気はするのですが……。 キャスト 主演を務めるのは 高畑充希さんと 山崎賢人さん。 もう今さら紹介の必要もないほど有名な方々ですね。 今年は又吉直樹さんが原作の 『劇場』への出演も決まっていますし、まだまだ売れそう。 高畑充希さんは調べたところ 『HK 変態仮面』に出演していたみたい。 当時は今ほど売れていなかったから全然気がつかなかったけども。 その他には 菜々緒、賀来賢人、斎藤工、今田美桜などが出演。 アニメにはそんなのないし、何がしたのか分かりませんが進行の邪魔だったことは確実。 必要なのはオープニングのシーンと、まれいたそのライブシーンくらいだったかな。 それ以外はダンスも歌も要らないよ。 それでクオリティーが高ければ良いのですが、そういうワケでもない。 山崎賢人が歌いだしたのはちょっと意外だったけどねw というワケで突如挟まれるミュージカルシーンに戸惑いながら進んだ2時間でございました。 山崎賢人、もしくは高畑充希のファンならば楽しめるのかもしれないが、どういった層にウケるのか私には分かりません。 確かに笑えるシーンもあったのですが、映画としてはどうなのだろう。 少なくとも原作ファンが肯定的に観られる映画ではない気がする。 私は別に特別ファンではないけども、アニメでは伝わって来なかった 「痛さ」を感じてしまったかな。 ここから先は『ヲタクに恋は難しい』のネタバレを含みます! まだご覧になっていない方はご注意を!! 感想 ネタバレ 果たしてオタクは「気持ち悪い」のか この映画に登場するヒロインの成美は自身が腐女子でありながら、オタクを気持ち悪いと発言するんですね。 これで「自分のことは棚に上げて……」と宏嵩からツッコミを入れられているけども、この映画におけるオタクの扱いはテンプレ過ぎて酷いとすら思えるのよ。 確かにこれじゃあ女子は付き合いたいとは思わないよな~と。 未だにオタクといえばコスプレ、オタ芸、ネットスラングというのが世間の認識なのか。 というかそれでしかオタクを表現できないのか。 確かに典型的なオタクをイメージしろと言われたら「いらすとや」に掲載されているようなオタク像が浮かぶのだろうけど。 自分の周りには結構オタクがいると自負していますが、あそこまでコテコテのオタクは見たことがないね。 こんなことを書いている自分は周りから「映画オタクキモいわ~」と思われているのでしょうか?それならそれで良いのだけども。 そして本作では一番振り切ったオタク役を演じた高畑充希。 彼女の出演作を多く観たことはないが、本作の成美は残念ながらハマり役ではありませんでした。 いや、すごい頑張っている雰囲気は出ているんだけどね。 オタク用語連発して、男の子口調で喋って。 でもアニメキャラを実写化するにあたっての弊害である「痛さ」はひしひしと……。 それにしても顔面ドアップのショットの多いこと多いこと。 ミュージカルシーンの歌やダンスは普通でしたw 対して山崎賢人は……あれ?意外に出番少なくなかった?主役なのに全然登場しない部分があったりして。 その裏では成美の趣味に合わせて有給消化してたのだけれども、一瞬役者のスケジュールのことが頭をよぎったよねw ほら、最近忙しそうだしさ。 演出の一環だったと思いたいけども、主人公不在は観客としては不安になります。 彼もオタク役ではありますが、基本的にはセリフの少ないゲーオタの役なんで、普通の山崎賢人だったり。 オタ芸やっててもカッコよさは抜けない。 原作の変更点 ミュージカルシーンもかなり不快な変更点でしたが、それ以上にダメだった部分が小柳さんと樺倉さんの不在です。 アニメだと成美と宏嵩を合わせた4人で遊んでいることが多く、オープニングでも4人の仲が強調されていましたね。 特に樺倉さんは強面だけど実は百合好きオタクって設定なんで、結構実写向きだと思ったんだけど……。 残念なことに彼らが登場するのは映画後半。 その代わり賀来賢人演じる同僚オタクキャラがいますが、やっぱり小柳さんと樺倉さんがいないとダメ。 だって成美たちよりも先輩カップルで二人の仲にアドバイスしたりするし、一緒にオタク語りしたりするし。 めっちゃ重要キャラじゃないですか。 それを良く抜いたなと。 これではウソップとチョッパーのいない麦わらの一味。 いや、ロケットとグルートのいないガーディアンズ・オブ・ギャラクシー。 なんというか原作を知っているだけ、いるはずの人間がいないというのは気持ち悪いものですね。 寂しさすら感じます。 まぁこれに関しては原作知っている人なら誰もが不安になると思うのですが、未見だったらどうだっただろう?たぶん今のような物足りなさは感じなかっただろう。 斎藤工演じる樺倉さんも嫌いではなかったけどね。 必要以上にパワハラ上司感出ていましたし、いくら興味がないと言ったって成美を家に連れて行くのは……。 そしてついていく成美よ。 「バカ。 お前みたいなガキになんもしねーよ」とその言葉で樺倉さんに信頼を置いたのでしょうか。 宏嵩も普通に抵抗せず小柳さんに連れていかれているしな~。 その後喧嘩にならなかったのが不思議なくらい。 というワケで実写化としてはかなり不満が多く、映画としても好きにはなれない一作でした。 ベストシーン 宏嵩の地雷を踏んだ成美が「イっ……」とリアクションするシーン でございました。 本当の意味で好きなシーンは皆無だったんで、とりあえず高畑充希が可愛かったシーンを選んでみました。 それとモンハンのハリウッド実写化よりも前にリオレウスが登場したのはちょっと嬉しかったです。 かなりネガティブ意見を多く書いてしまいましたが、あくまで個人の感想でございます。 映画自体はそこそこヒットすることでしょう。

次の

映画『ヲタクに恋は難しい』、声優・内田真礼が本人役として出演決定

映画 オタク に 恋 は 難しい

2020-06-22 この記事では、映画「ヲタクに恋は難しい」のキャストと、つまらないと酷評されてしまう理由、実際に見た感想などについてまとめていきます! 2020 年 2 月 7 日に公開された、映画「ヲタクに恋は難しい」。 原作はふじた作のオリジナル漫画です。 pixiv (漫画やイラストの投稿ができる SNS )から誕生した映画ということで大変話題になりましたよね。 2014 年 4 月 17 日に初めて投稿されたこの原作漫画は、約 2 年後の 2018 年 4 月 13 日にはテレビアニメが放送され始めました。 映画「ヲタクに恋は難しい」では、コメディの奇才、さらにヒットメーカーといわれる福田雄一を監督に迎え、人気俳優たちが多数出演する実写映画となりました。 ここまで見ていくと期待度大の映画ですが、なぜつまらないと言われてしまうのでしょうか? その理由を徹底調査したので早速見ていきましょう! Contents• 映画「 ヲタクに恋は難しい 」あらすじは? 漫画、アニメ、そして BL が大好きな隠れ腐女子の主人公桃瀬成海(高畑充希)はヲタクであることを隠しながら社会人として生活していました。 ヲタクである事がバレる「ヲタバレ」しないかをとても気にしている成海。 しかし転勤先で、成海がヲタクだという事を知っている幼馴染で重度のゲームヲタクの仁藤宏嵩と再会してします。 自分を理解してくれている宏嵩には周りには隠しているヲタクな自分をさらけ出すことができるのでした。 仕事終わりに2人で居酒屋に行きヲタク話でもりあがる2人。 宏嵩の、ヲタク同士で付き合えば快適かもしれないという提案に乗り2人は付き合うことになるのですが … 不器用なヲタク二人と個性的な登場人物たちが織りなす、笑いあり・歌ありダンスあり、そしてキュンキュンありの、見どころ盛りだくさん!なミュージカルコメディ映画です。 映画「 ヲタクに恋は難しい 」はミュージカル映画? 映画「ヲタクに恋は難しい」では いくつものミュージカルシーンが出てきます。 確かに映画の予告編でも大勢の人が集まって歌って踊るシーンがありましたよね。 しかし実際に見てみてびっくり。 歌います。 かなり歌います。 てっきり予告編で流れた歌だけなのかな?と思っていたら、5分おきに歌ってるんじゃないだろうかと思うほど歌います。 これは原作・アニメには無かった演出ですので、こんなに歌うなんて思ってた映画と違う … !と思ってしまう人が居るのは間違いないでしょう。 個人的にはミュージカルも高畑充希の歌声も好きなので、やっぱり上手だなーと思いながら聞いてしまいましたが。 映画「 ヲタクに恋は難しい 」の評判はつまらない? 個人的な感想 調べてみると、本当に賛否両論のようでした。 しかし私個人の感想は、とても面白くて みんなにおすすめしたい映画だと思いました! まず、高畑充希と山崎賢人のコメディ調の演技。 2 人の掛け合いには本当に笑わせてもらいました。 そのセリフにその表情はずるいでしょー!と思ってしまうシーンがたくさんあって、吹き出しそうになってしまうことが多々ありました。 ヲタクならではの、好きなことになると早口になってしまうところや、ヲタク用語が出る時の表情などが高畑充希さすがだなーと思わされる演技が多く、笑いながらも感心してしまいました。 山崎賢人は基本無表情の役でしたが、その中でも桃瀬への「好き」が、見てる人たちにとってすぐ分かってしまうので、見ていてニヤニヤしてしまった人は私だけではないですよね? ただ、この映画で見ることができる「ヲタク」たちは、「ヲタク」という言葉が出始めた時に目にしていたような、俗にいうステレオタイプのヲタクが出てくるので、見る人によっては最近のヲタクはこんなんじゃない!と感じる人も居るだろうなと思ったのも事実です。 ミュージカルシーンはヲタク用語が出てきて歌の意味が正直分からないところがありましたが、コスプレイヤーがたくさん出てきたり、ヲタクグッズがたくさん出てきたり … 情報量がとても多くて歌詞の意味がわからないながらも しっかり楽しんでしまいました。 SNS の評判・評価はつまらない? 調べて見ると SNS でも賛否両論で、なかなか厳しい「つまらない」という意見もあれば、私と同じように「最後まで楽しく見れた!」という意見もあるようです。 つまらない!という評判 ・ヲタクに対する偏見がすごい ・オーバーリアクションが過ぎる ・こういうのがヲタクだと思わないでほしい ・原作漫画に忠実ではない ・オリジナルキャラクターを出すより、原作に居る登場人物をちゃんと出してほしい ・歌が多すぎる 面白い!という評判 ・髪型・服装などが原作に忠実にするよう心がけているのが伝わる ・俳優たちの演技が上手 ・山崎賢人、高畑充希のファンは特に楽しめる ・思いのほかミュージカル調だったけど、高畑充希の歌が上手だったので嫌じゃなかった ・アニメグッズがたくさん出てくるため、知っているアニメのグッズが出てくるとテンションが上がる ・テンポの良いコメディが盛りだくさんで笑える 悪い評判では特に、実際自分が漫画・アニメ・ゲームなどが好きなヲタクだという人、また原作ファンからの酷評が多かったように思います。 私のように、ヲタクとまではいかないけれどアニメや漫画が好き・この作品は映画から知ったという人からは良い評判が多かったように思います。 まとめ 原作には必ずある感想「原作と違う」「原作のほうがよかった」。 もちろんこの映画「ヲタクに恋は難しい」も例外ではありませんでしたね。 調べれば調べるほど、見る人によって意見が真っ二つに分かれるのが見て取れました。 特にミュージカルにしてしまったところが残念でつまらないという感想が多かったように思います。 確かに原作では歌っていませんし、大成功を収めたアニメのほうでもミュージカルはしませんよね。 そこに関してはつまらなかったと言いたくなってしまう原作ファンの気持ちはとっても理解できます。 それでも私は「見てよかった!」「面白かった!」「笑うところがいっぱいあった!」と、いい感想を持っています。 もしかしたらそれは映画から作品を知った 1 人だからなのかも知れませんね。 ですが、つまらないと思ってしまうかも知れない原作ファンの方々に向けても、まだ見てない人には絶対おすすめしたい映画です。 確かにつまらないと思う人の意見を取り上げたらきりがありませんが、見どころも同じくらいたくさんあります。 映画「ヲタクに恋は難しい」、自分はどんな風に感じるかを楽しんでいただきたいなと思います!.

次の