コストコ 肉。 コストコ”中の人”が自腹でリピ買い!「おすすめ食材BEST7&お得な裏ワザ」をマニアがガチ取材

コストコで売ってる塊肉のおすすめは?ブロック肉の美味しい食べ方もご紹介!

コストコ 肉

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の

コストコの「赤身がおいしいステーキ肉」おすすめ3選!

コストコ 肉

(Costco)の「赤身がおいしいステーキ肉」を選んでみました。 精肉コーナーにはさまざまな種類の肉たちが圧迫感バリバリのボリュームで並んでいます。 当然ステーキ肉も部位ごとにいっぱい……ありすぎて、どれを選べばよいのやら。 そこでサシ控えめな赤身タイプがお好みという方を想定してチョイスしてみました。 いずれも米国産のUSDAグレード「チョイス」(4段階で2番目)のお肉たち。 焼き方例もあわせてご紹介しましょう〜。 牛の背中の部分で、リブロースとも呼ばれます。 本品はUSDA(アメリカ農務省)の格付けで「チョイス」グレードと上々の品質です。 赤身中心でもサシとのバランスがよいせいか、やわらかさもあって、適度な噛みごたえなんですよね。 そして肉の旨みが実に濃厚。 ハラミなど内臓系の肉のようなコクがありつつもイヤミになりすぎず、サーロインのようなまろやかさをあわせもった感じ。 分厚い赤身なのにやわらかく、上品な旨みと風味……お値段は張りますが、特別な日の奮発食材としてはかなりおすすめです(外食よりずっと安いし)。 USDAグレードは「チョイス」。 味付けは岩塩と胡椒の最小限でどうぞ。 腰の内側の運動量の少ない部位は厚みがあってもやわらかで、容易に噛み切れます。 きめ細かい肉繊維は舌触りがよく、旨みの強さと若干ワイルドな風味が印象的です。 牛の肩甲骨の内側にあたる部位で、中央にスジが入っているのが特徴的なお肉です。 赤身メインながらやわらかく、濃厚な味わいが愉しめます。 USDAグレード「チョイス」で品質に問題はないし。 そのお味は濃厚でワイルドな風味ながら、くさみはなく、肉汁多めで食べやすい。 肉質はやわらかめ。 ただ、中心のスジは硬いので残してもよいかと。 味付けは、岩塩と胡椒をミルで挽いて振りかける程度で。 なるべくコストを抑えて赤身ステーキを堪能したいときの選択肢にぴったりですよ。 ステーキ肉を上手に焼く方法 ここではステーキ肉の焼き方をご紹介しましょう。 下ごしらえは最小限で塩コショウも振らず(食べるときに味付け)、焼くときにバターや脂を使わない、非常にシンプルな調理となります。 あくまで一例ですがご参考ていどにどうぞ(分厚いヒレ肉の焼き方はこちら)。 焼く前に肉を常温に戻しておきましょう。 冷蔵状態だと火の通りが悪くなります。 室温で1時間ほど置いておけばOKです。 その際、キッチンペーパーなどで表面のドリップを吸い取っておくと、余計なくさみを除くことができます。 スジや脂身も処理しておきたいところ(とくにミスジ)。 内側の白い部分に包丁を立てて軽くトントンと刺す感じでOKです。 しっかり包丁を入れておくと、焼いたときに縮んで反ることもなくなります。 焼く際は、まずフライパンを強火でしっかりと熱しておきます。 十分熱くなったら、肉を入れてすぐに弱火に。 このまま動かさず、3分間ほど焼き付けましょう。 お肉の側面の色が下から3分の1ほど白くなった頃合いでひっくり返します。 そのまま裏面も3分間焼きます。 火力はずっと弱火です。 表と裏を焼き終えたら、再びひっくり返し、火を止めます。 そのまま3分間、余熱で火を通していきます。 内側の火の通り加減を確認する方法としては、お肉に菜箸を軽く刺し、その穴の周辺を押したときに出てくる肉汁が赤ければレア。 透明ならば火が通っている状態。 お好みのところで完成としましょう。 また、当該商品は地域や時期等によって扱っていない場合、価格が変更となっている場合もございます。 あらかじめご了承ください。 外部サイト.

次の

コストコのお肉人気おすすめランキング15選【安くておいしい!】

コストコ 肉

コストコの牛肉について! コストコの牛肉は大容量!コスパの良さで大量買いにおすすめ コストコの牛肉の魅力はなんといってもボリュームとコスパの良さです。 kg単位のまとめ売りなので一瞬値段に躊躇してしまいますが、100g単位で考えるとお買い得価格であることは間違いありません。 お正月やお盆の帰省時期やホームパーティ、バーベキューなどで人が集まる時には、価格を抑えつつ大量買いできるのがうれしいですね。 小分けにして冷凍保存すれば、使いまわしもできて便利です。 コストコ利用者は共同で購入し、シェアする人も多いようですよ。 コストコの牛肉は部位や種類が豊富! コストコの牛肉は取り扱っている部位や種類が圧倒的に多いのが特徴です。 一般のスーパーでは手に入りにくいブロック肉や塊肉も、コストコなら当たり前に購入できます。 色々選べるので買い物が楽しくなりますよ。 牛肉を思う存分食べたい時や、食べ盛りのお子さんがいるご家庭には特におすすめです。 普段はレストランや焼肉店でしか食べられない部位のお肉も買うことができ、料理の幅も広がります。 コストコのおすすめ牛肉は? コストコのおすすめ牛肉は高品質・高グレードなUSAビーフ コストコのおすすめ牛肉は高品質・高グレードなUSAビーフです。 アメリカ産の牛肉は、固くておいしくないと日本では人気がありませんよね。 ですが、コストコの牛肉は品質が違います。 輸入肉は一度冷凍され、解凍して小分けにカットされたものが販売されているのが普通です。 しかし、コストコの牛肉は産地から一度も冷凍されることなく、日本に空輸されます。 そのため鮮度とおいしさがしっかりと保たれているんです。 アメリカの牛肉は味わいや柔らかさにより、4種類に大きく分けられます。 コストコで主に扱われているUSAビーフはアメリカ肉質格付けで上位1位、2位の「プライム」と「チョイス」です。 最上級グレードのプライムは日本の黒毛和牛A5ランクにあたります。 しっかりとした肉質の赤身肉がおすすめ コストコの牛肉はしっかりとした肉質の赤身肉がおすすめです。 赤身肉を重視するアメリカの牛肉はステーキにするとおいしさが際立ちます。 和牛のような舌でとろけるような柔らかさとは違い、適度な噛みごたえと弾力でお肉そのものの旨味を感じることができるでしょう。 アメリカの牛肉を食べると、赤身肉のイメージが変わります。 ニューヨークカットとは、1ポンド(約450g)以上にカットされた分厚いステーキ肉を指します。 アメリカでは最高級ランクの牛肉の代名詞なんだそうです。 そんな最上級グレードのプライムビーフが、コストコなら安ければ100gあたり500円台で購入できます。 黒毛和牛A5ランクではありえないお値段ですね。 赤身は柔らかく、サシが入って程よい噛みごたえがあります。 味付けはシンプルに塩コショウがおすすめです。 コストコの牛肉はUSAビーフが中心ですが、国産の黒毛和牛も取り扱っています。 めったにないお値段ですので、見つけたら即買い必須ですよ! せっかくの黒毛和牛なのですから、やはり分厚くカットしてステーキにして頂いちゃいましょう。 見事な霜降りのお肉は柔らかく、脂の甘みとジューシーな味わいが楽しめます。 リブロースは肋骨の背中の部位で、肩ロースとサーロインの中間にあるお肉です。 牛肉の中でも最も脂がのるリブロースは、ジューシーでお肉の旨味を存分に味わえる部位です。 お肉大好きなアメリカ人の間でも、リブロースステーキは一番人気なんだそうです。 100gあたり900円前後とちょっとお高めですが、他店では倍以上することもあります。 コストコならではの破格のお値段といえますね。 ステーキ用に分厚く切り分けられたリブロースは、噛むごとに旨味が増します。 ガッツリ食べたいお肉好きもきっと満足できますよ!コストコのおすすめステーキをもっと知りたい!という方は以下の記事もご覧ください。 カット済みですので他のお肉と比べると割高となってしまいますが、それでも100gあたり500円程度と焼肉屋さんで食べるよりはグンと価格が抑えられます。 コストコの牛タンはあっさりとして臭みのない柔らかい牛タンです。 焼肉屋さんの牛タンと比べるとかなり厚みがありますので、贅沢な気分にひたれます。 さっぱりレモンで頂くのもおいしいですが、わさび醤油もおすすめです。 ショートリブは肋骨周辺の部位のお肉で、日本では焼肉で人気の上カルビや骨付きカルビにあたります。 希少部位のため、通常100gあたり600円することもありますが、コストコなら約半額の300円前後で購入できます。 チョイスグレードとはいえ、コスパはかなり良いですね! コストコのショートリブはアメリカ産牛肉とは思えないほど柔らかく、脂がのった霜降り肉です。 焼肉やしゃぶしゃぶ用にカットされてはいますが、分厚く大きいので適当なサイズに切り分けて食べましょう。 調理がしやすく、火が通っても固くなりにくいので、火力が調節できないバーベキューにおすすめです。 ミスジ肉は牛の肩甲骨の下から取れる希少部位で、適度な弾力と柔らかさがある人気のお肉です。 お店で食べると結構なお値段ですが、コストコなら100gあたり250円程度で購入できます。 ミスジ肉はお肉に3本スジが入っているのが特徴です。 慣れないときれいに取るのが大変ですが、下処理済みなのですぐに調理できます。 脂肪分が少なく食べごたえがあるので、子どもからお年寄りまで好まれるお肉です。 おウチ焼肉やバーベキューに最適ですよ。 スジが多いと食べにくいので、赤身がきれいなものを選びましょう。 また、火を通しすぎると脂が落ちてパサパサになります。 両面に焼き色が付いたら食べごろです。 チョイスグレードなら100g約180円、プライムビーフでも100g約240円とコストコの牛肉の中でも格段にコスパが良いので人気があります。 肩ロース塊肉はどっしりとボリュームのある赤身肉なので、がっつりお肉を食べたい時におすすめです。 真ん中あたりに大きな白いスジが入っているので、それに沿って切り分けましょう。 スジの少ない部分はステーキや牛肉のたたき、スジの多い部分はビーフシチューなどの煮込み料理に向いています。 火が通りすぎると固くなるので焼き加減に注意が必要です。 POINT 塊肉のカットは半冷凍で! 塊肉のスジを取ったらラップで包んで冷凍庫に入れましょう。 3時間ほどで表面が凍って半冷凍状態になり、好みのサイズにカットしやすくなります。 大きな牛タンの塊肉が丸ごと1本、真空パックに詰められ販売されています。 タン厚切り焼肉用と同じお肉ですが、切り分ける手間を省いているため、お値段は100gあたり約390円とかなりのお買い得です。 すでに皮むき加工されているので、下処理は不要です。 切り分ければすぐに食べられますよ。 固いスジ肉はスープ用に細切れに、脂がのったタン元は分厚く、歯ごたえのあるタン先は薄切りにしましょう。 焼いている途中で脂が出てきたら、キッチンペーパーで小まめに拭き取るのがおいしく調理するポイントです。 カワムキタンはカット済みのお肉と違い、牛タンを余すことなく楽しめるのが魅力です。 箸休めにキャベツやキュウリの浅漬けを添えると、一段とおいしく食べられます。 リブフィンガーは肋骨と肋骨の間にある細長いお肉で、中落ちカルビのことです。 牛が呼吸をするたびに動かす部位なので、旨味成分が多く、歯ごたえがあります。 焼肉でも馴染みのお肉ですね。 コストコのUSAビーフリブフィンガーは棒状のまま何本も袋詰めされ、100gあたり190円ほどで購入できます。 量がたっぷりで牛スジも取れるのでリピーターの多い商品です。 ただし、焼いて時間が経つと固くゴムのような食感になるため丁寧な下処理が必要です。 時間がない場合はカット済みの商品を選びましょう。 USAビーフリブフィンガーの下処理の仕方• 1まな板の上に汚れ防止のクッキングペーパーを敷く。 2端から包丁を入れ、表面のスジを剥がし取る。 (煮込み料理なら、ここで食べやすい大きさにカットして下処理終了)• 3肉の中心に包丁を入れ、縦に切り目を入れる。 4左右に開き、肉の厚みを1cmほどに揃える。 5火が通りやすいよう、格子状に切り目を入れる。 USAビーフリブフィンガーは国産牛と違い赤身であっさりしています。 中落ちカルビのこってり感が苦手な人でも食べやすいですよ。 サイコロステーキや焼肉、牛スジカレー、おでんなどの煮込み料理もおすすめです。 柔らかほろほろの赤ワイン煮込みもおいしいですね。 レシピは以下の記事が参考になります。 そのまま焼いて食べるのはもちろん、お弁当のおかずにも使えますし、焼きうどんの具にしてもおいしいです。 5~2kgの大容量ながら、アレンジのしやすさがウケているんですね。 韓国風といいながら、甘辛い醤油ベースの味付けで唐辛子の辛味はないので子どもでも食べられます。 味が濃いのでパパっと炒めて丼にしても良し。 ご飯が進みます。 真空パックを開けて切って盛り付けるだけのチルド商品なので、忙しくて手間をかけられない時に重宝します。 黒胡椒がピリリと効いたソースをかければでき上がりです。 お酒のおつまみにうってつけですが、ホームパーティなら肉巻きおにぎりも喜ばれます。 オーストラリア産の牛肉を使った薄い成型肉で、冷凍したまま油を引かずに3~4分焼くだけですぐに食べられます。 解凍する手間がなく、ひとりランチで簡単に済ませたい時や、急いでいる時に便利です。 冷めてもやわらかいのでお弁当にもぴったりですよ。 日本人によって開発されたソースで、牛肉と相性が良いとアメリカで大人気の万能調味料です。 スパイシーとありますが、濃いめの甘口タレで子どもが大好きな味です。 辛いものが苦手な方も安心して食べられますよ。 醤油やにんにくなどを加えてアレンジするのもおすすめです。 ノーファット商品なので、脂肪分の摂り過ぎも防げます。 おウチ焼き肉を手軽に、かつ贅沢に楽しみたい人は、ぜひこの叙々苑の焼き肉のたれを選択肢に入れておきましょう。 特得焼肉のたれはみりんの甘みが強く、すっきりと食べやすいのが特徴です。 サラサラしているのでお肉に絡みやすく、にんにくとゴマ油の香りが食欲をそそります。 スーパーでも購入できますが、コストコ仕様なら2. 5倍の600gです。 にんにくと赤唐辛子、黒コショウを使った粗挽きのスパイスで、これをふりかけて焼くだけでお肉が一段とおいしくなります。 ピリッとした辛味があり、にんにくが効いているので牛ステーキ肉やバーベキューとの相性は抜群です。 粒が大きく塩味が濃いのでかけすぎには注意してくださいね。 コストコの牛肉を購入してみよう! コストコの牛肉は1パックの量が多いので敬遠しがちですが、気軽にステーキやバーベキューを楽しみたい時に大活躍してくれます。 一度で食べ切れなくても、冷凍しておけば好きな時に使えて節約にもなりますね。 アメリカでは赤身肉が好まれるので、日本人好みの霜降り肉が安く買えるのもメリットです。 まだ利用したことがない方も、この記事を参考にコストコのおすすめ牛肉を試してみてください。

次の