太陽 有限 責任 監査 法人。 PwCあらた有限責任監査法人

太陽有限責任監査法人のクライアント一覧

太陽 有限 責任 監査 法人

太陽有限責任監査法人 Grant Thornton Taiyo LLC 本社所在地 〒107-0051 1-2-7 22階 設立 (46年) 事業内容 その他サービス 代表者 山田茂善(総括代表社員) 資本金 4億4300万円(2019年6月期) 売上高 110億4331万円(2019年6月期) 営業利益 8億467万円(2019年6月期) 経常利益 7億9785万円(2019年6月期) 純利益 3億9787万円(2019年6月期) 純資産 24億9291万円(2019年6月期) 総資産 64億4739万円(2019年6月期) 従業員数 957名(2019年3月31日現在) 決算期 6月30日 会計監査人 誠栄監査法人 外部リンク 特記事項:及びより。 太陽有限責任監査法人 (たいようゆうげんせきにんかんさほうじん、英文名称: Grant Thornton Taiyo LLC)は、日本における準大手である。 世界第7位の会計事務所であると提携している。 概要 [ ] 法人の系譜は大きく太陽とASGに分かれ、提携先のグローバルファームや税務業務・コンサルティング業務を行う組織はASG側から引き継いだものである。 両者の合併以降はこれらの組織をまとめて「太陽ASGグループ」と称していたが、(平成26年)にはグローバルファームの名称を押し出して「太陽グラントソントン」となった。 同時に法人名称も改められ、ASGの名称は見られなくなっている。 (平成25年)に中堅のを合併して以降は、業務収入・人員数・上場クライアント数ともに大手4法人以外で最多である。 特に、上場クライアント数においては(大手監査法人)の一角であるを上回り国内4位の規模である。 2018年7月にと合併したことにより上場クライアント数は215社となり、PwCあらた有限責任監査法人の上場クライアント数の約2倍である。 優成との合併により地方事務所の拡充がなされ、PwCグループが未進出の札幌・仙台への拠点開設がなされた。 2015年度の業務収入は60億円で 、クライアントは中堅規模が中心となっている。 本部 - 一丁目2番7号 22階• 大阪事務所 - 中崎西二丁目4番12号 梅田センタービル25階• 名古屋事務所 - 名駅四丁目6番23号 第三堀内ビル7階• 北陸事務所 - 金沢市広岡一丁目1番18号 伊藤忠金沢ビル6階• 人員 - 社員・特定社員80名、職員658名(うち公認会計士292名、会計士補・試験合格者137名)、非常勤219名、計957名(時点)• クライアント数 - 上場クライアント215社を含む894社(2018年7月2日時点) 主な金商法監査クライアント [ ] 有価証券報告書より、最近の監査報酬上位10社を以下に示す。 他、主要な会社法単独監査クライアントとして、、などがある。 沿革 [ ]• - 太陽監査法人設立• 9月 - 元監査法人設立• - アクタス監査法人設立• - 元監査法人がグラントソントン・インターナショナル加盟• 4月 - 元監査法人とアクタス監査法人の合併によりアクタス元監査法人となる• - ASG監査法人に名称変更• - 太陽監査法人とASG監査法人の合併により太陽ASG監査法人となる• 2006年9月 - 本部・東京事務所を移転統合• - 大阪事務所を移転統合• 7月 - 名古屋事務所を開設• 2008年7月 - 有限責任監査法人へ移行• 7月 - 永昌監査法人を合併• 10月 - を合併• 10月 - 太陽有限責任監査法人に名称変更• 7月 - 準大手の(国内9位)を吸収合併。 同時に本部をNMF青山一丁目ビル(旧・赤坂王子ビル)からへ移転。 脚注 [ ]• - AccountancyAge• 会社四季報 業界地図 2017年版より• - 2017年10月3日、太陽有限責任監査法人• - 2017年10月3日、• - 2018年4月2日、日経不動産マーケット情報 注釈 [ ].

次の

会計士の肖像|梶川 融(太陽有限責任監査法人 代表社員 会長)|アカウンタンツマガジンvol.42|公認会計士・税理士・経理の転職はジャスネットキャリア

太陽 有限 責任 監査 法人

太陽有限責任監査法人 Grant Thornton Taiyo LLC 本社所在地 〒107-0051 1-2-7 22階 設立 (46年) 事業内容 その他サービス 代表者 山田茂善(総括代表社員) 資本金 4億4300万円(2019年6月期) 売上高 110億4331万円(2019年6月期) 営業利益 8億467万円(2019年6月期) 経常利益 7億9785万円(2019年6月期) 純利益 3億9787万円(2019年6月期) 純資産 24億9291万円(2019年6月期) 総資産 64億4739万円(2019年6月期) 従業員数 957名(2019年3月31日現在) 決算期 6月30日 会計監査人 誠栄監査法人 外部リンク 特記事項:及びより。 太陽有限責任監査法人 (たいようゆうげんせきにんかんさほうじん、英文名称: Grant Thornton Taiyo LLC)は、日本における準大手である。 世界第7位の会計事務所であると提携している。 概要 [ ] 法人の系譜は大きく太陽とASGに分かれ、提携先のグローバルファームや税務業務・コンサルティング業務を行う組織はASG側から引き継いだものである。 両者の合併以降はこれらの組織をまとめて「太陽ASGグループ」と称していたが、(平成26年)にはグローバルファームの名称を押し出して「太陽グラントソントン」となった。 同時に法人名称も改められ、ASGの名称は見られなくなっている。 (平成25年)に中堅のを合併して以降は、業務収入・人員数・上場クライアント数ともに大手4法人以外で最多である。 特に、上場クライアント数においては(大手監査法人)の一角であるを上回り国内4位の規模である。 2018年7月にと合併したことにより上場クライアント数は215社となり、PwCあらた有限責任監査法人の上場クライアント数の約2倍である。 優成との合併により地方事務所の拡充がなされ、PwCグループが未進出の札幌・仙台への拠点開設がなされた。 2015年度の業務収入は60億円で 、クライアントは中堅規模が中心となっている。 本部 - 一丁目2番7号 22階• 大阪事務所 - 中崎西二丁目4番12号 梅田センタービル25階• 名古屋事務所 - 名駅四丁目6番23号 第三堀内ビル7階• 北陸事務所 - 金沢市広岡一丁目1番18号 伊藤忠金沢ビル6階• 人員 - 社員・特定社員80名、職員658名(うち公認会計士292名、会計士補・試験合格者137名)、非常勤219名、計957名(時点)• クライアント数 - 上場クライアント215社を含む894社(2018年7月2日時点) 主な金商法監査クライアント [ ] 有価証券報告書より、最近の監査報酬上位10社を以下に示す。 他、主要な会社法単独監査クライアントとして、、などがある。 沿革 [ ]• - 太陽監査法人設立• 9月 - 元監査法人設立• - アクタス監査法人設立• - 元監査法人がグラントソントン・インターナショナル加盟• 4月 - 元監査法人とアクタス監査法人の合併によりアクタス元監査法人となる• - ASG監査法人に名称変更• - 太陽監査法人とASG監査法人の合併により太陽ASG監査法人となる• 2006年9月 - 本部・東京事務所を移転統合• - 大阪事務所を移転統合• 7月 - 名古屋事務所を開設• 2008年7月 - 有限責任監査法人へ移行• 7月 - 永昌監査法人を合併• 10月 - を合併• 10月 - 太陽有限責任監査法人に名称変更• 7月 - 準大手の(国内9位)を吸収合併。 同時に本部をNMF青山一丁目ビル(旧・赤坂王子ビル)からへ移転。 脚注 [ ]• - AccountancyAge• 会社四季報 業界地図 2017年版より• - 2017年10月3日、太陽有限責任監査法人• - 2017年10月3日、• - 2018年4月2日、日経不動産マーケット情報 注釈 [ ].

次の

採用情報

太陽 有限 責任 監査 法人

「自分のことは自分で決める」。 早くから目覚めていた自我 数少ない国際的なミッドサイズファームとして、独自のポジションに立つ太陽有限責任監査法人は、現在、上場会社の監査クライアント数国内第4位。 スピーディさ、柔軟さといった中堅ならではのメリットを生かした、効率的かつ効果的な監査業務には定評がある。 梶川融が、同法人に移籍した1990年当時は10名足らずの規模だったが、幾度かの合併も経て、その器とステージは著しい進化を遂げてきた。 それは、戦略的なものというより、元来、自立心の強い梶川が〝変化〞を求めてきた結果である。 クライアントや市場のために、そして自分のために、よりよい環境は何かを常に模索し、実行を重ねた日々が今につながっている。 「昨日より今日をよくしていく。 いわゆる野球少年です。 私が生まれ育った頃の東京・世田谷は、まだ田畑が残るのどかなところで、いつも走り回りながら野球ばかりしていました。 ですが、体質が虚弱だったものだから、すぐに熱を出したりで、免疫力も弱かったのでしょう。 小学校5年の時、急性腎炎を起こして4カ月ほど入院したんです。 病気自体は早くに快復したので、深刻な話ではなく、むしろ楽しかったという思い出。 というのも、患者は私の知らない様々な地域から来ていたし、小児病棟にはおませな〝お兄ちゃん〞も多かった。 見るもの聞くものすべてが新鮮で、私にとっては最初の社会勉強になったわけです。 いわば、大人になった4カ月(笑)。 入院するまでは甘ったれだった私が完全に親離れし、体質のほうも、体の悪い部分を出し切ったのか、すっかり変わって元気になりました。 もともと、放任されて育ったんですよ。 顕著なのは母で、小説家を目指していた彼女は、「私はあなたの親になるために生まれてきたわけじゃない。 小説を書きたいの」という調子で、面倒見が悪いことこのうえない(笑)。 子供は3歳まで。 それまでに、親はすべてのものを与えられるというのが基本の考え方だったらしく、良くも悪くも放っておかれたし、加えての入院経験で、私には早くから自立心が備わっていたように思います。 退院後、学校に戻るとギャップを感じましてね。 病院にいた友達は皆大人びていたから、その環境に比べると退屈というか、何だか面白くなくなってしまった。 それで、中学は〝違うところ〞に行こうと、東京学芸大学附属の世田谷中学校を受験し、運良く入ることができたのです。 自由で、多くのことが生徒の自主性に委ねられる同校の校風は、梶川の肌に合っていたようで、「好き勝手にやって楽しんでいた」。 中学時代に始めたのはバスケットボールで、部活にも勤しんだ。 本人曰く「運動はむしろ苦手」らしいが、バスケは当時としては新しいスポーツで、梶川は〝初めての遊び〞に夢中になった。 背だって高くないし、似合わない話なのですが、私は小器用なところがあって、ルールやフォーメーションといった戦略面では長けていたかも……。 野球もそうですが、コーチなど不在の時代ですから、ルールをちゃんと知っているだけで大きな顔ができたんですよ。 それに、ませた先輩もけっこういて、環境がまた刺激的でした。 そんな先輩の一人に政治家の息子がいて、私は非常に感化されたんです。 特に影響を受けたのは高校受験の時。 その先輩から、何やら哲学めいたアドバイスを受けまして。 「受験勉強というのは学問じゃない。 虚しいものだ」と(笑)。 ならば、そのまま学芸大の附属高校を〝通常受験〞すればいい話なのですが、何を血迷ったか、私は同じ附属でも慶應義塾というまったく異質な世界に。 以降、高校、大学と奔放な生活を送った、というわけです。 高校生になってからは麻雀三昧で、2週間に13日ペース(笑)。 大学受験がないから勉強しないし、私、順応性だけは異様にあるので、すっかり慶應の遊び人たちに馴染んでしまったわけです。 当時、慶應義塾高校には1学年900人くらいいて、先生の目も行き届かないというか、すでに大学のような雰囲気でした。 学校も、変わらず家も放任、本当に自由で楽しかった。 大学に進学する際、迷ったのは学部をどこにするかで、医学部という考えもゼロではありませんでした。 ただ、私は手先が不器用なので、いずれ選択の幅が限られてくる。 結果的には経済学部を選んだのですが、それは、ずっと算数、数学が得意だったからという程度の話で、具体的な職業イメージがあったわけではありません。 あまり褒められた話ではないですね(笑)。

次の