シャンデラ 夢特性。 シャンデラ

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策

シャンデラ 夢特性

ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY! ハイル!HARDY.

次の

【ポケモン剣盾】夢特性(隠れ特性)の入手方法と遺伝の仕組み【ソードシールド】|ゲームエイト

シャンデラ 夢特性

お久しぶりです。 こうして構築記事を書くのはS1以来になります。 今回使用した構築の概要はこんな感じになります。 タイプ被りが激しく水弱点4匹地面弱点3匹という偏りっぷりですが、そこも含めてここから詳しく書いていきたいと思います。 ・構築経緯 まず、シーズン序盤にガラル御三家の夢特性が解禁されました。 中でもエースバーンの夢特性はリベロという前作までのゲッコウガを彷彿とさせる非常に強力な特性であり、解禁前から話題になっていました。 カクレオン…? 実際解禁後わずか数日で使用率1位まで上り詰め、その後も1位をキープし続けたことがその強さの証明ですね。 もちろん僕もその強さは分かっていたため、まず構築のスタートに エースバーンを据えました。 同時に他の5匹はエースバーンとある程度戦えるポケモンで固めたいと考えていて、その中で求める性能を持ったポケモンを採用することにしました。 また、エースバーンに繰り出されるドヒドイデ・カバルドンなどを起点にできる+エースバーンともそれなりに打ち合える性能がある悪巧み スピンロトムが強そうだと感じたため第二の軸に据えることに。 そして僕の一番好きなポケモンである シャンデラですが、幸いにもエースバーンに弱くはなく、襷で対面性能を確保することで自然に採用することができました。 残りの2匹ですが、途中まではアシレーヌと補完に優れるスカーフ型破りドリュウズ+スピンロトムの起点を作れる残飯欠伸カビゴンを採用していました。 しかしカビゴンがエースバーン含めたラム持ちポケモンに起点にされてしまうことが増えたため、同じような役割を持ちつつ吹き飛ばしによる起点回避が可能で、使い慣れていることもあって カバルドンに変更。 前述の通り襷を持つことで打ち合える範囲が広がります。 注目してほしいのは襷でありながら身代わりを採用していることですね。 採用理由としては非ダイマックス状態のエースバーンは不意打ちか飛び跳ねるぐらいしかシャンデラに等倍で通せる打点がないことが多く、ステロ等で襷が潰された場面でも身代わりを貼ることで対面有利に持っていけるからです。 他にも身代わりで相手のダイマックスターンを稼いだり補助技を透かしたりと立ち回りの幅が広がったので、この採用は正解だったと思います。 ただ身代わりを貼ることで襷が発動しなくなり事実上のアイテムなし状態になってしまうため気軽に打てる技ではなく、襷を生かすか身代わりを貼るか慎重に選択する必要がありました。 また襷を盾にエースバーンと打ち合う場合、無振りエースバーンに対してタイプ変更で等倍になった控えめ火炎放射だと珠ダメ1回込みでも確定耐えされてしまいますが、大文字だと50%の乱1 珠ダメ1回で確定 になるため、この差を重く見て今回は大文字を採用しています たまに外すのはご愛嬌。 残り2枠は安定打点のシャドボと、水タイプ全般への削りになるエナボで確定。 特に後出しされた水ロトムなどを大きく削れるのはエナジーボール採用の大きなメリットであり、高いCからの安定した草打点を持つ炎タイプであるというのはシャンデラの魅力だと感じました。 シャンデラと並んで炎タイプ2匹採用に見えますが、炎技がないので炎タイプではありません 暴論。 技構成は高打点かつダイナックルでAを上げられる膝、縛り範囲を広げることができる不意打ち、命中安定かつミミッキュやトゲキッスに強くなるアイヘ、最大打点であるギガインパクトとしました。 最後の1枠には当初は言わずもがな強力なダイジェットになる飛び跳ねるを採用していましたが、ドリュウズを型破りから砂かきに変更した際にPT全体のロトムへの打点が乏しくなることを鑑みてギガインパクトに変更しました。 ギガインパクト及びそれを基にしたダイアタックはエースバーン唯一の物理威力150技であり、珠を持たせることでH振りFCロトムが56. 2%の乱1 ステロ込み確1 、事前にダイナックルを積めていればHB特化FCロトムでも確1、威嚇ギャラにも7割程度のダメージが見込めるため打点としては十分確保できています。 やはりリベロという特性が非常に強力で、縛れる範囲も広い文句なしのエースとして活躍してくれました。 技構成に関しては特に言うこともないので割愛。 カバルドンを選出できない場合でも自ら砂を発動できるのがとても魅力的で、ダイマックスにより実質耐久2倍、砂かき発動で素早さ2倍、弱点保険発動で攻撃力2倍と瞬時に能力を上昇させる様は7世代で愛用していたジャラランガZを彷彿とさせてくれるのが最高。 技構成はテンプレだし使い方は今更説明することもないので割愛。 無難に強かったです。 持ち物はフィラとオボンを気分で使い分けていましたが、最終日はフィラだったのでフィラにしておきます。 オボンでも問題ないです。 終盤に少し流行っていましたが、リベロ解禁直後からこのポケモンに気付けていたのが良かったのかもなぁと思っています。 努力値に関してはSを1上昇でエースバーンを抜けるラインに設定した後Hに振り切って最低限の耐久を確保、あまりをCに回した形になっています。 ライジングボルトはダイサンダーの威力が140になり、ダイマックス後も高火力を出せる可能性があるのが魅力的でした。 また悪の波動はダイアークでDを下げることでナットレイなどの高耐久ポケモンを等倍打点で押し切ったり、ドリュウズへの打点にもなるので採用しました。 ゴリラドヒド 1のようなサイクルに対して非常に強く、マッチングした際はだいたい悪巧みからの崩しで相手を崩壊させることができました。 最終日は重要な場面で相手を怯ませたり、乱数耐えのところをギリギリ耐えてくれたりめちゃくちゃ頑張ってくれた。 本当にありがとう。 HBに振ることでエースバーンをはじめとした物理ポケモンと対面しても行動保証があります。 ダストシュート持ちのエースバーンには一撃でやられてしまいますが、個体数的に切っていたので1回もマッチングしなかったのはラッキーでした 最悪マッチングしたら素でダスト打たせて避けるつもりだった。 ただし熱湯+アクジェで火傷や急所の確率を含めると7割ちょっとで対面勝てるため十分だろうと判断してこの耐久ラインに設定しています。 ドヒドイデなど一部圧倒的不利を取るポケモンは存在しますが、対面性能としてはかなり高いので選出しやすいポケモンだったように感じます。 なのでシャンデラorアシレーヌorカバルドンから2匹+エース3匹から1匹というのが基本選出になります。 スピンロトムが悪巧みを積む必要がある場合にはカバルドンを優先する、エースバーンが刺さっている場合にはシャンデラ+アシレーヌ+エースバーンで対面的に動かす、といった感じで臨機応変な選出を考えていました。 ・重いポケモン 水ポケモン全般が重いです。 まあ水弱点4匹もいたらそりゃ重いわな、という感じはありますが… 特にギャラドスとラプラスは選出画面にいたら最大限の警戒をしていました。 ・総括 DLCが発売されS8からはまた大きく環境が変わるというところでしたが、その前にひとまず納得のいく結果が出せたことはとても嬉しいです。 もちろんまだまだ上は目指すつもりなので、今後も頑張っていきたいです。 ちなみに構築名の「四大元素」というのは「風」「土」「水」「火」の4つの要素を指すもの 詳細はなどに載っています なのですが 「風」…スピンロトム 「土」…カバルドン、ドリュウズ 「水」…アシレーヌ 「火」…シャンデラ、エースバーン とこの構築にピッタリ当てはまっていたので付けました。 かっこいいし。 というわけで今回はここまでです。 それでは~.

次の

隠れ特性入手法一覧

シャンデラ 夢特性

【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はトップクラスの特殊火力を誇るシャンデラについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 シャンデラは好きなポケモンで結構高めの順位でも使っているのでこちらもどうぞ。 「」 「」 シャンデラの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【シャンデラの特徴1】全ポケモントップクラスの特殊火力 シャンデラといえば特攻種族値145という全ポケモンの中でも屈指の火力です。 特攻種族値145のポケモンは他には• ムゲンダイナ• サニゴーン• クワガノン しかいません。 この中でもシャンデラは炎タイプなのでダイバーンで日照りにすることでさらに1. 5倍にすることができ、「いまひとつ」のはずの相手にもほとんどの場合ダイバーンで7〜8割のダメージを入れることができるので受け交換が成立しないことも多いです。 【シャンデラの特徴2】唯一の炎・霊複合タイプ シャンデラはガラルで唯一の炎・霊の複合タイプとなっていて、9タイプを半減以下に抑えることができるようになっています。 ただ、弱点が• ゴースト• じめん• みず と環境に多くほぼすべての選出ポケモンが覚えているタイプを弱点とするので、適切に扱えば強いものの基本的には扱いが難しいポケモンだと言えるでしょう。 【シャンデラの特徴3】微妙な素早さと意外と高い耐久性能 シャンデラの素早さ種族値は80族となっていますが、ここのラインはトゲキッス・サーナイト・ヌメルゴンなどの同速ポケモンや素早さ調整を施したポケモン、81族にはギャラドスやミロカロスといった環境に頻繁に見かけるポケモンがたくさんいるラインとなっており、非常に微妙な素早さです。 そのため、ここを抜けるためにこだわりスカーフをもたせたり、逆に最遅きあいのタスキにしてトリックルーム運用することで先制できる盤面を増やして持ち前の超火力を押し付けられるようにする立ち回りが多いですね。 そしてシャンデラの耐久方面をみてみると、防御も特防も種族値90となっておりそこそこ高いです。 反面HP種族値は60と非常に低く、努力値を振らないと紙耐久になります。 ただしH252まで努力値をふると、タイプ不一致の弱点くらいなら耐えることができるまで耐久を上げることができます。 はりきりいのちのたまアイアントのダイロックもダイマックスで耐えてダイバーンで切り返すことができます。 【シャンデラの特徴4】特性すりぬけ・もらいび シャンデラの特性は3つあります。 もらいび:『ほのお』タイプの技のダメージや効果を受けず、以後自分の『ほのお』タイプの技の威力が1. 5倍になる。 /『てもち』にいると、ポケモンのタマゴが2倍かえりやすくなる。 必要な歩数が半分になる• すりぬけ(夢特性):相手の『オーロラベール』『リフレクター』『ひかりのかべ』『しろいきり』『しんぴのまもり』『みがわり』の効果を受けない。 もらいびはアイアント・ナットレイ・アーマーガアなど炎弱点のポケモンと組むことで発動しやすくなっていて、うまく発動できればあとはダイバーン連打が非常に強力な特性です。 ほのおのからだは主にタマゴ孵化を早める目的で使われます。 すりぬけはみがわりや壁貼りを無視して攻撃できるので、エルフーンやオーロンゲなどに強く出ることができます。 夢特性シャンデラの入手方法を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 シャンデラの育成論と戦い方 シャンデラも昔からいるポケモンなのでさまざまな型がありますが、シャンデラ初心者でも使いやすいと思われる型をご紹介します。 育て慣れた人は環境に合わせて微調整をかけていたりします。 【シャンデラの育成論1】速攻スカーフシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:A抜け5V• もちもの:こだわりスカーフ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリック 特徴・戦い方: 基本的な立ち回りは初手で出して1〜1. 5体ほどをもっていく役割です。 初手で出てきそうなポケモンを倒せそうであれば選出していいでしょう。 ただ殴るので初心者でも扱いやすい型です。 (このシャンデラを抜けるポケモンは多くないので、何回か戦っているとこのポケモンは倒せる、このポケモンは無理というのが分かってくると思います。 ) 2体以上このシャンデラで倒すことを目指すには、技をこだわっているため交代先のポケモンを用意する方が安定します。 シャンデラの弱点であるじめん・ゴースト・あく・いわ・みずに強く、交代読みで交代先の弱点をうつにはリスキーで交代後も先制しやすいサザンドラ(弱点の格闘・フェアリー・虫・氷はシャンデラにうちにくい。 ドラゴンには注意)などのポケモンを置くといいでしょう。 個人的な経験からすると2体目はミミッキュも出てきやすいので、ミミッキュに後出しできるアーマーガアなどもいいでしょう。 (剣の舞率が高いので化けの皮を剥がすほうが優先かもしれませんが、交代判断はそのときの環境におけるミミッキュが取りやすい行動に依存します。 ) S80族は最速スカーフ個体であれば、こだわりスカーフを持たないアギルダーまでのポケモン(テッカニンは無理)を抜くことができます。 ・サザンドラ(要注意):あくのはどう ・ヒヒダルマ(要注意):じしん ・ドラパルト:シャドーボール・ゴーストダイブ ・オノノクス(要注意):じしん ・ドリュウズ:じしん・がんせきふうじ・いわなだれ ・ロトム系:あくのはどう・シャドーボール S80族を超え、環境にいるポケモンでスカーフを持っている可能性がそこそこあり、シャンデラに有効打点を持つ=驚異となるのがこれらのポケモンです。 サザンドラ・ヒヒダルマ・オノノクスはスカーフ率が高いので要注意です。 相手パーティにいたらシャンデラは出さないか、慎重な立ち回り(2体目以降に出してスカーフ持ちかバトル中に確認の一手をうってから動く、ダイマックスで耐える、初手シャンデラがやられても勝ち筋を追える選出をするなど)をします。 ドヒドイデなど受けポケモン相手にはトリックでスカーフを押し付けて機能制限をして、シャドーボールやエナジーボールで特防を下げて崩しながら倒すことを目指します。 性格・個体値・努力値: Sはおくびょうであれば236をふれば最速ドラパルトまで抜けるので、ここまでふれば基本的には十分ですが、他のところに振ったところであまり効果は感じられなかったので80族の同速の可能性を考えてぶっぱでいいと思います。 Cももとの種族値が145と高いとはいえ、性格補正なしなのでぶっぱにしないと返り討ちにされることもあるのでぶっぱが安定です。 スカーフ持ちが減ってきたなど、性格補正をひかえめの準速高火力にする場合はSラインを準速ドラパルト抜きのS236か、最速インテレオン抜きのS212でもいいでしょう。 わざ: シャンデラはいろいろなわざを覚えますが、命中安定=安定した戦いができる構成がこの構成です。 他には下記のような用途に応じて入れ替えましょう。 ・オーバーヒート・だいもんじ:あと少しで落とせず返り討ちにされるポケモンが増えてきたときに ・ソーラービーム:ダイマックスで戦う機会が多いときやコータスなどの晴れパで使うときに ・サイコキネシス:ドヒドイデなどの打点を強くしたいときに ・あくのはどう:ひるみを狙うときに。 ダイアークで特防ダウン崩しを狙うときに。 性格が違いますがひかえめ型スカーフシャンデラを紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【シャンデラの育成論2】トリルエースシャンデラ• 特性:すりぬけ• 個体値:S逆V、A抜け4V• もちもの:きあいのタスキ• わざ:かえんほうしゃ・エナジーボール・シャドーボール・トリックルーム 特徴・戦い方: 基本的には初手トリックルームをうってから戦います。 性格補正が乗っているのでスカーフ型より火力が出てダイマックスも切りやすいのがいいところですね。 S逆V+性格補正でさらに下げることで無振り56族(オーロット)と同速になるので、一般的な鈍足ポケモンにはトリックルームを打たずにそのまま攻撃、中速以上のポケモンにはトリックルームをうってから攻撃と両方に対応できます。 ただ、その判断はポケモンを見ただけでSラインを判断できるようにならないとできないので、中級者向けの型かもしれません。 はポケモンでタイプ相性と同じくらい重要な知識なので、この型を使う場合はよく見かけるポケモンはS種族値を覚えておくといいかもしれません。 初手対面のポケモンがシャンデラがダイマックスすれば確定や高乱数1発でもっていけるポケモンの場合、トリックルームからダイマックス連打で勝てることもたびたびあります。 初手要注意で環境によくみかけるポケモンは下記です。 ・ドリュウズ:ほぼ襷持ちなので襷潰して後続で処理。 ・ブラッキー:かえんだまローブシンに交代推奨 ・シザリガー:襷発動させて後続先制技持ちで処理 ・ドサイドン:ダイマックスで処理か相手がダイマックスするまで後続に交代して温存 ・ドヒドイデ:ダイバーン2連が決まれば乱数で倒せるが初手じこさいせいの場合無理 ・バタフリー:眠るので無理 トリックルームを使うので、ローブシンやドサイドンなどのトリックルームエースをもう1体採用しておくと柔軟に戦うことができるでしょう。 また、ステルスロックをまかない相手の場合は相手のダイマックスのストッパー兼切り返しとしても活躍してくれることがあるので、相手の選出を見てステルスロックをまきそうなポケモンがいなければ交代して後半に温存してもいいでしょう。 性格・個体値・努力値: トリックルーム運用なので最遅がおすすめです。 最遅にしない場合はS60族もしくはバンギラスのS61族抜き調整がいいでしょう。 Sに振らない分、残りはHPにぶっぱすることで足りない種族値を補って耐久を上げられます。 物理も特殊もうたれやすいポケモンなので、どちらにも対応できるようにHPに全振りがおすすめです。 きあいのタスキがあるのでHPぶっぱは不要と考えるかもしれませんが、HP全振りするとドリュウズ程度のダイロックを襷なしで耐えたり、交代で出てきたカバルドンやバンギラスの砂でやられずにもう一回動くチャンスができることもあったり、ダイマックスすると耐久が更に上がるのでぶっぱがいいでしょう。 (他にふるステータスもないですからね) わざ: やはり命中安定かつ威力もそこそこのかえんほうしゃ・シャドーボール・エナジーボールの構成が使いやすいです。 他の候補としてはスカーフ型では採用できなかった変化技を入れるのもありです。 ・ちょうはつ:受け相手に。 ただし返り討ちにあいやすい。 ・みがわり:受け相手に。 あまり長持ちはしない。 参考:「」 その他の型 メガネ型を紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 また、全般的な育成論を動画で上げているトレーナーもいたのではっておきますね。 シャンデラの対策 HPぶっぱだとタイプ不一致弱点くらいなら耐える耐久を持つシャンデラですが、タイプ一致であれば確定1発で落とせます。 これらのポケモンであればシャンデラの攻撃を耐えて返り討ちにすることができるでしょう。 ステルスロックも炎タイプでしかもきあいのタスキを持っている可能性が高いシャンデラには効果的です。 ただし襷型の場合は初手で出てくる事が多いため、あくびや吹き飛ばしと合わせて採用するのがいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】シャンデラの育成論と対策【唯一の炎霊!最強火力お化け】 いかがでしたでしょうか。 超火力を出せる特攻種族値を持ちながら、微妙な素早さから安定して使いにくいポケモンシャンデラ。 スカーフやトリックルームで上から殴れるように工夫してあげることで、使いやすいポケモンになるでしょう。 もちろんこだわりメガネなど他の型も使い方によっては活躍できるので、自分なりの育成を考えて育ててみてはいかがでしょう。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の