俺的に。 【特定】俺的ゲーム速報@JINさん、本名と住所がバレてしまう【身バレ】

俺的日常 by UPUP 第3期

俺的に

結局おかわりさんの1番の魅力といえば、自操作での打ちやすさにあるのではないかとも思います。 アーチストは打ちやすいですが、そんなアーチストの中でも間違いなく打ちやすい。 サードには熱い男もいますが、代表としても魅力溢れる存在。 今シーズンも、チームの得点力を増していくのか。 期待MAX。 続きまして、第2位! カメラ目線でサイレントアツオーーー! 背景燃えたぎる熱男選手! 足のあげ方激アツのマッチ選手。 無観客でのカメラ目線での熱男ポーズも痺れました。 ミスターエンターテイナー。 プロスピでも特有のフォロースルーは使ってて楽しい。 能力ももちろん大事ですが、使ってて(打って)楽しい選手を起用するのも醍醐味。 パワーは間違いなくまだまだ上がってくるでしょう。 あとはどのくらいの確率で仕留めていけるか。 オフシーズンのテレビ出演からも見える、圧倒的マイペース感。 きっと大物とはこういう人を言うのでしょう。 巨人の4番を誰にも渡さない存在感が次第に出てます。 今シーズンは務め上げて欲しい。 続きまして、第4位! あ、シェンロン!でお馴染み高橋しゅうペイでーす選手! やっと脂が乗りベストナインとゴールデングラブ賞も獲得した昨年ですが、残念ながら ミートA パワーBには届かず。 3割越えなど条件は様々ありそうですが、プロスピ映えにはあともう少しというところでしょうか。 それでも今シーズンも活躍を持続してもらえれば、超絶魅力的な三塁手になること違いなし。 なんせフォームがいい。 しゅうへいでぇーす!! まだまだいくぜ、第5位! くびれを出すためには、こうッ!! PLくびれ中川選手! 昨シーズンは東洋大の1年と言っても過言ではない活躍でしたが、そんな中の一人中川選手。 交流戦で首位打者を獲得したり、オリックスを代表する右打者となっていきそうな雰囲気ムンムンです。 主軸は頼もしくなってきそうなオリックスの中で必要なチャンスメーカーとしてヒットを量産できるのか。 オリックスの顔になるであろう選手。 ちょうど真ん中、第6位! いや、元々赤系のやつつけてたんでね! すっかり馴染む楽天カードマン、鈴木選手! チームもかわり、いかがお過ごしでしょうか。 三塁手としての登場ですが、内野はすべて守れるユーティリティー。 ロッテからの移籍で心機一転もありつつも、やはり真摯なプレイは変わらず見ていたい。 ミートも高く、きっちり守れる能力の高さは申し分なし。 あとはロッテ枠から楽天枠の扱いの違いだけ。 キャリアハイを提げて、どんな成績を残すか。 そしてそして、第7位! 外国サイズの、大きめアッイーーーン!いただきましたレアード選手! 昨シーズン、序盤の握りの量はとてつもないものがありました、レアード選手。 今シーズンはホークスから加入の福田選手がお寿司を食べてたり、なんか楽しそうなベンチ。 次第に大砲がより輝きそうなメンツ、つまり塁を埋めてくれそうな選手たちが揃ってきた感もあります。 圧倒的パワーでホームラン量産となるか。 残念ながらかつての ミートAは少し遠いですが、圧倒的4番打者が抜けた打線をつかさどる選手の一人に違いなし。 6番あたりを打つことになりそうですが、この方に打点がついていけばより怖い打線になります。 今シーズンは3割あるか。 そしてそして、第9位 練習は頑張ってるんです。 大山から超山へ、ミスタータイガース! 昨シーズンはホットスポットだったサードも、今シーズンは競い合ってます。 4番と期待されることは、喜びなのか辛さなのか。 経験が浅い時ほど思い切りがあった気もしますが、積み重ねた経験もまた思い切りに繋がるものです。 偉そうに 練習での打球は4番そのもの。 今シーズンは笑顔がたくさん見れますように。 磨いた守備力で失策激減にも期待!! そうして、第10位! ハジメマシテ! デッドボールユルサナイ、ピレラ、ニールニ、ゲキオコデス!(嘘) 期待値高い広島の助っ人ピレラ選手。 バティスタ選手の抜けた長打力という穴を埋めてくれる存在となるのか。 サードが守備適性ながら、様々なポジションを守れるユーティリティーっぷり。 それにこの打力があれば、割と素敵な助っ人でしょうか。 こればかしはシーズン開幕から知っていくことになりそうですが、広島の眼力は間違いなさそう。 そして、第11位! 足がすらっとしてる、まさにスラシアル!太田選手! 大型内野手としての魅力は抜群。 大きいのに躍動できる運動能力は、ヤクルトのリードオフマンになりそうな器を感じさせます。 守備面の課題なんかもありつつ、そこさえクリアになればリーグ優勝した年の川端選手のように乗っていきそうな雰囲気ムンムンです。 パで磨いた打撃はさすが。 大志を抱いて北の大地で躍動してくれるでしょうか。 なぜ巨人からハムへ移籍したら活躍するのか。 逆は難しそうな印象ですが。 守備も良かったので、打力が安定すれば間違いなく相当な戦力になるはず。 見てみたい。 ミトドケネバ。 まとめ 以上、俺的サードランキングでした! おかわりくん、マッチは今後長年お世話になるであろう選手。 ぜひに欲しい!.

次の

俺的ルアーフィッシング!!Ⅺ リロード

俺的に

結局おかわりさんの1番の魅力といえば、自操作での打ちやすさにあるのではないかとも思います。 アーチストは打ちやすいですが、そんなアーチストの中でも間違いなく打ちやすい。 サードには熱い男もいますが、代表としても魅力溢れる存在。 今シーズンも、チームの得点力を増していくのか。 期待MAX。 続きまして、第2位! カメラ目線でサイレントアツオーーー! 背景燃えたぎる熱男選手! 足のあげ方激アツのマッチ選手。 無観客でのカメラ目線での熱男ポーズも痺れました。 ミスターエンターテイナー。 プロスピでも特有のフォロースルーは使ってて楽しい。 能力ももちろん大事ですが、使ってて(打って)楽しい選手を起用するのも醍醐味。 パワーは間違いなくまだまだ上がってくるでしょう。 あとはどのくらいの確率で仕留めていけるか。 オフシーズンのテレビ出演からも見える、圧倒的マイペース感。 きっと大物とはこういう人を言うのでしょう。 巨人の4番を誰にも渡さない存在感が次第に出てます。 今シーズンは務め上げて欲しい。 続きまして、第4位! あ、シェンロン!でお馴染み高橋しゅうペイでーす選手! やっと脂が乗りベストナインとゴールデングラブ賞も獲得した昨年ですが、残念ながら ミートA パワーBには届かず。 3割越えなど条件は様々ありそうですが、プロスピ映えにはあともう少しというところでしょうか。 それでも今シーズンも活躍を持続してもらえれば、超絶魅力的な三塁手になること違いなし。 なんせフォームがいい。 しゅうへいでぇーす!! まだまだいくぜ、第5位! くびれを出すためには、こうッ!! PLくびれ中川選手! 昨シーズンは東洋大の1年と言っても過言ではない活躍でしたが、そんな中の一人中川選手。 交流戦で首位打者を獲得したり、オリックスを代表する右打者となっていきそうな雰囲気ムンムンです。 主軸は頼もしくなってきそうなオリックスの中で必要なチャンスメーカーとしてヒットを量産できるのか。 オリックスの顔になるであろう選手。 ちょうど真ん中、第6位! いや、元々赤系のやつつけてたんでね! すっかり馴染む楽天カードマン、鈴木選手! チームもかわり、いかがお過ごしでしょうか。 三塁手としての登場ですが、内野はすべて守れるユーティリティー。 ロッテからの移籍で心機一転もありつつも、やはり真摯なプレイは変わらず見ていたい。 ミートも高く、きっちり守れる能力の高さは申し分なし。 あとはロッテ枠から楽天枠の扱いの違いだけ。 キャリアハイを提げて、どんな成績を残すか。 そしてそして、第7位! 外国サイズの、大きめアッイーーーン!いただきましたレアード選手! 昨シーズン、序盤の握りの量はとてつもないものがありました、レアード選手。 今シーズンはホークスから加入の福田選手がお寿司を食べてたり、なんか楽しそうなベンチ。 次第に大砲がより輝きそうなメンツ、つまり塁を埋めてくれそうな選手たちが揃ってきた感もあります。 圧倒的パワーでホームラン量産となるか。 残念ながらかつての ミートAは少し遠いですが、圧倒的4番打者が抜けた打線をつかさどる選手の一人に違いなし。 6番あたりを打つことになりそうですが、この方に打点がついていけばより怖い打線になります。 今シーズンは3割あるか。 そしてそして、第9位 練習は頑張ってるんです。 大山から超山へ、ミスタータイガース! 昨シーズンはホットスポットだったサードも、今シーズンは競い合ってます。 4番と期待されることは、喜びなのか辛さなのか。 経験が浅い時ほど思い切りがあった気もしますが、積み重ねた経験もまた思い切りに繋がるものです。 偉そうに 練習での打球は4番そのもの。 今シーズンは笑顔がたくさん見れますように。 磨いた守備力で失策激減にも期待!! そうして、第10位! ハジメマシテ! デッドボールユルサナイ、ピレラ、ニールニ、ゲキオコデス!(嘘) 期待値高い広島の助っ人ピレラ選手。 バティスタ選手の抜けた長打力という穴を埋めてくれる存在となるのか。 サードが守備適性ながら、様々なポジションを守れるユーティリティーっぷり。 それにこの打力があれば、割と素敵な助っ人でしょうか。 こればかしはシーズン開幕から知っていくことになりそうですが、広島の眼力は間違いなさそう。 そして、第11位! 足がすらっとしてる、まさにスラシアル!太田選手! 大型内野手としての魅力は抜群。 大きいのに躍動できる運動能力は、ヤクルトのリードオフマンになりそうな器を感じさせます。 守備面の課題なんかもありつつ、そこさえクリアになればリーグ優勝した年の川端選手のように乗っていきそうな雰囲気ムンムンです。 パで磨いた打撃はさすが。 大志を抱いて北の大地で躍動してくれるでしょうか。 なぜ巨人からハムへ移籍したら活躍するのか。 逆は難しそうな印象ですが。 守備も良かったので、打力が安定すれば間違いなく相当な戦力になるはず。 見てみたい。 ミトドケネバ。 まとめ 以上、俺的サードランキングでした! おかわりくん、マッチは今後長年お世話になるであろう選手。 ぜひに欲しい!.

次の

俺的お散歩サイクリング

俺的に

他にも「」や「」に「」 「」と「」など集められていません 泣 シリーズ作品の『』が映画化されは最高峰のヤンキー漫画です! また先にクローズのキャラが気になる方はこちらもどうぞ! 是非最後までご覧ください! クローズ!俺的キャター32選!について 今回はワーストの個性豊かなキャターたちから32人を選抜しています! クローズなど別作品がメインになっているキャラはなるべく避けていますのでご了承ください。 また、おすすめのキャターなどいましたら理由と一緒に教えていただけると、私も新しい見方ができてより楽しめますので幸いです!! 作中では花木九里虎・蛭子幸一の2人に敗れており 卒業後は祖母の足のケガのため実家に帰省しています。 ですが、かなり名前はしられており、いたるところで顔を指していることから中学時代は相当な実力者であったことがうかがえます! 杉浦歩巳という小学生時代の友人?を守っていたつもりがいじめになってしまっていたことを反省し、そのことを本人に謝りに行くシーンがあるなど、人間味あるキャラです! 終盤は髪型もパンチパーマになっており、極道的キャラになってしまいました。 小林政成 マサ とは幼馴染で家族同然のように考えており、マサがやられた際は一人で仕返しに行くほどの熱血漢です! 強い相手にばかり挑戦することから、戦績は悪いと自身で話しています。 ・秀吉に次ぐ実力者 鈴蘭三大派閥の1つ岩城一派を率いている。 個人的に作中では結構好きなキャラ! 同期の覇者の佐島洋助に一度は勝つがリベンジにきた佐島に負けるが手を抜いての負けとされている。 外伝の『最後のWORST』では三年になっており、伊調一 イーピン のイーピン十番勝負で格付け一位になっていることから同世代最強の人物と思われる。 イーピンにはギリギリで勝利。 一年時に九里虎の部屋に入り九里虎を金属棒のようなもので殴ったところを返りうちにあったことがある。 花木 九里虎にとてつもない恐怖を抱いており、耳元で名前をささやくだけで飛び起きるほどのトラウマがあるようです。 なにかとかわいそうなお兄ちゃんです。 ツトムとはなんどか勝負をした過去があるようですが、決着はついておらずワーストの作中で再戦したところ僅差で負けてしまいます。 クローズ時代に一年で当時トップの美藤秀幸を倒し鳳仙のトップに君臨し頭角を現した。 大仕事として鈴蘭に挑むが最初から勝てないことを悟ったうえで挑み。 光政に鈴蘭の存在をを見せつけた。 その際ジョー個人では吉に勝っている。 作中ではキングジョーと、中島信助と並び新四天王の一角でもある。 クローズ時代にはキングジョーとやりあっているが勝敗は当人同士しか知らない。 互いのダメージ的に見てもかなりの接戦であったとうかがえる。 喧嘩ばかりするため何かと目をつけられていた。 その真意は人を思う優しさ故の行いばかりで人情深い愛すべきキャター! 実力を伝えるなら、鈴蘭の九里虎があと一歩でやられる可能性があったほど。 作中でどんどん成長していき、九里虎には計4度挑み負けている。 作中では事故により亡くなってしまう。 清広も実力はわかっていたが、納得するために鉄生と勝負する。 清広が正式に負けを認め鉄生が六代目頭に就任する。 引きこもりがちだった難波を連れ出してくれたのが鉄生だった。 のちに鉄生のいるに加入し戦闘で猛威を振るう。 内では鉄生以外ではやりあえるものがいないほどの実力者。 鉄生亡き後に七代目に席を残し将五を支える。 将五は鉄生から次の頭を密かに任命されており、周りも将五を押し上げる。 史上最高のとされるほど素晴らしいチームの頭である。 熱血漢で周りが見えなくなることもあるが、一本筋が通っている。 頭になる前は銭屋一家の小川千春を待ち時間が過ぎてもひたすらに待ち続けた。 将五がなんども勧誘したり、五代目副頭の柳から革ジャンを譲り受けるなど、入り前から注目されていた人物。 喧嘩漫画のクローズ、ワーストにおいて異質な戦闘スタイルで強敵を一瞬で無力化してしまう。 さらには冷静な性格からキレる頭脳で七代目戦線の行動に大きく貢献。 13歳から悪事を働いていた凶暴な男。 後に九代目戦線の頭となっている。 クローズ時代に総長になり統率を取るために坊屋春道に勝負を挑み負けている。 最後は他県に引越し引退している。 実力は鈴蘭の迫田クラス。 鈴蘭では武藤蓮次と仲が良い。 最初は鈴蘭に入学するも月島花に敗れ、退学している。 その後竜胆高校を制圧し天地軍団を作り、極悪人を次々ににおさめる。 作中では1人で勢力を拡大していく様や、その実力が描かれておりWORSTには必須のキャラである! E. Dの頭 190センチの身長がありモデル体型。 仲間思いで実力も持ち合わせており戦線の奈良明を倒している。 将五と最後にやりあい、負けてしまうが。 その後友好関係を気づき大勢力となる。 Dの副頭 E. Dの頭脳!藤代拓海と対戦するも、同盟を持ち掛けられ了承。 ともに萬侍帝国に立ち向かうよう行動する。 D先発隊 対戦線先発隊としての小林一善と衝突、勝負中に腹部に鉄の棒が刺さり搬送される。 その際に心配してくれた一善に感動し兄弟分となる。 Dの先発隊 畑同様に先発隊として突撃。 蹴り技が得意での円城と対戦し勝利している。 天善高校では二年時から頭を張っている。 作中ではラスボス的存在! 戦線の村田将五、鈴蘭の月島花に勝利している。 抗争時にE. Dの前川と勝負をし引き分けた。 中3の時点で警官6人で止めることができなかったとされる。 月島花に負け、動物病院へ運ばれそうになった。 まとめ.

次の