ソフトバンク スマホ。 SoftBank(ソフトバンク)のスマホや携帯電話の問い合わせ先の電話番号やメールは?

ソフトバンクから格安スマホへ。乗り換えのすすめ

ソフトバンク スマホ

Yahoo! 暗証番号は新規契約時の申込書類(控)にお客さまご自身で設定された4桁の数字です。 暗証番号がわからない方は• Yahoo! 暗証番号は新規契約時の申込書類(控)にお客さまご自身で設定された4桁の数字です。 暗証番号がわからない方は Yahoo! JAPAN IDと、「PayPay残高」または「Yahoo! JAPANカード」でのお支払いが可能なYahoo! JAPAN IDが異なる場合は対象外となります。 JAPAN IDをお持ちでない方はからご登録ください。 JAPAN IDでログインの上、「」より「PayPay」と「Yahoo! カード」のご利用状況をご確認ください。 JAPAN JCBカード、Yahoo! JAPANカードSuicaでの決済は本キャンペーンの対象外です。 JAPANカードで決済したご注文は対象です。 ショッピング発行、ストア発行)による値引きが反映された後の金額に、送料・手数料等を加算した金額です。 ただし、注文確定後に金額変更があった場合はご利用額が変更されます。 また、ご利用額の一部をPayPay残高、Yahoo! JAPANカードで支払った場合は、その支払い金額に対してのみ10%が付与されます。 最終的なご利用額は、注文履歴の「注文詳細を確認する」にてご確認ください。 有効期限は「付与日」から60日です。 PayPay公式ストアでも利用可能です。 PayPayボーナスライトの詳細は(外部サイト)をご確認ください。 JAPAN IDとPayPayアカウントとの連携が必要です。 ・PayPayアカウントをお持ちでない方は(新しいタブで開きます)をご確認ください。 ・PayPayアカウントをすでにお持ちの方は(外部サイト)をご確認の上、PayPayアプリから連携をお願いいたします。 ただし、発行元がYahoo! ショッピングと記載されている弊社発行のクーポンについては、値引き前の商品単価(税込)がPayPayボーナスライトの付与対象金額です。 なお、ストアポイントの付与対象金額も同様です。 JAPAN IDであれば、パソコンやタブレットなどからのお買い物でも対象となります。 ストアの注文処理については、より各ストアへお問い合わせください。 最新の付与日についてはの「付与日カレンダー」をご確認ください。 ショッピングが主催するキャンペーン、特典で付与する「PayPayボーナスライト」の付与日を変更いたしました。 詳しくはをご確認ください。 ・ご注文時にスマートログイン設定済みのYahoo! JAPAN IDでログインをしていない場合 ・ご購入の際にPayPay残高またはYahoo! JAPANカードで決済していない場合(Yahoo! JAPAN JCBカード、Yahoo! ・ご注文がキャンセルとなった場合 ・PayPayボーナスライトが付与される前に、キャンペーン対象のYahoo! JAPAN IDを削除・変更された場合 ・PayPayボーナスライトの取得に関し、不正行為が行われたと弊社、またはPayPay社が判断した場合• PayPayアプリホーム画面の下部に表示されている[残高]をタップすると、付与日ごとにPayPayボーナスライトが表示されます。 該当の付与情報をタップすると、参加したキャンペーン名と有効期限を確認できます。 それぞれのキャンペーン条件を満たしている場合、どちらのキャンペーンも適用されます。 詳しくはキャンペーンページをご確認ください。 注文確定されない場合、ご注文がキャンセルとなる場合がありますのでご注意ください。 LOHACOでの第1類医薬品の購入手続きについて詳しくは(外部サイト)をご参照ください。

次の

ソフトバンクのスマホデビュープランはいつまで使えるの?最安プランの注意点をまとめる...|すまにあ!

ソフトバンク スマホ

あら、そうなの? 現在ソフトバンクを利用していて、格安SIMへの乗り換えを検討中の方。 ソフトバンクのスマホ代高いですよね…。 毎月1万円近く持っていかれている方も多いのではないでしょうか…? 私も以前はそうでした。 うちは家族でソフトバンクだったので、毎月2万円近く徴収されていて 「どうにかすることは出来ないのだろうか」と悩んでいたんです。 そんな時に出会ったのが格安SIMです! なんと、ソフトバンクユーザーは格安SIMに乗り換えれば、 スマホ代を一気に千円台などに下げることができるんです! 千円ですよ(笑)?もはや笑いが出てしまいますよね。 そんなわけで我が家も私を筆頭に格安SIMへどんどん乗り換えていったところ、最終的に家系の通信費は5千円程度になりました。 毎月1万5千円もの節約に成功したわけです。 いやぁー格安SIM万々歳ですね(笑) ということで、この記事はその時の経験を元に「ソフトバンクユーザーが乗り換えるべき格安SIM」をご紹介します。 格安SIMにはたくさんの選択肢がありますが、実は「手持ちのスマホを今後も使うかどうか」でどこが最もおすすめになるかは変わってくるんです。 ソフトバンクから卒業し、毎月のスマホ代を少しでも抑えたい方!ぜひ参考にしてみてくださいね。 マイネオは関西電力のグループ会社「ケイ・オプティコム」が展開している格安SIMです。 500MBの小容量から30GBの大容量まで、幅広いデータ容量を選べるのがマイネオのメリットですね。 ドコモ、au、ソフトバンクすべての回線で格安SIMを展開していて、 ソフトバンク回線のSプランは実のところ料金がちょっと高めです。 参考までに、安価なAプラン(au回線)と合わせて、Sプランの料金をご覧ください。 マイネオの料金プラン 税抜 Sプラン Aプラン 500MB 1,750円 1,310円 3GB 1,950円 1,510円 6GB 2,630円 2,190円 10GB 3,570円 3,130円 20GB 5,030円 4,590円 30GB 6,950円 6,510円 見ての通り、Aプランと比べてSプランは440円 税抜 割高となっています。 また、 LINEモバイルと比べても料金設定は高めですね。 キャンペーンを利用し、お得に契約できるタイミングで検討するのが良いでしょう。 ワイ吉 そうなんです。 他社からの乗り換えに比べて、ソフトバンクからの乗り換えではお得度が減ってしまうと言うデメリットがあります。 ですから、ソフトバンクからの乗り換えの場合は、Yモバイルでなく前項でご紹介したUQモバイルの方がオススメです(同じ価格帯の中では)。 ですが、ソフトバンク光やソフトバンクAirを使っているのであれば、その点も心配いりません。 Yモバイルの料金プラン(2019年10月~)は、以下のとおりです。 また、月額1,000円 税抜 の「スーパーだれとでも定額」を契約すれば、無制限のかけ放題を利用することも可能ですよ。 ソフトバンクから格安SIMに乗り換える場合、手持ちのスマホを使うならソフトバンク回線の格安SIMがおすすめ• LINEモバイルはLINEなどの対象アプリ使い放題、月額料金も安い• マイネオはau回線プランが割安、ソフトバンク回線プランはやや料金が高め• 新しくスマホを買うなら、どこの回線の格安SIMを選んでもOK• IIJmioはドコモ回線とau回線で展開、取り扱っているスマホの数が多い• BIGLOBEモバイルはエンタメフリー・オプションで、YouTubeなどが使い放題に• UQモバイルはau回線で高速通信が魅力、ウェブ限定キャンペーンでキャッシュバックあり!• マイネオau回線は割安なので基本料を徹底的に抑えたい人におすすめ• Yモバイルはソフトバンク光やSoftBank Airとのセット割対応で、通信速度も速い こうしてみると、それぞれの格安SIMに異なる特色があることがお分かりいただけたのではないでしょうか?.

次の

【2020年7月更新】ソフトバンク『スマホデビュープラン』の内容と注意|モバシティ

ソフトバンク スマホ

格安スマホの仕組みを理解しよう とっても便利なスマートフォン。 今や何をするにも欠かせない存在です。 ただ、1つだけスマホに言いたい文句があるとすれば 「スマホの料金が高すぎる!」ということではないでしょうか。 格安スマホが登場するまでは、ソフトバンク等の大手キャリア以外に選択肢もなく、高いスマホ料金は変えられないものでした。 しかし、 「格安スマホ」が登場した今、スマホの機器本体とSIMカード、料金プランを選んで組み合わせ、 自分だけのお得な格安スマホを作ることができるようになったのです。 ただし、格安スマホならどれでもいいというわけではありません。 サービスの特徴や料金プランは格安スマホ会社や 「回線の違い」によっても異なるため、自分にとって最適な格安スマホを選ぶことが大切です。 「回線の違い」とは、 「ソフトバンク回線、au回線、ドコモ回線」 のこと。 格安スマホについて調べると、この言葉をよく目にしませんか? どの回線の格安スマホを選ぶかが、最適な格安スマホ選びの重要なファーストステップとなります。 ソフトバンクユーザーという条件や、自分のスマホの利用方法にピッタリな格安スマホを選ぶため、まずは格安スマホの仕組みについて理解しておきましょう。 格安スマホの回線の違い 格安スマホとソフトバンクなどの大手キャリアのサービスの1番大きな違いは何か、皆さんは知っていますか? それは、 インターネット回線を 自社が提供しているか、 他社から借りたものを提供しているか、という点です。 インターネット回線を自社提供しているのは、ソフトバンク等の大手キャリア。 一方、格安スマホ会社は大手キャリアからインターネット回線を借り、それを提供することでサービスを運営しています。 だから、格安スマホには 「ソフトバンク回線、au回線、ドコモ回線」と、 利用できる回線に違いがあるのです。 中には、3つのうちどれか1つの回線だけを提供している会社もあれば、3回線全てに対応している会社もあります。 そして、ソフトバンク・au・ドコモの 回線の違いが、 インターネットを利用できるエリアやスピード、使えるスマホ機器本体の違いにも影響を及ぼします。 そのため、格安スマホを選ぶ際には 契約したい会社がどの回線を利用しているのかを考慮することが必要です。 条件次第では、元の回線と新しく契約した回線が違ったために、 インターネットが使えない状況に陥ってしまう可能性もあります。 例えば、ソフトバンクからau回線の格安スマホに乗り換えると、回線が違うためインターネットに接続できない可能性が高いということです。 つまり、このリスクを回避するには、 ソフトバンクユーザーならソフトバンク回線、auユーザーならau回線の格安スマホに乗り換えるべきなのです。 また、この他にもソフトバンクユーザーがソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えるべき理由はたくさんあります。 次は、その理由を詳しく説明していきますね。 SIMロックがかかっていると、その端末は 契約したキャリアの回線にしか繋がりません。 言い換えれば、他社の回線のSIMカードを差しても、その回線を使えないようにする、意地悪な鍵が掛けられているのです。 しかも、SIMロックには 契約後101日目以降でなければ解除ができない、というさらに意地悪なルールがあります。 そのため、 ソフトバンクで新しいスマホを契約したばかりの方が 他社回線の格安スマホに乗り換えてしまうと、 インターネットを利用できないという事態に陥ってしまいます。 この事態を回避するための解決策は主に3つです。 同じ回線に乗り換える• SIMロックを解除する• SIMフリー端末を購入する• 同じ回線に乗り換える 回線が同じ場合、この問題は発生しません。 ソフトバンクユーザーの方はソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えましょう。 SIMロックを解除する 契約から101日以上経っていてSIMロックを解除することができれば、ソフトバンク回線以外の格安スマホも利用でき、選択肢は広がります。 また、 端末を一括購入すれば、利用日数にかかわらずSIMロックを解除することができます。 SIMロックは、各社のマイページ(ソフトバンクはMy SoftBank)から自分で簡単に解除可能です。 また、不安な方は店頭でスタッフに解除をお願いすることもできますが、 手数料3,000円がかかります。 自分で解除する場合、手数料はかかりません。 解除の手間が面倒だ、というソフトバンクユーザーの方は、ソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えれば問題はありません。 また、SIMロックが解除できる端末は 2015年5月以降に発売されたスマホのみです。 iPhone6s以前のスマホの場合、SIMロック解除ができません。 そのため、 古いタイプの携帯を再利用したいソフトバンクユーザーの方は ソフトバンク回線の格安スマホに乗り換える必要があります。 SIMフリー端末を購入する SIMフリー端末を購入する方法もあります。 中古品であれば比較的安いものを手に入れることができます。 次にプロバイダの数が多いのはau回線の格安スマホで、こちらもドコモ回線に並んで、ユーザー数は多くなっています。 一方で、ソフトバンク回線の格安スマホは少し遅れて登場しました。 そのため、2019年現在、ソフトバンク回線の格安スマホは他2社に比べて 最も少ないサービス展開となっています。 ソフトバンク回線の格安スマホは選択肢が少なくて不利じゃないか、と思われるかもしれませんが、決してそんな事はありません。 ソフトバンク回線の格安スマホも増加傾向にあり、選択肢は十分にあります。 そして、ソフトバンク回線の格安スマホには、数が少ないからこそのメリットが有るのです。 それは、 インターネットの「スピード」です。 何度もお話してきたように、格安スマホ会社はキャリアの回線を借りて、それを提供することでサービスを展開しています。 つまり、格安スマホに契約した人々が、借りた回線をたくさん使えば使うほどインターネットの速度は遅くなってしまうのです。 ソフトバンク回線の格安スマホ会社が少ないということは、 ソフトバンク回線の利用者は他社に比べて少なく、インターネットのスピードが落ちにくいというわけです。 ソフトバンクとのスマホの契約を切ってしまったら、「ソフトバンク光のセット割引をもう受けられなくなってしまう」、「インターネット回線も変えたほうが良いのかな?」なんて不安になってしまいませんか? でも、大丈夫です。 格安スマホ会社にも、 ソフトバンク光を契約していることでお得になるサービスを行っているものがあります。 該当するソフトバンク回線の格安スマホを契約すれば、今後もソフトバンク光の割引を受けられるのです。 ソフトバンク光の契約を続けたい方はぜひ、 ソフトバンク光の割引サービスを受けられる格安スマホ会社を選ぶことをおすすめします! 格安スマホへの乗り換えにおいて、ソフトバンクユーザーがソフトバンク回線に乗り換えるべき理由についておわかり頂けたでしょうか。 ソフトバンクユーザーの方が乗り換えたい格安スマホの候補を選ぶ時、まずは ソフトバンク回線の格安スマホからチェックすると効率的ですよね。 それでは、ソフトバンクユーザーが今すぐ乗り換えられるソフトバンク回線の格安スマホにはどんなものがあるのか見ていきましょう。 ソフトバンクユーザーにおすすめの格安スマホ ソフトバンクユーザーがソフトバンク回線の格安スマホに乗り換えるべき理由をしっかりと理解できましたね。 それでは次に、 ソフトバンクユーザーにおすすめの、ソフトバンク回線の格安スマホにはどんなものがあるのか見ていきましょう。 現在ソフトバンク回線を利用できる格安スマホ事業者は続々と増加中で、全ての事業者を把握し、比較、検討するにはかなりの労力が必要です。 そこで今回は、ソフトバンク回線を利用できる格安スマホの中から、 特におすすめの5社を厳選してご紹介していきます! それぞれプランやサービスの特徴が異なるので、自分のスマホの利用方法にどれが合うのかを考えながら見ていきましょう。 SIMフリー端末であればテザリングも可能。 テザリングを使うと、Wi-Fiに対応したゲーム機やパソコンを自宅や外出先でインターネットに接続できるようになります。 その他にもオプションサービスが豊富ですが、 オプションの内容・料金は回線ごとに異なります。 ソフトバンク回線が使えるオプションをホームページでチェックしましょう。 スマホベーシックプラン S M New! 月 額 料 金 基本使用料 2,680円 3,680円 4,680円 おうち割光セット A 適用時 2,180円 (-500円) 3,180円 (-500円) 4,180円 (-500円) 新規割り適用時(6ヶ月) 1,480円 (-700円) 2,480円 (-700円) 3,480円 (-700円) 6ヶ月目以降 2,180円 3,180円 4,180円 通話 国内通話1回10分まで無料 最低利用期間 なし 2年 契約解除料 0円 9,500円 MNP転出手数料 3,000円(契約から6ヶ月以内の場合) 契約事務手数料 (初期費用) 3,000円 スマホベーシック プラン S M New! mobileもテザリング機能は利用可能です。 mobileはソフトバンク回線を利用していますが、 ソフトバンクのスマホでもSIMロックを解除しないとY! mobileのSIMカードを使うことができないので注意が必要です。 回線が混雑する時間帯にあまりスマホを利用しない方におすすめです。 mineoもテザリング機能を使えますが、 端末によって利用可否が異なります。 実は、mineoのソフトバンク回線のプラン料金は、他 2 社のプランに比べて少し高めです。 しかし、ソフトバンク回線は新しいサービスのため、 通信速度が比較的速いことが見込まれます。 どのソフトバンク回線の格安スマホ事業者も、料金プランが安く、ユニークなサービスを提供していて魅力的ですよね。 お気に入りのソフトバンク回線の格安スマホは見つかったでしょうか? いくつか候補が見つかったら、より詳しく料金プランなどについて調べて、最も自分に合うものを選び出しましょう! 乗り換え先の格安スマホの目星がついたところで、次は 実際にソフトバンクから格安スマホに乗り換える時の注意点について説明します。 乗り換えの注意点を確認 ソフトバンク回線の良さそうな格安スマホも見つけて、格安スマホに乗り換える準備は整いましたね。 ただ、いざ契約をするとなると、「何かデータが消えたらどうしよう」、「乗り換えに失敗しないかな」、と不安になってしまいませんか? せっかく格安スマホに乗り換えたのに、大切なデータが消えてしまって後悔した、なんて事態は避けたいですよね。 そんなソフトバンクユーザーさんのために、 乗り換え前に確認しておきたい注意事項についてお話しておこうと思います。 「今すぐソフトバンクから格安スマホに変えたい!」という方も、乗り換えに失敗しないために一度落ち着いて注意点を確認しておきましょう。 格安スマホに乗り換える前に確認していただきたい注意点は以下の6つです。 格安スマホに乗り換える際の注意事項• 格安スマホに求める条件の確立• 最適な格安スマホを選ぶ• 動作確認端末• バックアップ• メールアドレス• MNPの用意 どれも簡単なものに思えますが、事前に確認しておかないと乗り換えに失敗してしまうことになりかねません。 ここからは、注意事項を1つずつ詳しく確認していきましょう。 格安スマホに求める条件の確立 今回ご紹介した5つのソフトバンク回線の格安スマホだけでも、サービス内容が多種多様であることがおわかり頂けたと思います。 ご自身の 月のデータ消費量、よく使うアプリ、使う時間帯等に合わせて最適なプランを選ぶことで、それぞれのサービスの特徴を最大限に活用できるのです。 スマホ利用において何が重要か、優先度が高いのか、 格安スマホに求める条件を明確にしましょう。 最適な格安スマホを選ぶ 格安スマホに求める条件を確立することができたら、その条件に 最も当てはまる格安スマホ事業者を選びましょう。 いくつか候補が挙がった場合、定めた条件に沿って絞り込むことができますね。 また、今回ご紹介したソフトバンク回線の格安スマホは、ほんの一部に過ぎません。 もしSIMロック解除が可能であれば、他社回線の格安スマホという選択肢も広がります。 条件を固めておけば、最適な格安スマホを新しく見つけ出すことも比較的簡単になるはずです。 動作確認端末 格安スマホへの乗り換えの際に見落としてしまいがちなのが 「動作確認端末」です。 格安スマホ会社は、iPhoneやAndroidの様々な機種が自社のSIMカードを利用して正常に作動するか、動作確認を行っています。 「動作確認端末」は、各社のホームページでチェックできます。 特に、 手持ちのスマホをそのまま使いたいという方は必ず確認しておきましょう。 稀に、ホームページに載っていない端末もあります。 そのような場合は電話で確認してみることをおすすめします。 バックアップ 端末ごと買い換える方は、機種変更をする時と同様に 必ずデータのバックアップをしておきましょう。 SIMカードだけ交換する方は、バックアップの必要はありません。 写真や連絡先、アプリ、音楽などのデータはSIMカードを変えただけでは消えることはないので安心してください。 メールアドレス 格安スマホの申込みの際には、新規契約先との登録をメールでやり取りする場合が多いため、GmailやYahoo! mail等の フリーメールアドレスが必要です。 乗り換える前に必ず取得しましょう。 また、格安スマホ移行後は、 キャリアのメールアドレス(ソフトバンクの場合@softbank. jp)が一切使えなくなります。 大切なメールの保存先やメールアドレスをIDとして登録しているサービスの登録情報を変更しておくと安心です。 MNPの用意 MNPとは、 今使っている携帯番号を格安スマホでも継続して利用するために必要な番号のことです。 取得手順は簡単で、今契約しているキャリアのマイページ(ソフトバンク携帯の場合はMy SoftBank)、電話、店頭で手続きが可能です。 電話番号を引き継ぎたい場合、この手続きが必要になることも頭に入れておきましょう。 注意事項についてきちんと確認し、不安を取り除くことはできましたか? 全ての項目をクリアできれば、 ソフトバンクから格安スマホに乗り換える準備はバッチリです。 早速格安スマホに乗り換えて、お得に楽しくスマホを使いまくりましょう! 今回は、格安スマホの仕組みや回線の違いから、ソフトバンクユーザーのための格安スマホ情報を解説してきました。 ソフトバンクユーザーがソフトバンク回線の格安スマホを選ぶべき理由や、ソフトバンク回線の格安スマホならではの優れたサービスについてよく理解して頂けたのではないでしょうか。 あなたが 「格安スマホ」という新しい選択に踏み出すお手伝いができたのなら幸いです。 最後までお読み頂きありがとうございました!•

次の