中国語会話 両国。 読んでみよう!?中国語の十二支? 今年の干支は…何どし?? [中国語] All About

格安中国語教室で1週間に90分駅前留学の決意をする

中国語会話 両国

千葉大学に在学しています。 日本人が中国のことに興味を持ってくれることはとてもうれしいです。 ここ数年日中関係は徐々に良くなっていて、中国へ行ってみたい日本人の方も多くなっているとともに、中国語も少し喋りたい方も多くなると思います。 工学出身ですが、出身地は中国の東北部なので、標準中国語(普通話)の発音が得意で、一番魅力的なポイントだと思います。 大学時代に中国人向けの「普通話検定試験1乙レベル」を取りました。 日本語を学ぶ経験を生かして、中国語を教えていきます。 日本人の中国語学習のおいて、中国語の発音は一番の難点だと思います。 マンツーマンのレッスンでマイペースでできるので、ぜひ一緒に自然な中国語を勉強しましょう。 両国 四川 2011年中国の大学校を卒業しました、大学校の専門は対外中国語です、つまり外国人に中国語を教えることです。 大学校の四年間、日本人に中国語を教えた経験があります。 文法と日常会話が得意です、ビジネスもできます。 中国の文化と習慣を四年間でいろいろを勉強していました。 中国普通語試験は二甲ですので、発音は完璧だと思います。 中国語はとても難しいと思いますが、私の専門は対外中国語ですから、中国語を勉強する方法が生徒達にちゃんと伝えられると思います。 勉強の方法が一番重要だと思います、生徒によって教育方針も違います。 生徒達は中国語で上手に話せるようになるのは私の望みです。 生徒さんへのメッセージ:中国語を勉強したいなら、いつでも私に任せて下さい。 私も日本語で上手に話したいんです、一緒に頑張りましょう! 両国 四川省 こんにちは。 来日4年目で東京外国語大学に通っている元気で熱心な毛ロイです。 将来、語学先生になりたい、自分の語学学校を作りたいですので、これから、色々な経験を積む為に、プロの道へ、一歩一歩、努力し続けていきたいと思います。 既に2年半の経験がございますので、それに、東京外大で日本語の研究だけでなく、いろんな言語教育の研究や音声学・音韻論や他言語多文化理解や第二言語習得などの研究もしておりますので、ゼロから上級まで、幅広く教えることができます。 そして、中国語を全般的に習得して理解して頂くために、日中両国の文化、社会、ニュースなどの話も授業に挟んでさせて頂きたいです。 中国語の基礎をマスターする。 自力で応用力を養いうる能力の保証、中国語の一般的事項をマスターする。 実務に即従事しうる能力の保証、中国語の全般的事項をマスターする。 語学学校や短期大学で講師をしていた時, 集中的なトレーニング通じて、生徒さん達の趣味、年齢、性格特徴、認知レベル、希望、職種などを十分に考慮し対象に応じて異なった方法で教育を施した結果、継続率が高いと評価されました。 常勤講師を始めてからは中国語講師のかたがた教務主任を担当しながら、講師達の研修およびトレーニングを通じて授業の質を高めることに心血を注ぐ一方、学校のオリジナルテキストの編集を完成させました。 中国語は世界中で唯一文字で意味を表すことができる言語です。 興味深くて、奥深い言語です。 発音と文法を徹底的に教えられます。 ご縁があれば一緒に楽しく中国語を勉強しましょう! 両国 上海 台湾出身で来日5年になります。 電子系商社で働いていました。 現在、中国語講師・通訳・翻訳・Web制作に携わっています。 1対1、グループ、企業内のレッスンなどの中国語講師を担当しています。 生徒さんのニーズに合わせ、授業の形もそれぞれ異なっています。 台湾出身ですが、中国での滞在経験があります。 中国本土の中国語と台湾中国語の用語の違い、そして日本漢字との相違にも熟知しており、繁体字・簡体字の両方とも対応できます。 自分の日本語の独学経験をベースとして、中国語速習法を考案しました。 体系的に中国語の仕組みを解析し、効率的に単語を習得できることで評判されています。 それでも、近道があります。 自分自身で語学の速習法を実践して、母語を含め6つの言語(中国語・台湾語・広東語・英語・日本語・韓国語)が話せるようになりました。 テキストのみのレッスンではなく、中国や台湾の時事などの関係情報も生徒さんに教えますので、いつも「先生のレッスンが面白くて勉強になる」と評判されています。 どうぞお気軽に体験レッスンへお申し込みを頂ければ幸いです。 よろしくお願い致します。 両国 上海.

次の

中国語で「ドラえもん」登場人物の呼び方|発音付

中国語会話 両国

今年の干支は、申年(さるどし)? 現代の日本では、年賀状に動物のイラストが登場することくらいでしか意識されない「えと」ですが、少し前の時代までは方角や時間を示す言葉としても使われており、生活に密着していた言葉でした。 日本でも、中国でも、以前は年を十干十二支で表していたのです。 それは、日中両国の歴史上の重大事件に、十干十二支を冠しているものがいくつかあることからも、お分かりいただけるでしょう。 身近な例では、高校野球でおなじみの甲子園球場は大正13年(1924年)の甲子(きのえね)の年に作られたところから名づけられた、というエピソードをご存じの方も多いのではないでしょうか? 干支(えと)というと、一般的には「何どしうまれ?」という形で意識されますが、 正確には「何どし」にあたる部分は十二支です。 干支とは、本来十 干と十二 支を組み合わせたものを指します。 ですから、 2004年の干支は正確に言うと「甲申(きのえさる)」です。 あなたは何どし生まれ?は中国語でもOK! 十二支の動物そのものには特に意味がなく、昔の中国の人が誰でも簡単に覚えられるようにと動物をあてはめたことから、定着したと考えられています。 辰年(たつどし)の竜は架空の動物ですが、当時の中国の人には竜がどこかに本当にいると信じられていたことから十二支に加わったようです。 日中の文化の共有部分を実感できて、楽しいですね。 ぜひ、「えと(一般的に意識されている十二支のこと)」にまつわる中国語会話の表現を覚えて使ってみましょう。

次の

中国語を独学での勉強方法を教える!経験者だからこそ話せます|にいはお。

中国語会話 両国

都道府県 :• 全国のその他語学• 青森 0• 秋田 0• 富山 0• 福井 0• 412• 126• 鳥取 0• 徳島 0• 佐賀 0• 46 ジャンル :• 1,226• 中国語 1,007• 225• 228• 427• 525 投稿者 :• 中国語の全て• 全国以外の都道府県から探す :• 全国のその他語学• 青森 0• 秋田 0• 富山 0• 福井 0• 412• 126• 鳥取 0• 徳島 0• 佐賀 0•

次の