シェイプ スト レッチャー。 ★むくみ 解消【HOGUレッチャー】(足 むくみ 解消 グッズ アキレス腱 ストレッチ 器具 骨盤矯正 ストレッチ むくみ解消 アキレス腱伸ばし 足 むくみ 解消 ふくらはぎ マッサージ 楽天 通販)

140810今さら聞けない資器材の使い方(15)メインストレッチャー

シェイプ スト レッチャー

JPH0978169A - ストレッチャーストレイン模様の弱い金属薄板 - Google Patents JPH0978169A - ストレッチャーストレイン模様の弱い金属薄板 - Google Patents ストレッチャーストレイン模様の弱い金属薄板 Info Publication number JPH0978169A JPH0978169A JP23749895A JP23749895A JPH0978169A JP H0978169 A JPH0978169 A JP H0978169A JP 23749895 A JP23749895 A JP 23749895A JP 23749895 A JP23749895 A JP 23749895A JP H0978169 A JPH0978169 A JP H0978169A Authority JP Japan Prior art keywords stretcher strain strain pattern plate pattern metallic thin Prior art date 1995-09-18 Legal status The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed. Pending Application number JP23749895A Other languages Inventor Masao Kikuchi Makoto Saga Yukio Sasaki 行雄 佐々木 誠 佐賀 正夫 菊池 Original Assignee Nippon Steel Corp 新日本製鐵株式会社 Priority date The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed. Abstract 【発明の詳細な説明】 【0001】 【発明の属する技術分野】本発明は、金属薄板をプレス などの成形加工の際に金属表面に発生する歪み模様の程 度を定量的に評価して工業的に有害な表面欠陥を持たな い金属薄板に関するものである。 【0002】 【従来の技術】金属薄板を自動車のボディ部品や缶詰な どにプレス加工した場合、局部的に線状または火炎状の 歪み模様の表面欠陥が発生することがある。 この模様は 一般にストレッチャーストレインと呼ばれており、商品 価値を低下させることから外観不良として発生しないこ とが望まれている。 そこで、これまで薄鋼板を中心にそ の発生原因と対策が検討されてきた(例えば周藤悦郎著 金属学新書「ストレッチャーストレイン」等。 すなわ ち、例えば低炭素薄鋼板に発生するストレッチャースト レイン模様は、加工の初期に顕著に現れ、加工度が高く なると消失することからスキンパス圧延やレベラー加工 することなどで降伏点伸びをほとんどゼロとすることで 防止策としてきた。 【0003】ところで近年自動車ボディーの軽量化対策 としてアルミニウム合金等の適用を検討することが多く なってきた。 【0004】さらに、ストレッチャーストレイン模様の 評価は模様の有無で行うことが多く、その評価結果に対 して製造条件での対応を検討してきた。 さらにこ れまではストレッチャーストレイン模様の評価は目視判 定に頼ることが多く、しかも場合によっては、対象物の 表面をエメリー紙などで軽く研磨した後に検査するなど 作業要領に依存するために定量的な評価は行われてこな かった。 【0005】 【発明が解決しようとする課題】前述したようにストレ ッチャーストレイン模様の発生の程度を定量的に評価 し、さらにその用途に応じた許容限界を製造条件に反映 することは行うことは困難であった。 しかし製造コスト の削減が強く要求されるようになり、その結果ストレッ チャーストレイン模様の発生を客観的に評価し、許容限 界以下の金属薄板を製造・出荷することが強く望まれる ようになってきた。 そこで、本発明では、金属薄板をプ レスなどの成形加工の際に金属表面に発生する歪み模様 の程度を定量的に評価して工業的に有害な表面欠陥を持 たない金属薄板の提供を目的とする。 【0007】本発明は、塑性変形させた金属薄板の表面 粗さを三次元粗さ計を用いて測定し、その測定値から元 板の微小表面粗さを除去し、さらに反りを補正した後に 等高線表示または等傾斜角線表示することにより得られ る縞模様の包絡線の振幅が2.0mm以上であることを 特徴とするストレッチャーストレイン模様の弱い金属薄 板である。 【0008】 【発明の実施の形態】以下に本発明の限定理由を具体的 に発明する。 ストレッチャーストレイン模様は、これま で表面の凹凸の高低差で定量的に評価されると考えられ てきた(周藤悦郎著「ストレッチャーストレイン」P. 4〜6等。 しかし、二次元表面粗さ計で対象とする金 属薄板の表面粗さを測定しても、必ずしもストレッチャ ーストレイン模様の強弱とは対応しない場合が多い。 そ こでストレッチャーストレイン模様すなわち不均一変形 を起こした表面の分布状態を解析するために三次元粗さ 計で表面凹凸の発現パターンを測定する。 【0009】さて、得られたデータにはいわゆる表面粗 さ成分や被測定物が板であることから反りやうねり成分 を含んでいる。 したがって、元データから微小粗さ成分 を除去し、反りやうねりを補正する。 微小粗さ成分を除 去するためには、データにローパスフィルターをかける ことが有効である。 また、反りやうねりを補正するため には、測定一ラインごとに二次以上の高次の多項式曲線 で近似し、元データを平面データとなるように補正す る。 【0010】表面状態の特徴を表すのには一般的には種 々のパラメータ(例、平均粗さRa,平均間隔S)が用 いられている。 また、模様としてのパターンを表示する のには鳥瞰図表示などが用いられている。 しかし、これ らの解析方法だけではストレッチャーストレイン模様の 直線性を客観的に評価することは困難である。 そこで、 前記補正済データを等高線表示または等傾斜角表示す る。 表示された縞模様の包絡線の振幅で直線性を評価し その包絡線の振幅が2.0mm未満であると目視でもス トレッチャーストレイン模様が強い。 そこでストレッチ ャーストレイン模様が弱い金属薄板としては包絡線の振 幅を2.0mm以上として、直線から外れたものである ことが必要である。 し たがって結晶粒度番号は5.0以上の粗粒とする。 ただ し、上限は肌荒れが許される範囲内で制限される。 次に Mg濃度が6.0%を越える高濃度では、熱間加工性が 劣り工業的に生産が不適当となるばかりでなく、結晶粒 度番号が5.0以上でも前述の包絡線の振幅が2.0m m未満で直線的な縞模様となり、ストレッチャーストレ イン模様が強くなりやすい。 したがってMg濃度は6. 0wt%以下とする。 一方、Mg濃度が3.0%未満で は強度・成形性のバランスが劣り、自動車用外板として は適切ではなくなる。 したがってMg濃度は3.0%以 上とする。 【0012】 【実施例】次に実施例に基づいて、本発明を具体的に説 明する。 次に得られたデジタルデータに対し て2mm以上の高周波成分をもつ微小表面粗さ成分を除 去するためにローパスフィルターを用いた。 さらに元板 の反りを補正するために二次曲線で近似補正を行い、等 高線表示を行った。 【0013】 【発明の効果】本発明によれば、金属薄板をプレスなど の成形加工の際に金属表面に発生する歪み模様の程度を 定量的に評価できるので、工業的に有害な表面欠陥を持 たない金属薄板を提供することができる。 1995•

次の

★むくみ 解消【HOGUレッチャー】(足 むくみ 解消 グッズ アキレス腱 ストレッチ 器具 骨盤矯正 ストレッチ むくみ解消 アキレス腱伸ばし 足 むくみ 解消 ふくらはぎ マッサージ 楽天 通販)

シェイプ スト レッチャー

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし チャーレムの進化系統.

次の

心の救急ケア

シェイプ スト レッチャー

トランスファーボードは水平固定できますので、上肢台として使用できます 水平固定時の耐荷量は10kg。 ハンドル操作でボトムの高さを510〜850mmの範囲で調節できます。 搬送時の方向コントロールや狭い場所での移動などに便利なセンターホイールシステムを採用。 トータルロック式は4輪フリー・4輪オールロック・旋回ロック 直進走行性向上 の3段階切り替えが可能です。 ダブルロック式。 操作ペダルは頭側と足側の両方にあり、どちらからでも操作可能。 緊急時心肺蘇生にも対応可能で、マットレスは防汚・抗菌加工。 トランスファーボードとしても使用可能な大型サイドレールを標準装備 水平固定はできません。 左右に各2コドレーンチューブフックを装備。 運動の前後やお風呂上り、自宅のリビングでのストレッチに。 本体に両足を固定して、後は少しずつ開いていくだけで股関節のストレッチができる。 使わないときはコンパクトに収納できるので邪魔にならない。 収納バンド付き。 腰痛で悩んでいる方、柔軟性を上げたい方におすすめ。 開脚角度のメモリ付き。 自身の現在のレベルを把握でき、トレーニング効果の目安にも使える。 体格に合わせて本体支柱の長さと中央ハンドルの長さを調節できるので、子供から大人まで家族皆でストレッチが行える。 【用途】フィットネス、エクササイズ、ダイエット、開脚、また割り、ストレッチに。 二つに分割して体の下にすべり込ませる構造なので動きが少なく、傷病者の二次損傷を防ぐことができます。 頚椎損傷が疑われる場合などに最適です。 直接体に触れないため安全に、しかも簡単にベッド等からストレッチャーへ移しかえることができます。 折り畳めるのでコンパクトに収納できます。 【用途】災害・スポーツ・葬儀用に活躍する担架。 収納物を守るウレタンパッド付きでカメラ等の精密機器の運搬にも安心。 レインカバーやショルダーストラップ、サイドポケットといった装備も充実しておりツーリングに最適の仕様です。

次の