たぬき アライグマ 違い。 「タヌキ」と「アナグマ」の違いは?

「タヌキ」と「アライグマ」の違いは?

たぬき アライグマ 違い

哺乳綱食肉目イヌ科タヌキ属に分類されます。 丸みを帯びたその体格は人間の目には愛らしく映ることでしょう。 日本ではさまざまな作品に登場するキャラクターとしてもメジャーですが、もともとはとても珍しい動物で、生息地も日本や中国、朝鮮やロシアの一部だけでした。 現在は、世界各地に輸入された個体が次々と野生化し、ヨーロッパの国々でも確認することができます。 日本のタヌキは2つの亜種に分けられていて、本州、四国、九州にいるのが「ホンドタヌキ」、北海道にいるのが「エゾタヌキ」です。 エゾタヌキの方が毛が長く、大自然の雪の上を駆け回れるように足も長くなっています。 体長は50~60cmほどの中型犬くらいの大きさ。 基本的には森林などの自然が多い場所に生息していますが、都市部でも見かけられることがあり、雑食なのでゴミを荒らすこともあります。 全体の体色は灰褐色で、目の周りと脚が黒いのが特徴です。 タヌキを模したキャラクターなどによく使われる茶色は、実は幼獣の頃の体色。 外敵から身を守るために、背景色に馴染む保護色となっています。 基本的には夜行性で、単独かペアで行動します。 タヌキに関することわざで「狸寝入り」というのがあります。 「眠っていないのに眠ったふりをすること」という意味ですが、この言葉を使うシチュエーションというのはたいてい都合が悪い時なので、タヌキに対してもどこかずる賢い印象があるのではないでしょうか。 しかしこれは、人間が拡大解釈をしたもの。 たしかに彼らはある条件になると死んだふりをしたように眠ってしまうことがありますが、これはあまりにも臆病な性格からとってしまう行動なのです。 実はタヌキは、大きな音にビックリして気絶してしまうほど繊細な動物です。 猟師が鉄砲を放った際にその音に驚いて気絶したタヌキが、しばらくして気が付き走り去っていったのを見て、意図的に「死んだふりをしていた」と勘違いしたそう。 ただタヌキは気絶していただけで、猟師の目を欺こうと死んだふりをしていたわけではありません。 車のクラクションなどにも驚いて気絶してしまうので、その症状が道路の真ん中で出るとそのまま轢かれてしまうという悲しい事故も起きています。 タヌキと人間の関係を紹介。 昔話や信楽焼など ことわざ以外にも人間とタヌキは長きにわたって関わりがありました。 昔話の「かちかち山」も有名でしょう。 ただどこか悪戯好きだったり、性格が悪かったりするものが多いです。 ではなぜこんなにも嫌われ者のような扱いになってしまったのでしょうか。 理由としては、死んだふりをすること以外に、人里にやってきて農家の食べ物を荒らすことが考えられます。 他にも食べ物を荒らす動物は数多くいますが、たとえばクマなどは人間との力の差がありすぎるでしょう。 タヌキの体格は、「いたずら」という設定がぴったりはまったのかもしれません。 裏を返せば愛着もあり、タヌキを模した縁起物も長く愛されています。 その代表格として挙げられる「信楽焼」は、お店の軒先に飾れば商売繁盛につながることで有名です。 タヌキとアライグマの見分け方 かつては大ヒットしたアニメの影響で人気があったものの今では害獣に指定されて厄介者扱いされているアライグマ。 見た目はタヌキによく似ていますが、性格はまったく違います。 アライグマは凶暴な性格をしていて、大きい音に気絶してしまうこともありません。 攻撃性が強く、タヌキだと思って近づくと襲われる可能性もあります。 簡単に見分けるには、まず顔の眉間に着目しましょう。 黒い筋が通っていればアライグマで、両目の黒い模様が離れていればタヌキです。 また手にも大きな違いがあります。 タヌキの手足はイヌに似ていて、アライグマの手は人間のように長い指があります。 アライグマは握力が強く、木登りも得意なのが特徴です。 そして尻尾は、タヌキには模様がありませんが、アライグマには黒い縞が入っています。

次の

タヌキとアライグマの見分け方

たぬき アライグマ 違い

ハクビシンとはどんな動物? タヌキとハクビシンの違いを知るために、まずあまり知られていないハクビシンの説明からはじめます。 そこで、ハクビシンの特徴について簡単に説明していきます。 ハクビシンは元々日本にいる動物ではなく外来種 タヌキとハクビシンの生息地は異なります。 ハクビシンの分布域はインド、ネパール、マレー半島、インドネシア、フィリピン、中国南東部などに生息します。 ジャコウネコ科に属し、頭が縦に長く、胴長短足です。 私たちのよく知るネコとは似ても似つかない姿形をしています。 ハクビシンは肉食性が強い ハクビシンは肉食性が強く、蛇や鳥、魚、ネズミ、リスなどの小型動物を食べます。 しかし雑食性も持ち合わせているので、果実や種も食べることもあります。 そのため、人里に降りてきてしまったハクビシンに果実や穀物を食べられてしまう農業被害、人間の残飯を荒らして食べてしまう被害が問題とされています。 タヌキとハクビシンの違いはこんなところ! タヌキとハクビシンの違いは、はっきりとはわからないですよね。 しかし、違いがわからないと、被害にあったときにどんな対策をとればいいかわかりません。 害獣の種類によって対処が変わってくることもあるからです。 そこで、タヌキとハクビシンの違いについて理解しておきましょう。 タヌキとハクビシンを比べてみると、ハクビシンのほうがスリムな体形をしています。 ・習性 ハクビシンは外敵から攻撃を受けると、肛門腺からスカンクのようにくさい液体を放ちます。 これによって、外敵を追いはらうことが可能です。 そして、ハクビシンはその発達した肛門腺を生かし、自分の縄張りに尿や糞などでにおいを付ける習性があります。 比べてタヌキはくさいにおいを使って敵を追いはらったり、縄張りをつくったりはしません。 ただし、糞をする場所を決める習性があるので、いつも同じ場所で排泄をします。 タヌキもハクビシンも害獣と言われている理由 農作物の被害 タヌキ、ハクビシンは先ほど述べたように雑食で、人間が捨てた残飯でも食べてしまいます。 タヌキとハクビシンは人間の健康状態に影響を及ぼす可能性も…… 野生の生き物は決して清潔ではありません。 ノミやダニはもちろん、とくにハクビシンは縄張りに糞尿をまくので万が一、屋根裏に住み着かれてしまったらひとたまりもありません。 ノミやダニ、糞の被害で人やペットの健康に直接被害をあたえる可能性もあります。 皮膚をノミ、ダニに噛まれたり、ノミ、ダニの死骸を空気と一緒に吸い込んだりすると、さまざまな症状が起こる可能性があります。 大人でも発症する可能性があるので、小さなお子さんがいるご家庭では十分に警戒する必要があるといえるでしょう。 タヌキとハクビシンへの対策法は? タヌキとハクビシンは違う動物ですが、対策法は共通する部分があります。 ひとつひとつ確認していきましょう。 ・生ゴミを放置しない。 収集日まで日があるときは蓋のあるゴミ箱を利用する ・タヌキ、ハクビシンが侵入してきそうな経路、通り道を遮断する ・タヌキやハクビシンが嫌う音やにおいを利用する ・大きな音を使って追い出す このような対策がありますが、とくに下の二つについて詳しく説明します。 タヌキやハクビシンは、市販で買える害獣用の忌避剤、スプレー、害獣駆除剤のにおいを嫌うので効果があるとされています。 しかし、そのにおいは人間の体にも危害をおよぼすことがあるので、利用する際は注意が必要です。 においが消えてしまうと同時に効果がなくなってしまうので、タヌキ、ハクビシンに近寄らせないためには定期的に繰り返すことが重要です。 また、大きな音も嫌がるので発砲音は効果的です。 しかし、どちらも鳥獣保護法で守られているので空気銃やガスガン、電動ガンを使用し危害を加えたり、捕獲することはできません。 威嚇音を使用するのであれば録音した音や、ブザーを使用しましょう。 ・ハクビシンの対策法 ハクビシンはタヌキと比べとても体が小さいので、金網は有効ではありません。 ハクビシンはごくわずかな隙間からでも侵入できてしまいます。 加えてジャンプ力があり木登りが得意で、細い電線の上も渡ることができます。 また、垂れた木の枝が屋根に面していれば簡単に侵入することができます。 そのため、ハクビシンはタヌキと違い金網が有効ではありません。 電気柵の方が有効的かもしれませんね。 ハクビシンには家に侵入されないことが重要です。 屋根に木の枝が垂れて触れてしまっている、飛び移れそうな木の枝などがある場合は取り除きましょう。 侵入できそうな隙間があれば、侵入されてしまう前に塞ぐことをおすすめします。 知らない間に家に侵入され、普段目に留まらないところに住み着かれてしまうと、見つけにくくなってしまうのでとても厄介です。 まとめ 農作物への被害、雑食であることなど、タヌキとハクビシンには共通点がありました。 しかし相違点もあります。 タヌキとハクビシンには体格に差があるので、侵入経路と侵入の仕方が異なるのです。 すると、私たちがとるべき対策の方法も自然と違ってきます。 各種類の特徴を理解し、被害を受ける前に対策を練りましょう。 定期的に怪しいと思われる箇所を偵察することもとても大切なことです。 すでに害獣被害が発生してしまっていたら、被害が大きくなってしまう前に害獣駆除のプロに相談することをおすすめします。 害獣駆除を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

アライグマとタヌキとハクビシンの違い、見分け方は!?比較してみた!!

たぬき アライグマ 違い

一瞬見ただけでは、タヌキかアライグマか判断に迷う、外見の似た動物ですが、 実は タヌキはイヌ科の動物で、 アライグマはアライグマ科なんですね。 タヌキもアライグマも雑食で、比較的何でも食べるところや、夜行性であることなど性質でも似ているところはありますが、性格や行動範囲は違います。 でも見た目は本当によく似ています。 遠く離れたところから見たら判別はしにくいですね。 同じアライグマ科だったレッサーパンダとアライグマのほうがよっぽど見分けがつきます。 そこで、タヌキとアライグマの体の違いを見ていきましょう。 タヌキとアライグマはどこで見分ける? まず体の色ですが、非常によく似ています。 だからぱっと見た時は分かりにくいのかもしれません。 次に足です。 足の色は、たぬきの方が黒くて長く、アライグマは短足で色も薄いグレーか茶色です。 そして一番の違いはシッポです! たぬきのシッポは黒くて短めの太いシッポですが、 アライグマのシッポはシマシマ模様なので、後ろから見たほうが分かりやすいですね。 顔も、たぬきは鼻面が長く、 目の周りから顎にかけて黒い模様がありますが、 鼻筋は茶色かグレーです。 アライグマは、目の周りから鼻筋まで繋がって黒く、鼻もたぬきほどとんがってはいません。 そしてアライグマは、手の指が長く 人間みたいな指をしているので、器用に物を掴めるので、水辺で魚をとるためにバシャバシャっと手を入れてエサを探す姿が手を洗っているように見えたことから、その名前が付けられたというほど器用な手先の持ち主です。 また木登りも得意です。 一方タヌキは、体つきもずんぐりむっくりしていますから、木登りもしないし、水辺でエサを探すこともしません。 畑や都会のごみ捨て場に出没しエサ場を探しているのでしょうか。 スポンサードリンク タヌキは 四足歩行なので、立つことはありませんが、アライグマは四足歩行でありながら、 後ろ脚で器用に立つことができます。 ミーアキャットを思い出させる姿です。 とても可愛らしいですよ。 まとめ 確かに顔つきは似ている両者ですが、細かく分析していくと、結構違いがあることが分かりました。 正面からよりは、後ろからシッポをみて判断するのが、手っ取り早いですね。 体型も意外とアライグマはすっきりしていて、たぬきのほうが全体的に丸い感じですし、足の短さでも見分けがつきそうです。 とはいえ、二匹を並べて比較すれば簡単に見分けられるけど、個体で出会ってしまったら、どっちか分からない…となりそうです。 両方とも可愛らしいから見てるだけでも癒されますが、 アライグマの方が狂暴かつ攻撃的なので、あまり近寄らないように気を付けましょう。 スポンサードリンク.

次の