ルーン ファクトリー オーシャンズ。 特殊イベントについて − ルーンファクトリーオーシャンズ 攻略Memo

モンスターデータ レア − ルーンファクトリーオーシャンズ 攻略Memo

ルーン ファクトリー オーシャンズ

廉価版 海外版トロフィー オンライントロフィー 備考 有 別 プラチナ獲得時間:約85時間~• PlayStation Move対応• 殆どのトロフィーが累積系で特別な技術を要するものはないが、回数が膨大。 ストーリー関連のトロフィーのコンプを目指しつつ、他のトロフィーを集めていこう。 怪獣の強敵、怪獣の難敵、怪獣の天敵• 怪獣はユミルで海域を歩いていると遭遇 固定ポイント。 また、海上にある石を持ち上げるとランダムで出現することもある。 水の精霊殿を救った、炎の精霊殿を救った、土の精霊殿を救った• 精霊殿の石化を解除せずともラスボスに挑むことが可能で、ラスボスを倒してしまうと上記のトロフィーは獲得できなくなる。 必ずイベントをこなしてからラスボスへ向かうこと。 モテモテ• 条件は仲良し度全キャラ6? 毎日の挨拶だけでも仲良し度は上がっていくので、キャラの好物がない時でも挨拶はきちんとしておくこと。 一朝一夕では達成できないので以上のことをマメに行うこと。 薬をたくさん飲んだ• その後買う前のデータをロードすれば金の無駄にならない。 風邪をひいた• 連射パットがあれば楽。 家の中で倒れるまで精霊魔法を使い続けるだけでいい。 風邪の効果も相まってすぐ倒れてくれる。 トロフィーの説明• 仲良しメーター2でも発生。 完全ランダムとの説が有力なため、こまめな挨拶を心がけるとよい。 製品情報• 過去のコメント.

次の

好きなもの・嫌いなもの ルーンファクトリー オーシャンズ

ルーン ファクトリー オーシャンズ

セカンドライフを楽しめるゲームやで! ルーンファクトリー -新牧場物語- 記念すべきシリーズ1作目。 牧場+冒険という当時では意欲的な作品。 携帯機のDSで発売されたため、気軽にプレイできる点が「ほのぼのファンタジーライフ」というジャンルと相性抜群です。 牧場経営では、育てた野菜や果物を売って新しい道具を購入、設備を強化、女の子にプレゼントして好感度を上げる、などの行為が行えます。 冒険では、ダンジョン探索で集めたモンスターの素材や鉱石で鍛冶や調合を行う、モンスターを仲間にして一緒に冒険をする、レベルを上げて新しい魔法や武器で強いダンジョンに挑む、などの行為が行えます。 また2つが組み合わさった要素として、モンスターが作物を育てるのに協力してくれる、モンスターを飼ってアイテムを収穫する、経営で集めたお金を冒険に活かすなど、楽しいファンタジーライフが送れます。 1作目ということもあってバグやバランスの悪さも目立ち、農作物を育てなくてもお金稼ぎが簡単にできたり、新ダンジョンに行くのに面倒な作業が必要だったり、粗削り感は否めません。 しかし自由度が高く、魅力的な要素を多数兼ね備えたシリーズの原点でした。 ルーンファクトリー2 新牧場物語というサブタイトルは削除、新シリーズとして確立した感があります。 2作目なので無難に正統派進化すると思いきや・・・ 新しい試みがなされておりシナリオが2部構成となっています。 ネタバレを減らしつつ簡単に説明すると、 1部では牧場経営を楽しみながら、恋愛&結婚、子供のために学校建設をするという話。 2部では子供が主役となり、学校へ通いながら冒険、新たな野菜や果物が育てる、1部から2部の間の謎を追うという話になります。 シナリオ面はかなり面白い構成になっておりシステムも快適になった一方、未だにバグが多い点が残念。 進行不能バグやリセットしないといけないバグがある点、1部の自由度が低めに設定されている点が評価を下げています。 しかし今作以降の作品はデバッグする会社が変わったためバグが少なく、さらに遊びやすい作品となっていきます。 ルーンファクトリー フロンティア 据え置き機専用ソフトとして発売された番外編。 1作目の主人公と世界観が共通、キャラクターも同作から多数登場します。 今作は「くじら島」という浮遊島を中心に冒険を進める、ファンタジー要素が強いシナリオ。 新要素として「精霊ルーニー」が存在し、繁栄させることで作物を育てやすくしたり、逆に衰退することで作物が枯れてしまったりします。 グラフィックの大幅強化やボイス数の大幅増加、豊富なイベントなど、据え置き機になったことで多くの点が改良されました。 欠点はロード時間が少し長めな点、新要素のルーニーシステムが複雑な点です。 ルーニーはちゃんと管理すれば一気に農作が楽になるのですが、管理がほぼ必須にも関わらず、説明が不足気味です。 (私はよく分からず放置していたら、ルーニーが一気にいなくなっていて焦りました) しかし非常にバグは少なく、登場キャラクターも変わらず魅力的、シリーズの評価を上げた作品です。 ルーニーシステムも理解できれば非常に便利な新システムなので、評価できるポイントでもあります。 ルーンファクトリー3 1,2作目の悪い点を大幅に改善し、名作といえる出来栄えの3作目。 UIの改善やアクションの高速化が行われており、メインの作業である農耕作業やダンジョン探索が大幅に効率化&高速化されました。 1作目からやれることが多いシリーズですが、本作はやりこみ要素も豊富で非常にボリュームがあります。 また住人との会話バリエーションも豊富、サブキャラの設定も掘り下げられていて魅力的。 ヒロインが総じて可愛く、結婚可能なキャラは11人とシリーズ最多、豪華声優陣など、非常にキャラクターに力が入っています。 メインテーマが牧場経営なので作業感を感じやすいシリーズと思いますが、そこを上手く解消した点が素晴らしいと思います。 ストレスフリーにファンタジーライフが楽しめるゲームとして、ほぼ完成したと思います。 ルーンファクトリー オーシャンズ 据え置き機としては2作目、初めてHDに対応した作品。 「ルーンファクトリー フロンティア」と比較するとグラフィックの強化やロード時間の短縮。 ジャンプや緊急回避などが追加されてアクション要素が強化されています。 新要素としては、女性主人公の追加や男性攻略可能キャラが登場。 魅力的なキャラやユニークで豊富なイベントも健在、BGMもかなり良いです。 欠点としてはシリーズで 肝心の農作業が微妙、基本的にモンスターに任せっぱなしでいいため、評価の分かれる作品となっています。 また3Dアクションゲームになったことで、カメラワークの悪さ、HD作品としては荒い解像度といった新たな問題もあります。 メイン要素の農作業が退化して、それ意外が進化したって感じですね。 据え置き版のルーンファクトリーはこの路線で良いって人もいると思います。 前作ルーンファクトリー3の完成度が高かったこともあり、評価が別れるゲームです。 しかしキャラの魅力やBGMは相変わらず良いので、ぜひチェックしてみてください。 ルーンファクトリー4 ハードを3DSに移行し、歴代シリーズの様々な要素を取り入れた4作目。 本作は「2」のように構成が分かれており3部構成、「オーシャンズ」ではサブ要素であった女性主人公を本格的に取り入れた作品となっています。 新要素としては、最初から男女選択可能、一定の行動をしてポイントを貯めると町を発展させるなど様々な行動ができる、自分の店を持てる、恋人を作れる、ボスモンスターを仲間にできるなどがあります。 ハードが3DSになったことでグラフィックが強化されていることも、恋愛要素があるこのゲームでは魅力的。 「3」と比べると結婚できるキャラが減っている点が少し残念ですが、他に不満点は少ないです。 やり込み要素として「3」から引き続き高難易度ダンジョンが用意されていること、ボスモンスターまで仲間にできる面白さ、家具を自由に配置できる便利さなど、高評価な点は多いです。 シリーズを重ねているだけあってシステム面は快適、男女問わず楽しめるシリーズの集大成的な内容になっており、シリーズでも一押しの作品です。 ルーンファクトリー4スペシャル ルーンファクトリー4のスイッチ移植版。 基本的な内容は変わりませんが、HD化、しんこんモードの追加、新難易度の追加、新ムービーの追加が行われました。 寝転がりながらだらだらプレイ、じっくり大画面プレイの両方できるスイッチとの相性は抜群だと思います。 また画像を見るとグラフィックの強化がすごいですね。 メモリアルボックス版では全シリーズのメインキャラクターが描かれたメモリアルブックやオリジナルドラマCD、追加イベントの「みんなで水着」のDLCなどが収録されています。 待望のスイッチ版ということで、これを機にルーンファクトリーをプレイしてみてはいかがでしょうか。

次の

特殊イベントについて − ルーンファクトリーオーシャンズ 攻略Memo

ルーン ファクトリー オーシャンズ

ルーンファクトリーオーシャンズの感想・レビューです。 実はシリーズで初めてやった作品だったりします。 概要 ルーンファクトリーシリーズの据え置き第二弾に当たる作品です。 私がプレイしたのはこれが初めてだったのですが、 ルーンファクトリーとしてはちょっと異端な作品のようです。 フルポリゴンでキャラクターの一枚絵がなかったり、 農作業が簡略化されていたり・・・。 シリーズをずっとプレイしてきた人には合わない人も居たようですが、 私はどの要素も初めてで、 面白いし好きだと思えた作品です。 舞台は大海原に浮かぶ孤島ですね。 街が拠点ではなく島が拠点で、 他の島やダンジョンは自分で海底から引き上げるのが特徴です。 島の住人には好感度が設定されていて、 最終的に結婚までたどり着けるのはシリーズ恒例。 農作物を作ったり釣りをしたりしながら、 ダンジョンに潜っていくのも同様ですね。 生活系シミュレーションにRPG的な要素が加わったという感じです。 通常のルーンファクトリーシリーズだとは既に書いているので、 よろしければそちらも参照されて下さい。 据え置きならではのグラフィック フルポリゴンで一枚絵じゃないのが合わない人も居るのかも知れませんが、 十分な画質に十分なポリゴンで、この グラフィックは好きな部分です。 特にキャラクターのポリゴンは流石に力を入れて作られており、 女の子は普通に可愛いと思える出来でした。 単純に好みな女の子が多かったと言うのも勿論大きいですが。 むしろコチラが入りだったので、DSシリーズは少し物足りなく感じましたし。 島やダンジョンの雰囲気もよく出来ていて、 グラフィックに関しては本当に文句ないレベルでした。 何よりファンタジーな雰囲気がしっかり感じられましたし、 孤島の街の明るい雰囲気、空や海の感じが爽やかに表現されていて。 空と海が綺麗な孤島の町並みの表現が素晴らしい。 生活系シミュレーションではやはり 街などを歩いて楽しいと感じられるのは大きく、 そこを支えているのはこのグラフィック面だと思いますね。 実はPS3でやったゲームの中でも 1、2を争うレベルで好きなグラフィックです。 ファンタジーでアニメチックな雰囲気の再現が特に。 この世界にダイブしたいぐらい。 農作業は簡略化 携帯機のシリーズに比べると大きく異るのがここですね。 あちらは農作業をしっかりやるゲームですが、 こちらは 割とあっさりやるゲームです。 本家の方では耕し、種まき、水やり、収穫を全てやる形ですが、 こちらでは実質 種まきと収穫のみをやるような感じです。 仲間モンスターが農作業に必須な点もちょっと違いますね。 シリーズをやっている人ほど、もうちょっとガッツリ農作業したかったと 思う人が多いのかも知れませんが、私はシリーズ最初だったのもあって、 これはこれで楽しむ事ができました。 基本的に何をするのも自由なルーンファクトリーなので、 その行程が多少変わっても本質的な部分は同じですし。 サクサクと入手した材料を使って、 料理を作ったり、鍛冶をしたりするのが楽しかったですね。 ただ農作業には仲間モンスターが必須で、 取れる農作物もモンスターの種類に依存します。 なので、 新しい作物を作りたければ新しいモンスターを 仲間にする必要があるのは多少大変でした。 新しいダンジョンに行かないと作物の種類が増えないわけですし。 戦闘は面白いが部分的に難しい 戦闘はアクションRPG風味で、 フィールドに居る敵とそのまま戦うことになります。 敵もそのまま攻撃してきますし、こちらもそのまま攻撃出来る形です。 自分の思い通りに動かせる戦闘は魅力の一つですね。 操作性も良く、好きなタイミングで攻撃や回避もでき、ストレスを感じません。 好きな武器を持ち替えて戦う事もでき、 ルーンファクトリーらしく自由に戦ったり逃げたり出来るのは良かったです。 3Dのフィールドでそのまま敵と戦闘する形。 自由度の高い戦闘が楽しめる。 ただ、 割とボスが強く苦戦を強いられるかも知れません。 このゲームは死んだとしても、街に戻され強制的に一日が終わり、 運が悪ければ風邪をひいたりする程度では済みますが。 私も何度か死にながら攻略パターンを見つけた感じです。 あんまり難易度が低いよりは やりがいがあって楽しかったですね。 クリア後の隠しボスに関しては相当苦労した記憶があります。 挑戦回数は2桁になってたと思いますし。 倒した時の達成感はかなりのものでした。 ダンジョンの長さがちょっとダレる 本作は結構ダンジョンが長いです。 後半になればなるほど、かなり深くなっていきます。 数自体は少ないので仕方ないのかも知れませんが、 流石にちょっとダレて来る部分はありますね。 (ゲーム内時間で)何日もダンジョン攻略に取り掛かるのは やはり飽きが発生しやすい部分です。 私は後半のダンジョン攻略時は敵は全て無視して進んでましたし。 大きなダンジョンは全て火だとか水だとかの神殿で、 ずっと同じような景色が続くのもダレる原因の一つですね。 アクション含めた戦闘は結構面白いだけに、少し残念な部分でした。 総評 長いダンジョン以外、私は特に不満に思うところはありませんでした。 ポリゴンでの表示、農作業の簡略化は人によっては合わないかも知れませんが。 グラフィック面に関してはゲーム画面のスクショを見て、 それで事前に判断するといいでしょう。 あとは ヒロイン(結婚出来る候補)の良し悪しですね。 こればっかりは個人の好みの問題なので難しいところです。 私は ストライクばかりで、いい意味で悩まされました。 据え置き品質のルーンファクトリーがやってみたい、 シリーズ初めてだけど挑戦しようかな、なんて人にオススメします。 ルーンファクトリーはあの農作業こそ至高!って人は合わないかと。 作業の負担が少なく、割とアクション風味の戦闘部分が面白いこともあり、 普段はこういうゲームをやらない人にもオススメしやすいですね。 私はトロフィーもコンプするぐらいやり込みましたし、 ヒロイン的にもグラフィック的にも、色々と大満足なゲームでした。 isoraさんコメントありがとうございます~。 相互の件もありがとうございました!... なんか上手いこと紹介していただいてありがとうございます!! ちょっと上手く書きすぎですよ^^... どうも初めまして~。 キンゴウさん、コメントありがとうございます!... はるのおきなさん、コメントありがとうございます。 こちらこそ配慮が足らずに申し訳ありませんでした。... がくさん、対応ありがとうございます。 わがまま言って申し訳あり ませんね。... LTCさん、コメントありがとうございます。 まだ年単位ではないとは思いますがお久しぶりです~。... こんばんわ お久しぶりです。 しかし、最後にあった日から 何年ぶりになるのでしょうか?... ニーギさん、わざわざコメントありがとうございますー。 相互リンクもありがとうございました!... こんにちは。 『ニーギの日 ry』のニーギです。 ブログ紹介ありがとうございました。... オススメサイト紹介.

次の