ミミッキュ 育成。 【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策|おすすめ性格【ソードシールド】|ゲームエイト

【必見育成論!】最強ミミッキュの作り方!

ミミッキュ 育成

ミミッキュミラー• 意地メガメタグロス• 臆病カプ・テテフ• 準速100族抜き程度のメガボーマンダ• 加速されますが 準速メガリザードンXと準速メガバシャーモと準速ウルガモス• 陽気グライオン などを抜けるようになることです。 持ち物考察 シーズン14現在 2019-3-20時点 、ミミZが45. ミミZは威力重視で、ミミZの有無でメガボーマンダ、メガギャラドス、ポリゴン2やカビゴン、メガガルーラなどとの相性関係が大きく変わります。 霊Zは一貫性重視で、鋼だけでなくメガリザードンY、ゲンガー、ウルガモスなどへの打点となります。 襷は、Z枠を消費せずとも抜きエースやストッパーとして機能します。 ミミッキュの育成論 ざっくり分けると、 意地 A156• オニゴーリやビビヨンなどの身代わりによる嵌め、バトンタッチギミックへの耐性• 数的有利時の明確な詰め筋• Zを消費した後の起点回避 シャドークローはタイプ一致で命中100の安定打点で、抜きエースとしての役割が強くなります。 A143想定の調整を5割前後の乱数で破壊したり、交代読みで呪いを決めれば怪しい後出しを咎めたりすることができます。 HAベース• 電磁波採用• 身代わり採用• ASミミZミミッキュ 持ち物:ミミッキュZ 性格 :いじっぱり、ようき 確定技:かげうち、じゃれつく、つるぎのまい 選択技:のろい、シャドークロー、ちょうはつ、でんじは、おにびなど ASとミミZとの組み合わせは珍しいですが、一定数存在します。 Sを伸ばすことで、• ミミッキュミラーで有利になる• キノガッサとキノガッサ抜き調整のポケモン、オニゴーリ、ギャラドスなどを抜ける• 陽気なら、準速100族抜き程度のメガボーマンダを抜ける などのメリットがあります。 トリックルームミミッキュ 持ち物:ミミッキュZ 性格 :いじっぱり 努力値:大半はhab ABミミッキュ 、まれにHAベース 確定技:かげうち、じゃれつく、トリックルーム 優先技:のろい 選択技:つるぎのまい 例外技:ちょうはつなど メガクチートやグロパンメガガルーラ入りに採用されることが多いですが、見えない勝ち筋の切り返し要員としてスタンダードな構築に採用されるケースも多々あります。 調整については剣舞持ちの耐久ミミZと同様、ABミミッキュが大半ですがまれにHAベースもいます。 トリックルーム軸の構築では、呪いで素早く退場するためにHP実数値を偶数にした調整も選択肢の一つになります。 選択技の剣舞は、ミミッキュ自身が強力な勝ち筋になり、舞えば悠長なトリルターン稼ぎを許さないため呪いに似た効果も持っています。 呪い採用• 【SMs11シングル最終26位】強気ゲコミミゲンガー【最終レート2118】• HAベース• 剣舞採用• 呪い+挑発 影打切り• 呪い身代わりミミッキュ 持ち物:ミミッキュZ、ゴーストZ、混乱実 性格 :ようき、いじっぱり 努力値:ASなど 確定技:のろい、みがわり 優先技:じゃれつく or シャドークロー、いたみわけ 選択技:かげうち、でんじは 例外技:シャドーボール、おにびなど 役割は、呪い身代わりによる削り・崩しです。 出し負けが少なくて初手から展開しやすいので、先発性能が高いです。 化けの皮とZにより、最低限のストッパー性能もあります。 また、霊Zは呪いZによる体力回復も可能です。 じゃれつく呪い身代わり痛み分け@ミミZ 陽気AS• シャドークロー呪い身代わり痛み分け@霊Z• 意地AS• 陽気AS• シャドークロー影打呪い身代わり@霊Z• 陽気AS• 意地AS• じゃれつく影打呪い身代わり@ミミZ• じゃれつく電磁波呪い身代わり@ミミZ 陽気AS• 電磁波呪い身代わり痛み分け@混乱実• 臆病HS• 穏やかbdS• シャドボ鬼火呪い身代わり@霊Z 臆病CS• 呪い、鬼火、電磁波と裏のオニゴーリやメガボーマンダ、ポリゴン2などの身代わり持ちとのシナジーが優秀です。 当時多かった メガバシャーモのフレアドライブを意識した調整になっています。 実際はhab振りですが、HABミミッキュよりABミミッキュの方が呼びやすく表記も短いため、ABミミッキュという名称が広まったものと思われます。 A143は11nで効率が良く、主に以下の乱数を意識しています。 前者のダメージ計算を載せます。 挑発を持っていることが多いです。 A:11n• キノガッサだけでなく4振りミミッキュ抜き調整のポケモンを抜き去ることができます。 基本的に挑発採用が前提です。 H:16n-1 A• 型は剣舞霊Z、剣舞ミミZ、トリックルームがあります。 A197 252 のバレットパンチ 30732• A197 252 のバレットパンチ 31520• C182 252 のPFサイコショック 32760• A212 252 のフレアドライブ 38160• A197 252 のすてみタックル 42552• A182 252 のフレアドライブ 42588• A121 のヘビーボンバー 43560• C211 252 の晴れかえんほうしゃ 42728• C222 252 のたたりめ 43290• C147 252 のこだわりメガネ10まんボルト 44651• C190,191 4 のシャドーボール 45600,45840• C155 252 のハイドロカノンZ 46500•

次の

ミミッキュ育成論 : 【テンプレ】ミミッキュ【初心者必須】|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ミミッキュ 育成

がしかし、 蓋を開けてみると、とんでもないバケモノだった。 決して種族値は高くはないが、 「ばけのかわ」という固有の特性で、一回攻撃技を無効にするという殴り合いを主体とするポケモンバトルではかなり強い特性を持っており、 タイプも「ゴースト」「フェアリー」 バツグンで受ける技は「ゴースト」「はがね」のみという優遇っぷり。 気付いた時には、レート対戦で1番使われている。 使用率トップの座に降臨し続けていた。 ミミッキュの種族値 種族値 HP 55 攻撃 90 防御 80 特攻 50 特防 105 素早さ 96 合計種族値 476 ウルトラサン・ムーンでのミミッキュ ミミッキュはポケモンレート対戦界において、必ず対策すべき第一線のポケモンであったため、様々な対策が打たれてきたが、 それを凌駕するポテンシャルで、対策を跳ね除け続けてきました。 数種類の型があった。 今作のミミッキュの型は1種類 剣盾ミミッキュ 性格:ようきorいじっぱり 努力値:ASぶっぱ 持ち物「いのちのたま」 技構成 「じゃれつく」「シャドークロー」「かげうち」「つるぎのまい」 「ばけのかわ」を犠牲にしている間に「つるぎのまい」を積んだり、シャドークローやじゃれつくの打点技で一撃を与えられる。 先制技の「かげうち」の存在も大きく、体力の残り少ないキャラの行動を制限することができ、「シャドークロー」や「じゃれつく」で残り少し足りなくて倒せなくても、思考停止で「かげうち」を押せばよい。 前作で使われていた型と変わりません。 これでは、前作より弱くなったのでは… 弱体化したって聞いたんだけど… ミミッキュが弱体化したところ 「ばけのかわ」が剥がれた際に、体力の8分の1ダメージを受ける。 それだけです!! 持ち物「きあいのタスキ」が持てなくなったり、「みがわり」の試行回数が少なくなったデメリットがありますが、、 今回の新要素「ダイマックス」が、ミミッキュにかなり適応しています。 ダイマックス環境でミミッキュが強化? ダイマックスとミミッキュの相性がとても良いです。 ダイマックスすると体力が2倍に! ダイマックスをする前に「つるぎのまい」を積み、次のターンでダイマックスをすることで、ちょっとやそっとの攻撃では落とされることはありません。 ダイマックス技の効果がつよい ミミッキュのメイン攻撃技、「シャドークロー」「じゃれつく」をダイマックス技にした 「ダイホロウ」と「ダイフェアリー」は 相手の防御をさげる、状態異常を無効化するという追加効果を持っています。 特に「ダイホロウ」は更にミミッキュの火力を上げることになり、非常に強力です。 ミミッキュむしろ強化されてない? これって弱体化したの?? ミミッキュの使用率は、今も非常に高いです。 「ばけのかわ」で体力が削れる程度ではおさまらないほど、環境に適応しているミミッキュ。 むしろ強化されたのでは、、と思うほどです。 サン・ムーンからウルトラサン・ムーンに移る時も、弱体化しろしろと言われて 「ぽかぽかフレンドタイム」を取得し、強化されたミミッキュ。 今回も同じように結果的に強化…されてしまったのでしょうか? みんなも対戦で使ってみてはいかがですか?.

次の

【ポケモン剣盾】ミミッキュの育成論と対策!

ミミッキュ 育成

状態異常等、上記以外によるダメージには適用されない。 初手「つるぎのまい」から「ダイホロウ」を連打する動きは単純且つ、対応できるポケモンはかなり限られている強力な攻撃です。 初手だけでなく、後続に置くことで積み技を積んだ相手のポケモンを「ばけのかわ」を使って処理する『ストッパー』としての役割も優秀で、序盤に出してよし、終盤に出してよしの便利な性能を持っています。 豊富な補助技で処理方法を絞らせない トップメタと言われるポケモン全般に言えることですが、ミミッキュは特に覚える技が豊富です。 「じゃれつく・シャドークロー・かげうち・つるぎのまい」という完成された技構成に加えて、起点作成技の「でんじは」「おにび」「トリックルーム」、起点回避技の「のろい」と、強力な選択肢が揃っています。 ミミッキュは突破力トップクラスの剣舞型に加えて攻撃技を採用しないトリッキーな型まであり、使われる側には「これをしておけばとりあえず安全」という立ち回りが基本的に存在しません。 剣舞型のみを想定して受けに回れば呪い型に大きな被害を受けるのは免れず、かと言って対面での殴り合い最強クラスの剣舞型を無視することができないため、相手に強烈な2択を押し付けられます。 短所 火力を出すまでにワンテンポ遅れる 脅威の突破力を持つ剣舞型ですが、逆に言うとその強さは「つるぎのまい」にかなり依存しています。 「つるぎのまい」を撃つ隙に「おにび」を被弾したり、高耐久ポケモンの「てっぺき」やカビゴンに「のろい」を積まれて対抗されると短期決戦とはいかなくなり、耐久で劣るミミッキュは先に倒されることが多くなります。 剣舞型以外に相手を全壊させる突破力はない 「つるぎのまい」を採用しない型のミミッキュの火力は並以下で、ミミッキュだけで相手を何体も倒すことは困難です。 剣舞型とそれ以外の型のミミッキュはほとんど別のポケモンと割り切って考えた方がいいでしょう。 ・基本は初手「つるぎのまい」 ・ダイマックスを切っても切らなくても優秀 努力値調整 HP:端数 A:可能な限り高いダメージを与えたいため振り切り S:ミミッキュミラーで先制する可能性を高めたいため最速 役割 初手、ストッパー、タイマン 解説 最もオーソドックスなミミッキュの型です。 「ばけのかわ」を盾にしながら「つるぎのまい」を積み、高火力のダイマックス技で殴っていきます。 一度この態勢に入ってしまうと「ダイホロウ」の防御ダウン効果のせいで受け切れるポケモンはほとんどおらず、状態異常も「ダイフェアリー」で防がれてしまうので、大きな被害を受けるのは必至です。 ダイマックスを切らなくても性能は十分高く、ダイマックスに依存した性能のポケモンとの同時選出も気になりません。 8世代環境初期はほとんどの個体がクセの無い「シャドークロー」を採用していましたが、「ダイホロウ」の元技とした時に威力が10高く、相手のダイマックスターン稼ぎに有用な「ゴーストダイブ」も採用されるようになりました。 「いのちのたま」はパーティ内で被りやすい持ち物のため、同じ技構成でもゴーストタイプ技を1. 2倍に強化する効果の「のろいのおふだ」を持たせた個体も存在します。 参考パーティ 使用者:よしまさ 使用者:くにこ 呪い型 特性 ばけのかわ 性格 ようき 持ち物 フィラのみ 努力値 HP:4 攻撃:252 防御:0 特攻:0 特防:0 素早さ:252 実数値 131-142-100-x-125-162 技 じゃれつく のろい いたみわけ みがわり 入れ替え候補技 ゴーストダイブ でんじは おにび ・「のろい」で低速パーティをかく乱 ・「でんじは」などを採用し攻撃技を切っている場合も 努力値調整 HP:「いたみわけ」の回復量を増やすためほぼ無振り A:削れた相手を攻撃技で倒しきるため振り切り S:相手の上から動くことが重要な型なので最速 役割 起点作り、削り 解説 ゴーストタイプの「のろい」を中心に、相手を選ばずダメージを与えていきます。 相手をまんべんなく削ることにおいては強力な型ですが、このポケモン一匹で全抜きを狙えるほどの力はないため、裏のポケモンで全抜きを狙う前座的な役割として採用されることが多そうです。 場にいるポケモンが、相手の高速ポケモンに殴り負けそうな展開になった際にこのミミッキュを繰り出し、「ばけのかわ」と厚く振った耐久で攻撃を耐えて「トリックルーム」を起動します。 「トリックルーム」を撃った次のターンは「のろい」でミミッキュを退場させ、後続の「こだわりハチマキ」持ちのウオノラゴンなど低速高火力ポケモンで全抜きを狙います。 「トリックルーム」と「のろい」以外は相手が素直に殴ってこなかった際に撃つ技で、比較的自由度は高いです。 この技を使用するターンを含めて5ターンの間、場をトリックルーム状態にする優先度-7の変化技。 トリックルーム状態の間は通常の行動順の逆、つまり素早さが低いポケモンから行動できるようになる。 同じ優先度の先制技を撃ちあった場合は同様に素早さが低いポケモンから行動するが、技の優先度自体には影響を与えない。 参考パーティ 使用者:のぶれん() 使用者:塩麴() ミミッキュと相性が良いポケモン パーティを選ばず幅広く採用可能 剣舞型の場合• 剣舞型ミミッキュは特定のポケモンとの相性の良さを考えて採用するということはあまりありません。 に組み込んでも、受け系統のパーティに採用してストッパーとして採用してもオールマイティに活躍が見込めます。 「ダイジェット」持ち 呪い型の場合• 「のろい」や「いたみわけ」で相手のポケモンのHPを削った後、後続のポケモンにダイマックスを切って全抜きしていくのが主な立ち回りとなります。 ダイマックスで全抜きと言えばやはり「ダイジェット」持ちポケモンが真っ先に有力候補に挙がります。 低速高火力ポケモン トリル型の場合• 「トリックルーム」を撃った次のターンにミミッキュが「のろい」で倒れたと仮定して、残されたターンは3ターンしかありません。 短いターンで一気に勝負をつけるために、「こだわりハチマキ」ウオノラゴンなど高火力ポケモンで全抜きを狙ったり、カビゴンの先制「のろい」で耐久と火力を盤石なものとしながら「キョダイサイセイ」連打の態勢に入る戦術が強力です。 ミミッキュの対策 技「おにび」で突破力を削ぐ• 現環境のミミッキュは物理型しか存在しないため、「おにび」は有効に働きます。 「おにび」を撃つ役は「ダイフェアリー」が痛手にならないタイプのポケモンか、ドラパルトのように確実に先手を取れるポケモンがいいでしょう。 「やけど」状態になれば「つるぎのまい」を2回積まれてもこうげき上昇は約1. 5倍なので、高耐久ポケモンであれば受けが通用するようになります。 能力ランクが1,2,3,4,5,6の時、それぞれステータスが1. 5,2,2. 5,3,3. 4倍されます。 5倍となります。 こちらもミミッキュを選出する• 「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」を駆使する あらゆるミミッキュに不利を取らない最も分かりやすいポケモンといえばミミッキュで、相手のミミッキュを止めるためにミミッキュを選出することは上級者同士の対戦でも頻発します。 相手の「ばけのかわ」さえ剥がしていれば、場のポケモンが「つるぎのまい」を積まれて突破されてもこちらのミミッキュで切り返すことができます。 体力満タンからの殴り合いでは同速勝負になりますが、ミラーで「つるぎのまい」を使う暇はないので同速勝負に負けこちらが突破されてしまっても対処しやすいです。 「とんぼがえり」や「ボルトチェンジ」は「ばけのかわ」を剥がしながら交換できるので、タイマンで勝てないポケモンで裏に交換しても無償で「つるぎのまい」を積まれる、という状況は回避できます。 呪い型ミミッキュには特に有効な技で、「のろい」の効果を解除しながら「ばけのかわ」を剥がすことができます。 しかし、 タイプ:ヌルなど低速ポケモンの「とんぼがえり」は先制「みがわり」を割ることができず、むしろ不利な状況に陥ってしまうので、初手は「シャドークロー」など「みがわり」を割れる技から入って様子を見るなど工夫が必要です。

次の