六甲 おろし 歌詞。 六甲おろしの動画・歌詞付き応援歌の情報

六甲おろしの動画・歌詞付き応援歌の情報

六甲 おろし 歌詞

六甲おろしは正式名称ではない 六甲おろしは通称で、 正式には「阪神タイガースの歌」という名前です。 実は現在の12チームの応援歌のうちでもっとも歴史が古い歌で、 1936年に「大阪タイガースの歌」という名前で発表されたのがはじまりです。 「六甲おろし」と言えば間違いなく通じるので、曲名だと思っている方は大半ですが、正しくは「阪神タイガースの歌」です。 応援歌ができた当時からチーム名が阪神タイガースだったなら、「ハン ハン ハンハン... 」になっていたかもしれません (ちょっと締まりがありませんが... 六甲おろしってどういう意味? 応援歌の正式名称が分かったところで、次に気になるのは「六甲おろしとはどういう意味なのか」ではないでしょうか。 「おろし」は漢字で「颪」(読めない!)と書き、「山などの高いところから吹き降ろしてくる風」のことです。 六甲颪とは兵庫県の六甲山系から吹き降ろす強風のことで、過去には死人や怪我人が出たこともあるほどの強い風だそうです。 だいたいは秋〜春にかけて吹く事が多いので、プロ野球のシーズン中には六甲颪はあまり吹きません。 甲子園で風といえば、左バッター泣かせの名物「浜風」が有名ですが、浜風と六甲颪は全くの別物です。 巨人の球団歌「闘魂込めて」と同じ作曲家 巨人の球団歌「闘魂込めて」も「阪神タイガースの歌」も、両方とも 昭和の行進曲王こと 古関裕而さんによって作曲されています。 ちなみに、甲子園の大会歌である「栄冠は君に輝く」も小関さんによる作曲です。 なんとなく六甲おろし、もとい阪神タイガースの歌とリズムが似てると思ってましたが、同じ方の作曲でした。 あなたは「六甲おろし」について、いくつ知っていましたか? 普段何気なく聞いている応援歌が、80年近い歴史のある音楽だったなんてビックリですよね。 是非、あなたの周りの阪神ファンにウンチクを傾けてみてください。

次の

六甲おろしの意味は?歌詞を用いて解説!阪神ファンなら知っておこう!|野球用語.net

六甲 おろし 歌詞

Contents• 六甲おろしの意味とは? 阪神ファンなら、覚えておきたいのが六甲おろしについてです。 阪神ファンなら六甲おろしが歌えるというのはあたりまえです。 六甲おろしは、六甲山系から吹き降ろす山颪のことをいいます。 ただし、一般的に六甲おろしという場合には、阪神タイガースの球団応援歌を指すという場合が多いです。 まず六甲おろしの歌詞をみてみましょう。 hanshintigers. 六甲おろしの歌詞を担当したのは誰? 阪神タイガースの球団応援歌として、多くのファンに浸透している六甲おろしですがこの六甲おろしの作詞をしたのはどのような人物なのでしょうか? この六甲おろしの作詞をしたのは、 佐藤惣之助 さとう そうのすけ という人物です。 この人は、詩人、作詞家として知られています。 作曲をしたのは、 古関裕而 こせき ゆうじ という人物です。 ちなみに、この人物は、同じセ・リーグの巨人軍の歌、一般的には闘魂こめてという曲名で知られていますが、この作曲も担当しています。 さらに、この人物は 高校野球でお馴染の「栄冠は君に輝く」の作曲も行なっています。 このようにみてみると、巨人の闘魂こめてと、阪神の球団応援歌の六甲おろしが同じ作曲家によって作られたものであるということを知っているという人はあまりいないでしょう。 実際に、巨人ファンと阪神ファンがそのことを知ったら少し複雑な気持ちになってしまうファンもいるかもしれませんね。 豆知識として知っておくようにすると面白いですよ。 スポーツに関する曲を多く作っていた人物と言えます。 六甲おろし、まとめ! 六甲おろしは正式名称ではありません。 しかしながら、 一般的には六甲おろしという名称で浸透しています。 六甲おろしは、本来は、六甲山系から吹き降ろす山颪のことをいいます。 六甲おろしは、阪神が勝利した際にみんなで大合唱するのが一番盛り上がります。 阪神甲子園球場で、みんなで大合唱することで生まれる一体感がとても心地よいですよ。 阪神ファンならばしっかりと六甲おろしを歌えるようにしましょう。

次の

六甲おろし【阪神タイガース応援歌】

六甲 おろし 歌詞

作曲は、高校野球テーマソング『』で知られる。 1935年の大阪タイガース設立に合わせ、1936年に甲子園ホテルで開かれたチームの激励会で『大阪タイガースの歌』として初披露された。 その後、朝日放送ラジオ「おはようパーソナリティ中村鋭一です」により1970年代に多くのファンに広まっていった。 中村鋭一は、スポーツ中継一筋の朝日放送のアナウンサー。 阪神タイガースが勝つと番組で『六甲おろし』を熱唱したことでリスナーから大変な人気を集めた。 『六甲おろし』という通称も、中村が考案したとされている。 中村は「優勝しなかったら頭を丸める」と公約した元祖とされ、実際に番組内で頭を丸める様子が生放送され話題となった。 1973年に発売された中村の歌唱によるレコードは40万枚以上のヒットを記録した。 上画像は、六甲おろしの様々なヴァージョンを収録したアルバム「六甲おろし スペシャル! 児童合唱版、応援団ヴァージョン、ど演歌版、トランペット ソロヴァージョン他、全7曲を収録。 試聴あり。 六甲おろし - 冠二郎 六甲おろし - 決定盤 感涙! ナニワ歌謡大全集 六甲颪(おろし)に 颯爽(さっそう)と 蒼天(そうてん)翔(か)ける日輪(にちりん)の 青春の覇気 美(うるわ)しく 輝く我が名ぞ 阪神タイガース オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ 闘志溌剌(はつらつ) 起つや今 熱血既に 敵を衝(つ)く 獣王の意気 高らかに 無敵の我等ぞ 阪神タイガース オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ 鉄腕強打 幾千度(いくちた)び 鍛えてこゝに 甲子園 勝利に燃ゆる 栄冠は 輝く我等ぞ 阪神タイガース オウ オウ オウオウ 阪神タイガース フレ フレフレフレ 関連ページ 『栄冠は君に輝く』、『燃えよドラゴンズ』、『六甲おろし』など、野球関連の有名な曲・応援歌・球団歌まとめ.

次の