授乳 ワンピース。 マタニティ服と授乳服のMilk tea~可愛くて安いマタニティ服・授乳服の専門店

マタニティウェア・授乳服 通販【ニッセン】

授乳 ワンピース

カテゴリーから探す• シーン別に探す• ギフトにおすすめ• 卒乳後のママ服• ブランド一覧• レンタルサービス• Special 特集 売れ筋ランキング ミルクティーの売れ筋アイテムをカテゴリ別にご紹介! ミルクティーの最旬コーディネート もう迷わない!今っぽいミルクティーおすすめコーデをご紹介! ミルクティー殿堂入りアイテム リピート率高!先輩ママに愛用されてきたミルクティーの人気定番アイテム! ママフォーマル キレイに見えて、機能性も考えたミルクティーならではのフォーマルをご用意しました。 <最新号> 2020春夏カタログ MilkteaのカタログをWEBでチェック! column コラム 私が授乳服にこだわる理由 ミルクティが出来るまで ミルクティが誕生するまでの経緯や会社に対する熱い思いを語っていただきました。 スタッフブログ 現役ママスタッフによるブログです。 知っておきたい 妊娠と出産のこと 授乳服とマタニティーのミルクティーより妊娠中や授乳期の情報をお届けします。 メディア掲載情報 ミルクティーのアイテムがメディアに掲載されました。 返品・交換について 商品到着後、7日以内に必ず当店宛てにご連絡頂き、返品交換依頼票に記入の上、商品と一緒にご返送下さい。 福袋、B品商品は返品・交換不可です。 ・ご返品の場合・・・ 当店にメールフォームよりご連絡後、お振込先の口座情報、簡単な返品理由を記載し、同封してください。 ・交換の場合・・・ 交換商品によって差額がある場合や送付方法が異なる場合がございますので、必ず当店にメールフォームよりご連絡いただき、当店からの返信メールに沿ってお手続きください。

次の

ママが選ぶおしゃれ授乳服ワンピース13選 おすすめから簡単手作り方法まで

授乳 ワンピース

ワンピースを着るなら授乳口が付いた「授乳用」を選ぼう 授乳中にワンピースを着る場合、通常のワンピースだと捲り上げる必要があるので授乳口付きのワンピースを選びましょう。 授乳口には大きく分けて横開きと縦開きの2種類があり、横開きタイプは布を上下に開いて使用し、縦開きタイプは布を左右に開いて使用します。 授乳口を留める方法によっても分類ができ、留め具がないタイプだと当て布をめくるだけのタイプや服をずらすだけのタイプ。 留め具があるタイプならホックやボタンになっているタイプやジッパータイプとさまざまです。 すばやく赤ちゃんに授乳したいのなら、片手でさっとめくるタイプやずらすタイプが便利。 授乳服だと分からないようにしたいのならジッパータイプがおすすめですが、それぞれで使いやすさや好みが違うかと思うので、自分に合ったタイプの授乳口を選んでくださいね。 軽くてシワになりにくいリンクルフリー素材を使用した授乳服ワンピースは、何回洗濯をしても型崩れしないのでママも大助かり。 伸縮性にも優れており、動きやすくて着心地が良いので普段使いに向いています。 さっと開け閉めしやすい横ファスナータイプの授乳口なので、お出かけ先でも手軽に授乳ができます。 最近は授乳服だと分からないタイプが多く販売しているので、ママも安心して着ることができますよね。 授乳中でもおしゃれな授乳服ワンピースを着て楽しんじゃいましょう。 Sweet Mommy(スイートマミー)「バックロングテールカット」 ヒラリと揺れるシルエットがきれいな授乳服ワンピースはマタニティ向けですが、授乳中でもきれいに着こなすことができます。 カラーは3種類あり、ジョーゼット素材とシフォン素材の袖が上品さをプラス。 左右にある授乳口は、フロントのタック下にスナップボタンで留めるようになっているのでしっかりと開き、授乳がしやすくなっています。 着心地抜群! スウェット素材の授乳服ワンピース 寒い季節におすすめのスウェット素材の授乳服ワンピースは、着心地が良いだけではなく暖かさもあるので、1枚持っていると重宝するかと思います。 肌触りが良いものや快適に過ごせるもの、おしゃれなワンピースをご紹介します。 KIDS PARA(キッズパラ)「スウェット授乳ワンピース」 シンプルでスッキリとした授乳服ワンピースには、裏起毛であたたかいため寒い時期におすすめ。 横にはスリットが入っているため動きやすくスキニーやレギンスと合わせればおしゃれに着こなせちゃいます。 授乳口は縦ジッパーで左右の両サイドに付いていますよ。 SMORbi(スモルビ)「授乳パーカーワンピース」 こちらのフード付きの授乳服ワンピースは、スポーティーなのでタイツやレギンスと相性が良く、初めての洗濯はドライクリーニングしておくと長持ちします。 自宅で手洗いすることも可能です。 カラーは2種類あり、サイズはフリーサイズのみ。 授乳口は両サイド縦に付いています。 NARAPOINT(ナラポイント)「マタニティ ワンピース」 ゆるいAラインなので体型も気にせず着られる授乳服ワンピースは、スポーティーな着まわしだけではなく、フェミニンにもガーリーにも着こなせるので1枚あるととても便利。 カラーは2種類。 パフスリーブになっている袖はかわいいのに邪魔になりません。 真ん中には広めの授乳口があり、大きめのフードもアクセントになっています。 手持ちのワンピースを授乳服にリメイク! 「授乳服を買うのもいいけれど、お金もかかるし手持ちのワンピースで済ませたい…。 」そんなときは手持ちのワンピースを授乳服にリメイクしてみませんか? 一見すると難しそうに思うリメイクですが、意外と簡単に作れるので挑戦してみてくださいね。 ワンピースの横にファスナーを付ける ワンピースのサイドを切ってファスナーを取り付けるだけの簡単なリメイク方法です。 ワンピースとファスナーの裾部にはバイアステープで始末してくださいね。 バイアステープとファスナーは100均でも販売しているので、お金をかけることなくリメイクができちゃいます。 ワンピースのストラップを切る カップ付きのノースリーブワンピースを用意し、前身頃側のストラップをハサミで切って内側に折り曲げて縫い付けます。 あとは後ろのストラップにいらなくなったブラストラップの留め具を縫い付けて完成。 ストラップを外すだけで簡単に授乳ができるのでおすすめですよ。 授乳服はリメイクで簡単に作れる! ワンピースだけではなく、手持ちの服も授乳服にリメイクしちゃいましょう。 こちらもワンピースと同様に簡単に作ることができちゃいますよ。 服の脇をカットする 服の脇をタンクトップの形(もしくは短い袖)になるようにカットし、端処理をすれば出来上がり。 授乳するときは横に引っ張って使用しましょう。 着用するときはカーディガンを羽織れば胸が見えません。 首周りをVラインに切る 首周りをVラインになるように切り、端処理と補強のための当て布(ニット生地)を付けます。 次に三角形の生地を用意し(当て布と同様のニット生地)、角にスナップボタンを付け、先ほど当て布をした部分に留め付けて完成。 授乳するときはスナップを外して使用してください。 手作り授乳服の作り方 好みの授乳服がなかった場合、手作りしてみるのもありですよ。 作り慣れていないと難しく感じてしまいますが、手順を踏んで作ってみてください。 自分に合ったサイズの型紙を用意します。 型紙は肩のあるTシャツやかぶり型で開きのないものを選んでください。 前身頃(2枚)、後ろ身頃、襟、袖のパーツを作り、前身頃をアレンジしていきます。 まずはかぶせ部分を作ります。 トップバストよりも8センチほど下にラインを引いて折り曲げてください。 こちらを前身頃のかぶせ部分とします。 次にもう1枚の前身頃をアレンジします。 授乳口を作るため、前身頃の肩の真ん中あたりからトップバストを通り、アンダーバストより少し下(前身頃上のラインより上)のところまで曲線を書きます。 (ラインの位置が浅いと授乳ができない、授乳がしづらくなるので注意してください)。 ラインを書いた部分に縫い代1センチ分を追加して切ります。 切りとったら一度自分の体に当てて、サイズを確認します。 後ろ身頃、襟、袖はそのまま裁断し、縫っていきましょう。 縫い終わったら端処理をしていきます。 次に、肩の部分を普通の服の縫い方で縫っていきます。 前身頃のかぶせ部分と前身頃で合わせます。 前身頃のかぶせ部分と後ろ身頃で中表にしましょう。 (肩の半分までが3枚重ね。 下の半分は前後2枚の状態になります)• 続いて、襟を作って縫います。 脇を縫って袖を付けます。 ここは型紙の手順通りで作ってくださいね。 最後に裾と袖口を始末して完成です。

次の

マタニティ服と授乳服のMilk tea~可愛くて安いマタニティ服・授乳服の専門店

授乳 ワンピース

ワンピースを着るなら授乳口が付いた「授乳用」を選ぼう 授乳中にワンピースを着る場合、通常のワンピースだと捲り上げる必要があるので授乳口付きのワンピースを選びましょう。 授乳口には大きく分けて横開きと縦開きの2種類があり、横開きタイプは布を上下に開いて使用し、縦開きタイプは布を左右に開いて使用します。 授乳口を留める方法によっても分類ができ、留め具がないタイプだと当て布をめくるだけのタイプや服をずらすだけのタイプ。 留め具があるタイプならホックやボタンになっているタイプやジッパータイプとさまざまです。 すばやく赤ちゃんに授乳したいのなら、片手でさっとめくるタイプやずらすタイプが便利。 授乳服だと分からないようにしたいのならジッパータイプがおすすめですが、それぞれで使いやすさや好みが違うかと思うので、自分に合ったタイプの授乳口を選んでくださいね。 軽くてシワになりにくいリンクルフリー素材を使用した授乳服ワンピースは、何回洗濯をしても型崩れしないのでママも大助かり。 伸縮性にも優れており、動きやすくて着心地が良いので普段使いに向いています。 さっと開け閉めしやすい横ファスナータイプの授乳口なので、お出かけ先でも手軽に授乳ができます。 最近は授乳服だと分からないタイプが多く販売しているので、ママも安心して着ることができますよね。 授乳中でもおしゃれな授乳服ワンピースを着て楽しんじゃいましょう。 Sweet Mommy(スイートマミー)「バックロングテールカット」 ヒラリと揺れるシルエットがきれいな授乳服ワンピースはマタニティ向けですが、授乳中でもきれいに着こなすことができます。 カラーは3種類あり、ジョーゼット素材とシフォン素材の袖が上品さをプラス。 左右にある授乳口は、フロントのタック下にスナップボタンで留めるようになっているのでしっかりと開き、授乳がしやすくなっています。 着心地抜群! スウェット素材の授乳服ワンピース 寒い季節におすすめのスウェット素材の授乳服ワンピースは、着心地が良いだけではなく暖かさもあるので、1枚持っていると重宝するかと思います。 肌触りが良いものや快適に過ごせるもの、おしゃれなワンピースをご紹介します。 KIDS PARA(キッズパラ)「スウェット授乳ワンピース」 シンプルでスッキリとした授乳服ワンピースには、裏起毛であたたかいため寒い時期におすすめ。 横にはスリットが入っているため動きやすくスキニーやレギンスと合わせればおしゃれに着こなせちゃいます。 授乳口は縦ジッパーで左右の両サイドに付いていますよ。 SMORbi(スモルビ)「授乳パーカーワンピース」 こちらのフード付きの授乳服ワンピースは、スポーティーなのでタイツやレギンスと相性が良く、初めての洗濯はドライクリーニングしておくと長持ちします。 自宅で手洗いすることも可能です。 カラーは2種類あり、サイズはフリーサイズのみ。 授乳口は両サイド縦に付いています。 NARAPOINT(ナラポイント)「マタニティ ワンピース」 ゆるいAラインなので体型も気にせず着られる授乳服ワンピースは、スポーティーな着まわしだけではなく、フェミニンにもガーリーにも着こなせるので1枚あるととても便利。 カラーは2種類。 パフスリーブになっている袖はかわいいのに邪魔になりません。 真ん中には広めの授乳口があり、大きめのフードもアクセントになっています。 手持ちのワンピースを授乳服にリメイク! 「授乳服を買うのもいいけれど、お金もかかるし手持ちのワンピースで済ませたい…。 」そんなときは手持ちのワンピースを授乳服にリメイクしてみませんか? 一見すると難しそうに思うリメイクですが、意外と簡単に作れるので挑戦してみてくださいね。 ワンピースの横にファスナーを付ける ワンピースのサイドを切ってファスナーを取り付けるだけの簡単なリメイク方法です。 ワンピースとファスナーの裾部にはバイアステープで始末してくださいね。 バイアステープとファスナーは100均でも販売しているので、お金をかけることなくリメイクができちゃいます。 ワンピースのストラップを切る カップ付きのノースリーブワンピースを用意し、前身頃側のストラップをハサミで切って内側に折り曲げて縫い付けます。 あとは後ろのストラップにいらなくなったブラストラップの留め具を縫い付けて完成。 ストラップを外すだけで簡単に授乳ができるのでおすすめですよ。 授乳服はリメイクで簡単に作れる! ワンピースだけではなく、手持ちの服も授乳服にリメイクしちゃいましょう。 こちらもワンピースと同様に簡単に作ることができちゃいますよ。 服の脇をカットする 服の脇をタンクトップの形(もしくは短い袖)になるようにカットし、端処理をすれば出来上がり。 授乳するときは横に引っ張って使用しましょう。 着用するときはカーディガンを羽織れば胸が見えません。 首周りをVラインに切る 首周りをVラインになるように切り、端処理と補強のための当て布(ニット生地)を付けます。 次に三角形の生地を用意し(当て布と同様のニット生地)、角にスナップボタンを付け、先ほど当て布をした部分に留め付けて完成。 授乳するときはスナップを外して使用してください。 手作り授乳服の作り方 好みの授乳服がなかった場合、手作りしてみるのもありですよ。 作り慣れていないと難しく感じてしまいますが、手順を踏んで作ってみてください。 自分に合ったサイズの型紙を用意します。 型紙は肩のあるTシャツやかぶり型で開きのないものを選んでください。 前身頃(2枚)、後ろ身頃、襟、袖のパーツを作り、前身頃をアレンジしていきます。 まずはかぶせ部分を作ります。 トップバストよりも8センチほど下にラインを引いて折り曲げてください。 こちらを前身頃のかぶせ部分とします。 次にもう1枚の前身頃をアレンジします。 授乳口を作るため、前身頃の肩の真ん中あたりからトップバストを通り、アンダーバストより少し下(前身頃上のラインより上)のところまで曲線を書きます。 (ラインの位置が浅いと授乳ができない、授乳がしづらくなるので注意してください)。 ラインを書いた部分に縫い代1センチ分を追加して切ります。 切りとったら一度自分の体に当てて、サイズを確認します。 後ろ身頃、襟、袖はそのまま裁断し、縫っていきましょう。 縫い終わったら端処理をしていきます。 次に、肩の部分を普通の服の縫い方で縫っていきます。 前身頃のかぶせ部分と前身頃で合わせます。 前身頃のかぶせ部分と後ろ身頃で中表にしましょう。 (肩の半分までが3枚重ね。 下の半分は前後2枚の状態になります)• 続いて、襟を作って縫います。 脇を縫って袖を付けます。 ここは型紙の手順通りで作ってくださいね。 最後に裾と袖口を始末して完成です。

次の