千 と 千尋 の 神隠し 歌。 中国で興業記録達成「千と千尋の神隠し」カオナシは中国語で无脸男、 湯婆婆は汤婆婆、 釜じいは锅炉爷爷 ポスターもまた中国語の勉強になる!

千と千尋の神隠しの曲「いのちの名前」の歌詞の意味。貴方なりに聴き...

千 と 千尋 の 神隠し 歌

番組では何の歌を歌うのでしょう。 やっぱり「いつでも何度でも」でしょうか。 それにしても、木村さんが仕分けで カラオケ対決をされるとは…! 意外というか、びっくりでした。 木村弓さんについて、私が知っていることと いえば、 ・千と千尋の神隠しの主題歌を歌った(紅白にも出た) ・ハープみたいな楽器を弾き語る あえて付け加えれば、 ・結構年齢が上なんじゃないか(失礼ですが) ・でもすっごく肌が綺麗だからやっぱりそんなに年配じゃないかも。。 ということくらいです。 癒し系の歌声のイメージが強かった のですが、改めて聴いてみると、やさしく 心に染みる歌声の中に、何か訴え かけてくるような力強さも感じます。 千と千尋の神隠しは2001年の映画で、 初めて見てからもう10年以上経っている のですが、この曲を聞くと、映画の様々な 場面が鮮明に蘇り、映画と曲(歌声含む) が絶妙にマッチしていたのを実感します。 スポンサードリンク 「いつでも何度でも」は、外国でもカバー されることが多い曲です。 アメリカの歌手、Kate Covingtonさんが 澄んだ歌声で歌うこちらの動画もとても 素敵です。 多くは公表されていない木村弓さんのプロフィール では、出身地や歌手であること、 略歴やが載っているくらいで、 比較的情報が少ない印象でした。 帰国後、演劇のトレーニングをする中で、 「無理や疲れがたたって脊椎を悪くしてしまい、 声がでなくなてしまった」 と、 多くは語られていませんが、志した道を 諦めるくらいですから、おそらく辛い、苦難の 日々だったのだと思います。 このことがきっかけで若干宗教的な方面や、 心霊治療、スピリチュアルな方向に進んで いかれたことが、アシュラム東京を主宰する 原田千裕氏に師事されたことなどからも伺えます。 木村さんの独特な歌声や、そこから感じ られるヒーリングパワーのようなものは、 彼女が歌の世界に復帰されるまでの間に 培われたものと想像できます。 動画のコメントには、「涙が止まらない」 「いろいろなことを思い出す」といったものが 見受けられますが、木村さんが奏でる音が、 心身ともに疲れ果てている私達のこころと からだに働きかけているのかもしれませんね。 スピリチュアルな観点からを される方もいらっしゃいました。 ご参考まで… (amazon 「あの楽器」はゲルトナー・ライアー 木村さんが演奏するあの楽器は、ドイツの 堅琴で、ゲルトナー・ライアーと言います。 木村さんがライアーに出会ったのは1988年。 ずっとたて琴のような音色に惹かれていたそうですが、 グランドハープは大きく運搬が困難でしかも高価。。 そんな時にライアーの演奏を聴き、形・音量・音色など 様々な面で 「これだ!」 「自分の歌と自分自身を助けてくれる楽器」 と思い、すぐにライアーを買い求めたそうです。 そしてあの独自の弾き語りスタイルを確率した 木村さんは、この年から全国でコンサート活動を 開始しました。 千と千尋の神隠しで有名になる随分前から 地道に活動されていたのですね。 因みにこのライアーは、音域がソプラノやアルト、 弦の本数も25、39、50以上のものなど様々です。 日本ではまだあまり馴染みが薄い楽器ですが、 歴史は深く、ハープ療法という音楽療法をされる 方もいらっしゃるそうです。 気になるお値段はお求めやすいものでは 数万円から、ドイツ製のものだと数十万円するようです。 写真は楽天で販売されているもので、 39弦のソプラノライアーで47万円です。 アルトになると更にお値段が上がります。 では これからライアーを始めたい方にもお求め やすい価格で制作・販売をされています。 25弦がメインです() 「これ!」と思った事に対しては行動派 ふんわりとしたイメージの木村さんですが、 ご自身がこれだと思ったことに対しては 実に積極的であることが、対談などから 伺えます。 例えば、高校を一年で中退したのは 交換留学が高校二年生からしか受け入れ られないことを知り、自ら直接アメリカの 新聞社にホストファミリー要請の手紙を出して、 滞在先が決まったからだったり、 千と千尋の神隠しの主題歌誕生秘話では、 なんとなく宮崎駿先生の作品に自分の声が 合うのではないかという思いが日増しに強くなり、 ある日それが抑えられなくなり、木村さんから 宮崎氏にアプローチしたそうです。 はこちらです 木村弓さんの年齢は? 木村弓さんについて調べている時に、 「年齢」というキーワードが多く検索 されていることがわかりました。 そこで木村弓さんの年齢について 検索してみたのですが、 年齢について明記されているサイトを 見つけることができませんでした。 どのサイトでも年齢についてはスルー されているイメージです。 木村弓(年齢非公表)と書かれたサイトがひとつと、 なぜか「1958年生まれの人々」が掲載されている サイトが検索結果にあがりました。 木村弓さんのどれかの文字にひっかかったのか (だとすれば他の年号も検索結果に出るはず) 過去に掲載されていて削除以来があったのか。。 あくまで不確かで憶測の域を越えられません。 もし仮に1958年生まれならば、55~56歳です。 森昌子さんや久本雅美さん、小室哲哉さん、 マドンナなどがこの年生まれです。 個人的には「誰が何歳だっていいじゃん!」 というタイプなのでこれ以上の追求はやめました。 …というところでしょうか。 無難なところで55~60代? かけ離れていたらごめんなさい>< 何歳でも、いくつになっても、若々しく元気で、 美しくて癒やしとパワーをもらえる歌声を 私達に届けて欲しいです^^.

次の

いつも何度でも/いのちの名前

千 と 千尋 の 神隠し 歌

ジブリ映画『千と千尋の神隠し』の主題歌『いつも何度でも』を、フランスの歌手・ POMME(ポム)さんがカバー。 オートハープという楽器を用いて歌唱する動画が、ツイッターで注目を集めています。 ハスキーでやわらかなPOMMEさんの声は、歌との相性バッチリ。 ささやくような歌い方も含めて、ずっと聴いていたくなる中毒性があるんです。 【ファッションからも伝わるジブリ愛】 話題になっているのは、2020年2月8日にフランス大使館文化部がツイッターに投稿したPOMMEさんの歌唱動画。 フランスのテレビ番組『Clique TV』に出演した際のもので、POMMEさんは 『千と千尋の神隠し』のキャラクター刺しゅうを施したパンツで登場しました。 on Jul 24, 2019 at 7:26am PDT 同作をお気に入りの映画だと語ったあと、主題歌をフランス語ではなく 日本語で歌い始めます。 【癒やし効果が高すぎる】 ゆっくりと話しかけるように、ハスキーボイスと独特の裏声を巧みに使って歌うPOMMEさん。 やさしいメロディと歌声が互いに溶け合っていくようで、耳にとっても心地よい……! ソフトでスイートな響きに魅了されて、 心がどんどん癒やされていくのがわかります。 木村弓さんが歌う本家バージョンももちろん素晴らしいけれど、POMMEさんバージョンも 唯一無二の美しさがあるわ~! 【ネットで超話題に!】 歌唱動画はたちまち注目を集めて、リツイート数は1万2000超、「いいね」の数は4万1000超にまで到達。 「10回観ちゃいました……癒されました.. …ありがとう」 「より低く少しだけハスキーなPOMMEのたゆたうような歌声が素晴らしい!」 「鈴を転がすような心地よさがある」 といった具合にコメントもたくさん集まっています。 ちなみにフランス大使館によれば、POMMEさんは 自身のライブでも『いつも何度でも』を歌うことがあるそうですよ。 いつか生で聴いてみたいものですね! 参照元:、 執筆:田端あんじ c Pouch.

次の

千と千尋の神隠し「いつも何度でも」歌詞の意味と秘密。木村弓と覚和歌子の現在

千 と 千尋 の 神隠し 歌

(演奏は5分30秒付近から) 宮崎駿氏の映画の主題歌なので、日本ではよく知られた歌だが、この歌詞を完全に覚えて歌える人は少ないのではないだろうか。 それくらい普通の詩とは違っている。 【いつも何度でも】 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも心踊る 夢を見たい 悲しみは 数えきれないけれど その向こうできっと あなたに会える 繰り返すあやまちの そのたびひとは ただ青い空の 青さを知る 果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は 光を抱ける さよならのときの 静かな胸 ゼロになるからだが 耳をすませる 生きている不思議 死んでいく不思議 花も風も街も みんなおなじ ラララララララララ・・・・・・・・・ 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも何度でも 夢を描こう 悲しみの数を 言い尽くすより 同じくちびるで そっとうたおう 閉じていく思い出の そのなかにいつも 忘れたくない ささやきを聞く こなごなに砕かれた 鏡の上にも 新しい景色が 映される はじまりの朝の 静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ 海の彼方には もう探さない 輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから ラララララララララ・・・・・・・・・ この歌詞の意味を私なりに解釈してみます。 まず最初の出だし。 呼んでいる 胸のどこか奥で これはもう「本当の自分」、魂の声です。 こんなフレーズをいきなり一行目に持ってきてるところがすごいです。 いつも心踊る 夢を見たい これはいつも私がいうところの「ハートの喜び」なんですよ。 そして思考は現実化します。 ですから、「胸のどこか奥で呼んでいる「ハートの喜び」に従って、いつも心躍る夢を見たい」 これを一行目、二行目に持ってきたところが本当にすごいと思うわけです。 私なんかこの大切さに気づいたのはホント最近のことですよ! この作詞家なに者?!と思うわけです 笑 悲しみは 数えきれないけれど その向こうできっと あなたに会える 人生いろいろありますね。 悲しみも。 そして、「その(悲しみの)向こうできっと あなたに会える」と言っています。 この「あなた」というの恋人とか身内とか大切な人とかそんなんじゃないですよ。 むしろ、そういう人たちとの数えきれないほどの悲しみ(離別)があったのです。 「その向こうできっと あなたに会える」とは、 これはもう神さましかいません。 ほんとうの自分と言ってもいい。 悲しみは数えきれないけど、その向こうできっと神さま(本当の自分)にあえる。 繰り返すあやまちの そのたびひとは ただ青い空の 青さを知る 人はあやまちを繰り返してきました。 しかし、今回の出来事は軽いものではありませんでした。 「ただ青い空の 青さを知る」 なにか呆然とするような出来事ですよ。 泣きわめくこともできない。 もう泣きつかれてしまったのかもしれません。 誰になぐさめられるような事でもない。 文句を言えるようことでもない。 ただそのあまりの出来事に、あきらめの境地で、 ただ青い空を見上げるしかなかった。 そして、今まで気づかなかった「空の青さを知った」 果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は 光を抱ける この先を思うとき、ただ「果てしなく 道は続いて見える」 永遠の魂である、私たちの巡礼に終りはありません。 大好きな東山魁夷の絵「道」を思い出しました。 しかし、数えきれない悲しみだけが旅ではありません。 「果てしなく 道は続いて見えるけれど この両手は 光を抱ける」 この両手に「光を抱ける」という確信を秘めて歩み続けます。 さよならのときの 静かな胸 ゼロになるからだが 耳をすませる この「さよなら」はやはり小さいことではありませんでした。 泣きわめくこともできない。 根こそぎにされて、呆然とするような「さよなら」です。 「ゼロになるからだ」 今まで自分を支えてくれてたものが根こそぎになってしまって、体の力が抜けてしまったのでしょうか。 もう何も考えることができない。 あるいは、ある種の瞑想状態のような静かな境地かもしれません。 ただ静かにたたずみ 耳をすませている。 生きている不思議 死んでいく不思議 花も風も街も みんなおなじ そうすると、生きている不思議 死んでいく不思議 生命の神秘が胸にせまってきました。 私は生きている。 そして、「花も風も街も みんなおなじ」 生命の一体感を感じています。 ある種の諦観のようなものも感じているのでしょう。 ラララララララララ・・・・・・・・・ ここで軽やかにラララ・・・と歌うところがまたいいですね。 呼んでいる 胸のどこか奥で いつも何度でも 夢を描こう 「いつも何度でも」これがこの歌のタイトルです。 ここに一番思いがこもっています。 「数えきれない悲しみ」があっても、その度に「いつも何度でも 夢を描こう」。 その夢は胸のどこか奥で呼んでいる「心弾む」ような夢です。 「本当の自分」の夢です。 悲しみの数を 言い尽くすより 同じくちびるで そっとうたおう つい私たちは、何度も何度も悲しみを口にしてしまいます。 心の重荷をおろしたい。 でも、いつまでもそんなことばかりしていないで、「いつも何度でも「心弾む」夢を描こう」 つい心がマイナスに傾いてしまっても、いつも何度でも思い直して「心弾む」夢を描こう そして「同じくちびるで そっとうたおう」 閉じていく思い出の そのなかにいつも 忘れたくない ささやきを聞く 大きな悲しみがありました。 それはその時の自分ではどうしようもなかったことです。 その「閉じていく思い出の そのなかに」、 ただ目を背けて、忘れ去るだけでなく、 きちんと向き合い、 「忘れたくない ささやきを聞く」 大切なメッセージを受け取り、この出来事を決して無駄にしない。 こなごなに砕かれた 鏡の上にも 新しい景色が 映される 「こなごなに砕かれた 鏡」 今回の悲しみは心が張り裂けるような出来事でした。 しかし、その心にもまた「新しい景色が 映される」 はじまりの朝の 静かな窓 ゼロになるからだ 充たされてゆけ そんな根こそぎにされるような悲しみに、呆然として体の力が抜けて、 もう何も考えることはできないけれど、はじまりの朝はやってきた。 そんな朝の、静かな窓。 ある種の瞑想状態のような静かな心境 「ゼロになるからだ 充たされてゆけ」 何かの力を感じています。 海の彼方には もう探さない 輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから 今まで外に自分を支えてくれるものを探し続けてきたけれど、 「輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから」 いいなぁ~ すごい歌です。 これは今私が一番共感する歌ですね。 この「いつも何度でも」を作曲した木村弓さんは、脊椎を痛め、20数年間もほとんど遊ぶために外出もしないような生活を送っていたそうで、たまたま「もののけ姫」を見に行ったらひどく感動し、宮崎駿監督に自主製作のCDなどを添えて手紙を書いたそう。 宮崎監督のもとには多いときで一日に段ボール3箱分の手紙が来るそうで、手紙に目を通すことも、ましてそれに返事を書くことも天文学的な確率の低さなのだそうですが、「たまたま」その手紙を読んで「いま進行している企画の音楽をお願いするかもしれないが、期待しないで待っててください」と返事が来たという。 その後、その企画自体はボツになったが、2年半後、ジブリから「あの曲を宮崎監督が忘れられないので、『千と千尋の神隠し』で使わせて欲しい」と電話があったという。 作詞した覚 和歌子さんは、 「さよならのときの静かな胸 ゼロになるからだが耳をすませる 生きている不思議死んでいく不思議 花も風も街もみんなおなじ」 この4行を書いているとき、何故だか泣けて仕方なかったんです。 自分でも変だなと思いました。 自分で書いているのに、自分が書いていない感じ。 書き始めたらそれこそ12. 3分でできてしまったんですね。 ちょっと普通じゃない感じでした。 「大きなもの」とつながったからでしょうか。 「」(覚 和歌子)より なんかもう、神さまが作曲家の木村弓さんに「もののけ姫」を見に行かせ、感動させて、宮崎駿監督に手紙を書かせ、その手紙を宮崎監督に奇跡的に読ませて返事を書かせ、作詞家の覚和歌子さんにインスピレーションを与えて、ものの12,3分で作詞させてしまった。 そして、宮崎監督に忘れないようにさせて、その企画がボツになっても、次の『千と千尋の神隠し』で使われるように働きかけ、世に出るようにしむけた。 そして、チェルノブイリで被災したナターシャに歌わせた。 ロシア人の彼女が、この日本語の歌の単語をひとつひとつ解釈し、自分の胸に落とし込み、きちんと発音し、歌詞も楽譜も見ずに演奏しながら、ここまで深い意味を与えて歌い上げることができるまで、いったい何百回、何千回この歌を練習したのだろうかと思うわけです。 そして私の心に届いた。 関係者のみなさん、(目に見えない方々も含めて!) どうもありがとう。 その通りですね。 上の解説に書いていた「いつか」をとりました 笑 最後に、 「輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられたから」 とあります。 それはもちろん、ずっと自分のなかにあったから「いつもここに見つけられた」わけです。 それはもちろん、今もあるからですね。 しかしそれが「数えきれない悲しみ」によって時に見えなくなっている。 それを 「呼んでいる 胸のどこか奥で いつも何度でも「心弾む」夢を描こう 悲しみの数を 言い尽くすより 同じくちびるで そっとうたおう」 そうすることで、 「輝くものは いつもここに わたしのなかに 見つけられる」と教えてくれています。 本当に素晴らしい歌です。

次の