ウィッチャー 3 switch 攻略。 ウィッチャー3ワイルドハント完全攻略

ウィッチャー3の最初の街「ホワイトオーチャード」の攻略法│「鞍袋」を優先して購入すると良いよ | ゲーム王国、全国対応ゲーム買取

ウィッチャー 3 switch 攻略

【真珠稼ぎ】1. 03まで可能 1. 04で対策 商人の商品に貝殻が無い メインクエスト「謁見」クリア後、ノヴィグラドへ行く。 広場の銀行前にいる商人から貝殻を全買いする。 何度も商品ページを開きなおして、2種類の貝殻を買いまくる。 近くの鎧職人へ行き、貝殻を全て分解すると、真珠・黒真珠が手に入る。 広場から東北東の高利貸し(家の前のピエロが目印、または東北東の端を目指す)に真珠・黒真珠を全て売る。 高利貸しの所持金がなくなったら、フロレンスを買い、また真珠・黒真珠を売る。 何度も商品ページを開きなおして、真珠・黒真珠を全て売って現金かフロレンスに変える。 広場の銀行に行き、フロレンスをクラウン(現金)に換金する。 以後繰り返し。 もう拾った装備とかを高値で売れるところさがして売るしかねーなってことで主要なところだけ売却額を調べた。 一週目過去の残響まで進んでる状態 PS4v1. 23 - 名無しさん 2016-08-27 17:10:23• つづき 調べたのは、適当に拾った売却額高めの剣と鎧、それとついでに真珠。 調べたのはウーソン村とオクセンフルトの職人二人、アッパーミルのルーン細工師 金払って職人にしても金額変わらなかった と商人、ケィアトロールトの職人二人と、名匠二人。 - 名無しさん 2016-08-27 17:14:03• つづき で、調べた結果なんだけど、基本的にハットリが全体的に高額買取りしてくれる 特に剣と真珠。 オクセンフルトの鍛冶屋もハットリと全く同じ買取額だった。 - 名無しさん 2016-08-27 17:16:09• つづき 鎧についてはハットリよりオクセンフルトの鎧職人の方が少しだけ買取金額が高く、ケィアトロールドの鎧職人の方が更に高額買取だった。 新月の鎧で確認したけど、ハットリ335 オクセンフルト343 ケィアトロールド鍛冶屋359 鎧職人367 - 名無しさん 2016-08-27 17:19:19• なので結論としては、スケリッジ以前はオクセンフルトでそれぞれの職人に売却で、スケリッジに行けるようになったら鎧だけケィアトロールドの鎧職人に売却するようにするのが最もいいと思われる。 - 名無しさん 2016-08-27 17:20:39• リンデンヴェイル墓地の動く像はイースターエッグ。 元ネタはイギリスの長寿ドラマ、ドクター・フー - 名無しさん 2016-08-28 08:39:36• 今でも使える金策・経験値上げありますか?ver1. 31 - ヨシマサ 2017-05-06 12:57:28• この剣は高値で売却可能なので金策に利用できる。 - 名無しさん 2017-05-07 02:36:50• 一回ごとに450クラウン前後ゲットできるので、チートOKで楽に稼ぎたいならどうぞ。 - 名無しさん 2017-05-10 11:26:11• ニューゲーム+で始めたら素材あるのにニッケル鉱石だけが作れない。 項目もニッケル鉱石だけバグってる感じ。 まあ買えばいいんだけどちょっと気になるバグ - 名無しさん 2019-07-24 09:30:22 名前:.

次の

ウィッチャー3の最初の街「ホワイトオーチャード」の攻略法│「鞍袋」を優先して購入すると良いよ | ゲーム王国、全国対応ゲーム買取

ウィッチャー 3 switch 攻略

いやぁ~~っ!面白かった!本当に! クリアしました1周目のスイッチ版ウィッチャー3! 買って起動した当初は陰鬱な世界観に辟易してしまって、速攻で売りに行こうかと真剣に迷ってしまったのですが、最終的にはDLCの追加ストーリーまで全部楽しく遊んでしまいました。 合計プレイ時間はざっと110時間ほど。 これでも再度クエストを結構飛ばしてクリアしたので駆け足といえます。 最初は「何がウィッチャーだよ。 泥臭い世界だなぁ」と文句たれまくりでプレイしていたのですが今や、小説とかまで購入してウィッチャーの世界観を楽しむ始末。 ウィッチャー3のゲームを楽しんだ人にはおすすめ。 ウィッチャー3と日本のRPGの物語の質を比べたら雲泥の差、月とすっぽん。 一つの壮大な物語がゲームソフトの中に凝縮されています。 長編の映画を見終わったような満足感が味わえます。 レビューで高評価が多いのは最後までしっかりと楽しんだ人なのでしょう。 逆に評価の低い人は最後までやらずに、途中で陰鬱な世界観と人々の生臭い所業に嫌になって辞めてしまった人たちだといえます。 ウィッチャー3というゲームの中には様々な人々の人生があり、違った歩みを進み、プレイヤーの行動次第でNPCの人生の結末まで変わってしまう。 プレイヤーはウィッチャーであるゲラルトになって世界を冒険し、用意された一本のシナリオをこなすのではなく、自分自身の選択と行動によってウィッチャーとしての歩みを進んでいく。 ゲラルトというウィッチャーの人生の歩みを体験する物語が「ウィッチャー3」なのです。 久しぶりに物語の中に引き込まれるようなゲームに出会えました。 海外のゲームってキャラクターがゴリラっだったり、操作性が最悪だったり、妙なところでリアル路線だったりして苦手でした。 ですが、ウィッチャー3は物語に重点を置いたオープンワールドゲームで、その世界観に引き込まれればたちまち壮大な物語の中に浸ることが出来ます。 それに女性がゴリラじゃない!美人ぞろいです。 クリアするころには「俺がウィッチャーだ!」くらいの気持ちになっています。 今回、私がプレイしたのはニンテンドースイッチ版のウィッチャー3なので、初めから有料のDLCが入った状態で遊べます。 このDLCの物語も一本の映画のように重厚で、最後にはそのDLCの題名のメッセージが身に染みて「あぁ、そういう意味だったのか、なんて良い物語だったんだ……。 」と思えること間違いありません。 ウィッチャー3というゲームの良かったところ悪かったところ、スイッチ版のダメなところなど感想・評価をまとめます。 一周してやっとわかるウィッチャー3の世界観 ウィッチャー3というゲームは、はっきり言って最初はプレイヤー置いてけぼりの物語です。 次から次へと知らない人物や地名、魔法だとか魔獣だとか操作方法、調合方法、錬金術だとかの情報が提供されます。 主人公であるゲラルトはウィッチャー3の前からずっとウィッチャーとして活躍しており、その際に出会った人々、女魔術師との関係、王様とか皇帝とかと面識があり、その人たちがストーリーに大きくかかわってきます。 その点は小説とか以前の物語を読むとより詳しく理解できますが、ウィッチャー3のゲームを進めていくうちに「あぁ、この人たちはこういう関係だったのかな?」と察しがつくようになっています。 はじめは置いてけぼりを食らったような疎外感を味わいますが、ある程度ウィッチャー3の世界に慣れてくると頭の中で関係性に思いを巡らせることも楽しめるようになるでしょう。 小説を読んで情景を思い描いたり、会話内容から確執や相手への思い、性格などを予想したり、犯人はだれなのかを推理したりすることが好きな人にはうってつけのゲームです。 特にウィッチャー3は DLCの2つの物語が面白い。 面白すぎる! 一つは「無常なる心」英題は「HEARTS of STONE」もう一つは「血塗られた美酒」「BLOOD and WINE」という物語。 「無常なる心」に出てくる重要な人物として鏡を売る商人「ゴウンター・オーディム」というキャラクターが登場するのですが、この人物。 なんとウィッチャー3の序盤に登場した意味ありげなことをいうモブっぽいおっさんなのです。 序盤も序盤、イェネファーを探すために酒場で情報集めするという段階で、たまたま酒場にいたのがゴウンター・オーディムでした。 まさか、かなりの重要人物で強力な存在だとはつゆとも思いませんでした。 ふざけたやつだ、たたき切ってしまえ!とさえ思った相手でした。 雑魚だと思ったら序盤の酒場に隠しボスがいるようなものです。 時を止めたり空中を歩いたりする謎の存在だったとは、モブだとばっかり思っていたのに2週目をやって酒場にいるのが彼だと気づいたのでした。 1周目に「無常なる心」のストーリーを進めていた時にはまったく気づきませんでした。 ゲラルトが船に捕らえられたときどこからともなく現れるのですが、登場したときは「ん?あんた誰?」状態でぽかんとしていました。 このようにウィッチャー3の世界をもっとよく知るには2週目をやる必要があります。 ただ、日本のゲームと違ってウィッチャー3の2週目は「強くてニューゲーム」というわけではありません。 ゲラルトのレベルに応じて敵のレベルや出てくるアイテムのレベルが変わってしまいます。 序盤にグリフォンから助けた商人ですら、レベル50超えた武器を売るような世界に代わっていますし、敵も強い。 最終的にはゲラルトはレベル100になりますが、敵は100レベルを超えるそうな。 私は一番低い難易度でウィッチャー3をクリアしたのですが、「血塗られた美酒」に出てくる上級吸血鬼との戦いで何回も死にました。 おそらくその上級吸血鬼も2週目では強化されているのでしょうから、次は勝てるのか?疑問です。 「無常なる心 HEARTS of STONE」の感想・評価 ゴウンター・オーディムの登場に驚かされましたが(最初は気づかず)、「無常なる心」は本筋のストーリーがかなり面白い。 オルギエルドというおかしな髪型の男の数奇な人生を垣間見るストーリーで、最後に選ぶ選択で後味の良し悪しが大きく変わります。 後味の良いほうのエンディングでは HEARTS of STONEという英題からの解放をキャラクターとともにかみしめることが出来るもので、終わった後の気持ちの高まりが心地よいものでした。 無常なる心の主なストーリーは、オークション会場に強盗に入ったり、幽霊に体を貸して結婚式の催しに参加したり、屋敷に縛られた妻の魂と話をしたりとボリュームがあります。 オルギエルドとの最初の出会いは正直言って印象の悪いものでした。 オルギエルドの部下たちのおふざけがすぎる。 真面目な陰キャをからかう馬鹿で陽気な大阪人みたいなウザさを感じて、全員と戦ってやってしまえばいいんじゃね?とさえ思いました。 しかし、ストーリーを進めていくうちにただのお調子者たちではなくオルギエルドにとって大事な仲間たちなのだということが分かってきます。 「無常なる心 HEARTS of STONE」は、悪魔のような存在である鏡の達人、鏡の帝王と名乗る「ゴウンター・オーディム」によって人生を狂わされた一人の男。 「オルギエルド・フォン・エヴェレック」の物語。 トゥルーエンドのほうが物語としての充足感を味わえますが、バッドエンドのほうがゴウンター・オーディムからもらえる報酬が豪華です。 どんな結末を選ぶかはプレイヤー次第と言うこと。 結局、ゴウンター・オーディムは鏡の帝王とか達人とか鏡を売る商人とか呼ばれていたのはなぜなのかはわからずじまい。 時を止める力を持っていて、時間は最高の玩具だとか言い放つゴウンター・オーディム。 画像のみを見たらその辺にいるただのおっさんモブにしか見えませんが、神か悪魔か。 すべての謎を明らかにしないところが想像力を掻き立ててくれて面白い。 まるで面白い文学作品を読み終えたような充実した気持ちでクリアできる良いストーリーでした。 オルギエルドが住んでいた昔の屋敷を探索するときにゲラルトが「幸せな家族はどれも似通っているが、不幸な家族は不幸のあり方がそれぞれ異なっている」みたいなことを口にします。 調べてみると、これって「アンナ・カレーニナ」の有名な書き出しらしく、まさにオルギエルドの人生を表す言葉です。 突然、ゲラルトが文学的なことを言い出したので印象に残っていた言葉です。 一人の男の人生がねじれて取り返しのつかないものになってしまいながらも、新しい一歩を踏み出していく。 石のように冷たく動かない心は解放され、悲しい過去を悲しいと感じられるようになった一人の男が人生の再出発を決意する。 「無常なる心 HEARTS of STONE」はトゥルーエンドの後味が最高な物語でした。 ウィッチャー3を買ったなら絶対やるべき物語です。 最後に HEARTS of STONEのタイトルが出るシーンは「あぁ、一つの物語が完結したんだ……。 」という感慨に浸れます。 「血塗られた美酒 BLOOD and WINE」の感想・評価 血塗られた美酒はトゥサンという場所を舞台とした物語で、はじめは盗賊たちから村を守るクエストからスタートします。 最初よくわからないまま、ただのサイドクエストの一つだろうと安請け合いしてしまったら思いのほか盗賊が強くて一度クエストを受ける前までロードしなおしてしまいました。 血塗られた美酒の推奨レベルは32以上なので、その時20レベルくらいだったゲラルトは盗賊たちになすすべなくなぶり殺しにあいました。 盗賊の数が10人以上と多い上にレベルが30くらいなので、多勢に無勢に力量不足で敗北します。 もし、血塗られた美酒をはじめるなら推奨レベルまで上げてからスタートしましょう。 物語に出てくる敵モンスターたちもかなり強敵ぞろいなので、なめてかかると何度も死を味わいます。 「血塗られた美酒 BLOOD and WINE」はトゥサンで起きている謎の怪物による殺人事件の謎を追うという物語。 殺人事件を追っていくうちに裏で暗躍している存在、殺人事件の真相、国家の危機と次々に話が大きくなっていきます。 ただの怪物による殺人事件が徐々に国家にとって大きな問題へと展開していくのはプレイしていて「次はどうなるんだ?」とワクワクさせられます。 静かに物語がはじまり、最後のほうには盛大な物語が繰り広げられる様はまさに映画のようです。 トゥサンと言う場所は美しい景観が広がっており、スイッチ版のウィッチャー3でもトゥサンの美しさを楽しみながら旅ができます。 騎士たちも金ぴかでかっこいいですし、街並みもメインストーリーの陰気な町や村とは比べ物にならないくらいに文明的です。 血塗られた美酒では、ゲラルトのステータスを高める変異の研究や伝説級のウィッチャー装備、自宅の所有などの追加要素があり、メインストーリーをクリアする前に進めておくとゲーム進行がかなり楽になります。 血塗られた美酒での敵は吸血鬼種が多くてかなり強い。 オイルを塗ったり罠をはったりとごり押し戦法だと難易度を一番低くしていても簡単にやられかねません。 吸血鬼は透明になり接近してきて竜虎乱舞のごときラッシュでなぶり殺しに来ます(笑) メインストーリーでは特に出会うことのない上級吸血鬼と出会うことになりますが、これがめっちゃ強い! ウィッチャーの世界における上級吸血鬼とはどんな存在なのか、物語と戦いを通して理解できます。 ウィッチャーの世界観がどれほど作りこまれたものかを実感できますし、本筋の物語も面白い。 美しい騎士道精神のうらに悲しい物語が隠れている。 「無常なる心 HEARTS of STONE」がある男の物語だとしたら、「血塗られた美酒 BLOOD and WINE」はある女の物語です。 一本の映画のような物語の展開にワクワクさせられっぱなしでした。 この物語にはハッピーエンドとバッドエンドがあるのですが、ハッピーエンドの判定がかなり厳しい。 ひとつでも取りこぼすとバッドエンド一直線です。 どうでもいいような選択肢の一つが物語の展開に大きくかかわるので、ハッピーエンドを目指すなら攻略サイトを参考にしたほうが確実です。 バッドエンドも後味は悪くとも一つの物語として完成されています。 悲しみに暮れる人々を見て、プレイヤーとして「どこで選択を誤ったのだろうか?あの時からやり直せれば」なんて考えてしまいます。 最後、ゲラルトが友人とともに酒を酌み交わすシーンは何とも言えない寂しさ、とやるせなさを感じられることでしょう。 (バッドエンドの場合) 「血塗られた美酒 BLOOD and WINE」もまた、クリアしたとき面白い小説や映画を楽しんだ後のような心地よさを感じられるストーリーでした。 ウィッチャー3ワイルドハントの感想と評価 メインストーリーをクリアする前に2つのDLCをクリアしたのですが、メインストーリーよりもDLCのほうが物語の質は上だったと感じます。 ワイルドハントって最初は骸骨の兜をかぶった謎の軍団なのですが、中身はただのハゲだったり、ロボコップの中の人みたいな顔のおっさんだったりと正直がっかりしました。 途中でケイア・モルヘンを舞台に今まであった人たちを味方に引き込んでワイルドハントとの総力戦になるのですが、最後のほうではワイルドハントの強者を各個撃破することに。 各個撃破できるなら最初からそうしてればいいのでは?と思いましたが、時空を移動するのは大変ですししょうがないよねって感じでしょうか。 メインストーリーにも2つのハッピーエンドと一つのバッドエンドがあり、私が初めに見たのはシリがウィッチャーになるエンドでした。 シリがニルフガード帝国の女帝になるエンドもあるのですが、その場合はラドヴィッドとかいうハゲの王様を暗殺しなくてはいけないなどストーリーを進める前にやるべきサイドクエストがあります。 あんなに北方は劣勢だったというのにラドヴィッドが生きていることによって逆にニルフガードが追い詰められることになります。 えらそうにゲラルトに命令していた皇帝エルヒムも劣勢になったことで立場が悪くなるのはエンディングでちょっとだけ触れられます。 個人的にはやはりDLCの2つの物語のほうが重厚だったように感じます。 めちゃくちゃ面白かったし、クリアしたときの感慨深さはメインストーリーよりも上です。 ウィッチャーとしてのゲラルトの物語の終わりは達成感と共に寂しさを感じることでしょう。 ですが、ウィッチャー3は2週目も面白いですし、小説もあるのでまだまだウィッチャーの世界を楽しむ方法はあります。 ただ、ウィッチャー3は3週目が無いようです。 2週目は1周目のレベルやアイテムなどを引き継いでプレイできるのですが、2週目のクリアデータを引き継いで3週目に突入することは出来ないらしい。 ウィッチャー3の物語はシリがウィッチャーになるエンドと女帝エンドの二つなので2週もすれば十分なので3週目に引き継げないのかもしれません。 それにウィッチャー3はレベルアップがクエストだよりなので物語重視のクエストをまた、いちから進めるのは骨がおれます。 2週目で敵が強くなっていても、倒したときの経験値は微々たるものなので1周目以上にむやみに戦わなくなることでしょう。 2週目では1周目のときに理解できなかったことが理解できるようになっていたり、違った選択肢を試してみたりとできるので2週目も楽しめます。 ウィッチャー3nintendo switch版の不満点 switch版のウィッチャー3にたいして、画像が荒いとか、カクつくという部分に不満をもつ人もいるかもしれません。 ですが、はじめてウィッチャー3をプレイする人には携帯モードでプレイできるオープンワールドゲーム「ウィッチャー3」はおすすめできるゲームです。 いつでもどこでも、どんな体制でもウィッチャー3を遊べるnintendo switch版は、ウィッチャーというゲームを始めて触る人にこそおすすめです。 ただ、ひとつ大きな不満点があるのも事実。 それは、 強制終了が発生すること。 nintendo switch版のウィッチャー3は起動しっぱなしだと強制終了する確率が高いような気がします。 100時間のプレイの中で10回くらいは強制終了にあっています。 ただ、こまめに自動セーブしてくれるので「糞!あんなに進めたのに全部パーだ!」なんてことはありませんでした。 後はゲラルトが死んだときのロード時間が1分以上かかるという点。 マップの移動にはそれほどロード時間がかからないのですが、敵にやられてリスタートする際のロードは妙に長く感じました。 後は、たまにアイテムの選択画面やロード画面が黄緑色に染まってしまうバグ?読み込みエラー?が起こることがあります。 [switch版]ウィッチャー3は人を選ぶゲーム ゼルダの伝説Botwみたいなオープンワールドゲームを期待してプレイすると世界観の暗さと人々の陰鬱さ、残酷さに辟易するかもしれません。 ウィッチャー3はアクション重視のオープンワールドゲームではなく、物語重視のオープンワールドゲームです。 ゼルダのように世界を気ままに旅しながら、気になったところを探索したりという気軽な感じのゲームではなく、様々な人々の欲望と残忍さが渦巻く戦乱の世をウィッチャーとして生き抜くゲーム。 面白さの方向性が違うのでゼルダの伝説Botwみたいなオープンワールドを望んでいると「なんか違う!」ってなります。 私も最初の3日間くらいは買ったことを後悔しましたし、さっさと売ろうと考えていました。 ですが、物語を進めていくうちにウィッチャーの世界観に魅せられ、いつの間にか自分がウィッチャーになったような気分でゲームをプレイしていました。 プレイヤーの選択しだいで多くの人の血を流す残虐なウィッチャーとしてプレイできますし、酒をおごって一滴も血を流さずにその場をおさめたりもできます。 選択によって物語は大きく変わり、登場する人々の人生が大きく左右されるのを目の当たりにすることになるでしょう。 「どんな選択が良かったのだろうか?ああしていればもっと良い結末になったのでは?」 なんて、ゲームを遊ぶ側に考えさせるのだから、ウィッチャー3がたくさんの人をとりこにするのもうなずけます。 物語の初めのほうの光景が首つり死体がぶら下がる木なのですから、遊ぶ人を選ぶゲームなのは仕方ありません。 総評として[switch版]ウィッチャー3は最高に面白いゲームでした。 特にDLCの「無常なる心 HEARTS of STONE」と「血塗られた美酒 BLOOD and WINE」はプレイして損はありません。 どちらの物語もクリアしたとき、名作映画を見終わったときのような充実した気持ちを味わえます。 switch版のウィッチャー3はこれらの重厚な物語が、初めから同梱した状態なのでお得なゲームだといえるでしょう。 データで買うよりもスイッチ版のウィッチャー3は現物を買ったほうがお得です。 なぜなら、ゲームの舞台を描いた雰囲気ばっちりの地図がついているから! ゲームをクリアした後に地図を開いてみると、今まで歩んできたストーリーが蘇ります。 nintendo switch版ウィッチャー3。 ぜひプレイしてほしいおすすめのゲームです。

次の

ウィッチャー3の最初の街「ホワイトオーチャード」の攻略法│「鞍袋」を優先して購入すると良いよ | ゲーム王国、全国対応ゲーム買取

ウィッチャー 3 switch 攻略

プレイスタイル 項目 概要 初心者向けのページです。 難易度、レベル上げ、オイル・霊薬・爆薬、印、装備品などの基本事項、また強い育成方法・装備品の実例についてわかりやすく御説明させて頂いています。 、、の各メインストーリーにおけるエンディング分岐について、判定条件を整理しているページです。 初回プレイ時はご覧にならないことをお勧めします。 資金繰りが非常に苦しいゲーム序盤の立ち回り、各エリアの鍛冶屋の取引価格の比較、終盤の荒稼ぎ方法といったに関するテクニックをまとめています。 宝箱や敵NPC所持品から入手する装備品について、性能の取捨選択 厳選 方法について徹底解説いたします 1周目のゲームデータを引き継いでプレイできるについて、概要、何が引き継がれるか、1周目に何をしておくべきかについて徹底解説しています。 狼流派の優秀なウィッチャーであるゲラルトは、夜も狼流派です。 ダンディーで腕っぷしも強く、大変モテます。 本作ウィッチャー3においても、数多くのロマンスが発生してしまいます。 ウィッチャー3には合計78個のトロフィーがあります。 クエストのクリアや進行方法、またプレイスタイルなどの様々な条件によりこれらのトロフィーを獲得できます。 トロフィー獲得条件や難易度などの攻略情報を網羅しているページです。 項目 概要 ウィッチャー3の原作小説の長編第1巻です。 シリのケィア・モルヘンでの戦闘訓練や、イェネファーとの魔術訓練が描かれています。 ウィッチャー3の原作小説の長編第2巻です。 全体ストーリーの中で非常に重大な出来事である「サネッド事件」について描かれています。 ウィッチャー3の原作小説の長編第3巻です。 ウィッチャー3にも登場する強力な「親友」たちとゲラルトの出会いや冒険、また、女魔術師会の結成について描かれています。 ウィッチャー3の原作小説の長編第4巻です。 貴種であるシリを捕えようとする数々の追手から逃れる、シリの大冒険が描かれています。 ウィッチャー3の原作小説の長編第5巻です。 邪悪な魔術師ヴィルゲフォルツとの決戦、ゲラルトやイェネファーの最後について描かれます。 日本語版は2019年7月に初版発行されました。 マップ・エリア情報 項目 概要 エリアのマップと、力の場の位置情報、クエスト一覧をまとめているページです。 報酬経験値も網羅しています。 エリアのマップと、力の場の位置情報、クエスト一覧をまとめているページです。 報酬経験値も網羅しています。 ポンター川に浮かぶ学術都市について、拡大詳細マップと、ロケーション、関連クエスト、主要NPCといった攻略情報をまとめているページです。 エリアのマップと、力の場の位置情報、クエスト一覧をまとめているページです。 報酬経験値も網羅しています。 エリアにある市街地「自由都市ノヴィグラド」について拡大詳細マップと、市内各エリア、主要施設、主要人物の居場所といった攻略情報をまとめているページです。 エリアの東部一帯であるガストフィールズについて拡大詳細マップと、ロケーション、関連クエストといった攻略情報をまとめているページです。 エリアのマップと、力の場の位置情報、クエスト一覧をまとめているページです。 報酬経験値も網羅しています。 スケリッジエリアの、、、、、、、、の全ての地点 合計136か所 についてまとめているページです。 スケリッジ諸島中央の大きな島について、拡大詳細マップと、ロケーション、関連クエスト、主要NPCといった攻略情報をまとめているページです。 エリアのマップと、力の場の位置情報、クエスト一覧をまとめているページです。 報酬経験値も網羅しています。 エリアのマップと、力の場の位置情報をまとめているページです。 トゥサン公爵領の首都である周辺について、拡大詳細マップと、ロケーション、関連クエスト、主要NPCといった攻略情報をまとめているページです。 トゥサンの首都の中心的な広場である周辺について、拡大詳細マップと、ロケーション、関連クエスト、主要NPCといった攻略情報をまとめているページです。 材料アイテム 項目 概要 ゲーム内メニューの所持品欄にて、「製作」のカテゴリーに登録される材料アイテム137種類全てについてまとめているページです。 ゲーム内メニューの所持品欄にて、「錬金術」のカテゴリーに登録される材料アイテム179種類全てについてまとめているページです。 ゲーム内メニューの所持品欄にて、「その他」のカテゴリーに登録されるがらくたアイテム166種類全てについてまとめているページです。 大百科 項目 概要 大百科のに登録される怪物123件全てについて、種別ごとに分類し、効果的な手段と、各怪物の詳細ページへのリンクをまとめているページです。 アビリティ 項目 概要 戦技系アビリティ25種類について効果をまとめているページです。 印系アビリティ25種類について効果をまとめているページです。 錬金術系アビリティ25種類について効果をまとめているページです。 全般系アビリティ20種類について効果をまとめているページです。 変異系アビリティ12種類について効果や必要となる材料などをまとめているページです。 錬金術 項目 概要 錬金術で作成可能なオイル12種類全てについての有効な怪物の例と、それぞれのオイルの詳細ページへのリンクをまとめている一覧表です。 錬金術で作成可能な霊薬13種類全てについての効能と、それぞれの霊薬の詳細ページへのリンクをまとめている一覧表です。 錬金術で作成可能な変異抽出液28種類全てについての効能と、それぞれの変異抽出液の詳細ページへのリンクをまとめている一覧表です。 錬金術で作成可能な爆薬8種類全てについての効能と、それぞれの爆薬の詳細ページへのリンクをまとめている一覧表です。 装備品 項目 概要 について、特長や特殊能力値、セットボーナス、各部位の性能および製作材料をまとめています。 について、特長や特殊能力値、セットボーナス、各部位の性能および製作材料をまとめています。 について、特長や特殊能力値、セットボーナス、各部位の性能および製作材料をまとめています。 について、特長や特殊能力値、セットボーナス、各部位の性能および製作材料をまとめています。 について、特長や特殊能力値、セットボーナス、各部位の性能および製作材料をまとめています。 敵NPCとの戦利品、宝箱、クエスト報酬などから入手可能な、優秀で強力なレリッククラスの銀の剣を一覧表にまとめています 敵NPCとの戦利品、宝箱、クエスト報酬などから入手可能な、優秀で強力なレリッククラスの鋼の剣を一覧表にまとめています メインストーリー 項目 概要 ウィッチャー3本編の全てのメインクエスト、および、 メインクエストに関連するについて、基本的なプレイ順序に沿ってまとめているページです。 その他のクエスト 項目 概要 本編およびDLCでプレイできるです。 本編およびDLCでプレイできるです。 本編およびDLCでプレイできるです。 項目 概要 ウィッチャー3の大型DLC第1弾「」のトップページです。 概要やクエストをまとめています。 項目 概要 ウィッチャー3の大型DLC第2弾「」のトップページです。 概要やクエストをまとめています。 その他のDLC 項目 概要 無料DLCでプレイ可能な「」の攻略ページです。 無料DLCでプレイ可能な「」の攻略ページです。 無料DLCでプレイ可能な依頼クエスト「」の攻略ページです。 無料DLCでプレイ可能な依頼クエスト「」の攻略ページです。 グウェント 項目 概要 「」のページです。 このクエストは本編のグウェントを全種類収集することでクリアが可能なクエストです。 このページでは、全種類を効率よく収集するための情報を網羅しています。 各エリアには数多くのグウェント対戦が可能なNPCが居ます。 グウェントカードを収集するためには、彼らに勝利してグウェントカードを奪取することが不可欠です。 このページではグウェント対戦可能な全NPCを一覧化しています。 このページでは中立のグウェントカード 全22種類を画像付きで一覧化しています。 中立のカードは、5種類のデッキ全てに盛り込むことが可能です。 カードの入手方法も網羅しています。 このページでは北方諸国のグウェントカード 全30種類を画像付きで一覧化しています。 北方諸国のカードは、北方諸国デッキの構成に不可欠です。 カードの入手方法も網羅しています。 このページではニルフガード帝国のグウェントカード 全34種類を画像付きで一覧化しています。 ニルフガード帝国のカードは、ニルフガード帝国デッキの構成に不可欠です。 カードの入手方法も網羅しています。 このページではスコイア=テルのグウェントカード 全28種類を画像付きで一覧化しています。 スコイア=テルのカードは、スコイア=テルデッキの構成に不可欠です。 カードの入手方法も網羅しています。 このページではワイルドハントのグウェントカード 全40種類を画像付きで一覧化しています。 ワイルドハントのカードは、ワイルドハントの構成に不可欠です。 カードの入手方法も網羅しています。 このページではスケリッジのグウェントカード 全26種類を画像付きで一覧化しています。 スケリッジのカードは、スケリッジデッキの構成に不可欠です。 カードの入手方法も網羅しています。

次の