手越祐也コロナ。 コロナ飲みを経費に⁉ NEWS手越祐也への反感増幅で『イッテQ』に居場所なし|日刊サイゾー

手越祐也「話すほど自我が見えた」会見の違和感

手越祐也コロナ

「NEWSポストセブン」は26日、 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて政府が外出自粛を呼び掛けている最中の3月下旬に、安倍晋三首相夫人の 昭恵氏が花見に興じる模様を報じた。 その様子を収めた写真には、モデルの藤井リナやNEWSの手越祐也ら芸能関係者の姿もみられる。 「週刊ポスト」(小学館/3月30日発売号)で詳細が報じられる。 「なんでも、その花見の出席者のなかには、反社会的勢力との関係が噂される人物もいたといいます。 1月以降、政府が新型コロナ対応に追われて不要不急の外出自粛を求めるなかでも、多くの人が集まるパーティーなどで酔っぱらう昭恵さんの姿も目撃されていますが、まったく反省できいない様子です」(昭恵氏を知る人物) 昭恵氏と交流のある起業家は次のように話す。 「コロナによる自粛に継ぐ自粛で、意気消沈している芸能関係者や友人を元気づけたいという意向があり、出席したと聞いています。 分け隔てしないで人と付き合う昭恵さんらしい行動なのですが、だったらその旨を違うかたちで、もっと多くの人に表明できなかったのでしょうか。 いつもの仲の良い面子で集まるだけでは誤解を招くだけです」 首都・東京の都市封鎖の可能性も高まっているなかで昭恵氏が花見に興じていたことについて、与党関係者は語る。 「普段なら官邸あたりが情報漏洩の犯人探しに奔走するかもしれませんが、今はそれどころじゃないでしょうし、我々もそんなに暇じゃない。 野党がまた桜を見る会の件を持ち出してくるかもしれませんが、今はそれどころではないのです。 (昭恵夫人は)私人としての行動だと思いますが、しっかり自重していただきたい」 ところが実態はそうでもないらしい。 「首相官邸に近い警察幹部から、『昭恵さんの写真をポストに売った人間が割れたら、すぐに教えろ』と言われました。 仮に知っていても、我々が話すわけはないですが。 例えジョークであっても、異様に感じました。 官邸は相当神経質になっているんじゃないですか」(新聞社社会部記者) 昭恵夫人の写真を流した人物が特定されれば、官邸や警察はいったい何をする気なのだろうか。 政府にはそれ以外にやることが山積しているはずだ。 (文=編集部).

次の

手越祐也、コロナ中に女遊びで処罰を受けるも“大したことないでしょ”

手越祐也コロナ

無期限の芸能活動休止処分を受け、ジャニーズ事務所からの退所&独立も噂されているNEWS・手越祐也さん(てごし・ゆうや 32歳)が、騒動の裏側でトンデモ発言をしていたと『東京スポーツ』(東スポ)が報じています。 手越祐也さんは3月~5月にかけて、ジャニーズ事務所もステイホームを強く呼び掛けていた中でも不要不急の外出を続け、東京・六本木や銀座などに繰り出して複数の女性らと酒盛りし、その現場を『週刊文春』など複数の週刊誌にキャッチされ、証拠写真も公開されたことで大騒動に発展しました。 これらの報道を受けてジャニーズ事務所は26日に芸能活動休止処分を発表、引き続き反省を促していくとしているのですが、この発表の翌日には『スポーツニッポン』(スポニチ)が手越祐也さんが退所意向を固めたと報道、今後独立して 「実業家になりたい」などと話していることを伝えています。 そうした中で東スポは新たに、手越祐也さんがジャニーズ事務所側の忠告に対して強く反発し、 「コロナなんて大したことない」「俺はもう抗体持ってる」などと豪語して夜遊びを継続していたことを伝えています。 記事では手越祐也さんの知人男性が、コロナ禍にも夜遊びを続けていた理由について、 「 手越は『コロナなんて大したことない』と豪語し、世間の自粛ムードをバカにしながら『それより経済を回した方がいい』などと言っていた。 騒いで遊びたい気持ちはもちろんあったのでしょうが…」と明かしています。 さらに、 「 手越は『俺はもうコロナの抗体があるから大丈夫!』などと危ないことを言いながら飲み歩いていた。 でも、抗体があるってことは以前にコロナに感染していたって言ってるようなもの。 まあ酔った勢いの発言だけに適当なことを言っているだけかもしれませんけど」と語っています。 また、芸能プロダクション関係者は、 「 手越はジャニーズ幹部から事情聴取された際、『行きつけの店が開いていたから行った。 閉まっていたら行ってない』と言い放ったそうだ。 幹部はあきれていたが、手越はキリッとした表情で前を見据えていたらしい」と語り、こうした信念のもと手越祐也さんは忠告を無視、夜遊びを続けていたようです。 この他にも、昨年6月にジャニー喜多川前社長が倒れて入院し、所属タレントたちは病院に見舞いに訪れたり、派手な行動を自重するなどしていたものの、手越祐也さんだけは違ったといい、 「ジャニーさんが亡くなる数日前に行われた知人男性のお祝い会に顔を出した。 実はその男性は元反社(反社=反社会的勢力)の人。 男性側が気を使い『マスコミに撮られたらヤバイから来ないでいい』と連絡したが、当の手越は『なんで?行くって約束したじゃん』と気にも留めなかった」というエピソードを事情を知る関係者が明かしています。 東スポはこのように手越祐也さんのトンデモ言動の数々を伝えているのですが、これに対してネット上では、• 救いようがない• これガチならド屑すぎるやろ• これが真実なら、呆れるわwwwもう無理でしょwww• ある意味、TVもプライベートも裏表ない奴ってわかるな。 バカなんだな。 外面は良くても中身が空っぽはさすがに30過ぎはかなりイタい。 自分が目にするものだけが正しいと思い、規律とか秩序とかそんなの関係ないと思い込む性格なようだ。 あかん、そんなタイプの人がなんの一般常識も持たずに社会に野放しになったら、そこを漬け込んでくる人が集まってくるかもしれない。 後ろ盾がなくなったあとの現実をまだ知らないんだろうな• 経済を早く回したいから、足並み揃えてなるべく短期間で収束出来る様にみんな頑張ってたんだけどな。 見通しが出来ないんだろうな。 これだけ次から次へと色々出てくると、全てを鵜呑みにするのもどうかとは思いますが、もしこれが全て事実なら、32歳にもなってただのアホだと思います。 自分の都合の悪い時は会社に守ってもらって、いざとなったら自己主張して言う事を聞かないなんて、普通の会社なら懲戒解雇ですよ。 実業家になるとか言ってましたけど、社会の仕組みもわからないような人が実業家とは呆れるばかりです。 手越はジャニーズでありながらジャニーズっぽくないっていうのを自分でウリにしてたところあるよね。 それはそれでキャラとしては良かった! でも、ここ数年の彼はジャニーズっぽくないジャニーズというより、ジャニーズの考え方自体を否定していたように感じてた。 ジャニーズの人とはご飯行かないし、先輩後輩関係もあまり聞かなかったし。 去年までNEWSのファンクラブ入っていました。 NEWSとNEWSの作品のファンだったから、たくさん楽しませてもらいました。 でもだからこそ、今回のこと本当に残念です。 などの声が上がっています。 あくまで東スポのみが報じていることなので、話半分に聞いていた方がいいかと思いますが、事務所側から何度も注意を受けながら聞き入れず、遊び歩いていたのは事実で、 「コロナなんて大したことない」「俺はもうコロナの抗体があるから大丈夫」などと語っていたのかは不明ながら、自分だけは大丈夫だろうという根拠のない自信を持っていたとみられます。 もし自身が新型コロナウイルスに感染し、周囲にも感染が広まってしまったらどうしようと思っていたのか、ジャニーズ事務所にも大きな迷惑、損害を与えるということを考えていなかったのか、自分は何をしても許されるというおごりがあったのかは分かりませんが、『フライデー』は手越さんが周囲に 「メディアに顔が利くから大丈夫。 オレは撮られない」などと豪語していたとも伝えており、これまでの特別待遇によって色々と勘違いしてしまったのかもしれません。 しかし、周囲にはキナ臭い人物も複数いるとの話もあり、このままだと大きなトラブルに巻き込まれる可能性も十分あるとみられていて、数年後には逮捕されるような事件を起こすんじゃないかと心配の声もありますが、これ以上ファンを失望させるような行動は慎むようにようにしてほしいですね…。

次の

手越祐也が週刊文春に真相激白。ジャニーズ事務所退所と独立、夜遊び報道の裏側語る。タッキーと不仲やコロナ抗体にも言及

手越祐也コロナ

事務所は手越に話を聞き、《女性を伴う外出の事実を認めました》といったようなコメントを出し、記事の内容がほぼ事実であることを認めたうえで、コロナ禍で奮闘する医療従事者などの支援ために発足させた支援活動『Smile Up! Project』の一環としてはじまった今回のプロジェクトのメンバーから外れると発表。 手越はぺナルティーを受けたかたちだ。 この発表を受けて、世間ではさまざまな意見が飛び交っている。 なかには、 《今までゆるすぎた。 これが世間の常識》 《ジャニーズはいい意味で変わった》 と事務所の判断を歓迎する意見が多くみられる。 手越さんの行動には目に余るものがありまして、特に近年は,未成年との飲酒報道が流れたり、金塊強奪犯との関係が取り沙汰されたり、3月にもに安倍昭恵氏とお花見宴会、と単に女性と云々という話ではなく、社会的な問題になりそうな行動が目立ちます。 特に滝沢さんが副社長となり、不祥事を犯したJr. をことごとく処分するようになったので余計にですね」(スポーツ紙記者) たしかに、後輩たちだけ処分を下し、手越だけに甘かったら示しがつかないうえに、事務所の結束も緩み、求心力も落ちてしまうだろう。 5月20日にも、メンバーの増田貴久と出演するはずだったラジオ番組『テゴマスのらじお』(MBSラジオ)を突如欠席している。 それに対し、当の手越はどう感じているのだろうか。 「本人も処分自体には納得していると聞きました。 そして滝沢さんが思っていたより厳しいということがわかり、今までのようにはいかないだろうとは感じているようです。 「 居心地が悪くなったのは間違いないです。 となれば退所も考えられます。 ここ数年、事務所もタレントの流出を止められなくなっているという背景もありますし、確かにその噂も出ています。 今、事務所内では、NEWSというグループの中心かつ、 『世界の果てまでイッテQ! しかし、手越はアーティストや役者というタイプではなくやはり生粋のアイドルタイプですから、独立して自分で道を切り開いていけるかどうか疑問です。 バラエティー番組のキャスティングにはやはり、事務所の力関係もありますからね」(同前) 手越をきっかけにジャニーズ事務所がさらに変貌することになるのか、目が離せない。 現在も週刊誌などで取材活動を続けており、テレビ・ラジオ番組などでコメンテーターとしても活躍中。

次の