セイウチ。 セイウチは危険な生物?生態や特徴は?

セイウチと会える水族館|WEB水族館

セイウチ

セイウチとは、の一種である。 概要 鰭脚類セイウチ科セイウチ属に属する。 圏の沿地帯および氷縁部に生息している。 体長は約3m、体重は最大で1tをえる。 メスはオスよりも全体的に小柄。 最大で1mにも達する 巨大な牙がで、この牙は戦いに用いる他、で獲物を掘り起こしたり、陸に上がる際の支えとしても使われる。 圏の生態系の頂点近くに位置するで、最大の食と名高いあの()でさえセイウチには滅多に手を出さないといわれる。 に 旋毛 を含むためイットさえたてを食べることはせず、2週間ほど冷凍 と言うか屋外に放置 してを死滅させてから食べるという。 セイウチをモチーフとした架空のキャラクター• セイウチン() 出身のセイウチ人。 () の魔によって人にしたセイウチ。 歳のせいかすこうろく気味。 (妖ゴラス)。 姿はセイウチに似ているが、という設定。 ス() に登場したの上位種。 () の。 セイウチをとした。 () に登場する画。 いつもおをかせている。 関連動画 関連商品 関連項目• オットセイ•

次の

5分でわかるセイウチの生態!あの牙は何に使う?人を襲うのか性格なども紹介

セイウチ

セイウチの暮らし セイウチは社会的な動物で、氷山や海岸、浮氷にオスとメス、子どもからなる数百匹にもなる大規模な群れを形成し、海では10匹以下の小さな群れを形成し生活しています。 若いオスはオス同士で集まることが多いです。 セイウチは、鰭脚類では珍しく、二枚貝や甲殻類、動きの遅い魚を食べます。 100m以上に25分間潜り、主食の貝などを口の周りの堅いひげを感覚器官として使い、海水を口から吐き出して獲物を掘り出します。 歯を使うというより、口と舌で吸い込んで餌を食べます。 セイウチの皮膚は活動にともなって色が変化します。 通常は灰色がかった褐色だが、日光浴の時にはレンガ色に変化します。 冷たい水中では青っぽくなります。 それは体温を保つために、体表の血管の血流量を変化させているからです。 セイウチの繁殖、出産、子育て セイウチのオスは繁殖のため、メスをめぐり自慢の牙を使って戦います。 刺し傷を負うことがありますが、死ぬことはほとんどありません。 戦いに勝った者が、多くのメスを所有するハーレムを形成でき、多くのメスと繁殖することができます。 セイウチは非常に繁殖率の低い動物で、繁殖に参加するのにメスで10年、オスで15年を要します。 交尾は1月から3月に行われ、妊娠期間は1年以上におよびます。 生まれた子どもは体長1. 2m、体重75kgほどです。 出産は最短で2年おきで、子どもは6ヶ月間授乳し、約2年間母親と行動をともにし、泳ぎ方や狩りの仕方を学びます。 セイウチのメスは面倒見がとてもよく、孤児になった他の子どもを養子として育てることもあります。

次の

アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチの違い!

セイウチ

もくじ• アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチの違い! アザラシ 分類 アザラシはアザラシ科アザラシ亜科に属します。 体重 アザラシと言えば動物園でもよく飼育されているゴマフアザラシを思い浮かべる方もいるでしょう。 ゴマフアザラシは体重~100kg強程度なので、アザラシは小さいと思いがちですが、巨大になる種類もいます。 例えばミナミゾウアザラシのオスは、体重2000キロを軽くオーバーする事もしばしばなんです。 生息域 北極圏から南極まで幅広く生息しています。 見た目や特徴の比較 アザラシは他に挙げた4種と違って歩くことが出来ません。 当然起き上がることが出来ず、べたっと寝そべっていて、前足だけで滑ったり転がったりして移動します。 地上ではこんな感じですが、海中ではこの後ろ足で巧みに泳ぐことが出来ます。 後ろ足は海で泳ぐために発達していったのです。 耳たぶはありません。 アシカ科、セイウチと比較• 前足にかぎ爪がある• 歩けない• オットセイと比較• 毛がごわごわ オットセイ スポンサーリンク 分類 オットセイはアシカ科オットセイ亜科に属し、キタオットセイ属とミナミオットセイ属がいます。 体重 キタオットセイの体重はメスが50kg程度、オスが250kg前後ほどです。 生息域 生息域はキタオットセイが北太平洋、ミナミオットセイ属がアフリカとオーストラリアの南岸です。 見た目や特徴の比較 アシカと比較• 毛がふさふさしている• 顔が丸みを帯びている• 耳たぶが大きい• 後ろ足先がそろっている アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない• 毛がふさふさ アシカ 分類 アシカはアシカ科アシカ亜科に属します。 体重 カリフォルニアアシカの体重はメスが100kg前後、オスが300kg前後です。 生息域 カリフォルニアアシカ、ガラパゴスアシカ、ニホンアシカ(絶滅したとされている)、オーストラリアアシカ、ニュージーランドアシカがいます。 名前が示すとおり幅広い地域に生息しています。 見た目や特徴の比較 オットセイと比較• 毛が短くてつるりとしている• 顔はすこしとがっている• 耳たぶが小さい• 後ろ足先が不揃い アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない トド スポンサーリンク 分類 トドはアシカ科トド属に属します。 体重 体重はメスが約300kg、オスが1000kgとアシカ科のなかでは最大級の大きさを誇ります。 生息域 生息地は北太平洋、オホーツク海、日本海の一部海域などで、他のアシカ科と比べると北に寄っています。 見た目や特徴の比較 耳たぶがあります。 他のアシカ科と比較• 圧倒的に大きい アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない セイウチ 分類 セイウチはセイウチ科セイウチ属に属します。 体重 メスは体重300kg前後、オスはなんと1,000kg前後の巨大な体を持ちます。 生息域 生息域は北極圏です。 見た目や特徴の比較 大人になるとオスメス共に巨大な牙をはやします。 この牙は生涯にわたって伸び続けるので大きな牙を持っているほど強く、年を取った個体となります。 耳たぶはありません。 また、体毛はその巨体に比べてごく短く、つるつるとした見た目になっています。 アザラシと比較• 前足にかぎ爪はない 他4種と比較• 圧倒的な大きさ• 牙がある• 髭がもじゃもじゃ まとめると・・・ スポンサーリンク• アザラシは後ろ足を、アシカ科は前足を使って泳ぐ• 一般的なアザラシ<オットセイ<=アシカ<トド<セイウチ• アシカとトド、セイウチは見た目がツルツル、アザラシとオットセイはふさふさ• 耳たぶがあるのはアシカ科、アザラシとセイウチにはない• アザラシは前足に爪がある。 他の4種はない。 牙が大きくよく見えるのはセイウチ 英語では何ていうの?• アザラシ・・・seal• オットセイ・・・fur seal(フサフサのアザラシ)• アシカ・・・sea lion(海のライオン)• セイウチ・・・walrus 猫に似ている・・・? アザラシ、オットセイ、アシカ、トド、セイウチ全てがネコ目(食肉目)に属します。 顔をじっくり見てみれば案外猫に似ているかも…? さいごに いかがでしたでしょうか? 似ているから見分けがつきにくいと思いきや、意外と違いが多くありました。 また、違いがわからなくなったらいつでも確かめにきてくださいね!.

次の