アメリカン ドック カロリー。 アメリカンドッグのカロリーや糖質量!ローソン・セブンでは?

アメリカ料理オススメ10選!カロリーは気にしちゃダメ!

アメリカン ドック カロリー

ソーセージを甘い生地で包んで揚げたアメリカンドック。 子どもも大人も大好きな味で、縁日やお祭りの屋台にはかかせません。 このアメリカンドックという名前には、どんな由来があるのでしょうか? 「アメリカン」とつくことから分かるかもしれないけど、アメリカンドックは日本人お得意の和製英語なんだ。 同じようなお菓子はアメリカにもあるけど、アメリカでは小麦粉ではなくコーンミールを使う事から、コーンドックと呼ばれています。 アメリカンドックの由来は単純で、アメリカから伝わったお菓子だから「アメリカン」。 「ドック」は、ホットドックの「ドック」からきています。 どちらもソーセージを使うという共通点があるからのようです。 アメリカンドックは見るからに揚げ物でカロリーが高そうですが・・・ アメリカンドックの栄養バランスとカロリーについて調べてみました。 一般的に売られているアメリカンドックは魚肉ソーセージに串を刺し、小麦粉などで作った 衣をつけて油で揚げたものが多いです。 実はこの魚肉ソーセージには、健康や美容に役立つうれしい栄養がたっぷり含まれているんですよ。 魚肉ソーセージには、実は牛乳の約2倍ものカルシウムが含まれているのだそうです。 そのため、とくに成長期に子どもの丈夫な骨の形成に、魚肉ソーセージは効果的です。 また、低カロリーなのにたんぱく質の豊富な魚肉ソーセージは、ダイエットやメタボ解消にもおすすめです。 いいことだらけですね。 では、この低カロリーな魚肉ソーセージを使ったアメリカンドックのカロリーはどれくらいなのでしょうか?やはりカロリーは高いのでしょうか? コンビニで店員に「アメリカンドック1本ください」と注文すれば、何も言わなくてもソースが付いてくる。 容器をプチっと2つに割れば、ケチャップとマスタードがいい感じに出てくる。 そのまま食べる人も中にはいるが、アメリカンドック+ケチャップ&マスタードは、超王道の方程式といっていいですね。 ところが北海道の一部の地域(主に道東地方)では「フレンチドッグ」と称し、調味料として砂糖をまぶすことも多い。 フレンチドックとアメリカンドックとの違いについては、魚肉ソーセージを使ってフレンチトーストの様に粉砂糖を生地表面に塗すのがフレンチ、豚肉主体のソーセージ(主にフランクフルトソーセージ)を使ってホットドッグの様に主にケチャップを生地表面に塗ったものがアメリカンドックであるという説もあります。 砂糖で味付けするとは・・・これまたカロリーが高くなりそうですね。 コンビニなどで販売されているアメリカンドックを、家庭で手軽に作るアメリカンドッグの作り方、レシピをご紹介します。 小腹が空いた時やお子様のおやつにピッタリです。 ホットケーキミックス150g 卵1個 魚肉ソーセージ(普通のソーセージでもよい) 牛乳140cc 揚げ油(適量) まずはじめにボウルに、ホットケーキミックス・卵・牛乳を入れます。 次に泡だて器でダマにならないように混ぜます。 魚肉ソーセージを切り、爪楊枝に刺します。 コップに生地を入れ、爪楊枝で刺したソーセージを浸けます。 油を熱して、アメリカンドッグを投入します。 きつね色になったら取り出します。 最後にお皿に盛りつけ、ケチャップをかけます。 以上で完了です。 しかし、アメリカンドックは栄養満点だけど、高カロリー。 カロリーを抑えて作る方法はないのかな? 高カロリーのアメリカンドックをカロリーを抑えて作るレシピを紹介します。 ホットケーキミックス200g 牛乳200cc 卵1個 魚肉ソーセージ4本 ケチャップ適量 マスタード適量 作り方 ミックス粉に卵、牛乳を加えてダマのないように混ぜ合わせる。 魚肉ソーセージは半分に切り、割り箸を刺す。 表面にぷつぷつと穴が開いてきたら、魚肉ソーセージをおき、手前からくるくると巻き、とじ目を下にする。 蓋をし、弱火にして約5分、中まで火を通す。 ケチャップ、お好みでマスタードをつけて頂く。 揚げるよりも簡単に作れてカロリーを抑えられる!これならカロリーを気にせず安心して食べれますね。

次の

子供も大人も大好きなアメリカンドック!カロリーはどれくらい?|

アメリカン ドック カロリー

概要 [ ] 日本では、・・・・か水を混合してを作る(家庭においては、簡単に作れるのでホットケーキミックスと卵、牛乳を混合して作ることが多い)。 アメリカンドッグとは日本独自の名称であり、発祥国であるでは(の粉)を原料としたコーンブレッドの生地が使われるため、日本以外のほとんどの国々では「コーンドッグ」 Corn dog と呼ばれている。 アメリカンドッグは、・(販売業態によってはの場合もある)を付けて食べるのが一般的である。 日本ではやなどの、の、のや、などの野外遊技場などの売店、などでよく販売される。 比較的どこでも買えるが扱いはの域を出ず、(等で見られるような)味や原材料、調理法で差別化を図った高級品や専門店がない。 注文してから調理し揚げたてを食べることが出来る店舗は少なく、多くはすら無いこともあり、通常は入荷した既製品を再加熱して保温器に入れ陳列している。 フレンチドッグ [ ] 北海道では「フレンチドッグ」と称し、調味料としてをまぶすことも多い。 フレンチドッグとアメリカンドッグとの違いについては、を使っての様に粉砂糖を生地表面に塗すのがフレンチ、豚肉主体のソーセージ(主に)を使っての様に主にを生地表面に塗ったものがアメリカンであるという説もある [ ]。 更にソーセージを包み込む生地についても、フレンチドッグは主に(これも塩気のある味付けを避けて砂糖を塗す理由の一つ)を使用する点が挙げられる。 ホットケーキ生地のふっくら感の元となる空気の泡は生地の攪拌時に生じ、せずにいると時間経過と共にせっかく取り込んでた空気も抜けてしまう。 前日夜間からの生地の調理前仕込み・作り置きが出来ないので、露店従業員は注文を受けてから、もしくは混雑具合を見計らって適度な頃合で事前に流動状の生地を用意する。 韓国での名称について [ ] カムジャハットグ では「ホットドッグ(핫도그)」をアメリカンドッグの名称としても用いる。 (両者を厳密に呼び分ける方法は長らく存在しなかった) ちなみにカリフォルニア州サンタモニカで1946年に創業したファストフード店 ()があるように、アメリカでも一部の地域でコーンドッグをホットドッグと呼んだ歴史がある。 でも、アメリカ統治下以来、などでホットドッグと称されてコーンドッグが売られていたが、関連性は不明である。 発音 [ ] 標準語規定により平音が濃音化し「ハッドグ」ではなく「ハットグ」と発音する。 歴史 [ ] 1968年の韓国貿易博覧会 においてアメリカ農產物館来場者にや、とともに無料で配布されたことがきっかけとなり、韓国で本来のホットドッグが普及し始め 、1970年代中頃にソーセージに衣をつけてフライにして食す料理が普及した際に同じ名称で広まった。 慢性的なコメ不足と不足の改善のため 、1970年代前半からをはじめとする イモ類や豆類、トウモロコシの増産計画が実施された。 その計画を受けて1975年頃から新聞などが該当する材料を使用した家庭料理の調理法を特集する機会が増加、その中に「ソーセージ入りフライ」があり、名称を「カムジャハットグ(ジャガイモホットドッグ)」として発表された。 また、衣が小麦粉主体のものは単に「ハットグ」と呼ぶようになった。 発表当初は箸で食すことを前提としたが、1976年5月の韓国婦人会主催食生活改善展でを串として活用した調理法が紹介された。 1970年代後半に(現在のCJ)やがホットケーキミックスとドーナツミックスの販売を開始したことで、子供向けのおやつや受験生の夜食としての需要が高まった。 また、1980年代に学校付近での営業や が普及したことで世代によっては的な存在となっていった。 1980年代末に大手メーカーからとして発売され、行楽用のとしても広まっていった。 1990年代末に衣にダイス状のを混ぜた新式の「カムジャハットグ」が登場。 2010年代にはソーセージの代わりにやを入れた「チーズハットグ」がブームとなった。 ブームは日本にも波及した。 ブームがきっかけとなり、一部では旧式のアメリカンドッグを「イェンナルハットグ(昔風ハットグ)」と呼び分けるようになった。 アメリカンドッグに関連する作品 [ ] 映像作品 [ ]• 海外紀行ドキュメンタリー「」第33回「アメリカの (1)」(:) - アメリカンドッグの歴史や考案した店舗の紹介がある。 エピソード [ ]• 参照:(大韓貿易投資振興公社 大韓貿易振興公社発足 1962. 21 )• 毎日経済 1968年9月9日号• 毎日経済 1972年4月13日• 毎日経済 1973年10月4日号• 毎日経済 1975年7月16日号• 京郷新聞 1975年8月5日号• 京郷新聞 1979年7月18日号• 毎日経済 1984年9月26日号• chosun. com 2017年8月1日• 毎日経済 1988年5月13日• 東亜日報 1999年7月1日• 毎日新聞 2018年9月13日• 韓国経済 2017年5月29日 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、・に関連した です。 などしてくださる()。

次の

ジャンボアメリカンドッグ|ローソン公式サイト

アメリカン ドック カロリー

ハンバーガー やっぱり定番なのがハンバーガーです。 日本にあるハンバーガーチェーンはほぼ全てアメリカからの参入ですね。 アメリカバージニア州のFIVE GUYS!まだ日本未進出ですが、とっても美味しいフライです!バーガーも勿論しっかりして食べごたえのある美味しさです。 Five Guys, by , CC そしてカルフォルニア州のIN N OUTです。 ここでは一切冷凍保存せずにいるので、新鮮な素材の味が楽しめます。 IN N OUT, by , CC ニューヨーク発のShake Shackは昨年、東京にも進出しました。 こちらもクオリティーにこだわっていますが、もちもちした柔らかく弾力のあるバーガーです。 紹介したのはほんの一部のチェーンですが、それぞれカナリの高品質ですのでアメリカに旅した際は是非食べ比べてみてください。 Shake Shack, by , CC 2. ステーキ アメリカン料理のレストランに行くと必ずメニューに乗っているのがステーキ!日本のビーフステーキはどちらかというと柔らかいものですが、アメリカンステーキはリブ、サーロインなどが中心で肉っぽさが楽しめるステーキとなっています。 by , CC 味付けはシンプルなものだとブラックペッパーと塩、結構多いのがBBQソースやミックススパイスを使ったこってりした濃い味です。 炭火でグリルしたものが多く、ちょっと歯ごたえのあるアメリカビーフ、オージービーフを使ったものが主流です。 Porterhouse, by , CC 最近は、和牛ビーフも海外に輸出している日本なので、アメリカでも和牛を口にすることができます。 但し、高めの値段設定ですし味付けも和牛にはイマイチなので、アメリカっぽいステーキを頂くと良いでしょう。 by , CC 3. アメリカンピザ ピザにアメリカンとつけたのは、本場ナポリのイタリアのピザとアメリカで食べるピザは大きく違うからです。 通常日本のデリバリーで食べるのはアメリカンピザでドウ生地ですね。 どちらかと言うと分厚い生地でどっさりと重いです。 by , CC そしてピザの具も結構バラエティーに富んでいるのが特徴です。 なんでも盛り沢山に乗せるのがアメリカンピザの特徴です。 チーズもイタリアのピザであれば、モッツアレラチーズやスライスしたパルメジャンチーズですがアメリカンピザはプロセスチーズを使うところが一般的です。 by , CC とにかく野菜たっぷり、お肉かお魚たっぷりな感じが多いのです。 コーン、パイナップル、ベーコンなんかのトッピングはアメリカらしいですね。 もともとイタリア人移民がアメリカにピザを伝えたのですが、何故かアメリカ風アレンジをされているのが特徴です。 by , CC 4. エッグベネディクト 朝食として大人気なのがエッグベネディクトです。 半分にしたイングリッシュマフィンの上に、ハムやチーズ、ポーチドエッグを乗せて食べるのがこの一皿です。 ナイフとフォークで食べるのでポーチドエッグにナイフを入れると半熟の黄身がトロトロでて来ます。 by , CC そこに塩、お好みで胡椒をかけて食べます。 プレートなのでサイドにサラダやベーコン、ベークドポテトが乗ってあるとこともあります。 これは、どのファミレス系レストランにでもあるので朝食またはブランチとして食べてみると良いでしょう。 by , CC 5. ホットドック ハンバーガーと同じように、バーガーではなくてソーセージ!野球などのスポーツ観戦のお供ですね。 だからかニューヨーク、西海岸あたりの野球チーム観戦には持って来いの情報ですが、今回は野球観戦でなくても食べられるホットドックをご紹介。 チーズをのせたもの、玉ねぎをのせたもの、玉ねぎとパプリカをのせたもの、チリソースをのせたものがあります。 Papaya King, by , CC Hot dogs, by , CC あとは西海岸のピンクス!パンからはみ出しそうな位の大きさのホットドックに、タコスに乗せるような具だったり、チリがのせられたり、こちらもチーズをのせたものもあります。 気軽に食べられるので、是非トライしてみてください。 グリルロブスター 結構アメリカ料理の中の魚料理にあるのが、このロブスターのグリル。 大きなロブスターを半分に切り、だいたい二人分で頂きます。 食べ方はバターソースです。 バターを溶かし、オイル状、クリーム状になったところをソースとして付けて頂きます。 by , CC お好みでガーリックが効いたガーリックバターも勿論オーダー可能です。 大抵ロブスターのサイドにはちょっとしたサラダとフレンチフライがセットで付いて来ます。 またロブスターロールもメニューにしているところがあります。 ロブスターの身をサンドにはさみサービスしてくれます。 by , CC 8. チリコンカルネ アメリカは特に沢山の人種が集まって築きあげられた国です。 特に西南部ではヒスパニック系の人種が多く、彼らの料理が今やアメリカンフードとなりました。 カルネはスペイン語で肉、コンは前置詞のwithと同様です。 そして、チリはその名の通りチリ(唐辛子)です。 Chili con carne, by , CC 牛挽肉とキドニービーンズをトマトやチリと煮込む料理となります。 例えば、トルティーヤにつけて食べたり、フレンチフライに乗せてその上からとろけるチーズを乗せたりして頂きます。 少し水分多めに煮ればスープっぽくなり、パンにつけて食べてもとても美味しいです。 by , CC 9. チョコレートブラウニー 実はこのスクエアの形のチョコレートブラウニーはシカゴが発祥と言われています。 ナッツやカカオを詰め込んだチョコレートブラウニーは子供から大人迄大人気のデザートで大抵どこのレストランでもデザートメニューに入っています。 by , CC by , CC お皿でチョコレートブラウニーだけを出されることは少なく、大抵はサイドに生クリームが乗っていたり、バニラアイスクリーム、ミントアイスクリームが添えられています。 クリームやアイスと一緒に食べることで重い甘みのブラウニーもすこし軽やかな食感に変わります。 コーヒーともとってもよく合うのでティータイムにもオーダーしてみても良いかもしれません。 by , CC 10. フライドチキン 小麦粉をまぶして揚げたのがフライドチキンですが、実はアフリカ人のソウルフードと呼ばれています。 小麦粉には、ブラックペッパーだけでなくその他のスパイスも混ぜられ鶏肉にまぶして揚げられています。 街にもよりますが、結構フライドチキンだけを売っている小さなテイクアウェイのお店も存在しています。 Smorgasburg Fried Chicken, by , CC redhead fried chicken, by , CC サイドは勿論フレンチフライとなっています。 日本では見ないような組み合わせが、ワッフルとチキンです。 ちょっとふわふわ外はこんがりしたワッフルとフライドチキンを一緒に出してくるチェーンレストランもあり、意外とこれが美味しいのです!是非アメリカ本場でフライドチキンを試してみてください。 by , CC.

次の