鏡開き いつ。 鏡開きの意味と由来とは?2020年はいつ?関東と関西で違う?

2020年の鏡開きの日にちはいつ?関東と関西の違い・行事の意味について

鏡開き いつ

2020年の鏡開き 鏡開きは、お正月の間に飾っていた鏡餅を雑煮やお汁粉にして食べることですが、これには 「松の内」という期間が関係しています。 松の内は、お正月の間に松飾りを飾っておく期間のことで、 1月7日(主に関東)または 1月15日(主に関西)までを指す場合が多く、正月7日までの松の内は「松七日」と呼ばれたりします。 この松の内が過ぎた 1月11日または 1月20日に 鏡開きをするというのが一般的です。 2020年の場合は、 「1月11日(土)」または 「1月20日(月)」ということになりますが、 京都では毎年1月4日に鏡開きを行うという習慣もあります。 京都で1月4日に行われるのは、正月3が日が終わったらすぐに鏡開きをするというのが理由だとも言われていますが、はっきりとした理由は分かっていないようです。 地域によって鏡開きの日が違うのはどうして? 昔は、鏡開きは松の内が終わった 1月20日に行われていました。 「二十日正月」ともいわれ、武家社会でも 「刃柄(はつか)」の語呂合わせから1月20日に行われていたといわれています しかし、 徳川3代将軍の徳川家光が1651年4月20日に亡くなったことで鏡開きの日がずれることになります。 鏡開きの1月20日は家光の月命日にあたり、忌み日となるので1月20日に鏡開きをするのが取りやめられました。 松の内そのものを 1月7日までと短くして、 鏡開きの日を 1月11日としたのです。 関東では「松の内は1月7日まで」という御触れが出されたため、1月11日の鏡開きの習慣が広まっていきましたが、関西にまでは広がらず、現在のように1月20日の鏡開きの習慣も残っているというわけです。 鏡開きの意味と由来 鏡開きの意味 「鏡開き」は、お正月に飾っていた鏡餅を雑煮やお汁粉にして食べることで、一年の家族の無病息災を願います。 お正月には、新しい年を運んでくる「年神様」を迎えますが、その年神様にお供えするのが鏡餅で、そこには年神様の魂が宿るとされています。 年神様へのお供えなので、年神様がいる「松の内」の間は下げたり食べたりせずにきちんと飾っておきます。 松の内が過ぎると年神様を送りますが、この時に、鏡餅を開いて年神様が宿っていたお餅を食べることで家族の無病息災を願います。 鏡開きは、年神様が宿っていた お餅を食べるということに大きな意味があるので、ありがたくいただくようにしましょう。 鏡開きの由来 もともと鏡開きは、新年の仕事始め、行事始めの儀式の一つで、「鏡」は円満、「開く」は末広がりを意味するといわれます。 昔、武家では正月に鏡餅を供え、松の内が過ぎるとこれを割って食べるという習慣がありました。 男は具足(鎧や兜など)にお供えした「具足餅」を、 女は鏡台に供えた「鏡餅」を雑煮にして食べたことがこの行事の始まりだとされています。 武家社会では「切る」という言葉は「切腹」を連想させるために嫌われていたので、刃物は使わずに木槌などを使って割っていましたが、おめでたいときに「割る」というのも縁起が悪いということから、 「運を開く」にかけて 「鏡開き」と呼ぶようになったといわれています。 現在でも、年の始めに鏡餅を供え、一年の健康を願ってお供えしていた鏡餅を食べる「鏡開き」は、正月の行事として受け継がれています。 丸い餅を二つ重ねた鏡餅 鏡餅が丸い形をしているのは、昔の鏡に由来します。 昔、鏡といえば丸い形をした銅鏡のことでしたが、鏡は天照大神から授かった三種の神器のうちの一つで、鏡をご神体としている神社もたくさんあります。 鏡餅は年神様の依り代なので、 ご神体としての鏡をお餅であらわすという意味で 「鏡餅」と呼ばれるようになります。 丸い形は、昔の丸い鏡を表していますが、「丸」は魂の象徴でもあるとされていました。 大小二段のお餅は 「月と太陽」 「陰と陽」を表していて、 「円満に年を重ねる」 「夫婦和合」などの意味が込められています。 鏡餅を割って食べる 鏡餅を割るのに包丁を使ってはいけませんが、現在では、小分けされた餅がパック詰めにされている鏡餅が主流になっているので、鏡開きはパックを開くだけということも多くなっています。 伝統的な鏡餅の場合には、お餅がよく乾燥していないと木槌などで叩いてもなかなか割れません。 そんな時には、水に浸した後に電子レンジで少し温めて柔らかくすれば、千切りやすくなります。 鏡餅を割ったときの割れ方で占いをする地域もあるようですが、すっぱりとキレイに割れたら良い運気ということでしょうか。 鏡開きした鏡餅は、鏡開きの日に食べるようにしましょう。 雑煮、 ぜんざい、 お汁粉などにして食べるのが定番ですが、その他にもおいしい食べ方があるので、いくつか紹介します。 かき餅 手や鎚で割ることを「欠き割る」ということから「欠き餅」(かきもち)と呼ばれるようになりました。 一口大の餅を160度程度の油で揚げて、塩や醤油をまぶすだけです。 揚げたてのかき餅は、とても香ばしく美味しく食べることができます。 揚げだし風 しょうゆ、みりん、酒、昆布などで煮詰めただしを、揚げたての餅にたっぷりかけて食べます。 大根おろしなどを添えればサッパリとして、さらに食べやすくなります。 手軽に市販の「麺つゆ」などを使ってもOKです。 餅グラタン オーブントースターなどで焼いたお餅をグラタン皿に並べて、ベーコン、ピーマン、玉ねぎなどをのせ、ホワイトソースとチーズをかけてて、250度程度のオーブンでチーズが溶けるまで焼けば、ホクホクでとろけるような餅グラタンの出来上がりです。 カビが生えてしまった鏡餅 お正月に飾っていた鏡餅にカビがいっぱい生えてしまって、とても食べられそうにないということもありますが、処分しようと思っても、年神様が宿っていたお餅を普通に捨ててしまうのは、罰があたりそうで気が引けてしまいます。 昔から鏡開きをする鏡餅には、多かれ少なかれカビが生えていましたが、年神様が宿っていたということもあって、 カビを取り除いて食べるというのが一般的でした。 実際、鏡餅に生えるカビには無害なものが多く、健康上の問題が出たということもあまりないようですが、中には毒性の強いカビが含まれていることもあります。 カビを取り除いて食べる場合でも、目に見えないところまでカビが浸透していることもあるので、カビの周りは広範囲を取り除くようにしたいものです。 焼いたりゆでたりすれば大丈夫という人もいますが、 熱に強いカビもあるので注意が必要です。 カビを食べるとアレルギーを起こすこともあるので、できればカビの生えた鏡餅は食べたくないという人も多いと思います。 そんなとき、カビの生えた鏡餅は次のような方法で処分をしてはどうでしょう。 どんど焼きでお焚き上げ 伝統的に1月15日には、神社等でどんど焼きがあり、お正月飾りのお焚き上げが行われます。 近所でどんど焼きが行われる場合は、カビが生えてしまった鏡餅を持っていって焚き上げてもらいましょう。 塩で清め、半紙等で包んで処分 一番実践しやすいのが、この方法だと思います。 半紙や新聞紙の上に鏡餅を置き、お清めの塩をかけて、年神様にお礼をします。 その後は、そのまま紙で包んで、他のゴミと袋を分けて出せば、捨てるという申し訳ない気持ちも、大分軽減するのではないでしょうか。

次の

鏡開きとは?2021年はいつ?関西(大阪)や関東で日が異なる理由

鏡開き いつ

2020年の鏡開きはいつ? 鏡開きとは別名鏡割りと呼ばれており、 お正月に神様に供えた鏡餅を下げて食べることです。 ただし、酒樽を利用した鏡開きも別に存在しているので、使い分けには注意しましょう。 この鏡開きは2020年だと1月4日か1月11日か1月15日か1月20日となっています。 基本的に鏡開きというのは年ごとに実行する日が変わるイベントではありませんが、これだけ実行日が別れているイベントでもありますので、なかなかに厄介なのです。 もっと細かく記載すると、 関東地方やその他の地方の一部は1月11日になっていることが多く、 関西地方では1月15日や20日になっている可能性が高いのです。 そして、 近畿地方の一部や京都では1月4日になっている可能性が高くなっています。 このように地域ごとにかなりの差があるのが鏡開きとなっていますので、転勤やお引っ越しで住む場所が変わったという方は周りの人と会話して確認しておくと良いでしょう。 基本的には1月11日が多めになっているので、とりあえずの目安は11日と考えておきましょう。 何でここまで鏡開きのタイミングがバラバラになってしまったのかは後に詳しく解説いたします。 とは、を飾っておく期間の事を指し、その間はが家にいると考えられています。 この松の内は、昔は元日から1月15日とされていたため、鏡開きは1月20日に行われていました。 しかし、徳川家光が4月20日に亡くなったのを切っ掛けに、関東近郊では20日という日が忌日として避けるようになり、これに伴って鏡開きの日も1月20日から1月11日に変更されたのです。 ですが、徳川幕府の力が強く影響しない関西地域では前のまま、1月20日を鏡開きとするところも多く存在するのです。 ちなみに関東では、鏡開きが1月11日に変更されたため、松の内も1月7日までと期間が短縮されています。 硬い鏡餅を柔らかくする方法 お正月に飾る鏡餅。 関東地方では1月11日、関西地方では1月15日もしくは20日に鏡開きを行いますが、その頃になると乾燥してお餅がカチカチになってしまい、包丁で切ることができなくて困ることが多いですよね。 そもそも、鏡餅は氏神様の依り代のため、包丁で切って食べるのは縁起が悪いと言われており、木づちなどで叩き割って食べるのが正解です。 なお、割るという言い方も神様に失礼だということで、鏡餅を下げて食べることを鏡切りや鏡割りではなく、鏡開きと呼ぶようになったと言われています。 硬くなった鏡餅を食べる時に、知っておくと便利なのが 電子レンジです。 お餅に水をつけ、レンジで20~30秒程度加熱すると硬かったお餅がやわらかくなり、小分けにしやすくなります。 1度で硬さが変わらなければ、何度か繰り返してみましょう。 その際、一気に長い時間レンジで加熱すると、お餅が溶けてしまうので、20~30秒ずつを様子を見ながら行うようにして下さい。 また、電子レンジを使わずに、鏡餅が入るボールなどに入れて水に浸けて一晩置いておいてもやわらかくなります。 鏡開きしたお餅の食べ方 鏡開きとは、お正月にお供えした鏡餅を食べる、日本古来の習慣です。 お供えしていた鏡餅を下げるのが鏡開き、と思っている方も多いですが、神様の依り代である鏡餅を食べることで神様の力を頂くという意味があるため、鏡餅を下げて食べるまでが正しい鏡開きとなります。 鏡餅は大きさによっては一回では食べ切れないこともあるので、いくつか食べ方を知っておくとよいですよね。 そこでここでは、鏡開きした鏡餅の食べ方をご紹介したいと思います。 鏡餅をお汁粉にする場合は、焼くよりもしっかりと茹でることでつきたてのような食感になります。 同じ方法でずんだやみたらしなども楽しめます。 なお、お餅を伸ばす時はクッキングシートなどで挟んで行いましょう。 まとめ 最近は、お供えする鏡餅はパック入りのものが主流となっているため、実際に鏡開きを行う家庭というのは少ないように思います。 しかし、1月11日に鏡餅を食べる習慣というのは変わらず続けて行きたいものです。 おしるこにして食べる他、小さく割って油で揚げて食べる〝かきもち〟も揚げたての味は格別ですから是非試してみて下さい。

次の

2020年の鏡開きはいつ?どんな意味がある?

鏡開き いつ

鏡開きはいつ? 鏡開きは、お正月に飾った鏡餅を下して食べる行事で、一般的には 1月11日に行います。 (土日祝日によっては変わる場合もあります) ですが、地域によって多少の違いがあります。 詳しくは以下の表をご覧ください。 地域 時期 関東 1月11日 関西 1月15日・1月20日 京都などの一部 1月4日 一般的には1月11日ですが、関西では時期が異なり、その中でもさらに地域により時期が分かれます。 関東と関西で時期が違う理由は、鏡開きの由来や成り立ちが関係しています。 鏡開きの意味は? お正月には鏡餅を飾りますが、それは単に飾るだけでなく、神や仏へのお供えという意味もあります。 そのお供えした鏡餅を下げて、 神に感謝し無病息災を祈って皆で食べる日本の行事を、「鏡開き」または「鏡割り」といいます。 由来は? 丸い餅は、古来から家庭円満などを象徴する縁起物としてお正月に飾られていました。 鏡開きのもととなる行事が盛んになったのは、室町時代以降といわれます。 江戸時代には「刃柄(はつか)」という、武家が鎧などへ供えた餅を食べる行事が行われ、女性が鏡台へ供えた餅を食べることを「初顔」を祝うといっていました。 そういった 武家社会の風習が、現在の鏡開きの由来とされています。 時期について 本来の鏡開きは1月20日が主流でしたが、江戸時代に徳川3代将軍家光が4月20日に亡くなったことから、同じ「20日」に祝い事をするのは避け、現在の1月11日に行われるようになったとされます。 ですが、幕府は関東にあったため、この風習があまり広まらなかった関西では、本来の1月20日に鏡開きを行う地域が多く残っているわけです。 また、鏡開きが1月11日になったことに伴い、松の内も従来の1月15日から1月7日に変更になりました。 「松の内」とは お正月飾りを飾る時期のこと。 松の内を過ぎたら、門松などの正月飾りを片付けるとされます。 1月15日に鏡開きをする地域があるのは、昔の松の内がその日であるためと思われます。 松の内と鏡開きの日の関係 鏡開きの日と松の内の関係が分かり難いので、表にしました。 松の内 鏡開き 昔 【全国】1月15日 【全国】1月20日 現在 【関東など】1月7日 【関西】1月15日 【関東など】1月11日 【関西】1月15日または1月20日 関東などで鏡開きが1月20日から1月11日に変わったことで、そのままでは「松の内」の時期に正月飾りである鏡餅を片付けることになってしまうため、 「松の内」も1月15日から1月7日に前倒しになったわけです。 関西は昔のまま継続されている地域が多いといえます。 鏡開きのやり方は? 鏡開きは、飾ってあったお餅を食べるわけですが、いくつか気をつける事があります。 鏡開きで気をつけること• 「松の内」が過ぎてから行う• 包丁など刃物を使って餅を切らない 松の内はお正月飾りを飾っておく期間ですので、その間は鏡餅も片付けません。 そのため、鏡開きもできません。 松の内が過ぎてから鏡開きを行いましょう。 また、 餅に刃物を使うのは切腹を連想させるため縁起が悪いとされます。 鏡開きをする時は、木槌などで叩くのが縁起がよいやり方です。 飛び散らないように布などに包んで叩くのがおすすめです。 細かくしたお餅は、お雑煮やお汁粉などにしていただきましょう。 鏡開きの日にできなかったら? 鏡開きは縁起のよい行事なので、できれば家族揃ってやりたいですね。 ですが、鏡開きの日にどうしても都合が悪くてできないということもあるでしょう。 一般的な1月11日に出来ない場合、時期がずれてもいいのか気になるところです。 1月11日に必ず鏡開きをしないといけないのかという点については、 本来の鏡開きの日は1月20日でしたので、少なくともその日までに行えば問題はないでしょう。 鏡開きは「行事」であって、それほど厳格な決まりがあるものではないですし、時期も一度は変更されているものなので、それほど神経質にならなくともよいかと思います。 まとめ 鏡開きは一般的には1月11日に行います。 関西などでは1月15日や1月20日に行う地域もあります。 参考:ウィキペディア「鏡開き」.

次の