ワクチン 英語。 「ワクチン」は英語で何という?新型コロナウイルス関連ニュースで学ぶ英語

「ワクチン開発」に関連した英語例文の一覧と使い方

ワクチン 英語

ガーダシルとサーバリックス [ ] 2006年に、社による、HPV 6・11・16・18型に対する4価ワクチン「」 Gardasil が、アメリカ合衆国で6月、欧州で9月に発売された。 その翌年2007年5月に、競合他社である・のHPV 16・18型に対する2価のワクチンの「」 Cervarix が、で初めて承認され、同年での承認が続いた。 両社の製剤は、いずれも世界約130か国で承認されている。 ガーダシル9 [ ] 2014年9月には、HPV 31・33・45・52・58型に追加対応とした9価ワクチンの「」が、アメリカ合衆国で9-26歳の男女への接種が認可された。 ガーダシル9によって、HPVの原因となるウイルス型の90%がカバーされる。 2015年カナダ、EU、オーストラリアで承認され 、2018年までに世界77か国で承認された。 ではによって、2015年7月3日付でガーダシル9の承認申請が行われたが 、いまだに認可されていない。 2016年には、グラクソ・スミスクラインは、9つのHPVウイルスに対応するガーダシル9に市場を譲り、アメリカ合衆国から撤退することを決定をした。 日本やでは、ガーダシル9の認可を待たず、世界から輸入して接種する医療施設が表れている。 2015年のHPVワクチンの国際的な売上高は、HPVの4つ(あるいは9)の型を対象とするガーダシルで19億であり、2つの型を対象とするサーバリックスは、1億700万米ドルであった。 適応 [ ] すでに感染しているHPVの排除や、すでに進行しているHPV関連の病変を抑制する効果はないため、初めてのの前までに接種することが推奨される。 肛門癌などの抑制効果も明らかとなったため、男性への導入も進んでいる。 アメリカ合衆国では26歳までの未接種の人々に予防接種を推奨していたものを 、2018年には45歳までの男女への接種推奨に切り替えた。 2018年に男性への接種を認めるは、77か国となっている。 接種回数は当初3回とされたが、2回接種でも十分な効果があることが確認されたために、世界的には2回接種が主流になっている。 日本でとして認可されているは、10歳以上の女性に3回接種 、は9歳以上の女性に3回接種としている。 ガーダシル ヒトパピローマウイルス6、11、16及び18型の感染に起因する以下の疾患の予防• 子宮頸癌(扁平上皮細胞癌及び腺癌)及びその前駆病変(子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)1、2及び3並びに上皮内腺癌(AIS))• 外陰上皮内腫瘍(VIN)1、2及び3並びに腟上皮内腫瘍(VaIN)1、2及び3• 尖圭コンジローマ• HPV6、11、16及び18型以外のHPV感染に起因する子宮頸癌又はその前駆病変等の予防効果は確認されていない。 はサーバリックスと同一) 他の多くの医薬品と同様、妊婦また妊娠中および授乳中の接種は避けるべきであると添付書に明記されている。 ヒトパピローマウイルスと子宮頸癌の関係 [ ] 「」を参照 子宮頸癌の最大の特徴は、予防可能な癌であるという点である。 日本では、子宮頸癌の人々の87. 以下、特に断りのない限り本記事では子宮頸部扁平上皮癌について述べる。 感染頻度の低い、他に高リスクとされる型には全てではないが31、39、51、52、56、58、59などがある。 HPVによる感染の大部分は一過性で自覚症状がない。 発癌性のある高リスクのHPVによる感染から前癌病変である異形成組織の形成まで1-5年とされ 、子宮頸癌の発生までは通常10年以上 、平均で20年以上かかるとされる。 結局HPV感染者の0. 感染率 [ ] HPVウイルスの感染率は、アメリカ合衆国での約2,500人を対象とした調査で、14-19歳で24. CDC は全米で79万人がHPVに感染し、さらに毎年1,400万人の女性が新たにHPVに感染している。 子宮頸癌による死亡者数 [ ] 世界で年間52万9,000人が子宮頸癌を発症し、27万5,000人が死亡していると推計されている。 日本では、年間約9,800人が子宮頸癌と診断され、2,700人が死亡している 2008年と2011年の統計)。 ほかのとは異なり、20歳代から高い発生頻度を示すのも、子宮頸癌の特徴である。 また一方で、再発や転移のリスクの高い癌とは異なり、治療による生存率が高い。 特に20-30歳代で増加しており、若い女性や子育て世代の女性が子宮頸がんに罹患し、能力や命を失う深刻な問題が発生している。 一方、年齢別死亡者数では、子宮頸癌による主な死亡層は高齢者であり、2008年時点で24歳までの死亡はほとんどなく、30代の10万人あたり1人から50代の同5人前後へと上昇していったまま推移し、80代近くになると急激に10人に達する。 子宮頸癌検診 [ ] 日本での子宮頚癌検診の受診率は40%程度と、他先進国の70-80%と比較すると低率であり、特にも特に20歳代を含めた若年層の検診受診率が低い。 また、既に子宮頸癌や前癌病変に進行した人が検診を受診しても陽性と判断される確率(検診の感度)は、50-70%に過ぎないとされている。 より感度の高い細胞診・HPV-DNA検査併用検診は、日本では臨床研究段階であり、特定の地域でのみ実施され国内全体には普及していない。 20-39歳の癌患者の約8割が女性とされ、特に25歳から飛躍的に癌になる可能性が増える。 これは子宮頸癌と乳癌の増加によるものとされている。 2017頃より、非接種群と比較して、子宮頸癌の発癌率に差が出てきたことが報告され始めている。 効果の判定を慎重にしているのは、予防効果を検出するには、大規模で長期間の試験が必要なためである。 前癌病変であるCIN2については、2018年5月に感染予防を確認したとされる報告書が公開されている。 しかし前述のとおり、CIN2ががんへと進行する確率は低い。 ランダム化比較試験のシステマティック・レビューでは、最長7年の研究を含む26研究から、子宮頸癌について評価するには十分な研究規模、また期間ではない。 16型・18型に未感染であることを確認した15-26歳女性では、種類を問わず前がん性病変が生じるリスクは、ワクチン接種群で10,000人中106人に病変があり、偽薬では287人であった。 感染不明では、同リスクは、ワクチン接種群で391人、偽薬では559人である。 CIN2の指標は、診断の一致率の低さや、自然退行率が高いため、CIN2をワクチンの有効性を図る指標として使用することを疑問視する声もある。 2017年12月に産婦人科などのOcean Study が日本ワクチン学会で報告した中間解析では、16型と18型の感染を抑制したことで、あらゆる型を含めた感染率はワクチン接種群12. 4月、英国のTim Palmerらは、1988-96年にスコットランドで生まれた女性を対象に、20歳時点の子宮頸部病変スクリーニング検査の結果を調べ、12-13歳時点で HPVワクチンの 定期接種を受けた1995-96年生まれの女性では、ワクチンの接種機会がなかった1988年生まれの女性に比べ、グレード3以上の子宮頸部上皮異形成が89%減少していたと『』で報告した。 2019年6月、「HPVワクチンの影響の共同研究(HPV Vaccination Impact Study Group 」が2014年から4年間の14カ国の研究を総評するレビューを『』誌に掲載し、このなかで子宮頸がんワクチンの効果が明らかになったとした。 同レビューでは、ワクチン接種が始まる前と8年後を比べた際に、以下のような結果が出た。 16型と18型のHPV感染件数は、15-19歳の女性で83%、20-24歳の女性で66%減少• の発症件数は、15-19歳の女性で67%、20-24歳の女性で54%減少• (前癌病変である子宮頸部上皮内腫瘍)の発症件数は、15-19歳の女性で51%、20~24歳の女性で31%減少• ワクチンを受けていない15~19歳の男子の尖圭コンジローマ発症件数は50%近く減り、同じく30歳以上の女性の発症件数も大きく下がった。 より幅広い年齢層がHPVワクチンを接種し、接種率が高い国ほど、減少率は高かった。 共同著者のカナダ・ラヴァル大学Marc Brisson教授は「向こう10年で、20~30代の女性の子宮頸癌罹患率が下がっていくだろう」と指摘し、子宮頸癌撲滅の可能性にも触れた。 英国・ジョーズ子宮頸癌基金(Jo's Cervical Cancer Trust)会長は「この研究は、ワクチンの効果を信じない人に対する反証をさらに強めるもので、とても勇気付けられる」と評した。 BBCは「'Real-world' evidence(「現実世界」での証拠)と題して報じた。 有効期間 [ ] 2017年時点で、サーバリックスで最長9. 4年、ガーダシルで最長12年のHPVの感染予防効果の持続が確認されている。 計算によるシミュレーションでは、20-30年以上有効性を保つと予測される。 1回のみ接種したケースでは、抗体価の上昇が3回接種した群と比較して低かったが、少なくとも4年間は安定した抗体価を保つとされる。 海外の疫学調査ではHPVワクチンの導入によって、ワクチンの対象とする型のHPV感染者が減少している。 他の年齢層、アメリカの20-24歳の女性では、ワクチン対象型の感染率は低下したが、そのことで全体的な感染率に影響はなかったという2016年の分析。 子宮頸部の異形成病変抑制 HPVワクチンによって、子宮頚癌の発生前段階となる高度異形成病変についての抑制効果は、国際的な前向き研究 コホートスタディ)で既に確認されている。 ほとんどの子宮頚癌は異形成病変から発生するので、このことはHPVワクチンの有効性が期待できる根拠とされている。 子宮頸癌の抑制 フィンランドでのワクチン接種者と非接種者を2007年6-2015年12月の7年間経過を追う診療研究で、HPVに関連した子宮頚癌の発生を比較したところ、非接種群では8人(発症率 6. 他に外陰癌 1 人(0. なおHPVに関係しない癌の発生頻度には差が無かった。 FDAは2008年に、膣癌および外陰部癌の予防についてガーダシルを追加承認した。 HPVに既に感染した既往がある人でも、その後の新たなHPVウイルスの感染を防ぐメリットや、別の部位の感染を予防する効果がある。 また、既にHPVに感染した既往がある女性の抗体価と比較すると、HPVワクチン接種者の抗体価は5-24倍であった。 人種差・地域差の影響はない 世界5大陸から26000名が参加した臨床試験と、部分集団解析によって によって、人種や地域が異なっていても、HPVワクチンの有効性、免疫原性、安全性は影響を受けない。 副反応 [ ] 副作用と副反応・有害事象の定義 [ ] 「」も参照 日本におけるとは 薬剤が原因となる目的以外の作用のことで、は 予防接種が原因の目的以外の生体反応のことである。 という用語は、原因がなんであれ投薬や予防接種の後に起こる、体にとって有害な出来事のことである。 このため有害事象には「紛れ込み」が含まれる。 例えば予防接種の後に、風邪が原因で熱がでても、交通事故に遭っても、その発熱や受傷は『予防接種の有害事象』となる。 有害事象は、因果関係の有無に問わず、医療機関は厚生労働省へ予防接種後副反応報告書を報告しなければならない。 添付文書に記載される副作用や副反応(一般的に言われる「副作用」や「副反応」は、こちらである)は、(ICH E2A)ガイドラインにより「有害事象のうち、当該医薬品・ワクチンとの因果関係が否定できないもの」となっている。 このように集計して、発症率に差があった場合にワクチンが影響していることが判明する。 副作用の被害が認められた際は、の対象となる。 多くは、局所の疼痛、発赤、腫脹、全身性の疲労、筋痛、頭痛、胃腸症状(悪心、嘔吐、下痢、腹痛等)、関節痛がある。 疼痛は2価ワクチンで強い。 海外で行われている予防接種は筋肉注射が一般的であるのに対し 、日本で行われている予防接種の多くは注射時疼痛が強い皮下注射である。 皮下注射は疼痛面で不利であるが、薬剤が緩徐に吸収されるメリットがある。 HPVワクチンは、、 などと共に、筋肉内注射で投与される。 筋肉注射は、刺激の強い薬物でも注入でき、皮下注射より薬物の吸収が速いという特徴がある。 HPVワクチンのpHと、食塩に対する浸透圧比はそれぞれ、2価サーバリックスはpH 6. 0-7. 0、約1. 0、4価ガーダシルはpH 5. 7-6. 7、約2. 0である。 その他に、どのワクチンも接種後に、注射による一時的な心因性反応を含むが現れることがある。 失神による転倒を避けるため、予防接種後30分程度は座らせた上で、被接種者の状態を観察することが望ましい。 アメリカ合衆国では、どのワクチンでも予防接種後15分間は、座位を保つことが推奨されている。 サーバリックスの初期の製品にある、シリンジキャップ及びプランジャーには、()が含有されていたため、ラテックス過敏症のある被接種者において、ラテックスが出現する可能性があった。 同様の容器を使ったワクチンに共通した問題であったが 、2011年までに天然ゴムが含まない素材に変更された。 慢性期の副反応 [ ] 慢性期のものとしては(ADEM)が挙げられるが 、HPVワクチンに特有の副反応ではなく、どのワクチンにも普遍的に存在する、よく知られた副反応である。 議論されている副反応 [ ] 厚生労働省によると、HPVワクチン接種後、医療機関から報告された発熱やなどの疑いが、2010年11月-2013年3月に計1196件あり、うち106件は障害が残るなど重篤なケースだった。 重篤な障害が発生したケースでは、接種当日から局所反応・強い疼痛等のため入院となり、接種64日たって夜間就寝時に手足をばたつかせる痙攣のような動きが出現 脳波、SPECT等で睡眠時の行動ではなく覚醒時に生じていると診断 し、接種81日後には計算障害を起こしたとする例が報告された。 日本で接種による副反応疑いの報告頻度は100万接種あたりサーバリックスで170人超、ガーダシルで同150人と、他のワクチンでも報告の多い麻疹の同50人を上回る。 けいれん、意識障害めまい、内分泌異常、疲労、麻痺、筋力低下、などなど多彩な症状が複合的に長期にわたる症状が見られ、国外の報告と共通している。 日本では、1年以上歩行困難となった事例 、また日本の別の少女らでは、身体の痛み、脱力感、寝たきりになる例、一時的なを繰り返すようになったといった報道がされた。 医薬品承認以前の5700人超のにおいて、2価ワクチンを接種した群は、アルミニウムの偽薬を摂取した群より死亡が多く、また各7000人の比較では4価ワクチンより、9価ワクチンの方が重篤な全身症状を示した数が多かったが、ワクチン関連であるとされておらず、市販後の重篤な症例にもこれらの重篤な有害事象と同様のものがみられるとの報告がある。 2017年の取りまとめでは、日本国内の接種回数の0. 03%にそのような症状があったが、約90%が回復または軽快して治療が不要となったとされ、症状が回復しなかったのは通算で186人(のべ接種回数の0. 002%)であったとされた。 つまり、10万回接種された中て、2人だけ回復しない症状の発現がみられる頻度であった。 妊娠への影響 [ ] 妊婦への投与は推奨されていないが、過去に誤って妊婦に投与されたケースの集計により、2価-4価-9価の全てのワクチンにおいて、胎児奇形、胎児死亡、自然流産の発生頻度が、ワクチンを妊娠中の接種していない群と比較して上昇しないことが分かっている。 妊娠30日以内の妊娠早期であっても、先天異常の増加は認められなかった。 不妊となるリスクについても否定されている。 サーバリックスを販売するは、ワクチンに不妊を誘発させる成分は含有されず、不妊の報告例もないと記載している。 死亡リスクはない [ ] 死亡リスクは、ワクチン接種群と非接種群で有意差は無い。 死亡例は報告されているが、因果関係が認められたケースはない。 (FDA と(CDC の2009年の発表によれば、メルク社のガーダシルを接種した2300万例のうち、接種後に32例の死亡報告があるが、死因は2例、1例、若年型(ALS)1例、髄膜脳炎1例、肺塞栓3例、循環器関連疾患6例、による1例、痙攣発作2例など多彩で、ワクチンが原因であるとされるものはなかった。 2007年にはオーストリアで19歳の女性が、ドイツで18歳の女性が、米・メルク社の「ガーダシル」接種後に死亡したが薬剤との因果関係は判明していないと伝えている。 2009年9月にイギリスでグラクソ・スミスクライン社の「サーバリックス」接種後に14歳の少女が死亡し 、一時同国でワクチンの使用が中断されたが、その後の調査で死因は患っていた胸部の悪性腫瘍によるものと報告され、使用が再開された。 日本国内で、2011年に14歳の女子中学生がサーバリックス接種の2日後に死亡した事例が厚生労働省の専門調査会で報告されたが、心臓の持病(心室頻拍の発作)からの致死性不整脈で亡くなったとみられ「接種と直接の因果関係はない」と判断された。 日米間の有害事象の比較 [ ] 2014年5月16日に開催された第1回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会では、以下が報告された。 日本はサーバリクス、アメリカはガーダシルの使用が優勢で、報告制度も同一ではない。 米国の方が報告頻度は高く、一方、重篤とされた副反応疑いについての報告頻度は、日本の方が高い。 (医療機関からの報告のうち重篤なものと、製造販売業者からの合計。 両者の重複がある。 重篤な副反応疑いの内訳としては、局所反応、過敏症反応、失神等の占める割合が高い。 本来「重篤な副反応」とは、死亡、障害、それらに繋がる恐れのあるもの、入院相当以上のものが報告対象とされるが、重篤でないのに「重篤」として報告されるケースがある。 規則上それらはそのまま集計されている HPVワクチン10万接種あたりの有害事象 日米比較 ワクチン接種数合計 約830万 約2300万 副反応 日本 2価、4価 米国 4価 全ての報告 23. 2 53. 9 重篤な報告 10. 4 3. 3 副反応の例 内は報告に占めるパーセント 局所反応 、硬結等 1. 07 0. 01 0. 起立性低血圧にはやが使用される。 疼痛や痺れにはやが投与される。 過眠症状には、治療薬のが使われる。 理学療法士、整形外科医、麻酔科医、精神科医、心療内科医、臨床心理士、社会福祉士、歯科医などの多職種治療チームによって、身体的および心理的な診療体制を整備し、や、を実施したところ、64%の症例で疼痛などの症状が改善したとする研究結果が報告されている。 なお一部のでは、独自の特殊な治療が行われている。 では、学習障害、記銘力障害、過睡眠、意識障害などの症状は『である』として、認知症治療薬である、、向精神病薬である、その他としての少量投与を行っている。 では「免疫調節療法」として、、大量静注、、免疫抑制剤()投与などを積極的に行っており、効果が得られた症例もあるとされている。 上記の治療方法は『の実験的治療』であり、日本医師会や産婦人科学会や神経学会のガイドラインや手引書、医学的に沿った確立された標準治療ではない。 ステロイドパルス療法、免疫グロブリン大量静注については、無効であったと報告されている。 重篤な副反応の原因 [ ] HPVワクチンの重度な副反応には、 CRPS 、体位性頻脈症候群 POTS 、HPVワクチン関連神経免疫異常症候群 HANS 、 CFS などを含む。 これらの副反応の原因について、主に2つの提唱がある。 1つ目は、これらの症状の本体は、心因反応・接種の痛みと痛みに対する恐怖心が惹起する心身の反応・機能性身体症状であるというものである(以下 機能性身体症状説と表現する)。 もう1つは、ワクチンにアジュバンドとして添加されているアルミニウム化合物による免疫反応であるというものである。 機能性身体症状説 [ ] 機能性身体症状説は、厚生労働省や多くの団体が支持する仮説であり、その根拠として日本および世界中で数多く実施された大規模臨床試験で、接種群と非接種群で、重篤な副反応の発生頻度に差がないことが挙げられている。 理事長の五十嵐隆 は、これによってマスコミ等が問題にする「接種後の多彩な症状」はワクチン接種とは無関係に発生しうることが示されているとしている。 2016年12月の厚労省の副反応検討部会の全国疫学調査の中間報告では、実際にこのような患者を診療している医師や、中毒学、免疫学、認知行動科学、産婦人科学の専門家らが集まって審議を行い、これらの多彩な症状は神経学的疾患や中毒や免疫学的疾患では説明がつかないとして、これらの多彩な症状は機能性身体症状と考えられるとしている。 また、HPVワクチンを接種していない人でも、HPVワクチンの接種後に出現したという多彩な症状が見られることも合わせて確認されているとするとともに、接種後1か月以上経過して出現した症状は接種との因果関係を疑う根拠に乏しいと指摘した。 医師で医療ジャーナリストのは、HPVワクチンが登場する以前からにはという概念があり 、これがHPVワクチン関連神経免疫異常症候群 HANS の症状と重複が多く、HPVワクチン接種が開始される以前よりそのような患者が存在していたと指摘している。 なお、身体表現性障害は、厚生労働省の機能性身体症状の定義とは異なる。 注記すると、身体表現性障害はにおける分類名であり、診断名ではない。 ある患者の医師へのインタビューでは、過剰適応や心因性の偽発作( () とされる。 偽発作は、脳波にてんかんに特徴的な波形が観察されないことで鑑別される。 村中璃子は、同様のインタビューによって、症状だけを精神科や小児科医師らに説明した場合、CRPSや、POTS、CFSに似た症状を呈する子供たちをたくさん診察・治療してきたという回答が得られたとして、思春期の少女にはそのような症状が観察されることは珍しくなかったと考えるが、しかしこれらの症状がHPVワクチンの副反応だという報道が大きくなされてからは、そうした意見は「弱者への暴力」とされる雰囲気が蔓延したと述べている。 なお、心因反応はHPVワクチンに特有の副反応ではなく、の時には、でインフルエンザワクチン接種後の心因反応が23例報告された。 イランではのあとに26人の女子クラスのうち10人が心因反応を起こして、パニックを起こしたとされる。 しかし、ワクチン接種後の多彩な症状を全て「心身の反応」で説明するのは難しいと指摘する医師もいる。 また、信州大学医学部の医師である池田修一によれば、これらの症状を訴える患者の中にはの診断基準を満たしているものがある。 鹿児島大学神経内科の高嶋博は、心因性と診断したほうが治療しやすいわけでもないという。 またとは、「心因」という言葉について、2015年の手引きで以下のように述べている。 詳細は「」を参照 2014年2月に行われた子宮頸癌ワクチン国際シンポジウムにおいて、のフランソワ・オーシエ教授(神経筋肉病理学)や、元元准教授・シン・ハン・リー(病理学)らは、抗原性補強剤として添加されているが、神経障害などの副作用を引き起こしていると発表し 、ワクチン接種後に急死した少女3人の脳を調べたカナダののルチジャ・トムルジェノビック研究助手は、「すべての国で接種を即刻中止すべきだ」と警鐘を鳴らした。 2016年のイスラエル、 Rotem Inbarらは、HPVワクチン(ガーダシル)の人体相当量を生後6週目の雌マウスに注射し、対照群と比較する実験を行った。 その結果、大脳の分析で、のが明らかとなった。 またに類似した行動変化も観察され、アジュバントとして添加されるアルミニウム化合物によっておよびが誘発されるものと示唆した。 アジュバント一般については安全だと言われているが、HPVワクチンの臨床試験の偽薬群にはアルミニウムのアジュバントを使用しているため、アジュバントの有害な影響が隠されてしまうとも指摘されており、新しいタイプのアジュバントAS-04を含めたシステマティック・レビューは2017年時点で存在せず、利益と害についての適切な評価はできないため、システマティック・レビューが予定され、事前にその評価方法が公開された。 2014年、日本線維筋痛症学会・理事長で医学総合研究所の西岡久寿樹らは、HPVワクチン接種後の様々な症候群に、 HANS(: HPV Vaccine Associated Neuropathic Syndrome, ハンズ、HPVワクチン関連神経免疫異常症候群)という概念を提唱し、その原因はやはりアジュバントと使用されるアルミニウム化合物であるとし、アルミニウム化合物によって脳内のが活性化することがHANSの原因であるという仮説を提唱している。 HPVワクチン接種後の症状が、 () MMF と呼ばれる疾患概念に似ているという意見もある。 MMFはフランスでの報告が多い疾患概念で 、同じ水酸化アルミニウムをアジュバントとして含有する、・によって起こる可能性があることが指摘されており 、全身筋肉痛や倦怠感、発熱など。 記憶障害や集中力の低下などの症候群を呈するとされる。 このような概念で提唱されている症候群としては、MMFの他にも、 GWS 、「ワクチン接種後の各種自己免疫疾患」などがあり、これらは同一疾患である可能性も指摘されている。 アジュバント原因説への反論 [ ] 厚生労働省の専門家会合は、これらアジュバント原因説に対して「科学的根拠乏しい」として、否定する見解を示している。 出席した複数の部会委員らが、根拠となる症例データに対照群が設定されていないなど調査手法に問題があることや、既にアルミニウムを含むワクチンが、で80年以上使用され続けており、事実にそぐわないなどの意見が出された。 は、アジュバントとして1926年に認可され、今日まで使用されてきた。 アジュバントはHPVワクチンの固有成分ではなく、多くのワクチンに使用されている。 2014年、WHOはHPVワクチンのアルミニウムアジュバントまたはワクチン成分、MMFの関与などの危険性や影響についての研究報告や論文を検討した結果、それら主張には科学的エビデンスが存在しないと判定し、これらの主張はワクチンを接種する機会を脅かし有害であると非難した。 HANS(HPVワクチン関連神経免疫異常症候群)仮説 [ ] 難病治療研究振興財団理事長・西岡久寿樹、名誉教授の黒岩義之、横浜市立大学名誉教授の横田俊平、教授らは、(HANS、HPVワクチン関連神経免疫異常症候群)という概念を提唱した。 このグループは、アルミニウム化合物に疑念を持っているとされるが 、一方でHANSはHPVワクチンの特有の全く新しい疾患だとしている。 2016年7月の産婦人科感染症学会で開催されたHPVワクチンの安全性を議論するシンポジウムでは、HPVワクチンの成分かアジュバントか、ワクチンのどこに問題があるのかという質問に同グループの東京医大小児科のは「(HPVワクチン)全体に不備がある」と答えるに留まった。 HANS提唱グループは、2016年11月11日にイギリスの科学誌「」紙にマウスを用いたHPVワクチンの安全性を問う実験結果の論文 でHPVワクチン薬害を主張したが、この論文は各国の研究者から「研究の欠陥や不一致にも関わらず、注射されたマウスで観察された症状は『HANS』とされる患者と重なっていると結論付けてしまっている」と批判を受けた。 2018年5月11日に同誌は「大量のHPVワクチンと百日咳毒素の同時投与は、HPVワクチンが単独で神経学的な損傷を与えることを判定するためには適切な手法ではない」として論文の撤回を発表した。 論文を批判する医師らは、「この論文が予防接種プログラムに与えたダメージによって、日本や世界の現世代の女子たちが被った将来の健康リスクは重大で致命的だ」として批判した。 なお、について、MMFとされる症状との間の因果関係についても既に否定されている。 WHOも1999年、2002年、2004年にアジュバントの安全声明を出している。 その他の仮説 [ ] 鹿児島県の研究者はとの関連を挙げており 、静岡や岐阜の研究者も32の症例で髄液中のサイトカインと自己抗体が増加している傾向があることを報告している。 自己免疫性脳症の原因はが最も多く 、急性散在性脳脊髄炎は、HPVワクチンの有害事象の1つとして、既に挙げられているものである。 ただし、HPVワクチンに特有の有害事象ではなく、予防接種後ADEMとして、インフルエンザワクチンや麻疹ワクチンなど、どのワクチンでも確認されている。 世界保健機関 WHO の見解 [ ] 2015年12月の 専門委員会GACVSの声明では、 CRPS や POTS については、医薬品の承認前と後のデータの検討からは関連するとの証拠はなく、 CFS については、イギリスでの観察研究によって関連が見られていないとされた。 重篤な患者はこれらの症候群に精通した医師への紹介が推奨される。 また、フランス医薬品庁が実施した200万人の若い女性を対象とした、自己免疫疾患についての後ろ向きコホート研究では、接種後3カ月以内のの発症が10万人に1人程度の頻度で増加することが見出されたが、他の小規模な研究では報告されていないとした。 2017年5月にWHO(GACVSではない が声明を公表し、ギランバレーなど自己免疫疾患を含めて承認後の集団ベースの研究、および承認後レビューにおいても関連は見られず、CRPSやPOTSについて承認前後のデータからワクチンの影響は見いだせなかった。 7月にGACVSの報告では、イギリスでの1040万回分、アメリカで6000万回分の母集団による研究からギランバレーのリスク上昇はなく、アメリカとデンマーク、日本から新たにCRPS、POTSなどが報告されたが以前から因果関係の証拠がないとしており、またを依頼し、73,697人からなるその結果草案から重篤な有害事象に接種群と非接種群とに差を見出さなかったとした。 そのシステマティックレビューには、26研究のランダム化比較試験が含まれ、重篤な有害事象についての定義はないため個々の研究でその数に変動があるが、個々にはワクチン群と偽薬群と差はみられず、また、すべての研究のコメント欄に他のバイアスのリスクについて、ほぼ製薬会社資金の研究でリスク高と記され(リスク低1件でそれ以外の資金、不明確1件)、それ以外の多くの要素ではリスク低が多い。 欧州医薬品局 EMA の見解 [ ] 2015年12月の『』に、「The world must accept that the HPV vaccine is safe」と題したコラムが掲載され、デンマークから疼痛、湿疹、めまいなどの報告があったが、EMAが安全性を確認したとし、HPVワクチンの安全性を世界的に認めるべきであるとした。 2015年の8-11月にEMAが実施した大規模な安全性プロファイルの再調査では、マスコミなどで問題であるとして報道されていたCRPSおよびPOTSの発生頻度は、HPVワクチン接種群と一般集団との間で差がなく、共に10万人あたり15人ほどの頻度で観察されることが報告され 、CRPSとPOTSの発症とHPVワクチンとの因果関係を否定した。 翌年5月、北欧のらは、EMAの調査について、データの(選り好み)があるなどといった苦情の申し立てを行った。 7月、EMAはのリスクは最小限になっているとする回答を公表した。 コクラン共同計画 [ ] では2018年1月に、北欧コクランのピーター・ゲッチェらは、すべての研究が公開されないことで多くの場合研究結果は誇張されているとし、偏りのできないよう全研究のを実施するためにバイアスへの対処を指摘した。 製薬会社資金のランダム化比較試験が96研究、それ以外の資金での研究が40研究存在し、一部はまだ結果の出ていない進行中の研究である。 1つの研究を除き製薬会社資金の研究であった。 HPVワクチンによる流産または妊娠中断のリスク上昇も認められなかった。 死産リスクおよび新生児の先天性障害リスクについては、集めたデータが不十分であり確実なエビデンスを示すに至らなかった。 厚生労働省の見解 [ ] 2014年1月20日、の厚生科学審議会の予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会と、薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会安全調査会が合同会議を開き、接種後に発生した広範な疼痛または運動障害は、ワクチンの成分ではなく「注射針による痛みや不安から起こされた心身の反応( )と結論付けた。 議事録に忠実に記せば「針を刺した痛みや薬液による局所の腫れなどをきっかけとして、心身の反応が惹起され、慢性の症状が続く病態〔〕」である。 症状としては「失神、頭痛、腹痛、発汗、睡眠障害、月経不整、学習意欲の低下、計算障害、記憶障害等」が挙げられた。 心身の反応、または機能性身体症状では、原因に心理的要因が、身体に病理学的所見がなく、身体症状の増悪また慢性化に心理・社会的な要因が関与する。 以前のDSM-IV第4版の身体表現性障害の定義による、精神が中心となっているとするには違和感があり、機能性身体症状ではむしろ身体と精神とが一体となって症状が生じるということである。 日本産科婦人科学会の見解 [ ] は、2015年に、日本においてみられるような慢性疼痛等の様々な症状はワクチン接種とは関係なく発症することもあるとした。 2016年4月、など国内17の学術団体は、接種再開を求めるその声明において、障害を残す副反応は0. 名古屋スタディ [ ] 2015年12月、「」からの要望で、は市内在住の7万人の若い女性を対象に、ワクチンの副反応が考えられる症状についてのアンケート調査を行った( 名古屋スタディ)。 これは日本初のワクチンの安全性を確かめる大規模調査となった。 医学部公衆衛生学分野の鈴木貞夫教授が調査を行った。 接種・症状の有無にかかわらず全員を調査する手法で調査は実施され、患者会から提示された24症状(月経不順、、、簡単な計算ができない、簡単な漢字が書けない、など)を使ってを作成し、7学年の女生徒全員に調査票を郵送し、ハガキで回答する形式で行われ、約3万人の回答が得られた。 解析によれば、年齢補正前の統計でワクチン接種群には月経量の異常、記憶障害、不随意運動、手足の脱力の4つの症状が多くみられ、ワクチン非接種群には体や関節の疼痛、集中できない、視力低下、めまい、皮膚の荒れなどが、多く見られた。 また24の症状に関与する要素についても検討された。 ワクチンの種類や病院受診の有無、など様々なクロス集計も実施された。 その結果、症状間に強い関連性があったのは、ワクチン接種の有無ではなく、年齢のみであった。 年齢補正後、接種群が非接種群より有意に多い症状は1種類もなかった。 むしろ、年齢補正後の接種群は有意に少ない症状が目立った。 名古屋スタディでは、ワクチンと症状のを示す()を示すことが目的とされた。 オッズ比が大きければだと判断され、のオッズ比は100を超え、やとの関係では、理論上無限大になる(結核菌以外が原因で結核にはならない)。 しかし、名古屋市の調査ではオッズ比は2を下回り、低く、薬害と判断するのは無理があった。 2015年12月、これらを元に名古屋市は「接種者と非接種者で統計的に明確な差は確認できない」との 速報を発表した。 12月17日には、名古屋スタディに対して「実態調査であることの限界から、分析疫学の解析手法を適用して、接種群と非接種群の統計学的有意性の検定を行い、因果関係を推論するには適さない」という意見書を提出した。 2016年6月、名古屋市の 最終報告書では、生データの公開と数値の集計にとどめ、因果関係に言及することを避けた。 また最終報告では、鈴木が24症状全てで、接種者に発症の多い症状は見られなかったことを、オッズ比を含めて報告したにも関わらず、非接種者を1とした場合に、接種者はどれぐらい症状が起こっているのかを比較する を削除した。 削除の理由として名古屋市健康医療課は、被害者連絡会や薬害オンブズパースン会議からの圧力を踏まえたことを認め、「集団訴訟の被告となっている製薬会社が、名古屋市の調査速報をワクチンとの因果関係を否定する証拠として、訴訟に利用していることも知り、公正中立の立場から、市としては最終解析までは公表しないことを決めた」と説明した。 鈴木貞夫論文への批判と反論 [ ] 2018年に名古屋市の報告は、名古屋市立大学の鈴木貞夫教授らによって、英文論文として出版され、HPVワクチンと症状との間に因果関係がないことを示唆するような結果が得られた、と結論した。 研究では、症状の最多は「生理不順」 回答者26. しかし、病院への受診に条件を変えて解析すると、うった方がリスクが高く見える傾向があった。 これは「副反応かもしれない」という心配やインパクトが強かったため、症状を頭の中で関連づけて、症状が接種後に起きたように思い込んだと鈴木教授は分析し、以下のように説明した。 様々な条件で解析しましたが、受診したかどうかだけが違うパターンを示していました。 これは、ワクチンの成分が症状に関連したと考えるよりも、接種した人が『自分の症状はワクチンのせいではないか』と不安になったことが受診に繋がったと考える方が自然です。 全体で見ても、ワクチンにネガティブな意見が年を追うごとに増えたため、その心理的影響を受けたと思われるデータも見られました。 — 名古屋市立大学大学院医学研究科公衆衛生学分野教授・鈴木貞夫、2018年3月 この鈴木論文についてが、年齢調整が不適切であったなど批判した。 薬害オンブズパースン会議の批判について、鈴木は論文に反論があるときには、を当該雑誌に投稿するのが、医科学分野では一般的であり、レターは出版社が査読する。 査読を経ていない反論に対し,科学者は答える必要はないとしたうえで、「因果関係を推論するには適さない」というなら、結果公表前にするのが科学的態度で、指摘は可能であったのに、速報の公表時点までに指摘はなかったと反論した。 さらに、「選択バイアス」について会議は根拠を示すことなくが低くなる方への可能性を述べているが、数学的な意味でのの方向性は決まっておらず、鈴木論文でも特定方向への可能性については述べていないし、記入者のばらつきは、結果と交絡しておらず調整も行っていないとした。 またとの指摘について、名古屋市から研究費約20万円は受け取ったが、論文校正等の費用として全て使い、いかなる意味でも「報酬」は一切受け取っておらず、利益相反はないと反論した。 また、2018年に医薬ビジランスセンターのは、13症状に現れた統計的なバイアスの影響が無視されているが、認知機能や運動機能の異常が高率であると指摘した。 しかし、2019年6月時点で鈴木教授への反論レターは出版社に提出されていない。 鈴木教授は「現在の状況は、正義感や価値観が動きすぎていて、根底にある科学性が無視されている」とし、「HPVワクチンを接種した世代だけ子宮頸がんによる死亡率が下がり、その後の世代はそれ以前と同じように、毎年3000人死亡する状況に戻るだろう」と、2019年に警鐘を鳴らした。 HPVワクチンの副作用が、単一の機序によって生じるという科学的根拠のない前提に立って分析している。 「心身の反応」仮説に対しては一部に説明困難な症例等があってもそれを認めるという恣意的な論法を駆使し、結論ありきの検討をしている。 「通常の医学的見地」をもとに判断し、新しい医薬品では既知の知見では説明できない副作用が起きる可能性があることを無視している。 過去の薬害の教訓を忘れたものだと批判した。 またこのHPVワクチンには、実際に接種によって子宮がんの発生を防いだという医学的エビデンスはないと主張した。 2019年現在、スウェーデンやオーストラリアなどから、子宮頸癌の抑制効果があったという報告が出されている。 2017年、薬害オンブズパースン会議は Indian journal of medical ethics に英文論文を発表した。 WHOの推奨と普及 [ ] 2009年4月、(WHO)は、HPVワクチンに関する方針説明書(ポジション・ペーパー) において、発展途上国を含めた世界全体でHPVワクチンの使用を推奨し、ワクチン接種プログラムに導入すること、およびその財政的基盤を作ることの重要性を強調している。 開発途上国では、革新的なに協力して、先進国で100ドル以上のHPVワクチンを、4. 5ドルで供給している。 またWHOは、各国の政策立案者に向けた、HPVワクチン導入のためのガイドラインを示した。 インドでは、2州で2010年よりワクチンの接種を2015年時点で中断している。 松江区の疾病予防管理センター(CDC)によれば、に住民の8割以上が、で10万円ほど必要となるHPVワクチン接種を希望している。 日本での導入 [ ] タイムライン [ ]• 11月に推進団体の「」は、ワクチン承認前の設立された。 2009年10月に日本で、女性へのの使用が承認され、同年12月から販売が開始された。 2010年に接種費用が公費によって負担されるようになり、2011年7月にが承認され、8月に販売が開始された。 しかし、いずれも3回接種の費用が4-5万円程度の費用負担があり、普及を妨げた。 、厚生労働省は「ワクチン接種緊急促進事業」を実施し、と小児用にHPVワクチンを追加し、市区町村が行う接種事業を助成した。 (平成24年)10月の調査では、接種率(接種事業対象者に対する接種済みの者の割合)は67. (平成25年)3月31日までは、事業の対象者(おおむね中学1年生から高校3年生相当の女子)は無料もしくは低額で接種を受けられるようになった。 4月1日以降「積極的な接種勧奨の差し控え」が出ているが、に基づくは続けられている。 2013年3月に、が組織され、2016年に集団訴訟が行われた。 2013年4月に、に基づき6年生から1年生までのを対象に無料で受けられる定期予防接種が制度化された。 しかし6月14日には、疼痛などの訴えがあったことから、厚生労働省は「積極的な接種勧奨の差し控え」を通達した。 に厚生労働省審議会は、注射針の痛みや不安から起こされた心身の反応( )との見解を示した(ではない )。 、が選出したワクチンの安全に関する国際委員会 GACVS が、日本の「接種差し控え」の対応を指摘し、WHOなど専門家による報告書では、「ワクチン接種と副反応の因果関係は無い」と日本に勧告した。 しかし、厚生労働省元職員はワクチンへの不安を煽るマスコミの報道などによるがある以上、「積極的な接種勧奨」を再開することは難しいと述べている。 積極的勧奨の中止 [ ] 2013年6月14日の専門家会議では、接種後原因不明の体中の痛みを訴えるケースが30例以上報告され、回復していない例もあるとして、厚生労働省は定期接種としての公費接種は継続するものの、全国の自治体に対して積極的な接種の呼びかけを中止するよう求めた。 この判断は、医学的統計的根拠に基づかず、世論に寄り添う日本の政策決定であるとして、世界から非難されることになった。 日本の産婦人科医が、自分の娘にワクチンを接種したかについては、50人超の調査から、2014年では0だったが2017年には16. 2017年9月までに295人が、HPVワクチン接種との因果関係が否定できないとして、の対象となった。 2019年9月現在、定期接種対象者は16歳の女性までとなっている。 9月中に接種を開始しないと、当該年度中に3回接種が完了せず任意接種(自費)となってしまうため、注意喚起がなされている。 2013年6月の厚生労働省勧告を受けて、は積極的に接種を薦めることを控えているため、他の定期接種ワクチンとは異なり、郵送による一斉通知をしていない。 接種を希望する者は、のあるに問い合わせ、接種券・予診票を入手する必要がある。 WHOの接種勧告 [ ] 2013年7月5日、 WHO は公式声明の中で、「日本が報告する慢性疼痛の症例は、同様の徴候が他国で認められないことにより、2013年時点ではHPVワクチンを原因として疑う根拠に乏しい」とコメントし 、日本の方針転換を疑問視した。 WHOに独立した科学的助言を提供するために、WHOが委員を選出した 『ワクチンの安全に関する国際委員会(GACVS)』の2014年3月の声明では、日本の複合性局所疼痛症候群(CRPS)等の報告について言及し、「2013年に検討したが、因果関係は認められなかった」と結論を出した。 GACVSによる2015年12月22日の声明では、日本だけが接種中止の勧告を出していることを名指して、 専門家の副反応検討委員会は、子宮頸がんワクチンと副反応の因果関係は無いと結論を出したにもかかわらず、は予防接種を再開できないでいる。 以前からGASVSが指摘しているとおり、薄弱なに基づく政治判断は、安全で効果あるの接種を妨げ、真の被害をもたらす。 若い女性が本来なら避けられる筈のの被害と脅威に暴露され続けている。 — 世界保健機関 ワクチンの安全性に関する国際委員会、2015年12月22日 と日本の対応を批判した。 日本国内で報告されている有害事象について、日本の専門部会でも関連性を否定しているのに、ワクチン接種推奨再開についての合意に至っていないとして、として科学的エビデンスに従った判断を行い、予防接種計画を遂行する必要性を強調した。 村中璃子によれば、WHOが1国のみを名指しで非難することは異例だという。 理事は「恥ずかしい限り」と語り、理事も、2015年の声明全体が、日本への呼びかけのように読めるとして声明への理解を示した。 日本医師会、日本産科婦人科学会、日本小児科学会のワクチン再開要請 [ ]• は2015年8月19日に『HPVワクチン接種後に生じた症状に対する診療の手引き』を発行、47都道府県に協力医療機関を設置し、HPVワクチン接種後の症状に対する診療体制を整えたなど、接種希望者がより安心してワクチン接種を受けられる診療環境が整ってきたことを指摘した。 は、2015年にHPVワクチン早期再開を訴えた。 さらに、2017年12月9日の声明で、ワクチン接種を導入した国々では、接種世代におけるHPV感染率の劇的な減少と前がん病変の有意な減少が示され、9価ワクチンは子宮頸がんの原因となるHPV型の90%以上をブロックしている。 日本では「一部の研究者の科学的根拠のないデータや報道等により、国民の正しい理解を得られないまま、長期にわたり勧奨が再開されないままとなっている」が、現在女性の74人に1人が罹患し、340人に1人が子宮頸がんで死亡している。 日本でもワクチン接種により子宮頸がん罹患者数は10万人あたり859~595人、死亡者数は10万人あたり209~144人の減少が期待され 、「このまま勧奨を再開せず、接種率がゼロに近い世代が拡大し続ければ、将来、ワクチン接種を勧奨しなかったことに対して、不作為責任を問われることも危惧される」として、接種再開を訴えた。 2017年12月までに4度にわたって、接種推奨の再開を求めた。 など国内17の学術団体は2016年4月、子宮頸癌予防ワクチンの積極的な接種を推奨するとする声明を発表した。 既に世界130か国で使用されているが 、障害を残す副反応は0. 2016年8月、日本医学会会長、日本産婦人科医会会長ら学識経験者の有志が、厚生労働省健康局長に書簡を提出した。 書簡には「EUROGIN 2016」(ヨーロッパ生殖器感染および腫瘍に関する専門家研究会議)に参加した世界50カ国以上341人の研究者の署名が添えられ、「日本で問題になっている諸症状は、HPVワクチンとの因果関係が認められておらず、日本の不適切な政策決定が、世界中に与えている悪影響を承知されるべきである」という、世界中の研究者の苦言が伝えられた。 日本のマスコミ報道への批判 [ ]• 村中璃子は、センセーショナルな発言でメディアに露出したがる専門家や圧力団体の主張に大きく紙面を割く一方で、日本だけが名指しで非難されたWHOの接種勧告を一切取り上げないという日本のメディアは嘆かわしいと批評した。 また名古屋市が実施した調査に論理的根拠も明示せず、調査方法が疑問であるとする、専門家や団体の主張を大きく取り上げるなどを非難した。 村中が2017年に等が主催するを、日本人として初めて受賞した 際、ネイチャーに掲載されたでは「HPVワクチンの信頼性を貶める誤った情報キャンペーンが、日本で繰り広げられた」と日本の状況を表現している。 熱帯医学研究所教授で元ワクチン接種グローバルコミュニケーション部門の責任者のハイジ・ラーソンは「海外から日本での騒ぎを2年ほど見守ってきたが日本で最も驚くのは、も学会も薬害を否定する中で、主要なマスコミがこぞってHPVワクチンの危険性を吹聴することだ。 このようなメディアは世界中には例外中の例外で特異である。 」と日本のマスコミを非難した。 また、日本のマスコミの騒ぎがに飛び火して、一部の研究者が薬害説を唱え始める事態ともなり、欧州医薬品庁(EMA)も独自に調査をすることになったと語った。 後の展開はを参照。 産婦人科医らでつくる団体「HPV JAPAN」は2015年3月31日、「HPVワクチンの不安のみをあおる報道は、日本の将来に大きな禍根を残す」とする声明を発表した。 の津田健司は、2013年3月のの報道以降、HPVワクチンに関する日本のメディア報道が肯定から否定に転じ、科学的エビデンスを無視する一方で、感情を揺さぶるエピソードが重視される傾向にあると述べている。 また、ワクチンに対する否定的な論調が、一部のワクチン接種者の間でを発生させているのは否定できないとも述べた。 ジャーナリストのによると、HPVワクチンの導入当初、日本ではワクチンに好意的な報道が占めていたが、2013年3月にが疼痛を訴える在住の女子中学生を報じた報道を境に、「ワクチンをネガティブでリスクのあるように取り上げる記事が圧倒的に占めるようになった」と指摘している。 2019年7月、HPVワクチンの政策決定に関わった元厚生労働省健康課長の正林督章は「科学的なことをよく把握せずに、ワクチンの危険性を煽った一部のマスコミによって、国民の中にワクチンに対する不安が大きくなり、HPVワクチンは危険である世論が形成されてしまった。 積極的勧奨の再開のためには、世論が変わることが必要だ。 今度はマスコミが接種推奨再開をせよというのなら、マスコミの側で責任を取って世論を元に戻すべきである。 世論が変わらない以上、積極的推奨の再開は難しい」と答えている。 補償 [ ] 日本 [ ] 東京都の中学生がワクチン接種により1年以上歩行困難となった事例があり、2013年3月に無料接種を実施した東京都は、副反応の被害救済制度の適用の可能性を検討している。 2013年4月に杉並区議会に議員が議題として取り上げられた後に、補償に応じない自治体として被害者団体により非難を受け、マスコミによる激しい取材を受けたため、杉並区では被害者とされる接種者に補償を行うことを決定した。 このことを日本国民は「自治体が誤りを認めた」と認識し、HPVワクチンに対する反感の転換点となった。 村中璃子によれば、HPVワクチンを過去に接種していれば医療費が無料になるという噂が広まり、それらしい症状が少しでもあれば「ワクチンとの関連性を疑うと診断書を書いてほしい」という求めが首都圏を中心に増える現象が報告されている。 また別の少女らでは、身体の痛みを覚えたり、脱力感、疲労感、四肢に力が入らなくなるなどで寝たきりになる例、修学旅行に行った記憶、学校からの帰り道、食事をしたことなどを忘れるなど著しいが発生したといった報道がされるようになった。 HPVワクチン接種後の体調不良に対して、2014年時点では「任意接種であること」等を理由に補償には応じなかった。 しかし、2019年9月現在、厚生労働省は、「積極的な接種勧奨の差し控え」の間であっても、健康被害救済の対象になる、としている。 アメリカ [ ] アメリカ合衆国では2013年4月までに、49人の被害者に対して、全国ワクチン傷害補償プログラム(VICP)による588万ドルの補償を決定した。 カナダでは2008年以来2015年までに少なくとも60人が、や栄養チューブを必要とするような状態となった。 被害者団体 [ ] イギリスにはAHVIDという団体があり、470人のメンバーのうち約400人はHPVワクチンの影響があると信じている。 2018年3月には、日本で国際シンポジウムが開催され、日本、コロンビア、スペイン、イギリス、アイルランドの被害者団体が集った。 同年4月、上記5か国の被害者団体は接種中止の共同宣言を行った。 日本 [ ] 2013年(平成25年)3月25日、にHPVワクチン予防接種の完全中止や、副反応患者の救済を求める「」が設立された。 被害者連絡会の会員は、免疫吸着療法が「症状緩和の手段として有効である」と信じられており、厚生労働省に対しては、免疫吸着療法に関する成果を公表するように要求している。 症状の原因は「HPVワクチンの固有成分による、脳内での免疫反応である」という仮説を支持している。 2017年、厚労省研究班の「牛田班」(牛田享宏・学際的痛みセンター教授代表)が「軽い運動や考え方の癖を前向きに変えるによって、7割の被害者が症状の回復または改善をみた」と発表したことに対して、副反応とされる症状の原因が「心身の反応や機能性身体症状」という前提で研究している、会員は「改善したという自覚を持っていない」と不信感を募らせた。 一方で、で症状が改善したという会員の声を封殺した上で、事実上の処分にするなど「被害者そっちのけで、闘争に明け暮れている」と医師のによる批判もある。 また、ワクチンの『副反応』とされる症状に疑問を呈し、厚労省研究班の「池田班」の研究発表に不備があると主張した、医師・ジャーナリストの及び関係者に対しても、抗議活動を展開している。 また厚生労働省への法的責任の確認や、日本でのの実施を要求している。 集団訴訟 [ ]• 2016年3月30日、日本で「HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団」が結成され、半身麻痺などが残った女性ら原告124人が、日本政府とグラクソ・スミスクライン社、MSD社に損害賠償を求める集団提訴を行うと発表し、東京、大阪、名古屋、福岡の4つの地方裁判所で1人あたり1500万円の賠償金を求める集団訴訟が起こされた。 2020年3月現在、係争中。 2017年、で700人以上からの政府と製薬会社に対する集団訴訟が行われた。 ワクチン忌避の類似例 [ ] 詳細は「」を参照 は歴史的にもまた、世界中でも発生している。 ワクチンの副反応に関する同様の話題は、過去にも知られている。 (・・)ワクチンに関して、医師が、MMRワクチンを接種するとになると主張した論文をイギリスの医学誌『』1998年2月に発表した。 子供の保護者らに懸念が広まり、イギリス、アメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドでワクチン接種の差し控えが広がり、その結果、麻疹に感染する子供が増加していった。 MMRワクチンによって自閉症になったとして訴訟も起こったが、巨額の費用を投入して実施された調査では、MMRワクチンと自閉症には因果関係が認められなかった。 医事委員会(General Medical Council、GMC)は2010年1月28日、ウェークフィールド医師らの研究は「倫理に反する方法」で行われていたとの裁定を下し、『』は2010年2月2日に論文を完全に撤回すると発表した。 さらに2010年5月、アンドリュー・ウェイクフィールドは、イギリスの医師免許を剥奪された。 について、1970-80年代には接種に否定的な報道が、世界中のマスコミで行われ、日本・スウェーデン・イギリス・ソビエト社会主義共和国連邦で接種率が低下した。 日本でも国の予防接種事故救済制度が発足し、厚生省は1975年(昭和50年)に乳児への百日咳ワクチン接種を中止し、百日咳ワクチンを含むの接種開始年齢を、2歳以上に引き上げた。 その結果、の流行が起きてしまい、1979年(昭和54年)には年間1万3,000人の患者が発生し、うち20人以上がした。 が百日咳ワクチンの接種開始年齢を3か月に戻したのは、14年後の1989年(平成元年)になってからであった。 1981年(昭和56年)ごろより感染者数が減少に転じるもの、1970年代前半のレベルに戻ったのは1995年(平成7年)であった。 集団予防接種が、日本では1987年(62年)度まで、小中学生を対象とし行われていた。 この集団予防接種は約300万人が感染し約8000人(推計)が死亡した、1957年(昭和32年)の大流行の教訓から生まれたもので、1962年(昭和37年)から小児への接種が推奨され、1977年(昭和52年)にで小中学生の接種が義務化された。 しかし、接種後に高熱を出して後遺症が残ったと国を訴えられて、裁判で国側が敗訴するケースも続出したため、1987年(昭和62年)に保護者の同意を得た希望者に接種する方式に変更され、 1994年(6年)には任意接種に変わった。 また、インフルエンザワクチンの効果に対する疑念も世論に広まり、100%近かった小中学生の接種率は、1990年代には数%に低下した。 その結果、によって死亡する児童が増加しただけではなく、インフルエンザに対するの低下により、高齢者施設の入所者がインフルエンザで相次いで死亡することになった。 後に、日本での小中学生に対するインフルエンザワクチンの集団予防接種は、年間約3万7000-4万9000人の命を救っていたことが指摘された。 多くの犠牲者を生んだこの教訓は、ワクチンの集団免疫という概念を知らしめ、各国のワクチン政策に影響を与えた。 厚労省HPVワクチン副反応研究班「池田班」における問題 [ ] 2016年3月、厚生労働省のHPVワクチン副反応に関連する研究班(池田班;との共同研究グループ)は、脳機能障害が起きた患者の8割弱で、システムに関わるが同じ型だったと報告した(その遺伝子の型は、日本や、に多く、やに少ない)。 33名の被験者のHLA-DPB1が調査され、通常日本人では4割程の頻度で存在する「0501」という型が、8割程度の頻度であることがわかった。 ワクチンの成分と症状の因果関係は不明だが、接種前に遺伝子を調べることが、副反応を回避することができる可能性があると発表した。 しかしこの調査は、調査対象が少ないことが指摘されていた。 厚生労働省はに、池田班が示したデータによって、特定の遺伝子多型を持つ人にHPVワクチンを接種した場合、記憶障害を起こす可能性が高いということは示せておらず、HPVワクチンと脳の症状との因果関係を示したものではないとし、「HPVワクチン接種後脳障害などの発症者の8割に、特定の遺伝子多型が見つかる」との報道は誤りであると発表した。 また池田班は、マウスに複数のワクチンを接種する実験を行い、HPVワクチンを注射したマウスの脳のみに、神経細胞に対するが産生されたとも報告した。 6月、は、不正を疑う通報を受けて調査委員会を設置し 、11月に「マウス実験の結果が科学的に証明されたような情報として社会に広まってしまったことは否定できない」と発表した。 これを受けて、厚生労働省は、「池田氏の不適切な発表により、国民に対して誤解を招く事態となったことについての池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾に思っております」「この度の池田班の研究結果では、HPVワクチン接種後に生じた症状が、HPVワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない」とコメントした。 池田は「名誉を棄損した」として、に対し損害賠償のための訴訟を起こした。 その他の批判 [ ]• 監査委員の平岡厚は2014年の論文で副反応の検証を期待していた。 当初は、反対派には査読を通過した論文がないのでWHOを信頼することで良いのではと考えいてたが、実際に文献を調査してみると推進派は都合の悪い論文を無視しているだけだということが2017年の二度目の調査も通して判明し、今では、査読を通過した論文によって検証を怠っていないのはワクチンの推進派ではなく反対派だと見ており、接種の中止が無難だと判断している。 民主党のは、2010年にブログにて、HPVワクチンを接種しなくても、検診を怠らないことで子宮頸癌に対応できるとして、HPVワクチンの集団接種はワクチン接種のリスクにさらすだけの行為で、自治体が高額な予算をつけて推奨するような話ではないとして反対している。 2016年にはワクチン接種再開の圧力には、メルク社などアメリカの製薬会社の利益のために国民を犠牲にする構造が問題で、日本は「」だと『』発表文で主張した。 政治家のはの街頭演説で、子宮頸がんワクチンは重篤となる割合が高く、これを強制接種することに疑問を呈し、さらにワクチンによるがんの予防効果は証明されていないとする厚労省の資料を示したうえで「」だと批判した。 これに対して産婦人科医らから批判の声が寄せられた。 厚労省は、予防と早期発見は全く別のものであると説明している。 日本産婦人科学会も、検診ではワクチンの代わりにならないことを説明している。 ()(NVIC:を掲げるアメリカの民間団体)は、2011年5月5日時点の報告で、全世界でHPVワクチン(ガーダシルおよびサーバリックス)接種後1年以内に94件の死亡事例と、21722件の副作用の事例があったと主張している。 の関口正人は、2014年に厚生省の審議会のメンバーの15人中11人にがあり、金額が500万円を超える3名は決議に参加できなかったと指摘した。 2016年11月1日には厚生労働省の副反応追跡調査の結果(10万接種あたり2人の症状)について、「医療機関に報告が届いていない症状がある可能性もある。 」として、17もの学術団体の委員たちが真剣に検討したとはとても考えられない、お粗末な内容と批判した。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 厚生労働省から公開される予防接種副反応報告書集計は、有害事象を単純計算したものである。 でも同様に因果関係を問わず、 () VAERS によってワクチン接種後の有害事象が集計される。 : Complex regional pain syndrome,• : postural tachycardia syndrome, PoTS• : HPV Vaccine Associated Neuropathic Syndrome, ハンズ• : Chronic Fatigue Syndrome• ただし日本のB型肝炎ワクチン:ビームゲンの添付文書にはMMFについての記載はない 2016年2月9日確認• 2016年現在、日本国内で流通しているワクチンに限っても、小児用ワクチン(:添加) やワクチン :水酸化アルミニウム添加) 、ジフテリアワクチン 、アルミニウム化合物 、3種混合ワクチン 塩化アルミニウム6水和物、水酸化アルミニウム、アルミニウム化合物 、2種混合ワクチン 塩化アルミニウム、アルミニウム化合物 など多くのワクチンに使用されている• 完全なデータによるシステマティックレビューは、以前、WHO必須医薬品専門委員会による(タミフル)の評価の格下げにつながった• 薬害オンブズパースン会議の調査では、事務局員が元GSKのマーケティング部長で、ワクチンメーカーから2012年と2013年に計7,350万円の寄付を受けていた• ただし、中国でも日本円で10万円ほど必要となるが、都市部では接種希望者が殺到している 出典 [ ]• CDC 2010年10月15日. 2011年2月27日閲覧。 Centers for Disease Control and Prevention CDC 2009年11月24日. 2010年2月13日閲覧。 Haupt, Richard M. ; Sings, Heather L. 2011. Journal of Adolescent Health 49 5 : 467—475. 2007年5月21日. 2007年5月25日閲覧。 2019年10月28日閲覧• Medscape. 2018年3月10日閲覧。 2019年10月28日閲覧• 日本醫事新報 2019年10月29日閲覧• 「妊婦又は妊娠している可能性のある婦人への接種は妊娠終了まで延期することが望ましい。 (サーバリックス)」「妊娠している婦人には接種を避けること。 予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種すること。 (ガーダシル)」「授乳婦には予防接種上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ接種すること。 (両剤)」• 2018年3月10日閲覧• 2013. Infectious Agents and Cancer 8 1 : 6. 2017. Indian Journal of Medical Ethics 2 : 82—88. 邦訳: (薬害オブンズパースン会議)• 2012. "Cervical cancer in the human papillomavirus vaccination era". Current Opinion in Obstetrics and Gynecology 24 1 : 3-7. Cervical Cancer Action Funded by the Rockefeller Foundation• 国立がん研究センターがん対策情報センター、更新日2016年7月13日• 西山彰彦 2016年2月7日. 日本経済新聞 朝刊. 2018年4月10日閲覧。 がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究班、がん検診嗚評価とあり方に関する研究班(共に厚生労働省 がん研究助成金)「子宮頸がん検診ガイドライン・ガイドブック」『』、2009年10月。 Int J Cancer 2017 Dec 26. doi:10. 31231. Medical Tribune. 2018年1月4日. 2018年4月10日閲覧。 Palmer, Tim; Wallace, Lynn; Pollock, Kevin G; Cuschieri, Kate; Robertson, Chris; Kavanagh, Kim; Cruickshank, Margaret 2019-04-03. BMJ: l1161. 日経メディカル. 日経メディカル. 2019年4月26日閲覧。 2014年2月1日から2018年10月11日に出版された研究報告を対象とするレビュー()。 The Lancet. 2019年6月29日閲覧。. BBC News Japan. 2019年6月26日. 2019年6月29日閲覧。 アメリカ癌協会 2013年7月24日• De Vuyst H, Clifford GM, Nascimento MC, Madeleine MM, Franceschi S 2009. Int. Cancer 124 7 : 1626-1636. Markowitz, L. ; Liu, G. ; Hariri, S. ; et al. 2016. PEDIATRICS 137 3 : e20151968—e20151968. 2013. PLoS ONE 8 7 : e68329. FOR IMMEDIATE RELEASE:2008年9月12日 Media Inquiries:Karen Riley, 301-827-6242 Consumer Inquiries: 888-INFO-FDA• PMDA• Yoshikawa, Hiroyuki; Ebihara, Keiko; Tanaka, Yoshiyuki; et al. 2013. Cancer Science 104 4 : 465—472. Rose Wilson, Pauline Paterson, Heidi J. Larson. ,CSIS Global Health Policy Center, 2014年5月• (2011年度分) 注釈3 厚生労働省• 2ed ed. 世界保健機関. 2018-01. 4-5. Yahoo! News. 2019年10月28日閲覧。 高齢者は筋肉注射、小児は皮下注• 厚生労働省• 2011年の内容の資料 厚生労働省• 海外がん医療上リファレンス、運営:日本癌医療翻訳アソシエイツ、2008年9月15日掲載 2016年10月25日閲覧• グラクソ・スミスクライン 2010年2月発行 2016年6月閲覧• 2016年6月閲覧• グラクソ・スミスクライン 2011年11月発行 2016年6月閲覧• 日本経済新聞2013年5月16日• 厚生労働省. 2014年9月1日閲覧。 Clinical Rheumatology 36 10 : 2169—2178. JAMA 2009年. 2014年8月31日閲覧。 - グラクソ・スミスクライン• , August 20, 2009• FAZ. NET2008年2月6日を紹介する: MediaSabor、2008年2月23日• 、2009年9月30日• (PDF)2013年5月15日までの報告分、厚生労働省• 14歳、子宮頸がんワクチン接種後死亡…国内初 2011年9月12日• 、2011年9月13日• 厚生労働省. 2014年9月1日閲覧。 厚生労働省• 厚生労働省、2013年5月16日、第1回厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会配付資料9-3• 厚生労働省. 2014年8月31日閲覧。 2019年9月6日閲覧• 元東京大学 医学部小児科教授• 厚生労働省• 精神診断の世界標準であるの『 』第4版、1994年に掲載されている• 村中璃子 WEDGE REPORT 2016年3月19日閲覧、『』• 厚生労働省 2014年7月4日. 2018年4月20日閲覧。 厚生労働省 2015年9月17日. 2018年4月20日閲覧。 日本線維筋痛症学会「4章 鑑別診断 5. 線維筋痛症と精神疾患の鑑別」『』日本医事新報社、2011年。 以下に同様: 日本線維筋痛症学会『』 pdf 日本医事新報社、2013年、75-76頁。 Devinsky, Orrin; Gazzola, Deana; LaFrance, W. Curt 2011-04-01. Nature Reviews. Neurology 7 4 : 210—220. Larson H. NATURE 2015; 528; 9• 西岡久寿樹「ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の中枢神経障害を中心とする多彩な病態をどのように把握するか:わが国と諸外国の調査成績の検討」『神経内科』第85巻第5号、2016年11月、 512-519頁。 池田修一「」『神経治療学』第33巻第1号、2016年、 32-39頁、 :、。 髙嶋博「」『神経治療学』第34巻第4号、2017年、 472-473頁、 :、。 Springer US. : 1-14. 2016-07-16. 2016年9月22日閲覧• Djurisic, Snezana; Jakobsen, Janus C; Petersen, Sesilje B; Kenfelt, Mette; Gluud, Christian 2017. Cochrane Database of Systematic Reviews. Gherardi, R. 2001. Brain 124 9 : 1821—1831. 浜六郎 医薬ビジランスセンター、2014年01月28日• メディカル日経BP 2016年2月9日閲覧• com 2019年10月29日閲覧• [接種勧奨中止3年、HPVワクチンの安全性でシンポ [産婦人科感染症学会]No. 4812 2016年07月16日発行 P. 13 登録日: 2016-07-16• com 2019年10月29日閲覧• 毎日新聞 2018年5月12日 18時55分 最終更新 5月12日 20時28分• Zuckerman, J. 2006. Journal of Medical Virology 78 2 : 169—177. 荒田仁、高嶋博「ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の神経障害:自己免疫性脳症の範疇から」『神経内科』第85巻第5号、2016年11月、 547-554頁。 高橋幸利、松平敬史、笠井良修「脳と自律神経の症状を呈する新病態 ヒトパピローマウイルス 子宮頸がん ワクチン接種後にみられる中枢神経系関連症状 特集 内科診療に潜む脳炎・脳症 」『日本内科学会雑誌』第106巻第8号、2017年8月10日、 1591-1597頁、。 犬塚貴、木村暁夫、林祐一「」『神経治療学』第33巻第2号、2016年、 94-98頁、 :、。 , p. 世界保健機関 2017年7月14日. 2018年4月20日閲覧。 WHO Weekly Epidemiological Record, 14 July 2017. からの抜粋。 要旨: 木下勝之、鈴木光明 2017年10月10日. 日本産婦人科学会. 2018年4月20日閲覧。 Nature 528 7580 : 9—9. Cochrane Nordic:北欧コクラン• 打出喜義「産婦人科からみたヒトパピローマウイルスワクチン」『神経内科』第85巻第5号、2016年11月、 503-511頁。 WHO必須医薬品専門委員会 2017 pdf. Report. 202-206. 2018年4月15日閲覧。. 2018. Systematic Reviews 7 1 : 8. 2018年4月15日閲覧。 厚生労働省 2014年1月20日. 2018年4月20日閲覧。 福永幹彦「」『心身医学』第53巻第12号、2013年、 1104-1111頁、 :、。 Buzzfeed 2018年3月1日. 2020年3月30日閲覧。 WEDGE REPORT 株式会社ウェッジ. 2015年12月24日閲覧。 最終更新日:2018年4月1日• 薬害オンブズパースン会議(2015年12月17日)• 『毎日新聞』2016年6月27日中部夕刊、同日閲覧• Suzuki, Sadao; Hosono, Akihiro 2018. Papillomavirus Research 5: 96—103. 鈴木貞夫 2018. 日本医事新報 4939: 50-55. 2019年1月17日閲覧。 2019年1月17日閲覧。 名古屋市立大学公衆衛生学分野• com 2018年4月4日. 2020年3月30日閲覧。 「」 pdf 『薬のチェックTIP』第77巻第18号、2018年、 66頁。 浜六郎「」速報No177、医薬ビジランスセンター、2018年3月8日• Wkly Epidemiol Rec, 2009. 84 15 : p. 118-131. 感染症診療の原則. 2014年8月31日閲覧。 GAVI. 2014年8月31日閲覧。 14 Geneva, Switzerland: WHO Press, 2007. 国立感染症研究所 病原体ゲノム解析研究センター. 2010年7月7日. 2013年3月26日閲覧。 , Ontario Ministry of Health and Long-Term Care, 2014. Crowe, E. ; Pandeya, N. ; Brotherton, J. ; et al. 2014. BMJ 348 mar04 2 : g1458—g1458. Don Ward Hackett, Robert Carlson 2018年3月29日. Precision Vaccinations. 2018年4月15日閲覧。 Rose; Lachal, Jonathan; et al. 2018. New England Journal of Medicine 378 12 : 1160—1160. Normile, Dennis 2016. Science 6319 : 1514—1515. jbpress,2019. 24(木)• 子宮頸がん征圧をめざす専門家会議. 2012年10月26日. 2013年3月26日閲覧。 "GACVS found no evidence to suggest a causal link with the HPV vaccine" : Global Advisory Committee on Vaccine Safety 2014-03-12 pdf. Report. 2018年3月10日閲覧。. BuzzFeed News. 2019年7月26日閲覧。 - 日本産科婦人科学会(2017年8月28日)• Sawada, Masaaki; Ueda, Yutaka; Yagi, Asami; et al. 2017. International Journal of Clinical Oncology 23 1 : 121—125. 産経新聞. 2019年8月30日. 2019年9月4日閲覧。 ワクチン. net(田辺三菱製薬)• 子宮頸がん征圧をめざす専門家会議 2013年7月5日 , プレスリリース , PRWire , 2018年3月10日閲覧。 , WHO. 及び Terms of reference• "GACVS found no evidence to suggest a causal link with the HPV vaccine" : Global Advisory Committee on Vaccine Safety 2014-03-12 pdf. Report. 2018年3月10日閲覧。. CB NEWS 2015年10月0日• 平成29年11月の第31回副反応検討部会において発表された厚生労働省のHPVワクチンの効果に関する推計• 産経ニュース 2017年12月9日 2017年12月20日閲覧• 読売新聞 2016年8月30日 東京夕刊 12頁 (全277字)• 小長洋子 東洋経済、2017年12月1日• BuzzFeed News. 2018年3月10日閲覧。 Peter Lind 2014年12月31日. Washington Times. 2018年3月10日閲覧。 David Bruser 2015年2月8日. msn. 2018年4月10日閲覧。 Jacqui Deevoy 2017年4月3日. 2018年4月20日閲覧。 城石裕幸 2018年3月26日. IWJ. 2018年4月10日閲覧。 朝日新聞. 2018年4月27日. 2018年5月25日閲覧。 viewpoint、2016年8月2日、2017年12月20日閲覧• ビジネスジャーナル、2017年2月9日、2017年12月24日閲覧• viewpoint、2016年7月31日、2017年12月20日閲覧• Carlos Guevara 2017年8月7日. Medscape. 2018年4月20日閲覧。 28 February 1998. Lancet 351 9103 : 637—41. (撤回済)• AFPBB News フランス通信社. 2010年2月3日. 2013年1月18日閲覧。 Meikle, James; Boseley, Sarah 2010年5月24日. The Guardian London. の2010年5月27日時点におけるアーカイブ。 2010年5月24日閲覧。 March 22, 2001 N Engl J Med 2001; 344:889-896 DOI: 10. 「HPVワクチンで脳障害」は誤り、厚労省 一部報道に対し異例の見解示す 厚生労働省 2016年4月20日• 『毎日新聞』大阪朝刊2016年6月28日、同日閲覧• www. mhlw. 2019年3月28日閲覧。 読売新聞. 2016年11月16日. 2018年4月20日閲覧。 平岡厚「 」 『JAPAN SKEPTICS』第23号、2014年、 5-13頁。 平岡厚「 」 『JAPAN SKEPTICS』第26号、2017年、 23-37頁。 ひらがな5文字の「はたともこ」ブログ、2010年5月16日• はたともこ「「人体実験パラダイス」から脱却せよ」『月刊日本』第2016巻9月号増刊、2016年8月30日、 65-67頁。 , National Vaccine Information Center• (薬害オンブズパースン、2016年11月1日) 参考文献 [ ]• GACVS; ワクチン安全性に関するグローバル専門家委員会 2015-12-17 pdf. Report. 世界保健機関. 2018年4月20日閲覧。. Statement on Safety of HPV vaccines, 17 December 2015. による資料• 世界保健機関; 厚生労働省健康局健康課予防接種室・仮訳 2017-05-12 pdf. Report. 世界保健機関. 2018年4月20日閲覧。. Human papillomavirus vaccines: WHO position paper, May 2017. Jacqueline Parsons, Tracy Merlin, Michael Gold 2017-12. Report. University of Adelaide. 2018年4月20日閲覧。. Arbyn, Marc; Xu, Lan; Simoens, Cindy; Martin-Hirsch, Pierre PL 2018. Cochrane Database Syst Re: CD009069. 荒田仁・高嶋博「子宮頸がんワクチンに関連した自己免疫脳症」(「神経内科」第89巻第3号(2018年9月)) 参考資料 [ ]• 2019年4月改訂 第12版• 2013年 6 月改訂 第 3 版• 最終更新日:2018年4月1日、(名古屋スタディ) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• (英語) 世界保健機関• 厚生労働省• 厚生労働省• 子宮頸がん征圧をめざす専門家会議• 薬害オンブズパースン会議• HPVワクチン薬害訴訟全国弁護団.

次の

「ワクチン開発」に関連した英語例文の一覧と使い方

ワクチン 英語

The Cow-Pock—or—the Wonderful Effects of the New Inoculation! 1802 ワクチン忌避 ワクチンきひ、vaccine hesitancy とは、 の接種 を受けたり子供に予防接種を受けさせたりすることを躊躇したり拒否したりすることである。 ワクチン忌避はによって2019年における「世界的な健康に対する脅威」のトップ10のうちの1つに選ばれた。 忌避は、ワクチンに関連した医療的・倫理的・法的問題についての公の場での論争の結果生じたものである。 ワクチンの忌避と論争は予防接種の発明以来続いており、「ワクチン vaccine 」「予防接種 vaccination 」という語が作られる80年近く前から存在している。 ワクチンが安全で効果的である という圧倒的な にも関わらず、その安全性についての根拠のない危惧は未だ生じており、その結果、ワクチンで予防できる疾病による死やが引き起こされている。 例えば、ワクチンがを引き起こすという考えは科学的エビデンスによって広く反証されているものの、親が子供への予防接種を遅らせたり避けたりといったことが未だに起きている。 反ワクチンの提唱者たちが主張する仮説は時代とともに変化するが 、原因はいつも同じで「ワクチン」である。 ワクチン忌避による予防接種率の低下によって、予防できる疾患、特にやの流行が引き起こされた。 その結果、カリフォルニア州上院法案277 やオーストラリアの""政策のように予防接種の義務化へ向けた圧力が強まることとなり、反ワクチン活動家による激しい反対が行われた。 ワクチンの義務化とそれへの反対は、どちらも少なくとも1世紀以上を遡る歴史がある。 このような反対は、反ワクチン感情に基づいて行われる場合や、義務的な予防接種が市民の自由を侵害する、または予防接種への信頼を低下させる、といった懸念に基づいて行われる場合もある。 ロンドンにおいて発展途上国での予防接種の拡大を訴える活動家。 を予防する初期の試みは、軽度の症例によってが付与されることを期待して、意図的に病気をするものであった。 もともと接種 inoculation と呼ばれていたこの技術は、後にによって導入された接種 vaccination との混同を避けるために variolation と呼ばれるようになった。 人痘接種は中国とインドで長い歴史を持っていたが、北アメリカとイングランドでは1721年に初めて用いられた。 は、1721年の天然痘の流行時にボストンに人痘接種を紹介した。 コミュニティの強い反対にもかかわらず 、マザーは医師 ()を説得した。 ボイルストンは最初に彼の6歳の息子、奴隷、そして奴隷の息子に対して実験を行った。 各人は病気に感染して数日間臥せっていたものの、症状が消えてからは重症化することはなかった。 ボイルストンはマサチューセッツの数千人の住民に人痘接種を行い、彼への謝意として多くの場所に彼の名が付けられることとなった。 は人痘接種をイングランドにもたらした。 彼女はその手法がトルコで用いられているのを見つけ、彼女の息子は1718年に医師 ()の監督のもと、で人痘接種を受けた。 彼女が1721年にイングランドへ戻ったとき、彼女はメイトランドに娘に対しても人痘接種を行わせた。 このことは多くの関心を呼び、はの何人かの囚人に人痘接種を行わせた。 それらは成功し、さらなる短期間の実験の後の1722年には、皇太子妃の2人の娘も無事に人痘接種を受けた。 王室の承認のもと、この技術は天然痘の流行の恐れがあるときの一般的な手法となった。 接種に対する宗教的議論はすぐに起こった。 例えば、イングランドの神学者 Reverend Edmund Massey は、1722年の「接種という危険で罪深い行為」 The Dangerous and Sinful Practice of Inoculation と題された説教において、病気は罪を罰するために神から送られたものであり、天然痘を人痘接種によって予防しようとするいかなる試みも「悪魔的所業」 diabolical operation である、と論じた。 当時は人気のある説教師の説教を出版する慣習があったため、それは聴衆へ広く行き渡った。 Masseyの説教は北アメリカまで達したが、そこでも特に ()によって宗教的な反対が行われた。 より強力な反対は、で医学を修め、で、ボストンに移住した ()によるものであった :114—22。 天然痘の予防接種 [ ] エドワード・ジェンナー 人痘接種と同様、予防接種に対しても宗教的な反対が行われたが、ジェンナーの友人であった Reverend Robert Ferryman や、好意的な説教を行っただけではなく自身も予防接種を行った () :221 といった聖職者の支持によって、ある程度の均衡が保たれた。 また、金銭的な独占を失うことを予見した人痘接種の施術者による反対も行われた。 William Rowley はの有名なの中で風刺されているような、予防接種によって生じたとされる奇形のイラストを発表し、Benjamin Moseley はをになぞらえ、20世紀まで続く論争が開始されることとなった :203—05。 予防接種の支持者も安全性と効力について正当な懸念を示していたが、立法で予防接種を義務化する際の大衆からの非難はこれをはるかに上回るものであった。 安全性と効力が懸念されることとなった理由は、生産の制御や失敗の検証を行う実験室的手法が発達する前に予防接種が導入されたことによるものであった。 ワクチンは、当初は腕から腕へと接種されることで、その後は動物の皮膚での生産によって維持されていたため、微生物学的な無菌状態は不可能であった。 さらに、病原体の検出法は19世紀の後半から20世紀の初頭以前には利用できなかった。 後に汚染されたワクチンによって引き起こされていたことが判明した疾患には、、、、そしてがあった。 梅毒は極めて稀 1億回の予防接種で750症例と推計されている であったが、特に注目を集めた。 ずっと後になって、医学における予防接種の主導的な反対者であった医師 ()は、ワクチン自体が梅毒の原因であると主張し、その主題で一冊の書籍を執筆した。 以前に予防接種を行った人物での天然痘の症例が発生し始めると、予防接種の支持者たちは、それらがたいてい非常に軽症で、予防接種後何年も経ってから発生したものであることを指摘した。 一方、予防接種の反対者たちは、それらが予防接種が完全な保護効果を持つというジェンナーの考えと矛盾するものであることを指摘した :17—21。 予防接種が危険かつ非効果的なものであるという反対者たちの見解は、イングランドにおいて予防接種の義務化が導入された際に強硬な反ワクチン運動の進展をもたらした。 イングランド [ ] 人痘接種は高い危険性のため、イングランドでは1840年の () Vaccination Act によって禁止され、また幼児への任意の予防接種が導入された。 その後、議会は義務的な予防接種を制定し執行するための一連の法案を通過させた。 1853年の法案で予防接種の義務化が導入され、従わない者には罰金が課せられ、支払いに応じない者は投獄された。 1867年の法案で年齢制限は14歳まで延長され、同じ子供に対して繰り返し拒否を行った者には繰り返し罰金が科せられた。 当初、予防接種の規制は現地の貧民保護官 Poor Law Guardians によって管理されていたため、予防接種に対して強い反対がある町では起訴を行わない同情的な保護官が選出された。 しかし1871年の法案によって、保護官には執行が要求されるようになった。 これによって政府と民衆の関係は大きく変化し、組織化された抗議が増加することとなった。 の () Keighley では、1876年に反ワクチンを掲げて選出された7人の保護官が逮捕されて一時的に投獄されたことに伴い、 この "Keighley Seven" を支持する大規模なデモが行われた :108—09 :428。 抗議運動は社会階級を越えて広がった。 罰金の金銭的な負担は労働者階級に最も重くのしかかり、この層がデモの参加者の最多数を占めた。 協会の組織や出版が中流階級によって行われ、支持はやといった名士や、チャールズ・クレイトンや ()といった医師、 ()や ()といった国会議員からも得られた。 1885年までに、では3,000以上の起訴が保留となり、集団集会には20,000人以上の抗議者が参加した。 圧力が高まる中、政府は1889年に予防接種に関する Royal Commission on Vaccination を設置し、1892年から1896年の間に6つの報告書が、そして1898年には詳細な総括が発行された。 委員会の勧告は1898年の予防接種法に組み込まれ、義務的な予防接種は必要であるものの、2人の治安判事の署名のある証明書の提示によって良心的拒否による免除が認められることとなった。 治安判事が義務的な予防接種を支持している町では署名を得ることが困難であったため抗議は続き、1907年の法案では単純な署名を伴う宣言によって免除が認められることとなった。 これによって当座の問題は解決されたものの、義務的な予防接種は未だ法的強制力を持っており、強固な反対者はそれらの廃止へ向けてロビー活動を行った。 義務的な予防接種の廃止は1900年の総選挙ののマニフェストの要求事項の1つとなった。 義務的予防接種は1948年のの導入時に廃止され、義務的予防接種の支持者からの反対は「ほとんど無視できる」ほどのものであった。 ウェールズの予防接種はイングランドの法律の下にあったものの、はイングランドとは別体系であった。 スコットランドでは1863年に予防接種が義務化されたが、激しい抗議が起こり1907年になってようやく良心的拒否が認められた :10—11。 19世紀の後半、レスターは天然痘の管理に関して多くの関心を集めた。 そこでは義務的な予防接種に対して特に強い反対があり、医療機関はこのことを考慮する必要があった。 彼らは予防接種を用いるのではなく、症例の検知、患者の厳密な隔離、隔離病棟の準備に基づくシステムを作り上げた。 このシステムは成功したが、予防接種の代わりに強制的な隔離が受け入れられる必要があった。 1901年にレスターの医務官に任命された ()は、当初は予防接種の義務化の支持者であったが、義務化に対する考えを軟化させる一方、接触者と職員に対しては予防接種を受けるよう奨励した。 このアプローチは、当初は政府の方針に対する圧倒的な反対によって発展したものであったが、レスター法 Leicester Method として知られるようになった。 やがて、それは天然痘のアウトブレイクに対処する最も適切な方法として受け入れられるようになり、の天然痘根絶運動に最も深く関係した人々によって「天然痘管理の歴史における重要な出来事」の1つとして挙げられることとなった。 根絶運動の最終段階の、一般的に「監視と封じ込め」 surveillance containment と呼ばれる段階は、多くがレスター法に由来するものである。 アメリカ合衆国 [ ] アメリカ合衆国では、大統領は、ボストンの医師とともに、予防接種について強い関心を抱いていた。 ジェファーソンは南部諸州へワクチンを輸送する手法、ワクチンが不活性化する主要因である熱による損傷を防ぐ手法の開発を奨励した。 天然痘のアウトブレイクは19世紀の後半には封じ込められるようになったが、それは人口の大部分が予防接種を受けたことによるものである。 天然痘の症例が減少すると予防接種率は低下し、19世紀の末には再び流行が起こるようになった。 1879年にイギリスの著名な反ワクチン活動家 ()がニューヨークを訪問した後、反ワクチン団体Anti-Vaccination Society of Americaが創設された。 New England Anti-Compulsory Vaccination Leagueが1882年に、Anti-Vaccination League of New York Cityが1885年に結成された。 合衆国における反ワクチン運動の戦略は、大部分がイングランドで用いられたものを踏襲していた。 合衆国における予防接種は個々の州で規制されていたが、イングランドと同様の反発、反対、廃止運動が進展した。 予防接種に関する論争は基本的に州ごとに行われていたが、1905年にはに到達した。 その訴訟、 ()において、裁判所は州は天然痘の流行時に天然痘の予防接種を要求する権限があることを示した。 ピッツバーグ板ガラス 現: の創設者である ()は、アメリカの反ワクチン運動の主要な資金源かつ指導者となった。 1907年3月5日、において、ペンシルベニア州議会の公衆保健衛生委員会に対し予防接種を批判する演説を行った。 彼は後にNational Anti-Vaccination Conferenceの後援者となり、1908年10月にはAnti-Vaccination League of Americaが創設された。 その月の後半に連盟が組織されたとき、会員は初代会長としてピトケアンを選出した。 1911年12月1日、ピトケアンはペンシルベニア州知事 ()からペンシルベニア州予防接種委員に任命され、委員会の結論に強く反対する詳細な報告書を著した。 彼は1916年に亡くなるまで断固たる予防接種の反対者であった。 ブラジル [ ] 1904年11月、長年の不適切な衛生状態と疾病、そしてそれに続く公衆衛生担当 ()による説明不十分な公衆衛生運動に対し、の市民と士官候補生は () Revolta da Vacina と呼ばれる蜂起を行った。 暴動は予防接種法が施行される日に起こった。 多くの人々が長年にわたって都市の再開発などの公衆衛生計画に反対してきたが、予防接種はその計画の最も恐ろしい面、最も目に見えてわかりやすい面の象徴であった。 その後のワクチンと抗毒素治療 [ ] 天然痘の予防接種に対する反対は20世紀に入っても続き、論争には新たなワクチンやの治療の導入が組み込まれた。 抗毒素による治療で用いられるウマの注射は、 ()とよばれる過敏症を引き起こすことがあった。 さらに、動物での天然痘ワクチンの生産やウマでの抗毒素の生産は、反動物実験活動家が予防接種に反対する動機となった。 ジフテリア抗毒素はジフテリアに対して免疫を持つウマから採取される血清であり、を与えることでヒトの症例の治療に用いられた。 1901年、 ()という名前のウマの抗毒素がで汚染され、で13人の子供が死亡した。 この事故と、での破傷風で汚染された天然痘ワクチンによる9人の死亡事故を受けて、1902年には () Biologics Control Act が即座に通過した。 は1890年にを開発した。 を持つ人物に接種されると過敏症反応が起き、現在でも感染した人物を検出するために用いられている。 コッホはツベルクリンをワクチンとして利用しようとしたが、ツベルクリンによって潜伏性結核を持つ人物では結核が再活性化され、重症反応や死が引き起こされた。 これは新たなワクチンの支持者にとって大きな後退となった :30—31。 このような事故などによって予防接種や関連手法を憂慮する不都合な結果は宣伝され続けることとなり、新たな手法が増加するにつれて宣伝も増大していった。 1955年には、カッター事件 Cutter incident として知られる悲劇が起こった。 ()が生産した12万投与量のに、不活化ウイルスとともに生ウイルスが誤って含まれた。 このワクチンによって4万症例のが発生し、53件の麻痺が起こり、5人が死亡した。 病気は家族にも広がり、さらに113件の麻痺と5人が死亡するポリオの流行が引き起こされた。 これはアメリカの歴史における最悪の薬害の1つである。 1982年には" DPT: Vaccine Roulette"が放送され、に対する論争が起こった。 1998年にはによる不正学術論文が発表され、 MMRワクチン に対する論争が起こった。 また近年では、11歳と12歳の少女に対するの投与が乱交を助長するとして論争の的となった。 21世紀のワクチンに対する議論は、しばしば19世紀の反ワクチン活動家との類似性が指摘される。 2008年から2010年代にかけて行われた研究は、教育水準や社会経済的状況の高さと予防接種の完了率の低さの関連性が示唆されている。 効力 [ ] は予防接種の導入後急激に減少した。。 大規模な予防接種運動の効果に関する科学的なエビデンスは良く確立されている。 予防接種運動は、かつてはヨーロッパで7人に1人の子供が死亡していたの根絶を助け 、をほとんど根絶した。 出生から思春期までの予防接種が完全に実施されれば、ある年にアメリカで誕生した子供のうち、3万3000人の命が救われ、1400万件の感染症が予防されると推計されている。 これらの感染症の減少は、予防接種よりもむしろ衛生環境の改善の結果である、もしくは特定のワクチンが導入される以前にすでに減少していた、という議論がある。 これらの主張は科学的データに基づいていない。 ワクチンによって予防できる疾病の発生数は、特定のワクチンが導入されるまでは時とともに変動する傾向があるが、導入によってほぼゼロにまで減少する。 のウェブサイトではワクチンに関する一般的な誤解についての議論がなされている。 他の批判では、ワクチンによって付与される免疫は一時的でありを必要とするが、疾病を生き延びた人は終生免疫を獲得する、という議論がなされる。 後述するように、いくつかの実践者の教義はワクチンが効果的であることを受け入れない。 集団の健康 [ ] ()は7ヶ月のときにのために四肢の部分的切除が行われた。 予防接種がより広く実施されれば、集団免疫によって彼女のような予防接種を受けるには幼すぎる子供が病気に感染するのを防ぐことができる。 予防接種が不完全であると、予防接種を受けた人を含めて、集団全体のリスクが増大する。 それはが減少するためである。 例えば、麻疹ワクチンは9ヶ月から12ヶ月の間に投与されるが、母親由来の抗体の消失 それ以前は ()に失敗することが多い と自然感染の間の短期間は、予防接種を受けた子供はしばしば脆弱である。 もしすべての子供が予防接種を受けていれば、集団免疫によってこの脆弱性を低下させることができる。 アウトブレイク時またはアウトブレイクの危険性がある時に集団免疫を強化することは、集団予防接種の正当化の理由としておそらく最も広く受け入れられている。 新しいワクチンが導入されたとき、集団予防接種はその適用範囲を迅速に広げるために役立つ。 集団の十分な割合が予防接種を受けていれば、集団免疫は効果を発揮し、幼すぎる、高齢すぎる、免疫抑制状態にある、またはワクチンの成分に対して重度のがある、などの理由でワクチンを接種できない人々のリスクを低下させることができる。 免疫抑制状態の人々が感染したときの予後は、一般的な集団よりもしばしば悪い。 費用対効果 [ ] 一般的に用いられているワクチンは、急性または慢性疾患の治療と比較して、健康増進のための費用対効果に優れたである。 2001年のアメリカでは、7つの疾患に対する定期的な小児期の予防接種により、出生コホートあたり、直接医療費100億ドルを含む、社会費用全体で400億ドル以上の節約になると推計されており、これらの予防接種のは 16. 5 と推計されている。 必要性 [ ] 予防接種プログラムが病気の脅威を低下させることに成功すると、その病気の影響についての文化的な記憶が薄らぐにつれ、病気の危険性の認識も低下する可能性がある。 この点に関し、親は子供に予防接種を行わないことによって失われるものなどないと感じるようになるかもしれない。 もし人々が、予防接種を行わないで集団免疫の恩恵にあずかろうという「ただ乗り」を望むようになれば、予防接種の水準は集団免疫が機能しなくなる水準まで低下する可能性がある。 予防接種率の低下後の事象 [ ] いくつかの国家では、ワクチンの使用の減少後に疾患の罹患率と死亡率の増加が起こった。 によると、ほとんど根絶された疾患の再発を防ぐには、ワクチン接種率が継続的に高水準で維持される必要がある。 は、集団予防接種が実施されていない発展途上国では未だに主要な健康問題となっている。 は、2002年に百日咳によって29万4千人が死亡したと推計している。 ストックホルムでは1873年に大きなの流行が起こった。 それによってワクチン接種率は上昇し、流行は終息した。 戦後のによるポスター。 保健省は子供にジフテリアの予防接種を行うよう強く促した。 百日咳 [ ] イギリス 1970—80年代 [ ] 1974年、ある著名な公衆衛生学者が、36の反応がに起因すると報告し、ワクチンはわずかに効果があるにすぎず、その利益がそのリスクを上回るかについて疑問を呈した。 テレビや新聞の報道は過熱し、恐怖が引き起こされた。 主流の医学的意見はワクチンの有効性と安全性を支持し続け、国によるワクチンの有効性の再評価の発表後に国民の信頼は回復した。 緊密な医療監視によって、死亡率は年あたり1人程度に抑えられた。 インフルエンザワクチン [ ] 日本 1964年-80年代) [ ] 専門家の副反応検討委員会は、と副反応の因果関係は無いと結論を出したにもかかわらず、は予防接種を再開できないでいる。 以前からGASVSが指摘しているとおり、薄弱なに基づく政治判断は、安全で効果あるの接種を妨げ、真の被害をもたらす。 若い女性が本来なら避けられる筈のの被害と脅威に暴露され続けている。 — 世界保健機関 ワクチンの安全性に関する国際委員会、2015年12月22日 と批判した。 麻疹 [ ] オランダ 1999—2000 [ ] オランダの宗教コミュニティと学校においての大流行が起こり、3人の死亡と68人の入院を含む2,061件の症例が発生した。 大流行が発生したいくつかの州の予防接種率は高い水準であったが、例外的に1つの宗派は伝統的に予防接種を拒否していた。 イギリスとアイルランド 2000 [ ] に関する論争 () の結果、1996年以降のイギリスの予防接種率は急激に低下した。 1999年末から2000年の夏にかけて、アイルランドの・ノースサイドで麻疹のアウトブレイクが起こった。 300以上の症例が発生し、100人以上が入院した。 3人の子供が死亡し、さらに数人は重症で、一部の人は回復のために人工呼吸器を必要とした。 アメリカ合衆国 2005— [ ] 2000年、アメリカ合衆国は麻疹の根絶を宣言した。 国内での麻疹の伝染が1年間発生せず、残りはであった。 2005年のでの麻疹のアウトブレイクは、子供への予防接種を拒否した親によるものであった。 アメリカ合衆国における麻疹の発生件数。 CDC は、2013年の3つの大きな麻疹のアウトブレイクは、個人的または宗教的信念で予防接種を拒否した集団によるものであったと報告した。 2013年8月時点で、、、の3つの集団発生が、16州で報告された麻疹159件のうち64%を占めている。 2014年の症例数は最終的に27の州で668件と4倍に跳ね上がり 、それには予防接種を受けていない訪問者によるのでの伝染が含まれる。 2015年の1月1日から6月26日の間に、24の州とワシントンD. の178人が麻疹に感染したことが報告された。 CDCの科学者による解析によって、このアウトブレイクのウイルス型 B3 が2014年にフィリピンで大規模な麻疹のアウトブレイクを引き起こした型と同一であることが示された。 2015年6月2日に、12年ぶりとなる麻疹による死亡例が記録された。 の免疫抑制状態の女性が感染し、後に麻疹によるで死亡した。 2017年の4月には、で麻疹のアウトブレイクが起こった。 6月16日時点で78の症例が州によって確認され、71人が予防接種を受けておらず、65人はアメリカ人であった。 アウトブレイクはソマリ系アメリカ人の子供の低い予防接種率によるものであり、それは2008年に向けの特殊教育を受けているソマリ系未就学児の割合が不釣り合いに高いことに対し、ソマリ系の親が懸念を表明し始めたことに遡る。 それとほぼ同時期に、不祥事を起こした元医師がを訪れ、反ワクチン団体と手を組みワクチンが自閉症の原因となる懸念を表明した。 複数の研究によって、MMRワクチンと自閉症にはいかなる関係もないことが示されている。 2018年の秋から2019年初頭にかけて、で200以上の麻疹の確定症例が発生した。 これらの症例の多くは、と内の予防接種率が低いユダヤ人コミュニティで起こった。 州の衛生局長 Howard Zucker は、これは近年の記憶で最悪の麻疹のアウトブレイクであると述べた。 2019年の1月には、で少なくとも36の麻疹の確定症例の発生が報告された。 大部分は内で、州の他の地域に比べて予防接種の免除率が高い地域であった。 州知事は州の非常事態を宣言し、州議会では個人的理由による予防接種の免除を許可しない立法が提案された。 ウェールズ 2013— [ ] ルーマニアの反ワクチン運動がいかにヨーロッパの脅威となっているかを解説する Ovidiu Covaciu、2017年。 2017年9月時点では、麻疹の流行がヨーロッパ中、特に東欧で継続していた。 ルーマニアでは、麻疹の症例が約9300件発生し、34人が死亡した。 死者はすべて予防接種を受けていなかった。 この流行は、2008年のヒトパピローマウイルスワクチンに関する論争を受けてのものである。 2012年に、医師 Christa Todea-Gross はオンラインで自由にダウンロードできる書籍を公開した。 この書籍には予防接種に関する国外の誤情報がルーマニア語に翻訳されたものが含まれており、反ワクチン運動の成長が大きく促進された。 ルーマニア政府は2016年9月に麻疹の流行を公式に宣言し、子供への予防接種を奨励する啓蒙活動を開始した。 しかし、2017年2月までにMMRワクチンの備蓄は枯渇し、医師は過重労働となった。 4月ごろにはワクチンの備蓄は回復したものの、2019年1月までに死者数は59人に上った。 破傷風 [ ] アメリカ合衆国 [ ] アメリカ合衆国における小児のの症例のほとんどは、予防接種を受けていない子供で発生したものである。 ポリオ・麻疹・ジフテリア [ ] ナイジェリア 2001— [ ] 2000年代初頭、北部のに懐疑的な保守的宗教指導者が、支持者に対し子供にによる予防接種を受けさせないよう助言した。 ボイコットはの知事にも支持され、予防接種は数ヶ月中断した。 その後、ナイジェリア近隣のポリオ清浄地域でポリオが再出現し、ウイルスはナイジェリア北部起源のものと同一であることが遺伝学的検査によって判明した。 ナイジェリアは近隣国家へのポリオウイルスの輸出国となった。 北部諸州の人々は他の予防接種にも慎重であることが報告されており、ナイジェリアでは2005年の1月から3月の間に麻疹が2万件発生し、600人近くが死亡した。 ナイジェリア北部では、予防接種は西洋人が北部の人口を減らすために作り出した戦略であると一般的に信じられており、その結果、北部の人々の多数が予防接種を拒否している。 2006年には、世界中で新たに発生したポリオの半数以上をナイジェリアが占めることとなった。 その後もアウトブレイクは続き、2007年の末のでの麻疹のアウトブレイクによって少なくとも200人の子供が死亡した。 一般的なテーマ [ ] 一部の反ワクチン活動家は、予防接種による公衆衛生の改善をあからさまに否定したり、に頼ったりするが 、より共通してみられるのは予防接種の安全性に対する懸念をとりあげるという点である。 他の医学的治療と同じく、ワクチンは重度の反応といった深刻な合併症を引き起こす可能性がある。 しかし、他の医学的介入とは異なりワクチンは健康な人に投与されるため、より高い安全性が期待される。 予防接種による深刻な合併症の可能性は存在するものの、それらはきわめて稀であり、ワクチンで予防可能な疾患による同様の危険性よりもはるかに小さいものである。 予防接種プログラムの成功が拡大して、疾患の発生が減少するにつれ、大衆の関心は疾患の危険性から予防接種の危険性へと移行し 、保健当局が予防接種プログラムに対して大衆の支持を維持し続けることが困難になる。 予防接種の安全性に関する懸念は、しばしば一定のパターンに従う。 まず一部の研究者が、罹患率が増加している、または原因が不明の病状について、それが予防接種の悪影響であると示唆する。 悪影響とされるものについての時期尚早な発表が行われると、同じ状況に苦しむ人たちの間で反響を呼び、一方でワクチンによる保護が可能な人々が、予防接種を避けることの潜在的な害は過小評価される。 他のグループが初期の研究の追試を行うが、同じ結果は得られない。 最終的に、ワクチンに対する公衆の信頼の回復には数年を要する。 ワクチンによるものとされる悪影響は、原因が不明で、発生数が増加しており、多少の生物学的妥当性があり、予防接種時期と近接して起こり、恐ろしい予後を示す、というものが典型である。 ほぼすべての場合で、公衆衛生への影響は文化的境界によって限定されている。 英語話者はワクチンが自閉症を引き起こすことを恐れ、フランス語話者は他のワクチンが多発性硬化症を引き起こすことを恐れ、ナイジェリア人はまた別のワクチンが不妊を引き起こすことを恐れている。 自閉症 [ ] 詳細は「 ()」を参照 ワクチンとが関連しているという考えは、広範囲にわたって調査されており、誤りであることが判明している。 は、ワクチンと自閉症の発生には、因果関係であれ何であれ、いかなる関係も存在せず 、ワクチンの成分が自閉症を引き起こすことはない 、ということである。 それにもかかわらず、反ワクチン運動は、この2つを関連付ける作り話や、陰謀論、誤情報を宣伝し続けている。 反ワクチン運動は疑わしい主張の根底にある科学を正当化することを目的として、いくつかの疑わしい研究やほとんど関連のない研究の積極的な集約によって不適切な研究を推進する、という発展戦略をとっているように思われる。 チメロサール [ ] 詳細は「 ()」を参照 は、複数回用ワクチン 同一のバイアルが複数人に用いられるワクチン の汚染を防ぐために少量含まれている、のあるである。 チメロサールは、その有効性の一方で、を含むためにその使用については議論がある。 結果的には1999年に、 CDC と AAP はに基づいて、できる限り早期にワクチンからチメロサールを除去するようワクチンメーカーに要請した。 現在アメリカとヨーロッパで一般的に用いられているワクチンには、の一部を除いてチメロサールは用いられていない。 CDCとAAPの行動は、チメロサールが自閉症の原因かもしれないという懸念を引き起こした。 この考えは現在では反証されており、チメロサールが小児用ワクチンから除去された後も自閉症の発生率が増加し続けていることからも明らかである。 現在のところ、チメロサールへの曝露が自閉症の発症因子である、という科学的に認められたエビデンスは存在しない。 2000年以降アメリカ合衆国では、チメロサールが子供の自閉症を引き起こしたとして、国庫からの法的賠償を求める訴訟が行われている。 2004年の IOM の委員会は、チメロサール含有ワクチンと自閉症との間にいかなる因果関係も認めないことを支持した。 MMRワクチン [ ] 詳細は「 ()」を参照 イギリスでは、1998年にらが、ワクチン投与直後に発症したを主とする12の子供の症例報告を『』に発表した後、が論争の的となった。 1998年の記者会見においてウェイクフィールドは、1度に予防接種を行うよりも、3回に分けて子供にワクチンを投与した方が安全であることを示唆した。 この示唆はその論文によっても支持されておらず、その後のいくつかの査読済み研究論文では、ワクチンと自閉症の間にいかなる関連性も示すこともできなかった。 後に、ウェイクフィールドはワクチン製造業者との訴訟当事者から資金を受け取っていたことが判明したが、彼は自らのを同僚や医療機関へ申告していなかった。 このことが知られていれば、ランセット誌での発表は行われていなかったであろう。 2004年に、論文のMMRワクチンと自閉症についての解釈は12人の共著者のうちの10人によって撤回がなされ 、2010年にはランセット誌の編集者によって論文の完全な撤回がなされた。 ウェイクフィールドは、ランセット誌に発表された研究における意図的な改竄を特定する声明とともにイギリスの医師免許を剥奪され、イギリスでの医療行為が禁止された。 CDC 、IOM 、イギリスの はすべて、MMRワクチンと自閉症の関連についてはいかなるエビデンスも存在しないと結論付けた。 また、によるは、MMRワクチンと自閉症の間に信頼性の高い関連は存在しないこと、依然として多くの死者と合併症をもたらしている疾病をMMRワクチンが予防してきたこと、MMRワクチンに対する信頼の欠如によって公衆衛生が損なわれたこと、MMRワクチン研究の実験デザインやその安全性に関する報告はほとんどが不適切なものであることを結論付けた。 2009年に紙は、ウェイクフィールドが1998年の論文において患者のデータを操作して誤った結果を報告し、自閉症との見かけ上の関連性を作り出した、と報じた。 2011年のの記事では、研究データが予め決められた結論に達するよう、ウェイクフィールドによっていかに改竄されていたかが記述された。 同ジャーナルの付随論説では、ウェイクフィールドの仕事は、予防接種率の低下を引き起こし、数十万人の子供を危険にさらし、自閉症の真の原因の研究からエネルギーと金銭をそらすこととなった、「手の込んだ詐欺」であると記述された。 アメリカ合衆国では、 () National Vaccine Injury Compensation Program のもとで主張を検討する特別法廷が招集され、2009年2月12日、自閉症の子供の親は、特定のワクチンが子供に自閉症を引き起こしたという主張では、補償を受ける権利がないことが示された。 「ワクチン・オーバーロード」 [ ] 「ワクチン・オーバーロード」 vaccine overload, ワクチンによる過剰負荷 は医学用語ではない。 多くのワクチンが一度に投与されることで子供の未成熟な免疫系が打ち負かされたり弱められたりし、悪影響が引き起こされるという考え方である。 科学的なエビデンスはこの考えと強く矛盾するが 、自閉症の子供を持つ親の一部はワクチン・オーバーロードが自閉症を引き起こすと信じている。 その結果引き起こされた論争によって、多くの親が子供への予防接種を遅らせたり避けたりするようになった。 このような親による誤解は子供への予防接種の大きな障壁となっている。 ワクチン・オーバーロードの概念には、いくつかのレベルでの欠陥が存在する。 ここ数十年でワクチンの数は増加しているものの、ワクチンのデザインの改善によってワクチンによる免疫への負荷は低下している。 2013年に発表された研究では、子供が2歳までに投与されたワクチンに含まれるの数と自閉症の間に相関関係は示されなかった。 調査対象の1008人の子供の4分の1が自閉症児であったが、彼らが生まれた1994年から1999年の間の定期的な予防接種スケジュールには3000以上の抗原が含まれていた 1回のだけでこれだけの抗原が含まれていた。 2012年の予防接種スケジュールはより多くのワクチンを含んでいるが、子供がさらされる抗原の数は315種類である。 ワクチンによる免疫負荷は、子供が1年間に自然に遭遇する病原体による負荷と比較して極めて小さく 、発熱やといったありふれた状況のほうが免疫系に対する大きな脅威となる。 また、予防接種は、複数の同時接種であっても、免疫系を弱めたり全体的な免疫に害を与えたりしないことが複数の研究によって示されている。 ワクチン・オーバーロード仮説を支持するエビデンスは存在せず、また直接的に矛盾する知見が存在することから、現在推奨されている予防接種プログラムは免疫系の過剰な負荷となったり、免疫系を弱めたりすることはないと結論付けられる。 子供にワクチンの接種を控えさせる実験は、いかなるものであっても非倫理的であると見なされている。 また、観察研究はワクチン接種を遵守していない子供の受療行動の差というの影響を受ける。 そのため、予防接種を受けた子供と受けていない子供における自閉症発生率の直接比較を行った研究は存在しない。 しかし、予防接種を受けた子供も受けていない子供もワクチンと無関係な感染に対して起こる免疫応答は同じであること、自閉症は免疫疾患ではないことなど、ワクチン・オーバーロードという概念は生物学的妥当性を欠き、ワクチンが免疫系の過剰負荷によって自閉症を引き起こすという主張は現在の自閉症の病因に関する知識と対立する。 このように、ワクチンが自閉症を引き起こすという考えは、現在のエビデンスの重みによって事実上却下される。 胎内感染 [ ] 胎内での、、への曝露がと関係しているというエビデンスが存在する。 例えば、ある研究では、母親が妊娠初期にインフルエンザに暴露されると統合失調症のリスクが7倍になることが示されている。 このことは公衆衛生に対する示唆を含んでいる。 感染予防戦略には予防接種、単純な衛生、そしてトキソプラズマ症の場合にはが含まれる。 動物モデルを用いた研究から、ウイルス抗原によって活性化された母親の免疫応答と統合失調症の関連の可能性についての理論的な懸念が浮上した。 2009年の総説では、妊娠初期の3価の定期的な使用を推奨するエビデンスは不十分であるが、妊娠初期以外や、世界的流行などの特別な条件下ではワクチンが推奨されると結論付けられた。 CDCの () Advisory Committee on Immunization Practices 、 () American College of Obstetricians and Gynecologists 、 () American Academy of Family Physicians はすべて、次に挙げる理由から妊婦への定期的なインフルエンザの予防接種を推奨している。 妊娠中期・後期における重度のインフルエンザ関連合併症の危険性• 妊娠していない女性と比較して、インフルエンザ関連の入院率が高いこと• 母親の抗インフルエンザ抗体が子供に移行し、子供がインフルエンザから保護される可能性• アルミニウム [ ] 多くのワクチンで、その効力を増強するためのとして化合物が用いられている。 ワクチンの中のアルミニウムはわずかな組織損傷を引き起こし、重度の感染症に見せかけて強力に反応するよう誘導し、持続的な免疫反応を促進する。 これらの化合物は発赤、痒み、微熱と関係しているが 、ワクチンにアルミニウムが用いられていることと深刻な有害事象には関係がない。 いくつかの症例では、アルミニウム含有ワクチンが () MMF と関連しており、アルミニウム塩を含む局所的な顕微鏡的傷害は8年持続するとされる。 しかし近年の症例対象研究では、生検でMMFを示す人物に特定の臨床症状は見られず、アルミニウム含有ワクチンが重度の健康リスクをもたらしたり、現行の予防接種の変更を正当化するだけのエビデンスは存在しない。 炭疽菌ワクチン [ ] が部隊に ()を接種するよう要求し始めたとき、複数の部隊が拒否を行い、拒否者はにかけられた。 豚インフルエンザワクチン [ ] の間、 ()の安全性について、とりわけフランスにおいて大きな論争が繰り広げられた。 多くのさまざまな集団がワクチンが危険である可能性があるとして公然と批判を行った。 他の安全性への懸念 [ ] ワクチンの安全性に関する他の懸念もインターネット、非公式の会合、書籍、シンポジウムにおいて宣伝されている。 これらにはワクチンが、発作、、、そしてなどのを引き起こすという仮説のほか、ワクチンが、、を媒介するという仮説なども含まれる。 これらの仮説については調査がなされており、現在使用されているワクチンは高い安全基準を満たしており、大衆紙におけるワクチンの安全性に対する批判は正当化されていないという結論が出されている。 適切な対照群がとられた大規模疫学調査の結果は、ワクチンが慢性疾患を引き起こすという仮説を支持しない。 さらに、いくつかのワクチンは、自己免疫疾患を引き起こしたり悪化させたりするよりも、むしろ予防したり緩和したりする可能性が高い。 政策への示唆 [ ] 詳細は「 ()」を参照 個人の自由 [ ] 義務的な予防接種の政策は、それらが存在する限り議論の余地が存在する。 義務的予防接種の反対者は、政府は個人が自分自身または自分の子供に対する医療上の決定を行う自由を侵害すべきでないという主張を行う。 一方、賛成者は予防接種の十分に裏付けされた公衆衛生上の利点を引用する。 他の人たちは、義務的予防接種によって効果的に疾病を予防するには、ワクチンが利用可能であること、自発的に予防接種を行う集団が存在することだけでなく、個人的信念に基づいて予防接種を辞退することができることも必要であるという主張を行っている。 ワクチンを接種していない人は疾病に感染しやすく、幼い子供や高齢者、ワクチンが効果的ではない人たちといった、弱い免疫系を持つ人々へ疾病を拡散させやすいため、予防接種政策は複雑な倫理的問題を内包する。 義務的予防接種政策は、両親の権利やに関する倫理的問題を提起する。 子供の権利 [ ] 医療倫理学者 ()は、ワクチンに対する親の感情に関係なく、子供は利用可能な最良の医療を受ける権利があるという主張を行い、「医療の自由と選択に関する議論は、子供の人権および憲法上の権利と相反する。 親が保護を行わないときは、政府が行わなければならない」と発言している。 1905年から2016年までの裁判所判例のレビューでは、9件で子供に予防接種を行わないことがであるかが争われており、そのうち7件ではワクチンの拒否がネグレクトの一形態であることが支持されたことが明らかにされた。 予防接種を受けていない人による疾病の拡散を防ぐため、一部の学校と医院は、法的要求がない場合でも、予防接種を受けていない子供の入学や治療を拒否した。 医師による予防接種を受けていない子供の治療の拒否は、その子供が他の医療者を見つけることができなかった場合、その子供と公衆衛生の悪影響がある可能性があり、非倫理的とみなされる可能性がある。 このことに関する意見は分かれており、最大の専門家組織であるは、予防接種を受けていない子供の排除は、狭い限定的な状況下で選択肢となる可能性があるとしている。 宗教 [ ] 詳細は「 ()」を参照 予防接種はその導入以来、宗教的見地からの反対があった。 一部のキリスト教徒は予防接種が最初に広まったとき、誰かが天然痘で死ぬべきであると神が定めた場合、予防接種によって神の意志に逆らうことは罪である、と主張した。 宗教的反対はさまざまな見地から今日も続いており、予防接種を受けていない子供が集団全体に害を及ぼすような際に、倫理的な困難さが引き起こされている。 多くの政府は、子供への義務的な予防接種の宗教的理由による適用除外を認めており、アメリカ合衆国では、現在宗教的信念に基づいた免除を認めていないのは3つの州 ミシシッピ、ウェストバージニア、カリフォルニア のみである。 一部の親は予防接種の免除のために、安全性の懸念という真の動機を偽って宗教的信念の主張を行っている。 イスラエルの ()は道徳的見地から予防接種と医療に反対し、未治療のインフルエンザによって少なくとも1人の赤ん坊を死亡させた。 初期のの指導者の中で、ラビの1人 1772—1810 は当時の医師と医療に対する批判で知られていた。 しかし、最初のワクチンの導入が成功すると、彼は「全ての親が子供の生後3ヶ月までに予防接種を受けさせるべきである。 それを行わないのは殺人と同じである。 たとえ都市から離れた土地に暮らし、寒さの厳しい中を旅する必要があったとしても、3ヶ月以内に子供に予防接種を受けさせるべきである」と述べた。 一部のウイルスワクチン の培養細胞は1960年代に行われた妊娠中絶によって得られた組織に由来し、それが道徳的な問題につながっている。 例えば、に起源を持つ ()では、良い結果と悪い結果を伴う行動は特定の状況下では道徳的に許容されるとされるが、問題はこの原則が予防接種にどのように適用されるかである。 バチカンのは風疹ワクチンが胚細胞由来であることに懸念を表明し、は「代替となるワクチンを使用し、道徳的問題を持つものに対しては良心的な異議を唱えるという重大な責任」を有すると述べた。 バチカンは、代替となるワクチンが利用可能になるまでは、カトリックが既存のワクチンを使用することは許容されると結論づけ、「これは不当な代替的選択であり、可能な限り早く取り除かれなければならない」とした。 代替医療 [ ] 代替医療の多くが予防接種に反対する教義 ()を含む に基づいており、その反対を代弁する実践者を抱えている。 これらにはコミュニティの一部、の一部と ()が含まれる。 予防接種に対する否定的な見方の理由は複雑であるが、少なくとも部分的には集団創設時に形成された初期の教義に基づいている。 カイロプラクティック [ ] は歴史的に、全ての疾患の原因は脊椎へ遡ることができるためワクチンの影響を受けないという信念のもと、予防接種に強く反対してきた。 カイロプラクティックの創始者である () 1845—1913 は、「不潔な動物の毒の接種よって人を天然痘やその他の病気から『保護』しようと努力するというのは不条理の極みである」と書いている。 現在でも予防接種に関してはカイロプラクティックの専門家の間で議論がある。 ほとんどのカイロプラクティック関連書籍では予防接種の否定的側面に焦点を当てている。 1995年のアメリカ合衆国のカイロプラクターに対する調査では、約3分の1が予防接種には疾病を予防する科学的証拠がないと信じていた。 カイロプラクティック大学のほとんどは科学的エビデンスに沿った方法で予防接種に関する教育を行おうとしているが、いくつかの施設はその否定的側面を強調しているように見える。 1999年から2000年にかけて ()の学生に対して行われた横断的調査では、公式には反ワクチンの観点からの教育はされていないものの、4年生は1年生よりも強く予防接種に反対しており、4年生の29. 研究の著者の1人は、この態度の変化は「当時カレッジを支配していた、予防接種への反対を唱えたパーマーの予言を擁護する一部のカリスマ的学生集団」の影響が失われたためであると提唱した。 政策的位置 [ ] ()と国際カイロプラクティック協会 International Chiropractic Association は義務的予防接種法の個人的な免除を支持している。 2015年3月には、オレゴンカイロプラクティック協会 Oregon Chiropractic Association は不正研究論文の主著者であるを招待し、上院法案442「オレゴン州の学校予防接種法からの非医学的免除を除去する法案」に対する証言を求めた。 カリフォルニアカイロプラクティック協会 California Chiropractic Association は、ワクチンの信条による免除を終了させる2015年の法案に反対するロビー活動を行った。 彼らは予防接種の免除に関連する2012年の法案にも反対した。 ホメオパシー [ ] 「 ()」も参照 いくつかの調査によって、の実践者の一部、特に医学教育を全く受けていないホメオパスが、患者に対し予防接種に反対する助言を行っていることが示された。 ()の実践者の多くも同様に予防接種に反対する。 ホメオパシーにおける「ワクチン」 ノソード、nosode は、いかなる有効成分も含んでおらず、免疫系を刺激しないため効果がない。 それらが効果的治療の代替として用いられる場合は危険である。 医療組織の一部はノソードに反対する行動を起こしている。 カナダでは、ホメオパシーのノソードのラベルには「この製品はワクチンでもワクチンの代替物でもない」という文言が必要である。 金銭的動機 [ ] の支持者は、ワクチン陰謀論を宣伝することで、やといった非効果的で高価な治療、サプリメント、手法を通して利益を得る。 これらはワクチンによって生じた「損傷」を治療することができるとして売られている。 ホメオパスは水の注射や、彼らが「自然な」ワクチン的効果があるとする「ノソード」を売り出すことで利益を得ている。 ワクチンの「不安全」を宣伝することで既得権を得ている別の集団としては、ワクチン供給者に対する訴訟やを組織する弁護士や法律集団などがある。 逆に、代替医療の提供者が、ワクチンの安全性や効力を不正確に伝え、情報を隠蔽し、政策決定に影響を与えて利益を得ているとして、ワクチン産業から訴えられる場合もある。 20世紀の後半においてはワクチンは利益率の低い製品であり 、ワクチンの製造に関与する企業の数は減少した。 低い利益と過失責任のリスクに加えて、製造者はCDCや他の政府機関がワクチンに支払う額の低さに不平を述べた。 21世紀の初頭には、Prevenarの承認や、やPediarixといった少数の高価なワクチンによってワクチン市場は大きく改善し、それぞれの売上高は2008年には10億ドルを超えた。 戦争と予防接種 [ ] Judge誌に掲載された1899年のの有名な詩『 ()』 The White Man's Burden の風刺画。 この詩の哲学はすぐさまフィリピン併合に対するアメリカ合衆国の対応を説明し正当化するために利用された。 アメリカは、文明化と現代化の普及を確実にする道徳的必要性に基づく、フィリピンとプエルトリコの帝国主義的統制の主張のため「白人の責務」を利用した。 アメリカ合衆国は義務的予防接種、特に戦争時に国内または国外のアメリカ人兵士に対する予防接種の強制に関して非常に複雑な歴史を持っている。 兵士が戦闘による傷ではなく疾病で死亡した例は数十万件存在する。 中でも疾病による死者数が多かったのはであり、62万人が疾病で死亡したと推計されている。 アメリカ人兵士は他の国で疾病を拡散し、最終的に飢餓と貧困によって社会全体と医療システムを破壊した。 米西戦争 [ ] のの結果、米国は、、の管理権をスペインから獲得した。 植民者として米国はに予防接種を行うことで医療を管理するアプローチをとった。 米西戦争は ()によって疾病に関する知識が補強された「微生物学革命」の時代に起こったが、この戦争での兵士の死因の半数以上は疾病によるものだった。 米兵たちは、そうとは知らず、宿営地で細菌を育て、疾病の拡散因子として機能した。 米兵の進出で、キューバ、プエルトリコ、フィリピンなどこれまで連結されることのなかった国々が連結し、流行が起こった。 アメリカ人兵士の機動性は、疾病の移動を促進し、迅速に現地人を感染させた。 米国は、キューバ、フィリピン、プエルトリコにおける帝国主義的行動と、「暗色の肌の野蛮人」が現代的な衛生水準へ到達するのをアメリカ合衆国が助ける必要性を説明するため、の詩『 ()』 The White Man's Burden を利用した。 戦争、戦中、戦後における国外でのアメリカの行動は、特に先住民のための適切な衛生習慣の必要性を強調した。 アメリカの健康水準や手法に従うことを拒否した先住民は、罰金を科せられるか投獄されるかした。 プエルトリコでは、予防接種を行わないことに対する罰金は10ドルであり、予防接種を受けない限り毎日5ドルが科せられ、支払いを拒否すれば10日以上投獄された。 村全体が軍の現在の衛生方針を拒絶した場合は、いつでもやといったから兵士の健康と安全を守るために焼き払われる危険性があった。 ワクチンはプエルトリコ人、キューバ人、フィリピン人に強制的に投与された。 プエルトリコの軍人の提供する公衆衛生サービスは、一般的な予防接種命令に加えて、子供が6ヶ月に達するまでに予防接種を行う義務を課す軍事命令で最高潮に達した。 プエルトリコでは1899年の終わりまでに、アメリカ軍と practicantes と呼ばれる雇われた先住民の予防接種実施者によって、5ヶ月の間に86万人の先住民が予防接種を受けたと推計されている。 この期間には、国外の兵士の命を守るための試みとして「」を含む医療行為の拡大に向けた動きがアメリカ合衆国によって開始された。 ベトナム戦争 [ ] の間、予防接種は海外で戦う兵士にとって必要であった。 疾病は兵士につきまとうため、彼らは、、、、、、天然痘、、、、、黄熱を防ぐワクチンを受ける必要があった。 当時、ベトナムで主に流行していた疾病は麻疹とポリオであった。 ベトナムに到着すると、アメリカ軍は"Military Public Health Assistance Project"を指揮した。 この公衆衛生プログラムは、南ベトナム全体に公的医療施設を創設または拡大するという、アメリカ軍とベトナム政府の合同の構想だった。 ベトナムの地方の村々で接種が行われた。 アメリカ軍は患者の選別、薬剤の調合、衣服や食料の配布、漫画本などによるプロパガンダまで行った。 情報戦 [ ] 2014年7月から2017年9月までのツイートの分析によって、した疑いのあるロシアの IRA が、ワクチンの安全性に関する不和を生み出すため、上で活発な運動を行っていたことが明らかにされた。 その運動では、IRAのトロール VaccinateUSのを含む非常に偏ったワクチン推進または反ワクチンのメッセージを投稿し、高度なTwitterによって増幅された。 ワクチンに対する信頼性は、時と場所、ワクチンの種類によって変化する。 の拒否は2010年以降、12のヨーロッパの地域で増加した。 調査では青年層は高齢世代よりも信頼性が低かった。 信頼性は、2015年以降フランス、ギリシャ、イタリア、スロベニアで上昇していたが、チェコ、フィンランド、ポーランド、スウェーデンでは低下した。 これらの総合診療医のほとんどは季節性インフルエンザワクチンも推奨しなかった。 一般集団における信頼性は総合診療医における信頼性と相関があった。 ワクチンの使用に反対するグループは、アメリカ予防接種後副反応報告システム US Vaccine Adverse Event Reporting System, VAERS のデータを頻繁に参照する。 これはワクチンと関連した問題が報告されるデータベースである。 適切に用いられればVAERSは調査に有用なツールであるが、誰でも主張を行ってVAERSに入力させることができるため、VAERS自体は信頼性の高い情報源ではない。 B型肝炎、ヒトパピローマウイルスや他の疾病へのワクチンに関する疑わしい主張が、VAERSのデータの誤用によって広まっている。 Twitterでは自主的な対応として「反ワクチン」と検索すると最上位にの公式サイトへ誘導するリンクが表示される。 出典 [ ]• Who. int. 2019年1月19日閲覧。 PM, Aristos Georgiou 2019年1月15日. 2019年1月16日閲覧。 Department of Health and Human Services. Vaccines. gov. 2018年8月5日閲覧。 Bulletin of the World Health Organization 95 10 : 670—71. October 2017. Vox. 2018年11月26日閲覧。 Ceccarelli, Leah. The Conversation. 2018年11月26日閲覧。 2014年2月11日閲覧。 JAMA 315 11 : 1149—58. March 2016. BMJ 325 7361 : 430—2. August 2002. The New England Journal of Medicine 364 2 : 97—99. January 2011. Wallace A 2009年10月19日. Wired. 2009年10月21日閲覧。 Vaccine 19 17—19 : 2440—45. March 2001. Clinical Infectious Diseases 48 4 : 456—61. February 2009. Mnookin, Seth. The Panic Virus. 2019年2月2日閲覧。 2019年2月2日閲覧。 Young, Zachary 2018年11月21日. 2019年2月2日閲覧。 2018年9月28日. 2019年2月2日閲覧。 Chang, Julie. Austin American-Statesman. 2019年2月28日閲覧。 www. nytimes. com. 2019年2月28日閲覧。 2017年6月28日. 2019年2月2日閲覧。 Vaccine: The Controversial Story of Medicine's Greatest Lifesaver. New York: W. 25—36. White AD 1896. A History of the Warfare of Science with Theology in Christendom. New York: Appleton. Endeavour 25 3 : 104—08. September 2001. Stem Cell Reviews 1 4 : 345—76. December 2005. Angel Of Death; the story of smallpox. Basingstoke, UK: Palgrave Macmillan. 87—94. Comparative Immunology, Microbiology and Infectious Diseases 26 5—6 : 293—308. October 2003. Infection 26 5 : 263—69. 1998. Smallpox Vaccine, Ahead of its Time. Berkeley, UK: the Jenner Museum. 12—21. The Eradication of Smallpox. London: Academic Press. 122. Creighton, Charles 1887. The Natural History of Cowpox and Vaccinal Syphilis. London: Cassell• The Vaccination Controversy; the rise, reign and decline of compulsory vaccination. Liverpool: Liverpool University Press. Medical History 32 3 : 231—52. July 1988. Briggs, Asa, 1921-2016. 1985. Urbana: University of Illinois Press. Social History of Medicine 13 1 : 45—62. April 2000. History Today 49: 14—16. Royal Commission 1898. Vaccination and its Results; a Report based on the Evidence taken by the Royal Commission. London: New Sydenham Society• Voice of Anti-Capitalism in Guildford 2014年4月20日. 2015年7月2日閲覧。 British Medical Journal 2 4589 : 1073—75. December 1948. Mooney, Graham 2015. Rochester, NY: University of Rochester Press. Medical History 24 3 : 315—32. July 1980. Smallpox and its Eradication. Geneva: World Health Organization. 1988. 247, 275. Henderson, Donald A. 2009. Smallpox; the death of a disease. Amherst, NY: Prometheus Books. 90—92. In: Plotkin SA, Orenstein WA. 3rd ed. Philadelphia: W. Saunders; 1999. BMJ 325 7361 : 430—32. August 2002. "In 1879, after a visit to New York by William Tebb, the leading British anti-vaccinationist, the Anti-Vaccination Society of America was founded. Subsequently, the New England Anti-Compulsory Vaccination League was formed in 1882 and the Anti-Vaccination League of New York City in 1885. 2012年3月8日. 2015年2月11日閲覧. "The Anti Vaccination Society of America was founded in 1879, following a visit to America by leading British anti-vaccinationist William Tebb. Two other leagues, the New England Anti Compulsory Vaccination League 1882 and the 1885 followed. Bulletin of the History of Medicine 41 5 : 463—78. 1967. 2002. The Greatest Killer; smallpox in history. Chicago: University of Chicago Press. 83—84. American Journal of Public Health 95 4 : 581—90. April 2005. Pitcairn J 1907. Anti-Vaccination League of Pennsylvania. Horrors of Vaccination Exposed and Illustrated. Brooklyn, NY: C. Higgins. 73—75. Meade T 1989. J Lat Am Stud 21 2 : 241—66. Ciok, Amy E. "Horses and the diphtheria antitoxin. " Academic Medicine 75. 4 2000 : 396. Perspectives in Biology and Medicine 51 2 : 188—98. 2008. Gradman, Christopher 2009. Laboratory Disease; Robert Koch's medical bacteriology. Baltimore: Johns Hopkins University Press. 133—36. Brock, Thomas. Robert Koch: A life in medicine and bacteriology. ASM Press: Washington DC, 1999. Print. The New England Journal of Medicine 352 14 : 1411—12. April 2005. NPR. 2010年2月7日. Goldacre B 2008年8月30日. The Guardian London. 2008年8月30日閲覧。 Knox, Richard 2011年9月19日. NPR. 2015年9月30日閲覧。 Expert Review of Vaccines 9 5 : 497—502. May 2010. BMJ 336 7647 : 754—57. April 2008. American Journal of Public Health 106 1 : 172—77. January 2016. PLoS Medicine 7 5 : e1000270. May 2010. Patient Education and Counseling 100 4 : 768—75. April 2017. American Journal of Public Health 97 2 : 259—66. February 2007. English. Lancet 357 9261 : 1008—11. March 2001. Geneva: World Health Organization. Mass vaccination campaigns for polio eradication: an essential strategy for success. Current Topics in Microbiology and Immunology. 304. 2006. 195—220. Centers for Disease Control Prevention CDC March 2002. MMWR. Morbidity and Mortality Weekly Report 51 11 : 234—37. Park A 2008年5月21日. Time Magazine. www. cdc. gov 2018年12月4日. 2019年3月3日閲覧。 Vaccine 20 Suppl 1 Suppl 1 : S90—93; discussion S89. October 2001. 2015年7月3日閲覧。 Clinical Infectious Diseases 52 7 : 911—16. April 2011. Mass vaccination: when and why. Current Topics in Microbiology and Immunology. 304. 2006. 1—16. Journal of Bioethical Inquiry 14 3 : 375—84. September 2017. CDC 2018年8月30日. Centers for Disease Control and Prevention. 2019年3月3日閲覧。 December 2005. American Journal of Epidemiology 124 6 : 1012—20. December 1986. December 2013. Lancet 351 9099 : 356—61. January 1998. The Atlantic 290 2 : 40—42. 2007年11月7日閲覧。. Centers for Disease Control and Prevention 2007年6月12日. 2008年4月25日閲覧。 Centers for Disease Control and Prevention 2007. Epidemiology and Prevention of Vaccine-Preventable Diseases. Washington, DC: Public Health Foundation. Social History of Medicine 5 3 : 369—88. December 1992. 2016年04月08日 06時53分 JST 更新 2017年04月07日 14時12分 JS• 烏美紀子 医療介護CBニュース 2015年12月22日• "GACVS found no evidence to suggest a causal link with the HPV vaccine" : Global Advisory Committee on Vaccine Safety 2014-03-12 pdf. Report. 2018年3月10日閲覧。. MMWR: Morbidity and Mortality Weekly Report 49 14 : 299—303. Clinical Medicine 7 6 : 562—78. December 2007. Ireland measles outbreak:• BBC News. 2000年5月30日. The Pediatric Infectious Disease Journal 22 7 : 580—84. July 2003. www. cdc. gov 2019年2月25日. 2019年3月5日閲覧。 The New England Journal of Medicine 355 5 : 447—55. August 2006. Jaslow, Ryan 2013年9月12日. CBS News. 2013年9月19日閲覧。 Centers for Disease Control Prevention CDC September 2013. MMWR. Morbidity and Mortality Weekly Report 62 36 : 733—40. 2015年7月2日閲覧。 Staff, Los Angeles Times. latimes. com. 2019年3月5日閲覧。 2011年10月18日閲覧。 Glenza, Jessica 2015年1月19日. 2015年6月1日閲覧。 MMWR: Morbidity and Mortality Weekly Report 63 22 : 496—99. June 2014. web. archive. org 2015年7月4日. 2019年3月5日閲覧。 www. health. state. 2019年3月5日閲覧。 The Washington Post. 2019年3月5日閲覧。 Howard, Jacqueline 2017年5月8日. CNN. 2017年5月26日閲覧。 3125. 2017年5月10日. Zdechlik, Mark 2017年5月3日. NPR. org. 2017年5月26日閲覧。 Howard, Jacqueline. CNN. 2018年11月13日閲覧。 Sohn, Emily 2017年5月3日. NPR. 2019年2月15日閲覧。 BMJ 357: j2378. May 2017. Sun, Lena H. 2017年5月5日. 2019年2月17日閲覧。 Clinical Infectious Diseases 48 4 : 456—61. February 2009. — IDSA 2009-01-30. Otterman, Sharon 2019年1月17日. The New York Times. 2019年1月19日閲覧。 Howard, Jacqueline. CNN. 2019年1月19日閲覧。 Goldstein-Street, Jake 2019年1月28日. The Seattle Times. 2019年1月28日閲覧。 NBC News. 2019年3月5日閲覧。 www. msn. com. 2019年3月5日閲覧。 Belluz, Julia 2019年1月27日. Vox. 2019年3月5日閲覧。 kashmiragander 2019年1月28日. Newsweek. 2019年3月5日閲覧。 Cbsnews. com. 2019年2月5日閲覧。 BBC News. 2013年7月3日. 2014年10月8日閲覧. "Large numbers of children in the 10—18 age group were not given the MMR vaccine as babies, the result of a scare that caused panic among parents. It followed research by Dr Andrew Wakefield in the late 1990s that linked the vaccine with autism and bowel disease. His report, which was published in The Lancet medical journal, was , with health officials insisting the vaccine was completely safe. BBC News. 2013年7月10日. 2014年10月8日閲覧。 BBC News BBC. 2017年6月22日. European Skeptics Congress. European Council of Skeptical Organisations. 2017年11月6日閲覧。 Pediatrics 109 1 : E2. January 2002. Clements, Christopher J. ; Greenough, Paul; Shull, Diana 2006-1. Current Drug Safety 1 1 : 117—119. Public Health Nigeria 2018年10月. PublichealthNg. com. 2018年10月28日閲覧。 Jegede, Ayodele Samuel 2007-3. PLoS medicine 4 3 : e73. Global Polio Eradication Initiative 2008年2月5日. 2008年2月11日閲覧。 IRIN. 2007年12月14日. 2008年2月10日閲覧。 BMJ 325 7361 : 430—32. August 2002. The Lancet. Infectious Diseases 7 4 : 235. April 2007. Centers for Disease Control and Prevention 2013年8月26日. 2014年1月3日閲覧。 Chen, Robert T. ; Hibbs, Beth July 1998. Pediatric Annals 27 7. 2014年1月3日閲覧。. , Centers for Disease Control and Prevention. 2012年9月28日閲覧。 Current Opinion in Infectious Diseases 20 3 : 237—246. Mooney C June 2009. Discover. Leask, Julie; Chapman, Simon; Cooper Robbins, Spring Chenoa 2010-04-09. Vaccine 28 17 : 3066—3070. Goldacre, Ben 2009. Bad Science. London: Fourth Estate. 292—94. Taylor, Luke E. ; Swerdfeger, Amy L. ; Eslick, Guy D. 2014-06-17. Vaccine 32 29 : 3623—29. Smith, IM; MacDonald, NE August 2017. Autism Research 10 8 : 1334—37. Boseley, Sarah 2010年2月2日. The Guardian. 2010年2月2日閲覧。 Vaccine 32 29 : 3623—29. June 2014. Centers for Disease Control and Prevention 2018年12月12日. 2019年2月7日閲覧。 Popular Science. February 2019. Foster, Craig A. ; Ortiz, Sarenna M. 2017. 41 3 : 44—48. 2018年10月6日閲覧。. American Journal of Public Health 98 2 : 244—53. February 2008. The New England Journal of Medicine 357 13 : 1278—79. September 2007. Research, Center for Biologics Evaluation and. www. fda. gov. 2019年3月6日閲覧。 Current Problems in Pediatric and Adolescent Health Care 40 8 : 186—215. September 2010. The Canadian Journal of Neurological Sciences 33 4 : 341—46. November 2006. The New England Journal of Medicine 357 13 : 1275—77. September 2007. The National Academies Press. Lancet 351 9103 : 637—41. February 1998. (撤回済)• National Health Service 2015年. 2018年7月4日閲覧。 Deer B 2004年2月22日. The Sunday Times. 2007年9月23日閲覧。 Lancet 363 9411 : 747—49. March 2004. BBC News. 2006年6月26日. 2007年11月23日閲覧。 BBC News. 2007年7月16日. Lancet 363 9411 : 750. March 2004. The Editors Of The Lancet February 2010. Lancet 375 9713 : 445. — BBC News 2010-02-02. General Medical Council. 2011年9月18日閲覧。 Meikle, James; Boseley, Sarah 2010年5月24日. The Guardian London. 2010年5月24日閲覧。 www. cdc. gov 2019年1月24日. 2019年3月6日閲覧。 June 15, 2007, at the. , from the United Kingdom. Retrieved June 13, 2007. Demicheli, Vittorio, ed February 2012. The Cochrane Database of Systematic Reviews 2 2 : CD004407. Deer B 2009年2月8日. Sunday Times. 2009年2月9日閲覧。 BMJ 342: c5347. January 2011. BMJ 342: c7452. January 2011. Vaccine court and autism:• CNN. 2009年2月12日. 2009年2月12日閲覧。 Theresa Cedillo and Michael Cedillo, as parents and natural guardians of Michelle Cedillo vs. Secretary of Health and Human Services, United States Court of Federal Claims 2009-02-12. Vaccine 24 20 : 4321—27. May 2006. Hurst L 2009年10月30日. Toronto Star. 2009年11月4日閲覧。 Vaccine 24 37—39 : 6351—55. September 2006. 2013年3月29日. Forbes. 2013年4月4日閲覧。 DeStefano, Frank; Price, Cristofer S. ; Weintraub, Eric S. 2013-8. The Journal of Pediatrics 163 2 : 561—567. Immune challenges:• Microbiological Reviews 60 2 : 267—79. June 1996. Infection and Immunity 9 6 : 1028—32. June 1974. Vaccine burden:• Archives of Disease in Childhood 88 3 : 222—23. March 2003. JAMA 294 6 : 699—705. August 2005. Immunology and Allergy Clinics of North America 23 4 : 649—64. November 2003. 2003. Pediatrics 111 3 : 653—659. Deutsches Arzteblatt International 105 34—35 : 590—95. August 2008. Nature Reviews. Drug Discovery 5 11 : 932—40. November 2006. Biological Psychiatry 73 10 : 951—66. May 2013. Vaccine 27 35 : 4754—70. July 2009. MMWR. Recommendations and Reports 56 RR-6 : 1—54. July 2007. Vaccine 36 39 : 5825—31. Vaccine 20 Suppl 3: S18—23. May 2002. Science 341 6141 : 26—27. July 2013. The Pediatric Infectious Disease Journal 24 11 : 953—61. November 2005. Vaccine 27 25—26 : 3240—44. May 2009. Press, The Associated 2003年4月5日. The New York Times. 2019年3月7日閲覧。 June 2016. Elwood, JM; Ameratunga, R September 2018. Vaccine 36 38 : 5796—802. American Journal of Public Health 95 4 : 571—76. April 2005. Lancet 367 9508 : 436—42. February 2006. WHO. 2019年3月9日閲覧。 Caplan, Arthur L. Medscape Business of Medicine. The Seattle Times 2018年4月18日. 2019年3月9日閲覧。 American Journal of Public Health 107 1 : 68—71. January 2017. Medical Daily 2014年6月24日. 2015年7月4日閲覧。 2007 "",. 12:10, pp. 843—45. Rucoba, Ruben J. 2016年8月29日. AAP News. 2018年10月27日閲覧。 Human Vaccines 1 1 : 12—15. 2005. vaccines. procon. org. 2019年3月10日閲覧。 LeBlanc S 2007年10月17日. USA Today. 2007年11月24日閲覧。 2007年10月17日. Rosenberg, Shmarya 2013年2月10日. 2018年8月29日閲覧。 Avaneha Barzel p. 31 34• Reviews of Infectious Diseases 7 Suppl 1: S77—78. 1985. Grabenstein JD 1999. Christ Pharm 2 2 : 3—6. の2011-07-18時点におけるアーカイブ。 2009年5月11日閲覧。. Pontifical Academy for Life 2005. Medicina e Morale. のMay 7, 2006時点におけるアーカイブ。 2008年12月3日閲覧。. Journal of Manipulative and Physiological Therapeutics 28 5 : 367—73. June 2005. Pediatrics 105 4 : E43. April 2000. Vaccine 23 3 : 372—79. December 2004. Vaccine 26 49 : 6237—43. November 2008. The Journal of the Canadian Chiropractic Association 57 3 : 214—20. September 2013. Yoo, Saerom February 24, 2015 , , , 2015年3月3日閲覧。 Yoo, Saerom February 26, 2015 , , Statesman Journal , 2015年3月3日閲覧。 Mason, Melanie 2015年3月5日. Los Angeles Times. 2015年3月6日閲覧。 Vaccine 21 11—12 : 1044—47. March 2003. sciencebasedmedicine. org. 2019年3月10日閲覧。 Stop Nosodes. 2019年3月10日閲覧。 Kerr MA 2009. University of Pittsburgh. 194—203. Weeks, Carly. 2015年7月4日閲覧。 Nature Biotechnology 27 6 : 499—501. June 2009. Allen A 2007. Vaccine: the Controversial Story of Medicine's Greatest Lifesafer. Norton. 421—42. Pox: An American History. New York: Penguin Group. 117—65. Epidemiologic Reviews 28 1 : 3—26. 2006-08-01. Worthington, Bob 2011年3月17日. 2015年11月18日閲覧。 Rahman, Tunku Abdul; Al-Haj, Putra 2008. Profiles of Malaysia's Foreign Ministers.. Kuala Lumpur: Institute of Diplomacy and Foreign Relations IDFR , Ministry of Foreign Affairs. American Journal of Public Health 108 10 : 1378—84. October 2018. Glenza, Jessica 2018年8月23日. The Guardian. 2018年8月23日閲覧。 Vaccine Confidence Project. 2018年12月2日閲覧。 CSI. Center for Inquiry. 2018年12月15日閲覧。 - 関連文献 [ ]• Largent, Mark A. 2012. Vaccine: The Debate in Modern America. Johns Hopkins University Press. BMJ 320 7229 : 240—43. January 2000. Archives of Disease in Childhood 87 1 : 22—25. July 2002. Transactions — American Society for Artificial Internal Organs 25 7473 : 147—51. 2004. Friedlander E 2007年. 2007年11月13日閲覧。 Epidemiology and Infection 125 2 : 377—83. October 2000. Herlihy, Stacy Mintzer; ; 2012. Your Baby's Best Shot: Why Vaccines Are Safe and Save Lives. British Medical Journal 290 6466 : 443—44. February 1985. Do Vaccines Cause That?! A Guide for Evaluating Vaccine Safety Concerns. Galveston, TX: Immunizations for Public Health i4ph.

次の

ワクチンって英語でなんて言うの?

ワクチン 英語

ワクチンは英語で何という? 「ワクチン」は英語で「vaccine」と書きます。 発音にやや注意が必要で、「ヴァクシーン」に近くなります。 英語の音だけを聞くと「?」となってしまうかもしれませんね。 ワクチン接種をいう場合は、通常注射で行われますので「shot」という単語がよく使われます。 「ワクチン接種」は「a vaccine shot」。 「ワクチン接種を受ける」は「take a vaccine shot」あるいは「get a vaccine shot」がよく使われます。 単に「get a vaccine」といっても通じます。 ちなみにインフルエンザのワクチン接種は「a flu shot」といういい方もできます。 Vaccination is one of the most effective ways to prevent life-threatening diseases such as measles, polio, tetanus, diphtheria, meningitis, influenza and typhoid. (ワクチン接種は、小児麻痺、破傷風、ジフテリア、髄膜炎、インフルエンザ、腸チフスなど、生命を脅かす病気を予防するための最も効率的な方法の一つである) ワクチンに関連した英語表現 ワクチンと感染症 何の感染症に対するワクチンかをいう場合には、「against」がよく使われます。 Two shots are needed to make the Japanese encephalitis vaccine effective. The second dose should be given 28 days after the first, but it also depends on your age. (日本脳炎ワクチンを効果的にするためには2度の注射が必要である。 二回目の接種は初回より28日後に行われるべきだが、年齢によっても異なる) ワクチンの有効期間に関する英語表現 ワクチンは摂取してから効果的である期間がワクチンの種類によって異なります。 ワクチン効果が有効である期間を話題にするときによく使われる英単語を例文で確認しておきましょう。 ワクチンを有効期間を話題にするときよく使われるのが、動詞「last」や形容詞「effective」です。 (ある種のビジネスは新型コロナウイルスのワクチンの準備が整う前に段階的に許可されるが、ソーシャルディスタンスという感染対策法を解除することは経済が通常に戻るということではない。 なぜなら、人々は以前のようにバーやレストランに戻ってくるわけではないからだ) ワクチンに関する英語表現まとめ ワクチンに関する英語表現を紹介しました。 ワクチンを英語で何というかをまとめると、.

次の