フレンチ ブルドッグ チンスリ。 「ブルドッグ輸送お断り」 JALやANAに愛犬家困惑: J

フレンチブルドッグのポルコの飼い主(Dear)の顔が美人!お仕事は歌手だった!?

フレンチ ブルドッグ チンスリ

テレビ番組やCMで見かけることが多くなったフレンチブルドッグ。 人間の赤ちゃんと抱き合って転げ回るクリーム。 白と黒の牛柄模様をした顔と体で機敏に車に乗り込むパイド。 電話口から呼ばれた自分の名前に首を傾げる真っ黒な毛並みのブリンドル。 ブラックマスクと呼ばれる、日本昔話に出てきそうなドロボウ顔で大きなイビキをかくフォーン。 フレンチブルドッグのメインカラーはこの4色(クリーム、パイド、ブリンドル、フォーン)ですが、それぞれのカラーには濃淡や模様の出方によっての違いもありバラエティ豊かです。 クリームには白っぽいものから濃いものまであり、パイドは黒い斑の入り方が個体によって様々で、顔の左右に均等に入るものや、片方だけに入る、通称「片パンチ」と呼ばれるもの、ブリンドルは差毛の少ない黒ベースの子から、差毛の豊富な「タイガーブリンドル」と呼ばれるもの、フォーンも基本的には茶系ですが、ライトブラウンからレッドまであり様々です。 フレンチブルドッグの魅力は、まずこの多彩なカラーバリエーションではないでしょうか。 フレンチブルドッグのルーツについては様々な説がありますが、おそらく1860年頃にフランスへ移民してきたレース職人達がイギリスの小型ブルドッグをフランスに持ち込み、テリアやパグなどの他犬種と交配させ作出されたのがフレンチブルドッグだと言われるのが有力です。 フレンチブルドッグはその愛らしい風貌でたちまちフランスの女性たちを魅了していきました。 フランスの人々は特にフレンチブルドッグの立ち耳に魅力を感じたようです。 フランスの繁殖家たちはこの犬に「ブルドッグ・フランセ(フレンチブルドッグ)」という名前を付け、こぞってこの耳の立ったフレンチブルドッグの繁殖をはじめました。 19世紀も終わりになると、フレンチブルドッグは上流階級の人々からも注目を集めるようになり、たくさんのフレンチブルドッグがすばらしいお屋敷で飼われることになります。 ちょうどその頃フランスに来ていたアメリカ人がこのフレンチブルドッグという犬種に目をつけ、何頭かのフレンチブルドッグが初めてアメリカに持ち込まれ、熱心に繁殖されました。 現在、日本でのフレンチブルドッグという犬種は主にペットや家庭犬として飼育され、愛情深く、気立てが良く、頼りにもなります。 またフレンチブルドッグは遊び好きの明るい性格で、無駄吠えもほとんどしません。 サイズはコンパクトで室内向き、なめらかで短い被毛は手入れも楽で清潔を保ちやすいとされます。 フレンチブルドッグの魅力は一度でも飼ったことのある人であれば他の犬種に物足りなさを感じてしまう程だと言われます。 付き合えば付き合うほどフレンチブルドックの奥深さに引き込まれ、愛してしまう犬種なのです。

次の

フレンチブルドッグはマッサージや「チンスリ」が好き?専門家に聞いてみた

フレンチ ブルドッグ チンスリ

テレビ番組やCMで見かけることが多くなったフレンチブルドッグ。 人間の赤ちゃんと抱き合って転げ回るクリーム。 白と黒の牛柄模様をした顔と体で機敏に車に乗り込むパイド。 電話口から呼ばれた自分の名前に首を傾げる真っ黒な毛並みのブリンドル。 ブラックマスクと呼ばれる、日本昔話に出てきそうなドロボウ顔で大きなイビキをかくフォーン。 フレンチブルドッグのメインカラーはこの4色(クリーム、パイド、ブリンドル、フォーン)ですが、それぞれのカラーには濃淡や模様の出方によっての違いもありバラエティ豊かです。 クリームには白っぽいものから濃いものまであり、パイドは黒い斑の入り方が個体によって様々で、顔の左右に均等に入るものや、片方だけに入る、通称「片パンチ」と呼ばれるもの、ブリンドルは差毛の少ない黒ベースの子から、差毛の豊富な「タイガーブリンドル」と呼ばれるもの、フォーンも基本的には茶系ですが、ライトブラウンからレッドまであり様々です。 フレンチブルドッグの魅力は、まずこの多彩なカラーバリエーションではないでしょうか。 フレンチブルドッグのルーツについては様々な説がありますが、おそらく1860年頃にフランスへ移民してきたレース職人達がイギリスの小型ブルドッグをフランスに持ち込み、テリアやパグなどの他犬種と交配させ作出されたのがフレンチブルドッグだと言われるのが有力です。 フレンチブルドッグはその愛らしい風貌でたちまちフランスの女性たちを魅了していきました。 フランスの人々は特にフレンチブルドッグの立ち耳に魅力を感じたようです。 フランスの繁殖家たちはこの犬に「ブルドッグ・フランセ(フレンチブルドッグ)」という名前を付け、こぞってこの耳の立ったフレンチブルドッグの繁殖をはじめました。 19世紀も終わりになると、フレンチブルドッグは上流階級の人々からも注目を集めるようになり、たくさんのフレンチブルドッグがすばらしいお屋敷で飼われることになります。 ちょうどその頃フランスに来ていたアメリカ人がこのフレンチブルドッグという犬種に目をつけ、何頭かのフレンチブルドッグが初めてアメリカに持ち込まれ、熱心に繁殖されました。 現在、日本でのフレンチブルドッグという犬種は主にペットや家庭犬として飼育され、愛情深く、気立てが良く、頼りにもなります。 またフレンチブルドッグは遊び好きの明るい性格で、無駄吠えもほとんどしません。 サイズはコンパクトで室内向き、なめらかで短い被毛は手入れも楽で清潔を保ちやすいとされます。 フレンチブルドッグの魅力は一度でも飼ったことのある人であれば他の犬種に物足りなさを感じてしまう程だと言われます。 付き合えば付き合うほどフレンチブルドックの奥深さに引き込まれ、愛してしまう犬種なのです。

次の

「ブルドッグ輸送お断り」 JALやANAに愛犬家困惑: J

フレンチ ブルドッグ チンスリ

そもそも、は好きな犬なのだろうか。 専門家の方にその真相とおすすめを教えてもらった。 が気持ちよさそうなフレブル「」くん 今、では愛犬などのの生活を投稿するが多くある。 その中でも、フォロワー3万9千人以上いるの「くん」の日常が見られるがある。 洋服を着たくん、切ない表情でのを覗くくん、そして飼い主にを受けるくんなどが数多く投稿されている。 は好き? 特には気持ちよさそうなのが伝わってくる。 もともとブルドックはが好きなのか? 犬のに詳しい日本ドッグセラピスト協会 代表理事 水野圭子さんに聞いてみた。 「くん、本当に気持ちよさそうですね。 よく様に『犬もコリ(肩こり)があるの?』と質問されます。 人間のように『肩こったな~~』という自覚はわんちゃんにあるかどうかはわかりませんが、肩こりを筋肉疲労と考えていただくと、当然ながらわんちゃんにも筋肉疲労はあります。 骨格的にもわんちゃんは鎖骨が退化していたり、四足歩行なので人間とはまた違った筋肉の使い方をしたりするので、人間と違う筋肉疲労もあります。 ですので、どんなわんちゃんもは好きですが、特になどの、鼻ぺちゃさんたちは、呼吸の関係で、胸周り、周りの筋肉が疲労しやすいため、が大好きなわんちゃんが多いと思います」 は好きな傾向があるようだ。 当協会では、を通したスキン、絆作りを『愛情貯金』として、愛犬のシニア期に向けてとても大切です、とお伝えしているのですが、くんは愛情貯金が溢れており、動画を見る人も癒していますね。 です」 「チンスリ」が好きなのも好きと関係しているの? ところで、くんの飼い主さんによると、飼い主の前やで動画撮影している一人のときなどの際だけ「チンスリ」をするという。 チンスリが好きなのもが好きなのも同じ理由からなのか? 「こればっかりは…くんに直接聞くわけにもいかないので…。 厳密にはわかりませんが、チンスリとは少し違う気がします。 は一人でできるものではありませんし、一人のときだけ行うものでもありません。 お店などでをしていると、ドウ越しに人が見ていても、わんちゃんは気持ち良く受けていて、手を止めると前肢を使って催促してくるので、こっそり感はまったくないのです」 ドッグ「」で撮影した動画 くんはチンスリを外ではやらないそうだが、どうしてなのだろうか? 「お家の中ではリラックスをしていて、また安全であることを理解しているからではないでしょうか。 猫でいうところの『(こうばこずわり)』のようなものです。 敵意、脅威を感じてていないからこそできる行動ではないかと思います。 ちなみににも、リラックスしたときなどに行うフレブル座りがあります」 ドッグなどで簡単に撮影できる時代になったからこそ、普段知ることのない愛犬の一面に気づくことができる。 その結果、さまざまな疑問が生まれ、今回の例のように愛犬についてより詳しくなることもできることが分かった。 におすすめの法 最後に、の専門家ならではの、術を教えてもらおう。 にとって嬉しい方法、部位などはあるのだろうか? 「は呼吸と骨格の関係から、首~胸の部位が大好きだと思います。 特に周辺ですね。 この周辺に手の平をピタッと密着させて、に円をかきます()。 このときに背骨側に皮膚を集める力加減で行ってください。 お腹側に下りるときには力は入れません。 の感じがつかめたら、手の平を軽く握ってを作り、同じように上向きの円を描いて、首の付け根をしましょう。 このをしていると特有のフレブル座りをして、そのうち頭を下げはじめて『ぶふ~~っ』と大きな溜息つき、伏せをして眠り始めると思います。 いわゆる『』です。 愛犬さんをさせる目指してがんばりましょう」 またフレブルに限らず、どの犬も大好きだという「」が協会ホームページのページに掲載されている。 業務の中で犬に対するケア、ホリケアの有効性を確信し、度から2階にてを。 さらにドッグセラピストという職業を普及させるため『日本ドッグセラピスト協会』を設立。 『心あるドッグセラピスト』が全国に広がることを願い活動している。 (石原亜香利) 関連ニュース•

次の