ビルバオのホテル。 美食で注目のサン・セバスチャン、ビルバオ|バスク地方の観光ツアー、レストラン予約 |現地オプショナルツアーの[みゅう]

ビルバオのホテル エルシーリャってどんなホテル?

ビルバオのホテル

Everything about this hotel is great, excellent location by the River in the old town area with all the attractions on your doorstep. We had room 601 with a river view, large, bright and very quiet. The breakfast is epic and the staff very friendly and helpful. I would thoroughly recommend this hotel. Search for hotels in Bilbao on Expedia. You can easily find your hotels in Bilbao using one of the methods below:• View our selection of featured hotels in Bilbao• Use the map to find hotels in the Bilbao neighborhood you prefer• Use the filters to see hotels in a specific area of Bilbao, select a specific theme, brand, or hotel class from basic 1 Star to luxury hotels 5 Stars in Bilbao• Enter your travel dates to view the best deals on hotels in Bilbao - while they last.

次の

ビルバオ ホテル予約 人気ランキング【フォートラベル】

ビルバオのホテル

ルフトハンザ航空でフランクフルト経由でビルバオに到着しました。 到着時刻は、6月10日の19時です。 フランクフルトからは2時間半です。 19時ですが、白夜なのでまだまだ明るいです。 二人ともやっと着いたという感じです。 ビルバオ空港は、現代建築物であふれるビルバオの玄関口としてふさわしい建物となっています。 Basque Styleさんによれば、ハト空港と呼ばれているそうです。 スペインのバレンシア出身のサンティアゴ・カラトラパのデザインとのこと。 荷物の受け取りに注意 ビルバオ空港での荷物の受け取りに注意とnitarikujiraさんの4travelと先程のBasque Styleさんに書かれていました。 私たちの場合は、フランクフルトで預けたスーツケースは受け取る必要がなく、そのまま目的地のビルバオまで運ばれます。 フランクフルトではEUへの入国手続きを行い、税関はビルバオで行う事になります。 ビルバオでは、私たちのようにトランジットしてきた人の荷物は国際便の荷物受け取りレーンから出てきます。 問題は、国際便のレーンがどれなのか? 案内通り出口に向かっていくと、国内便のレーンに辿り着きます。 ほとんどの乗客はEU内での移動ですので、国内移動のレーンで荷物を待ちます。 私たちのようにトランジットする人は少数派です。 私たちはガラスで仕切られた奥の国際便のレーン 6番、7番 に向かいました。 事前にこういう事を知っていたから良かったものの知らなければ途方にくれていたと思います。 すると、「何の用事なのか?」と女性の係員に英語で聞かれます。 「荷物だよ」と答えると、「どこから来たか」と聞かれます。 たぶん国内便の乗客が誤ってこちらに来ないように聞いているんだと思います。 迷い込んでいる乗客が何組かいましたから。 もしくは、税関を避けて入国しようとする人を見張っているかもしれません。 それにしても英語が得意ではないので、何か聞かれるのは冷や汗ものです。

次の

ホテル エルシーリャ ( ビルバオ ) の宿泊予約

ビルバオのホテル

ビスカヤ県の県都である。 では ビルボ( Bilbo, [bilꞵo])。 のは国家としてはだが、の公用語はとなのでバスク語名のビルボも、スペイン語名のビルバオも正式な名称ではあるが、ビルバオ市議会はバスク語でもスペイン語でも市の名称は公式にビルバオを用いると議決している。 しかし王立バスク語アカデミーはビルバオ市の照会に対してはバスク語アカデミーの規則第145条 にはビルボがバスク語の正式な名称であると回答している。 かつて経済を支えた、が1980年代に衰退し、1983年のでも打撃を受けた。 1997年の開館、それに先立つ工場排水に汚染された河川環境の改善、や遊歩道、自転車道、公園の整備により、芸術・観光都市として再生した。 世界界各地の「創造都市プロジェクト」中で最も成功した事例の一つとされている。 概要 [ ] 2010年の人口は353,187人で 、内では第1位、スペイン全体では第10位である。 は約100万人の人口を持ち 、スペイン第5位の都市化地域であるとともに、スペイン北部で最も人口の多い都市圏の一つを形成している。 ビルバオ都市圏が内包している(コマルカ : 郡)の人口は875,552人である。 ビルバオはスペイン北部の中央部に位置しており、のからを19遡った位置にある。 市街地は平均400mの山地に囲まれている。 1300年に ()によって建設されて以降、権力を持ったアロ家によって、(スペイン北部沿岸地域)の商業の中心地として繁栄した。 ビルバオ港からはビスカヤ地方のから採掘されたが国外に輸出された。 19世紀と20世紀初頭には激しい工業化を経験し、ビルバオはに次いでスペインで2番目に大きな工業地域の中心地となった。 短期間の人口増加によって、隣接する自治体が次々とビルバオに併合された。 今日のビルバオはが卓越しており、都市の象徴としてがある。 、、などインフラ基盤への投資が継続されており、区やデウスト区地区の再開発計画が進行中である。 世界各地の創造都市プロジェクトの中で最も成功した事例の一つとされている。 名称 [ ] 都市の正式名称はビルバオ Bilbao であり、世界中の多くの言語では「ビルバオ」として通用しているが、ではビルボ Bilbo と呼ばれる。 の公式統制機関であるエウスカルツァインディアは、バスク地方にビルバオとビルボという2つの名称が存在することを認めながら、バスク地方での歴史的な名称がビルボであるとし、公式に第一名称としてビルボを採用している。 ビルボという単語は古い史料には登場しないが、の『』ではビスカヤ産の鉄で製作された刀剣をビルボと呼んでおり、少なくとも16世紀にはビルボという単語が使用されていた可能性がある。 ビルバオという名称の由来については、専門家の間でも意見が一致していない。 技師のエバリスト・チュルカは、「川と入り江」を意味するバスク語の「Bil-Ibaia-Bao」がビルバオに転じたのだと述べた。 一方、歴史学者のホセ・トゥッセル・ゴメスは、「美しい浅瀬」を意味する古スペイン語の「bello vado」という熟語が自然に進化したまでだと主張している。 また一方、作家のエステバン・カジェ・イトゥリノは、名称の由来は河口そのものでなく、かつての両岸に存在した二つのにあると述べた。 イトゥリノによれば、右岸(現在のの位置)にはバスク語で「」を意味する「billa」と呼ばれる集落があり、左岸(現在のビルバオ・ラ・ビエハの位置)にはスペイン語で「」や「」を意味する「vaho」と呼ばれる集落があり、このふたつの集落の名称が組み合わさってビルバオという名称になったという。 自治体憲章とその写本で説明されているように、かつてはBilbaoではなくBilvaoやBiluaoと書かれた。 地理 [ ] ビルバオ市街地を流れるネルビオン川 ビルバオはの北端に位置しており、のから19km内陸にある。 自治体の総面積は40. 65km 2であり、その内訳は都市化地域が17. 35km 2、周辺地域が23. 30km 2である。 公式の標高は19mであり、市街地は標高6mから32mの範囲にある。 ビルバオは(コマルカ : 郡)の核であり、周辺の自治体には、北にデリオ、エチェバリ、ガルダカオ、ロイウ、ソンディカ、サムディオが、西にアリゴリアガ、が、南にアロンソテギが、東に、エランディオがある。 ビルバオはカンタブリア山脈とに挟まれており、の玄関口に位置する。 自治体の最高標高地点は689mのガネタ山、次いで673mのパガサリ山であり、この二つの山はアロンソテギとの境界に位置する。 水文 [ ] 「」も参照 ネルビオン=イバイサバル水系のとイバイサバル川がで合流し、下流部でを形成してに注ぐ。 水系の主要な支流であるカダグア川はメナ谷に源流があり、642km 2の流域面積を持つ。 カダグア川は主に隣接するを流れ 、ビルバオとの自然境界を形成している。 ネルビオン川は何度も人間活動の介入を受け、川底のなどが行われた。 河口部での船舶の操舵を容易にするため、1950年から1968年にはデウスト地区に側設としてデウスト運河が建設された。 建設計画は最後の400mを残して停止されたが、建設途中の運河はとして残すことが決定された。 2007年、運河の建設を再開して()を築く計画が承認された。 数十年にもわたって有害廃棄物が垂れ流されていたため、ネルビオン川の水質が悪化して無酸素状態を招き、ほぼ全ての動植物が死滅した。 しかし、近年には自然再生運動などのおかげで状況が改善しており 、今日では、、類、などを確認することができる。 夏季には客も見られる。 はビルバオ市内の区の自然境界として機能している。 気候 [ ] に近いことから Cfb であり、夏季でも乾燥することなく年間を通じて降水がある。 年間降水量はスペインの他地域に比べて多く、これは高いと大気の変動からもたらされる。 もっとも降水が多い時期は10月から4月であり、11月が降水のピークである。 冬季には周囲の山々に積もるが見られる一方、市街地では雪が頻繁に見られることはない。 みぞれはより頻発し、主に冬の数か月の期間中に、年間平均で10日ほどである。 海の近さははっきりとした夏と冬をもたらし、春と秋は過ごしやすい。 夏季の平均最高気温は25度と26度の間であり、冬季の平均最低気温は摂氏6度と7度の間である。 過去最高気温は2003年8月13日の摂氏42. 2度であり、過去最低気温は1963年2月3日の摂氏マイナス8. 6度である。 一日最大降水量は1983年8月26日の225. 6mmであり、この日にはが氾濫して深刻な洪水被害をもたらした。 2 55. 8 14. 5 58. 1 15. 9 60. 6 16. 8 62. 2 20. 1 68. 2 22. 6 72. 7 25. 2 77. 4 25. 5 77. 9 24. 4 75. 9 20. 8 69. 4 16. 4 61. 5 14. 0 57. 2 19. 1 66. 0 48. 2 9. 8 49. 6 10. 8 51. 4 11. 9 53. 4 15. 1 59. 2 17. 6 63. 7 20. 0 68 20. 3 68. 5 18. 8 65. 8 15. 8 60. 4 12. 0 53. 6 10. 0 50 14. 3 57. 7 40. 5 5. 1 41. 2 5. 7 42. 3 7. 1 44. 8 10. 1 50. 2 12. 6 54. 7 14. 8 58. 6 15. 2 59. 4 13. 2 55. 8 10. 8 51. 4 7. 6 45. 7 6. 0 42. 8 9. 4 48. 9 mm inch 126 4. 96 97 3. 82 94 3. 7 124 4. 88 90 3. 54 64 2. 52 62 2. 44 82 3. 23 74 2. 91 121 4. 76 141 5. 55 116 4. 57 1,195 47. ビルバオの旧集落をの学者が言及した「アマヌン・ポルトゥス」、が言及した「フラビオブリガ」であると主張する専門家もいる。 の真下からは、11世紀頃とされる古代の城壁が発見されている。 1300年、ビスカヤ領主だった ()によってビルバオが建設された。 町としての法的な地位を得たのは1300年6月15日(にて)のことだが、カスティーリャ王に認められたのは1301年1月4日(にて)である。 700周年の節目の年である2000年には、毎年6月15日が市制施行記念日に指定された。 ディエゴ・ロペスは右岸、現在のベゴニャの位置にビルバオを建設し、権利の編纂や後の開発の基礎を証明する特権(の特権)を与えた。 ビルバオは現在のスペイン地域に築かれた最初の町の一つである。 ビルバオはの途上にあったため、それにちなんでサンティアゴ(の教会)が建設された。 15世紀には町を巡って貴族間の争いが起き、ネルビオン川が氾濫して3度の洪水被害に遭ったが、再建されると市街地は市壁を越えて成長を続けた。 1511年6月21日、はビルバオに領事館の建設を命じた。 領事館はこの後何世紀にもわたり、町でもっとも影響力のある機関であり、ネルビオン川河口の管轄やインフラ改善に力を発揮した。 領事館の管理下で、ビルバオ港はスペインで最も重要な港のひとつとなった。 16世紀にはメリノ種のをヨーロッパ北部へ輸出する港となり、には北スペインでの商業・金融の中心地となった。 1577年には初めてビルバオに印刷機がもたらされ、1596年にはベトラサ博士によってバスク地方初の書籍である『Doctrina Christiana en Romance y Bascuence』(とバスク語によるの教義)が出版された。 ビスカヤ地方の政庁所在地はかつてにあったが、1602年にはビルバオが政庁所在地となった。 つづく数世紀には、周囲の山々において鉄鉱石資源が発見され、イギリスやオランダに鉄鉱石が輸出された。 17世紀末にはスペイン黄金世紀の終焉によりスペイン全体が経済的な危機に襲われたが、ビルバオは蓄積した富で経済危機を克服した。 ビルバオは18世紀にも成長を続け、都市は過密状態となった。 ルチャナの戦い 19世紀、バスク地方はの重要な戦闘地の一つとなり、カルリスタたちは自由主義経済都市を征服することを求めた。 ビルバオは1835年から1874年までの間に3度も包囲されたが、いずれも陥落には至らなかった。 1836年のルチャナの戦いは重要な戦いの一つであり、自由主義派の将軍がカルリスタに勝利して町を解放したF。 19世紀から20世紀にかけてのビルバオは戦時中でも繁栄し、バスク地方の経済の中心に浮上した。 この時期にはビルバオ初の鉄道が建設(1857年)され、 BBVA の前身であるビルバオ銀行が設立され、ビルバオ証券取引所が設立された。 特に区の成長が目覚ましく、新しい通りや歩道、市庁舎、バスルト病院、などの近代的な建物が建てられた。 人口は劇的に増加し、1880年の11,000人から1900年には80,000人となった。 この時期には社会運動が起こり、特にによってバスク民族主義運動が台頭した。 共和国軍によって鎮圧された小規模な反乱がビルバオで起こったことでが始まった。 1936年8月31日には初の爆撃を受け、翌月には軍と提携したによる爆撃を受けた。 ビルバオは防衛のために要塞化されたが、1937年5月にはの国民党軍によって包囲され、6月19日に陥落した。 プッツ将校はネルビオン川に架かる全ての橋の破壊を命じ、第5旅団の部隊が町を略奪した。 内戦中にはバスク自治政府が設立され、が初代(政府首班)となった。 スペイン内戦が終結すると、ビルバオは再び産業的な発展期に戻り、人口は着実に増加した。 1940年代には都市が再建され、何本かの橋が建設された。 1948年にはに初の民間商業機が着陸した。 1950年代には鉄鋼業界が復活し、住宅の需要が供給を上回ると、労働者は丘の上にを構築した。 この混沌とした環境で、1959年7月31日には PNV の分派として ETA がビルバオに設立された。 の終焉とへの移行後、スペインの変化の過程でビルバオは民主的な選挙が復活し、バスク民族主義の影響力が増した。 ビルバオはよりも経済的にたくましく、バスク地方の事実上の首都だったが、1979年にはビトリアに州議会や州政府が置かれた。 なお、バスク州には公式の州都は存在しない。 1980年代にはテロリズムや国外からの安価な労働力の到来など、いくつかの要因が重なって壊滅的な産業の危機につながった。 産業空洞化の過程を経て、1990年代半ば以降のビルバオはインフラや都市活性化への投資を行うことで、サービス都市へと変貌を遂げた。 の開館から変化が始まり(いわゆるグッゲンハイム効果) 、の開館、によるの開通、によるの開業、の開業、の竣工、の開発計画などがグッゲンハイム美術館の開館に続いた。 これらの計画が適切に行われているかどうか監督するため、スペイン政府や関連自治体が共同出資したビルバオ・メトロポリ=30やビルバオ・リア2000などの団体が設置された。 行政府は市長、理事会、市議会で構成され 、市長と市議会議員(定数29)の任期は4年間である。 市議会議員は政党を代表しており、配分はが15議席に加えて市長、が6議席、が4議席、が4議席である。 1999年の市長選挙では PNV のが当選し、2003年、2007年、2011年に再選された。 ビルバオは2008年と2010年にの自治体賞(スペイン部門)を受賞した。 2009年の同賞ではに次いでスペイン第2位となった。 2012年には市長のアスクナがを受賞した が、アスクナは任期中の2014年3月20日にで死去した。 後任の市長にはバスク民族主義党のイボン・アレソが就任した。 [注] バスク民族主義党 PNV とバスク連帯 EA は1999年選挙と2003年選挙の際に選挙連合を組んだ。 人口 [ ] ビルバオの人口における信頼できる統計が初めて発表されたのは1550年以降である。 1530年のビスカヤ地方には約65,000人が住んでいたが、1517年、1530年、1564年から1568年、1597年から1601年にが都市を襲い、16世紀末の最後の流行は特に壊滅的なものだった。 疫病の流行は19世紀まで断続的に続いたが、その後のビルバオは工業化のおかげで飛躍的な人口増加を経験した。 ピークの1982年には433,115人に達したが、チョリエリ谷の自治体がビルバオから分離独立し、ビルバオの人口は減少に転じた。 2009年のビルバオの人口は355,731人だが、市内で生まれたのは114,220人(32. 114,908人はの他地域で生まれ、9,545人はの他地域で生まれ、85,789人はスペインの他地域で生まれ、33,537人は国外で生まれた。 スペインの他地域ではとの出身者が多い。 ビルバオには127の異なる国籍の市民がおり、そのうち60カ国は10人以上である。 最大の人口を持つ外国籍コミュニティは(4,879人)と(3,730人)である。 1,000人以上の人口を持つ国籍は、(2,248人)、(2,058人)、(1,832人)、(1,390人)、(1,273人)、(1,237人)、(1,204人)である。 地区 [ ] ビルバオは8区に分けられており、さらに35地区に分けられている。 区名 地区名 面積 km 2 人口 2009 地図 1 アランゴイティ、イバレコランダ、サン・イグナシオ=エロリエタ、サン・ペドロ・デウスト=ラ・リベラ 4. 95 51,656 バスルト=ソロサ 2 カスタニョス、マティコ=シウダ・ハルディン、ウリバリ、スルバラン=アラベジャ 4. 19 38,335 3 オチャルコアガ=チュルディナガ 3. 90 28,518 4 ベゴニャ、ボルエタ、サントゥチュ 1. 77 43,030 5 アチュリ、ビルバオ・ラ・ビエホ、、イトゥラルデ、ラ・ペニャ、ミリビジャ、サン・アドリアン、サン・フランシスコ、ソロコエチェ、サバラ 9. 65 61,029 6 アバンド、インダウチュ 2. 14 51,718 7 アメソラ、イララバリ、イトゥリゴリ=ペニャスカル、エレカルデベリ=ララスキトゥ、ウレタメンディ 6. 96 47,787 8 アルタミラ、バスルト、オラベアガ、マスステギ=モンテ・カラメロ、ソロツァ 7. 09 33,658 経済 [ ] BBVA 本社 金融業 [ ] ビルバオは時代からバスク地方の経済的な中心地であり、主にで生産された産物をビルバオ港から輸出する貿易活動を行っていた。 19世紀には主にの採掘によって大きな発展を経験し、海運業や造船業などが促進された。 1857年にはビルバオ銀行が、1901年にはビスカヤ銀行がそれぞれビルバオに設立されると、1988年には両銀行が合併してビルバオ・ビスカヤ銀行となり、1999年にはアルヘンタリア銀行とも合併して今日の BBVA となった。 1907年にはとしてビルバオ市立貯蓄銀行が、1921年にはビスカヤ地方貯蓄銀行が設立されると、1990年には両銀行が合併してビルバオ・ビスカヤ・クチャ BBK となった。 1890年7月21日に設置されたビルバオ証券取引所はスペインに4か所ある証券取引所の一つであり 、ビルバオの他には、マドリード、に存在する。 ビルバオ証券取引所はボルサス・イ・メルカドス・エスパニョーレスが所有する流通市場である。 1890年には商工会議所も設置されている。 サービス業 [ ] 1980年代の劇的な工業危機後、ビルバオは経済基盤の再考を余儀なくされ、サービス部門で成功した都市に生まれ変わった。 ビルバオは多くの企業の本社があり、『』誌による「世界の巨大企業150社」のうち2社、40位の BBVA と122位の(エネルギー関連企業)が本社を置いている。 2005年におけるビルバオの1人あたり GDP は26,225ユーロであり、全国平均の22,152ユーロを上回っている。 公式の経済年鑑によれば、最も強力な部門は建設業、商業、観光業である。 2009年のは14. 観光業 [ ] 1872年、ビルバオとのラス・アレナス地区の浜辺の間に鉄道が開通した。 観光都市としての兆候が生まれ、ビルバオはささやかなビーチスポットとなった。 それ以降は大きな変化がなく、1995年の観光客数はわずか25,000人だったが 、1997年にが開館したことで観光客数が増加し、2009年には615,000人以上に達している。 多くの観光客はスペイン国内から、特にとから訪れる。 国外からの観光客は近隣のだけでなく、、、などからも訪れる。 観光産業はビスカヤ県のGDPを3億ユーロ押し上げている。 やビルバオ展示場(バラカルド)などのおかげで、ビルバオはビジネス観光の魅力的な目的地でもある。 ビルバオ港 [ ] 20世紀終盤まで使用されていたビルバオの旧来の港は、旧市街()からすぐの場所に位置していた。 1902年に河口部のに外港が建設されると、1970年代には巨大港に拡張され、河岸にあったドックは現在も稼働中のソロツァにあるドックを除いて外港に移転した。 2010年時点で、ビルバオ港はスペインで5本の指に入る第一級の商業港である。 200以上の定期航路が世界中にある500港とビルバオを結んでいる。 2009年には3,160万トンの貨物が、イギリス、、諸国などに運搬された。 2008年の第1セメスターには2,770隻の船で67,000人が移動した。 この流動はバスク州のGDPを4億1,900万ユーロ上げている。 鉱業・製鉄業 [ ] 1526年に抽出が法的に保護されて以来、はビスカヤ県で最も豊富な天然資源である。 鉱業と製鉄業はビルバオの主要な産業であり、高品質の鉄がヨーロッパ中に輸出された。 19世紀後半まで製鉄業は発展し続け、資源はビルバオに富をもたらした。 時のビルバオは製鉄業の中心地だったが、それ以後には重要性が低下した。 都市景観 [ ] 都市計画 [ ] 旧市街を平行に走る7本の通りを映した18世紀の絵 現在はロンダ通りとなっている旧市街()の旧城壁内には、ソメラ通り、アルテカジェ通り、テンデリア通りの3本の通りしかなかった。 この城壁の中にはに向かうが訪れた小規模ながあった。 15世紀にはさらに4本の通りが建設され、サスピカレアク(7本の通り)という名で呼ばれた。 何度かの洪水と1569年の大火事を経験し、1571年には街の拡張を可能にするために城壁が取り壊された。 1861年、技師のアマド・ラサロは衛生面を考えた広い通りを含む都市改造計画を立案した。 この計画はによるバルセロナの拡張計画を基にしていた。 ラサロの計画は質の高いものだったが、高額の費用がかかることもあり、市議会によって「非現実的で極端な計画である」として却下された。 ラサロは過去300年間の統計を基にした都市人口の増加をも計算していたが、結局計画は実現しなかった。 次の大きな変化は、1876年に周辺の自治体を併合した際に起こった。 建築家のセベリノ・デ・アチュカロ、技師のパブロ・デ・アルソラ(同年にビルバオ市長就任)、エルネスト・デ・ホフマイヤーらによって都市の拡大計画が策定された。 ラサロの計画とは異なってアチュカロらの計画は小規模なもので、現状の1. 58km 2の面積を2. 54km 2に拡大するものだった。 緩やかな格子状の街区、居住地区と工業地区を分離するための公園の存在を特徴としており、中心部のグラン・ビア・デ・ドン・ディエゴ・ロペス・デ・アロ通り沿いにはビスカヤ県庁舎、BBVAタワーなどの重要な建物が配置された。 1890年代末までに都市の拡大は半分ほど完成し、拡大した地域はすでに都市化していたため、フェデリコ・ウガルテによってさらなる拡張が計画された。 1925年までにデウスト、ベゴニャ、エランディオの一部がビルバオと合併し、1940年にはエランディオの残りの部分も合併した。 直近の合併は1966年であり、ロイウ、ソンディカ、デリオ、サムディオがビルバオと合併した。 これらの合併によりビルバオの面積が拡大し、107km 2となったが、デウストとベゴニャを除く自治体は1983年1月1日にビルバオから分離して独立した自治体となった。 2010年5月18日の世界都市サミット2010で、ビルバオは都市計画におけるとされる 世界都市賞を受賞した。 建築物 [ ] のゴンドラ ビルバオにはから現代様式まで様々な様式の建築物が存在する。 旧市街のには市でもっとも古いやなどの建築物がある。 旧市街の大部分は日中のみ歩行者専用道路となる。 近隣にはビスカヤ県でもっとも重要な宗教建築物の一つであるがあり、のベゴニャに捧げられている。 ビルバオ市内にはに17の橋が架けられている。 最も有名な橋は(バスク語で「白い橋」)であり、がデザインした歩行者専用橋として1997年に開通した。 1972年に開通したの(スペイン皇太子橋)は、2007年にフランス人芸術家のによって再デザインされた。 1936年に開通したデウスト橋は、のミシガン・アベニュー橋をモデルとしたである。 1890年から1893年には、ネルビオン川の最下流部にあるとの間にが架けられた。 ビスカヤ橋はアルベルト・パラシオ(建築家・技師)とシルベストレ・パラシオの兄弟によって建設された世界最古ので長さ164m・高さ45mあり、2006年にはに登録された。 1318年以前にはが建設され、長らくネルビオン川に架けられた唯一の橋だった。 幾度もの改修を経て、1870年代には完全に新しいサン・アントン橋が建設され、現在の橋は1937年に改修されたものである。 1990年代に産業の空洞化が進むと、かつての工業地区の多くはモダンな公共施設や私有施設に転換し、世界的に有名な建築家や芸術家が手掛けた建築物が建てられている。 代表的な例がアバンドイバラ地区に建設されたであり、かつてドックや木造倉庫があった土地に建てられた。 の建築家によって設計され、1997年10月に竣工した。 美術館はゲーリーの最高傑作であり 、世界的に見ても過去30年間で最も重要な建築物の一つとされている。 館内にはソロモン・R・グッゲンハイム財団の現代美術コレクションが展示されている。 グッゲンハイム美術館以外の例としては、1909年に建設された()は、2000年代にフランス人デザイナーのによって完全に再デザインされて複合施設(シネマコンプレックス、フィットネスジム、図書館、多目的ホールなどを内包)となった。 グッゲンハイム美術館のみならず、日本の建築家による(磯崎ゲート)、、の建築家による(本社、全高165mでバスク州で最も高い建築物)、の建築家によるメリア・ビルバオ(ホテル)などがある。 次に再開発されるのは地区であり、2007年にはイラク人建築家のによって基本計画が策定された。 現在の地区はのような形をしているが、50万m 2の島(中州)に変えられ、居住用・商業用ビル、ビルバオ・ビスカヤ・クチャが建設される予定である。 公園 [ ] 独特のを持つエチェバリア公園 2010年時点でビルバオ市域には18の公共公園があり、計200の緑地がある。 また、は計1,025ヘクタールに及び、そのうち119ヘクタールが都市化されている。 ビルバオ最大の公園はコベタス山(18. 5ヘクタール)であり、次いでラレアガブル(12ヘクタール)で、両公園は郊外に位置している。 1907年、市中心部の区に8. 5ヘクタールのが開園した。 リカルド・バウティダによって設計されたであり、公園の名称は土地を寄贈した地元在住女性に由来している。 が張ったの近くにがあり、、、など多くの種が生息している池があることから、地元ではアヒル公園 Parque de los Patos という別称で知られており、近年に拡張されてアバンドイバラ地区と結ばれた。 1980年には、イバイオンド区の製鉄所跡地にエチェバリア公園が建設された。 製鉄所時代の煙突が産業に過去に対するオマージュとして維持されている。 エチェバリア公園は18. 9ヘクタールであり、旧市街を見渡せる傾斜地にある。 他の公共空間には、ヨーロッパ公園、ミリビジャ公園、左岸のメモリアル・ウォークウェイなどがあり、街路灯が灯された3kmにわたる遊歩道であるメモリアル・ウォークウェイは、ビルバオ市街地の主要な観光スポットとなっている。 グッゲンハイム美術館にも近いアバンド区にはがあり、この広場を中心にして放射状に通りが伸びている。 市街地北方のアルチャンダ山には、市街地中心部からで容易にアクセスすることができる。 山頂付近にはレクリエーションエリア、レストラン、スポーツ施設、ビルバオ市街地を一望できるバルコニーなどがある。 市街地南方のパガサリ山は1870年代以来ハイキングの目的地であり、2007年以降は公式に環境保護が行われている。 交通 [ ] 以前は交通機関ごとに異なる切符を購入しなければならなかったが、1995年の開業と同時にというトラベルカードが導入された。 メトロ・ビルバオ、、、、、、、などがクレディトランスに加盟しており、1枚ので各交通機関を利用することができる。 航空 [ ] 詳細は「」を参照 ビルバオ北部にあるはバスク州とスペイン北部で最も旅客数の多い空港であり、2010年の年間旅客数は約390万人だった。 ビルバオ空港はビルバオ市街地の北12kmに位置し、自治体としてはロイウとソンディカにまたがっている。 約15の航空会社が就航し、主要な航空会社には、、、、、などがある。 旅客数の多い就航地は、、、、、、、、、、などである。 2000年にはのデザインによる新ターミナルがオープンした。 2009年にはターミナルの最大受入人数を倍増させる計画が承認され、当初は2014年完成予定だったが、世界的な経済危機によって旅客数の減少が見込まれ、完成は少なくとも2019年まで延期される予定である。 陸上交通 [ ] 有料高速道路のAP-8号線で欧州道路網と結ばれており、同じくAP-8号線でなどスペイン北部の他都市と、AP-68号線でやなどスペイン各地と結ばれている。 は43路線を運行しており、そのうち28路線は通常のバスだが、通常のバスが通行できない区間を通る7路線にはミニバスが使用される。 8路線は夜間運行のバスである。 近年にはその効率性とサービスの質が評価され、ビルボバスはの賞を受賞した。 は100以上の路線を運行しており、ビルバオと全域、さらにの一部の地域を結んでいる。 ビルバオ最大のバスターミナルはテルミバスと呼ばれ、の近くに存在する。 ビルボバスは赤色の車体と白色の文字が、ビスカイバスは黄色の車体が特徴である。 鉄道 [ ] の車両 1995年には(地下区間を有する都市鉄道)が開業し、乗客数は年間8,500万人以上である。 メトロ・ビルバオはビルバオ都市圏で2路線が運行中であり、さらに数路線が建設中もしくは検討中である。 メトロの2013年時点の総延長距離は43. 31kmであり、地下に25駅、地上に16駅の計41駅を持つ。 スペインで4番目に建設されたメトロであり、乗客数ではスペインで3番目である。 建築家のによる現代的なデザインが特徴である。 2002年にはが開業した。 メトロやセルカニアスの駅がない地区を走り、やなどの文化施設への足となっている。 現在のビルバオ・トラムは1路線であり、アチュリ停留所とバスルトを結んでいる。 路線網の拡大計画が進行中である。 ビルバオ都市圏では、、、 FEVE の3社が通勤鉄道を運行している。 セルカニアス・ビルバオはC-1、C-2、C-3の3路線からなり、全ての路線がビルバオ市中心部にあるを起点としている。 バスク鉄道はとで計8路線を運行しており、ビルバオと・を結ぶ路線、ビルバオとエルムアを結ぶ路線、ビルバオとを結ぶ路線などがある。 ビルバオのターミナル駅はである。 スペイン狭軌鉄道は主にスペイン北部で狭軌線を運行しており、ビルバオと・や・を結ぶ路線、ビルバオと・を結ぶ路線などがある。 2017年には、バスク州3県の県都を結ぶネットワークであるが運行開始される予定である。 バスクYは3都市を「Y」字状に結んでおり、所要時間が大幅に短縮されるとともに、将来的にはパリとマドリードを結ぶ高速鉄道線の一部となる予定である。 市街地にほど近いアルチャンダ山と繁華街との間に、1915年に開業したが運行されている。 麓駅はにかかるのすぐ北側にあり、終日15分おきに運行されている。 2005年の年間乗客数は453,000人だった。 海上交通 [ ] ビルバオ中心部からを下ると、約15kmの位置にビルバオ港がある。 ブリタニー・フェリーはとイギリスのを結ぶを運航している。 MVカップ・フィニステレもビルバオ港を出航してポーツマスに向かう便を持っている。 2006年から2007年まではアクシオナ・トラスメディテラネアもポーツマス行きのフェリーを運航していた。 では観光が運航されている。 ビルバオ市庁舎対岸にあるピオ・バロハ広場を起点とし、河岸の、、などを眺めながら川を下ることができる。 教育 [ ] デウスト大学 初等・中等教育 [ ] バスク地方では二言語の教育システムがあり、生徒は授業中の話し言葉と書き言葉として、との支配率が異なるモデルA、B、C、D、Xの中から選択する可能性を持つ。 ビルバオの小学校はモデルD(バスク語が主でスペイン語が副)で教えられるが、中学校の生徒はモデルB(数教科はバスク語、その他はスペイン語)を好む。 高等教育 [ ] ビルバオには2つの大学がある。 1886年にはによってが設立された。 現在のデウストはビルバオ市内の一地区だが、1925年以前は独立した自治体だった。 1968年にはビルバオ大学が設立され、1980年には UPV と名を変えた。 バスク大学はバスク州の3県にキャンパスを構える公立大学であり、ビスカヤ県のメインキャンパスはレイオアに所在するが、ビルバオにも工学部や経済学部などがある。 文化 [ ] ビルバオ美術館 ビルバオにはいくつかの劇場、コンサートホール(やなど)、映画館があり、ビルバオオペラ愛好者協会 ABAO が定期的にオペラを主催している。 1922年にはビルバオ交響楽団が設立され、2008年からはオーストリア出身のギュンター・ノイホルトが指揮者を務めている。 バスク地方では合唱音楽が人気であり、定期的にコンサートが開催される。 ビルバオ合唱団は1886年に設立されている。 ビルバオには美術館が2館ある。 はで知られており、、、などの作品がある。 の評価も高く、、、など12世紀から現代のスペイン絵画や、、、、、の作品などを展示している。 また、旧市街のにはを改装して開館したバスク博物館がある。 スペインの他都市同様に、ナイトライフも活気に満ちており、いくつかのクラブやライブハウス(カフェ・アンツォキアやビルボロックなど)などがある。 1999年に公開された映画「」では冒頭でビルバオが登場している。 2006年からはビルバオ・ライブ・フェスティバルが開催されており、徐々に人気を増している。 フェスティバル [ ] ビルバオで最も重要なフェスティバルはセマナ・グランデ(: Semana Grande)もしくはアステ・ナグシア( : Aste Nagusia)(英語ではビッグ・ウィークの意味)と呼ばれ、国内外から10万人以上の観客を集める。 1978年に初めて開催され、毎年8月第3週の土曜日から9日間開催されている。 セマナ・グランデ期間中には力比べ、無料の演奏パフォーマンス、路上パフォーマンス、、大会などが行われる。 毎年異なる企画が催されている。 スポーツ [ ] スペインやバスク地方の他都市と同様に、ビルバオで最も人気のあるスポーツはであり、次いでである。 サッカーやバスケットボールの他には、ビルバオ近郊の山々でのやが人気であり、ではソペラナやムンダカの海岸でが行われている。 主要なサッカークラブは(アスレティック・ビルバオ)である。 2013年に開場したをホームスタジアムとしている。 アスレティックは1928年の創設時のメンバーであり、それ以降からに降格したことがない。 リーグでは8度、では24度優勝している。 チームカラーの赤色と白色の旗は市内の至る所で見られる。 主要なバスケットボールクラブは2000年に発足したである。 ビルバオ・ベリーはに所属し、2010年に開場したをホームアリーナとしている。 2003-04シーズン後にリーガACBに昇格し、2010-11シーズンにはレギュラーシーズンで2位、ポストシーズンで準優勝した。 2012-13シーズンにはで準優勝した。 チームカラーは黒色と銀色である。 姉妹都市 [ ]• 出身人物 [ ] 「」も参照• — 軍人。 18世紀前半の司令官。 — 軍人。 18世紀の将軍。 — 政治家。 法務大臣(1939年-1943年)。 — 政治家。 法務大臣(1951年-1965年)。 — 外交官・政治家。 外務大臣(1957年-1969年)。 — 政治家・法律家。 ETA の設立者の一人。 — 政治家。 バスク自治州教育大臣(1991年-1994年)。 — 政治家。 党首(1997年-2000年)。 雇用大臣や公共行政大臣などを歴任。 — 技師・建築家。 — 技師・実業家・政治家。 工業大臣(1988年-1993年)。 — 地質学者・政治家。 — 法経済学者・政治家。 (1999年-2004年)。 — 経済学者・実業家。 — 聖職者。 総長(1965年-1983年)。 — 哲学者・思想家。 — 哲学者・文学者・詩人・劇作家。 のひとり。 — 民族主義者・著作家。 「バスク民族主義の父」。 — 詩人・エッセイスト・翻訳者。 — バスク語作家・詩人。 — ドイツの作家・翻訳者。 (1979年)。 — 作家。 の最年少受賞者(1999年)。 — 作曲家。 に名が残っている。 — 作曲家・指揮者。 — 映画音楽作曲家。 『』で最優秀音楽賞受賞(2008年)。 — バスク音楽家。 — のチェリスト。 — 作詞家・歌手・ギタリスト。 — バレエダンサー。 フリーランス。 — 映画監督。 『悪人に平穏なし』で監督賞受賞(2011年)。 — 映画監督。 『』でゴヤ賞作品賞受賞(2013年)。 — 映画監督。 『』でゴヤ賞最多8部門受賞(2014年)。 — 撮影監督。 — 彫刻家作家。 — 女優。 コメディドラマ「Aqui no hay quien viva」などの出演で知られる。 — 男性ファッションモデル。 — 自転車競技選手。 区間1勝。 — ベネズエラの自転車競技選手。 — 柔道家。 2008年ヨーロッパ選手権銀メダル。 — トライアスロン選手。 2009世界選手権3位。 - サッカー選手。 銀メダル。 — サッカー選手。 の由来となった。 — サッカー選手。 3度出場。 - サッカー選手。 RFEF 会長(1988年-)。 — サッカー選手。 3度出場。 - サッカー選手・指導者。 監督(2002年-2004年)。 — フィールドホッケー選手。 — フィールドホッケー選手。 夏季五輪2度出場。 — フィールドホッケー選手。 夏季五輪2度出場。 脚注 [ ]• 2015年5月31日閲覧。 INE(). 2012年1月27日時点のよりアーカイブ。 2012年2月2日閲覧。 INE(スペイン国立統計局). 2015年5月31日閲覧。 Deia 2014年3月22日. 2015年5月31日閲覧。 【探訪 新ライフスタイル】工業都市スペイン・ビルバオの復活劇/美術館けん引、アートの街に『』2020年7月10日(4面)• スペイン国立統計機関. 2011年1月2日時点のよりアーカイブ。 2010年10月19日閲覧。 2011年8月22日, at the. Basque Statistics Office 2008年12月31日. 2010年10月23日時点のよりアーカイブ。 2010年10月19日閲覧。 Quiroga 2001: 17• ビルバオ・グッゲンハイム美術館. 2010年10月4日時点のよりアーカイブ。 2010年10月7日閲覧。 The UNESCO Courier UNESCO : 41. Europa. eu 2008年6月5日. 2010年10月19日閲覧。 El Correo. 2010年10月26日時点のよりアーカイブ。 2010年10月20日閲覧。 Euskaltzaindia. 2010年10月7日閲覧。 Gladius XXI. 2008年7月19日閲覧。 Books. google. 2004. 2011年4月10日閲覧。 Beascoechea 1999: 138• 第11版 1911年. 2008年10月12日閲覧。 Tusell 2004: 22. Bilbao 700. 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2008年7月18日閲覧。 Montero 1998: 37. ビルバオ市議会 Council 2007年. 2008年7月19日閲覧。 ビルバオ市議会. 2010年10月7日閲覧。 Orive, Emma and Rallo, Ana 2002年10月. 2009年1月23日時点のよりアーカイブ。 2008年7月24日閲覧。 Eusko News. 2008年6月19日時点のよりアーカイブ。 2008年7月25日閲覧。 2008年7月25日閲覧。 Deia 2007年10月5日. 2008年2月22日時点のよりアーカイブ。 2007年10月31日閲覧。 Bajo Elagua 2006年2月7日. 2008年9月8日時点のよりアーカイブ。 2008年7月25日閲覧。 2008年7月25日閲覧。 El Correo 2010年7月2日. 2010年10月10日時点のよりアーカイブ。 2010年10月7日閲覧。 ビルバオ市議会. 2010年10月7日閲覧。 AEMET. 2009年6月29日時点のよりアーカイブ。 2010年10月20日閲覧。 Aena. 2010年10月20日閲覧。 [ ]• Bilbao 700. 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2008年7月17日閲覧。 Beascoechea 1999: 104• Bilbaoport. 2008年9月23日時点のよりアーカイブ。 2008年9月17日閲覧。 Quiroga 2001: 68• Montero, Manuel. Bilbao 700. 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2008年10月15日閲覧。 Quiroga 2001: 84• Tussel 2004: 187• Tussel 2004: 194• BM30. 2008年10月16日閲覧。 2008年10月15日閲覧。 Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。 [ ]• El Pais. 2012年4月4日閲覧。 Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。 [ ]• Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。 [ ]• Galarraga, Naiara 2003年1月19日. Spanish. 2010年8月9日閲覧。 Spanish. El Diario Vasco Sociedad Vascongada de Publicaciones, S. 2010年8月9日閲覧。 バスク州議会. 2015年7月25日閲覧。 ビルバオ市議会 2007年. 2008年9月17日閲覧。 ビルバオ市議会 2009年. 2010年10月31日閲覧。 ビルバオ市議会 2007年1月1日. 2010年10月31日閲覧。 Ayuntamiento de Bilbao. 2010年10月10日閲覧。 [ ]• Portal. bbk. 2009年12月21日時点のよりアーカイブ。 2011年4月10日閲覧。 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2011年4月10日閲覧。 Ayuntamiento de Bilbao. 2008年10月16日閲覧。 [ ]• cybereuskadi. com. 2008年12月1日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 Lan Ekintza. 2010年10月20日閲覧。 Deia 2007年12月18日. 2009年1月24日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 INE. 2010年11月13日時点のよりアーカイブ。 2010年12月9日閲覧。 Bilbao City Council 2009年. 2010年10月20日閲覧。 Montero, Manuel 2005. 2010年10月7日時点のよりアーカイブ。 2010年10月18日閲覧。 Etxebarria, Elvira. Bilbao 700. 236. 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 Bilbao 700. 212. 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 Deia 2006年2月8日. 2009年1月24日時点のよりアーカイブ。 2007年10月31日閲覧。 Puerto de Bilbao. 2008年10月20日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 Puerto de Bilbao. 2010年5月8日時点のよりアーカイブ。 2010年10月10日閲覧。 Puerto de Bilbao. 2009年1月23日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 Puerto de Bilbao. 2009年6月16日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 Bilbao 700. 2008年7月24日時点のよりアーカイブ。 2008年10月16日閲覧。 Tusell 2004: 19• euskomedia. org. 2008年9月17日閲覧。 euskomedia. org. 2010年10月8日閲覧。 Montero 2000: 45• バスク自治州政府. 2009年1月23日時点のよりアーカイブ。 2014年4月17日閲覧。 El Correo. 2010年12月9日閲覧。 Lee Kuan Yew World City Prize. 2010年12月9日閲覧。 Guggenheim Bilbao 2006年10月20日. 2011年7月18日時点のよりアーカイブ。 2010年11月10日閲覧。 Deia. 2008年4月23日. の2011年7月9日時点におけるアーカイブ。 2010年11月10日閲覧。 Parr, Linda 2007年. の2012年3月2日時点におけるアーカイブ。 2010年11月10日閲覧。 Tyrnauer, Matt 2010年6月30日. Vanity Fair. の2010年11月28日時点におけるアーカイブ。 2010年11月10日閲覧。 2010年10月23日時点のよりアーカイブ。 2010年10月20日閲覧。 El Correo. 2010年9月23日時点のよりアーカイブ。 2010年10月20日閲覧。 Torre Iberdrola. 2010年9月29日時点のよりアーカイブ。 2010年11月10日閲覧。 El Correo. 2010年11月10日閲覧。 Bilbao City Council. 2010年11月11日閲覧。 Bilbao City Council. 2010年11月11日閲覧。 [ ]• Bilbao City Council. 2010年11月12日閲覧。 Bilbao City Council. 2010年11月12日閲覧。 Bilbao City Council. 2010年11月12日閲覧。 Bilbao City Council 2007年. 2010年11月12日閲覧。 Aena 2009年. 2011年1月23日閲覧。 Deia 2011年1月13日. 2013年1月21日時点のよりアーカイブ。 2011年1月23日閲覧。 2008年9月22日時点のよりアーカイブ。 2008年10月22日閲覧。 El Correo 2010年11月19日. 2011年1月23日閲覧。 Multilingual Matters. 180—181. Bilbao City Hall 2009年. 2010年12月5日閲覧。 バスク大学. 2010年12月5日閲覧。 bilbao. net. 2009年6月21日時点のよりアーカイブ。 2009年7月7日閲覧。 Gunther Lades. Fussballtempel. net. 2011年4月10日閲覧。 ESPN Soccernet 2009年6月11日. 2009年7月7日閲覧。 Mairie de Bordeaux. 2013年2月7日時点のよりアーカイブ。 2013年7月29日閲覧。 2013年2月7日時点のよりアーカイブ。 2013年7月29日閲覧。 参考文献 [ ]• Bilbao en el espejo. Bilbao. 194. 1979. 291. Montero, Manuel 2000. 142. Olaizola Elordi, Juanjo 2002. Bilbao. 177. の2009年7月22日時点におけるアーカイブ。 2008年10月26日閲覧。 Bilbao y sus barrios: una mirada desde la historia. Bilbao. 115. Bilbao. Bilbao. 212. October—December 1998. Bilbao. 147• 2000. El karst de Pagasarri. 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ビルバオに関連する および があります。 (バスク語) (スペイン語) (英語) 観光• (バスク語) (スペイン語) (英語)• (日本語).

次の