ひかり電話 電話番号。 「ひかり電話」接続可否番号一覧|ひかり電話|フレッツ光公式|NTT西日本

ひかり電話のアナログ戻しとは?電話番号を継続するために必要?

ひかり電話 電話番号

光回線で電話番号をそのまま引き継ぐには? インターネット回線を光回線に換える場合には、電話番号を引き継ぎするための条件を満たしていなければなりません。 NTT固定電話の番号がすでにあることが前提 基本的には利用している 電話番号がNTTの加入電話を契約した際に発行されているものである必要があります。 NTTの加入電話とは、NTTが提携しているアナログ電話のことを指し、以前の固定電話はすべてがNTT加入によるものでした。 当然のことながら加入電話で使用していた番号を、他社に換えたとしても引き継ぐことは可能です。 しかしその後NTT以外の電話会社も固定電話を提供するようになり、それぞれの企業が番号を独自に発行するシステムとなっていきました。 これと同じように光ファイバーの普及によって各業者が光電話の番号を独自に発行するようにもなりました。 光電話として発行されたものはNG 光回線業者が発行した光電話の番号の場合、NTT加入電話以外で発行されたものなので、番号をそのままに他社のサービスに引き継ぐことができません。 たとえばauひかりに申し込んでその時に番号を発行してもらった場合には、解約後にほかのサービスに番号を引き継ぐことは不可能です。 もしもフレッツ光で番号を発行してもらっていた場合も同じようなことが言えます。 フレッツ光から別のサービスに番号を引き継ぐことはできません。 同じNTTであってもフレッツ光と加入電話はまったく異なるものです。 加入電話で発行していれば、どのようなサービスに何度換えたとしても番号を引き継ぐことができるということです。 引っ越したときはどうなる? インターネット回線の解約したり乗り換えをすることは、引っ越しをきっかけに行われることも多く見られます。 しかし 引っ越しの場合にはたとえNTT加入電話で使用していたものであったとしても、変わってしまう可能性が高いでしょう。 多くの場合電話番号は市外局番と市内局番、加入者番号の三つに分かれていて、地域ごとに番号が定められています。 市区町村ごとに市内局番が決まっているので、自分が住んでいたしとは異なるエリアに引っ越しをしてしまった場合にはほぼ変わります。 これは市区町村ごとに局舎の対応エリアが異なることが原因です。 市区町村単位で引っ越しをしてしまった場合には、最寄りの局舎も変わることになるので、それに伴って番号も変わってしまうんですね。 いくら光ファイバーの普及によって直接固定電話サービスが提供されるようになったといっても、電話番号のルールに関してはNTTのルールがそのまま引き継がれているということです。 またまれに 同じ市内での引っ越しであっても、局舎の対応エリアにより番号が変わるケースもあるため十分な注意が必要です。 電話番号をそのまま引き継ぐ方法 ここまでは加入電話以外は番号が変わってしまうということについて解説してきました ただし面倒な手続きが必要となりますが、同じ電話番号をそのまま使い続けるための方法も存在しています。 まずは乗り換え前の契約先からいったん光電話をNTT加入電話に戻しましょう。 具体的な手続きとしては、光電話の解約時にNTT加入電話へ戻したい意向を伝えましょう。 するとNTTによって加入電話に戻す工事が行われることになります。 この時に工事費用が発生しますが、工事内容によっても若干の差は見られますがほとんどの場合が2000円程度となります。 工事が行われる日は固定電話が使えなくなってしまうため十分に注意しましょう。 工事日を変更する場合には、NTTにそれを連絡することにより変更が可能です。 その時に乗り換え前後の契約先に連絡する必要はありません。 NTT加入電話に戻す工事が完了すれば、光電話サービスの解除が行われることとなります。 こうしてNTT加入電話に戻す工事が行われることにより、最初に使っていた番号が無事に確保されるます。 次の光電話に乗り換えるまでは、電話機の回線を光回線の装置からもともと使っていたモジュラージャックに差し替えなければなりません。 NTTに加入している電話なので、当然のことながら基本料金や通話料金は通常のNTT加入電話の料金が適用されることになるため、光電話のように安く設定されることはありません。 それほど使われることのない固定電話ですが、この期間の電話代については十分な注意が必要です。 そしてあらためて光電話に申し込みます。 光電話の申込み方法は2つ 光電話の申し込みについては、乗り換えと同時に申し込む方法と、乗り換えた後にあらためて申し込む方法の二つあります。 番号をそのまま利用するため、番号ポータビリティを利用する旨を伝えて申し込む必要があるでしょう。 普通に加入電話を利用休止にしてしまうと工事の際に番号が変わってしまうため、ナンバーポータビリティーの工事で維持した状態のまま加入電話を休止状態にし、光電話とかぶらないようにする仕組みです。 工事が終わればすぐに利用は可能となります。 まとめ 光回線契約で光電話にするとき、ずっと使っている固定電話の電話番号をそのまま引き継ぐ方法について紹介しました。 光回線業者を乗り換える場合、光電話の番号そのまま引き継ぐことはできませんが、NTT加入電話がある状態からなら可能です。 同窓会のお誘いなどはたいてい家電にかかってきますからね。 ほかにも家電ならではのメリットも多いので、番号を変えたくない人は注意して光回線を契約しましょう。

次の

電話番号変わるなんて聞いてない!光コラボに転用後フレッツ光に戻す裏技はある?

ひかり電話 電話番号

auひかり電話サービスの利点 先ほどauひかりの電話サービスについてはご紹介しましたが、NTTの電話サービスから切り替えると、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 まずは、auひかりの電話サービスに切り替えるメリットをご紹介します。 電話料金を抑えられる 一般的にNTTの加入電話を利用している場合、ほとんどの方は月額1,700円 税抜 の電話料金がかかっています。 最近固定電話を利用する方はかなり減ってきているので、 使わなくてもかかる基本料金は痛い出費となります。 auひかり電話サービスにすることで、電話の基本料金を月額500円に抑える事が可能です。 IP電話の場合は050〜から始まる番号しか利用することができません。 auひかり電話サービスの場合は03〜や06〜といった一般的なNTTの番号と同じ番号で 利用する事が出来ます。 電話加入権なしで電話番号が持てる auひかり電話サービスはそもそもNTTの加入権は必要ありません。 固定電話が必要な場合、auひかりに申し込めば新しく03〜や06〜などの番号がKDDIから発行されます。 注意点として、KDDIで電話番号を新しく発行した場合、した後、番号を NTTのサービス NTT加入電話やNTTひかり電話など に移行する事はできません。 元々NTT加入電話で発行した番号であれば、NTTサービスへ戻す事が出来ます。 今までの電話番号を引き継ぎ利用可能 auひかり電話サービスは今まで利用していたKDDIのADSLone、またはNTTの加入電話から 番号をそのまま移行する事が出来ます。 NTT加入電話から番号移行する場合、NTTの休止手数料及び、番号ポータビリティ料として、3,150円が請求 されます。 またauひかりを解約した場合、再度NTTに戻す事も可能です。 以下のようにNTT加入電話やADSLoneにて発行された電話番号が移行可能です。 以前のサービスはauひかり電話が開通後、自動的に解約されるので自分で解約手続きをしないでください。 ご自身で解約手続きをすると正常に移行できない場合があります。 またマンションタイプでは、一度NTTの加入電話に戻した後、 auひかり電話への変更が必要な場合もあります。 auスマホとのセット割、スマートバリューには固定電話が必須 auひかりでは、auスマホとセットで利用することで毎月一定の割引を受けられるauスマートバリューというセット割引があります。 スマートバリューを適用する条件として、 auひかり電話への申し込みが必須です。 固定電話が必要ない方にとっては、やっかいな条件ですが、 仮に固定電話が必要なかったとしても、auスマホをお持ちの方はauひかり電話への申し込みをおすすめします。 なぜなら、スマートバリューではスマホ1台に付き934〜2,000円の割引が適用されます。 それに比べauひかり電話の月額料金は500円です。 仮に固定電話が不要であったとしてもauスマホを持っていれば最低934円の割引が毎月適用されるので、損は有りません。 詳しくはをご覧ください。 さらに、窓口によってはauひかり電話の加入で キャッシュバック額が増額されるケースもあります。 たとえば、人気代理店の では、auひかりのみの申し込んだ際のキャッシュバック額は45,000円です。 しかし、auひかり電話も申し込むと7,000円が増額され、52,000円を受け取れます。 auひかりの電話のみの契約は可能? auひかりのひかり電話はNTT加入電話と比べても基本料金が非常に安く魅力的です。 しかし、500円の低価格の基本料金のみで固定電話を使う場合、必ずauひかりインターネット回線の申し込みが必要となってしまいます。 インターネット回線が不要だと言う人にとっては、逆に月額料金が高くなってしまい、お得とは言えないでしょう。 しかし、auひかり電話には電話のみ契約するプランが存在します。 ただ、これには条件があり、場合によっては電話のみの契約ができない事もあるので注意が必要です。 基本的に電話のみの契約が出来るのは、auひかりマンションタイプで、 配線方式がVDSLまたは、LAN配線でのみ利用が出来ます。 マンションギガやマンションギガミニでは電話のみの契約は出来ません。 現在お住まいのマンションで導入されているauひかりのマンションタイプを確認するには、 をご覧ください。 また電話のみの契約をする場合、月額料金は500円で使う事はできません。 基本料金は上がり、 月額1,400円で利用できます。 これでもNTTの加入電話で毎月1,700円払うのと比べたら多少割安で使う事ができるでしょう。 auひかりの電話残しをする場合 現在auひかりを使っていて、電話だけ残したい方は注意が必要です。 auひかりの電話のみのプランを使うためには、マンションタイプの他に、プロバイダをauonenetで使っている必要があります。 auonenet以外のプロバイダを使っている場合、auひかりを一度完全に解約し、再度auonenetで申し込みしなおさなければなりません。 そのため、解約に伴い工事費の残金を支払ったり、再契約の際も新たに工事費が発生してしまいます。 auひかり電話にはデメリットも存在する! 固定電話の基本料金が安くなり、スマホとのセット割も適用されるauひかり電話ですが、良いことだけではありません。 光回線を使った電話であることで、特有のデメリットも存在します。 詳しくはも参考にしてください。 例えば、 auひかり電話には発信できない電話番号があります。 コレクトコールや話中調べ、伝言ダイヤルなどが代表的でしょう。 一般的に使用頻度が低い番号ではありますが、人によっては不便を感じる方もいるかもしれません。 また、auひかり電話の弱点として停電時に通話ができない点もデメリットです。 通常のアナログ電話であれば、電話機がコンセントに繋がっていなくても通話することができます。 auひかり電話でも電話機自体にはコンセントに繋がっていなくても問題ありません。 しかし、電話機は必ずauひかりのホームゲートウェイと呼ばれる宅内機器に接続する必要があります。 このホームゲートウェイは電源が必要なので、コンセントに繋がっていないと全く役に立たないのです。 そのため、 auひかり電話は停電の時に通話ができなくなってしまうので注意が必要です。

次の

各社ひかり電話(固定電話)の番号ポータビリティ実現は2025年?

ひかり電話 電話番号

ひかり電話の番号取得方法• もともとアナログ回線で利用していた番号を、そのまま番号ポータビリティ(MNP)でひかり電話へ移行する方法• 新しい番号をひかり電話開通時に取得する方法 このうち1番の、もともとアナログ電話で利用していた番号をMNPで移行する場合は、特に問題はありません。 今までと番号が変わらないまま、基本料金は安くなるのでとってもお得な方法です。 番号移行時には同番移行費やNTTの加入権を休止させるための休止費用がかかりますが、もちろんそれは1度だけです。 それに光回線を解約する時には、またアナログ電話に戻すこともできます。 なので毎月々の料金が1,000円以上お安くなる事を考えれば、ひかり回線を引く時には固定電話もひかり電話にしたほうがお得ですよね。 けれど問題なのは2番の、 ひかり電話で新しい番号を取得する場合です。 もちろんひかり電話は固定電話と同じように市外局番からきちんと始まる番号を取得できます。 東京だったら03から、大阪だったら06から始まる番号になるので、ひかり電話の番号だということもわかりにくいです。 なのでそのまま簡単に番号を取得してしまいがちなのですが、そこに落とし穴が・・・!! 実は ひかり電話ではじめから取得した番号というのは、ひかり電話専用番号といってひかり電話でしか使えない番号なんです。 (光発番の番号とも言います。 ) しかも取得した回線(フレッツならフレッツ、auならau)のひかり電話でしか利用することはできません。 もちろん同じひかり回線を利用している間は、そのひかり電話専用番号もずっと使い続けることができます。 けれど万が一インターネットが不要になった時や、他社に乗換えをしたくなった時には同じ番号で継続することができないんです。 要は 電話番号を変えないためには、その回線を利用し続けるしかないということ。 なのでインターネットが必要なくなり電話だけの契約にしたい時は、アナログ回線の新しい電話番号で回線を引きなおす必要があります。 それに他の事業者への乗り換え時にも、番号は継続できないので新しい事業者での新番を取らないと電話を利用することができません。 固定電話はほとんど使わないし、番号も誰にも言っていないという場合は問題ないでしょう。 けれど親戚への連絡やいろいろなサービスの登録に固定電話の番号を使っていた場合は、相手へ番号が変わった事を伝えなければいけなくなってしまいます。 それに万が一仕事でその電話番号を利用していた場合は、番号が変わってしまうというのはかなり大変なことになってしまいますよね。 ひかり電話発番の番号を取得してしまったために、 電話番号が変わることがネックで回線の乗換えができないということにもなりかねません。 なのでひかり電話で番号を取得する時には、今後乗り換えやインターネットの解約をしないかどうかを考えた上で取得したほうがいいですよ。 ひかり電話発番の番号でできること、できないことは以下の通りです。 スポンサーリンク 番号を引き継げるようにするには? ひかり電話を利用したいけど、今後の事を考えると他社への乗り換え時にも番号は変わらないようにしたい! ここまで読んで、そう思う人も多いのではないでしょうか。 その場合にできる方法はひとつだけ。 それは 一度アナログ回線で電話番号を取得して開通してから、その番号をひかり電話へ移行する方法です。 実は先ほど紹介した光発番の番号だとできないことは、すべてアナログ発番だとできることなんです。 なので今後融通が利くように、一度アナログ発番での番号を開通させてしまいその番号をひかり電話へ移行するのが一番の得策です。 ちなみにアナログでの発番であれば、電話の加入権はあってもなくても大丈夫です。 加入権がないライトプランで取得したアナログの電話番号でも、その後ひかり電話への移行やアナログ回線に戻すことも可能です。 アナログの電話で取得した番号だと、こんなことだってできてしまうんですよ。 ちょっとややこしいのですが、とにかくアナログ発番の電話番号であれば基本的にはどこの会社に乗り換えようが、その後またアナログに戻すことも別事業者の回線に移行することもできるんです。 これなら万が一この先他社に乗り換えたくなったとしても、同じ番号を引き継ぐことができますし、インターネットが必要なくなった場合はアナログ電話に戻して同じ番号を使うことができます。 その場合、一度アナログで開通するための時間と工事費用などがかかってしまうので、電話利用を開始したい時期が決まっている場合は早めにNTTへの申し込みをしてくださいね。 ちょっと面倒でお金もかかってしまいますが、それさえしておけば今後どうすることになっても番号が変わる地域への移転がない限りは、同じ番号を継続して利用することが可能です。 特に仕事でひかり電話を利用しようと思っている人は、後々のことを考えると絶対にアナログ電話で番号を取得したほうが安全ですよ。 スポンサーリンク ひかり電話の新番取得時に注意したいこと それ以外にもいくつか、ひかり電話の番号を取得する時に気をつけておきたいことがあります。 ここからはそんなに重要ではありませんが、気をつけておいたほうが面倒なことにならないので頭に入れておいてくださいね。 前に使っていたのが会社やお店じゃないか確認 ひかり電話の番号は、通常はいくつかの候補を出してもらってその中から1番号気に入ったものを選ぶことができます。 結構ひかり発番の番号だと、結構ゴロのいい番号が出たりすることもあります。 けれど番号を決める前にひとつ注意してほしいのが、 その番号をネットで検索した時に何か情報が出てこないかどうかってこと。 ひかり電話の番号は入れ替わり激しいので、たまに候補で出された番号を検索するとお店や会社の番号として載っていたりすることがあるんです。 その場合もちろんそのお店はすでに閉店していたり倒産していたりするのですが、ネットなどで検索して出てくる場合は間違い電話がたくさんかかってくる可能性があります。 特に前利用していたのが飲食店だったりしたら大変! 出前の注文や予約などの間違い電話がたくさんかかってしまうかもしれません。 私も以前営業をしていた時に、電話を開通したらその番号がもともと代行タクシーの番号で使っていたようで、夜中に酔っ払いからの電話がかかってきて困る!なんて迷惑な話もありましたよ。 そうならないためにも、まずは番号の候補をもらったらどこかに載っていないかネットで検索をしてから決定するのがおすすめです。 電話機を設置する場所 もうひとつ気をつけたいのが 、ひかり電話を利用する場合に電話機を設置する場所です。 実はひかり電話を利用する時には、壁にある電話の差込口(モジュラージャック)は使いません。 光回線を引き込んできた先に設置する ひかり電話対応の回線終端装置に、直接電話機を接続するんです。 なのでインターネットを利用したい場所と電話機を利用したい場所が異なる場合は、接続方法を考えなければいけません。 たとえば有線でインターネットを接続したい場合は、PCの近くに回線終端装置を設置して、電話の親機もその近くに設置。 電話を利用したい場所では子機で利用するという方法があります。 また電話機を設置したい場所に回線終端装置を設置し、親機は隣に接続。 PCは無線で利用するといった方法もあります。 ただし1階に電話機、2階でPCを利用したい場合などはちょっと大変です。 無線LANや電話の子機で利用しようと思っても、1階と2階では電波が届かない可能性も出てきてしまいますよね。 そんな場合は 回線終端装置は2階に設置して、1階の電話機の位置までは電話線の配線工事を依頼するのが一番いいと思います。 NTTや電気店などに依頼すれば、電話の配線工事は1万円ほどで行ってくれます。 その工事をすることで、1階には電話の親機を設置でき、ネットも2階の回線終端装置から有線で利用できます。 それ以外にも無線の中継器を間に設置して、インターネットを無線で利用する方法もありますが、やってみないと電波が届くかはわからないので確実ではありません。 ネットと電話それぞれの利用場所を決めずに光回線の工事を依頼してしまうと、工事当日にとりあえずで回線終端装置を設置してしまいます。 するとその後電話を置く場所が決まった時に、回線終端装置がそばになければ線を延ばしてこなければいけなくなってしまったりいろいろと面倒なことになりかねません。 スムーズに工事を行い、その後も快適に利用するためにも、ひかり電話を利用する場合は必ず工事前に利用場所を決めておきましょうね。 今回ご紹介したことは、現在光電話を利用していて2番号目を取得するときにも、同じことが当てはまります。 もし2番号以上利用したい場合は、こちらの記事も参考にしてくださいね。 ひかり電話の注意点 まとめ 簡単に申し込みができるひかり電話ですが、だからこそ気をつけたいことがいろいろあるんですよね。 知らないで申し込んでしまうと、後々面倒なことが増えてしまいます。 そんなことにならないためにも、前もってひかり電話を申し込む前にいろいろと先のことまで考えてみてくださいね。 これからひかり電話の新番を取得しようと思っている方の参考になれば嬉しいです。 ひかり電話でFAXも使用したいと思っている人は、こちらも参考にしてください。

次の