ニュース 23 主題 歌。 反町隆史がGTO主題歌の「POISON」を振り返る「我ながらいい詞だな」

綾野剛&星野源W主演、米津玄師主題歌のドラマ「MIU404」初回放送日決定(音楽ナタリー)

ニュース 23 主題 歌

King&Princeの新曲が、永瀬廉(21)主演映画「弱虫ペダル」(8月14日公開、監督三木康一郎)の主題歌に決定した。 タイトルは「Key of Heart」で、映画のために書き下ろされた。 同作は永瀬演じる主人公の小野田坂道が高校の自転車競技部に入部し、仲間と切磋琢磨(せっさたくま)することで成長していく物語。 主題歌は、青空の下を自転車が駆け抜けていくような爽やかな、物語にふさわしい一曲となっている。 永瀬は「テンションが上がって、思わず口ずさんでしまう曲に仕上がった」と紹介。 キンプリは、今月10日発売の5枚目シングル「Mazy Night」が6月16日付のオリコン週間ランキングで初週売り上げ51万8000枚を記録し、デビューから5作連続で1位を獲得。 アニメや舞台などでも人気を博してきた「弱虫ペダル」初の実写映画との最強タッグとなる新曲で、さらなる躍進を遂げることになりそうだ。 《「チーム総北」7人集結 ポスタービジュアル解禁》本予告映像、伊藤健太郎(22)や橋本環奈(21)らが演じる「チーム総北」の7人が集結したポスタービジュアルも初解禁となった。 ポスターには小野田坂道(永瀬)、今泉俊輔(伊藤)、寒咲幹(橋本)、鳴子章吉(坂東龍汰)、金城真護(竜星涼)、巻島裕介(栁俊太郎)、田所迅(菅原健)が集結。 「青春を走れ。 希望をつなげ。 」というコピーとともに大きく映し出されている。 永瀬は「ロードレースの疾走感を大事にしながら撮影をしたので、きっとその熱量が伝わると思います」と作品をアピールした。 累計発行部数は2500万部を突破しており、単行本は67巻まで刊行されている。 主人公の小野田坂道はアニメオタクで、小学生の頃から毎週末自宅と秋葉原の往復90キロをママチャリで通っていた。 高校で自転車競技部に入部すると、自転車選手として才能を開花させていく。

次の

反町隆史がGTO主題歌の「POISON」を振り返る「我ながらいい詞だな」

ニュース 23 主題 歌

米津玄師さん(phot by 山田智和) 警視庁「機動捜査隊」で、綾野さんと星野さんがバディを組み、24時間というタイムリミットの中で犯人逮捕に全てを懸ける、この春の注目作品。 脚本の野木さん、監督の塚原あゆ子さん、プロデューサーの新井順子さん、そして主題歌を手掛ける米津さんは「アンナチュラル」以来の再タッグとなる。 米津さんがドラマ主題歌を手掛けるのは「Lemon」、TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の「馬と鹿」に続く3作目。 2018年に発表した「Lemon」は2年連続でビルボードジャパン年間総合チャートを制覇し、ミュージックビデオ(MV)は5億再生を超え、セールスは300万ダウンロードを突破するなど、数えきれないほどの記録を残した。 「MIU404」キービジュアル 19年発表の「馬と鹿」は、ドラマ放送後もラグビーワールドカップの会場や関連ニュースで繰り返し流されるなどして感動的な場面を盛り上げ、日本代表の躍進と共に大きな社会現象の一端を担う曲へと成長。 CDとダウンロードの合算で150万セールスを突破し、MVは1億再生に迫っている。 新曲「感電」は「MIU404」の初回放送(放送日未定)で初オンエア解禁となる。 米津さんの20年の幕開けを飾るのはいったいどのような作品なのか。 放送当日は大きな反響を呼ぶことは間違いないだろう。 米津さんは発表を受けて自身のツイッターを更新し「主題歌作らしてもらいました。 綾野剛さん星野源さんのバディめちゃくそ上がります。 自分自身とても楽しみです。 よろしくお願いします。 」とファンに呼び掛け、主題歌とドラマへの期待を盛り上げた。 ドラマのコンセプトと脚本を読ませていただき、受け取ったものがいくつもありました。 自分が今暮らしている境遇と、ドラマの彼らが巻き込まれて行く物語に共通する部分をそのまま音楽にしました。 どんなふうにドラマと一緒になるのか楽しみです。 どうかよろしくお願いします。 多彩な音の広がりが、軽やかで痛快で、少し切なく、いつまでも聴いていたいと思わせる、そんな楽曲です。 嫌になっちゃうくらい毎日いろんなことがありますが、暗がりに捕まらないように、この曲と共に、伊吹と志摩と走り抜けたいと強く思いました。 ありがとうございました。 youtube. 』『空飛ぶ広報室』ほか) 音楽:得田真裕(『アンナチュラル』『インハンド』ほか) プロデュース:新井順子(『アンナチュラル』『わたし、定時で帰ります。 』『中学聖日記』『リバース』ほか) 演出:塚原あゆ子(『アンナチュラル』『グランメゾン東京』『グッドワイフ』『中学聖日記』ほか) 竹村謙太郎(『アンナチュラル』『G 線上のあなたと私』 『わたし、定時で帰ります。 tbs.

次の

米津玄師、ミスチル、中島みゆき…ハピクロ的 心に残る“ドラマ主題歌”特集!

ニュース 23 主題 歌

THE イナズマ戦隊は、結成23年目にして初の地上波ドラマのタイアップとなる。 ドラマは、ラーメン業界をけん引する「清流企画」社長・芹沢達美(鈴木)が、奇抜なアイデアと計算しつくされた手法で、苦境にあえぐ街のラーメン店を繁盛店へと導くフード・コンサルティングの物語。 ラーメン店で働く人々の悲喜こもごも、人間ドラマを通じて、ラーメン店だけでなくさまざまな飲食店にも通じるフード・コンサルティング、起業、経営のノウハウをも描く。 街の風景を背にメインキャストが勢ぞろいし、それぞれが思い思いのラーメンを食しているポスターは、レオナルド・ダ・ヴィンチの有名の名画がモチーフ。 「人を惹きつけ、人を並ばせる、ラーメンの秘密教えます」というキャッチコピーのように、芹沢たちはどのようなコンサルティンで危機に陥ったラーメン店を救うのか。 そんなドラマを撮影中のスタジオにTHE イナズマ戦隊が現れると、出演者とスタッフは拍手でお出迎え。 和やかな雰囲気に包まれた。 緊張した面持ちで出演者たちと記念写真を行い、表敬訪問を終えたTHE イナズマ戦隊は、「ドラマ現場の緊張感、豪華な出演者に圧倒されましたが、撮影が終わって挨拶をさせてもらうと、皆さん丁寧に言葉を交わしてくれました。 特に白坂隼人役の君とは10年以上前に番組で一緒に演奏した事があって、その時の話を懐かしみながら、演者と主題歌担当バンドとして再び会えた事に喜びを感じました! 完成したドラマを見るのが楽しみでたまりません!! 」と語っていた。 「清流企画」新入社員・汐見ゆとり()の両親役を演じるキャストも発表。 全国に支部を持つクッキングスクールの総帥で、著名な料理評論家でもある母・橋爪ようこ役に。 ゆとりがラーメンに興味を持つきっかけを作ったカメラマンの父・汐見亮二役にがふんする。 ようこは自然派食品原理主義者で、ラーメン業界にとっては天敵のような人物。 子どもの頃からゆとりに英才教育を施し、後継ぎにと考えているが、それに反発するゆとりとの間には確執が…。 その上、芹沢との間にも因縁がある様子。 果たしてどんな展開が待ち受けているのか!? ゆとりと両親、ようこと芹沢。 それぞれの関係性も見どころとなる。

次の