辛い 腹痛。 辛い食べ物を食べることによる体への良い効果と悪い影響

辛いものを食べた後の腹痛の対策や原因と予防方法は?すぐに治す方法とは!?

辛い 腹痛

この記事の目次• 辛い食べ物の体へのメリット 脂肪を燃焼する 辛い食べ物として、唐辛子を選んで食べる場合には、脂肪を燃焼するというメリットが生まれることはよく知られています。 これは辛味成分のカプサイシンの働きによるもので、停滞している代謝を底上げして、太りにくい体質に導くためにも有効です。 こうした特徴を活かして、唐辛子のカプサイシンを主原料にするダイエットサプリも開発されています。 体が温まる 辛い食べ物を食べると、寒さが解消して体がポカポカに温まることもメリットと言えるでしょう。 例えば、薬膳では「温性」という分類であるショウガを食べると、辛味成分のジンゲロールなどの働きにより、血流促進とともに体温が上昇する仕組みです。 寒さが厳しいときには、ショウガ入りの紅茶やハーブティーを飲むことも体を温めるための知恵です。 漢方では寒邪を発散させるために使われることが多いのは、発汗によって体表から侵入するウイルスを発散させるためなのです。 体を冷ます 逆に辛い食べ物の影響で、涼感を得られることも知られています。 東南アジアのタイでは、高温多湿の環境に対応するために、辛い食べ物で一時的には体温が上昇しますが、発汗を促して体温を下げる知恵があります。 中国の四川省の地域では、山椒や唐辛子を豊富に使った麻坊豆腐を食べることで、同じように体温を下げる食文化が生まれました。 発汗の影響で徐々に体が冷えて、無理のない形で涼しさを実感できるわけです。 水分の発散 発汗で体温が下がるだけでなく、余計な水分が発散することもメリットになります。 夏の時期になると、水分を摂りすぎることが多くなり、水太りの状態になることが少なくありません。 冷たくて水分が多い麺料理を食べる場合にも同様な状態になるわけですが、薬味として唐辛子や山椒などを添えるだけで内容が変化します。 冷たい食べ物の問題を軽減させて、むくみを予防することになるのですから、美容や健康にとっても役立つ性質を持っています。 内臓との関係 薬膳や漢方の考えでは、味を5種類に分ける性質があり、辛味も同時に含まれています。 これを総称して五味と呼ぶわけですが、これらの味は人間の五臓と深い関係を持っています。 漢方の考えでは、辛味は五臓の肺と相性が良いとされています。 同時に停滞している気血の流れを良くする効果があるとされているため、免疫力を高めるためにも欠かせない要素です。 漢方では5種類の味を少しずつ摂ることが理想とされるため、適度な量を食べるのであれば、肺の機能を補うことができるわけです。 味としての役割 辛い食べ物のメリットとしては、風味を豊かにする効果を挙げることもできます。 塩分量が制限されている人が料理を食べると、味気なく感じてしまうことが少なくありません。 ところが、薄味の料理に辛い食べ物を少しだけ添えるだけで、複雑な風味が生まれて美味しく感じられるようになります。 薄味の味噌汁に対しては、七味唐辛子をかけると、山椒や唐辛子の辛味で美味しくなるのも同じ理由です。 この方法を使えば、料理で砂糖に頼りすぎることもなくなりますから、糖尿病予防のためにも役立ちます。 スポンサーリンク 辛い食べ物の体へのデメリット 体温上昇と疲労感 体質的に暑がりな人が辛いものを大量に食べると、体全体の熱が蓄積することが避けられません。 唐辛子を使う場合であれば、この熱を簡単に下げることはできません。 頭から下半身も含めて、全身が灼熱のような状態になるわけですから、この段階で体力も余計に消耗することになります。 結果的には余計な疲れが残ることになり、翌日の仕事や勉強のモチベーションを下げる原因にもなるわけです。 発汗作用による水分補給 辛味成分の影響で発汗が促されることは、場合によってはデメリットにもなる現象です。 適度な発汗であれば、余計な水分を発散するだけで終わりですが、過剰であれば喉の渇きが深刻になることが避けられません。 激辛のカレーを食べることにより、猛烈な暑さと喉の渇きを感じるようになるため、大量の冷水を飲むことがあります。 急激に大量の汗をかくだけでも負担になりますが、さらに余計に水を飲むことになるわけですから、胃腸への負担も大きくなるはずです。 味覚に関するデメリット デメリットの一つとして考えられることには、味覚への影響があります。 カプサイシンなどの辛味は、適量であれば風味を豊かにしてくれますが、大量になれば単純に刺激が強いだけになってしまいます。 辛味が強すぎるために、旨味や甘味に対する感度が鈍化して、何を食べているかを把握できなくなると思います。 料理の種別も考慮せずに、何にでも唐辛子をかける人を見ることがありますが、このような場合には繊細な味覚が失われていることは容易に想像できます。 身体に対する悪影響 辛い食べ物のデメリットについても、東洋医学的な観点からも探ることができます。 適量であれば五臓の肺に良い影響を与えるわけですが、過剰になれば真逆の結果になるのは当然のことです。 漢方の考えでは、辛い食べ物を食べ過ぎると目に良くないと言われています。 江戸時代初期に書かれた養生訓の記述にも同様なことが書かれているため、五味の偏りを調整することが大事になるのだろうと思います。 辛い食べ物の悪影響が顕著になると、気血の流れにも良くない影響を与えるはずですから、自然治癒力を低下させる原因にもなります。 食欲増進はダイエットの敵 辛い食べ物には風味を豊かにする効果があることは、逆の意味で考えれば食欲を増進させることでもあるわけです。 そのため、場合によっては食べ過ぎを助長することになります。 単純な白菜の塩漬けも美味しいですが、これだけでは大量に食べようとは思いません。 ところが、この白菜漬けに唐辛子やニンニクを入れてキムチにすると、ご飯が何杯でも食べられそうなおかずになるのですから不思議です。 辛子明太子やカレーライスの場合も同じで、辛味や芳香の影響が強くなるようです。 芳香性の健胃作用によって食欲が増進することは知っていたのですが、辛味だけでも同じような効果が発生することは間違いないと思います。 依存することも 辛い食べ物には、一種の中毒性があることもデメリットの一つになると考えられます。 嗜好性が強いために、コショウや唐辛子は大航海時代には世界中で流行することになるわけですが、人々の感性を惑わすような魅力があるために、メリットの影にはデメリットも隠される要因になっているようです。 まとめ 辛い食べ物の効果によって、発汗作用や燃焼作用が働いて、ダイエットや健康に対するメリットを得られます。 寒いときに食べれば体が芯から温まり、血流も促進して免疫力が高まることも知られています。 しかしデメリットも少なくないため、食べ過ぎには十分に注意しなければいけません。 過剰な辛さは発汗を過剰にさせて、喉の乾きが顕著になります。 東洋医学的には、適度に摂れば肺の健康にとってはプラスになりますが、食べ過ぎれば真逆の結果にもなり得るということです。

次の

辛いものを食べた時の腹痛の原因と対処法

辛い 腹痛

夏になると冷たい食べ物を欲する人は多いでしょうが、なかには「暑い夏だからこそ熱いものが食べたい! 辛い物が欲しくなる!」という人も少なくないでしょう。 筆者のかつての同僚がそうでした。 猛暑日が続く中、昼休みになると毎日のように社員食堂でカレーライスを注文し、それに大量の七味唐辛子をふりかけて食べていました。 額に玉のような汗を浮かべて「はふはふ」と言いながら激辛カレーを頬張る同僚を横目に、筆者は冷やし中華を食べていたのを思い出します。 また、別の知人はタイへ旅行に行った際、辛い物を食べすぎて腹痛になりました。 下痢が治まらず、病院で診てもらったところ、胃の内壁がただれていたということがあります。 普段から辛い物を多く食べているメキシコでおこなわれた調査によると、唐辛子の摂取量と胃癌のリスクは比例するというデータも。 やっぱり、辛い物、刺激が強い物を食べ過ぎると腹痛になってしまうのでしょうか。 ここでは辛い物を食べ過ぎると腹痛になるメカニズム、そして知って得する治す方法、予防法などをご紹介します。 じつは「胃酸」が関係しています。 何らかの理由で胃酸の分泌量が増えると、胃や食道を痛めることがあります。 唐辛子には、少量であれば胃酸の分泌を抑え、食欲を増進させる効果があると言われていますが、 食べ過ぎると逆に胃酸の分泌を促進してしまい、結果、胃や食道を痛めてしまうことがあるというのです。 「ストレスで胃が痛くなった」という話を聞きますが、これも胃酸が多量に分泌されている状態ですから、 ストレス発散のために辛い物をドカ食いすることは明らかに無謀と言えるでしょう。 味覚に分類されない「辛味」は、実は〇〇だった! 人間の味覚は大きく5つに分類されます。 塩味 つまり、「辛味」というものは存在しないのです。 私たちが 辛い物を食べて「辛い」と感じるのはじつは「痛み」なのです。 口内炎ができたときに痛いと感じるように、口の中には痛みを感じる神経がたくさんあり、辛い物を食べたとき、その痛みの感覚を「味覚」と錯覚してしまっているだけなのです。 そう考えると、辛い物を食べてお腹が痛くなるという現象も、なかば当然のことのようにも思えます。 辛い物と一緒に口にしないほうがいいものとは? 辛い物を食べても、少しくらいの腹痛ならすぐに治まりますから、それほど気にならないでしょう。 しかし、いつまでも下痢が続く、胃腸の痛みが治まらないという場合があります。 中にはお尻までヒリヒリするといった症状を訴える人もいるようです。 そんな強い症状を訴える人の多くは、 唐辛子などの辛い物と合わせて、脂っこいものやアルコール類を摂取しているものです。 唐辛子の辛み成分であるカプサイシンが脂溶性であるため、油やアルコール類とうまく溶け合って、口から肛門に至る消化器官全体に行き渡ってしまいます。 その結果、口内炎ができたり、胃腸が痛くなったり、お尻までヒリヒリしたりするわけです。 ときには肛門の炎症がもとで痔になる人もいるそうです。 辛い物と脂っこいもの、アルコール類というのはセットみたいなイメージを持ってしまいがちですが、体のことを考えると、じつは良くない組み合わせだということなのです。 そんな人のために、辛い物で胃腸が痛くならないための効果的な予防法や、なってしまったときの対処法をご紹介したいと思います。 水よりヨーグルトのほうが効果的 水を飲んでも辛さやヒリヒリ感が治まらないことがよくあります。 これは、唐辛子に含まれるカプサイシンが水に溶けにくい性質を持っているからです。 そこで効果的なのが カゼインを豊富に含む乳製品です。 激辛料理を食べる前や食べている途中に ヨーグルト、牛乳、チーズといった乳製品を摂取してみましょう。 カプサイシンによる刺激をやわらげてくれる可能性大です。 緑茶やコーヒー、ワインでも効果あり 乳製品は苦手。 牛乳を飲むと下痢をする。 そういう方も少なからずいらっしゃいます。 そんな場合は、緑茶やコーヒー、ワインを試してみてはいかがでしょうか。 タンニンを含む飲み物には整腸作用があると言われています。 乳製品のようにカプサイシンによる刺激をやわらげてくれる効果はありませんが、胃腸環境を整えて、辛さによる影響を多少は軽減してくれると思います。 また、お酢やレモン、ライムなどの酸味は、辛さをやわらげてくれます。 お腹が痛くなった時の対処法 実際にお腹が痛くなってしまったときは、それに見合った処置をするしかありません。 市販の胃腸薬や整腸剤を服用し、合わせて消化の良いものを食べるようにしましょう。 おかゆ• 温野菜• 卵料理• 白身魚• 脂身の少ない肉料理 これらが一般的には良いと言われているメニューです。 他に、整腸作用のある リンゴを食べるのもいいでしょう。 辛い物を食べてお腹をこわしたとしても、普通はそれほど心配ありません。 下痢も1~2日ほどで治まります。 それでも症状が改善されない場合は、すみやかに医療機関を受診するのが賢明です。 まとめ 辛い物って「後を引く美味しさ」がありますが、体に負担のかかるものを多く食べていると、健康被害のリスクもそれなりに大きくなるでしょう。 ですが前もって効果的な予防法や対処法を知っておけば、リスクは軽減されるかもしれません。 この記事の内容が少しでもお役に立てばと願っております。

次の

辛い物を食べ過ぎるとなぜ腹痛に? 知らなきゃ損する原因と治す方法

辛い 腹痛

つまり辛ければ辛いほど、 胃酸がめちゃくちゃ分泌されて、胃や食道の粘膜がめちゃくちゃになるってことですね。 つまり粘膜さえ痛めなければなんとかなると。 対策方法がみえてきたな! 激辛料理を食べたあとの腹痛を抑える対策方法 対策方法その1:激辛料理を食べる前(後)に牛乳を飲む 牛乳などの乳製品は胃や食道の粘膜をコーティングしてくれるので、増えた胃酸の刺激から守ってくれるんだそうな。 激辛料理を食べる前に飲んでおくのがベストだけど、食後でも一定の効果があるとのこと。 あと、牛乳に含まれる 「カゼイン」というなんとも「風邪がin」してそうな成分が辛い成分の働きをブロックしてくれるので、辛さを感じにくくなるどころか、腹痛も起きにくくなるそうです。 カルシウムも豊富だし、まさに神の飲料だな。 ちなみに僕は、激辛料理を食べた後は、いつも飲むヨーグルトを飲むようにしてます。 でも、個人的には、 わざわざ好きで辛い料理を食べているのに薬に頼るのもどうなん!?って感じ。 食べ物の痛みは食べ物で解決するべきじゃねーか? ということで、食べ物による対策方法その3を考えてみた。 対策方法その3:おかゆを食べる あーおかゆね。 知ってる知ってる。 超うまいよね。 … 確かに食べ物による対策方法だけど!! おかゆ食べたらお腹いっぱいになるだろうがぁぁぁ!!!! 対策方法その4:食前(後)にバニラアイスを食べる 神の飲料「牛乳」と同じ理由だけど、 「バニラアイス」でも一定の効果があるとの世間での噂。 おかゆとかふざけたこと言わずに、もうコレしかねぇ。 辛いもん食べたらデザートに「バニラアイス」を召し上がるようにしましょう。 なにダイエット中?? 腹痛と共に在る人生を覚悟しましょう。 おまけ:辛さを和らげるための水を飲みたくなるけど、実は逆効果? 辛いものを食べていると、ついつい水が飲みたくなってしまうけど、 実は逆効果なんだとか。 それは「唐辛子などの辛い成分(カプサイシン)は水に溶けない」から! 水のせいで辛い成分が口の中に広がってしまい、さらに水が飲みたくなるの無限ループに陥ってしまうんだそうな。 じゃぁ、どうすればいいかって? やっぱり牛乳が効果的なんだって! 牛乳は辛い成分と混ざるので、飲み込むことで辛さを口の中から洗い流すことができるんだと。 ちなみに、 米やパンなどの炭水化物も辛い成分を取り除く効果があり、 砂糖やハチミツなども辛さを和らげる効果があります。 あと、 度数の高いアルコールも効果的だそうです。

次の