シンバ の 息子。 「ライオン・キング」シンバの息子の特別な力 (2017年7月6日)

【悪役】ライオン・キングのスカーとは?プロフィール&トリビア!スカーの本名・アニメ版&実写版の声優も!

シンバ の 息子

Contents• 基本情報 原題は「 The Lion Guard: Return of the Roar」。 2015年11月22日公開。 テレビアニメシリーズ「ライオン・ガード」の序章となる中編テレビアニメーション作品で、映画「ライオン・キング」の主役であるシンバの息子、カイオンが主人公。 あらすじ プライドランドの王となったシンバ。 その息子のカイオンがある日ハイエナに捕まった友達のバンガを助けようと雄叫びをあげると、今までにない特別な力が発揮されました。 シンバはまだ幼さのあるカイオンに不安を抱きつつも、ライオン・ガードについて教えます。 そこでカイオンはシンバに教えられた通りのライオン・ガードメンバーを探すことに。 一方、新たなライオン・ガード結成の日が近いことを聞きつけたハイエナたち。 サークルオブライフを守るライオン・ガードが力をつけると自由に獲物を狩ることができなくなると考えた彼らは、ライオン・ガードが本格的に始動する前に獲物を狩り尽くそうと計画します。 どんな人にオススメ?• ライオン・キングシリーズを一つも見逃したくないファン• これからアニメシリーズ「ライオン・ガード」を見る予定の方、見るかどうか迷っている方• ミュージカルあり、子供が楽しめそうな正統派アニメ作品をお探しの方 ライオン・ガードとは? 映画にはなかったこのアニメシリーズオリジナルの設定。 序盤にささっと説明されるのですが、ここにまとめておきます。 どういうチーム? 5匹のライオンで構成された、サークルオブライフとプライドランドを守るチーム。 言い伝えによると、メンバーはプライドランドで最も強き者 リーダー 、勇ましき者、速き者、たくましき者、見通せし者である。 カイオンはライオン以外の動物をメンバーを選ぶが、特に問題はない様子。 リーダーにメンバーとして任命されると体にライオン・ガードのマークが刻まれる。 英雄たちの雄叫び かつての偉大なライオンたちとともに雄叫びをあげることができる特別な力。 これを使えるライオンはプライドランドで最も強き者になれる。 この力を使うと空では雲がライオンたちの形となり一緒に雄叫びをあげる。 音量だけではないエネルギーがあるようで、吠えられた者は縮み上がったり吹き飛ばされたり。 見せびらかし目的では発動できない、悪事に使用すると二度と使用できなくなる等、いろんな設定がある。 なぜ知られていなかった? ムファサ(シンバの父、カイオンの祖父)が若かった頃、ライオン・ガードのリーダーはスカー(ムファサの弟)だった。 強い力を持ったスカーはメンバーとともにムファサを倒し王になろうとしたが、メンバーがそれを拒否したためスカーは雄叫びを使いチームを全滅させてしまった。 そんな過去があるためライオン・ガードはあまり公にされていなかった、ということのようです。 キャラクターピックアップ 映画にはいなかった新キャラクターたちをちょっと紹介。 カイオン シンバとナラの息子。 キアラの弟。 口癖は「ヘイヴィ・カビーサ」。 意味は分からないけど、驚いた、感心したときとかに言うのかな? プライドランドで最も強きものになれる特別な雄叫びをあげることができることが分かり、ライオン・ガードのリーダーとしてシンバに任命された。 シンバの子供時代より凛々しい顔立ち。 バンガ カイオンの友達のラーテル。 ズカザマ、すバンガらしいが口癖。 フーリ チーターの女の子。 額にハートマークの柄がある。 自信家でやんちゃなお姉ちゃんタイプ? べシティ カバの男の子。 気は優しくて力持ちタイプ? オーノ シラサギの男の子。 目がいいだけじゃなくて冷静な分析力もありそう。 ジャンジャ ハイエナで、群のボス。 アウトランドを縄張りとしていて、狩りはプライドランドで行う。 ハイエナだけ仲間はずれになっているのは、サークルオブライフ(生命の輪)を無視してとにかく食べたいだけ食い尽くしてしまうところにある様子。 映画の3匹に比べてハイエナたちのキャラが全員弱いのが残念。 アニメシリーズの中で徐々に形成されていくといいな。 ハゲワシのムズィンゴも彼らの一味。 大体ハイエナとかハゲワシとかって、悪いやつですよね。 私の注目ポイント おなじみの仲間たちも登場! 本作の主人公は新キャラクターたちですが、脇を固めるように映画でもお馴染みのキャラクターたちが登場。 シンバ、ナラ、ラフィキに、2の主人公でシンバの娘のキアラ 友達のズーリとティーフは新キャラクター。 ティモンとプンバァももちろんいますし、故人であるムファサの姿も。 スカーも出ているといえば出ています。 まさに大集合ですね! 映画と同じくミュージカル! ミュージカル映画のスピンオフシリーズということで、本作もミュージカルアニメです。 映画の曲が良すぎるので比べることはできませんが、曲数が意外と多く曲調のバラエティも豊か。 全部オリジナルだと思います。 曲として一番好きなのはバンガのズカザマの曲。 映像に関して言えばハイエナたちの曲がダントツ良かったです。 この作品が好きな人へのおすすめ作品• ライオン・ガード このアニメの続きであるテレビシリーズ• ライオン・キングのティモンとプンバァ 同じくライオン・キングシリーズのスピンオフテレビアニメ.

次の

ライオンキングのシンバの父親ムファサの死因は?ヌーの大群に飛び込んだ理由についても

シンバ の 息子

1994年度アカデミー歌曲賞にノミネートされた人気曲。 シンバの幼少期を演じていたジョナサン・テイラー・トーマスの声変わりのため歌は ジェイソン・ウィーバーが担当。 ハクナマタタとは、スワヒリ語で「大丈夫、問題ない、どうにかなるさ」の意味。 1994年度アカデミー歌曲賞を受賞。 ライオンの鳴き声はグリズリーベアとトラを合わせたもの 『ライオンキング』に出てくる迫力のあるライオンの咆哮(ほうこう)は、実は グリズリーベアとトラ、そしてF16という低空飛行機のエンジン音を合わせたもので録音されています。 実物のライオンの鳴き声は迫力がないため、このような策をとったようです。 なんだか残念ですね(笑)。 そして、優しい母サラビの声は、 マッジ・シンクレアが演じましたが、この両親は 1988年公開で大ヒットした『 星の王子 ニューヨークへ行く』での王子(エディ・マーフィー)の両親を演じた役者です。 アニメではライオンだったものの、どちらも王子の両親という共通点がおもしろいですね。 父のムファサはダースベイダー?! 英語版『ライオン・キング』で、 ムファサを担当している ジェームズ・アール・ジョーンズは、 スター・ウォーズのダース・ベイダーの声を担当もしています。 ですので、劇中でシンバへ語る言葉のなかで「お前は私の息子だ。 ディズニーもニクイ演出をしますね。 気になる方は、字幕版でチェックしてみて下さいね! シンバ役の声優は完成するまで役名をしらなかった(笑) 成長したシンバの声優は、マシュー・ブロデリックは他の声優と一緒にアフレコする機会もなく、実際のプレミア上映で自分がどの役だったか知ったそうです。 役の性格や顔を知らずに、演じられるなんてスゴイですね。 しかも主役(笑)。 しかし、シンバの声は素敵なので、成功といっても良いでしょう。 動物のうなり声にはゴミ箱がかかせなかった?! 動物のうなり声を担当したのが、鳴き声を得意とする名声優のフランク・ウェルカーという人物。 私は、ジョージの声って本当の猿の声を使用しているのかと思っていました・・・・フランクさんすごい。 そんなフランクさんがゴミ箱をかかえて、うなり声を録音している動画があったのでご紹介します。

次の

ライオン・キング2 シンバズ・プライド

シンバ の 息子

私の時代もいつかは沈む時がやってくるだろう。 」(ムファサ) 出典: 逆らえない 自然の原理や、祖先の偉大さ、そして全てを背負っているという強い覚悟 がにじみ出ているセリフですよね。 次の王はシンバと決まっていますが、ふさわしい王になるには心身ともに立派に育たなくてはなりません。 息子のシンバに、 自らの想いと先祖への尊敬の念を語る父親の姿は、非常にかっこいいです。 その後、シンバに伝えた言葉がこのセリフです。 自分も大人ライオンのように立派に遣って退けられると思いたかったシンバに、 勇敢でいることと後先考えない事は別で、分別をつける必要性を諭します。 ただ叱っているのではなく、 シンバの溢れる好奇心と勇敢を誇示したいという気持ちを汲んだ上で、教えを施す姿は、まさに理想の父親です。 生きるべき世界で役目を果たせ」(ラフィキ) 大人になったシンバに、ラフィキがこう言います。 自分の過去の過ち(正確には仕組まれた事ですが)をずっと後悔していたシンバですが、その想いに蓋をして忘れようとしているかのように毎日ティモン・フンバと楽しく暮らしていました。 心にしまいずっと忘れようとしていた「王」という役目を、長老のラフィキはどうにかして思い起こさせます。 この言葉を聞いてシンバは、 自分とその使命を、夜空を見ながら思い出します。 「元気を出して欲しい、気にすんなよ!」という気軽な考え方も、長い人生を送る上で大切なことですよね。 このセリフは、子供のシンバが自分のせいで父親がなくなったことで深いショックを受けていました。 ティモンとフンバはこの事情を全く知らず励ましたのですが、 何も知らない2人の言葉だからこそ、シンバの心にストレートに届いたのですね。 思いつめすぎて、自分を押しつぶしそうになった時には 「ハクナマタタ」を思い出して、美味しい食べ物や楽しいダンスで気分転換すれば、ハッピーになれること間違いありません! \映画取扱数NO. スカーは卑怯者で最後には仲間のハイエナにも裏切られますが、 賢い彼には言語化できない不思議な魅力とカリスマ性が あります。 みなさんの中にも、このキャラクターが好きな人も多いのでは無いのでしょうか? 大勢のハイエナの前で演説した時に発したこのセリフは、 絶対的な自信と野心 がにじんで見えてなんともカッコいいですね。 王はそのことをよく理解しなければならない。 小さなものから大きなものまで、あらゆる動物に敬意を払うのだ。 」(ムファサ) 出典: ムファサがシンバに、 命の大切さと自然の偉大さを伝えるシーン です。 いくら王といっても、横暴になんでも好きなように振る舞えるのではなく、たとえ 自分の餌になりうる動物にさえ、敬意を払わなくてはならないと伝えます。 私たちの私生活に当てはめてみたらどうでしょう? 指導者的な立場になればなるほど、自分の部下や同僚に、敬意を払いそれぞれを理解しなければ、指導者としてはふさわしいとは言えません。 その点では、 自然界でも人間界でもあるべき姿は変わらないのですね。 でもお前は、そこから逃げ出すことができる。 学ぶことも。 」(ラフィキ) 出典: ラフィキが大人になったシンバと再会し、プライドロックに戻ることを戸惑うシンバにかけた言葉です。 過去の トラウマを、「学び」に変え乗り越えることができるんだと訴えています。 これ私達の生活にも応用できる事ですね。 何か過去の失敗を抱え、新しい進化を恐れるのではなく、考え方を変え少しの勇気を出せば、大きな成長に変えることができます。 もし何かに躊躇することがあれば、この言葉を思い出して見てください。 」(ムファサ) シンバが子供の頃、ハイエナの住処にナラを連れていったことを叱った後のムファサのセリフです。 「父さんは怖いことなんて無いんでしょ?」とシンバに聞かれ、ムファサはこう答えました。 大切な息子を失うかもしれない場面では、いくら勇敢で偉大な王でも怖いものです。 しかし、 大切な人に自分の弱さもさらけ出せる人こそが、真の強い者の証明 なのかもしれませんね。 俺だってそうするから。 」(ムファサ) 出典: ムファサは夜空を見上げながらこう言いました。 自分もいつか死ぬという、絶対的に逃れられない運命をただ受け入れるのではなく、 ムファサは 「先達に恥じないような立派な王」 になるべく日々悩んでいたのかもしれません。 いつか自分がシンバを側で見守ることができなくなった時にでも、「祖先がお前にきっと勇気をくれる、お前は1人じゃ無い。 」と伝えることで勇気を持って欲しい と願った切実な父親の姿に、なんともグッときます。 きっと、 かつて自分も悩んだり孤独を感じたりした経験があってこそ 、言えた言葉なのかもしれませんね。 」(ラフィキ) 出典: 名言集の、最後に相応しいのはこちらです。 このセリフは劇中何度か使われます。 何か新しい展開が始まる 期待感、高揚感はもちろん、 不安や未来への若干の恐怖をも含んだこのセリフを聞くと、変わりゆく未来への各々の覚悟 が伝わりますね。 きっとこの儀式はシンバの子供にも、そしてまたその子供にも伝わるでしょう。 その度にまた新しい世代が始まり、命は巡り巡り回っていくのです。 まとめ 作中で印象深かった名言を、考察と心情分析を含めてご紹介してみました。 巡る命の1部として頂点に君臨するライオンの確固たる覚悟や、悩んだ時の「内なる声」となりうる場面など、たくさんあったかと思います。 本編をもし見直す機会があれば、これらのセリフにぜひ耳を傾けてみてくださいね! \映画取扱数NO. 1のU-NEXT31日間無料でお試し!/.

次の