選挙 白紙 投票。 【無記名投票のすすめ】政治は気になるけど、選挙は意味がないと思う人へ。

国民選挙の義務化を

選挙 白紙 投票

に続けての衆議院選挙ネタです。 今の"素晴らしい"日本の政治では、積極的に支持できる政党や候補者がいないという意見もよく聞きますし、同意します。 そんな中、気になるのは 「選挙で支持したい人がいないから抗議の意を込めて白票を投票する」という意見。 この認識は正しいのでしょうか? そして、どれほど意味のあることなのでしょうか? 日本の衆議院選挙で白票は無効票に数えられます。 白票を投じても「吊られた男」と書いても「今の政治に不満を持つ」と書いても「焼肉定食」と書いても同じ無効票です。 これらはまとめて「無効票1,000票」のようになります。 1,000票は無効票ですから抗議とは言えません。 「吊られた男」と書かれた票だってあるかもしれませんし、佐藤一郎候補と鈴木次郎候補がいる中で「佐藤次郎」と書いたように間違えて無効になったモノもあるでしょう。 また、白票と落書きは違うと言っても、白票の中でも抗議以外の別の意味を込めた票があるかもしれません。 複数の候補者を応援しているが1人を選べないという理由からの白票 無効票 があるかもしれません。 無効票の裏側にはそれぞれに人間ドラマがあります。 ・おふざけでの無効票 ・間違えてしまっての無効票 ・選べないからの白票 ・抗議の意味での白票 ・白紙委任の白票 無効票は無効票であり、そこに色はつきません。 いろいろな意図で投票している人がいる以上、賛成の意だとか抗議の意だとか勝手に色を付けるのは傲慢です 魅力的な候補者がおらず、積極的に支持したくないという気持ちは痛いほどわかります。 しかし、白票は抗議の意を示したことにはなりませんし、「魅力的な人がいないから選択しない」で未来は開けるのでしょうか。 仕事でも魅力的な取引先がないからと言って、どことも取引しないで、ただ魅力的な取引先が出てくるのを待ち続けるではビジネスはやっていきません。 いろいろ不満がありながらも仕事を続けていくにはどこかを選ばなくてはいけません。 選挙も同じです。 選挙で白馬の王子様を待ち続けていてもいつまで経っても来ないかもしれません。 そうしているうちにロクでもない組織に支えられた政治家たちに国をめちゃくちゃにされてしまうかもしれません。 白馬の王子様は来なくても、せめてそのような悪徳政治家に権力を握らせないようにしてもよいのではないでしょうか。 例えば、世間一般での評判は悪いが地元の組織票をとれるような大物議員のケースを想定します。 悪名高いが組織票は取れる議員 2. ボンクラ対立候補 このような2人の候補者ならどちらも"支持"したくありません。 しかし、積極的に支持できないからといって白票を投じたり投票を棄権すれば、組織票の力で「1. 悪名高いが組織票は取れる議員」が再選してしまいます。 一方、白票などを投じずに「1. 悪名高いが組織票は取れる議員」を落とすために、「2. ボンクラ対立候補」に投票すれば、「1. 悪名高いが組織票は取れる議員」を落とすことができるかもしれません。 その人たちが対立候補に投じていれば、せめて彼を国会に送らないことはできたかもしれません。 その対立候補がロクでもないことをしでかすという可能性はありますが 積極的な支持は無くてもダメな奴は落とすという投票方法は、政治家に対しては白票を投じる以上に国民に支持される政治をしないといけないというプレッシャーになり得るでしょう。 特に政治家に絶望したと言っている人がいうようなロクでもない政治家たちばかりならなおさらでしょう。 そんな彼らが自分が勝ちやすい 無党派層が眠ってくれている 状況を是正するために動いてくれると考えるのは楽観的すぎないでしょうか。

次の

法定得票数とは?

選挙 白紙 投票

選挙行かないと罰金科す国 日本では選挙に行かないと罰金を科せられるということはありません(任意投票制)が、海外では選挙時の投票を義務化している国もあります。 義務投票制にすれば選挙で投票に行かないと罰金を科せられるため、投票率は非常に高くなります。 ヨーロッパのある国では正当な理由なく選挙で投票に行かないと罰金、さらに棄権が何度も続いた場合には罰金の額も増額され一定期間選挙権が抹消されたりします。 他には、公務員として働くことができなくなったり、パスポートの発行をしてもらえなくなったりする国もあります。 とにかく罰金に限らず、何かしら罰則を設けるわけです。 義務投票制にすれば、投票に行かざるを得ませんね。 日本は有権者にやさしい国という見方もできると思います。 選挙時の投票を義務化している国では、白紙投票など無効票も増える傾向にあります。 【3回棄権で剥奪も 世界の選挙】世界の選挙には日本にはない、さまざまな制度があり、3回連続で投票しないと「選挙権剥奪」や罰金を取られる国もある。 日本の投票率は低下傾向で、短期での啓発活動には限界との声も。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 選挙に行かないと罰金など義務投票制を採用している国 選挙に行かないと罰金など義務投票制を採用している主な国は、以下の通りです。 先進国が多いのは確かですが、採用している国は決して多いというわけではない印象を受けます。 罰則適用が厳格な国 ベルギー、オーストラリア、シンガポール、タイ、スイス、ルクセンブルク、ウルグアイ、キプロス、ナウル、フィジー、北朝鮮 罰則適用が厳格でない(不明)な国 エジプト、リヒテンシュタイン、ガボン、パナマ、ブラジル、アルゼンチン、エクアドル、ギリシャ、トルコ、ペルー、パラグアイ、ボリビア、モンゴル スポンサードリンク 選挙で義務投票制には賛成?反対? 選挙で投票を義務投票制にすれば投票率が上がるということはよくわかります。 では、日本ではどうでしょうか? 日本では期日前投票も導入して投票率アップに取り組んでいますが、近年の参院選では有権者の40%以上が選挙に行かないとい結果が続いています。 そこで、選挙で義務投票制に賛成の場合のメリットとデメリットを見ていきたいと思います。 選挙で義務投票制に賛成のメリット 選挙の投票率を上げることだけが目的なら、選挙での義務投票制には賛成したいことろです。 民主主義の国で自分の意志を表すには、選挙で投票にいくことが最もわかりやすいともいえます。 その他にも選挙で義務投票制に賛成のメリットには、以下のようなものがあります。 ・国民が政治のことを真剣に考えるようになる ・選挙の投票率が上がる ・政治家が投票を呼びかける時間がなくなり、政策の説明に専念できる 選挙で義務投票制に賛成のデメリット しかし、義務投票制に賛成で施行された場合、デメリットもあります。 これを言ってはおしまいかもしれませんが、選挙で投票に行くのが面倒くさいというのもありますが、実際に投票日に予定が入っていたり足腰が不自由な方などは確かにその通りで改善の余地はかなりありそうです。 期日前投票も実施されていますが、まだまだ浸透されているとは言い難いのが現状です。 ・政治に無知・無関心な人にも投票を強制 ・投票しない権利が消滅 ・選挙に行くのが面倒くさい 選挙行かないと罰金科す国~まとめ 今回は、選挙に行かないと罰金を科す国もありますが義務投票制には賛成か反対か、見てきました。 まとめると、 選挙行かないと罰金を科せば確かに投票率は上がりますが、デメリットも無視できないものがあります。 しかし、強制的ではありますが、 国民が政治のことを真剣に考えるようになるきっかけになるのは間違いないと思われます。 これが一番のポイントではないでしょうか。 国民の政治離れが叫ばれる時代だけに一考の価値はありそうです。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

そうだ、選挙に行こう。白紙投票って結局どうなの?

選挙 白紙 投票

例えば、世間一般での評判は悪いが地元の組織票をとれるような大物議員のケースを想定します。 悪名高いが組織票は取れる議員 2. ボンクラ対立候補 このような2人の候補者ならどちらも"支持"したくありません。 しかし、積極的に支持できないからといって白票を投じたり投票を棄権すれば、組織票の力で「1. 悪名高いが組織票は取れる議員」が再選してしまいます。 一方、白票などを投じずに「1. 悪名高いが組織票は取れる議員」を落とすために、「2. ボンクラ対立候補」に投票すれば、「1. 悪名高いが組織票は取れる議員」を落とすことができるかもしれません。 その人たちが対立候補に投じていれば、せめて彼を国会に送らないことはできたかもしれません。 その対立候補がロクでもないことをしでかすという可能性はありますが 積極的な支持は無くてもダメな奴は落とすという投票方法は、政治家に対しては白票を投じる以上に国民に支持される政治をしないといけないというプレッシャーになり得るでしょう。

次の