ギター ドレミファ。 ドレミファソラシドの後、どんな練習をすれば良いかわからない【エレキギター博士】

【ギター】ドレミファソラシドを弾こう!【Cメジャースケール①】

ギター ドレミファ

ギターを始めて最初に練習するべきことはいったい何でしょうか? これは教本によっても言うことがまちまちです。 「まずはCコードを弾いてみよう」 そんな教本もあります。 確かにギターの場合、メロディを弾くよりもコード(和音)で伴奏する方が簡単なので、この方法も一理あります。 しかし、私としては、最初に練習するのは「ドレミファソラシド」が良いと思います。 音楽の基本である「ドレミファソラシド」を単音で弾く練習をするわけです。 (多くの教本も、この方法を勧めています。 ) では、どうしてこの練習が効果的なのでしょうか?? その理由は、 ギターという楽器の構造を理解できるからです。 まず「ドレミファソラシド」を弾いてみることで、• 6本ある弦がそれぞれどのくらいの高さの音を出せるのか• ギターの「フレット」にどんな役割があるのか というようなことが分かってきます。 つまりギターがどんな楽器なのか、見えてくるんですね。 私は小学5年生でギターを始めたのですが、やはり最初は「ドレミファソラシド」を練習してみました。 その時まず感じたのは、 「ピアノに比べて難しい。 」ということでした。 ピアノの場合、「ドレミファソラシド」を弾くのは簡単ですよね、鍵盤を順番に押していくだけですから。 でもギターは違います。 1音1音、弾く弦も押さえるフレットも違ってきます。 子どもながらに思いました。 なんだこの楽器は、と。 でも同時に、それぞれの弦が 隣の弦とどれほど音が離れているかということや、 押さえるフレットを1つずらすと音が半音ずれることなどを理解しました。 「ドレミファソラシド」を最初に練習することの意味はそこにあります。 あとあとわかることですが、実はそういった特徴が ギターという楽器の個性であり強みでもあるんです。 ですからみなさん、まずは単音で「ドレミファソラシド」を弾けるようになりましょう。 弾き方は、教本に載っていると思います。 「ドレミファソラシド」の位置が分かると、かの名曲 「きらきら星」が弾けますよ。 音を探しながら、挑戦してみましょう。

次の

【ギター】ドレミファソラシドを弾こう!【Cメジャースケール①】

ギター ドレミファ

>AmやE7とかって何の音になるんですか? 「コード」とは、「和音」のことですから、通常は、同時に3ヶ以上、少なくとも2ヶ以上の音を鳴らします。 そのときにすべての音を書くのは大変なので、一定の約束のもとに略号で示すようにしています。 この略号を「コードネーム」と呼び、「C」や、「Am」や、「E7」などの記号で示されます。 コードネームは、大文字で書かれている「ルート」と、続く小さな文字や数字で書かれている「サフィックス」という部分に分かれます。 「C」などと一文字のみの場合は、「その記号の音=第一音=ルート音と、そこから数えて第三番目、第五番目の音を積み重ねる」という約束になっています。 コードネーム「C」は、「伴奏するときには、ドミソの和音を鳴らしてください」という意味です。 「サフィックス=小文字部分」は、さらに細かい取り決めで、「m」が付いているコードは「マイナーコード」と言って、寂しい響きの和音です。 「m」は、「第三番目の音を半音下げる」という意味です。 「7」が付いている場合は「セブンスコード」といって、コードの役割を示します。 「C7」は、「F」系統のコードを呼び出すのが役目(機能)です。 このようにコードネームは、コードの持つ性質や役割を簡単な記号で示し、メロディーに伴奏を付けたり、セッションをしたり、即興演奏をしたり、ハモリを付けたり、編曲したりするときに非常に便利であり、またなくてはならないものです。 ギターに限らずA,B,C,やドレミは音を記号で表しただけの ものです。 ちなみに、ドレミはイタリア式の表音方です。 A(アー)、C(ツェー)等のドイツ読みも一般的です。 また、ラの音が基準(440Hz)になり、これがAやイに 対応します。 ギターは一度に6種の音が出ますので、和音になるのです。 AmはA(ラ)をベースとしたマイナー(短調)コードです。 E7はE(ミ)をベースにしたセブンスコードです。 また、CだけならばC(ド)をベースとしたメジャーコード (ド・ミ・ソ)です。 A ベストアンサー エレアコの範囲が明確でないのでわかりませんが、 アンプで増幅するのを前提に作られている場合は ハウリング対策などがとられている ボディー構造だったりします。 生音の鳴りがや その周波数帯が調整されています。 アンプで増幅しない前提なら、そういう鳴りの構造です。 1,4さんが 言われているように 「違う音」なのです。 実際に 楽器屋や友達のを弾き較べて 音の違いがわかりませんか? 違いがわからなければ 「どうせ アンプにつなげられるエレアコ」でしょう。 でも エレキ用のアンプと エレアコ用のアンプも 全然音違いますよ。 (って言っちゃうと アンプも ギターも 全部 違う音がするんですが・・。 マッチレスの音って言っても 同じ型で ロットによって 音が違うし・・。 ) A ベストアンサー アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦 ガット弦 を使うギター クラシックギター・フラメンコギターなど と、金属弦を使うギター フォークギターなど とがあります。 アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意識したものであれば、フォークギターなどとクラシックギターとを分ける一番の特徴は、上記の通り弦の材質になります。 他にも、ギターの作りが異なりますので、見た目で見分けることも難しくはないでしょう。 なお、一般的な通称として、金属弦を使うアコースティックギターのことを、フォークギターないしアコースティックギターと称することも多いようです 逆にクラシックギターは、特にクラシックギターと称されることの方が多くあると思います。 何をポイントにして買えばいいのかについては、自分の気に入った特徴を持つものを選ぶのが良いと思います。 ただ、何もわからないうちからネット通販で買うのは、ちょっと不利が大きいようにも感じます。 買い急がずに、ギターのことについて少し知識を付けてから、具体的な購入計画を立てる方が良いと思いますよ。 楽器店が身近にあるのであれば、そこに出向いて店員と相談したり、色々な現物を眺めてきたりするのが良いと思います。 それが難しい場合は、ギターの教則本やギター雑誌などに目を通して、そこから色々と情報を仕入れてみるのが良いでしょう。 それさえおぼつかないのであれば、ネット上で色々な情報を探してみるのも良いかもしれません。 とにかく、知識を付けてから購入の計画を立てることを強くお勧めします。 なお、個人的な意見を付け加えるなら、初めの一本は楽器店で購入した方が何かと便利だと思いますよ。 普通の店であれば購入時の相談にも乗ってくれますし、購入後もアフターケアなどで相談できる相手がある方が、安心して取り組めるでしょう。 また、ギターには弦などの消耗品などもありますから、安心して入れる楽器店があった方が、不便を囲わずにすむと思います。 あと、ギターは自分で調律をしないといけない楽器ですので、その基準を取れるアクセサリは必須です。 チューナーや音叉、ピッチパイプなどが、調弦する時に基準を取るためのアクセサリになりますが、できればチューナーを購入するのが良いと思います。 そのあたりの費用も、予算に織り込んでおくと良いでしょう。 とりあえず、参考まで。 アコースティックギターの種類ですが、エレキギターとは違ってギターそのものだけで演奏に十分な音量を出すことができるギターの総称が、アコースティックギターになります。 アコースティックギターに含まれるギターの中に、ナイロン弦 ガット弦 を使うギター クラシックギター・フラメンコギターなど と、金属弦を使うギター フォークギターなど とがあります。 アコースティックギターとフォークギターの違いとなると、ちょっと表現が曖昧ですね。 もしアコースティックギターと言うのがクラシックギターを意... Q 46才にしてギター初心者です。 和音そのものの原理もよく判ってないのですが……。 気に入った曲があった時、その曲をギターコードでジャランジャランと弾いてみたいと 思っているのですが、その方法が判りません。 メロディをピアノの鍵盤で音を拾っていくことはできますが、どの音階のタイミングで それに合ったギターのコードを使えばよいのか判らないのです。 例えば音階で、ドレミソファラソというメロディの 場合、ギターを一弦ずつ追っかける のはなんとなくできるのですが、コードとなるとどのコードを使ったら良いのかちっとも 判りません。 どなたか詳しい方、ご指導お願いします。 その前に、私の質問、ご理解いただけるでしょうか? A ベストアンサー No. 4です。 ご質問にお答えします。 答えは、「C」コードです。 ご存知と思いますが、「ド、ミ、ソ」で構成される「C」です。 つまり、私が挙げた例ですと、 さいたー さいたー チューリップの はーなーがー C C G D となります。 しかし、コードの響きに違和感があると思います。 メロディーと合ってないと感じると思います。 なので、変えましょう。 さいたー さいたー チューリップの はーなーがー C C G Dm7 これでどうでしょう。 さっきよりメロディーに合っていると感じます。 コードをパズルのように組み合わせて、メロディーに違和感が無いように並べます。 もう一例、 さいたー さいたー チューリップの はーなーがー Am Am7 G F どうでしょう?メロディーが違う印象になると思いますが、このコードでも違和感は無いと思います。 弾き比べて、自分で分からない時は、周りの人に聞かせてみてください。 4です。 ご質問にお答えします。 答えは、「C」コードです。 ご存知と思いますが、「ド、ミ、ソ」で構成される「C」です。 つまり、私が挙げた例ですと、 さいたー さいたー チューリップの はーなーがー C C G D となります。 しかし、コードの響きに違和感があると思います。 メロディーと合ってないと感じると思います。 なので、変えましょう。 さいたー さいたー チューリップの はーなーがー C C G... A ベストアンサー トレモロはなかなかツブが揃わないですね。 各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。 運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。 まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 またその必要もなかったというのです。 その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入れられ前腕にまとめられてしまったというのです。 そのため、指を独立して動かす場合は、楽器の練習の前にそれらの筋肉の分離独立を促すストレッチをすれば効果が高いということです。 具体的な方法は簡単です。 2種類あります。 1.右腕を、床に対して水平に前方に出します。 手のひらは天井に向けます。 2.そのまま右手首の力を抜きダラリとさせます。 3.左手全体で、右手の薬指1本だけを握ります。 薬指の関節が曲がらないように棒のような状態にしてしっかり握ります。 ゆっくり棒状の薬指をそらしてストレッチします。 4.薬指をストレッチしたまま、他の指をゆっくり曲げて、無理やり握りこぶしを作ります。 このとき前腕の筋肉が痛くなります。 痛い場所が引っ張られている腱鞘です。 ようはこれを分離するストレッチ体操です。 5.ゆっくり握りこぶしを締めたり緩めたりを10回くらい繰り返します。 これがAという柔軟体操。 もう一つは、説明が簡単です。 「Aの逆」です。 と言えば分かると思います。 Aの練習とは逆に、人差指・中指・小指をまとめて、左手で棒状につかんでそらせます。 ゆっくりと薬指と親指で握りこぶしを作るのです。 これがBという柔軟体操です。 次に、中指を対象にして同じことをやります。 これも10回くらい。 この両方を練習前にやればウソのように手が独立して動きます。 応用練習 このAとBを左右のすべての指(親指以外)で行ないます。 毎日やれば、ゆびがバラバラになったのかと思うほどに独立して動くようになります。 左手小指のトリルのときなども自分でも驚くほど速く動きます。 あと効果的なのは、右手の薬指と中指で、ピアノのトリルのような交互打鍵動作で机の上をカタカタカタカタと叩きます。 出来るだけ速く、自分の限界でやります。 10秒くらい続けて5秒のインターバルです。 これをヒマさえあれば実行します。 電車の中でも、仕事中でも、運転中でも、テレビを見ながら、読書しながら、彼女と映画を見ながら、とにかく目立たないように自分の体の一部をコトコトコトコト叩くのです。 (変なヤツと軽蔑されないように他人に見られないように気をつけてやって下さい。 ) 以上お試しください。 ただし、ストレッチは急にムチャクチャすると当然指が壊れます。 軽く少しずつ続けてください。 これと並行に、他の人の回答にあるような基本練習もしっかりやればスグにうまくなります。 トレモロはなかなかツブが揃わないですね。 各指を独立させる非常に効果的な練習方法を紹介いたします。 運動生理学専門の医者であり、ピアニストでもある叔父に教わった方法です。 まず、人間の手は、「親指・人差指・その他の指」の3本だというのです。 大昔から人間の日常は、粗野な仕事も細かい仕事もその3本の連携で作業をしてきたので、「その他の3本」の指が独立して動かすことはなかった。 またその必要もなかったというのです。 その結果、その他の3本の指を動かす筋肉は、腱鞘という筋肉を包むさやに入... A ベストアンサー No. 1 です。 補足の件。 1)譜面に3カポと指示されていて、その指示どおりに演奏する場合。 この場合は、カポの位置が0フレット、すなわち、ナットの位置と見なし、 そのままのフォームで押さえて演奏すればいいです。 たとえば、Cコードなら、 5弦6フレット、 4弦5フレット、 2弦4フレット です。 押さえてない弦は、カポが押さえているので、ちゃんとCコードの響きがするのが お分かりいただけると思います。 おそらく、当初のご質問は、この内容だったのですね。 ややこしい回答で混乱させてしまったようです。 すいません。 2)3カポの状態で、オリジナルのキーで演奏する場合。 この場合は、譜面がCコードなら、3カポの状態で A コードのフォーム を押さえる必要があります。 これは、複数台の楽器で演奏するときに必要になることがありますが、 今回は特に関係がないようですので、参考程度にとどめておいてください。 ------------------------------------------------- 以下、参考情報ですので、ご興味があればお読みください。 通常なら、6フレットをセーハするハイポジションで弾く コードですが、カポを使用することで「ローコード」として 演奏できるのが、カポの利点の1つです。 また、ボーカルのキーが合わないときに、譜面はそのままで キーを簡単に変えることができるのもカポの使い方の1つです。 カポを最大限に活用すると、表現が色々広がりますので、 研究してみてください。 1 です。 補足の件。 1)譜面に3カポと指示されていて、その指示どおりに演奏する場合。 この場合は、カポの位置が0フレット、すなわち、ナットの位置と見なし、 そのままのフォームで押さえて演奏すればいいです。 たとえば、Cコードなら、 5弦6フレット、 4弦5フレット、 2弦4フレット です。 押さえてな... A ベストアンサー コードネームは、押さえ方を表しているのではなく、そのときの和音の響きを表した記号です。 コードネームは、ギターだけではなく、キーボード、ピアノ、ベース、ウクレレその他、あらゆる楽器に共通したもので、世界中の楽器奏者が、「F」と書いてあれば、「ファ・ラ・ド」を、「C」を見れば。 「ド・ミ・ソ」を鳴らします。 そのような約束になっています。 「F」のときに「ファ・ラ・ド」あるいは、「C」のときに「ド・ミ・ソ」さえ鳴っていれば、低いところ、高いところなどは自由なので、各奏者ごとに、あるいは、前後のコードの関係などで、その時そのとき押さえる場所が変わります。 そのため、コード表を見ても色々な押さえ方が出ています。 しかし、必ず共通しているのは、「F」と書いてあれば、「ファ・ラ・ド」が響き、「C」と書いてあれば、「ド・ミ・ソ」からできる和音が響きます。 押さえ方の記号ではなく、響きを示す記号だと思えば納得がいかないでしょうか? A ベストアンサー コードということですので、リードギターではないですよね? 普通、難しいコード進行の場合は「カポタスト」通称「カポ」使いキーを変えずに簡単なコードに変更して引きます。 apollonmusic. htmlで参照してください) 例えば、Gmだったらかなりおさえるのに難しいコードでが第3フレットにカポを装着すると、Emで同じ音がでます。 という訳で便利な、変換用のツールもあります。 geocities. bbiq. ギター頑張ってください。 昔のギター小僧でした。 A ベストアンサー 偶然、みたいです。 ABC... が出現したのは、少なくとも1500年以上前のことで、このころは二オクターブ分の音にアルファベットが割り当てられていたそうです。 これが1000年位前に体系化されて、今の英米式のやり方 ABCDEFG の基になったそうです。 ドレミ... (Ut Do 、Re、Mi、Fa、Sol、La、Si)の方は、1000年位前に作られたと言うことです。 ABC... を体系化した人と同じ人がつくったそうな もともとドレミ... というのは「特定の音」について名前を付けたのではなく、音階の中で何番目かの音に付けたものらしいです。 これは 単純に言えば 音階の始めの音をド、とするやり方で、Aの音から始まる音階なら、Aの音をド、Eから始まる音階ならEの音をドとするというものです。 今でも、小学校などでこのやり方が使われています そして年月の経過とともに、ドレミ... も特定の音を示すようになったのですが、その結果としてドレミ... とCDE... が対応していた、ということだと思います。 ラの音が基準になったのは、おそらく、ラの音を基準にしてチューニングが行われてきたからでしょう。 ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ベース、といずれの弦楽器も、A線を持っていて、ラの音を基準にして、調弦します。 まぁ、管楽器はラの音でなくてシのフラットでチューニングしますから、違うのかもしれませんけど...。 偶然、みたいです。 ABC... が出現したのは、少なくとも1500年以上前のことで、このころは二オクターブ分の音にアルファベットが割り当てられていたそうです。 これが1000年位前に体系化されて、今の英米式のやり方 ABCDEFG の基になったそうです。 ドレミ... (Ut Do 、Re、Mi、Fa、Sol、La、Si)の方は、1000年位前に作られたと言うことです。 ABC... を体系化した人と同じ人がつくったそうな もともとドレミ... というのは「特定の音」について名前を付けたのではなく、音階の中で何番目かの音に付け... A ベストアンサー Windowsですと、 採譜の達人 1. vector. vector. vector. html など。 「採譜の達人」が唯一複数トラックに対応できるようですが、前提条件があるみたい。 というか、この技術は研究室レベルだと思います。 耳コピ作業自体、代行してくれる業者もあるようですし。 windssheetmusic. vector. windssheetmusic. htm Windowsですと、 採譜の達人 1. vector. vector. vector. html など。 「採譜の達人」が唯一複数トラックに対応できるようですが、前提条件があるみたい。 というか、この技術は研究室レベルだと思います。 耳コピ作業自体、代行してくれる業者もあるようですし。 耳コピ... A ベストアンサー こんにちは。 素人ですが。 歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。 以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら説明を試みます。 (投稿しようと思ったら,回答#6の中で参照されているサイトに似たようなことが書いてあるのを発見してしまいましたが,せっかく書いたので載せちゃいます,笑) ヒトが音楽理論を確立しだしたのは,ギリシア時代らしく(ピタゴラスの定理で有名なピタゴラスさんは,音楽理論家としても有名です)。 この時に基準となったのが,今の階名でいうと「ラ」に相当する音だったようです。 ちなみにピタゴラスは弦楽器の一種のようなもので音楽理論の研究をしていたそうです。 現代の弦楽器にAの音が含まれているのは,その辺の名残でしょうか。 ここから七つの音が発生した経緯について。 音階の起源は「テトラコード」と言われています。 先ほどの基準「ラ」と,そこから四度さがった「ミ」の間に音をふたつ入れた四つの音からなるものです(テトラコードとはそのまま4つの音という意味)。 ここで「ミ」がなぜ登場するかといえば,おそらくは数学的に一番簡単に導かれる音だからでしょう。 ラの周波数の1. 5倍の周波数を持つ音がミになります。 (整数倍だと,ラのオクターヴ違いしか出てきません) なお,理由は分かりませんが,当時は音階は下におりる方向に考えていたようです。 いくつかあるテトラコードの中で一般的だったのが「ラ-ソ-ファ-ミ」という4つ。 ミからはじめて同じ間隔で4つつなげると「ミ-レ-ド-シ」。 これで今私たちが知っている階名が揃いました。 ギリシア時代には,この7つの音を並べたギリシア旋法というものがありましたが,それは,基準「ラ」から上にいくつ・下にいくつつながるか,というようなもので,今で言うところのキー(調性)のような考え方はなく,旋法の一番上(下)の音がなんであってもあくまでも基準(メーセ「中心音」というらしい)は「ラ」だったようです。 さらに,その後「ラ」基準ではなくて「ド」基準のメジャースケールが主流になった経緯について。 時代はくだって,中世ヨーロッパ。 その後,経緯は不明ながら,常に「ラ」を基準とするのではなくて,一番下の音を終止音とする旋法(正格旋法)と,下から4番目である(上から五番目,というべきか)下属音が終止音となる旋法(変格旋法)をもつ教会旋法が中世では主流となりました。 しかし,初期の教会旋法では,終止音となり得たのは今の階名でいえばレ,ミ,ファ,ソの四つであり,今でいうメジャースケールやマイナースケールは存在していませんでした。 ドやラを終止音とする音階は,自然発生的にできたのではなく,教会旋法の理論的な拡張として,ある意味人工的に作られたようです。 (なぜ初期の教会旋法の中にドやラを終止音とするものが入っていなかったのは分かりません) ところが,あとから登場した「ド」からはじまる旋法が,和声的な音楽をつくるのに極めて都合がよかったのです。 結果として,何種類もあった旋法の中から,「ド」からはじまるものが「メジャースケール」として生き残りました。 こんにちは。 素人ですが。 歴史的な順番からいくと,まず「ラ」を基準として今私たちが知っている七つの音(ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ・シ)が作られ,それを並べた音階の中でもっとも都合がよかったものとして「ド」からはじまるメジャースケールがのちに主流となり,「ラ」からはじまるマイナースケールはメジャースケールの裏返しとして生き残った,ということだと私は勝手に理解しています。 以下,ある程度音楽理論が分からないと意味不明かもしれませんが,かなりあてずっぽうの憶測も交えながら...

次の

ギターでドレミを弾こう!初心者でも分かるかんたん解説

ギター ドレミファ

普通にバンドをやると、ギターは歌の伴奏としてコードを弾くのがメインになります。 ほとんどの曲において、ギターが単音でメロディを弾いている箇所はイントロと間奏にちょこっとあれば良い方で、大部分が歌で埋め尽くされています(もちろんそうじゃない曲も世の中にはたくさんありますが)。 その歌のバックを支えるために、まず必要なのがコード弾きです。 最初にコード弾きを練習するのはそのためで、単音を全く弾かずに、真っ先にコードから練習する人も多いですよ。 こちらのトピックでは、ドレミファソラシドとコードの押さえ方、弾き方に関する基本的な内容が載っています。 軽く見てもらえればコードがどういうものかわかるんじゃないでしょうか。 パワーコードで演奏する コードはたくさんありますが、特に弾きたい曲が具体的に決まっていない場合、最初にこのパワーコードから練習するのがおすすめ。 簡単にかっこいい響きで練習できるので、モチベーションも上がってきますよ。 パワーコードとは パワーコードというのは、押さえるのが二箇所だけの簡易コードのこと。 簡易などというと聞こえが悪いですが、別に練習用に簡単にしているというわけではなく、エレキギターには欠かせないれっきとした一つの奏法です。 歪んだ音色で弾くと、他では代えられないとてもかっこいい音が出るので、ロック系音楽には欠かせない存在で、50年以上も愛されている響きです。 A7の「A」の部分はルート音と言い、そのコードの基軸となる音です。 Aのパワーコードは人差し指をAのところ(6弦5フレット)に持ってきて、薬指か小指で一つ下の弦の2フレット分右側に配置。 Dのパワーコードもそれを平行移動して作っています。 上の例ではA7の時にAのパワーコード、D7の時にDのパワーコードを作っています。 パワーコードは全てのコードをこの形の平行移動だけで作れるので、慣れると実に簡単です。 右手は押さえている2本の弦以外弾かないように気を付けましょう。 実際には他の弦の音が出ないように、使わない指でミュートしたりするのですが、始めたての人には難しいので、最初は2本だけを狙って弾くのでいいでしょう。 押さえられないときは 簡単とはいえ、弦を押さえるのに慣れていないとそれだけで難しく感じるもの。 人差し指は押さえられたけど、もう一つの指が……という場合は、親指の位置を見てください。 親指をネックのちょうど裏側に回していないと、2本の指がうまく広がらず、押さえられません。 使う指は薬指でも小指でもどちらでもいいですよ。 パワーコード パワーコード(上から) バレーコードで演奏する パワーコードは弦2本だけでしたが、バレーコードは全ての弦を押さえて、右手も全弦一度に弾くためのコード。 さっきのパワーコードではA7のときの「7」の部分は無視して考えましたが、ここからはA、Am、A7などは全て違うコードという扱いです。 コードの作り方 バレーコードの作り方は機械的ではありますが、少し複雑です。 パワーコードの時と同じく、まずルート音を決めます。 ルート音が6弦にあるなら6弦ルート、5弦にあるなら5弦ルートのフォームを利用します。 この下のトピックでは全コードの押さえ方がわかりますので、答え合わせをしてみるのもいいですね。 ストロークしてみよう 右手を動かして全弦をかき鳴らすのをストロークと言います。 下のような譜面をやってみてください。 右手の動きは記号で書いてある通り、ダウンとアップとを交互に繰り返します。 (四角形の下が抜けているのが上から下に弾き下ろすダウンストローク、アルファベットのVのようなものが下から上に弾き上げるアップストローク) オープンコードで演奏する もしここを見ているあなたが、エレキではなくアコギから始めようというなら、こちらを先にやるのが普通です。 エレキでもジャカジャカかき鳴らしたり、弦を一本ずつ弾くアルペジオ奏法などの際によく登場します。 オープンコードは上で見たバレーコードのように法則性がないので、ほとんど全部を丸暗記するしかありません。 コード表を参考にしてもらうのがいいと思います。 右手のストロークの仕方などは、上のバレーコードのところと変わりません。 ギターは左手ではなく、右手で音を出す楽器です。 コードの種類に関わらず、右手で発音するコードストロークは超重要。 こんな項目も参考にしてみてください。 やっぱりメロディが面白い 「ギターはほとんどがコード弾き」なんていわれても、ソロ弾きの面白さは筆舌に尽くしがたいものがあります。 とはいえ、始めたばかりではメロディと言われても何も浮かばないでしょう。 ドレミファソラシドは音楽の基本ですが、それを繰り返してもエレキギターの醍醐味は味わえません。 ここでは、エレキギターでよく弾かれている定番のフレーズとその弾き方を解説しましょう。 ドレミファソラシドとの決別 ドレミファソラシドをいくら弾いても、あまりカッコ良さは感じません。 というのも、エレキギターではよく使われる音列がわりと決まっており、音色よりもそういうフレーズ自体が「エレキギターらしさ」を感じさせる場合が多いので、ドレミファを繰り返しても、何だかこれじゃない感が強く出てきてしまうのです。 ペンタトニック・スケールをつかったフレーズ 「ペンタトニック・スケール」が何なのかはここでは置いておきましょう。 下の譜面のようなフレーズがそれに当たりますので、一度軽く弾いてみてください。 軽くといっても、あまり単音弾きに慣れていない人には難しく感じると思います。 このフレーズを弾く際にHとPと書いてあるところに着目してください。 これはそれぞれエレキギターならではの特殊テクニックです。 ハンマリングとプリング Hは「ハンマリング・オン」と言い、ここでは5フレットの音を出した後、7フレットは右手でピッキングせず、左手の薬指を叩きつけることで音を出します。 Pは「プリング・オフ」と言い、フレットを押さえている指を、ピッキングしたのち弦に引っかけながら離すテクニック。 このフレーズの場合、7フレットは薬指、5フレットはあらかじめ人差し指で押さえておき、7フレットの薬指を弾いてすぐに引っかけながら離します。 離した瞬間にその5フレットの音が発音されます。 押弦に使った薬指で弦をはじいて音を出すと考えるとわかりやすいかもしれません。 どちらも右手ピッキング1回で2音を発音する、エレキギターの基本テクニックです。 チョーキングを使おう エレキギターのメロディ弾きといえば、外せないのが。 上の譜面では矢印に「full」と書いてある場所がそれに当たります。 通常、国内で手に入る譜面では、矢印ではなくアルファベットで「C」あるいは「Cho」などを書いてあることが多いです。 左手で捕まえた弦をそのまま上に持ち上げて音程を上げる弾き方ですが、素早く上げ下げできると、それだけでロックなカッコ良さが倍増します。 チョーキング これはエレキギターの基本テクニックの中でも難しい部類に入ります。 うまく成功させるためのポイントとしては主に二つを押さえておきましょう。 親指を前に出して握り込んだフォームを作る• 薬指をメインとし、他の指を同じ弦上において補助として利用する この2点を守って練習すれば、そのうちコツが掴めて、いくらでも出来るようになります。 上の写真も参考にしてください。 チョーキングがかっこよく仕上げられるかは、ある意味でエレキギターらしさを出すための要とも言えます。 このテクニックは是が非でも身につけたい必須テクニックです。 あれこれと挙げてきたものの、最終的にもっとも効果的な練習法は「自分の好きな曲を弾け」ということになると思います。 もし学校の軽音部やサークルなどで、やらなければならない曲が決まっている時はもちろんその曲を練習するわけですが、そういうものがなくても、普通に自分の好きな曲をやってみるのが上達の最大の近道。 もちろん、難しすぎて初心者に全く弾けないものも数多いわけですが、そうでないものもきっとあるはずですし、出来るところだけを先にやってみてもいいと思います。 2,3曲出来てくると、どれぐらいのレベルの曲が今の自分に弾けるのかが見えてきます。 コードの作り方や、メロディ弾きのテクニックも、本来そうした中で必要なものとして一つずつ身につけていくのが正しい方法。 特に上に挙げてきた内容がある程度理解出来るような人なら、出来る曲はそれなりにあるはず。 まずは自分の好きなアーティストのバンドスコアなどを購入して、出来そうなものを片っ端からやってみてはいかがでしょうか。

次の