約束のネバーランド エマ 死亡。 約束のネバーランドのノーマンは生存or死亡?考察まとめ!

約束のネバーランド

約束のネバーランド エマ 死亡

バンダナの少女ポーラ 鬼たちがただ狩りを楽しむためだけに使用している密猟場「ゴールディ・ポンド」では、3日1度ほどのペースで鬼たちによって子どもたちが殺されます。 食べられるために殺される恐怖から逃げ惑う子どもたちを、鬼たちは楽しそうに追うのですが、そんな残酷な密猟場で力を合わせながら生き延びようとする9人がいました。 ポーラの役割 引用元:原作8巻158ページより リーダーのオリバーを筆頭に、副リーダー・ソーニャ、救護担当サンディとザック、機械類担当ナイジェル、斥候役ヴァイオレット、食料担当ペペ・ジリアンそしてポーラの計9人が、エマと同じように子どもたちが鬼の餌となっている真実を知りながら必死に密猟場で子どもたちの生活を回していました。 3日に1度平均して4人ほどの子どもたちが鬼によって殺される密猟場で、9人は年単位で生き残っているとヴァイオレットはエマに説明します。 口元にバンダナを巻いたミステリアスな少女ポーラは、食料担当としてみんなに食事を提供する役割を担いながら、実は狙撃手の才能を持っているのです。 ポーラも高級農園とされるグランド・ヴァレー農園の出身であることから、エマ同様高い能力を持っていると思われます。 バンダナの理由 引用元:原作9巻187ページより ポーラは口元にいつもバンダナを巻いており、素顔を見ることはできません。 唯一、しゃべることができない少年アダムと一緒に食事をしていたとき、バンダナを外してパンを食べているシーンがあったのですが、それでもしっかりと素顔を見ることはできませんでした。 ポーラがバンダナを巻いている理由は残念ながら明かされていないのですが、おそらく狙撃手であるからではないでしょうか。 敵を狙撃する際、気配を消すためスコープを覗くときは息を殺します。 優秀な狙撃手であるポーラは、敵を仕留めるために常日頃からバンダナを巻いているのでは?と思われますが、ポーラは口数が少なく落ち着いた大人しい性格であることから、ただ恥ずかしがり屋で素顔を隠している可能性もありますね。 ポーラは死亡した? 鬼の密猟場であるゴールディ・ポンドを崩壊させ、自由を手に入れようと考えた9人は、唯一の大人であるルーカスの力を借りて鬼たちを倒す作戦を練ります。 各自倒す鬼を決め、たくさんの罠を仕掛けて、本来敵うはずがない鬼たちを相手に奮闘するのですが、ポーラは鬼によって瀕死の重傷を負ってしまうのです。 仲間を守ったポーラ 引用元:原作10巻124ページより ソーニャ・サンディ・ヴァイオレット・ポーラの4人は、ノウスとノウマという2体の鬼を倒すために尽力します。 事前に森のいたるところに緻密な罠を仕掛け、徐々にノウスとノウマの行動範囲を狭め、見事片方の鬼・ノウマをポーラが討ち取るのですが、このノウスとノウマは2体で1体というくらい異常な信頼関係があり、ノウマを失ったノウスが錯乱を始めるのです。 ノウスも討ち取ろうともう1度狙撃するポーラですが、錯乱したノウスは銃弾を避けるとともにポーラとヴァイオレットの位置を把握。 長い槍を投げつけます。 ポーラの背中から胸へと長い槍が貫通してしまい、ぐったりと木の幹へ寄り掛かったまま動くことはありませんでした。 瀕死の重傷 引用元:原作11巻168ページより ポーラに矢が貫通し、サンディもノウスによって戦闘不能となり、残されたヴァイオレットは打つ手がないと絶望してしまうのですが、そこへエマを探しにやってきたレイとユウゴが現れ加勢します。 鬼の倒し方をすでに知っているレイとユウゴは強力な戦力となり、エマたちと合流。 見事鬼たちを倒すことに成功するのです。 ゴールディ・ポンドを崩壊させ、シェルターでの生活を始める子どもたちですが、同じく重傷を負ったエマが4週間後に目を覚ましても、ポーラはまだ動くことができず、その生死が危ぶまれました。 先に回復したエマは鬼の頂点と呼ばれる「あの方」を探すため、外の世界とシェルターを行ったり来たりするのですが、その間にベットから上半身を起こすポーラや、やがて洗濯をするポーラの姿が確認されたため、ポーラは無事に回復したようです。

次の

約束のネバーランドのエマはなぜ耳を切り落とした?脱獄方法を徹底解説!

約束のネバーランド エマ 死亡

スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレ展開考察:イザベラはどちらにつくのか!? 今回、 イザベラの姿はありませんでした。 エマたちと対面した今、彼女はどう動くのでしょうか!? 前回のイザベラは、ナットたちを出荷する準備をしようとしていました。 それが本心なのか、それともフリなのか。 まだイザベラの内面がわかりませんね。 イザベラはこれまで、何年も自分の心を偽ってママとして振る舞ってきました。 子どもたちを救いたい、という気持ちもあったと思います。 ママとしての自分か。 一人の人間としての自分か。 どちらをとるかによって、イザベラの出方が変わってきます。 盛り上がるのは、ラスボスとしてイザベラが立ち塞がる方でしょうか。 それでもやはり エマたちを助けてほしい、とは思いますがね。 スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレ展開考察:頭脳戦はどちらが勝つのか!? 今回の戦いで大切なのは、やはり作戦でしょう。 ノーマンは脳内でそれぞれの動きをまとめ、瞬時に適切な指示を出しました。 これはノーマンだからこそできたことですね。 一方ピーターはどうでしょうか。 今ピーターは、何故子どもたちが引き籠もっているのかと考えている段階でした。 完全に後手に回っていますね。 ただ、この戦いの大将はピーターである、とみんな考えていました。 大将として 既に何か鋭い指示を出している可能性もゼロではありません。 女王との戦いは、肉弾戦がメインでした。 今度は人間相手に頭脳戦で戦う、という展開がとても熱いですね! スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレ展開考察:ムジカとソンジュは助かるのか!? 現在、ピーターとエマたちの戦いにスポットライトが当たっています。 その裏では、ムジカとソンジュ、そして血を分けられた鬼たちが処刑されているという状態です。 ムジカとソンジュは無事なのでしょうか!? この二人に関しては、まだ生きていることでしょう。 処刑のメインとして残されているはずです。 ただ、その他の鬼たちに関しては不明です。 最悪の場合、みんな既に処刑されている可能性もありますね。 ムジカとソンジュが生き残ることは、鬼たちの世界にとっても非常に重要なことでしょう。 全ての戦いが終わった後、 ムジカたちの血によって鬼たちは人間を食べなくてもいいように変化します。 そうすれば農園も必要ありません。 人間と鬼、どちらの世界にとっても邪血は必要不可欠な存在です。 どうにかして、ムジカとソンジュを助けてほしいですね。 スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレ展開考察:緊急事態 ! エマ達がピーターを追うと、突然目の前の扉が閉まりました。 ヴィンセントが何故だ?と混乱していると、システムを鬼に取り返されます。 そしてヴィンセント達の後ろには鬼が近づいており、捕まってしまいました。 エマ達は緊急事態に備えて、レイとノーマンばらばらになって鬼の間をすり抜けて抜け出します。 きっとシステムが再び鬼の手にいってしまったなとノーマンは話します。 そしてそのせいで保管庫の扉が開き、人質が鬼に囚われてしまいます。 急いで戻ろうとするエマ達の目の前にグランマイザベラが笑顔でいました。 約束のネバーランド168話ネタバレ展開考察:新たな王 ! GF農園で騒動が起きる中、鬼の王都では粛々と刑が執行されていました。 そして、ムジカとソンジュが壇上にあげられます。 もうこれまでか…とソンジュが諦めそうになると、待ちなさい!と声が響きました。 そこには大僧正様がおり、周りの市民は膝をつき敬意を表します。 事情は全て聞いている…私の権限でこの場は仕切らせてもらおうと言いました。 ピーター側の鬼はピーターからの連絡が繋がらず、大僧正様の言うままになるしかありません。 そして、大僧正様は次の王にムジカを立てることを言うのでした! スポンサードリンク 約束のネバーランド168話への読者の声 『約束のネバーランド』最新話168話に向けての感想や考察を集めました! 約ネバはノーマンのチートさが本気でエグい。 この頭脳戦を完全に制するの好きだなぁ。 こっから怒涛の展開来るぞ来るぞ。 出てくるぞ。 やつが。 すぐに隠れなければ危険です。 しかしヴィンセントはあと少し、と作業を続けました。 自分たちがしくじれば食用児全員が負けることになります。 この役割がかなり重要なのでした。 自分のやるべき仕事をやりきるまでは、絶対にこの場を離れない。 ヴィンセントの覚悟は揺らぎません。 すぐに ヴィンセントはシステムダウンをさせました。 これで暫くはシステムを動かすことはできません。 行こう、とやっと腰を上げました。 狙うべき大将はピーター・ラートリーです。 その居場所へエマたちが到達、ドアを開けました。 しかしそこには誰もいませんでした。 ついにピーターの元へ辿り着いたと思いきや。 応接室には誰もいませんでした。 ピーターはどこにいるのでしょうか!? スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレ:絶望的な情報 ノーマンはすぐにヴィンセントに連絡しました。 インカムから聞こえてきたのは、ピーターの声。 先程の映像はダミーだったのです。 ヴィンセントたちはピーターの目の前にいました。 5人全員が縄で縛られ、銃を突きつけられています。 その時、エマたちや別の場所にいた仲間たちは銃を持った敵に囲まれてしまいました。 君達の負けだよ、とピーターは言います。 現在システムを復旧しており、在庫保管室や他のロックがかけられた箇所もすぐに元どおりになってしまうそうです。 眠らせた鬼たちもじきに目を覚ます。 そして王都に関しても、 ソンジュとムジカは3日前に捕らえられ、間もなく処刑されると伝えられました。 邪血で助けた民衆たちも全て殺されました。 政権もラートリー家の指導の元、現四大農園と五摂家家臣団との合議連合体制で既に引き継がれているそうです。 夢も希望も意思も長命も持たせず、反逆者を二度と生み出さない。 それがピーターの考える平和な楽園でした。 君達のおかげで世界は変わる。 図らずも自分の望む未来に、とピーターは笑いました。 ピーターは丸腰かと思いきや、しっかり対策を立てていました。 政権も既に引き続きが行われているそうです。 絶望的な現実を知らされた子供たちは、どうするのでしょうか!? スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレ:父親じゃない システムが復旧完了し、残すはロック解除のみとなってしまいました。 しかし パスコードが三重にかかっており、すぐには外すことはできません。 外してみろ、とヴィンセントは笑います。 するとピーターはパスコードを言えと、ヴィンセントに銃口を向けました。 しかし ヴィンセントは死んでも教えないと断ります。 そしてヴィンセントは、ノーマンや仲間たちへ叫びます。 まだ時間も勝機もある、終わりじゃない! 目の前の敵を撃って倒し、作戦を完遂しろ。 自分たちに構うな。 こいつらだけには未来を渡してはいけない! ノーマンはいやだ!と叫びました。 絶対みんなで生き残るんだ、と必死に訴えかけます。 しかしヴィンセントは覚悟ができていました。 これでいい、進め!ノーマン!! 次の瞬間、 ヴィンセントの肩にピーターの弾が撃ち込まれました。 うんざりだ、とピーターは眉間にシワを寄せます。 なんでこうも自分に逆らうのか。 自分は食用児の父、創造主なんだぞ。 農園がなかったら、ラートリー家がいなかったらお前たちは生まれてすらこなかった。 反抗期にはもううんざりだ! ピーターはそう叫び、 全員殺すように指示を出します。 しかしピーターが振り返ると、部下たちは倒れていました。 すぐにピーターにも銃口が突きつけられます。 オリバーたちが既に到着していたのでした。 お前は俺たちの父親じゃない! オリバーはピーターを睨みつけました。 ピーターがノーマンと会話している間に、 オリバーたちが到着していました。 ついにピーターへ王手となるのか!? スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレの感想考察 ラートリー家の者であるからか、ピーターも一筋縄でいかないようですね。 前回ヴィンセントが見つけたピーターの姿はダミーでした。 全て子供たちを誘い出す罠だったのですね。 しかし ヴィンセントは厳重にロックをかけ、システムを使えなくしました。 その結果撃たれてしまいますが、まだ無事だと思います。 早急な手当が必要ですね。 気になるのが、 政権が既にラートリー家の息がかかった者たちによって固められてしまったということです。 せっかく女王たちを倒したのに、これでは二の舞となってしまいますね。 もしその中に少しでもまともな鬼がいれば、話は違ってきます。 ただ、 ピーターが選んだということなので、それはあまり望めないですね。 今回の展開でピーターが優位かと思いきや、 最後にはオリバーかピーターへ銃口を突きつけました。 これでオリバーを捕らえることができたのでしょうか!? 次回の展開も楽しみですね! スポンサードリンク 約束のネバーランド168話ネタバレまとめ 人質たちを部屋へ避難させ、エマたちは武器を手に部屋を飛び出しました。 何手かに分かれ、 それぞれ鬼たちと戦いながら進みます。 ヴィンセントたちはシステムを乗っ取り、サポートをしました。 そんな中で、 ピーターの居場所が判明します。 エマ、レイ、ノーマンの三人は先にそちらへ向かいました。 残りの仲間たちをそれぞれ追っていたはずの鬼たちは、気づくとある一室へ集められていました。 これこそが、この鬼ごっこの目的だったのです。 鬼たちをガスで動けなくして、残りの仲間たちも次の目的地へ向かいました。 現在、 この頭脳戦は子どもたちの有利となっているようです。 次回はいよいよイザベラが登場するのでしょうか!? 次回のを楽しみに待ちましょう!.

次の

約束のネバーランド168話ネタバレ!ヴィンセント死亡!?ピーターがエマの更に裏をかく!|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

約束のネバーランド エマ 死亡

約束のネバーランド 最新173話 ネタバレ! 幼き日のピーター ピーターの回想シーン。 子供時代のピーターは、「世界を守る」というラートリー家の使命を誇りに思っていた。 そして当主である兄ジェイムズのことをl英雄として尊敬していたピーター。 しかしある日、ジェイムズはラートリー家の書庫で、初代ユリウス=ラートリーの遺した懺悔が記された文書を見つけてしまう。 食用児の祖先は「和平に反対した戦争派の悪党」だと教えられてきたジェイムズだったが、実際はユリウスの戦友であり、逃げ遅れた民たちまでも無理やり食用にされたのだった。 真実を知った兄ジェイムズ 真実を知ったジェイムズは、 「なんということだ…!」と激しく動揺し、迷いと罪悪感を抱き始める。 しかし、同じ文書を見たピーターは、 「大切な戦友を守ってまで世界を守った!すばらしい!僕らもこうでなければ!」と、兄とは真逆の反応。 ジェイムズ「崇高の使命…そう思っていた。 でも違った。 これは罰であり、呪いだ」 ジェイムズはその日から、食用児達を救うために、ピーターの制止も振り切って動き始める。 兄を粛正するピーター 本へのフクロウの刻印、ボールペン、ゴールディ・ポンドの建設など、着々に行動していくジェイムズ。 ピーター(僕は…どうする?…世界を守る!ユリウスのように!兄は裏切り者だ!) ピーターは兄の行動を告発。 ジェイムズはピーターの部下から撃たれながらも川へ飛び込んで逃げるが、まもなく死亡。 最後の言葉は、弟であるピーターへの 「すまない」という謝罪の言葉だった。 発見されたジェイムズの死体と、最後の言葉を知らされて見て泣き崩れるピーター。 ピーターは兄の分まで、たとえどんなに歪んでいようとも、世界を守ることを誓うのだった。 ピーターの選択 そして現在、エマと向き合うピーター。 「ピーターもまた一族という運命に囚われている」、「自由になろう。 1000年の苦しみを終わらせよう」と、手のを伸ばされるピーター。 ピーター(囚われている?違う!崇高な使命だ、栄誉ある一族なんだ!これは罰でも呪いでもない!) ピーター(僕は正しい!大好きな兄さんを殺してまで世界を守ったんだ…!呪い?罰?違う!) エマから説得されながら、ピーターは、兄のことを想う。 ピーター(兄さんは運命に抗おうとしていた?自由になりたかった?僕を…自由にしたかったの?) 自害するピーター ピーターはつきものが落ちたような顔でエマ達を見る。 ピーター「殺せばいいのに、共に生きようなど、バカな奴らだ。 そんなだから食い物にされる」 鬼が食用児にしたことなど、人間同士でもはるか昔からやってきたこと。 人間は人間を食わないのに。 ピーター「覚えておけ。 人間の世界も同じだ。 鬼は人間の鏡だからな」 ピーターはエマに、 「コードSolid」と叔父に伝えろ、と何かの暗号を教えてくれる。 ピーター「やれるならやってみろ。 人間の世界でどこまでやれるか。 悪いが僕はいけない新しい世界とやらは地獄から楽しませてもらう」 ピーターは隠し持っていたナイフを取り出し、自らの喉に突き立てるのだった。 約束のネバーランド 最新173話 感想と考察レビュー! 捕らわれ方も捉えよう、というか…。 事実は一緒でも自分がどう捉えるか、が大事ですよね。 ピーターがエマのさそいに乗ることは、自分たちの1000年を、そして大好きな兄を犠牲にしてまで世界を守ってきたことを…「呪い」であり「罰」だと認めるにふさわしいこと。 ある意味ピーターにとっては、今更そんなことを認めることの方が、よほど辛い罰になってしまうように思いました。 ピーターがエマ達と一緒に生きる道を選ばず、かといってエマを殺して食用児達の未来を奪うようなことをやめたのは…やはり前回のエマの言葉がピーターの心を動かしたのだと思いました。 今回ラストでピーターが本当に死んだかどうかまではわかりませんでしたが、良い引き際というか、これまで約ネバを読んできて、一番ピーターがかっこよく、潔く見えました。 また、今回「鬼は人の鏡」「鬼がやって来たことなんて人は人を食べないのに昔からやっている」というのも、確かにその通りで、考えさせるものがありました。

次の