婚活ブログ かりん。 【男女別】婚活ブログまとめ10選『婚活男子』と『マッチングアプリ』のブログをまとめてみました!

婚活パーティー・街コン・お見合いパーティーなら、オトコン|婚活のOTOCON(オトコン)

婚活ブログ かりん

婚活男子ブログまとめ アラサーのまたたびさんが書く婚活ブログ。 結婚相談所、婚活サイトなどを駆使しながら婚活の様子を綴っています。 1記事それぞれが短文で読みやすい構成になっています。 是非読んでみてください。 アラフォーゆっきーの婚活ブログ アラフォーで婚活をするゆっきーさんのブログ。 婚活ブログには珍しいYouTubeでの動画投稿もあり、文章を読むのが苦手な人でも楽しめます。 ゆっきーさんの経歴自体も面白いため、婚活だけでなく面白く読むことができます。 婚活のイロハ 神奈川からUターンし地元である高知で婚活をするはるさんのブログ。 初めて婚活をする方向けにわかりやすく書かれています。 高知に住んでいる方ももちろん、婚活に取り組もうとする男性の方におすすめです。 アラフォー男の結婚相談所活動日記 アラフォー独身の著者が、結婚相談所を使った体験談を綴っています。 特に結婚相談所のあるあるネタなどは共感する方も多いのではないでしょうか。 結婚相談所で婚活されてる方は是非読んでみてください。 あくまでも男目線のアラフォー婚活 アラフォーで婚活をされてるコマネチさんのブログです。 男性が書かれているブログですが、女性向けに書かれている記事が多く、婚活をしている女性はどのように男性と接するかなど参考になる情報が書かれています。 婚活ブログ・結婚なんて簡単じゃね? 結婚相談所ファニーキープスのサトウさん、婚活コンサルタントさんのブログです。 今までは婚活をしている様子を綴るブログを中心にまとめてきましたが、このブログでは婚活のコツなどを学べます。 婚活アタッカー 婚活の体験談やマッチングアプリの話が綴られているいのたろうさんのブログ。 持論を元に婚活に挑んでいく様子と文章はとてもコミカルに描かれています。 思わず笑ってしまうイラストや文章で婚活の疲れを癒してはいかがでしょう。 マッチングアプリ婚活女子ブログまとめ 鷹ノ爪リリカの婚活酷道結婚できる人と恋しろよ 鷹ノ爪リリカさんの婚活ブログ。 マッチングアプリの体験談や比較、これまで数々の結果を残してきた著者のノウハウや体験談が綴られています。 サイトや文章がとても見やすくおすすめです。 婚活アナリティクス 婚活コンサルタントのひかりんさんのブログ。 マッチングアプリの紹介や婚活のコツを紹介しています。 是非読んでみてください。 マッチングアプリおすすめ紹介dailymatch 現実で出会いがまったくないことに焦り、マッチングアプリを開始。 大学生向けのマッチングアプリを紹介しているサイトです。

次の

【商用】婚活ブログヲチ6【エア確定】

婚活ブログ かりん

レス数が1000を超えているけど、まだ書けるかも知れないよ。 96 ID:X4XRoWe9. net 今日はどうでもいい猫のブログ。 金目当てでブログを書いているからね。 78 ID:x2cZMA7j. net 花凛他人の不幸大好きだよねー 自分だって明日は我が身なのに あー、エアだもんね いつまでもいつまでも夫婦仲良く暮らしましたとさ。 26 ID:WB5WNyXx. 77 ID:rrMcNHYq. 98 ID:1u0LAEEu7 振り逃げと盗塁の例ワロタ。 net 顔がデカイのは、ダイエットしてないからでしょ。 太い体型で小顔矯正したいなんて、チャンチャラおかしい。 46 ID:CXvz9vQ8. 01 ID:dyMIdceL. net 新しい読者を獲得する為に、わざと不快極まりないイラストを書いている。 こんなイラストは2月24日なんでもおもちゃ【猫】以来だな。 中身はスカスカだが。 net カリンの専用スレ立てれば? その方が邪魔が入らないよ。 67 ID:ju2GL7JO. 64 ID:ORM9au8p. 76 ID:2edY0jDp. net てか、花凛って、妊活のこと書く度に、本気で子どもが欲しいなら20代のうちに結婚してた、とか書くけどさ。 できなかった負け惜しみにしか聞こえない。 61 ID:bYfQK0Px. 08 ID:SOvbc1RC. 79 ID:4dvXLySw. net ジャンル変更だってw えみりがジャンル移動してきたからだろうね。 露骨すぎてウケる。 93 ID:QLnq6Zwq. 42 ID:oXt9vbzZ8 花凛結局小規模な結婚式なんだw 結婚前から妄想して「友人知人多すぎて100人規模でも足りない」みたいなこと書いてたのに笑う。 コロナ流行ってよかったね。 net 花凛とえみり同一はないと思うけどなー 花凛はえみりに対抗心燃やしているような。 68 ID:9QAmWNxh. net Sの話が終わりそうだが、半年もかけて書く内容じゃないよね。 婚活もくじが更新しないで、Pの再会で放置している。 そういうだらしない所があるから、相手の男性から逃げられるんだよ。 33 ID:XXD3FDso. net えみりはりんりんに対抗意識でもあるのか? 指輪はハリーウィンストンで家具がボーコンセプトで同じやんけ おまけにブログタイトルまで似てるって偶然には思えん 212 KB 名前: E-mail 省略可 :.

次の

婚活ブログ かりん

婚活ブログ かりん

アラフォー女性がなかなか結婚できないのは年齢だけのせいじゃないわ。 びっくりするような高望みをする勘違い女が多いの。 アラフォー女性にありがちな高望みと勘違い女の痛すぎる悲劇の婚活体験談を紹介するわね。 勘違いが痛い!アラフォー婚活女の高望み アラフォーにもなると周りの女友だちは結婚している人ばかり。 「自分だけ結婚していない」という劣等感と、先に結婚した女友だちを見返したいという「見栄とプライド」から、一発逆転を狙ってハイスペックな男性と結婚したいと思う人がとても多いの。 だから、40代の女性は男性に対する条件が厳しくて高望みなの。 具体例を紹介するから、自分に心当たりがないかしっかりチェックしてみて。 年収800万円以上• 身長175cm• 学歴:旧帝大、早慶以上、妥協してMARCHまで。 Fラン、高卒なんてありえない!• 容姿:ハセヒロのような薄い顔のイケメン、ハゲなんて言語道断!清潔感があって爽やか• 体型:細マッチョ、デブは絶対イヤ!• 性格:真面目で誠実、浮気しない、社交的でユーモアがあって男らしい。 草食男子なんてありえない!• 結婚後の生活:専業主婦希望。 働いてもパート程度がいい。 義両親との同居:同居や介護は絶対にイヤ。 この条件の中から1つだけ当てはまればOKというわけじゃなくて、アラフォー女は全部条件を満たす人を探す傾向にあるの。 今どき20代の若い子のほうがむしろ謙虚なくらい。 なんだか男たちが若い子を選ぶ理由がわかる気がするわ。 こんな高望みな勘違い女、自分の要求ばっかりでちっともかわいくない。 悲劇!!勘違いアラフォー婚活女の痛すぎる体験談 勘違いしたアラフォー女の痛すぎる悲劇の体験談を3つ紹介するわ。 体験談1:かつて読モもお見合いパーティーでは壁の花 20代の頃、ファッション誌の読者モデルの経験もあったせいか、40代を過ぎても年齢の割に若々しくてカワイイAさん。 今でも自分の容姿に自信マンマンのAさんは、年収2000万円以上の医師限定のお見合いパーティーに行ってきたの。 自慢のプロポーションと美脚を男性に披露するために、身体のラインがピッタリ出るノースリーブのミニスカートの勝負服でバッチリ決めてね。 Aさんは第1印象だと20代後半ぐらいに見えるの。 だから、1対1形式のトークでは最初は男性の反応がいいの。 Aさん自身も他の女性の参加者を見て「私が一番キレイね。 勝った!」って心の中でガッツポーズをしていたのよ。 でも、お見合いパーティーではプロフィールシートを交換して会話するでしょ。 プロフィールシートの年齢を見て明らかに男性のテンションが下がって引いていくの。 なかには「40歳過ぎているのだから、年相応の格好をしたほうがいい」と説教する人もいたわ。 もっと、悲惨だったのはその後のフリータイム。 男性が群がるのは20代の子ばかり。 Aさんにフリータイムに話しかけてきた男性は1人もいなかったわ。 フリータイムであぶれている男性もいたけど、Aさんから見てイケない男性。 しかも、Aさんは「男性から女性にアプローチされるのが当たり前」と思っている人だから、自分から男性に話しかけるなんて彼女のプライドが許さないの。 だからフリータイムはずっと壁際で1人でひたすらカクテルを飲んでいたわ。 お見合いパーティー後に女友だちを呼び出して、「若いというだけで、何であんなブスがモテるのよ。 納得いかない……」と不満たらたら。 Aさんは過去の栄光を引きずったままの勘違い女の典型ね。 年相応の落ち着きと上品のファションやメイクのほうが実際には男性にモテるわよ。 体験談2:「普通の相手がいい」というけど、それただの高望みだから! 「私はもうアラフォーだから、同世代の年収500万円ぐらいの穏やかで優しい普通の人がいい」というBさん。 Bさん自身は、40代という年齢から「若い子には勝てない」と謙虚な姿勢で婚活に臨んだつもりだったの。 でもね、アラフォーの婚活ではBさんの普通はただの高望みでしかないの。 40代の年収500万円の男性が狙っているのは、20代の女の子。 ギリギリ30代前半までなら許容範囲という人が多いのが現実よ。 自分がオジサンであることを棚に上げて、アラサー女性を「オバサン」呼ばわりするヒドイやつもいるんだから。 Bさんは「結婚相談所は敷居が高い。 とりあえず婚活サイトで様子みよう。 婚活サイトに登録すれば女性はいっぱいメールが来るそうだし、その中から条件に合う人を選ぼう」と軽く考えていたの。 でも、Bさんには男性からほとんどメールが来ないの。 たまにメールが来ても、奥さんを亡くした60歳男性、農家の長男の55歳男性とか微妙な人たちばかり。 Bさんは「えっ、私ってこんなオジサンにしかモテないの」ってショックを受けたそうよ。 それで、待受の姿勢じゃダメと思って、Bさんから気になる同世代の男性にメールを送ったけど全然ダメ。 全く相手にされてなかったの。 たまに同世代の男性からメールがきても、遊び目的の既婚者ですぐ身体の関係を持ちたがる人ばかり。 アラフォー女の婚活の厳しさを知ったBさんは「婚活サイトじゃダメ。 全然いい人に出会えない。 結婚相談所に申し込まなきゃ」と目が覚めたの。 結婚相談所のカウンセラーから自分の普通は高望みであることを初めて自覚したそうよ。 体験談3:親の古い価値観を信じたまま!アラフォーなのに主体性のなさが仇に 亭主関白の父に専業主婦の母という典型的な昭和の価値観の家庭で育ったCさん。 「恋愛は男性にリードするもの」「結婚後は自分の母のように専業主婦になる」と子供の頃から信じていて、気づいたら38歳になっていたの。 「このままじゃいけない!娘を結婚させなきゃ!」と思った両親が慌てて知り合いのツテで、Cさんのお見合いをセッティングしたの。 お見合い当日、清楚でおっとりとした雰囲気のCさんをお相手の男性Dさん はすっかり気に入ってしまい、Cさんに交際を申し込んだの。 お見合い後、CさんとDさんは何回かデートしたわ。 だけど、デートを重ねるうちにCさんのおっとりした性格は単に主体性がないだけということに、Dさんは気づいたわ。 DさんがデートプランをCさんに提案しても「あなたの行きたい場所でいいわ」と言うばかり。 自分からDさんを楽しませようと思って一回もデートプランを考えたことがなかったの。 しかも、DさんがCさんに「結婚後はパートでも構わないから働いて家計を助けてほしい」とお願いしたら、Cさんは「母は専業主婦だったから私は働かない。 結婚してまで働くなんてありえない」の一点張り。 そんなCさんに対してDさんは、「この人は僕を支える気がちっともない」と失望して、別の女性と結婚したそうよ。 Cさんは今も独身のままで、実家で両親と暮らしているわ。 親に進められて結婚相談所に申し込んだそうだけど、あまり婚活がうまくいっていないみたい。

次の