ふわっち 終了。 生放送配信サイト『ふわっち』が閉鎖と噂? 運営が回答

ふわっちの運営会社はどこ?赤字だったって本当?収入の仕組みなどをまとめてみた

ふわっち 終了

先日アドビシステムズがFlashの開発・配布サポートをを書いたのですが、「フラッシュの更新が終わるってどういうこと?」「そもそもフラッシュプレイヤーってどんな役割かよく分からない?」というコメを見かけたので、少し分かりやすく書いてみます。 (わかりやすくするため、説明をごまかしているところがあります) Flashの開発・更新終了は何を意味するか Flashの開発終了は、地上アナログ放送終了に例えると分かりやすくなります。 地上波アナログ放送 … Flash 地上波デジタル放送 … HTML5 26日のフラッシュ開発終了の発表は、地上波のアナログ放送にあたるFlashは、2020年一杯で停波しますよというお知らせだったわけです。 そして「2021年以降も放送したければ、デジタル放送に対応させてくださいね」とういことを意味します。 かつてアナログ放送が終了した時でも、アナログテレビに対応したプレイヤーがあれば、古いビデオを観ることができました。 フラッシュでも同じで、ソフトさえあればサポートが終了してからもフラッシュコンテンツを遊ぶことはできます。 しかしサポートが終了してしまうと、セキュリティに問題が見つかっても修正されることがなくなります。 セキュリティーが放置されたソフトは、個人が自己責任で使うことはできても、責任問題が発生する商売に利用するのは難しい。 ユーザーにリスクを負わせるようなソフトを企業として提供するわけにはいかないため、ゲームの開発会社や運営会社はフラッシュゲームでサービスを続けることはできません。 従って2020年以降もサービスを続けるなら、アナログ(Flash)を捨ててデジタル対応機器(HTML5やその他新しい技術)に変えるしかないというわけです。 (フラッシュからHTML5への変換はできます。 また、書き直しでも対応できます) フラッシュの役割ってなに? Flashはプログラムの規格の一つで、動画を再生させたり画像をインタラクティブに動かしたり、さまざまなエフェクト利用した演出を行える枠組みです。 ほんの数年前まではFlashがなければウェブブラウザ上で動画を再生したり、動きのあるコンテンツを表現することはできませんでした(手間をかければ不可能ではなかった)。 そのため動画再生やゲームにはFlashプレイヤーが利用されることが多く、圧倒的な利用率を誇っていました。 Flashのプログラムは無償で配布されている再生用ソフト、Flash Player上で実行されています。 ブラウザ上でFlashゲームが遊べるのは、使っているパソコンのブラウザにFlash Playerがインストールされているためです。 Flashの開発・配布が終了すると、ブラウザ上でゲームを動かす仕組みがなくなってしまいます。 そのためFlashゲームが遊べなくなるというわけです。 ためしにスマートホンでYahoo! モバゲーにアクセスすると、 Flash Playerがインストールされていませんという警告が表示され、PC向けゲームの大半が遊べないことが分かります。 かつてはスマートホン版Flashも開発・配布されておりスマホからでも遊べたのですが、2013年頃に開発が中止されたためにスマホから遊べなくなりました。 26日の発表は、2021年にはスマホだけでなく、パソコンのブラウザでも遊べなくなるよ、というお知らせだったわけです。

次の

ふわっちとは?稼ぎ方や収入を得られる仕組みを徹底解説!

ふわっち 終了

生放送配信サイト『ふわっち』が来年の春に閉鎖されるという噂がTwitterやネット掲示板に飛び交った。 その噂を見てニコニコ生放送で放送している者もいたくらいだ(下記放送参照)。 しかしこの来年に閉鎖されるという噂はどこから出てきた情報なのか。 噂の出元が怪しくソース不明である。 そのため『ふわっち』の運営にことの真相を確かめたところ次の様な回答を頂いた。 「サイト閉鎖の予定などはございませんのでご安心ください。 他社さまの動きの関係で、最近そのような噂が流れることもございますが、運営としてはそれだけ『ふわっち』が注目されているという理解をしており、大変ほほえましく感じております。 今後もさらに伸びるふわっちにぜひご期待ください」 このように閉鎖はデマだった。 『ふわっち』はリスナーが配信者に投げ銭をして、その半分が貰えるというシステム。 多い人で月に300万ポイント(1ポイント=1円)の収益を得ている。 しかしこのシステムで運営が配信者に対してお金を払いすぎていると思い、また多額の借金を抱えていると投稿。 借金については不明であるが、運営はポイントの半分を受け取れるので、少なくとも運営が一方的に損するシステムでは無いはずだ。 『ふわっち』の閉鎖はデマということで一安心?.

次の

生放送配信サイト『ふわっち』が閉鎖と噂? 運営が回答

ふわっち 終了

先日アドビシステムズがFlashの開発・配布サポートをを書いたのですが、「フラッシュの更新が終わるってどういうこと?」「そもそもフラッシュプレイヤーってどんな役割かよく分からない?」というコメを見かけたので、少し分かりやすく書いてみます。 (わかりやすくするため、説明をごまかしているところがあります) Flashの開発・更新終了は何を意味するか Flashの開発終了は、地上アナログ放送終了に例えると分かりやすくなります。 地上波アナログ放送 … Flash 地上波デジタル放送 … HTML5 26日のフラッシュ開発終了の発表は、地上波のアナログ放送にあたるFlashは、2020年一杯で停波しますよというお知らせだったわけです。 そして「2021年以降も放送したければ、デジタル放送に対応させてくださいね」とういことを意味します。 かつてアナログ放送が終了した時でも、アナログテレビに対応したプレイヤーがあれば、古いビデオを観ることができました。 フラッシュでも同じで、ソフトさえあればサポートが終了してからもフラッシュコンテンツを遊ぶことはできます。 しかしサポートが終了してしまうと、セキュリティに問題が見つかっても修正されることがなくなります。 セキュリティーが放置されたソフトは、個人が自己責任で使うことはできても、責任問題が発生する商売に利用するのは難しい。 ユーザーにリスクを負わせるようなソフトを企業として提供するわけにはいかないため、ゲームの開発会社や運営会社はフラッシュゲームでサービスを続けることはできません。 従って2020年以降もサービスを続けるなら、アナログ(Flash)を捨ててデジタル対応機器(HTML5やその他新しい技術)に変えるしかないというわけです。 (フラッシュからHTML5への変換はできます。 また、書き直しでも対応できます) フラッシュの役割ってなに? Flashはプログラムの規格の一つで、動画を再生させたり画像をインタラクティブに動かしたり、さまざまなエフェクト利用した演出を行える枠組みです。 ほんの数年前まではFlashがなければウェブブラウザ上で動画を再生したり、動きのあるコンテンツを表現することはできませんでした(手間をかければ不可能ではなかった)。 そのため動画再生やゲームにはFlashプレイヤーが利用されることが多く、圧倒的な利用率を誇っていました。 Flashのプログラムは無償で配布されている再生用ソフト、Flash Player上で実行されています。 ブラウザ上でFlashゲームが遊べるのは、使っているパソコンのブラウザにFlash Playerがインストールされているためです。 Flashの開発・配布が終了すると、ブラウザ上でゲームを動かす仕組みがなくなってしまいます。 そのためFlashゲームが遊べなくなるというわけです。 ためしにスマートホンでYahoo! モバゲーにアクセスすると、 Flash Playerがインストールされていませんという警告が表示され、PC向けゲームの大半が遊べないことが分かります。 かつてはスマートホン版Flashも開発・配布されておりスマホからでも遊べたのですが、2013年頃に開発が中止されたためにスマホから遊べなくなりました。 26日の発表は、2021年にはスマホだけでなく、パソコンのブラウザでも遊べなくなるよ、というお知らせだったわけです。

次の