墓探し。 故人のお墓を探す@亡くなった人の墓地探しのテクニック

お墓の作り方〜墓地の探し方、墓石の建て方〜

墓探し

近年話題になっている終活は、自分がどのような最期を迎えるようにするか、または自分の死後についてどのような準備をしていくかにまつわる一連の活動を指します。 そして、終活の中でも不可欠な話題の1つとして取り上げられるのが、 お墓についてどうするかということです。 中には、自分の死後に残される遺族の負担をなるべく軽くしておくために、生前のなるべく早い段階でお墓を購入しておこうという人も増えてきています。 しかし、お墓は自動車やマイホームと同様に人生で経験する買い物の中では安くない品物の部類に入ります。 そのため、お墓の購入に際してはそこにある気を付けるべき注意点についてもよく熟知しておく必要があります。 そこで今回は、 お墓の購入にまつわる注意点についていろいろと見ていきます。 この記事の中心的なポイントとして、• お墓の購入までのプロセスの中に見られる注意点とはどのようなものか?• お墓を購入するタイミングにおける注意点とはどのようなものか?• お墓の値段にまつわる注意点とは?• お墓を建てる霊園や寺院の規則とは?• お墓の立地点についてはどのような点に注意するべきか? の5点を取り上げていきます。 最後までお読みいただけると幸いです。 実際に、全国の霊園を比較してみたいという方は 「終活ねっと」のお墓探しをご利用ください。 全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。 費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。 一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。 お墓を購入するとはいっても、そのためにはいろいろと決めておくべきことがあります。 ここでは、お墓を購入する前に考えておくべきポイントや、お墓の購入の際のポイントなど、 お墓の購入までのプロセスにおける注意点について見ていきましょう。 埋葬の形態を決める お墓の購入に先立って決めておくべき点としてまず挙げられるのが、自分が死後に どのような形態で埋葬されたいのか、という点です。 近年ではお墓や埋葬に関する価値観が多様化してきています。 その流れに合わせて、 埋葬の形態も伝統的なお墓への埋葬や芝生の墓地への埋葬、また納骨堂といった選択肢を選べるようになってきています。 どの選択肢もそれに必要な手続きや管理の方法、費用などが大きく異なってくるため、どのお墓の埋葬の形態を選んでも手続きや管理の方法、費用についてはきちんと決めておくことが大切です。 お墓の場所を決める お墓の場所を決めておくことも重要です。 お墓の場所についても近年では、伝統的な寺院墓地だけでなく、役所が運営する公営墓地や石材店などが運営する民営墓地、さらに永代供養できる施設などの選択肢が選べるようになってきました。 こちらに関しても、お墓を建てる際の土地代といった初期投資の金額や、建てた後に支払う管理に伴う方法や費用が異なってくるので、この点もはっきりさせておくことは重要です。 石材店を決める お墓を実際に建てるのは 石材店であるため、実際にお墓の購入の際には石材店とどのように話を進めていくかが不可欠となります。 よい石材店を選ぶポイントとしては、相談に気軽に乗ってもらえるかや、見積もりが適正なものであるか、お墓を建てるプロセスや墓石の品質、それにかかる費用などについてきちんと説明されているかなどが挙げられます。 もちろん、1つの石材店だけでなく複数の石材店を見て回り、その中からいくつか候補を絞って、最終的に 複数の石材店からどの石材店に依頼するかを決めていくことが重要です。 墓石の形を決める お墓を建てる上では 墓石の形を決めておくことも重要なことです。 というのは、墓石の形によっては、建てられる場所やそこに入れる文字、費用に関して制約を受ける場合も少なくないためです。 墓石の形に関してはそれらの注意点をきちんと理解しつつ決めていくことが大切です。 費用を調べて決める お墓を建てるうえではやはりお金、つまり費用は不可欠な条件ですので、 費用を調べて決める必要があります。 お墓にまつわる費用は、墓地や霊園で使う土地代や墓石の石材費や加工費、工事費用、そしてお墓が建った後の管理費が挙げられますが、いずれも安いものではないことに加え、立地条件や墓石の形、使われる石材などによって大きく変わってきます。 また、管理費などについてもお墓を建ててそこに埋葬された本人よりも、遺族の方が大きく関係してくるため、長期的で視点を持ってお墓を建てるための費用についてはよく調べて決めるようにしましょう。 お墓を購入するタイミングにおける注意点 お墓を購入するタイミングには、大きく分けて 生前購入と死後購入とがあります。 お墓を購入するタイミングにはどのような注意点があるのかをここでは見ていきましょう。 生前購入の場合 生前購入は、自分の死後のことも考えて、あらかじめお墓を購入しておくことです。 自分が亡くなった後になるべく負担をかけたくないという人や、老後にお墓のことで悩みたくないという人が多くなってきていることから、近年では生前にお墓を購入するという人が増えてきています。 メリットとしては、時間をかけてじっくりとお墓対策ができること、お墓のデザインなどを自由に決めることができること、節税対策になることなどが挙げられます。 メリットが多い生前購入ですが、注意点もあります。 まず、 全国すべての霊園や墓地が生前墓を受け入れているわけではないという点です。 特に公営墓地は、ご遺骨がなければ受け入れてもらえないというケースが少なくありません。 このため、生前墓を建てる際には、その墓地や霊園が受け入れているかどうかについて確認が必要となります。 そして、費用面でも負担を強いられるという点です。 たとえ生前であっても、お墓を持っているということで管理費やそのほかのメンテナンスのための費用が発生してきます。 そのため、生前購入をする際は以上のことも考慮に入れることが大切です。 死後購入の場合 死後購入は文字通り、家族や親族の誰かが亡くなった時点でお墓を建てることを指します。 生前購入の場合に比べて、墓地・霊園で受け入れてもらえる場所が多いことや(特に公営墓地)、状況によっては生前購入に比べて費用を安く抑えられる場合もあることがメリットとして挙げられます。 逆に注意点としては、まず 故人のご遺族の方の負担が増すという点です。 ただでさえ、故人が亡くなった精神的な負担も大きいのに、故人をなるべく早くお墓に納骨するためにお墓探しを始めても、早くて半年ほどの時間が必要です。 それに加えて、お墓の購入という経済的な負担もあります。 そして、お墓を購入するための費用が相続税の対象とされ、 余計な負担がかかるという点も注意点として挙げられます。 お墓の値段に関する注意点 お墓を購入するうえで最も気になる点として挙げられるのは、その費用ではないでしょうか。 ここではお墓の値段についてどのように決まってくるか、また お墓の値段に関する注意点について見ていきます。 墓石の値段 墓石にまつわる値段は大きく分けて、墓石を作るための石材費や、石材の加工費用、そして墓石を建てるための工事費用があります。 このうち、大きな要素を占めてくるのが石材費とその加工費用です。 お墓の石材費は文字通りお墓の材料となる石材にかかってくる費用のことです。 お墓の石材といってもその種類は国産と外国産を含めると100種類以上あり、基本的には外国産の方が安いといわれています。 しかし、外国産の石材でも国産のもの以上に高い場合があるため、外国産をおすすめできるかといえば一概にそうともいえません。 このため、どの石材を使うかは石材店とよく相談しておいた方がよいでしょう。 次に、 お墓の加工費についてですが、墓石のデザインが簡素であるか複雑であるかによって値段も大きく変わってきます。 もちろんのこと、複雑な方が値段が高くなる傾向にあります。 さらに使われる石材の量も多くなるほど、比例して値段が高くなります。 お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。 国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。 土地の値段 お墓は土地がなければ建てることができません。 そこで、土地を建てるには霊園や墓地から敷地の使用権を買う必要が出てきます。 土地にかかる値段であるため、その墓地や霊園の立地する地域の地価が大きく反映されてきます。 このため、都市部であるほど高く、一方で地方へ行くほど安くなる傾向にあります。 また、お墓を建てる敷地の広さや、敷地のある墓地や霊園の種類によっても費用は大きく変わってくるため、こちらも検討すべき課題といえます。 敷地の広さに関しては、お墓を建てるのに必要な石材の量や工事費用とも関係してくるため重要です。 なお、墓地や霊園の敷地でも人気のあるものは早めに売約が成立してしまうため、人気がある墓地や霊園を利用したいのであれば 早い段階で動くことが大切です。 管理費 めでたくお墓が建った後も 管理費が発生してきます。 管理費に関しては、墓地や霊園の種類によって大きく異なってきます。 公営墓地の方が比較的安く設定(4000円から1万円)されており、民営墓地でも高いところは1万5000円ほどになる場合もあります。 また、寺院墓地でも管理している寺院が由緒正しいところは高くなる場合もあります。 このように管理費に関しては墓地の種類から検討していくことが重要です。 お墓や墓石の費用相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。 お墓を建てる場所の立地条件は、家族が供養していくことやお墓そのものが災害に巻き込まれないようにすることなどを考えても大切な問題といえます。 ここでは お墓の立地条件についてどのような点に注意すればよいのかを見ていきましょう。 家族が訪れやすい場所にすることが大切 お墓の建つ場所はやはり ご家族の方が訪れやすい場所にすることが大切です。 ご家族の方が訪れやすい場所にある場合は、「駅や高速のインターチェンジから来やすい」「駐車場も近くてお参りしやすい」「周りが静か」といったアクセスや周辺環境の良いところに立地していることが重要な条件となります。 逆に、家族が来にくい場所としては、「坂道が多い」「お墓が山の上にある」「周りが騒がしい」といったような負担を強いられかねないところが挙げられます。 お墓の立地に関しては家族にとっての アクセスの良さをよく考えておくことが不可欠です。 災害などの心配はないか 地震や台風など自然災害の多い日本では、いつ大規模な災害に襲われるかがわかりません。 石材でできている以上、お墓も災害の影響で壊れたり破損したりする場合もあります。 このため故人の眠る場所であるお墓を守るためにも、 災害への安全対策がしっかりされていること、墓地や霊園の立地の地盤が安定していること、大雨が降っても水はけがよいかなどが検討すべき課題です。 お墓の購入時の注意点まとめ• お墓の購入までのプロセスにおける注意点としては、埋葬の形態やお墓を建てる場所、実際にお墓を建てる石材店、墓石の形、そしてお墓を建てたり管理するための費用についてをよく決めておくことにある。 お墓を購入するタイミングに関する注意点としては、生前購入であればすべての墓地・霊園で受け入れられるわけではないことと、生前墓でも管理費用が発生するという点が挙げられる。 死後購入であれば、遺族にかかる負担が大きいことと、お墓を購入するための費用が相続税の対象になるという点が挙げられる。 お墓の値段にまつわる注意点としては、墓石については石材や、そこに施されるデザインの内容、さらに使われる石材の量に注意が必要である。 お墓を建てる土地については、墓地・霊園の種類や立地する地域の地価に注目する必要がある点が挙げられる。 そして、お墓が建った後の管理費については、墓地や霊園の種類が主な注意すべき点となる。 お墓を建てる霊園や寺院の定めた規則としては、宗教や宗旨との関係や、永代使用権に関する条項が主な注意項目である。 さらに、墓地や霊園独自に定めている規則やルールも確認しておくことが大切である。 お墓の立地条件としては家族が訪れやすい場所を選ぶことが大切で、そのためアクセスの良さや周辺環境の良さは欠かせない。 また、災害については地盤や水はけの良さや安全対策がされているかが欠かせない。 お墓を購入するとなると、いろいろと検討したり、お金をそろえたりと準備すべきことが多くなります。 一生の買い物の1つに挙げられているお墓を購入するからこそ、お墓を建てる本人や家族にとっても悔いのない結果になるように、お墓を購入する際の注意点はしっかりと押さえておくことが大切です。 今回「終活ねっと」では、「お墓の購入に関する注意点」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ... カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の

お墓の基礎知識(種類・費用相場・霊園選び・永代供養)を全て解説!|終活ねっとのお墓探し

墓探し

友人の墓を探しています。 知人から死を知らされ せめて墓参りをと、お墓の場所を知りたいのですが その親族との面識も、連絡を取る方法もありません。 お寺の人に墓を探している、という理由で見て回る事を許可してもらえるでしょうか? 少しでも詳しく知っている方いたら教えて頂きたいです。 よろしくお願い致します。 でも電話でなく、出向いておたずねになる方が確実性は有るでしょう。 「ここには無い」と言われれば、「お寺を間違ったようです」と、引き下がって次のお寺に。 しかしお寺以外の墓地は大変ですね。 墓地の管理者がどこかに居るはずですが、持ち主は分かってもその中に入った個人までは確認していないだろうし。 どうしても捜したいので有れば気長に頑張ってください。 遅くなりましたが回答ありがとうございました。 先日、市内を回ってお墓を探してきました。 把握してる10件中3件回って、3件目で無事見つける事が出来ました。 とても大きな霊園で、管理者の方に聞いたら、回答者さんの仰るとおり 埋葬されてる方の名前でなく、墓の名義人じゃないと探せないと言われ これが昔からの先祖代々の墓の場合、その方の両親の名前とかでは探せない事が多いようで 今回は親切にも、埋葬されたと思われる時期を命日から計算してもらって 管理の人が分厚い書類を一ページずつ確認して探し出してもらえました。 その前に回った二件を見ると、小さなお寺や霊園は埋葬された方の名前で探してもらえるようです。 この度はアドバイスして頂いて本当にありがとうございました。 実は数年前に亡くなった友人の事で、ずっとお墓を探したいと思いながらも長い間、躊躇っていたのです。 おかげで足を進めて、見つけ出す事が出来ました。 この先も大切な気持ちを持って墓参りを続けて行こうと思います。 本当にありがとうございました。 Q お世話になった恩師が1年半前に亡くなりました。 事情があり、葬儀等は出られませんでした…。 (香典は送らせて頂きました) 恩師のご両親はご健在で、連絡先はわかっていますが、 面識はありません。 遠方でなかなか行けずにいましたが、 もしかしたら近々行けそうなのでお墓参りをしたいと考えています。 この度、お墓参りをさせて頂きたいと思いお電話しました。 よければお墓の場所を教えて頂けないでしょうか?」 のような言い方でいいでしょうか…?? 名前だけ名乗り易々と教えてくれるものでしょうか…?? そもそも、電話でお墓の場所を聞くこと自体マナー違反でしょうか? アドバイスお願い致します。 A ベストアンサー おはようございます。 言い方も質問者様の思われてる言い方でいいと思います。 それに、先生という職業だったかどうか以前に、あくまで聞くのはお墓の 場所であって、住所・会社・電話番号など生きている人の個人情報を聞く わけではないのですから、マナー違反でもなんでもありません。 既にそのような電話を何本も受けているのではないですか。 ご家族の 方はちゃんと対応してくれると思います。 大丈夫ですよ。 Q お世話になります。 掲題の通りなのですが、亡くなった方というのは私の実母です。 墓前に手を合わせたいのですが、お墓の場所が分かりません。 詳しくは下記に記しましたので、事情を確認いただいた上でアドバイスをいただけたらと思います。 私が幼少の頃、両親が離婚し父が親権を持ちました。 私は父方の祖父母に育てられ、この離婚後一度も母と会う事は無く過ごしていました。 離婚原因はあまり詳しくは聞いていませんが、どっちもどっちと思う内容です(家庭を顧みず子育てにも参加しない若い夫と、生活に疲れネグレスト気味になった妻的な感じだったと聞いています)。 この離婚は協議離婚だったのですが、私の親権についてはかなりモメたらしく、母の実家・母自身の経済的な事情で、父が親権を持ったそうです。 母はかなり精神的に参っていたようでネグレスト気味だった様ですが、離婚後も子供に会いたいと何度も接触をとってきてくれましたが、父方の祖父母の強固なディフェンスで一度も会う事は有りませんでした。 両親離婚後、一度も会えなかった母が十数年前に突然他界しました。 急病による病死で、数時間であっという間に亡くなってしまったそうで、母の友人の計らいで出棺ギリギリに葬儀にかけつけ顔を一目見る事は出来ました。 その時にお墓の場所を聞いておけば良かったのですが、気持ちが混乱していたことと、母は再婚しておりその再婚先での葬儀だったため大変居心地が悪く、最後のお別れもそこそこに退散してきてしまいました。 といっても、私の気持ち一つで再婚先のお宅へ手紙を出す等の方法でお墓の場所を聞く事も出来たと思いますが、父方の祖父(私にとっては父親代わりです)が母が亡くなった事を話した時に「今後も一切関わりを持つ事は許さない」と強く言われていたため今日まで行動を起こさずにいました。 既に成人して独立していたので、当時その様に命令された時は「もう子供じゃないんだから」と思いましたが、私が行動を起こすことで再婚先の方達や母の実家に対して波風を立てるかもしれないと考えると自分勝手に行動する事も出来ませんでした。 行動は出来ませんが、墓前で手を合わせたいという気持ちはずっと有りいつもモヤモヤと考えていました。 そんな中、昨年祖父が他界しました。 祖父との約束を破る様で心苦しい半面、今行動を起こさないと一生モヤモヤしたままだと思い、母のお墓の場所を探そうと一念発起しました。 しかし、葬儀の際に連絡を下さった母の友人へ連絡をとろうとしたのですが、引っ越された様で電話もつながらなくなってしまいました。 再婚先のお宅は分かっているので直接聞けば一番早いのですが、十数年もたっていきなり「お墓を教えてください」と申し出るのはどうかと思います。 お墓の場所が知りたいだけで他意は全くないのですが、そう思われなかったらと思うとトラブルになりそうで気が進みません。 そこで、どのようにアクションを起こすのが一番良いのか、些細なことでも構いませんのでアドバイスをいただけないでしょうか? ちなみに、父は「好きにして良い」と言っています。 第三者として、興信所などに調査を依頼した方が良いのかとも考えています。 読みにくい文章で申し訳ないのですが、長年の思いを果たせる様、お知恵をお借りできないでしょうか? どうぞ宜しくお願いします。 お世話になります。 掲題の通りなのですが、亡くなった方というのは私の実母です。 墓前に手を合わせたいのですが、お墓の場所が分かりません。 詳しくは下記に記しましたので、事情を確認いただいた上でアドバイスをいただけたらと思います。 私が幼少の頃、両親が離婚し父が親権を持ちました。 私は父方の祖父母に育てられ、この離婚後一度も母と会う事は無く過ごしていました。 離婚原因はあまり詳しくは聞いていませんが、どっちもどっちと思う内容です(家庭を顧みず子育てにも参加しない若い夫と、生活に疲... A ベストアンサー 興信所なんてやめた方がいいですよ。 もし、ご命日にお花を供えてきて、その後にご親族が いらっしゃると必ず「誰が来たのか?」という話しになります。 その時に、話が通っていた方がいいと思います。 ご自身でお母様の再婚先にお電話して伺ったらどうですか? そんなことしていいの?と思われるかもしれませんが、 いいんですよ。 私の親ももう70代ですが、年を取ってから突然、疎遠に なっていた親戚や友人から電話や手紙をもらう話をよく聞きます。 要するに、ある程度年を取ってくると、放っておいた問題を 何とかしなきゃいけないという気持ちになるのね。 だから、気にせずお電話して、事情をお話しした上で教えて もらってください。 Q 昨年、小学校時代の親友が亡くなりました。 彼女は私立中学に進学した為、小学校卒業後は離れてしまいましたが、その後も何度か会っていました。 しかし高校入学後は、忙しい事を理由に、一度も連絡を取りませんでした。 高校卒業を迎え、新生活の始まりに浮かれていた自分に、一本の電話。 小学校の時の同級生から、親友の死を告げられました。 その週の終わりに亡くなった親友の家に行き、彼女の御家族と話をしました。 しかし私は、まだ彼女が亡くなったという事実を受け入れる事が出来なかった事、彼女の事を話す時の御家族が辛そうだった事から、肝心な事を何一つ聞く事が出来ませんでした。 私は何故彼女が亡くなったのか、理由をよく知りません。 命日もお墓の場所も知りません。 私の知人も誰も知らないそうです。 訃報を聞いてから1年半。 今更かもしれませんが、彼女のお墓参りに行きたいです。 ご家族に直接聞きたいのですが、訪問した時の状況を思い出すと聞きづらく・・・ 不快に思われたらどうしようという不安もあります。 このような場合はどうしたらいいのでしょうか? もし御家族に聞く場合、どう聞いたらいいのでしょうか? お答えよろしくお願い致します。 昨年、小学校時代の親友が亡くなりました。 彼女は私立中学に進学した為、小学校卒業後は離れてしまいましたが、その後も何度か会っていました。 しかし高校入学後は、忙しい事を理由に、一度も連絡を取りませんでした。 高校卒業を迎え、新生活の始まりに浮かれていた自分に、一本の電話。 小学校の時の同級生から、親友の死を告げられました。 その週の終わりに亡くなった親友の家に行き、彼女の御家族と話をしました。 しかし私は、まだ彼女が亡くなったという事実を受け入れる事が出来なかった事、... A ベストアンサー こんにちは。 お友達とのお別れ、お辛い事とお察しします。 しかし、そのお友達のご家族は、 貴方が経験した以上の、 想像を絶するほどの悲嘆にくれているのです。 友人と自分の子供とでは、立場が違いすぎます。 貴方が思っていることと、 ご家族が思い、感じていることが、 まったく同じとは限りません。 それどころか、逆の場合もあります。 それは当然ですよ。 ご家族はもっと受け入れられないでしょうね。 貴方は今、だんだん受け入れられたとしても、 ご家族は、まだまだ受け入れられていないかもしれません。 一生受け入れられないかもしれません。 ご家族の気持ちは、 そのご家族に聞かないとわからないことですが、 とにかく「 そっとしておいて欲しい 」と思っているかもしれません。 貴方が肝心だと思ったことは、 聞かなくて正解だったと思います。 そんな事、無理やり聞くものではありません。 むしろ、あの様な内容なら、無神経だったと思いますし、 いつになっても、こちらから聞くべきではないと思います。 思いがけない子供の死、 その死を受け入れられない大変な時に、 亡くなった理由 や お墓の場所 など 胸をえぐられるような事を聞かれて 傷もつかず、答えられる親御さんがいるのでしょうか? 死を受け入れられないのに、 「お墓」なんて言葉も聞きたくないかもしれません。 納骨すら、出来ない心境かもしれません。 ご家族が答えられるくらいなら、 他人に聞かれなくても、 最初から、あちらからお話していると思います。 それなので、ご家族からお話されない限り、 聞き出す内容ではないのです。 ご家族にとって、 亡くした子供と同年代の元気な子供達を見るのも きつい状況かもしれません。 ご家族が落ち着いたら、 あちらから連絡が来るかもしれませんから、 ご家族からの連絡を待ってあげるのは如何でしょうか? それまでは、お墓に拘らず、 貴方の心の中で、常にお友達の事を想い、 供養していれば良いのです。 貴方や、他のお友達が 道で、そのご家族に会うことがあったら、 ご挨拶の後に「また、いつかお線香を上げさせて下さいね」とお話したり、 大分ご家族が落ち着いたとしたら、 お友達のお誕生日やお盆やお彼岸や命日などの行事日に、 命日がわからないとの事なので、なくなった事を知った日に近い頃 お花やお供物をお送りしても良いと思います。 ご家族が落ち着いて、訪問する事があれば、 お友達との思い出をたくさんお話してあげられると良いと思います。 これ以上の苦しみや負担をご家族に与えない様、 とにかく、ご家族の気持ちを大事にしてあげてください。 こんにちは。 お友達とのお別れ、お辛い事とお察しします。 しかし、そのお友達のご家族は、 貴方が経験した以上の、 想像を絶するほどの悲嘆にくれているのです。 友人と自分の子供とでは、立場が違いすぎます。 貴方が思っていることと、 ご家族が思い、感じていることが、 まったく同じとは限りません。 それどころか、逆の場合もあります。 Q 彼氏が一カ月前に自殺していました 原因は私にあるとおもいます。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は 彼氏がバイトもしないで奨学金で専門学校に通ってることに無償にいらいらしてたり 彼氏の恰好が v系寄りで少々派手だったり 彼の愛情が重く感じたり そんな理由でした。 一度本気で別れようといって連絡をとらなくしました そしたら 着信が90くらい来たり メールのあらしが来て 最後のメールで 俺はお前がいなきゃ生きてけない ごめん 死にます という文面で 首吊りのロープの写真がはられてました 私は怖くなって 怖くなって警察に連絡しました 警察から後ほど連絡きたら そのときは大丈夫だったそうでした それから話し合うことになって 会って話し合いました その時も彼の部屋で話し合ったのですが、 私は命をかけごとに使うことはおかしい と言いました 彼は別れたくないし 俺が死んだってお前には連絡いかないから大丈夫だよ^^ 言ってました・・ それからまた寄りを戻すことにしました そのころは、ただ死なれるのが怖かったんです 本当に死なれる気がしてどうしょうもなかったのです。 一回目の自殺予告のまえに ミクシーのほうで 死にたいとか もとから身長175cmで体重45キロくらいのかなり細身な体だったのに 首をつって余計なものが出ないように断食をする!って書いてあり その結果40キロまで落としてました その様子で 家族に精神病院にまでつれていかれたそうです。 私には何も遺言はありませんでした ただ 遺体には ポケットに私とのプリクラを入れて 手にはペアリング それだけの持ち物でこんな寒い深夜に山で首をつりました そしてミクシーのにっきに 彼女を責めないでください すべて弱い自分に原因がある お酒のせいですこし気がらくだ やっぱり世界一かわいい さすが俺が愛した人だ それだけ書いてありました 後悔しかありません そして今ではこんなにも引きずって なぜ振ってしまったのか こんなに自分を愛してくれてた人を どうして捨てたのか どうして救ってあげられなかったのか 後悔だらけです そしてできればあとをおいたい。 会いたい ただそれだけです これからさき一生このきもちをひきずっていくかとおもうと もう人生を終わりにしてもいいかなと思います だれかのアドバイスをききたいです また同じような経験をして今 どうやって暮らしているのか・・ できるかぎり質問にもこたえます よろしくお願いします 彼氏が一カ月前に自殺していました 原因は私にあるとおもいます。 彼はとても一途で そしてすこし心が脆かったし 二年間の付き合いで 別れようとか別れたいとかいう言葉を口にしたことはありませんでした。 毎日大すき!っと言ってくれていました 私たちは車で二時間かかる距離で 遊ぶ回数は私は仕事であり、彼は学生であり 私の休みは土日は確実にないので あまり時間があわなくて 月一で彼の家にとまりに行く程度でした 彼と付き合ってくうちに 私は何度か別れたいとおもうときがありました その時は... A ベストアンサー 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりなさい。 辛さを経験しただけ、大きくなりなさい。 人の弱さや辛さがわかった今回を、忘れろとは言いません。 バネにして、誰かを愛した時、その人をありのままあなたの綺麗な目で見て、尊重してあげてください。 甘やかす事がすべてではありませんよ。 時には厳しく突き放す事が愛でもあります。 あなたは、この事を彼にしましたよね? 今は辛い、自分を責めるのも理解できます。 でも、あなたの人生はあなたが創るべきです。 厳しく書きましたね。 ごめんなさい。 ただ命を粗末にして、後悔しているのは彼自身でしょう。 あなたまで悩むと、彼はますます辛くなりますよ。 彼への供養は、あなたらしく生きること。 度々すみません。 誰かを愛したら、誰かの優しさに縋り付くのではなく、自ら愛を与えなさい。 あなたはできる事は全てしました。 彼との交際中に、彼に愛を与えたじゃないですか? それは彼にとっては宝でかけがえの無いものです。 あなたが自我を堪えて、彼に嘘の愛を与える事が全て解決できたと思いますか? 私はそうは思えませんよ。 彼は自分の問題に彼自信が立ち向かうべきだった。 人を巻き込み、人の人生をうばってまで成せる事は、決して彼の力とは言えません。 あなたは幸せになりな... Q 末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。 これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。 母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。 肝臓にも転移しており既に手遅れでした。 今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが 4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。 あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。 肺へも転移し、咳がひどいです。 今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。 急に食欲もなくなりました。 一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。 母はこれからどうなっていくのでしょうか。 苦しみが増しますか? 意識は最後まであるものですか? 自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか? この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。 文章がうまくまとまっていなくてすみません。 少しでも心の準備ができればと思います。 宜しくお願いします。 A ベストアンサー 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用 が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。 大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。 腎臓の機能が低下すれば…… 脳の機能が低下すれば…… つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、 ということです。 何が起きても不思議ではない、ということです。 「苦しみが増しますか?」 軽くなるということはないでしょう。 出てきた苦しみを押さえるということになります。 「意識は最後まであるものですか?」 わかりません。 先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている 場合もあります。 「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」 状況によりますが、オムツということも考えてください。 尿はカテーテルを留置することになります。 残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、 「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを しないという選択肢もあります。 末期症状は、医師や看護師がよく知っています。 まずは、医師や看護師と相談してください。 「人はがんでは死なない」という言葉があります。 がんが特別な毒素を出すわけではありません。 では、なぜ、人はがんで死ぬのか? それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、 その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。 様々な症状の一つには、疼痛もあります。 これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。 気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。 肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化... Q 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証明 を取れば両親のこともわかるのですか? 母親の祖母が在日で帰化していた場合、その事はどの世代まで表記されるのでしょう? ちなみに私は両親の戸籍から分籍 転籍 しており、本籍は東京ですが、出身および両親の本籍は大阪です。 また在日がどうのという質問に非難が集中している様子を見ることがありますが、 まぁ私のアイデンティティを明確化させたいだけですので、今回はご容赦ください。 日本生まれの日本育ち、ここ数世代の直系は全員日本人の日本人!と、 日本生まれの日本立ち、でも曾祖母は朝鮮人だから87. 今年で21才になりますが、自分の起源がどこにあるのかわかりません。 今まで運転免許を取ったり、引っ越ししたり、分籍をしましたが、特に苦労したことはありませんでした。 それに親からも在日外国人の家系である、というような事を言われたことはありません。 しかし確実に、ここ数世代のうちに、外国人が混じってはいない、という確証がありません。 ということで自分が在日外国人の流れをくんでいるか調べたいです。 この場合、どのような手段を取ればいいのでしょうか? 自分の本籍地で戸籍謄本 全部証... A ベストアンサー ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで韓国併合政策により在日朝鮮人はもとより、朝鮮半島にいる朝鮮人まですべて大日本帝国臣民扱いで法律上、外国籍ではなかった(両者とも本籍は半島にある)。 昭和20年の終戦を迎え在日の多くは半島に帰国しましたが、日本に残ったり、また朝鮮から戻ってくる人達もおりました。 明治時代から昭和26年までの間に朝鮮より日本へ渡って来た朝鮮人達は昭和27年にそれまであった日本の国籍を失って正式に外国籍となる。 そして、在日朝鮮人の日本国への帰化が始まったのも昭和27年。 古来からの日本人家系なら苗字漢字に制限なく明治時代からの苗字漢字を継続できます。 在日朝鮮人の帰化が昭和27年に始まり、名前の漢字制限(上記)は昭和23年に始まってますから、朝鮮籍、韓国籍から日本に帰化した者は旧字体漢字で帰化するチャンスがなかったんです。 簡単な調べ方としては『住民票』での苗字名前漢字が旧字体で表記されてるなら明治時代からの日本人家系。 新字体ならば、 「戦前の家系状況が分かる戸籍みせて」と役所に言ってみること。 戦前の家系状況が記されていて朝鮮人を思わせる記述がなければ日本人。 戦前の家系状況が分かる戸籍を見せてくれない場合や戦前の戸籍が日本以外にある場合は帰化人だと判断できます。 戸籍取得方法は先に回答されてる方法をやるといいでしょう。 ただ、例え純粋な日本人でなかったとしても質問者さんが日本が大好きで在日の方々のように反日感情を露わにされるのが不快に感じるなら、心はちゃんと日本人ですよ。 …私も可能性はあるかもしれないんで経済的に余裕が出来れば戸籍を追ってみたいです。 以上、参考程度に ・コリア系の帰化人には 『沢=澤・浜=濱・斎、斉=齋、齊・辺=邊、邉・薮=籔、藪・塩=[旧字、パソコンでは出てこない…]など』の旧字体漢字が使用できません。 『渕、蔦 、[旧字体](高)など』も使用できません。 朝鮮人の方々が日本に渡って来だしたのは明治43年頃の韓国併合のときから(鎖国解除後の42年までの間はせいぜい年に0~20人程度)。 明治43年から太平洋戦争が終わるまで... Q 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 暗算とまではいかなくても計算機 ケータイにもその機能はありますし があればいいので、どういう計算式でその%オフされた数字を出すのか教えて下さい。 05」で出ますよね。 なぜ、1. 05をかけるのかわからないのです。 本当にお恥ずかしいのですが、どうか教えてください。 まったくわからないので、出来る限り丁寧で細かい説明をして頂けると本当に助かります。 よろしくお願いいたします。 本当にお恥ずかしいのですが、パーセントの計算方法を教えて下さい。 お店のバーゲンセールなどでよく「50%オフ」「45%オフ」といった表示を見ます。 50%は半分ということは「感覚」でわかるので、定価が2000円ならその50%オフは1000円ですし、1500円なら750円と計算が出来ます。 ですが、たとえば75%オフだとか、44%オフだとか、80%オフだとか、そういう中途半端? な数の場合、さっぱりわからないのです。 A ベストアンサー 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場合ですが、「オフ」=値引きです。 つまり、1000円の30%分を値引きします、ということですよね。 だから、元の値段1000円から1000円の30%分である300円を引いた 残りである700円が答えです。 でもそれを計算するのは面倒なので、ちょっとテクニックがあります。 30%オフということは、元の値段の70%分を求めればよいと考えます。 つまり、1000円の70%なので700円、となります。 %で表現する場合はこれに100を掛けます。 最後、消費税。 前述のオフとは逆で、消費税5%分を上乗せする、と考えます。 これが基本ですが、先程のオフの計算のテクニックと同じ考え方が適用できます。 5%上乗せした額ってことは、元の値段の105%分を求めればよいと考えます。 おまけ。 暗算を早くするためのテクニック初級編として3つだけ書いておきます。 1.計算式に掛け算と割り算しかない場合、もしくは足し算と引き算しかない場合、 順番を無視しても答えは一緒です。 これならすぐに暗算できますね。 2.割り算の場合、前後の数字に同じ値を掛け算しても答えは一緒です。 3.掛け算の場合、前後の数字を分解して細かく掛け算しても答えは一緒です。 これなら暗算できそうですよね。 丁寧で細かい説明が希望とのことなので、ちょっと長くなりますが書いてみます。 数学的には無駄の多い説明ですが、分かりやすく説明したつもりですので読んでみてください。 1000円の50%は500円、30%は300円であることは分かりますね? これは以下計算をしていることになります。 次、1000円の30%オフって場... A ベストアンサー こんにちは。 あなたの質問のタイトルに思わず拝見せずにはいられませんでした。 長文になります、お時間のある時に読んでみてくださいね。 1年前、本当に最近ですね。 どうしていいかわからなくて当然だと思います。 勝手ながら、自分の話をさせてください。 私も、決して忘れることのできない人がいます。 彼を亡くして、この冬で16年になりますが、 未だにこの季節になると、彼の面影や当時のことを、街中に探してしまう自分に気づきます。 初めの一年は本当に、彼の死すら現実味が湧かず、どこか夢の中の事のようで、 悲しみや喪失感に向き合うことからすら逃げていました。 彼との別れから10年後に、「亡くなった彼を忘れられない君を受け入れる」と告白してくれた友人と恋人として付き合いましたが、結局自分の中でどこかに彼を重ねたり探したりしていることに耐えられなくなり、お別れしたり。。。 やはり、愛する気持ちのまま、存在ごと失ってしまった人は、永遠になるのだと思うんです。 彼は、物理的にはもう存在しないし、会うことも叶わないけれど、 自分の記憶や心の中には永遠に存在し続ける。 ただ、最近思ったことは、心の中の彼は永遠に16年前の彼のままで、彼を思う「私」も16年前のまま。 そこには決して時が流れないんです。 私の肉体は、あれから16年の年月を生きて、社会的なステータスも、外見も変化しているというのに。 だからふと、彼のことは永遠にこのまま、16年前の私自身の一部として抱き続けて、 私は私の「この先」を生きたらいいのではないか、と思ったんです。 来年、私は、彼ではない人と結婚します。 それも、彼とは全く違うタイプの人と。 それまでに彼を忘れるわけもないし、彼を今も大切な人だったと思っていますが、 16年前の私が、そしてその後の16年間私が彼に感じていたような愛情を、 今その人に対して持っています。 それは、私がこんなにも長い年月をかけて引きずってきた後ろ向きでかつ絶対的な愛情を、 過去の自分に任せる決心がついたからではないかなと考えています。 完全に、忘れることなんでできません。 同じように愛することも、また、同じ何かを他の人に求めることもできない。 かつて彼が贈ると約束してくれた物を婚約者がくれようとしたとき、思わず拒否すらしてしまいました。 それでも、今生きている私は、16年前の彼よりも、今隣にいる婚約者を愛せています。 何年かかるかわからないけれど、いつかあなたも、彼に対する愛情を過去のあなたに任せて、 今を生きるあなたが愛したいと思える人を愛せるようになると思います。 それまでは焦らないで、思う存分悲しんでください。 悲しいだけ、あなたは彼を愛して、彼に愛されていたということなのですから。 亡くなった彼に頼ってもいいと思います。 彼には、いつでも会えますよ。 寂しいとき、悲しいとき、嬉しいときでも、ただ想えばいいだけだから。 そうしていつか、彼に愛された事を自分の命に刻んで、幸せになって下さい。 こんにちは。 あなたの質問のタイトルに思わず拝見せずにはいられませんでした。 長文になります、お時間のある時に読んでみてくださいね。 1年前、本当に最近ですね。 どうしていいかわからなくて当然だと思います。 勝手ながら、自分の話をさせてください。 私も、決して忘れることのできない人がいます。 彼を亡くして、この冬で16年になりますが、 未だにこの季節になると、彼の面影や当時のことを、街中に探してしまう自分に気づきます。 初めの一年は本当に、彼の死すら現実味が湧かず、どこか夢の中の事... Q 第三者の意見が欲しいです。 よろしくお願いします。 遠距離で付き合ってる彼女がいるのですが、昨日その彼女から衝撃な真実を聞かされました。 正直それを聞いた時は、頭をハンマーで叩かれた様な衝撃を受けて頭が真っ白になりました。 凄く胸が苦しくて、少しでも色んな人に聞いて欲しいです。 それは3年前ぐらいの話しで、結婚まで約束してた彼氏さんを事故で亡くしたそうなのです。 それが相当ショックだったみたいで・・・それ以降外に出るとパニック症状が出たり、鬱になったりするそうなんです。 今でも、その人のことを思ってるらしいのですが正直複雑な気持ちでいっぱいです。 俺はそういう経験はまずしたことがないので分かってあげることも出来ません。 そのことを伝え終わった後、最後に 「私は一生思い続けてる人がいるけど、それでも好きだから私と一緒にいるって思ってくれるなら、このまま付き合ってて。 でもそれが出来ないなら別れて。 」っと言われました。 俺は別れないっと言いました。 彼女のことが大好きだから、別れるなんて考えられないんです・・・・・。 でも、亡くした元彼さんの記憶は凄く美化されるだろうし、たまに思い出して泣いたりもすると思います。 そう考えると胸が痛くて・・・。 もともと、自分は恋愛はあまりしたことがないので、どうすればいいのか分かりません。 凄く難しいです。 同じ経験されてる方がいましたら、回答お願いします。 第三者の意見が欲しいです。 よろしくお願いします。 遠距離で付き合ってる彼女がいるのですが、昨日その彼女から衝撃な真実を聞かされました。 正直それを聞いた時は、頭をハンマーで叩かれた様な衝撃を受けて頭が真っ白になりました。 凄く胸が苦しくて、少しでも色んな人に聞いて欲しいです。 それは3年前ぐらいの話しで、結婚まで約束してた彼氏さんを事故で亡くしたそうなのです。 それが相当ショックだったみたいで・・・それ以降外に出るとパニック症状が出たり、鬱になったりするそうなんです。 A ベストアンサー 質問者様と同じ立場を経験した者です。 でもそれが出来ないなら別れて。 」 僕の彼女も同じ事を言いましたが、3年が過ぎようとしている今、やっと心からの 笑顔を見せてくれるようになりました。 ここまで来るには苦しい思いをしましたが、 彼女を愛していたので、別れようとか諦めようとか思った事は一度も無かったです。 彼女は離婚後に知り合って婚約していた男性を交通事故で亡くしています。 事故が起きた数日後、僕は彼女に出会いました。 その人が好きだった曲、一緒に行った場所、食べ物、 どこへ行っても何をしても日常のどのシーンでも僕達は二人きりにはなれず、 常にその人が付いてくるわけです。 抱き合っている最中にその彼の名前を 呼ばれた事もあります。 僕の腕の中でその人の名を呼びながら泣くんです。 それが悔しくて涙が出ました。 僕にできるのは彼女の傷が癒えるのを 待つ事と耐える事しか無いから。 しかも無期限に、です。 悩んで悩んで悩んだ挙句、僕は身代わりでも良いと思いました。 むしろ、身代わりになろうと。 そう思ったら気が楽になりました。 彼との想い出をひとつひとつ、僕が上書きしていくのだと… 亡くなった人は美化されて永遠に残りますが、生きている僕は実際に彼女を支え 愛し、力になれますから強いはずだ!そう考えるようにしました。 今も彼女は毎月一人で墓参りに行きますが、彼岸には僕も一緒に行きます。 墓をきれいにしながら「あなたが愛した人を僕が幸せにします」と誓っています。 勇気を出してください。 質問者様と同じ立場を経験した者です。 でもそれが出来ないなら別れて。 」 僕の彼女も同じ事を言いましたが、3年が過ぎようとしている今、やっと心からの 笑顔を見せてくれるようになりました。 ここまで来るには苦しい思いをしましたが、 彼女を愛していたので、別れようとか諦めようとか思った事は一度も無かったです。 彼女は離婚後に知り合って婚約していた男性を交通事故で亡...

次の

故人のお墓を探す@亡くなった人の墓地探しのテクニック

墓探し

近年話題になっている終活は、自分がどのような最期を迎えるようにするか、または自分の死後についてどのような準備をしていくかにまつわる一連の活動を指します。 そして、終活の中でも不可欠な話題の1つとして取り上げられるのが、 お墓についてどうするかということです。 中には、自分の死後に残される遺族の負担をなるべく軽くしておくために、生前のなるべく早い段階でお墓を購入しておこうという人も増えてきています。 しかし、お墓は自動車やマイホームと同様に人生で経験する買い物の中では安くない品物の部類に入ります。 そのため、お墓の購入に際してはそこにある気を付けるべき注意点についてもよく熟知しておく必要があります。 そこで今回は、 お墓の購入にまつわる注意点についていろいろと見ていきます。 この記事の中心的なポイントとして、• お墓の購入までのプロセスの中に見られる注意点とはどのようなものか?• お墓を購入するタイミングにおける注意点とはどのようなものか?• お墓の値段にまつわる注意点とは?• お墓を建てる霊園や寺院の規則とは?• お墓の立地点についてはどのような点に注意するべきか? の5点を取り上げていきます。 最後までお読みいただけると幸いです。 実際に、全国の霊園を比較してみたいという方は 「終活ねっと」のお墓探しをご利用ください。 全国の霊園を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。 費用明細も非常に明瞭で、不当な見積もりなどはありませんのでご安心ください。 一括の資料請求や電話対応も無料で可能です。 お墓を購入するとはいっても、そのためにはいろいろと決めておくべきことがあります。 ここでは、お墓を購入する前に考えておくべきポイントや、お墓の購入の際のポイントなど、 お墓の購入までのプロセスにおける注意点について見ていきましょう。 埋葬の形態を決める お墓の購入に先立って決めておくべき点としてまず挙げられるのが、自分が死後に どのような形態で埋葬されたいのか、という点です。 近年ではお墓や埋葬に関する価値観が多様化してきています。 その流れに合わせて、 埋葬の形態も伝統的なお墓への埋葬や芝生の墓地への埋葬、また納骨堂といった選択肢を選べるようになってきています。 どの選択肢もそれに必要な手続きや管理の方法、費用などが大きく異なってくるため、どのお墓の埋葬の形態を選んでも手続きや管理の方法、費用についてはきちんと決めておくことが大切です。 お墓の場所を決める お墓の場所を決めておくことも重要です。 お墓の場所についても近年では、伝統的な寺院墓地だけでなく、役所が運営する公営墓地や石材店などが運営する民営墓地、さらに永代供養できる施設などの選択肢が選べるようになってきました。 こちらに関しても、お墓を建てる際の土地代といった初期投資の金額や、建てた後に支払う管理に伴う方法や費用が異なってくるので、この点もはっきりさせておくことは重要です。 石材店を決める お墓を実際に建てるのは 石材店であるため、実際にお墓の購入の際には石材店とどのように話を進めていくかが不可欠となります。 よい石材店を選ぶポイントとしては、相談に気軽に乗ってもらえるかや、見積もりが適正なものであるか、お墓を建てるプロセスや墓石の品質、それにかかる費用などについてきちんと説明されているかなどが挙げられます。 もちろん、1つの石材店だけでなく複数の石材店を見て回り、その中からいくつか候補を絞って、最終的に 複数の石材店からどの石材店に依頼するかを決めていくことが重要です。 墓石の形を決める お墓を建てる上では 墓石の形を決めておくことも重要なことです。 というのは、墓石の形によっては、建てられる場所やそこに入れる文字、費用に関して制約を受ける場合も少なくないためです。 墓石の形に関してはそれらの注意点をきちんと理解しつつ決めていくことが大切です。 費用を調べて決める お墓を建てるうえではやはりお金、つまり費用は不可欠な条件ですので、 費用を調べて決める必要があります。 お墓にまつわる費用は、墓地や霊園で使う土地代や墓石の石材費や加工費、工事費用、そしてお墓が建った後の管理費が挙げられますが、いずれも安いものではないことに加え、立地条件や墓石の形、使われる石材などによって大きく変わってきます。 また、管理費などについてもお墓を建ててそこに埋葬された本人よりも、遺族の方が大きく関係してくるため、長期的で視点を持ってお墓を建てるための費用についてはよく調べて決めるようにしましょう。 お墓を購入するタイミングにおける注意点 お墓を購入するタイミングには、大きく分けて 生前購入と死後購入とがあります。 お墓を購入するタイミングにはどのような注意点があるのかをここでは見ていきましょう。 生前購入の場合 生前購入は、自分の死後のことも考えて、あらかじめお墓を購入しておくことです。 自分が亡くなった後になるべく負担をかけたくないという人や、老後にお墓のことで悩みたくないという人が多くなってきていることから、近年では生前にお墓を購入するという人が増えてきています。 メリットとしては、時間をかけてじっくりとお墓対策ができること、お墓のデザインなどを自由に決めることができること、節税対策になることなどが挙げられます。 メリットが多い生前購入ですが、注意点もあります。 まず、 全国すべての霊園や墓地が生前墓を受け入れているわけではないという点です。 特に公営墓地は、ご遺骨がなければ受け入れてもらえないというケースが少なくありません。 このため、生前墓を建てる際には、その墓地や霊園が受け入れているかどうかについて確認が必要となります。 そして、費用面でも負担を強いられるという点です。 たとえ生前であっても、お墓を持っているということで管理費やそのほかのメンテナンスのための費用が発生してきます。 そのため、生前購入をする際は以上のことも考慮に入れることが大切です。 死後購入の場合 死後購入は文字通り、家族や親族の誰かが亡くなった時点でお墓を建てることを指します。 生前購入の場合に比べて、墓地・霊園で受け入れてもらえる場所が多いことや(特に公営墓地)、状況によっては生前購入に比べて費用を安く抑えられる場合もあることがメリットとして挙げられます。 逆に注意点としては、まず 故人のご遺族の方の負担が増すという点です。 ただでさえ、故人が亡くなった精神的な負担も大きいのに、故人をなるべく早くお墓に納骨するためにお墓探しを始めても、早くて半年ほどの時間が必要です。 それに加えて、お墓の購入という経済的な負担もあります。 そして、お墓を購入するための費用が相続税の対象とされ、 余計な負担がかかるという点も注意点として挙げられます。 お墓の値段に関する注意点 お墓を購入するうえで最も気になる点として挙げられるのは、その費用ではないでしょうか。 ここではお墓の値段についてどのように決まってくるか、また お墓の値段に関する注意点について見ていきます。 墓石の値段 墓石にまつわる値段は大きく分けて、墓石を作るための石材費や、石材の加工費用、そして墓石を建てるための工事費用があります。 このうち、大きな要素を占めてくるのが石材費とその加工費用です。 お墓の石材費は文字通りお墓の材料となる石材にかかってくる費用のことです。 お墓の石材といってもその種類は国産と外国産を含めると100種類以上あり、基本的には外国産の方が安いといわれています。 しかし、外国産の石材でも国産のもの以上に高い場合があるため、外国産をおすすめできるかといえば一概にそうともいえません。 このため、どの石材を使うかは石材店とよく相談しておいた方がよいでしょう。 次に、 お墓の加工費についてですが、墓石のデザインが簡素であるか複雑であるかによって値段も大きく変わってきます。 もちろんのこと、複雑な方が値段が高くなる傾向にあります。 さらに使われる石材の量も多くなるほど、比例して値段が高くなります。 お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。 国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。 土地の値段 お墓は土地がなければ建てることができません。 そこで、土地を建てるには霊園や墓地から敷地の使用権を買う必要が出てきます。 土地にかかる値段であるため、その墓地や霊園の立地する地域の地価が大きく反映されてきます。 このため、都市部であるほど高く、一方で地方へ行くほど安くなる傾向にあります。 また、お墓を建てる敷地の広さや、敷地のある墓地や霊園の種類によっても費用は大きく変わってくるため、こちらも検討すべき課題といえます。 敷地の広さに関しては、お墓を建てるのに必要な石材の量や工事費用とも関係してくるため重要です。 なお、墓地や霊園の敷地でも人気のあるものは早めに売約が成立してしまうため、人気がある墓地や霊園を利用したいのであれば 早い段階で動くことが大切です。 管理費 めでたくお墓が建った後も 管理費が発生してきます。 管理費に関しては、墓地や霊園の種類によって大きく異なってきます。 公営墓地の方が比較的安く設定(4000円から1万円)されており、民営墓地でも高いところは1万5000円ほどになる場合もあります。 また、寺院墓地でも管理している寺院が由緒正しいところは高くなる場合もあります。 このように管理費に関しては墓地の種類から検討していくことが重要です。 お墓や墓石の費用相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。 お墓を建てる場所の立地条件は、家族が供養していくことやお墓そのものが災害に巻き込まれないようにすることなどを考えても大切な問題といえます。 ここでは お墓の立地条件についてどのような点に注意すればよいのかを見ていきましょう。 家族が訪れやすい場所にすることが大切 お墓の建つ場所はやはり ご家族の方が訪れやすい場所にすることが大切です。 ご家族の方が訪れやすい場所にある場合は、「駅や高速のインターチェンジから来やすい」「駐車場も近くてお参りしやすい」「周りが静か」といったアクセスや周辺環境の良いところに立地していることが重要な条件となります。 逆に、家族が来にくい場所としては、「坂道が多い」「お墓が山の上にある」「周りが騒がしい」といったような負担を強いられかねないところが挙げられます。 お墓の立地に関しては家族にとっての アクセスの良さをよく考えておくことが不可欠です。 災害などの心配はないか 地震や台風など自然災害の多い日本では、いつ大規模な災害に襲われるかがわかりません。 石材でできている以上、お墓も災害の影響で壊れたり破損したりする場合もあります。 このため故人の眠る場所であるお墓を守るためにも、 災害への安全対策がしっかりされていること、墓地や霊園の立地の地盤が安定していること、大雨が降っても水はけがよいかなどが検討すべき課題です。 お墓の購入時の注意点まとめ• お墓の購入までのプロセスにおける注意点としては、埋葬の形態やお墓を建てる場所、実際にお墓を建てる石材店、墓石の形、そしてお墓を建てたり管理するための費用についてをよく決めておくことにある。 お墓を購入するタイミングに関する注意点としては、生前購入であればすべての墓地・霊園で受け入れられるわけではないことと、生前墓でも管理費用が発生するという点が挙げられる。 死後購入であれば、遺族にかかる負担が大きいことと、お墓を購入するための費用が相続税の対象になるという点が挙げられる。 お墓の値段にまつわる注意点としては、墓石については石材や、そこに施されるデザインの内容、さらに使われる石材の量に注意が必要である。 お墓を建てる土地については、墓地・霊園の種類や立地する地域の地価に注目する必要がある点が挙げられる。 そして、お墓が建った後の管理費については、墓地や霊園の種類が主な注意すべき点となる。 お墓を建てる霊園や寺院の定めた規則としては、宗教や宗旨との関係や、永代使用権に関する条項が主な注意項目である。 さらに、墓地や霊園独自に定めている規則やルールも確認しておくことが大切である。 お墓の立地条件としては家族が訪れやすい場所を選ぶことが大切で、そのためアクセスの良さや周辺環境の良さは欠かせない。 また、災害については地盤や水はけの良さや安全対策がされているかが欠かせない。 お墓を購入するとなると、いろいろと検討したり、お金をそろえたりと準備すべきことが多くなります。 一生の買い物の1つに挙げられているお墓を購入するからこそ、お墓を建てる本人や家族にとっても悔いのない結果になるように、お墓を購入する際の注意点はしっかりと押さえておくことが大切です。 今回「終活ねっと」では、「お墓の購入に関する注意点」について解説しましたが、他にも終活に関する記事を多数掲載していますのでそちらも参考にして見てはいかがでしょうか。 最後までお読みいただきありがとうございました。 お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ... カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の