コン セクエンス。 第2弾『ザ・コンセクエンス』/トロフィー&実績

登場人物(キャラクター)/セバスチャン・カステヤノス(Sebastian_Castellanos)

コン セクエンス

来歴・人物 身長:182cm 体重:79kg 年齢:35歳 本作の主人公である刑事。 勘や経験則を優先しがちではあるものの、優秀かつ経験豊富な刑事。 実績を上げてはいるが、事件解決のためには規則違反もいとわないため 、賞罰ともに多い。 連続失踪事件の捜査を担当していたが、上層部から不自然な中止命令を受けていた。 20代の頃は警察官として理想的なキャリアを積み、ゴールドバッジを取得し刑事になる。 そしてパートナーであるマイラ・ハンソンと結婚、一女リリーを授かった。 だが、順風満帆に思えた彼の人生は、リリーが事故に巻き込まれ、亡くなったことにより終わりを告げる。 セバスチャンは、勤務中にも酒の力に頼ることになり、周囲からの評判も失墜する。 だがその裏で、マイラは娘の死について密かに捜査を続けていた。 そして辿り付いた真実は「娘の死は事故ではなかった」ということ。 だが、彼女はあまりにも「何か」に深入りしすぎていた。 マイラは娘の死についての捜査ファイルをセバスチャンに託し、彼の前から姿を消す。 彼女に託されたファイルを元に、リリーの死因とマイラの失踪を独断で調べるセバスチャン。 しかし、強引な捜査をパートナーであるジョセフに告発され、上層部から厳重な忠告を受けることになる。 だが、彼は一人でも事件の真相を解き明かすつもりでいた。 なお、セバスチャンが冒頭で身につけているコートは、マイラからもらったもの。 しかし、悪夢のような世界=ルヴィクの世界に巻き込まれたと同時に無くしてしまい、また、彼自身もそのことに気が付いていない。 今回の殺人事件との結びつきを真っ先に疑っている。 短気な側面もある。 だが……。 自分以外が猪突猛進なときは、意外と冷静である。 刑事である自分に誇りを持っていることが伺える。 マルセロについてどう思っているかが明らかになる。 受けるジョセフの表情からも、セバスチャンを信じていることが伺える。 口では不満を言いつつも、ジョセフのためならば体を張る。 パートナーと言えども、わからないところはあるらしい。 ドライとはいえ当然の発言だが、持ち前の気質と刑事としての職業柄か、困っている人を放ってはおけない。 考察 強面のイメージがあるセバスチャンだが、においては、理想に燃える20代半ばの頃、妻にプロポーズするまでの流れ、娘が生まれる喜びなどを綴っている。 その他、彼の半生についてはを参考にしてほしい。 『ザ・コンセクエンス』のセバスチャン 本編のきっかけともなった失踪事件。 過去の記憶におけるジョセフとのやり取りにおいて、相当に無茶な捜査をおこなっていたらしいことが判明した。 ジョセフの台詞に「陰謀説だの良くわかりませんが」とあるように、端から見れば荒唐無稽な根拠で捜査をしていたと思われる。 また、新人であるキッドをチームに同行させるのではなく、トレーニングを積ませるべきだと主張するジョセフに対し、「ダメだ、彼女は一緒に行動する」と意見の食い違いを見せていた。 相棒のジョセフを疑うほどに、疑心暗鬼に囚われている。 仲間を二度と失いたくがないがないためか。 詳しくはトロフィーを参照。 『ザ・エクセキューショナー』のセバスチャン 条件を満たすことで敵として戦うことができる。 精度の高い銃撃、ブラスナックルによる強力な打撃、マイン・ボルトの設置など、多彩な攻撃を仕掛けてくる。 右はルヴィク、左の2人は妻と娘だろうか。 その雰囲気は、明らかに狩られる側ではなく狩る側のもの。 一発喰らうだけでもライフバーがごっそり持っていかれる。 容赦なく銃弾を叩き込んでくる。 迂闊に近づけば爆発の餌食になってしまう。 怪物化はしていないようだが、素直に怖い。 その他の登場人物•

次の

consequenceの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

コン セクエンス

来歴・人物 身長:182cm 体重:79kg 年齢:35歳 本作の主人公である刑事。 勘や経験則を優先しがちではあるものの、優秀かつ経験豊富な刑事。 実績を上げてはいるが、事件解決のためには規則違反もいとわないため 、賞罰ともに多い。 連続失踪事件の捜査を担当していたが、上層部から不自然な中止命令を受けていた。 20代の頃は警察官として理想的なキャリアを積み、ゴールドバッジを取得し刑事になる。 そしてパートナーであるマイラ・ハンソンと結婚、一女リリーを授かった。 だが、順風満帆に思えた彼の人生は、リリーが事故に巻き込まれ、亡くなったことにより終わりを告げる。 セバスチャンは、勤務中にも酒の力に頼ることになり、周囲からの評判も失墜する。 だがその裏で、マイラは娘の死について密かに捜査を続けていた。 そして辿り付いた真実は「娘の死は事故ではなかった」ということ。 だが、彼女はあまりにも「何か」に深入りしすぎていた。 マイラは娘の死についての捜査ファイルをセバスチャンに託し、彼の前から姿を消す。 彼女に託されたファイルを元に、リリーの死因とマイラの失踪を独断で調べるセバスチャン。 しかし、強引な捜査をパートナーであるジョセフに告発され、上層部から厳重な忠告を受けることになる。 だが、彼は一人でも事件の真相を解き明かすつもりでいた。 なお、セバスチャンが冒頭で身につけているコートは、マイラからもらったもの。 しかし、悪夢のような世界=ルヴィクの世界に巻き込まれたと同時に無くしてしまい、また、彼自身もそのことに気が付いていない。 今回の殺人事件との結びつきを真っ先に疑っている。 短気な側面もある。 だが……。 自分以外が猪突猛進なときは、意外と冷静である。 刑事である自分に誇りを持っていることが伺える。 マルセロについてどう思っているかが明らかになる。 受けるジョセフの表情からも、セバスチャンを信じていることが伺える。 口では不満を言いつつも、ジョセフのためならば体を張る。 パートナーと言えども、わからないところはあるらしい。 ドライとはいえ当然の発言だが、持ち前の気質と刑事としての職業柄か、困っている人を放ってはおけない。 考察 強面のイメージがあるセバスチャンだが、においては、理想に燃える20代半ばの頃、妻にプロポーズするまでの流れ、娘が生まれる喜びなどを綴っている。 その他、彼の半生についてはを参考にしてほしい。 『ザ・コンセクエンス』のセバスチャン 本編のきっかけともなった失踪事件。 過去の記憶におけるジョセフとのやり取りにおいて、相当に無茶な捜査をおこなっていたらしいことが判明した。 ジョセフの台詞に「陰謀説だの良くわかりませんが」とあるように、端から見れば荒唐無稽な根拠で捜査をしていたと思われる。 また、新人であるキッドをチームに同行させるのではなく、トレーニングを積ませるべきだと主張するジョセフに対し、「ダメだ、彼女は一緒に行動する」と意見の食い違いを見せていた。 相棒のジョセフを疑うほどに、疑心暗鬼に囚われている。 仲間を二度と失いたくがないがないためか。 詳しくはトロフィーを参照。 『ザ・エクセキューショナー』のセバスチャン 条件を満たすことで敵として戦うことができる。 精度の高い銃撃、ブラスナックルによる強力な打撃、マイン・ボルトの設置など、多彩な攻撃を仕掛けてくる。 右はルヴィク、左の2人は妻と娘だろうか。 その雰囲気は、明らかに狩られる側ではなく狩る側のもの。 一発喰らうだけでもライフバーがごっそり持っていかれる。 容赦なく銃弾を叩き込んでくる。 迂闊に近づけば爆発の餌食になってしまう。 怪物化はしていないようだが、素直に怖い。 その他の登場人物•

次の

第2弾『ザ・コンセクエンス』/トロフィー&実績

コン セクエンス

答えは室内、扉付近の壁をフラッシュライトで照らすことで浮かび上がる。 内側のダイヤルは動かすと外側が動き、中央のダイヤルは内側のダイヤルも動かしてしまう。 先に中央のダイヤルを操作してから、内側、外側の順にダイヤルを回して数値に合わせよう。 室内を探索する 本編サイコブレイクのセーブルームと同じ作りになっている。 まずはカウンターにいるタティアナに話しかけ、その後ろにある扉から奥へ進む。 ロッカールームや手術椅子付近のイベントを進行させて、スタート地点付近まで戻ろう。 戻ると、病室の窓から光が零れているため、1室ずつ覗いていこう。 全ての部屋を覗き終えると、カウンターの向かい側にある星のマークが露わになる。 フラッシュライトで照らし、先へ進もう。 施設を進んでいく しばらくの間施設内を進むことになる。 中央にガラス張りの機器がある部屋にはアーカイブ等は無いため、部屋に入って左側の壁にあるマークを照らし、先へ進もう。 次の部屋の途中に手認証機器があるが、電力が復旧されていないため使用することができない。 そのまま道を真っ直ぐ進み、電力復旧を目指す。 ケミカルライトを入手する イベント後、フラッシュライトを喪失することになる。 壁に点いた緑色の光に近づくと、ケミカルライトを入手することができる。 電力復旧までにケミカルライトの使用本数を10本に抑えることで、 トロフィー【手探り上手】を取得できる。 トロフィー取得を狙う場合は注意しよう。 しばらくの間、暗闇の中を歩いて進むことになる。 適時ケミカルライトを投げて道を照らし、先へ進んでいこう。 先へ進むとハシゴがある為、下に降りる。 ケミカルライトは投げた周辺を照らすことが可能。 投げられる本数に制限はないが、同時に照らすことができる本数は3本までとなっている。 敵に当てることでこちらに気づかせ、投げた場所まで誘導することも可能。 逆に敵に当たりさえしなければ、音などで反応されることはない。 また、ケミカルライトをL1ボタンで構えると射線が表示される。 射線は壁や敵に触れるとそこで途切れるため、それを利用して暗闇の中でも敵の居場所やエリアの構造を把握することができる。 電源復旧まで ハシゴを降りた後、ケミカルライトを駆使するか、構えたときに出現する射線を利用して先へ進む。 道中ある、潜り込める隙間は敵から発見された際に隠れる場所になる。 移動しながら、隙間のある個所を確認しておこう。 途中の扉は開かないので、その横にあるダクトを利用して先へ進もう。 ダクトを越えた後は、右側から奥へ進もう。 先へ進む扉の近くにはホーンテッドが1体徘徊している。 ケミカルライトで位置を確認し、気づかれないように先へ進もう。 扉を越えた後は道を進んでいくだけだが、道中1箇所落とし穴が設置されている。 常に左側の壁に沿って移動するようにしよう。 奥まで進み、レバーを降ろすと電力が復旧する。 ここまでにケミカルライトの使用を10本に抑えると、 トロフィー【手探り上手】を取得。 電源復旧後 電源復旧後、来た道を戻る。 道中、死体に刺さったオノを忘れずに入手しておこう。 戻るときも来た時と同様、ホーンテッドが徘徊している。 扉の陰に隠れ、背後からスニークキルしよう。 来た時は開かなかった扉が電力復旧によって開くようになっている。 その周囲にホーンテッドが1体追加されている。 こちらは横穴を利用して逃げるか、ケミカルライトを当てるか、声を出して別の場所に誘導しよう。 ハシゴまで逃げ切れば追ってはこないので、気づかれた場合でも走って逃げ切れる。 来た道を戻ると、手認証機器を作動させる。 扉が開くと、セーブポイントがあるので忘れずにセーブしよう。 セーブポイント後 セーブ後、階段を降りるとイベントが発生する。 部屋の右側にある箱を動かし、その先にある手認証機器を作動させて先へ進む。 イベントが終わると次の部屋に進めるようになる。 扉を出現させる 部屋を進んでいくと、椅子に座った状態のシェードがいる。 近づくと注目することができ、先へ進む扉が出現する。 シェードから逃げる 出現させた扉に近づくと、シェードが動き出す。 すぐに扉の先へ逃げ、奥まで進もう。 次の部屋に移るとチェックポイントとなる。 部屋に入り、右側に手認証機器がある。 部屋に入った直後から進めば、シェードが来るまでに機器を作動させることが可能。 手認証機器を作動させてから扉のロックが解除されるまでは、少々時間を要する。 その為、無理をして作動させるよりも、一度物陰に隠れ、シェードに気づかれないように作動させた方が安全に進める。 扉を開いた後は、そのまま奥に進みダクトまで逃げ込もう。 ダクト通過後 ダクトを出て右側に進むと、手認証機器がある。 ただし、こちらは強引に作動させようとすると、シェードから逃れることができない。 シェードが接近するまでに極力手認証機器の近くまで進み、一度シェードの動向を窺ってから機器を作動させよう。 こちらも扉が開くまで時間がかかる為、と同様の手法で時間を稼ごう。 扉が開き次第、シェードから距離を離してエレベーター内に逃げ込もう。 トロフィー トロフィー名 【手探り上手】 説明文 ケミカルライト10本以内で発電機を起動する(CH. 3) 条件 発電機を起動し、電力を復旧させるまでに使用するケミカルライトを10本以内に抑える。 方法 事前にマップを確認するか、壁沿いに沿って移動していこう。 ケミカルライトを構えたときに出現する射線を利用し、壁や敵の位置を把握するのも有効。

次の