卵 カビ。 メダカの卵の育て方と管理方法!水道水がいいの?

卵菌

卵 カビ

大切で貴重なメダカがやっと産卵してくれて、卵を育てていたところ、 メダカの卵に白いカビ(水カビ)がはえて全滅してしまったという方も多いのではないでしょうか。 今回は、 水カビを予防する方法を紹介してみます。 こちらの記事をよんでいただければ、メダカの卵の水換えがいかに大事かということもわかっていただけると思います。 (という 記事を別記事でも書いていますので、卵のカビ以外に繁殖そのもののことも 詳しくしりたい場合はそちらもご覧ください。 ) メダカの卵にカビが生える!? のコンテンツ• スポンサード 1. なぜ、卵に白カビ(水カビ)が生えるのか? それではなぜ、メダカの卵には簡単にカビが生えてしまうのでしょう。 私が考えるだけでもいくつかの原因が思い浮かびます。 一つ目は、無精卵である場合です。 当たり前ですが、受精もしていない卵はなんの抵抗力も無く白カビ(水カビ)が増える要素があればあっという間に白カビ(水カビ)にやられていまいます。 なんの抵抗力もない有機物が 他の菌類などの温床になるのは、当然ともいえる自然の摂理ですね。 次に、 有精卵であっても、水温が低かったり、日光など光が適切に届いていなくて、卵の成長速度や成長の状況が順調ではない場合もです。 順調に成長していない卵は、 もちろん白カビにやられやすくなります。 菌も取り付いて繁殖しようとしているわけですから、メダカの卵が弱っていると、当然カビの繁殖力が勝る場合もあります。 もともと、カビが生えやすい場合の環境だったということも考えられます。 メダカの卵に白カビ、水カビが生えるのは、もちろんカビが生える菌が付着して繁殖するわけなので 水が汚れていたり、一見綺麗に見える水でも菌が入っていれば、白カビは繁殖します。 簡単に3つほど原因となるものをあげてみましたが、ならどうすればメダカの卵に発生するカビを防げるのか?ということですね。 メダカの卵のカビを予防するために! なら、メダカの卵のカビを予防するためにはどうすればいいのでしょうか?答えは簡単です。 卵の育成環境にカビやカビの元となる菌を持ち込まない、カビの繁殖を 防ぐということです。 当然、ここまではわかっていただけたと思いますが、次は具体的な例をあげていきます。 水道水を使用したメダカの卵の水換えで卵のカビを防ぐ メダカが卵を産み、新鮮な卵を隔離して、しっかりカルキ抜きした水を使用したのに卵に白カビが生えるとか思っている皆さん一つ注意した方がいいことがあります。 普通メダカにしろ、金魚にしろ、熱帯魚にしろ生体を飼育する時はカルキを抜いた水を使用しますよね。 それは、殺菌のためのカルキが生体にダメージを与えてしまうからというのはお分かりだと思います。 ただ、メダカの卵を育てるということに関しては、 カルキが入っているということがプラスに働く場合もあります。 上記の説明を読んで入ればなんとなくわかると思いますが、 カルキは殺菌目的で用いられている為、 当然、水カビの菌を殺す、繁殖させにくいという効果があります。 卵の段階では、カルキ入りの水に卵をつけていたところで悪い影響はありません。 水道水で卵を雑菌やカビから守ることができるということです。 ただし、見出しで適度な水換えで卵のカビを防ぐ、と書いているのは、カルキ抜を抜いていない水道水でも 環境により差はありますが通常1日〜2日でカルキが抜けてしまう為です。 したがって水道水でカビを防ごうというのなら、 メダカの卵の水換えは1日〜2日(できれば毎日ですが、水量や環境によって変わってくるでしょう)ごとが良いということになります。 スポンサード 4. メチレンブルーで卵のカビを防ぐ メチレンブルーといえば、観賞魚の病気を治療する薬としてよく使われますが、その効果から卵を育てる時、卵を輸送する時などにもよく使われます。 卵を薬漬けにするようで 抵抗がある方もいるかもしれませんが、先ほど、カルキの抜けていない水道水で大丈夫だったのと同じように、メチレンブルーを使用してもメダカの卵は大丈夫です。 もちろん期待できる効果は殺菌です。 メチレンブルーの効果が失われていないうちは、殺菌効果が発揮されています。 光で分解されて効果がなくなってくればメチレンブルー独特の 青色が透明になってきますのでわかりやすいです。 ということで水道水より、 メダカの卵をより確実に育てるためにはメチレンブルーを使用するということもとても有効です。 下の参考動画を載せていますがこちらはメチレンブルーを使用していますね。 メダカの卵にエアレーションも予防になる? 正直にいいますと、メダカの卵に必要な酸素は水面から勝手に溶け込む程度の酸素でも十分だと思います。 それでも、メダカの卵を孵化させるのにエアレーションを した方が良いという意見があるのは、どちらかというとエアレーションにより、水流をつくり、新鮮な水を卵にぶつけたほうが良いという意味ではないでしょうか。 緩やかな水流でも水もメダカの卵も動いていれば、(水の流れが完全に静止している状態に比べると)カビがはえる確率は下がります。 そういった意味では、 エアレーションに意味はあると思います。 (ただし、産まれたての稚魚に大きな泡のでるエアレーションはおすすめできません。 もちろん、泡が弾けた時などの衝撃で 稚魚がダメージを受ける可能性があるからです) 6. 卵についている糸を取る、カビた卵を隔離する メダカは、抱卵している時、卵と卵が糸のようなものでくっついていて、水草や産卵床に卵が産み付けられた後もその糸によって水草や産卵床に付着することができています。 もちろん、これは重要なのですが、卵を人の手で採取して孵化させようという時には、この糸はゴミや雑菌を付着させるだけなので、すぐにでも取り除いてしまった方が良いです。 指の腹でころころと転がすだけでも取ることができますし、有精卵ならば、指でつまんでも簡単い潰れることはありません。 すでにカビが生えてる卵がある場合は、すぐに取り除きましょう。 カビの生えた卵を一緒に入れておけば、カビの菌ごと培養しているようなものです。 いくら元気な有精卵でもカビの菌は 伝染してしまいます。 メダカの卵にカビが生える!? :まとめ さて、長くなりましたが、今回の記事を読んでいただけるだけでも、メダカの卵をカビにやられていた人はだいぶ対策ができるようになるんじゃないかと思います。 皆さんのメダカ繁殖のお役に立てると幸いです。 最後に当店で販売している、産卵床(大分めだか日和で使っているのは後の方、先に出てくるのはGEXさんの商品です。 お好みでどうぞ)なども使用していただけるとなお幸いです 笑 ナチュラルな景観を重視したいなら、 水草に産み付けさせて採集するというのもいいですが、効率よく卵を回収したいならこういった産卵床がおすすめです。

次の

メダカが卵を産んだ!正しい孵化方法と稚魚のお世話・飼育容器・管理方法

卵 カビ

メダカの卵を孵化させる方法 水は毎日交換しよう! メダカの繁殖を行う場合は、卵と誕生する稚魚を保護するために、産卵後に採卵して隔離することが普通ですが、その後はきちんと管理しなければ、カビが生えて孵化が望めなくなってしまいます。 カビを発生させず卵を孵化させるためには、たっぷりと 酸素が溶け込んだ奇麗な水と、ある程度の水流が必要です。 そのため、基本的にはエアレーションを設置して空気を送り込み、対流が発生している環境で管理します。 当然ながら、水質維持のためには 水換えも必須で、水は 毎日交換することが理想です。 毎日の換水が困難な場合は、水量を多めに確保して管理すれば水質の悪化速度を緩和できますが、そのような環境でも2日に1回は水換えを行ってください。 卵のために器具類を用意できない時は、プリンやゼリーの空きカップなどの容器でも孵化自体は可能です。 小型容器を使用する場合は、酸素が溶け込みやすくなるように、なるべく 開口部が広いものを用いると良いでしょう。 ただし、小型容器を使用する際は、水質維持と酸素供給のために 毎日の換水は必須です。 それでもなお、エアレーションなどを使用して管理する方法よりも、 孵化率が低下してしまう点は留意しておいてください。 日光をあてよう! メダカの卵を孵化させるためには、 光量や水温も重要な要素として関与してきます。 光については、熱帯魚用のLEDライトなどでも良いですが、卵の成長を促すためには 日光を当てることが1番です。 理想的な日照時間は 13~14時間だと分かっているのですが、屋内管理でその時間を確保するのは難しいので、足りない時間は熱帯魚用のLEDライトなどで補うと良いでしょう。 水換えの時は水温が低くなり過ぎないように、日光を当てる時は水温が高くなり過ぎないように注意してください。 特に、小型容器で管理する場合は水量も少なくなり、日光を当てるとすぐに水温が上昇するので、水温計だけでも用意しておくことをおすすめします。 メダカの卵にカビが生える理由 有精卵と無精卵がある 産み付けられたメダカの卵には 有精卵と無精卵があり、適切に管理していてもカビが生えるのは無精卵です。 無精卵はいくら待っても孵化することは無く、それどころか無精卵に生えたカビが増殖し、 有精卵まで侵食することがあるので取り除いてください。 無精卵は産卵から数日以内に、白く濁ってくるので有精卵と見分けが可能です。 また、後述する 「メチレンブルー」を使用するとより簡単に見分けられます。 卵の塊はほぐそう メダカの卵には、産卵床に卵を保持させやすくするために、 「付着糸」と呼ばれる糸が付いています。 この糸が他の卵に付着したり、互いに絡むなどして卵塊の状態になることがありますが、卵同士がくっついて塊になっていた場合は、ほぐしてバラバラにしてください。 なぜなら、塊になった状態だと通水性が悪くなるなどして、 カビが生えやすくなってしまうからです。 また、付着糸が付いたままだとゴミや雑菌などもくっつきやすくなるので、なるべくならガーゼの上で卵を転がすなどして、付着糸も取り除いておくと良いです。 受精卵はある程度の強度があるので、乱暴に扱わなければ簡単には潰れません。 メダカの卵のカビ対策 水道水をそのまま使用する 水道水には殺菌・消毒のために、 カルキ(塩素)が含まれています。 そのため、カルキ抜きしていない水道水をそのまま使用すれば、カビや雑菌の発生を抑制することが可能です。 卵への害を心配に思われるかもしれませんが、卵の状態であれば 耐性があるので問題は生じません。 ただ、カルキは放っておくと1日程度で抜けてしまうので、毎日水換えをする必要があります。 当然ながら、カルキは生まれた直後の 稚魚には毒になるので、孵化の時が近づいてきたら親魚が入っている容器の、カルキが抜けている水と交換しておいてください。 メチレンブルーを使用する カビの発生を確実に防止したいのであれば、魚病薬の1つである 「メチレンブルー」を使用すると良いです。 メチレンブルーは主に細菌性感染症の治療に用いられる薬剤で、水カビ病の治療によく使用されています。 同薬剤には 無精卵の染色効果もあるので、有精卵との見分けが容易になる利点もあります。 ただし、メチレンブルーの濃度が高すぎると、有精卵まで染色してしまうため注意してください。 また、同薬剤は 日光が当たると分解・失活してしまうので、孵化するまでは再添加する必要があります。 メチレンブルーを使用する場合も、孵化前には親魚を管理している水と交換しておいてください。 メダカの稚魚が孵化したら 飼育容器や水流に注意! 小型容器で孵化させた稚魚は、大きめの飼育容器に周囲の水ごと掬って移動させましょう。 孵化すると残った卵の殻などの影響で 水質の悪化が早くなるため、稚魚を保護する必要があります。 また、誕生直後の稚魚は 遊泳力をほとんど持たないので、フィルターなどを設置すると吸い込まれて死んでしまいます。 そのため、フィルターは設置せずに、ある程度の水量を確保して水質悪化の影響を緩和することがポイントです。 微生物で餓死を防ごう メダカの稚魚の死因に多いのが 餓死です。 誕生直後の稚魚はかなり小さいため、親魚が口にしているような餌は大きすぎて食べられないのです。 よって、稚魚が口にできるような微細な餌を用意する必要があります。 稚魚用の餌としては 「インフゾリアの素」や 「微生物の素」など、プランクトン系のものがおすすめです。 中でも 「ゾウリムシ」はメダカの稚魚の育成によく用いられており、培養している愛好家もいます。 ゾウリムシを増殖させる時はゾウリムシ用の餌が必要ですが、それは親魚が普段食べているものを与えても問題ありません。 また、植物プランクトンが豊富な 「グリーンウォーター」での飼育も、稚魚の生残性の向上に効果的です。 他には、稚魚用にパウダー状に加工された人工飼料もあるので、それを用いても良いでしょう。 まとめ:メダカが卵を産んだ!正しい孵化方法と稚魚のお世話・飼育容器・管理方法 メダカの卵を孵化させる時は、カビの発生に注意してください。 カビは無精卵が有ったり通水性が悪くなっていると発生しやすくなるので、適度に水流を発生させるとともに、カビが生えてしまった卵は速やかに除去してください。 それに加え、水質・水温・日照時間などが適切な状態になるよう、環境を管理することが重要です。 また、生まれた稚魚はかなり小さく、口に入らないものは食べられないので、微細な餌を用意しておく必要があります。 おすすめはゾウリムシなどのプランクトン類で、グリーンウォーターでの飼育も一般的です。 繁殖ができると飼育の楽しみ方の幅が広がるので、ぜひメダカの繁殖に挑戦してみてください。

次の

メダカの卵にカビ?卵を上手に孵化させる方法と時期は?

卵 カビ

メダカは春から秋にかけて大量の卵を毎日を産卵する事になりますので、管理者がメダカを増やしたい場合は意図的にシュロ等を使って卵を水槽から隔離することになるんですけど、隔離しないといけない理由は親メダカが卵を全て食べてしまうからです。 メダカの卵を隔離して、しばらくすると卵の中に稚魚の目玉が2個ハッキリとみえるようになりますので、もうそろそろ産卵するだろうと安心をしているといつの間にかメダカの卵に白カビが発生してしまい、いつの間にか卵が腐ってしまう事があります。 やっと孵化すると思って楽しみにしていたら、メダカの卵に白カビが沢山発生してしまい、風の谷のナウシカに出てきた胞子のような白いモノが水槽内に沢山発生しているとそれだけでも飼育が嫌になってしまいますし、何度もこれが発生すると疲れます。 孵化寸前の目玉が見えるメダカの卵がカビになる原因と対策。 メダカの卵に白いカビが発生する原因は色々在るんですけど、その殆どが水温が低すぎることや水質が悪化していることなどになりますから、水温の管理と水質の管理を徹底していれば次第に発生しなくなるんですけど、一定割合で必ず発生してしまいます。 例えば冬場の寒い時であれば、水槽に取り付けているサテライトにメダカの卵を隔離していると、本水槽の水温が26度であっても、サテライトを循環する水の水温はそれよりもかなり低くなっていることがあり、その場合は殆どの卵がカビて腐ります。 水槽の水の悪化については、サテライトを取り付けている本水槽にエーハイム2213等を取り付けていれば普通は白カビが何度も発生することはありませんので、本水槽のろ過フィルターをパワーアップして濾過能力を高める方法で白カビを解決できます。 親メダカは大丈夫でもメダカの卵が耐えられない状態に水質悪化? その環境で育っている親メダカは結構強い耐性があり、余程の事情がない限りは簡単には死なない状態になっていますので、ついつい油断してしまいがちなんですが、卵の時はよくても孵化する寸前になった時は水質が悪いとあっという間に白カビまみれです。 ですから、親メダカ達が元気に泳いでいると言っても、水温が適温の28度位になっている状態で、何度も白カビが発生してしまうような状況であれば、水槽内の水が悪化してしまっている恐れがありますので、ろ過フィルターをすぐに見直すことになります。 ろ過フィルターの追加ができない場合は、新規で水槽を用意しておき、その中でメダカの卵を孵化させることになるのですが、夏場でしたら水槽用のヒーターも必要ありませんし、屋外の水槽でも簡単に孵化できても寒い冬場は簡単には実現ができません やはり、メダカの卵に白カビを発生させない状態で安定して孵化させる為には、本水槽の水が安定して濾過されている事が絶対条件になりますので、ろ過フィルターを追加してよりメダカが過ごしやすい水槽環境を作ったほうが長期的にも安定しますね。

次の