有楽町 線 延伸。 地下鉄8・11号線の延伸|江東区

有楽町線(豊洲―住吉間)延伸論 再熱 今後の問題は費用分担|マンション経営.東京

有楽町 線 延伸

豊洲には東京メトロ有楽町線と新交通ゆりかもめが通っていて、有楽町線なら有楽町駅からわずか4駅(所要時間7分)と非常にアクセスが便利な街です。 この有楽町線は「東京8号線」と呼ばれ、和光市駅(埼玉県和光市)から新木場駅(東京都江東区)まで24駅を結び、運行されています。 豊洲駅を利用した経験がある人は不思議に感じたかもしれないのですが、駅のホームが2つの島に分かれていて、1〜4番線まであるんですよね。 実は、豊洲駅を分岐点とし、この東京8号線が住吉や亀有方面とつながる 8号線延伸計画が今まさに熱いことになっているんです! (すでに知っている方もいらっしゃると思いますが、まったく知らない人向けにこの記事を書いています) 江東区の縦(南北)の移動を楽にする地下鉄延伸 江東区議会議員・西垣誠氏が2017年7月9日に開催した区政報告会のなかで解説した内容によると、区では取り組むべきであるとし、かなり優先度の高い事項として取り扱っているんだそうです。 区がどれほど力を入れているのかというと、この延伸工事に向けてすでに合計50億円もの建設基金を積み立てているほど。 ただ、想定される建設費は1420億円。 ぜんぜん足りません。 工期は約6年を想定していて、もしスムーズに延伸が決定したとしたら完成は2030年くらいになるのではないかとおっしゃっていました。 では、東京8号線が延伸し、豊洲と住吉がつながるとどんなメリットがあるのか。 具体的には住吉からすぐ隣の錦糸町と豊洲が約16分で移動できるようになったり、東陽町〜豊洲のアクセスが良くなり、豊洲からゆりかもめに乗り換えることでお台場方面へ遊びに行きやすくなったりと、良いことだらけ。 これにより観光収入や商店街の利用が向上することも見込まれています。 個人的には門前仲町や東陽町に行きやすくなったら嬉しいな〜と思っています。 また、豊洲のすぐ隣駅として、塩浜や枝川(ST1)あたりに駅ができるかもしれないとのこと。 周辺にお住まいの方々は実現したらめっちゃ嬉しいでしょうね! と、区政報告会のなかから地下鉄の延伸について触れられていた点をピックアップしてみました。 そのほかの報告については箇条書きでご紹介したいと思います。 東京オリンピック・パラリンピック関連 「辰巳の国際競技場(アクアティクスセンター)」 ・・・年間100回の競技開催を誘致しようと計画。 来場者目標100万人。 ただ、年間収支は年6. 4億円のマイナス。 今後はネーミングライツや企業広告による収益、空調効率化や稼働率向上で収益向上を図る。 辰巳駅や潮見駅から会場への導線をどうするか考えているところ。 「海の森水上競技場」 ・・・波をシャットアウトしてここで競技できる。 宿泊施設やバスなど人の移動が課題。 年35万人の来場者目標。 収支は年間1. 6億円のマイナス。 「有明アリーナ」 ・・・年間10大会、そのほかエンタメ利用を想定。 付近には仮設の有明体操競技場もできる。 年間来場者目標は140万人。 収支は年間3. 6億円のプラスを想定。 「葛西臨海公園」 ・・・カヌー・スラローム会場では年間7の大会の誘致を想定。 水難救助の訓練所としても活用。 年間来場者目標は10万人。 収支は年間1. 9億円のマイナスを見込む。 「大井ホッケー競技場(大田区)」 ・・・年間23大会。 サッカーやアメフトなど。 スポーツリクリエーションの拠点に。 年間来場者20万人を想定。 9億円のマイナスを想定。 「アーチェリー会場」 ・・・では年間20大会を想定。 ほぼ芝生なので都民の憩いの場として青空ヨガ教室などの利用を想定。 年間来場者目標は3. 3万人。 年間収支は0. 12億円のマイナス。 中央防波堤埋立地 江東区と大田区による中央防波堤埋立地の帰属問題。 ここの埋め立てを行うために通行したゴミにより、ハエやゴミ問題に悩まされてきた江東区。 一方の大田区は海苔の養殖をここでやっていた。 両区が都に申請したため、2017年10月ぐらいに都から調停案が出る予定。 ただ、中央防波堤埋立地が区の土地になったとしてもここで発生した税収は都に一旦入ってから区へ配分されるので、区としては金銭的な利益になるかどうかは考慮しておらず、金儲けの視点で帰属を訴えているわけではない。 豊洲市場について 市場の移転は早くて2018年5月と言われている。 「豊洲ぐるり公園」は2017年7月7日に部分オープンしたが、市場移転前に全面オープンしたい。 なお、この日の区政報告会には先日の都議会議員選挙に出馬した江東区議会議員の高橋めぐみ氏も訪れ、参加者に挨拶とお礼を延べていました。 豊洲西小学校 五輪のブラジルバレーボールチームが2020年7月11日〜8月9日まで練習のために豊洲西小を使用する予定。 チームは住民や児童との交流も。 セアカゴケグモは見つけたら駆除して、区に連絡を セアカゴケグモが2017年4月に東京ビッグサイトで発見された。 見つけたら、踏んだり、殺虫剤での駆除と、区への連絡をお願いしてる。 強い毒性がある。 空き家や木造住宅の調査を今年度から実施。 区では現時点で390戸の空き家を把握してる。 中学校について 江東区では区内の中学校を好きに選べる制度を取り入れているが、全体の約3割の生徒は地元以外の中学校に通ってる。 やりたい部活の有無が学校選びを左右している現状。 深川第五中学校(豊洲)は都内でもトップクラスの学力だが、教室がほぼ満室の状態になっている。 認知症サポーター 路上で見かけた認知症の人に向かって話かけ、助けてあげようという志のある人はオレンジ色のアームバンドをしている。 これがサポーターの証になっている(西垣氏が腕に着けているのが認知症サポーターのアームバンド)。 このほかにもたくさんの報告があり、メモしきれなかった部分につきましては大変申し訳なく思っています。 ということで、ざっとまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。 なにか皆さんの参考になれば幸いです。 西垣誠氏による次回の区政報告会(豊洲会場)の開催は2017年11月19日(日)とのことです。

次の

建設濃厚な東京メトロ「豊住線」 新駅予定地など現地の様子を見てきた いつ開業するかが待ち遠しい

有楽町 線 延伸

tags: , , , , , 東京臨海部に位置する東京メトロ有楽町線の豊洲駅と半蔵門線の住吉駅を結ぶ新線が計画されています。 実際に開業したらどのようなダイヤで運転されるでしょうか? 今ある資料をもとにダイヤを組んでみました。 東武線の野田市まで延伸計画が盛り込まれるものの 近年、大規模開発や「東京2020大会」などで盛り上がりを見せる東京臨海部。 以前、このエリアの交通プロジェクトとして東京BRTについてご紹介しましたが、バスだけではなく鉄道の建設計画もあります。 今回はその計画をいつもながら予想ダイヤを交えながら紹介します。 有楽町線豊洲駅は、新木場方面ホームと和光市方面ホームとの間に住吉方面への線路のスペースが用意され、一時期に両ホームを結ぶ仮設の渡り板が敷かれていた(2011年8月、草町義和撮影)。 現在東京臨海部エリアで進む鉄道計画が、東京8号線(地下鉄8号線)の延伸計画です。 これは地下鉄有楽町線の延伸線と位置づけられており、江東区の豊洲駅と住吉駅の間を結びます。 はじめにこの区間が具体的な建設計画として出てきたのは、1972(昭和47)年の「都市交通審議会答申第15号」です。 この答申の中で「東京8号線」として地下鉄有楽町線に準じる区間と豊洲~住吉~押上~亀有の建設が盛り込まれました。 その後、平行する区間を持つ物として、1985(昭和60)年の運輸政策審議会の答申で東京11号線(地下鉄11号線、現在の地下鉄半蔵門線)も扇橋(現在の地下鉄半蔵門線清澄白河と住吉の間)を終点とする計画に錦糸町、押上、四ツ木、金町を経由して松戸へ向かう路線の建設が盛り込まれました。 また、東京8号線も亀有以北の武蔵野線方面の延伸を検討するということになりました。 これをうけて東京8号線と東京11号線双方の延伸計画の推進を求める運動が1980年代後半から2000(平成12)年頃まで続きます。 都営バスが多く発着する錦糸町駅南口(2019年3月、鳴海 侑撮影)。 その中では東京8号線を亀有からさらに野田市、果ては茨城県までの延伸を求める声もあがり、野田市はかなり熱心な鉄道誘致活動をおこなっていたようです。 2000年の運輸政策審議会の答申でも東京8号線の野田市までの延伸が盛り込まれました。 しかし、その後の具体的な活動はなくなっています。 一方で、具体的な地下鉄建設は1993(平成5)年から動き始めます。 バブル経済崩壊に伴い景気の低迷を受け、4月に政府から「総合経済対策」が示され、その中に地下鉄半蔵門線の水天宮前~押上間の延伸が含まれたのです。 主な目的は、地下鉄日比谷線と地下鉄千代田線の混雑緩和でした。 そして地下鉄の建設と運行を行う帝都高速度交通営団(現:東京メトロ)が水天宮前~押上間の免許を取得し、12月に着工、2003(平成15)年3月に開業します。

次の

豊洲〜住吉、地下鉄8号線の延伸で新駅はどこにできる? [2017年7月 区政報告会レポート]

有楽町 線 延伸

東京都 江東区 地下鉄 有楽町線 延伸 豊洲駅 と 半蔵門線 住吉駅 直結 東京都江東区の東京メトロ(東京地下鉄株式会社)有楽町線の延伸、有楽町線の豊洲駅と東京メトロ半蔵門線の住吉駅とを結ぶ路線の整備計画について、東京都江東区では、開業から 30年以内に累積資金の収支を黒字に転換できることが確認できたとして、2025年度開業(事業着手から 10年後)を目指し、 2013年度中に国や東京都などと事業化に向けた協議を進める方針を確認しました 江東区が想定している 有楽町線の延伸ルート 「 」 より 東京都は 2018年6月、江東区内の豊洲~住吉間 5. 2km(建設キロは 4. 8km)を結ぶ有楽町線の「支線」について、2018年度中にも事業計画を取りまとめる方針を固めました 東京都 江東区の地下鉄 有楽町線 延伸計画は、都市鉄道等利便増進法に基づく事業として、整備主体と営業主体を分けて整備する方法で検討されており、江東区などが出資する第三セクターが豊洲駅と住吉駅とを結ぶ路線を整備、東京メトロが使用料を支払って営業する上下分離方式を想定しています 都市鉄道等利便増進法に基づく事業として、国に認定されれば、整備費用の 3分の 1以内の補助を受けることができますが、認定には、累積資金の収支を 20~30年程度で黒字に転換できる計画が必要となります また、 国から都市鉄道利便増進事業として補助が認められた場合、残る整備費用の半分は、東京都や江東区などの自治体が負担、半分は第三セクターの借り入れなどで賄われます 「 」 より 江東区では、2012年度に「地下鉄8号線(豊洲~住吉間)事業化検討委員会」(委員長:東京理科大学工学部土木工学科の内山久雄嘱託教授)を設置、需要の予測や整備効果の調査などとともに、受益者負担の原則に則って収支を予測しています 豊洲駅から東京地下鉄東西線の東陽町駅を経由、住吉駅に至る延長 約 5. 2kmの路線を想定、豊洲駅と東陽町駅の間と東陽町駅と住吉駅の間には、それぞれ新駅が設置されます 「 」 より 半蔵門線の住吉駅は、上下線で別構造のトンネルになっていますので、住吉駅と直近の新駅までは 単線のシールドトンネル2本で、この新駅から豊洲駅の手前までは 複線のシールドトンネル1本で、豊洲駅付近と 2ヶ所の新駅は開削工法でそれぞれ構築します 試算では、既存の豊洲駅の改良費用などを含め、建設費は、概算 約 1260億円、新たな路線の利用者に、加算金として 最大で 70円の負担を求めることにより、開業から 29年で収支を黒字に転換できるとの結果が得られています ただし、豊洲駅と住吉駅間の運賃は、現在、大手町駅を経由するルートで 190円となっていますが、試算では、新しい路線を利用すると走行距離が短くなるので、距離に応じた運賃は 160円、江東区によれば、利用者の負担は、この運賃に 70円加算、230円となり、現行の運賃との差が最大で 40円になります 最大 70円の加算金負担を利用者に求めた場合、豊洲駅と住吉駅との間の輸送人員は、2025年時点で 1日当たり 約 24万人になると予測されています 有楽町線豊洲駅を出ると新交通システム「ゆりかもめ」に接続できる 江東区が示す概略図では新駅の1つは枝川に設置するとみられる 写真は首都高速道路会社の9号深川線の枝川出口 写真の右下が東西線東陽町駅の出入り口 出入り口の左の道路は都道465号線 江東区千石付近の様子 東陽町駅と住吉駅は、いずれも都道465号線に面して出入り口を設けており、同道の直下に地下鉄を整備した場合、中間駅の1つは千石付近になるとみられる 東京スカイツリーが望める都道465号線の住吉2丁目交差点 住吉駅の出入り口は同交差点に面している 半蔵門線住吉駅のホーム 中央林間方面行きと押上方面行きは、それぞれ別の階に設けている ホームの片側は柵で封鎖しており、柵の奥には列車が止まっていた 「 」 より 関連記事 関連記事を下記に紹介します 2018年7月4日 東京メトロ有楽町線から分岐する「支線」の構想が本格的に動き出す見込みになりました。 この支線が開業すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。 周辺路線の利用者にもメリットが 東京で新しい地下鉄の構想が本格的に動き出します。 東京都は2018年6月、江東区内の豊洲~住吉間5. 2km(建設キロは4. 8km)を結ぶ有楽町線の「支線」について、2018年度中にも事業計画を取りまとめる方針を固めました。 東京メトロが運営する有楽町線は、埼玉県の和光市駅から東京都心の池袋、飯田橋、有楽町、豊洲などを経て江東区の新木場駅に至る、全長28. 3kmの地下鉄です。 一方、支線は豊洲駅で分岐して北上し、東西線の東陽町駅などを経て半蔵門線の住吉駅に接続。 半蔵門線の押上方面に直通する列車も運転できるようになります。 江東区は東京メトロ東西線や都営新宿線など、東京の都心と近郊を東西に結ぶ鉄道路線が複数あります。 しかし、江東区内を南北に縦断する鉄道路線はありません。 江東区の調査によると、南北移動のルートとなる豊洲~錦糸町間はバスで35分かかりますが、支線が建設されると16分になることが見込まれ、半分以下の所要時間で済みます。 また、支線の建設によって客の移動ルートが分散し、周辺路線の混雑も緩和されるとみられます。 2016年2月10日 トップページ-生活情報-都市整備-地下鉄8・11号線の促進-地下鉄8・11号線延伸の促進 土木部 交通対策課 交通係 2016年02月10日 08時34分 「東京8号線延伸(豊洲-住吉)の早期実現に関する要望書」を石井国土交通大臣に手渡しました 2月9日、江東区長、および江東区議会議長・副議長が、霞ヶ関の国土交通省を訪ね、「東京8号線延伸(豊洲-住吉)の早期実現に関する要望書」を、石井啓一国土交通大臣に手渡しました。 江東区は、東京8号線延伸の沿線自治体とも連携しながら、約40年に渡り本路線の延伸に向けた関係機関への要請活動、また調査検討を行っています。 東京8号線延伸(豊洲-住吉)は、運輸政策審議会答申第18号(平成12年)において、「目標年次(平成27年)までに整備着手されることが適当である路線(A2路線)」とされています。 要望書では、東京の都市機能の向上、国際競争力強化に欠かせない東京8号線延伸(豊洲-住吉)の早期実現に向けた支援、ならびに交通政策審議会の次期答申における明確な位置づけを求めました。 【要望内容】 一 東京8号線延伸(豊洲-住吉)の早期実現に向けた支援策を講じていただきたい。 一 現在審議中の交通政策審議会答申において、東京8号線延伸(豊洲-住吉)を明確に位置づけていただきたい。 備考 関連ドキュメントに要望時に使用した資料「東京8号線延伸 豊洲-住吉 整備計画案概要」を掲載しています。 2013年8月21日 東京都江東区は、東京地下鉄有楽町線を延伸して同線の豊洲駅と半蔵門線の住吉駅とを結ぶ路線の整備計画案を検討。 開業から30年以内に累積資金の収支を黒字に転換できると確認したことから、事業化に向けて2013年度中に国や東京都などと協議を進める。 15年度に事業に着手し、25年度の開業を目指す考えだ。 都市鉄道等利便増進法に基づく事業として、整備主体と営業主体を分けて整備する方法で検討した。 具体的には、江東区などが出資する第三セクターが豊洲駅と住吉駅とを結ぶ路線を整備し、東京地下鉄が使用料を支払って営業する。 同事業として国に認定されれば整備費用の3分の1以内の補助を受けることができるが、認定には累積資金の収支を20~30年程度で黒字に転換できる計画が必要となる。 検討に当たって江東区は、12年度に「地下鉄8号線(豊洲~住吉間)事業化検討委員会」(委員長:東京理科大学工学部土木工学科の内山久雄嘱託教授)を設置。 需要の予測や整備効果の調査などとともに、受益者負担の原則に則って収支を予測した。

次の