白河 だるま アマビエ。 白河だるま総本舗「Hanjiro」より『アマビエだるま』の出荷が開始

コロナ終息祈願!『アマビエだるま』EC限定発売 ~疫病退散に御利益!?SNSで話題の妖怪「アマビエ」様~|白河だるま総本舗のプレスリリース

白河 だるま アマビエ

約300年の歴史を誇る白河だるま総本舗 福島県白河市 のオリジナルブランド「Hanjiro」は、ECサイト限定で『アマビエだるま』を2020年4月27日に販売開始し、5月6日以降順次発送します。 アマビエだるま ピンク 「アマエビ」とは疫病退散に御利益があると言われる妖怪で、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、SNSを中心に話題となっています。 本商品は、日本の伝統や優れた技術を活かし、ひとつひとつ職人の手によってつくりあげられた白河だるまです。 サイズは約85mm。 パステル調のピンク系で、お部屋の雰囲気を明るくするのにオススメです。 【「HANJIRO」の概要】 Hanjiroとは「伝統工芸はデザインで生まれ変わる」をキャッチコピーに、白河だるま総本舗第14代目 当主・渡邊高章が手がける新進気鋭のブランドです。 」と思えるだるまをお届けします。 運営会社: 白河だるま総本舗 代表者 : 代表取締役 渡辺守栄 所在地 : 〒961-0907 福島県白河市横町30 設立 : 江戸末期 事業内容: だるまの製造・販売 URL : 【「白河だるま総本舗」の概要】 創業約300年続く老舗だるま店としてだるまを中心とした民芸品の製造・販売を行っている業界最大級のメーカー企業です。 近年では各企業とのコラボレーション商品の製造やその他様々なはりこ製品を製造するなど高い技術力と柔軟な対応力を持っています。 白河だるま総本舗では白河だるまに興味のあるすべての方にとって身近なだるま店でありたいと考えております。

次の

コロナ終息祈願!『アマビエだるま』EC限定発売 ~疫病退散に御利益!?SNSで話題の妖怪「アマビエ」様~

白河 だるま アマビエ

約300年の歴史を誇る白河だるま総本舗 福島県白河市 のオリジナルブランド「Hanjiro」は、ECサイト限定で『アマビエだるま』を2020年4月27日に販売開始し、5月6日以降順次発送します。 画像1: アマビエだるま ピンク 「アマエビ」とは疫病退散に御利益があると言われる妖怪で、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、SNSを中心に話題となっています。 本商品は、日本の伝統や優れた技術を活かし、ひとつひとつ職人の手によってつくりあげられた白河だるまです。 サイズは約85mm。 パステル調のピンク系で、お部屋の雰囲気を明るくするのにオススメです。 【「HANJIRO」の概要】 Hanjiroとは「伝統工芸はデザインで生まれ変わる」をキャッチコピーに、白河だるま総本舗第14代目 当主・渡邊高章が手がける新進気鋭のブランドです。 」と思えるだるまをお届けします。 運営会社: 白河だるま総本舗 代表者 : 代表取締役 渡辺守栄 所在地 : 〒961-0907 福島県白河市横町30 設立 : 江戸末期 事業内容: だるまの製造・販売 URL : 【「白河だるま総本舗」の概要】 創業約300年続く老舗だるま店としてだるまを中心とした民芸品の製造・販売を行っている業界最大級のメーカー企業です。 近年では各企業とのコラボレーション商品の製造やその他様々なはりこ製品を製造するなど高い技術力と柔軟な対応力を持っています。 白河だるま総本舗では白河だるまに興味のあるすべての方にとって身近なだるま店でありたいと考えております。

次の

コロナ終息祈願!『アマビエだるま』EC限定発売 ~疫病退散に御利益!?SNSで話題の妖怪「アマビエ」様~

白河 だるま アマビエ

今、SNSで話題になっているのが「アマビエ」という妖怪。 疫病退散に御利益があるとされる妖怪で「#アマビエ」で検索してみるとアマビエをモチーフにした作品が数多く投稿されている。 福島県でもこのアマビエをモチーフにした伝統工芸品が誕生した。 起死回生を図って考えついたのが「アマビエだるま」! 白河だるまの形をした 8.5センチのボディーに下半分が水色、その上にうろこのような青の波線、頭の部分や背中などボディー全体はピンク色顔にはダイヤの形を描き、仕上げた。 「アマビエ」は、日本に古くから伝わる半人半魚の妖怪で、疫病退散に御利益があるとされている。 そのため、4月から事業所や個人などでアマビエをデザインしたオリジナル商品を作りSNSに投稿する人が増えているという。 白河だるま総本舗・14代目渡辺高章さん:「手に取ったた人が明るい気持ちになって頂くように明るめのパステル系の色で作りました。 明るい話題を提供したいという思いもそうなんですけど、コロナ終息祈願も含めまして、アマビエだるまを作りました」 伝統の白河だるまで誕生した「アマビエだるま」。 予想以上に注文が殺到し、現在2000件ほどの注文が入っている。 職人が一つ一つ手作業で1日におよそ100個~200個のアマビエだるまを仕上げるため大忙しの毎日。 職人たちも一筆一筆に願いを込めて黙々と描いている。 職人:「穏やかな優しい気持ちになれるような、妖怪だと怖くなりがちですけどかわいらしくなるように。 届いた人が、ダルマを見て少しでもこの時期に癒しになってもらえたら良いなと思っています」 白河だるま総本舗・14代目渡辺高章さん:「コロナが終息したあとに、なんとかコロナを乗り越えたなとダルマを見て思って頂けたら一番です」 縁起物の白河だるまは年始に無病息災を願って燃やすことが多いですが、アマビエだるまはお家の守り神としてずっと部屋に飾ってほしいと渡辺さんは話す。 アマビエだるまはインターネットで注文を受け付けている。 「白河だるまアマビエ」で検索.

次の