青い 彼岸花 考察。 青い彼岸花は実在する?中国や走馬灯についても考察してみた!

鬼滅の刃の青い彼岸花の謎とは?伏線を考察してみた

青い 彼岸花 考察

Sponsored Link ネタバレ青い彼岸花を鬼舞辻無惨が千年間見つけられなかった理由とは? 「青い彼岸花」は年に2~3日、それも日中にしか咲かない花でした。 無惨と鬼たちは夜にしか活動できないので、見つけることができませんでしたとさ。 う~ん…煙に巻かれたような気分です。 シンプルなだけに異議を唱えづらいのですが、やっぱりおかしいです。 青い彼岸花の設定の矛盾について 日中にしか咲かない花というのはよくありますよね。 そのことに千年も気づかないことってありますか? 無惨も配下の鬼たちも元人間だったんでしょう? 無惨は鬼たちにいつまでも見つけられないことを叱責していましたが、鬼である時間が一番長いのは無惨でした。 それに次ぐ黒死牟ですら400年程度で、無惨の半分にも満たない。 必死に探せば見つかるであろうという発想から抜けられなかったのですね。 夜には咲かない花かもしれないという発想は、人間の子供でも思いつくかもしれないことです。 あと 開花していない状態でも、つぼみはあるはずです。 見当をつけることもできたというような気がします。 「青い彼岸花」の情報は、平安時代の医者が残した日記に書き残されていたものでした。 千年見つからなかったということから、この言葉は花とは限らず何か別の情報を暗示しているのかもしれないと思っていました。 しかしまあ私も思いつかなかったわけですから、無惨たちがマヌケとも言いづらいところです(笑).

次の

伊黒小芭内と青い彼岸花は深い関係がある?設定や花言葉の不吉な伏線とは|ワンピース鬼滅の刃ネタバレ考察ガジライフ

青い 彼岸花 考察

青い彼岸花 — カエルのピヨちゃん popuko777 千年以上前から存在し続け、すべての鬼の始祖である鬼舞辻無惨は 鬼殺隊が用いる日輪刀を使っての首の切断で倒すことは不可能。 唯一太陽の光で飲み倒すことができます。 そんな無惨ですが己の唯一の弱点を克服するため、 鬼になった当初から今の今まで青い彼岸花を探し続けています。 作り方を知っているのは医者だけ 不治の病にかかった無惨をとにかく助けようと医者が作った薬(未完成) その薬に用いられていた青い彼岸花ですが無惨はおっちょこちょいのため 医者を殺してしまい手がかりが一切ない状況に。 仲間を増やしつつ探し回りますが現在その手がかりすら掴めないままでいます。 禰豆子 — カエルのピヨちゃん popuko777 炭治郎の妹であり、人を襲わない特別な鬼。 血鬼術は【爆血】で鬼のみを焼き尽くす火を扱うことができます。 体にあざのような紋様が浮き出て体を成長させると 上弦にも負けず劣らずの身体能力を発揮します。 太陽を克服した鬼 上弦ノ肆・半天狗が死の間際に見た禰豆子が太陽を克服した姿。 それを遠隔で知った無惨は大歓喜で大喜び。 禰豆子を吸収すれば自分も太陽が克服できるとして 急遽、青い彼岸花から禰豆子の行方を捜す方にスイッチします。 鬼の長い歴史上太陽を克服できたのは禰豆子だけ。 禰豆子=青い彼岸花?! 禰豆子の名前を詳しく調べてみると青い彼岸花が実は禰豆子なのではないか? という事実が浮かび上がってきました。 禰という文字 禰という文字は示すという文字と爾という文字から構成されています。 示とは神に生贄を捧げる台から形取って作られた文字であり、 爾とは美しい輝きを放つ花から形取って作られた文字。 花という文字が出てきましたよね? これって青い彼岸花のことを指しているのではないでしょうか? 炭治郎の回想 下弦ノ伍である累との戦闘中の戦闘でみせた炭治郎の回想。 そこで彼岸花が描かれています。 ここに描かれた彼岸花はもしかしたら青い彼岸花であり、 禰豆子は幼い時にこれを食べてしまっていたのではないでしょうか? その結果鬼でありながら太陽を克服できたのではないかと思います。 禰豆子は無惨を倒すための鍵?! 禰という文字には父親の霊を祀る場所という意味合いがあります。 これは鬼の祖である、 つまり父である無惨の死場所となるのが禰豆子なのではないでしょうか? 示・・生け贄のための台 爾・・青い彼岸花 青い彼岸花につられて禰豆子を吸収しようとして それがが無残のしに繋がる可能性はかなりあるかと思います。 おまけ・薬を作った医者 鬼舞辻無惨を救うために薬を処方し殺されてしまった医者。 時たまこの医者こそがラスボスなのではと囁かれていますがその可能性は無いでしょう。 禰豆子の名前の意味がしっかりと考え抜かれて作られていることは もう一目瞭然ですし無惨がラスボスで間違いないかと思います。 おまけ・禰豆子の豆という字 禰豆子の名前、禰に込められた意味は上述したとおりですが 豆という字にも想いが込められています。 豆は鬼が大っきらないなもの。 魔を滅する食べ物です。 これは禰豆子という存在が鬼を滅す鍵になることを示しているんでしょう。 血鬼術の爆血なんてもろ鬼を殺すための技ですからね。 青い彼岸花=禰豆子?!唯一太陽を克服した鬼【鬼滅の刃】まとめ いかがだったでしょうか? 大方考察した通り禰豆子の存在こそが鬼舞辻無惨を倒すための鍵となると思います。

次の

鬼滅の刃146話の善逸と青い彼岸花について考察|正体と所在の伏線か?

青い 彼岸花 考察

これは完全に遺伝ですね。 しかし性格は、ドジっ子属性であり気弱。 伊之助とは似つかない性格です。 伊之助に似ているというより、琴葉に似ているのでしょう。 伊之助母が美人過ぎるし伊之助とそっくりすぎる — みょっくる myokkuru ただし、落ち込むとネガティブになる性格は伊之助っぽいですね。 伊之助が落ち込んだときも「ゴメンネ弱くて…」と、かなりネガティブになっていました。 そして「山奥で暮らしたい」と言い出すあたり、完全に伊之助の血筋です。 植物学者になったのはアオイの影響か? 嘴平青葉が植物学者になったのは、アオイの影響が強そうですね。 しのぶが薬学に精通していたため、指導を受けていたアオイも薬学に詳しく、簡単な薬なら調合できるレベルです(大正コソコソ噂話参照) 薬学に詳しいという事は、当然ながら材料になる植物についても詳しいはずなので、子孫にも知識が受け継がれている可能性がありますよね? そのため、嘴平青葉は植物学者になったのかもしれません。 フラグが成立したシーン お腹を空かせた伊之助が、台所に行ってつまみ食いをしようとする。 しかし大根を切っていたはずのアオイは、伊之助の存在にすぐ気づいてつまみ食いを阻止した。 この時アオイは、つまみ食いを禁止する代わりに伊之助専用のお盆を用意し、そこにおにぎりなどを乗せておいてくれた。 自分のために用意された食事を見て、伊之助はホワホワした笑顔を浮かべる。 このシーンで伊之助は、普段見せないような笑顔を見せます。 彼がこの時何を思っていたのか描写がありませんが… 山育ちの伊之助にとって、誰かが自分のために食事を用意して待っていてくれるのは嬉しい事なのでしょう。 藤の家門の家のおばあちゃんに対しても、ホワホワしていましたから。 恋愛感情まではいかないものの、アオイにも好意を抱いたはずです。 相当ホワホワしたんだろうね。 伊之助とアオイが結婚した経緯について 伊之助とアオイがどのような経緯で結婚したのか。 この点については本編に描写がありませんが、管理人としては 恋愛過程を吹っ飛ばして結婚したのではないかと思っています。 アオイから告白したとは考えにくいですし、伊之助が恋愛してイチャイチャする様子も想像が付きません。 なので、伊之助が唐突に「よし結婚するか!」と思い至り、そのままアオイに結婚を申し出たとか… そっちの方が伊之助らしい気がします。 個人的にありそうだなと思うのは、炭治郎と善逸が結婚したのを見て触発されたパターン。 善逸あたりは 「結婚はいいぞ!かわいい奥さんが家で待っててくれるからな!」とか力説しそうなので、それを聞いた伊之助が マジかよじゃあ結婚するわ。 結婚するならアオイだな。 という結論を出したとか。 この展開なら、容易に想像できるんですよ。 伊之助は少なからずアオイに好意を持っていますし、彼女が優しい子なのも知っていますから。 結婚という選択肢を前にして、伊之助の頭に真っ先に浮かんだのがアオイだったのかもしれません。 まとめ|伊之助の子孫について 伊之助の子孫は「嘴平青葉」。 恐らく伊之助とアオイが結婚し、その後生まれた子孫なのでしょう。 青葉は伊之助というより、 琴葉の遺伝子が強いイメージです。 ドジっ子で穏やかそうな所とか、かなり琴葉っぽいです。 性格が伊之助に似ていたら、恐らく学者にはならなかったでしょう。 もし伊之助に似ていたら、若くして異種格闘技に目覚めたり、武者修行に出たりしていたかもしれません(笑) そんな青葉ですが、彼のおかげで青い彼岸花は絶滅しました。 青い彼岸花が無くなったので、もう鬼が生まれることもありません。 平和が脅かされることもなく、子孫たちは幸せに暮らせるでしょう。 青葉本人は「研究所をクビになるかも」と落ち込んでいますが、ハッピーエンドですね! それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

次の