ポケモン ダメージ 計算 アプリ。 【ポケモン剣盾】対戦で役に立つ!ダメージ計算を簡単に行うアプリを紹介

VS 剣盾 SWSH ポケモン用ダメージ計算アプリ

ポケモン ダメージ 計算 アプリ

この記事の最後にダウンロードリンク貼っておきます。 GooglePlayストアにて公開しました。 あとセキュリティソフトにも引っかからなくなりました。 GooglePlayストアに公開するやり方も調べなきゃわからないし、機種によってはレイアウト崩れるし、手元の端末でも動かない機種があるし、無駄に要求するOSジョンが高いし、そもそもどのジョンで動作するのか自分でもわからないし、悪意なんて一ミリもないのに何故かセキュリティソフトに引っかかるし、悪意があったとしても実装する技術力なんて無いし、色々とガバガバだけどそれでもいいよって人は使ってください。 ここから本文。 のダメージ計算アプリを作った。 最近にハマったんだけど、って周辺グッズが多い。 デッキの他にダメージカウンターいっぱい、GXマーカー、やけどマーカー、どくマーカー、コインが必要。 持ち歩くのが面倒だったので、アプリないかなーって思って探したけど・・・ 外国人の方がPlayストアに公開しているのをひとつ見つけたけど、自分にはあまり合わなかった。 じゃあ、自分で作ってみるか! 一応、向けアプリの開発環境なら揃ってる。 の参考書を友人からもらって読んで、後はAndroidStudioっていう用の開発環境を触りながら覚えた。 センサー値を表示させたりジャンケンしたりする程度ならやったことあるんだけど、ちゃんとアプリとして形にしたことはない。 要件 これをでなんとかする。 YaruPokeの開発 既にPlayストアでリリースされている外国人の方のアプリの影響を大いに受けながら作った。 YaruPokeって名前は適当につけた。 2,3日で完成した。 無知からのスタートだったので、それなりに達成感はあった。 ボタンを動作させるのも、コインだけ別画面にするのも、数字を入れ替えるのも、画像を表示するのも、全部難しかった。 何なら、一番最初にボタンを並べるだけでも1時間かかった。 配置とか大きさとかの設定方法がさっぱりわからなくて、それを調べるところから始まった。 そんな苦労の結果、 まあ、使えなくはないんじゃないか。 その程度だった。 本当はここから色や画像を入れて見た目を整えようと思ったけど、イチから作り直すことを決意。 って、ダメカンをジャラジャラしてGXマーカーをめくってして、そういうグッズ満載でやる感じが楽しいんじゃん! そう思って、実際にグッズを色々する感じのアプリを作ろうと思った。 なんというか、グラフィカルに動くって言ったらいいの? そんな感じのを作ろうと思った。 DameKanの開発 作りました。 操作をほぼ全部とスワイプにした。 実際にやってて、で一喜一憂するのが楽しかったりしたので、だけは別画面で大きく表示するようにした。 やけどマーカーとどくマーカーは乗せるデザインにした。 思いついた時に自分は天才なんじゃないかと思った。 ついでにダメカンも乗せるデザインにした。 ダメージダウンをきずぐすりにしたのも良かったと思う。 ポケ廃の人はすごいきずぐすりが120回復だと思いそうだけど、このアプリでは100回復な。 実際の[乗せる・投げる・めくる]って動作を、自分の拙い技術力で再現したかった。 ちなみに、作る前に考えたデザインはこんな感じ。 グラフィックに関するスキルがなさすぎてで作図してるの、最高に弱いと思う。 最終的にこうなった。 もう大変だったから、苦労話を書かせてくれ。 今の僕は、卒業に必要な単位を取り終えた大学生っていうの次に暇な人種なんだけど、休みの日は全部これの開発に費やした。 1週間半程度だったけど。 朝9時に起きて夜中の1時までぶっ通しで作業をした日もあった。 食事もPCの前で。 一番苦労したのは。 回転するアニメーションがなかなか動いてくれなくて、仕方ないからで動かそうって思った。 まずUnityをインストール。 コインの3Dモデルを作ろうとしたら、表裏で違う画像を貼り付けるのはUnityじゃ難しいっぽい。 3Dモデル作成のためもインストール。 初めて触るツールは配置とか考え方を理解するのが難しい。 一回覚えてしまえば楽なんだろうけど。 これをUnityに入れる。 Unityのはで記述する必要がある。 しかわからないけどググりまくってなんとか希望の動作を記述。 動作した。 Unityからに入れる。 ????????????? 全く動かない。 燃え尽きた。 この時点でUnityに丸一日使っていた。 Unity内のビルドボタンを押してこれなので、これをAndroidStudioで作ったプロジェクトに組み込むのは… 途方にくれた。 もうちょっと頑張れば動いたのかもしれないけど。 そもそもだけ急にになるのも、それによって動作が重くなるのも、理想形ではないのでやめた。 んで、を使わない方法を模索する。 元々やろうとしてたアニメーション、自分と同じ症状の人が中々いない。 ふと思い立ってツイート検索してみると、4年前のツイートが1つだけ出てきた。 このアニメーション、稀に動かない機種があると。 ん? 手元にある別の端末で、元々やろうとしていたものを動作させてみる。 ずっと右側の端末で開発してた。 なんで動かないんだーーーって、半日かけて書いたコードを全消しして、次の日は丸一日Unityに捧げた。 お前が悪いのかよ、 Nova。 こいつ、2017年発売のわりにも5GHz帯に対応してなかったり、変なところが抜けてるドジっ子なんだよな。 すぐ左側の端末での開発に移行した。 ちなみに手元の別の端末でも動作したので、マジでNovaがドジっ子なだけだった。 そして今日、完成した。 まだ手を入れるかもしれないけど、とりあえず一区切りってことで。 2週間前の自分なんてなんもできなかったのに、よくもまぁ実用的なアプリが作れたなぁと。 しばらくしたらPlayストアで公開するかも。 それまでは、とりあえずこっちで公開。 褒めてくれると嬉しい。 褒められて伸びるタイプなので。 ド初心者の作品なので文句は言わないでくれ。 ほならね、自分で作れって話でしょ。 私はそう言いたい。 ダウンロードはここから。 ご友人に勧める際はこの記事のリンクを共有して頂けますと幸いです。 2018年8月12日 Playストアにて公開しました。 尚、アプリのリリースにつきまして一切の収益化を行っていません。 topazgravity.

次の

【ポケモン】ゼロからはじめるダメージ計算ツールづくり【第1回:プロトタイプ編】

ポケモン ダメージ 計算 アプリ

鎧の孤島・冠の雪原登場ポケモンでもダメージ検索ができます。 計算結果の切り捨て、四捨五入なども細かく計算しているためかなり正確な計算結果が出力できます。 見やすい詳細計算結果画面や計算過程を見ることができるので、どうしてこの計算結果になるのかも確認することができます。 シングルやダブル、天候、フィールドも対応しています。 github. 今回のアプリも性格補正の有無、ステータス上昇下降、持ち物などを簡単に切り替えることが可能です。 以前も育成時の耐久調整の際にはお世話になっていたため、今世代でも頻繁に使わせていただくことになりそうです。 アプリ内の広告解除が月額制のため、その点だけは注意が必要です 月額120円と微々たる金額ですが。 個人的には800円程度で買い切りの広告解除のほうが好みなので、そちらのプランも実装していただけるとなお嬉しいです。 参考になれば幸いです。 しかし後述の「対戦重視のダメージ計算ツール」ならば育成にも対戦にも使えるので、私は「対戦重視のダメージ計算ツール」を推奨します。 本文に入ります ポケモンの育成、対戦をする上で、ダメージ計算ツールは重要なツールです。 そして、ダメージ計算ツールは大きく分けて2種類あります。 「育成重視型」と「対戦重視型」です。 育成重視のツールは、少し操作が多めですが計算結果が分かりやすいため、主に育成中に使います。 また、計算結果を提示するためにスクショ目的で利用されることもよくあります。 初心者でも直感的に操作できるので、広く普及しています。 一方、対戦重視のツールは操作を極力少なくし、対戦中にも素早く計算できるようにスピードに特化したダメージ計算ツールです。 精度は他のダメージ計算ツールと全く変わりませんが、操作が若干特殊なので敬遠されがちです。 そして、この2種類のツールの計算スピードは、かなり違います。 具体例を挙げると、対戦重視のツールは平均でこのアプリの半分程度の時間で計算することができます。 中には、事前記録機能を使って、4タップで計算できるものまであります。 今のポケモンにはまだ「対戦中にダメージ計算をする」文化が 上位勢を除いて あまり浸透していませんが、必要な時に素早くダメージ計算ができればもちろん勝率は上がります。 というか上がりました 体験談。 また、一度早いツールに慣れてしまえば対戦も育成もそれ一台で済ませることができるので、個人的には後述の「対戦用ダメージ計算機」を使用することをオススメします。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 〜主な対戦重視型ダメージ計算ツール〜 せっかくなので私の知っている2つの対戦用ツール スマホ用とPC用 を紹介させていただこうと思います。 興味がある方、暇な方は読んでくださると嬉しいです。 ・VS 剣盾 SWSH スマホ用のダメージ計算アプリ。 ダメージを12個同時に計算し、ほぼ全てのポケモンのテンプレ型が初期状態で登録されているため、双方のポケモンを入力するだけで計算することができます。 また、自分のポケモンを登録する機能もあるので、いちいち努力値を入れなくても大丈夫です。 更に、対戦記録をつける機能や、すばやさを比較する機能など、便利な機能もついています。 操作方法が他のダメージ計算機と違うため、今までにダメージ計算機を使ったことがある人は最初は違和感を感じるかもしれませんが、すぐに慣れます。 自分もこのアプリを愛用していて、ダメージ計算以外の機能も充実しているため個人的には一番の性能だと思っています。 ・トレーナー天国のダメージ計算サイト スマホでは使えず、PCのみで使えます。 ポケモンを入力すると、双方の技とダメージ計算がダメージの高い順に並ぶので、あらかじめ自分のポケモンを入力しておけば、相手のポケモンを入力するだけで計算が可能です。 サイトなので、ウインドウを6つ開いて、それぞれに自分のポケモンを入力しておく... なんてこともできます。 サブの機能はありませんが、トレーナー天国にはダメージ計算以外の便利サイトも沢山あるので、そちらを併用してみるのも良いでしょう。 ・最後に ここまで読んで頂き、ありがとうございました。 このレビューで紹介した2つのダメージ計算機は、通常のものとは構造が違うため敬遠されがちですが、使いこなせば普通の計算機以上の働きをしてくれる優れものです。 ぜひ一度、試してみてくださいね!.

次の

ダメージ計算Z for ポケモン ウルトラサンムーン

ポケモン ダメージ 計算 アプリ

コンテンツ ポリシー「知的財産権」・「なりすましまたは虚偽の振る舞い」に対する取り組み姿勢について このアプリは「株式会社ゲームフリーク」「株式会社クリーチャーズ」「任天堂株式会社」「東京東信用金庫」「ポケモン関連企業」とは一切の関係がないファンアプリです。 このアプリはポケモンのデータを管理するアプリでゲーム機能は一切搭載していません。 ポケモンの管理方法は独創性に富む従来にない形であり、別のアプリやサービスを模倣している点はありません。 さらに、内蔵されるデータは検索で容易に見つかり、このアプリの利用している言語を理解できるユーザーが別の方法で手に入る情報のみで、企業秘密に当たる情報は含まれていません。 当アプリに含まれる画像はAndroid自体の機能として利用できる画像を除いて全て作者によって考案され、描かれたもので著作権を侵害する内容を含みません。 優秀な補完機能で簡単に入力できます。 例えば「ドロポン」「ハイポン」と入力しても「ハイドロポンプ」が候補に挙がります。 よく使う略称は大方利用できます。 追加して欲しい略称があればレビューやメールでご連絡下さい。 また、簡単な管理を可能にするため、以下のような機能があります。 画面の表示方法を詳細表示、ライン表示、PT表示に切り替えられます。 詳細表示・PT表示では長押しで並び替えが可能です。 ライン表示ではそれぞれの値で昇順・降順ソートができます。 値ごとに「を含む」「に一致」「でない」「より大きい」「より小さい」「以上」「以下」で 登録したデータを検索することができ、AND検索も可能。 ダメ計では保存したデータを任意に呼び出し可能。 さかさバトル、ダブルバトルの計算もできます。 PT相性チェックはPT表示からPT名をタップで利用できます。 kyu49. PTの書き出しの際は画面に表示されているデータのみとなります。 また対応してもらって助かりました! 育成論メモとそれに伴う計算が同時にできるのでとてもお世話になっています。 他のアプリや、AppStoreではここまで満足のいく物がなく困っていました。 どうかこれからもよろしくお願いいたします。 調整したポケモンや構築の管理に非常に便利で使いやすいです。 調整を行う際にも重宝しております。 範囲技の計算もダブルダメージで計算できるので大変助かります。 1つだけ要望がありまして、範囲技のダメージ計算をダブルダメージで固定できる機能があるとダブル主体でやっている人にとっては便利と思いました。 追記)返信ありがとうございます。 大型アップデート準備中とのことで楽しみにしております。 追記)対応ありがとうございました。 DLCへの対応も頑張ってください。 応援しております。 努力値や技構成、パーティー管理などでき、便利なので前作から愛用させて貰っています。 その一方で訂正して欲しい点が一点ございます。 それはダメージ計算をする時に特性一覧に「リベロ」が無いことです。 欲しい要素ほとんど網羅していて素晴らしい。 あとはソート機能 図鑑No. 順、NN順、総合値順、HP順・・・等 があれば完璧。 期待してます。 ポケモンをしている時はこのアプリを愛用しています。 ダメージ計算、パーティ管理といった必要なものが揃っておりとても使いやすいです。 これが無料というのが信じられない。 いつもパーティー管理などで重宝させてもらってます。 1つ要望で、自分はAndroidのタブレットで使用してるのですが、ポケモン追加画面が縦向きしか対応していないので、横向きにも対応していただけるとありがたいです。 便利なアプリありがとうございます。 ダメージ計算だけでなく、素早さ計算やパーティ相性、パーティ管理もできるので前世代から愛用させていただいてます。 もし可能でしたら、対戦管理ができるようにしていただきたいです。 自分と相手のパーティと両者の選出、技、持ち物などを記入でき、最終的にどんなポケモンが今のパーティに選出されたかなどが分かるようなシステムにしていただけるとありがたいです。 可能であったらで大丈夫なのでご検討いただきますようお願いいたします。 いつも使わせていただいてます。 初心者にも使いやすくて良かったです。 いつもとてもお世話になっています。 ダメージ計算で半回復木の実の使い方がわからないです。 もし実装されていなかったら実装してほしいです。 急所の倍率について 2倍 となっていますが、正しくは 1. 5倍 ではないでしょうか。 ご確認お願いします。

次の