自転車保険 au損保。 au損保

自転車保険ならau損保の「Bycle(バイクル)」|au損保

自転車保険 au損保

(50km・年間4回まで無料搬送) 月払(本人タイプ) 360円 600円 1,110円 一時払(本人タイプ) 3,920円 6,560円 11,940円 ここから何かデメリットがないか探してみます。 通院補償をつけると保険料が高い auの自転車保険のホームページを見ると、まず「月々360円~」という文字が目について「安っ!!!」と感じるんですけど、この保険料の保障って 通院補償がついていないんですって。 私が過去に調べた中で、自転車保険についている自分がケガをしたときの補償って• 死亡・後遺障害• 通院 以上4つが基本補償なんですけど、 一番使う可能性が高いのって「通院」補償だと思うんです。 自転車保険で通院補償、必要ですよね・・・? 私は必要だと思います。 保険はお守り、使わないのが一番いいなんて言葉もありますがたしかに事故は起こさないのが一番ですよね。 ただ私、「使えない保険は入っている意味ない」と思うんですよ。 自分がもし万が一ケガをしたら「せっかく保険入っているし…」と保険使いたくなると思います。 auの自転車保険で通院がついているプランにしようとすると一番安くて 月600円です。 年間6560円です。 月360円なら安い気がしますが、ちょっとお高い印象になってしまいます。 三越や伊勢丹のカードを発行している「エムアイカード」というところで東京海上日動の自転車保険を販売していました。 その補償内容を見てみると全てのコースに通院補償がついています。 自転車事故の場合はケガの補償が2倍 au損保の自転車保険は他社の自転車保険と同じく「交通事故による自分のケガを補償する保険」になっているので、電車やバスなどに乗っていてケガをしたり、歩いている時に自動車にはねられたりした場合も補償されますが、自転車事故だった場合はもらえる補償が2倍になるんです!! なので、さっきのシルバーコースを見てみると 補償内容等 シルバーコース 死亡・後遺障害 400万円 800万円 ヘルメット着用中死亡 100万円 入院一時金 (3日以上の入院で) 2万円 4万円 入院保険金日額 (入院1日につき) 6,000円 12,000円 手術保険金 (手術により) 3万円または6万円 6万円または12万円 通院保険金日額 (通院1日につき) 1,000円 2,000円 個人賠償責任 (自己負担額なし) 3億円 赤い部分が自転車事故の場合の補償なのですが2倍の補償って大きいですね~! 自転車事故で入院したら1日1万2000円ももらえてしまいます。 ただし、次の場合はヘルメットをつけていても保険金がもらえません。 安全基準を満たしていないヘルメット• あご紐をつけていないなど、ヘルメットの役目を果たしていない場合• 自転車や乗り物用のヘルメットを付けていない場合• 競技中や競技の練習のために自転車を運転していた場合• ブレーキのない自転車など危険な自転車に乗っていた場合 ロードサービスがついている• 運転している時にチェーンが外れてしまった• タイヤがパンクして走れなくなってしまった などのときに自分が希望する場所まで自転車を運んでくれるサービスです。 50kmまでの距離なら運んでくれるので旅行中遠出してしまった場合でも使えるようになっていますし、年間4回も利用することができます。 (貰える金額はプランによる) 弁護士費用が付けられる 保険料は高いですが、一番上のゴールドコースに入ると相手ともめて「弁護士を雇いたい!」といったときの費用が補償されるようになります。 また実際に弁護士さんを利用しなくても法律相談をした場合、5万円まで補償してくれるという「法律相談費用補償特約」もついています。 au自転車保険のデメリットまとめ auの自転車保険のデメリットをまとめてみたかったんですが、あえていうと• 自転車事故の場合はケガの補償が2倍• 海外での賠償責任事故でも保険金額が変わらない• ヘルメットをつけていて死亡事故になると100万円上乗せ• ロードサービスがついている• 入院一時金が出る• もし他人への賠償だけがほしい、という場合は自転車保険に入るよりも「個人賠償責任保険」に単独で入ったほうが保険料が安いので(年間2000円くらい)、そっちを検討しましょうね。 実はすでに加入しているかも・・・ 【関連記事】.

次の

au損保の自転車保険にはどんな種類があるの?特徴や評判を徹底解説!

自転車保険 au損保

ご自身のケガ・他人への賠償責任 ( で補償されます) 自転車事故によるケガなら2倍の補償! 下段オレンジ色の自転車マーク は自転車事故の場合の保険金額です。 (保険期間の開始時点で満74歳以下の方がご加入いただけます) 補償内容等 ブロンズコース シルバーコース ゴールドコース 250万円 500万円 400万円 800万円 400万円 800万円 100万円 100万円 100万円 - 2万円 4万円 5万円 10万円 4,000円 8,000円 6,000円 12,000円 6. (50km・年間4回まで無料搬送)• 自転車に乗っている間の事故に限ります。 「ブロンズコース」は、個人賠償責任補償を外してご契約することも可能です。 お申し込み手続き画面のコース選択でお選びいただけます。 個人賠償責任補償を外してご契約する場合、示談代行サービス(賠償事故解決特約)も対象外となります。 Bycle<保険金額と保険料>詳しくは (保険期間の開始時点で満74歳以下の方がご加入いただけます) 補償内容等 ブロンズコース シルバーコース ゴールドコース 250万円 500万円 400万円 800万円 400万円 800万円 100万円 100万円 100万円 - 2万円 4万円 5万円 10万円 4,000円 8,000円 6,000円 12,000円 6. (50km・年間4回まで無料搬送)• 自転車に乗っている間の事故に限ります。 「ブロンズコース」は、個人賠償責任補償を外してご契約することも可能です。 お申し込み手続き画面のコース選択でお選びいただけます。 個人賠償責任補償を外してご契約する場合、示談代行サービス(賠償事故解決特約)も対象外となります。 「スポーツサイクル専用車両・盗難保険すぽくる」はSBI日本少額短期保険株式会社が販売する車両専用保険(正式名称:車両専用保険)です。 「自転車向け保険Bycle」はau損害保険株式会社が販売するスタンダード傷害保険のプラン名です。 「自転車向け保険Bycle」の引受会社は、au損害保険株式会社となります。 SBI日本少額短期保険株式会社は保険契約締結の媒介を行っており、保険契約の締結及び保険料の領収は行いません。 当ページの内容は「スポーツサイクル専用車両・盗難保険すぽくる」「自転車向け保険Bycle」の概要を説明したものです。 詳細は「スポーツサイクル専用車両・盗難保険すぽくる」の普通保険約款・特約事項、重要事項説明書と「自転車向け保険Bycle」の普通保険約款・特約集、重要事項説明書をご覧ください。

次の

自転車盗難保険ならすぽくるプラス|SBI日本少額短期保険+au損保のコラボ商品

自転車保険 au損保

(50km・年間4回まで無料搬送)• 自転車に乗っている間の事故に限ります。 「ブロンズコース」は、個人賠償責任補償を外してご契約することも可能です。 個人賠償責任補償を外してご契約する場合、示談代行サービス(賠償事故解決特約)も対象外となります。 ご自身のケガの補償における被保険者の範囲となります。 補償項目ごとに補償の対象となる方の範囲は異なります。 詳しくは、au損保ホームページの説明画面および重要事項のご説明(重要事項説明書)をご覧ください。 契約申込画面にて指定した補償の対象となる方(被保険者)です。 その他親族には、ご本人の配偶者は含まれません。 「本人」と「配偶者」「その他親族」との関係は、ケガの原因となった事故が発生した時におけるものをいいます。 ご自身のケガの補償• 一部対象外となるヘルメットもあります。 法律上の損害賠償責任を負った場合に補償いたします。 相手方がau損保との交渉に同意されない場合など、示談代行をお引受けできない場合もあります。 事故の被害にあった時の補償 ゴールドコースならさらに! 自転車ロードサービス.

次の