ヒアルロンロンリーガール。 ヒアルロンリーガール 歌詞 ZOC ※ wmf.washingtonmonthly.com

ローリンガール

ヒアルロンロンリーガール

今年に入り、元アンジュルムの福田花音が「巫まろ」という名で加入したことも話題となった。 そんな彼女たちが、3rdシングル「SHINEMAGIC/ヒアルロンリーガール」をリリース。 6月2日発売の「週刊SPA! 」32周年合併特大号にも登場してもらい新曲のことはもちろん「ZOCらしさとは?」についても話している。 しかし、誌面には載せきれなかった内容もあった。 そこで今回特別にインタビュー完全版をここでお届けする。 聴いたとき、どんな印象を受けましたか? 大森靖子(以下、大森):ZOCのシングルはいつも楽しんでいただけるように多様性やかわいく生きることの信念をいろんな出力で表現していこうと、2曲は対照的になるように作っています。 「SHINEMAGIC」をかなり攻撃的にしたので、「ヒアルロンリーガール」は作りやすかったですね。 新メンバー加入が決まり、早く曲を作らなければいけないという圧を自分にかけるため、一行も何も作ってもないのにタイトルと発売決定を発表したことが印象的です。 西井万理那(以下、西井):タイトルしか聞かされていなかったのでどんなメロディかずっと想像していたんですけれど、「SHINEMAGIC」が想像よりもクールでかっこよくて驚きました! 藍染カレン(以下、藍染):私の最初の印象は「(どちらも)強い!」です。 曲の雰囲気は確かに対照的だけれど、一貫した強さがあってどちらもとても好きだなと思いました。 巫まろ(以下、巫):そう。 曲調は対照的なのですが、どちらの曲にもブレない芯の強さがあるのでそういった意味ではぴったりの2曲なんじゃないかなと思いました。 戦慄かなの(以下、戦慄):かっこよくもかわいくもありたいというみんなの願望だけじゃなくて、ちゃんと面倒臭いという部分まで全部を詰め込めてもらえて幸せです。 香椎かてぃ(以下、香椎):ただ、かっこよさと可愛さのギャップを自分なりに表現するのに苦戦しましたね。 「チュープリ」(1stシングル収録)や「ヒアルロンリーガール」は、私自身も女のコにさせてくれる曲なんです。 ただのかわいい曲ではなく、どストレートな言葉が入ることで、ZOCらしさが出るなと思います。 私は、全く別のどっか似てる魂が共生してるところがZOCらしさだと思っているので、この歌詞を見たとき「そうだなあ!」って。 巫:私も、その歌詞は印象的。 ZOCはそれぞれの過去や人生があって個性もバラバラ。 そのうえ、それぞれにコンプレックスがあったりもするけれど、6人集まるとそれが全て武器であり強みになるところがZOCらしさなんだろうなぁと思います。 西井:女のコが「ヒアルロンリーガール」を聴いたら少しかわいくなった気分になれちゃうというか、「これ私の歌かも」と思って聴けるところは、ZOCのコンセプト「孤独を孤立させない」に通じている気がしてZOCらしいなって思います。 やっぱり靖子ちゃんや靖子ちゃんが汲み取ってくれたメンバー達の思ってることが歌詞になっているので、全部の歌にちゃんとしたメッセージ性があるところはZOCならではの強みだと思ってます。 戦慄:うーん……というか、ZOCには似てる人が1人もいないので「これがZOCらしさだぞ」というのは私は無いと思うんですよね。 強いて言うなら、オリジナリティがあることだと思います。 「こんな女、見たことねえ」みたいな。 ZOC=破天荒なイメージが浸透してるのでアイドルエリートで可愛らしい雰囲気のまろちゃんが加入したときは一見ZOCに似合わないように見えた人もいるかもしれないけど、絶対に自分を曲げない生き方やマインドはまさにZOCにぴったり。 いろんな世界のやばい女がいてZOCが成り立っています。 大森:楽曲自体は、キーレンジの広さとキャッチーさ。 アイドルなのでサビをキャッチーにするぶんBメロは好き放題自由にエッジをかけて作っています。 そのうえで、かわいく愛をうたう歌も決して恋愛至上主義にしない。 人間の生き様の多様性を本当の意味で肯定したいですね。 そんな今回のシングルから、巫さんが参加しています。 さきほど少しお話にも出ましたが、巫さんが加入したことで雰囲気に変化は感じますか? 西井:まろが加入してパフォーマンスのレベルがさらに上がったとおもうし、安心感があります! 藍染:しかも、全体的に柔らかい雰囲気になりました。 まろさんは強さも柔らかさも持っているので、グループ全体の見た目も中身も、より強くなりつつソフトにもなれたような気がします。 ZOCはちょっと怖いイメージを持たれやすくて、場合によっては「怖く見えないように……可愛く……」と頑張ってたときもあったので、まろさんの存在はありがたいです。 戦慄:加入前は5人の圧が凄くて、どうにか髪型やメイクでかわいらしさを作っていたのですが、やはり無理がありました。 あんなにかわいくて歌もダンスもできるなんて、まろは最強の武器ですね。 私は正直、まろちゃんの加入が決まったときに「これからどうなっちゃうんだ~?」と不安になりすぎていたんです。 でも、実際に加入してみたらマジですんなりしすぎていて、むしろあまり変わってない(笑)。 ただ、まろがいることで、ZOCのかわいらしさがムンムンに出た気はします。 まろちゃんがみんなの雰囲気に馴染みすぎてて全然違和感がないです。 居心地よすぎます。 もう、ずっといてほしい! 大森:ZOCは私が作ったグループなのですが、選手兼任監督のような形で共犯者と名乗ってプロデュースしながらメンバーしているのを、マザーシップのような面だけ語られあまり人間扱いされていない感覚みたいになってきてしまい、どんどん私の面倒くさい部分や個性が孤立すると感じていたところ、巫まろちゃんは芸能界の先輩でもあって、仕事をふるとふったことの真意を捉えて倍返ししてきてくれたりして、同志という感覚をはじめてもらって、個人的にかなり救われました。 好きじゃない戦い方はできないから、正直もう次の曲なんてできねえというところまで閉ざしていた未来に、光をくれました。 巫さんは加入してみていかがですか? 巫:みんな、アニメのキャラクターのようにすごく強い個性があるところにびっくりしました。 全員が同じことをしてもそれぞれの色に染まるところは、本当にすごくカッコいいです!!! 曲やMVの注目ポイントをそれぞれ教えてください。 巫:眠っている私に靖子さんが手を差し伸べてくれて目覚めるシーンがあるのですが、まさに私の人生を表しているようで……。 何度見ても鳥肌モンです。 藍染:かなのと私の戦闘シーンは気に入ってます! あと、最後のラップパートが全員いい笑顔なので観てほしいです。 西井:そうなんです。 気持ちはヤンキーの「おい、ゴラァアア!! 」の雰囲気を醸しつつ歌いました。 戦慄:MVに限らずですが、衣装がほんとにメンバーの個性とキャラ引き立てすぎていてウケるんですよ(笑)。 藍染が思う理想のセクシー像とか、にっちゃん(西井)がクマ耳のフードだったりとか、絶妙すぎ。 初見でもなんとなく「この人はこういうキャラなんだ」とわかるのは素晴らしいです。 大森:ZOCはゲーム用語「Zone Of control(支配領域)」から着想を得て、「Zone Out Of control」支配されない孤独を孤立させずに魅力を拡張してゆくという意味を持たせているのですが、MVではメンバーをキャラクター選択できそうなほど個性が出ていて、全員が強そうな感じが好きです! 聴いてくれるみなさんには、好きなメンバーと人生を戦って欲しいですね。 特にお気に入りはサビ前のジャンプするところ。 ここで一時停止すると、全員のキャラが表れた飛び方になっています。 これを、誰に言われるでもなくバラバラにしているところがZOCですね。 西井:(笑)。 私は、出来上がった新衣装とピンクの銃を見たときにテンションあがって、みんなでかわいいかわいい言い合っていたのが印象深いです。 藍染:私も話題はあまり覚えていないんですけど、「SHINEMAGIC」はみんな顔や体にペイントをしているんですよ。 その場所がメンバーごとに違っていたので、みんなのペイントされていく様子を見ながら「おおなるほど、そこにペイントするのか~」とか一人でニヤニヤして楽しかったです(笑)。 巫:私は、撮影1日目にみんなでUber Eatsを頼んで、大皿からちょっとずつ分けながら食べるのが楽しかったですね。 大森:廃墟だったので、はしゃぐ人と怖がる人がいた記憶があります。 あと持って踊る武器の軽量化を最後まで調整したり、ここはこういう想いを込めた顔でというのをメンバーに伝えたり。 朝、戦慄さんが他の人が自分のために買ったごはんばかり食べようとしていたのも覚えています。 戦慄:そうでしたね(笑)。 あと、YouTubeをかてぃの家で撮影したんですけど、犬がホワホワでかわいかったのでずっと見ていました。 日常ではそんなに使う機会なさそうだけど、多分似合うので。 非常時なら役に立ちそうですし! 戦慄:常に健康な身体にリセットできる魔法が欲しいです。 どんなに病んでも身体が大丈夫なら無敵な気がするじゃないですか。 あと、食わず寝ずでも働き続けられる身体も欲しい! 香椎:フュージョンって言葉が好きなので、フュージョンできるようになりたいですね。 西井:幼稚園の頃から変わらないんですけど、空を飛べるようになりたい! これは小さい頃からの夢です! 巫:天国に行く魔法を使ってみたいです! 小さい頃から動物をたくさん飼っていたので、亡くなったペットたちにも気軽に会いに行けるようになったらもう少し楽しく過ごせそう! 大森:ウイルス消したい!.

次の

ZOC コロナ禍でファンへの思い募る。アイドル界の異端児たちのメッセージ(週刊SPA!)

ヒアルロンロンリーガール

今年に入り、元アンジュルムの福田花音が「巫まろ」という名で加入したことも話題となった。 そんな彼女たちが、3rdシングル「SHINEMAGIC/ヒアルロンリーガール」をリリース。 6月2日発売の「週刊SPA! 」32周年合併特大号にも登場してもらい新曲のことはもちろん「ZOCらしさとは?」についても話している。 しかし、誌面には載せきれなかった内容もあった。 そこで今回特別にインタビュー完全版をここでお届けする。 聴いたとき、どんな印象を受けましたか? 大森靖子(以下、大森):ZOCのシングルはいつも楽しんでいただけるように多様性やかわいく生きることの信念をいろんな出力で表現していこうと、2曲は対照的になるように作っています。 「SHINEMAGIC」をかなり攻撃的にしたので、「ヒアルロンリーガール」は作りやすかったですね。 新メンバー加入が決まり、早く曲を作らなければいけないという圧を自分にかけるため、一行も何も作ってもないのにタイトルと発売決定を発表したことが印象的です。 西井万理那(以下、西井):タイトルしか聞かされていなかったのでどんなメロディかずっと想像していたんですけれど、「SHINEMAGIC」が想像よりもクールでかっこよくて驚きました! 藍染カレン(以下、藍染):私の最初の印象は「(どちらも)強い!」です。 曲の雰囲気は確かに対照的だけれど、一貫した強さがあってどちらもとても好きだなと思いました。 巫まろ(以下、巫):そう。 曲調は対照的なのですが、どちらの曲にもブレない芯の強さがあるのでそういった意味ではぴったりの2曲なんじゃないかなと思いました。 戦慄かなの(以下、戦慄):かっこよくもかわいくもありたいというみんなの願望だけじゃなくて、ちゃんと面倒臭いという部分まで全部を詰め込めてもらえて幸せです。 香椎かてぃ(以下、香椎):ただ、かっこよさと可愛さのギャップを自分なりに表現するのに苦戦しましたね。 「チュープリ」(1stシングル収録)や「ヒアルロンリーガール」は、私自身も女のコにさせてくれる曲なんです。 ただのかわいい曲ではなく、どストレートな言葉が入ることで、ZOCらしさが出るなと思います。 私は、全く別のどっか似てる魂が共生してるところがZOCらしさだと思っているので、この歌詞を見たとき「そうだなあ!」って。 巫:私も、その歌詞は印象的。 ZOCはそれぞれの過去や人生があって個性もバラバラ。 そのうえ、それぞれにコンプレックスがあったりもするけれど、6人集まるとそれが全て武器であり強みになるところがZOCらしさなんだろうなぁと思います。 西井:女のコが「ヒアルロンリーガール」を聴いたら少しかわいくなった気分になれちゃうというか、「これ私の歌かも」と思って聴けるところは、ZOCのコンセプト「孤独を孤立させない」に通じている気がしてZOCらしいなって思います。 やっぱり靖子ちゃんや靖子ちゃんが汲み取ってくれたメンバー達の思ってることが歌詞になっているので、全部の歌にちゃんとしたメッセージ性があるところはZOCならではの強みだと思ってます。 戦慄:うーん……というか、ZOCには似てる人が1人もいないので「これがZOCらしさだぞ」というのは私は無いと思うんですよね。 強いて言うなら、オリジナリティがあることだと思います。 「こんな女、見たことねえ」みたいな。 ZOC=破天荒なイメージが浸透してるのでアイドルエリートで可愛らしい雰囲気のまろちゃんが加入したときは一見ZOCに似合わないように見えた人もいるかもしれないけど、絶対に自分を曲げない生き方やマインドはまさにZOCにぴったり。 いろんな世界のやばい女がいてZOCが成り立っています。 大森:楽曲自体は、キーレンジの広さとキャッチーさ。 アイドルなのでサビをキャッチーにするぶんBメロは好き放題自由にエッジをかけて作っています。 そのうえで、かわいく愛をうたう歌も決して恋愛至上主義にしない。 人間の生き様の多様性を本当の意味で肯定したいですね。 そんな今回のシングルから、巫さんが参加しています。 さきほど少しお話にも出ましたが、巫さんが加入したことで雰囲気に変化は感じますか? 西井:まろが加入してパフォーマンスのレベルがさらに上がったとおもうし、安心感があります! 藍染:しかも、全体的に柔らかい雰囲気になりました。 まろさんは強さも柔らかさも持っているので、グループ全体の見た目も中身も、より強くなりつつソフトにもなれたような気がします。 ZOCはちょっと怖いイメージを持たれやすくて、場合によっては「怖く見えないように……可愛く……」と頑張ってたときもあったので、まろさんの存在はありがたいです。 戦慄:加入前は5人の圧が凄くて、どうにか髪型やメイクでかわいらしさを作っていたのですが、やはり無理がありました。 あんなにかわいくて歌もダンスもできるなんて、まろは最強の武器ですね。 私は正直、まろちゃんの加入が決まったときに「これからどうなっちゃうんだ~?」と不安になりすぎていたんです。 でも、実際に加入してみたらマジですんなりしすぎていて、むしろあまり変わってない(笑)。 ただ、まろがいることで、ZOCのかわいらしさがムンムンに出た気はします。 まろちゃんがみんなの雰囲気に馴染みすぎてて全然違和感がないです。 居心地よすぎます。 もう、ずっといてほしい! 大森:ZOCは私が作ったグループなのですが、選手兼任監督のような形で共犯者と名乗ってプロデュースしながらメンバーしているのを、マザーシップのような面だけ語られあまり人間扱いされていない感覚みたいになってきてしまい、どんどん私の面倒くさい部分や個性が孤立すると感じていたところ、巫まろちゃんは芸能界の先輩でもあって、仕事をふるとふったことの真意を捉えて倍返ししてきてくれたりして、同志という感覚をはじめてもらって、個人的にかなり救われました。 好きじゃない戦い方はできないから、正直もう次の曲なんてできねえというところまで閉ざしていた未来に、光をくれました。 巫さんは加入してみていかがですか? 巫:みんな、アニメのキャラクターのようにすごく強い個性があるところにびっくりしました。 全員が同じことをしてもそれぞれの色に染まるところは、本当にすごくカッコいいです!!! 曲やMVの注目ポイントをそれぞれ教えてください。 巫:眠っている私に靖子さんが手を差し伸べてくれて目覚めるシーンがあるのですが、まさに私の人生を表しているようで……。 何度見ても鳥肌モンです。 藍染:かなのと私の戦闘シーンは気に入ってます! あと、最後のラップパートが全員いい笑顔なので観てほしいです。 西井:そうなんです。 気持ちはヤンキーの「おい、ゴラァアア!! 」の雰囲気を醸しつつ歌いました。 戦慄:MVに限らずですが、衣装がほんとにメンバーの個性とキャラ引き立てすぎていてウケるんですよ(笑)。 藍染が思う理想のセクシー像とか、にっちゃん(西井)がクマ耳のフードだったりとか、絶妙すぎ。 初見でもなんとなく「この人はこういうキャラなんだ」とわかるのは素晴らしいです。 大森:ZOCはゲーム用語「Zone Of control(支配領域)」から着想を得て、「Zone Out Of control」支配されない孤独を孤立させずに魅力を拡張してゆくという意味を持たせているのですが、MVではメンバーをキャラクター選択できそうなほど個性が出ていて、全員が強そうな感じが好きです! 聴いてくれるみなさんには、好きなメンバーと人生を戦って欲しいですね。 特にお気に入りはサビ前のジャンプするところ。 ここで一時停止すると、全員のキャラが表れた飛び方になっています。 これを、誰に言われるでもなくバラバラにしているところがZOCですね。 西井:(笑)。 私は、出来上がった新衣装とピンクの銃を見たときにテンションあがって、みんなでかわいいかわいい言い合っていたのが印象深いです。 藍染:私も話題はあまり覚えていないんですけど、「SHINEMAGIC」はみんな顔や体にペイントをしているんですよ。 その場所がメンバーごとに違っていたので、みんなのペイントされていく様子を見ながら「おおなるほど、そこにペイントするのか~」とか一人でニヤニヤして楽しかったです(笑)。 巫:私は、撮影1日目にみんなでUber Eatsを頼んで、大皿からちょっとずつ分けながら食べるのが楽しかったですね。 大森:廃墟だったので、はしゃぐ人と怖がる人がいた記憶があります。 あと持って踊る武器の軽量化を最後まで調整したり、ここはこういう想いを込めた顔でというのをメンバーに伝えたり。 朝、戦慄さんが他の人が自分のために買ったごはんばかり食べようとしていたのも覚えています。 戦慄:そうでしたね(笑)。 あと、YouTubeをかてぃの家で撮影したんですけど、犬がホワホワでかわいかったのでずっと見ていました。 日常ではそんなに使う機会なさそうだけど、多分似合うので。 非常時なら役に立ちそうですし! 戦慄:常に健康な身体にリセットできる魔法が欲しいです。 どんなに病んでも身体が大丈夫なら無敵な気がするじゃないですか。 あと、食わず寝ずでも働き続けられる身体も欲しい! 香椎:フュージョンって言葉が好きなので、フュージョンできるようになりたいですね。 西井:幼稚園の頃から変わらないんですけど、空を飛べるようになりたい! これは小さい頃からの夢です! 巫:天国に行く魔法を使ってみたいです! 小さい頃から動物をたくさん飼っていたので、亡くなったペットたちにも気軽に会いに行けるようになったらもう少し楽しく過ごせそう! 大森:ウイルス消したい!.

次の

ヒアルロンリーガール 歌詞「ZOC」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

ヒアルロンロンリーガール

1時間32分 字幕あり 音声:英語 彼女に舞い降りた、一筋の光。 幼い頃、母親に育児放棄され祖母に育てられたミッツィー。 美容師学校に通っているものの裕福な家庭でないため、学生ローンで学費を捻出している。 ある日、彼女は好意を寄せているダフィから、安楽死寸前の老犬スパーキーを引き取ってもらえないかと相談を受ける。 彼にいい顔をしたいミッツィーは、祖母の反対を押し切りスパーキーを譲り受け、彼との野外セックスにも応じた。 そんな彼女のもとへ突然、母親が訪ねてきた。 ミッツィーは密かにこの小さな町を出て母親と暮らしたいと思っていただけに 幼い頃、母親に育児放棄され祖母に育てられたミッツィー。 美容師学校に通っているものの裕福な家庭でないため、学生ローンで学費を捻出している。 ある日、彼女は好意を寄せているダフィから、安楽死寸前の老犬スパーキーを引き取ってもらえないかと相談を受ける。 彼にいい顔をしたいミッツィーは、祖母の反対を押し切りスパーキーを譲り受け、彼との野外セックスにも応じた。 そんな彼女のもとへ突然、母親が訪ねてきた。 ミッツィーは密かにこの小さな町を出て母親と暮らしたいと思っていただけに、彼女の来訪を心から喜んだ。 だが、祖母は自分勝手な娘を受け入れるはずもなく…。

次の