小松島競輪 バス。 小松島競輪場改修工事、市のミスで入札2回中止|政治・行政|徳島ニュース|徳島新聞

小松島市運輸部

小松島競輪 バス

路線バス。 で放送されていたとロゴが一致するが、広告として掲載されているかは不明である。 (26年)に小松島町がバスの運行を行ったのが始まりである。 最盛期の(昭和43年)には小松島市民の利用客に加えてフェリー客の利用もあり、年間利用者は約300万人に達した。 しかし、乗用車の普及などで利用者が減少し、(25年)度に約45. 4万人まで落ち込むことになった。 また、全通後、が徳島フェリーターミナル発着になったこと、JRの新駅開業や高性能気動車 ・ 導入による速達化による利用者のシフトなども利用者数の低迷につながったとされる [ ]。 (平成27年)3月31日に廃止し、4月1日から路線バスはが路線を継承して運行を開始した。 バス路線 [ ] 路線バスは小松島市にくまなく路線を延ばしていたが、小松島市のでありながら、を北上しまで直通するという珍しい運行形態をとる路線があった。 2012年10月の時点で3路線5系統で運行されていた。 近年は路線用としての新車(、)を5台導入していた。 また、徳島県内のバス事業者としては、唯一英語での停留所案内が流れていた [ ]。 立江線 [ ]• 立江線• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - 南千歳橋 - 小松島高校前 - 芝生 - 田野 - 立江西 - 萱原• 小松島立江線• 市役所前 - ミリカホール前 - 日赤前 - 南千歳橋 - 小松島高校前 - 芝生 - 田野 - 立江西 - 萱原 田浦線 [ ]• 田浦線• 市役所前 - ミリカホール前 - 日赤前 - 南千歳橋 - 日開野東 - 児安小学校前 - 田浦 - 井口 和田島線 [ ]• 和田島線• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - 南千歳橋 - 市役所前 - 金磯 - 赤石 - 坂野 - 和田島• 目佐和田島線• ミリカホール前 - 日赤前 - 南千歳橋 - 市役所前 - 金磯 - 赤石 - 大林 - 大場目佐 - 坂野 - 和田島 路線再編について [ ] 2012年10月、路線再編により徳島駅発着便は大幅に縮小された。 徳島駅前発着便が和田島線と立江線のみとなり大幅に縮小された。 また再編後は実証試験運行(1年程度)として、小松島市役所やミリカホールなど市内中心部を結ぶ路線を新設した。 和田島線は、和田島ニュータウン内に停留所を新設、公共交通空白地域となっていた大場目佐地域に小松島発着の系統を新設した。 休止(事実上廃止)された系統 [ ]• 小松島線• ミリカホール行(方向幕は「小松島」)• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - ミリカホール前• バイパス経由・ミリカホール行(方向幕は「小松島」)• 徳島駅前 - 文理大学西口 - 大松町 - 日開野東 - 南千歳橋 - 日赤前 - 営業所前 - ミリカホール前• グランド前行• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田旧道 - 日赤前 - ミリカホール前 - グランド前• 競輪場行• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - ミリカホール前 - 二条通 - 市役所前 - 競輪場前• 大工町経由・徳島駅前行• 立江線• 日開野バイパス経由・徳島駅前行• 赤石・大林線• 赤石・大林行• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - 南千歳橋 - 市役所前 - 金磯 - 赤石 - 赤石団地前 - 大林• 和田島線• 和田島郵便局経由・和田島行• 田浦線• 田浦・井口行• 公営事業者としては珍しくの運行受託をかつて行っており、主にの主催ツアーバス「MYエクスプレス」の運行受託 を行っていた。 これに関連して、2011年には在籍する1台が海部観光カラーに変更された。 新制度移行に伴いこの受託は終了した [ ]。 脚注 [ ]• - 小松島市議会(2016年3月4日)• 朝日新聞社. 2015年4月2日• (2016年3月4日時点の)• 外部リンク [ ]• - (2015年3月12日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。

次の

小松島競輪場(徳島県)の基本情報とライブ、開催日程、場外発売、予想ほか

小松島競輪 バス

もくじ• 小松島競輪場の基本情報(歴史&施設)紹介 まずは「小松島競輪場」基本情報と施設の紹介をしていきます! 小松島競輪場の概要&歴史 「 小松島競輪場」は1950年(昭和25年)7月14日に開設されました。 小松島競輪場は開設当時は500mのバンクでしたが、1965年に400mに短縮されました。 その結果、小松島競輪場の特徴である角度の緩いバンクを生み出しました。 最近では、2011年に次世代トータリゼータシステム(公営競技システム)の導入されて、サイクルシアターにおける大型マルチビジョンの設置などがなされています。 特別競輪は• ふるさとダービー:2006年• 共同通信社杯春一番:2010年 が開催されてました。 小松島競輪場の入場料 小松島競輪場の入場料です。 入場料 <本場開催>• 一般入場料:50円• メインスタンド特観席:300円 <場外開催>• 一般入場料:無料• メインスタンド特観席:300円 小松島競輪場の施設 小松島競輪場の施設についてはこんな感じです。 施設案内• メインスタンド• メインスタンド特観席• ラウンジ&オッズモニター• ポンスターランド• サイクルシアター 小松島競輪場へのアクセス(行き方)は? 小松島競輪場へのアクセスです。 車でのアクセス• 徳島ICから国道11号を南へ直進(国道11号は徳島市内で国道55号に変わります)約20分、日開野町の交差点を左折し、県道33号を直進約8分、小松島市役所の前を直進し、「小松島競輪場」と書かれた黄色のアーチのすぐ近く 電車でのアクセス• JR牟岐線・南小松島駅から徒歩で約10分 バスでのアクセス• ポンスターにちなんで「ポンスターカップ」および「金長たぬき杯争奪戦」が開催されています。 小松島競輪場の特徴・バンクデータ 続いて、小松島競輪場の特徴とバンクのデータについて紹介していきます! 見なし直線距離 55. 3m バック増員 9. 3m センター幅員 8. 3m 小松島競輪場のバンクは、1周400メートル。 かつて500mバンクだったものを改修した名残で、カントがやや緩いのが特徴。 逃げも捲りもあまり有利不利がないバンクで、先行選手と追い込み選手なら先行選手が有利という感じです。 イン待ちや競りもそこそこ効果的で、全体的に大きく数値が偏っていない競輪場です。 小松島競輪場の決まり手 決まり手はこんなところです! 1着決まり手• 逃げ:27%• 擦り:30%• 差し:43% 2着決まり手• 逃げ:15%• 擦り:16%• 差し:26%• 阿波おどり杯争覇戦• ポンスターカップ• 金長たぬき杯争奪戦• 笹田伸二杯争覇戦 小松島競輪場の地元選手 「 小松島競輪場」での有名な地元選手です!• 室井 健一 選手(S級1班・69期)• 堤 洋 選手(S級1班・75期)• 小倉 竜二 選手(S級1班・77期) まとめ 小松島競輪場の観覧席から紀伊水道を望む眺めは、全国でも1、2を争う程の絶景です! 晴れた日には、大鳴門橋から遥か淡路島までもが一望できます。 あと小松競輪場には、少し変わった作り方をする名物の焼きそばがあるので、食べながら観戦するのも楽しそうですね!.

次の

交通アクセス|ひろしまけいりん

小松島競輪 バス

路線バス。 で放送されていたとロゴが一致するが、広告として掲載されているかは不明である。 (26年)に小松島町がバスの運行を行ったのが始まりである。 最盛期の(昭和43年)には小松島市民の利用客に加えてフェリー客の利用もあり、年間利用者は約300万人に達した。 しかし、乗用車の普及などで利用者が減少し、(25年)度に約45. 4万人まで落ち込むことになった。 また、全通後、が徳島フェリーターミナル発着になったこと、JRの新駅開業や高性能気動車 ・ 導入による速達化による利用者のシフトなども利用者数の低迷につながったとされる [ ]。 (平成27年)3月31日に廃止し、4月1日から路線バスはが路線を継承して運行を開始した。 バス路線 [ ] 路線バスは小松島市にくまなく路線を延ばしていたが、小松島市のでありながら、を北上しまで直通するという珍しい運行形態をとる路線があった。 2012年10月の時点で3路線5系統で運行されていた。 近年は路線用としての新車(、)を5台導入していた。 また、徳島県内のバス事業者としては、唯一英語での停留所案内が流れていた [ ]。 立江線 [ ]• 立江線• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - 南千歳橋 - 小松島高校前 - 芝生 - 田野 - 立江西 - 萱原• 小松島立江線• 市役所前 - ミリカホール前 - 日赤前 - 南千歳橋 - 小松島高校前 - 芝生 - 田野 - 立江西 - 萱原 田浦線 [ ]• 田浦線• 市役所前 - ミリカホール前 - 日赤前 - 南千歳橋 - 日開野東 - 児安小学校前 - 田浦 - 井口 和田島線 [ ]• 和田島線• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - 南千歳橋 - 市役所前 - 金磯 - 赤石 - 坂野 - 和田島• 目佐和田島線• ミリカホール前 - 日赤前 - 南千歳橋 - 市役所前 - 金磯 - 赤石 - 大林 - 大場目佐 - 坂野 - 和田島 路線再編について [ ] 2012年10月、路線再編により徳島駅発着便は大幅に縮小された。 徳島駅前発着便が和田島線と立江線のみとなり大幅に縮小された。 また再編後は実証試験運行(1年程度)として、小松島市役所やミリカホールなど市内中心部を結ぶ路線を新設した。 和田島線は、和田島ニュータウン内に停留所を新設、公共交通空白地域となっていた大場目佐地域に小松島発着の系統を新設した。 休止(事実上廃止)された系統 [ ]• 小松島線• ミリカホール行(方向幕は「小松島」)• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - ミリカホール前• バイパス経由・ミリカホール行(方向幕は「小松島」)• 徳島駅前 - 文理大学西口 - 大松町 - 日開野東 - 南千歳橋 - 日赤前 - 営業所前 - ミリカホール前• グランド前行• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田旧道 - 日赤前 - ミリカホール前 - グランド前• 競輪場行• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - ミリカホール前 - 二条通 - 市役所前 - 競輪場前• 大工町経由・徳島駅前行• 立江線• 日開野バイパス経由・徳島駅前行• 赤石・大林線• 赤石・大林行• 徳島駅前 - 県庁前 - 津田二丁目 - 論田 - 中田 - 日赤前 - 南千歳橋 - 市役所前 - 金磯 - 赤石 - 赤石団地前 - 大林• 和田島線• 和田島郵便局経由・和田島行• 田浦線• 田浦・井口行• 公営事業者としては珍しくの運行受託をかつて行っており、主にの主催ツアーバス「MYエクスプレス」の運行受託 を行っていた。 これに関連して、2011年には在籍する1台が海部観光カラーに変更された。 新制度移行に伴いこの受託は終了した [ ]。 脚注 [ ]• - 小松島市議会(2016年3月4日)• 朝日新聞社. 2015年4月2日• (2016年3月4日時点の)• 外部リンク [ ]• - (2015年3月12日アーカイブ分) この項目は、に関連した です。

次の