全く やる気 が 起き ない。 やる気が出ないあなたへ贈る!モチベーションを上げる21の方法

やる気が出ないあなたへ贈る!モチベーションを上げる21の方法

全く やる気 が 起き ない

朝起きて会社に行くのが億劫• 仕事へのモチベーションが湧いてこない• 何のために働いているか分からない• これから何十年も働くことを想像するとウンザリする• 何もする気が起きない こんな風に、仕事のやる気が出ない状態が続くときはどうすればいいのでしょう。 ひたすら仕事に打ち込んでいれば、そのうちやる気が出てくる? ちょっとお休みをもらって、家でゆっくりするのがいい? 夏風邪のようなもので、時間が経てば元に戻る? 残念ながら、根本的な原因を解消しない限り、やる気は出ないままです。 悪くなることはあっても、良くなることはないです。 確かに、仕事は決して楽しいことばかりではありません。 しんどいことの方が多くて当たり前でしょう。 だから、たまにやる気が出ないことがあっても不思議ではないと思うかもしれません。 しかし、長期間にわたってやる気が出ないというのなら、そこには何かしらの原因があるのです。 今回は、そんなあなたのために仕事のやる気がなくなってしまう原因について考えていきます。 記事を読み進める前に... もしあなたがまだ転職サイトやエージェントに登録していないのであれば今すぐ登録しておくべきです。 どんどんやる気がなくなり、本格的に鬱になってしまってからでは、後戻りできません。 ストレスが溜まり続けると「転職サイトに登録して会社を辞めよう」という正常な判断すらできなくなってしまうんです…!!! こちらの「頭痛、吐き気、不眠…仕事のストレスの原因と4つの対処法を徹底解説」という記事参照 そうなってしまう前に、気になる求人情報をストックしておくだけでも転職という選択肢が生まれ、 過労で倒れる前の「保険」にもなってくれます。 登録自体は5分もかからないので、今のうちに業界最大手の転職エージェントに登録して相談しておくと良いでしょう。 今のあなたの判断が、未来のあなたを救います。 仕事のやる気が出ない根本的な原因 仕事に対してやる気が出ないということは、原因は 仕事の中身にありますね。 もちろん、プライベートで嫌なことがあって、仕事のやる気がなくなることもあります。 ですが、その場合なら、仕事に限らず、生活全般でやる気がなくなるハズですよね。 なので、ここでは原因を仕事に絞って考えていきます。 仕事のやる気がなくなる原因は、以下のようなものが考えられます。 仕事が過酷すぎる• 仕事にやりがいが感じられない• 評価制度に納得できない• 人間関係が上手くいかない 一つ一つ見ていきましょう。 仕事が過酷すぎる 単純にノルマがキツすぎたり、毎日のように残業させられたり等、 仕事の過酷さが原因となっているケースです。 あるいは、クレーム対応ばかりさせられる等、メンタル面での過酷さが原因の場合もこれに当てはまります。 人間には、耐えられる負荷の限界というものが決まっています。 限界を超えた負荷をかけられたとき、人は心身に大きなダメージを負ってしまいます。 このような状況では、一刻も早く労働環境を変えなければいけません。 「まだ頑張れる…!! 」 「家族のためにも辞めるわけにはいかない…」 など、仕事が過酷なのにも関わらず無理をして頑張ってしまう人が多いですが、すぐに辞めた方が良いです。 この記事を読んでいるあなたは「やる気がでない」ことで悩んでいるんですよね。 やる気がでない・だるいなどの症状は「オーバーワーク」つまり働きすぎて体が限界を迎えている人の代表的な症状なんです。 オーバーワークに気づかず「今日はたまたま疲れているだけ」と放っておくと命を落とすこともあります。 大げさに思われたかもしれませんが、ぼくの彼女のおじさんは 過労死で亡くなりました。 奥さんと2人の娘に恵まれ、熱心に仕事に励んでいましたが、いかんせん頑張りすぎるところがあったようです。 そのため、奥さんは心配してたと言っていました。 亡くなる前日もいつもどおり家に帰ってきて他愛もない話をし、娘の学校の話を聞いていました。 その後「今日は少し疲れたから寝るね」と少し早めに眠りについたそうですが、そのまま目覚めることはありませんでした。 44歳の若さでした。 娘2人は、まだ中学生と小学生でした。 奥さんは、それ以降ぐったりしているそうで時折親族の方が様子を見に行っているようです。 世の中にも「過労死」は溢れています。 「働きすぎで死ぬなんて」ぼくも昔はそう思っていましたが、残念ながら事実です。 あなたが仕事を過酷だと感じているなら、その仕事を辞めて新しい仕事を探すことをおすすめします。 仕事辞めることは恥ずかしいことではありません。 自分の命を大切にすることは何も悪いことではありません。 仕事にやりがいが感じられない 自分のやっている仕事に価値を見出せないことが原因となっているケースです。 あまりに単調な作業であったり、何かの役に立っていると思えない仕事を任せられても、人はやりがいを感じられません。 無意味なことを続けることほど、人間にとって苦痛なことはないのです。 ある意味では、「1. 仕事が過酷すぎる」で紹介したケース以上に過酷な状況と言えるでしょう。 評価制度に納得できない 仕事がしんどくても頑張れるのは、頑張ったことが正当に評価されるからこそです。 もしも、 純粋な仕事の頑張りが評価されず、口が上手かったり、社内政治が得意なヤツが評価されるような会社ならどうでしょうか? 真面目に働く気なんて無くなってしまいますよね。 まともに評価されない職場では、働くことが無意味にしか思えません。 そうなれば「仕事にやりがいが感じられない」のケースに似た虚しさを感じることになるでしょう。 こんな人は例えば自分の行動が直接お金に変わる副業に挑戦してみるのも良いですね。 こちらの「」という記事で紹介していますが、最近は副業に挑戦する人も多く、ネットさえ繋がればスキルなしでも稼ぐことができます。 中には 1日で4,5万円稼げるものもあるので気になる方はぜひ見てみてください。 人間関係が上手くいかない 会社は多くの人と関わる場所ですから、それだけ人間関係の悩みも起こりやすい環境です。 苦手な同僚、生意気な部下、怖い上司…。 悩みの種はつきませんよね。 会社自体のノリについていけない、ということもあります。 前に紹介した3つの原因に比べると、深刻度が低く思えるかもしれません。 しかし、 「すべての悩みは人間関係の悩み」という考え方もあるぐらい、人間関係は根深い悩みになりえるのです。 毎日顔を合わせるともなれば、なおさらですよね。 日増しに嫌な気持ちが積み重なっていき、いずれは仕事に支障が出るほどの悩みとなっても不思議ではありません。 今はリモートワークという働き方もあるんです。 エンジニアのようにスキルを身につける必要がありますが、 こちらののように無料でプログラミングを学べ、そのまま就職サポートしてくれる転職サービスもあるほど。 こういった逃げ道があるということもしっかり覚えておいてください。 ちなみに、 仕事を辞めたいと思う原因のトップ3には「人間関係が良くない」が必ずランクインしているくらい重要なものなんですね。 とはいえ「人間関係が理由で辞めるって我慢がたりないだけなんじゃ…」と罪悪感を抱く方が多いのも事実。 確かに、どんな職場に行ってもあなたと会わない人は必ずいるでしょう。 だからといって、 今の人間関係が良くないのであれば我慢する必要はありません。 もちろん、それさえ我慢できれば月収500万もらえるのなら話は別ですけどね。 笑 余談ですが、ぼくはお金より仕事のストレスの低さを選びますね。 いずれのケースも、短期間で解消されるのであれば、大事にはいたりません。 瞬間的なストレスの高さなら、世の中にはもっとツライことがたくさんあるでしょう。 しかし、仕事における悩みのツライところは、永続的にストレスを受け続けることなんです。 毎日、ストレスを受けることが分かっている会社に向かい、ストレスを受けて帰ってくる。 これが人にどれだけの負荷を与えることか、はかり知れませんよね。 こんなことが続くと、人はどうなってしまうのでしょうか? まず、今は仕事に対してやる気が無くなっているだけで済んでいますが、 いずれは私生活にも影響してくるでしょう。 何をしていても仕事の悩みが頭に浮かび、つまらなく感じてしまいます。 好きな趣味も、今のように楽しめなくなるかもしれません。 そうなれば、ストレスを発散する機会すら失われてしまうのです。 楽しいことがなくなれば、悲観的なことばかり頭に浮かぶようになってきます。 家族や恋人がいれば、そんなあなたの様子を心配して、心を痛めることにもなります。 精神だけでなく、身体的にも様々な悪影響が出てくるはずです。 慢性的な睡眠不足や、原因不明の体調不良など…。 さらにそのまま進むと、その先に待っているのは 過労死かもしれません。 それでもなお、仕事を続けるなら、いずれ取り返しがつかないことになります。 心身共に壊れてしまい、仕事どころではなくなるでしょう。 そうなってしまっては、もう手遅れなんです。 今、すでに「今の会社を辞めたい」「もう限界だ」と少しでも感じているのであれば、自分の気持ちに素直になって新しい職場を探すのが正しい選択といえます。 無理をして良いことはありません。 ただ、利用されるだけ。 毎日出勤するのですから当然毎日溜まっていきますね。 これは、うつに向かって全速力で進んでいるようなもの。 うつになれば正常な判断力は失われてしまいます。 あなたの目の前に広がる無限の可能性も閉ざされてしまうことでしょう。 そうなってしまう前に 一刻も早く転職活動を始めるべきです。 こちらの「」という記事で詳しく紹介していますが、実際とりあえず登録しておくだけだったり、エージェントに相談して話を聞いてもらうだけでもかなり楽になるもの。 逃げ道があるってことを実感できるだけでもストレスはいくらかなくなるでしょう。 辛い会社に居続ける必要は全くありません。 このまま、社会復帰ができなくなる前に他の道もあることを頭に入れておいてください。

次の

仕事にやる気が出ない人は転職して環境を変えよう

全く やる気 が 起き ない

学生向けやる気アップ術 2018. 19 2020. 15 やる気復活アドバイザーぶな 勉強へのやる気を失った大学生に送る3つの処方箋【経験談あり】 受験のときはあんなに勉強してたのに、 大学生になってから全然やる気がなくなってしまった! でも単位をとらなきゃ卒業できないし、 成績が悪すぎたり留年なんかしたら就活にも悪影響が出る。。 どうしよう・・・ (でもやりたくねぇ) 僕が大学生だったころ、 そんな悩みを持った友だちや後輩がたくさんいました。 そして僕自身、興味のある分野はさておき 卒業単位をとるために仕方なく履修した講義に関しては 反吐が出るほどやる気が出ないので一切勉強しない。 試験期間直前に詰め込んで 無理やり間に合わせる。 なんてこともしょっちゅうでした。 笑 しかしそんな僕でもちゃんと単位を取りきって卒業することができたし、 就活も問題なくクリアーすることができた。 その秘訣は ・オーダーメイドの目標を立てること ・色んな刺激を自分に与えること ・心身のコンディションを整えること の3つにあったんだなと やる気について学び倒した今では思います。 そんなわけで今回は、 勉強へのやる気を失った大学生がすべきこと について詳しく解説していきます。 どういうことか?というと。 高校までの勉強と違って、 大学生になってからの勉強の多くには 直接的な目標がないですよね。 いま出席してる講義の単位を取ったところで、 その単位が将来の仕事に直結するわけではない。 直結しないどころかぶっちゃけほとんど意味がない。 例えば、 法学部を卒業する人のほとんどは弁護士にならないし、 文学部卒だろうが社会学部卒だろうが 新卒社会人の1年目はみんな仲良く営業マンをやらされたりする。 セールスの勉強なんかしたことないのに。 笑 それくらい日本の就活では、 大学で学んできた専門知識を 採用する側が重要視しないわけです。 そんな状況では人間、 やる気が出ないのなんて当たり前なんですよ。 (まーもちろん理系だったら 大学での勉強が卒業後のキャリアに直結しやすい学部 もありますけど大学生全体で見たらそうじゃない人が多いですよね。 ) じゃあそんな状況のなかで やる気を復活させるにはどうしたらいいのか? ってことでここから対策の話をします。 オーダーメイドの目標を立てる【ぼんやり理想がある人向け】 大学の勉強に意味が無いなら、 自分なりの意味を見つけ出せば良い。 ただそれには、自分自身が価値を感じる 自分だけのオーダーメイドな目標を設定する必要があります。 まずステップ1は、 「自分はこうなりたい」という理想を明確にすること。 そしてステップ2は、 その理想に向かう上で、この勉強はどう役に立つのか? を考えることです。 具体例で説明しましょう。 頭がいいってどういうことなのか? すらもよくわかってなかったのだけど。 笑 ただ、それまで生きてきた中でときどき出会うことのあった、 圧倒的に頭のいい人 教養の深さがハンパじゃない人 「どうしたらそんなこと思いつくの?」 っていうくらいとんでもないアイデアを考えつく人 そんな人のようになりたいと思ったんですね。 そう思ってたから、 自分自身で哲学やら心理学やら 色んなことを勉強するのは楽しかったんですが その反面、大学の講義のなかで 明らかに教授のほうにやる気がない うすっぺらな講義はすごい嫌いだったんです。 笑 なんだこれ?と。 ふざけんな!一人で本読んでるほうがマシだわ!こんなん! と思って僕のほうも全くやる気が起きなかった。 笑 レポートを書けとか言われても その時間が無駄すぎるわ! くらいに思っていた。 w でも単位はとらなきゃ卒業できないわけで。 そこでどうしたか?というと、 講義内で話されていた教授の主張に 真っ向から反論する内容のレポートを書こうと決めました。 笑 そして全くツッコミの余地がないほどに 完璧な論理を目指して書きました。 (すげー嫌な学生w) これはつまり うすっぺらくてどーでもいい、 やりたくない課題を、 「自分の頭をよくするための訓練」 あるいは 「自分の思考能力を試す機会」 と捉え直して取り組んだわけです。 そしたらどうなったか? 最初は嫌で嫌で仕方なかったレポートだったのに スラスラと筆が進み、単位もちゃんと取ることができました。 まぁ評価そのものはひどいもんでしたけどね。 笑 (ケンカ売ったんだからしょーがないw) ただ、このように 課題を「自分の目標」でコーティングする、 つまり 自分なりの意味を与えることによって たとえ最初は「やりたくないこと」だったとしても、 「やりたいことの一部」へと変えることができるんです。 だから まずは ステップ1. 自分の理想が何なのか考える そして ステップ2. 「理想に向かう上でどんな役に立ちそうか」考える この2ステップですね。 ぜひ自分なりに試してもらえたらと思います。 オーダーメイドな目標設定をするための方法については、 という記事により詳しく書いたのでぜひ読んでみてください。 色んな刺激を自分に与える【理想が見つかってない人向け】 「自分は特に理想とかないんだよなぁ」 って人もたくさんいると思うんで 今度はそーゆー人向けのメソッドを解説しますね。 「大学生は人生の夏休み」なんてよくいわれますけど、 実際、自由な時間はたっぷりありますよね。 高校みたいに校則もなければ受験も無い。 かといって社会人のように仕事に縛られてもいない。 その時間的な自由を活かして、 自分に色んなタイプの刺激を与えてみ るのもおすすめです。 色んな種類の人と会ったり飲んだり話を聴いたり 映画を見たりマンガを読んだり 美術館や博物館に行ったり バンドやお笑いのライブを見に行ったり 一人旅をしてみたり バイトやインターンをやってみたり 卒業単位と関係ない(けど興味がある)ことを勉強してみたり とにかく、今までの自分が経験した事のない刺激を たくさん自分に与えてみる。 そうすると、 それまで想像すらしたことのない考え方や 思いつきもしなかったアイデア、 見たこともない人間の生き方に触れることができます。 そういうものに触れて初めて、 「こんな世界があるのか」 「こんな人になってみたいな」 「こんな生き方してみたいな」 あるいは逆に 「こんな生き方だけは嫌だな」 「この人みたいにはならないようにしよう」 みたいなかんじで 自分の理想を明確にするきっかけが得られるわけです。 ここが明確になれば、さっき話したような オーダーメイドな目標を作ることにもつながるしね。 それに、こうして色んな刺激を受けて 自分の理想が明確になると その後の将来設計も見えやすくなってきます。 僕自身、大学時代に ネット上で情報発信してビジネスをやっている人の存在を知って、 「自分もそんな生き方してみたい!」 と思ったのがきっかけで いまこうしてブログを書いてたりするのでね。 僕の場合、まだこのブログから 有料サービスの販売は始めていないけれど 遠からぬ将来、 セミナーをやったりコンサルしたりってことをやりたいな〜 と思って準備を進めてます。 そんな風に、 「自分は絶対この道で生きていきたい!」 なんて思えるような可能性と出会うためにも 色んな種類の刺激を自分に与えるということ やってみるのも非常におすすめです! 心身のコンディションを整える【やる気ない大学生全員】 そしてもう一つ、 意外だけど最も大事なのが 心身の健康です。 大学生になると高校のときと比べて 格段に生活の自由度が増すので、 生活リズムも狂いがちです。 外食が増えたり、 サークルの仲間と飲み明かしたり、 カラオケオールして次の日は昼過ぎまで寝たり。 笑 そんな風にリズムが狂い、 健康状態が悪くなると 当然っちゃ当然なんですが 脳のパフォーマンスは落ちます。 脳の機能が落ちると、 集中も続かなくなるし、やる気も起こらなくなるし なぜか気持ちも滅入ってきたりする。 笑 「単純に健康状態が悪くなったのがやる気が出ない原因だった」 なんて人も少なくないと思うし、 逆にいえば、 心身のコンディションをちゃんと整えてやるだけで やる気が復活することもあるので、 この項目も要チェックです。 以下の記事により詳しく書いてあるので ぜひ読んでみてくださいね。 参考記事: 参考記事: 番外編:好きなことだけにとことん没頭する これはちょっと番外編なんですけど、 何か好きなことややりたいことが 大学の勉強以外にあって その他のことには何も意欲が湧かない! みたいな人はいっそのこと それに没頭してしまうのもいいと僕は思います。 「えっ、でもそしたら単位とれないじゃないですか」 って思うかもしれないけど、 どっちにしろ講義に出て単位を取って ってことに何のモチベも湧かないなら あなたの心のベクトルはそーゆー人生を望んでないと思うんだよね。 本当はその「やりたいこと」にしか 矢印が向かっていないんじゃないかと思うわけ。 そして きちんと講義に出て単位を取って 4年で卒業して企業に就職して… っていう人生が 誰にとっても正解って わけじゃないんだよ。 ある人にとってはバンドかもしれない ある人にとってはダンスかもしれない またある人にとっては海外ボランティアかもしれない またまたある人にとっては小説かもしれないし あるいはミュージカルかもしれない なんでもいいんだけど、 自分の人生これに懸けてみたい、 自分の この命をこれに賭してみたい っていう思いを何かに対して持ってるなら、 一回全力で挑戦してみるべきだと思うし 大学生時代ってのは、 その 挑戦の時期として最適だと思うんだよね。 なぜなら、 時間と お金と 知能と 体力が 良いバランスで 自由に使えるから。 まだまだモノになるにはほど遠いな、って感じでも だけどそれでも続けていきたい! って思うならそれも良いじゃん。 折り合いのつけかたも人それぞれだけど、 気が済むまで夢や目標に全力でぶつかる っていう経験は 大人になるまでの過程ですごく価値の高い、 尊いものになると思う。 僕の友だちには 大学に入ってからサークルでオペラを始めて めっちゃハマった結果、 普通の四年制大学から音大の大学院に入っちゃったやつもいるし、 バンドが大好きで、 カナダに留学して路上でギターを弾いたりして修行して (海外だと普通に結構お金がもらえたりするらしいです) 帰国後、先輩に誘われて入ったバンドでサマーソニックに出演したやつもいるし、 (そのうちブログで紹介するかもしれません。 笑) 大学の4年間ミュージカルサークルを全力でやってきて、 卒業を控えて就活もしたけど 「自分はやっぱり演じる側でいたい!」 という思いがあることに気づいて、 今後もプレイヤーとしての道を突き進むことに決めた子もいる。 そういう人たちを見てると、 彼らの人生はそうあるべきだよな、と思うんだよね。 自分の願望を押し殺して、 みんなと同じ道を選ぶことが正解だとは到底思えない。 現状が上手くいってようがなかろうが、 自分の願望に向かって突き進むことが 彼らの幸福と充実感につながっているんだなぁ と伝わってくるから。 だからもしそーゆー対象が見つかってるなら、 それに挑戦してみよう。 絶対にしなきゃいけない「何か」なんてないと思うんですよ。 それが かっこいい大人になるための いちばんの準備になると思う。 まとめ:気楽に構えよう! ・大学生がやる気なくなるのは、勉強する目的がなくなるから。 ・自分の理想につながるオーダーメイドな目標を立てよう。 ・理想が明確になってない人は色んな刺激に触れてみよう。 ・心身の健康状態を保つのもとっても重要。 ・やりたいことが他にあるならそれに没頭するのも全然OK! 今日の内容をまとめるとこんなかんじです。 大事なのは、これらがすべて 科学的な研究がベースになっているってこと。 人間の心や、やる気の仕組みについて研究すれば 誰だってこれくらいのことはわかるようになります。 興味のある人はぜひ公式LINEを友だち追加してください。 一緒にモチ研していきましょう! ではでは!• やるべきことができないダメな自分を卒業したい。 本当はもっと 全力でがんばれるようになりたい。 いつでも 最高のパフォーマンスで仕事や勉強に打ち込みたい。 だけど、どうしてもモチベーションがあがらない。。。 そんなあなたのために LINEで やる気に関する講義を行っています。 これまでに、LINEメンバー限定レポートや 音声コンテンツを通して ・どうすれば行動できるようになるのか? ・やる気を失う心理状態とは? ・「本当にやりたいこと」を見つける方法 ・自信とモチベの関係性 ・最高のパフォーマンスで働くには? など、様々な視点で徹底解説してきました。 <公式LINEで配信する内容> ・ブログの最新記事をいち早くお届け! ・ LINE登録者限定コンテンツ (音声や限定コラム、過去の相談アーカイブなどを配信中!) ・お悩み相談への回答 (ブログ記事やメンバー限定コラムを通してお答えします!) (直接の回答はコンサル生のみ) <公式LINEメンバー限定コンテンツ> 音声コンテンツ ・モチベを維持する"目的とフィードバック"の力 ・ぶなが人生でいちばんやる気が出なかったときの話 限定コラム ・意志力に頼らずにモチベをあげる方法 ・漠然とした不安の正体と解消法について ・「それ本当にやらなきゃいけないの?」 ・過去にいただいた相談のアーカイブ などなど 随時更新中! <ご登録に当たっての注意点> メンバー数が増えてきた現在、 すべてのご相談を取り上げられるわけではありません。 (2019年10月現在) 登録も相談も <完全無料>です。 お気軽に友だち追加して話しかけてください!(ブログの感想とかもらえると喜びます。 中学高校の6年間一度も勉強に対するやる気が出なかったが、浪人を機に覚醒。 大学生の頃モチベーション研究に目覚め、 8年間の独自研究をもとにオリジナルの 【やる気復活メソッド】を構築する。 モチベーション研究ブログを4年間運営。 主催する無料コミュニティには300名以上の参加者が集まる。 直接、やる気の相談に乗ってきた人数は100名以上。 また個別指導塾講師として2年間勤務。 問題児担当として闇を抱えた生徒たちの心のケアに携わってきた。

次の

やる気が全く出ません。私は国家資格を取得したいと思ってい...

全く やる気 が 起き ない

心をリラックスさせることが何もやる気が起きない時の対処法 なぜか何もやる気が起きない時は、心が疲れ切っている場合が多いです。 日々の仕事や家事や育児などに追われる毎日が、心を徐々にすり減らしています。 毎日のことだと自覚がないかもしれませんが、いつの間にか疲れ切っていることは珍しくありません。 そんな時は無理してやる気を出そうとするのではなく、 心をリラックスさせるように意識することがその対処法です。 心がリラックスすれば、やる気が自然とわいてきますよね。 その具体的な対処法を、いくつか紹介します。 昼寝をして心をリラックスさせる 何もやる気が起きないのですから、体を動かしたりするのはとても億劫ですよね。 それなら無理に体を動かそうとはせず、そのまま昼寝してしまうのも立派な対処法の1つです。 家族のためにと頑張って仕事をしていたり、家事や育児に励んでいたりする人は、夜間の睡眠だけでは足りないぐらい心が疲労しているものです。 そのような状態ではやる気が失われていき、 ある日突然糸が切れたかのように動きたくなくなります。 そんな時は無理に動こうとはせず、昼寝をして心をリラックスさせるのがおすすめの対処法です。 仕事中だと昼寝はできませんが、自宅にいる時ならできますよね。 仕事で疲れている人の場合は仕事の休みの日に、昼寝をしてみるとやる気が戻ってきます。 昼寝の時間があまり長くなってしまうと夜に眠れなくなりますので、30分ぐらいにとどめておくのが良いかもしれません。 体も心も疲れている時は、リラックスするために昼寝をするとリフレッシュできます。 座っていてもできる娯楽を行う 今は特に体を動かすことなく、座っていてもできる娯楽がたくさんありますよね。 何もやる気が起きない時は、それらの娯楽に興じて気分を変えるのもおすすめの対処法です。 何もやる気が起きないのですから、そんな娯楽に興じることすら面倒に思えてしまうかもしれません。 ですが今は座っていてもできる娯楽がたくさんあるので、先のことはあまり考えずまずやってみましょう。 1番簡単なのは、テレビをつけてザッピングすることです。 テレビから流れてくる情報を、ただ聞き流しているだけでも心が刺激されますよね。 ボーっと見ているだけでも構わないので、気分転換だと思って見てみると良いです。 Amazonビデオなどを見ることが出来る人は気になるタイトルをどんどん見てみるのも良いでしょう。 仕事や家事などで毎日忙しくしている人は、ゆっくりテレビを見る余裕すらないかもしれません。 ただテレビを見るだけですが、それがリラックスのきっかけになる可能性は十分あります。 またテレビを見る以外では、本や雑誌を読む、ゲームをする、音楽を聴く、動画を視聴するなども、基本的に座ってできる娯楽の数々ですよね。 これらの娯楽でどれか1つでも興味を持てそうなら、リラックスするために行ってみるのがおすすめです。 やる気が戻ってきやすいです。 自然の中に身を置いてリラックス 何もやる気が起きない時の対処法でおすすめなのは、自然の中に身を置いてリラックスすることです。 家の近くに緑のある公園があれば、そこへ行ってみるとだいぶリラックスできます。 何もやる気が起きない時は近所の公園に行くことすら大変に思えてしまうかもしれませんが、自然のエネルギーをもらうとかなりリラックスできます。 また公園では子どもたちが元気に遊んでいることも珍しくありませんので、その光景をただ目にするのも悪くありません。 子どもたちの元気な姿は、心に活力を与えてくれます。 疲れ切って何もやる気が起きない時は、なるべく自然に触れるようにしましょう。 「何もやる気が起きない時の対処法は決して無理をしないこと。 」 何もやる気が起きない時の対処法としてとても大事なのは、決して無理をしないことです。 何もやる気が起きない時は、無理に何かをやろうとしてもなかなか思い通りにいきません。 その状態で無理に行動を起こせば、もっとやる気が失せてしまう可能性があります。 そうなると泥沼ですので、無理をすることなく体も心も休ませるようにするのがおすすめの対処法です。 自分の状況を見つめ直すチャンス 何もやる気が起きない時は無理をせず、自分の状況を見つめ直すチャンスだと思ったほうが良いです。 何もやる気が起きないぐらい毎日を精一杯生きてきた人は、自分の状況を改めて見つめ直すチャンスが少なかったはずです。 もしも家族のために頑張ってきた人なら、自分のことを 振り返る余裕を持てていないことが多いです。 何もやる気が起きない時はそんな突っ走って生きることに疲れてしまっている証拠ですので、無理をするのはよくありません。 そこで自分のことを振り返ってみて、考えるチャンスがきたと前向きにとらえます。 無理に行動を起こさず、今の状況を見つめ直していきます。 そうすることで、自分の気持ちが整理できます。 この対処法を行えば、やる気が戻ってきてもおかしくありません。 何もやる気が起きないなら家族の誰かに甘えてもいい 自分で無理をしない分誰かを頼ろうとするのも、何もやる気が起きない時の対処法です。 何でも自分でやろうとしてしまう人は家族の中で重宝されるぐらい優秀だったりしますが、その分一人で抱え込んでしまいがちです。 できてしまう分、他の家族に任せられないと考えてしまう一面があります。 そこで何もやる気が起きない対処法としておすすめしたいのが、家族の誰かに甘えることです。 それができるなら苦労はしないと考えてしまうものですが、あえて弱音を吐けば家族の誰かが優しく手をさしのべてくれるかもしれません。 何もやる気が起きないぐらい頑張っていることに他の家族がはっきりと気付けば、きっと力になってくれるはずです。 家族の誰かに甘えようとすることは、決して恥ずかしいことではありません。 対処法としてはオーソドックスですが、何もやる気が起きないくらい疲弊している時は、誰かに甘えてもいいのです。 自分へのご褒美を買う 何もやる気が起きない時は、自分へのご褒美が足りていない状態だといえます。 ですからその対処法として効果的なのは、自分へのご褒美を買うことです。 人間は現金なところがあり、ご褒美という形で自分を褒めてあげると途端にやる気になったりします。 自分へのいたわりは、甘やかしているのとは違いますよね。 何もやる気が起きないぐらい 日々一生懸命に生きているなら、そのみかえりを求めるのは当然です。 その気持ちまで抑え込んでしまったがゆえに、何もやる気が起きないのかもしれません。 自分へのご褒美に何か買うことを考え出せば、気分が自然と高揚してきます。 それがやる気の第一歩になることは珍しくありませんので、何もやる気が起きない時の対処法としては悪くありません。 スマホやパソコンを使ってご褒美に何を買うのか調べるのは、とても楽しいものです。 そうすれば心の状態が徐々に改善されていきます。 日頃、やりがいを見返りとして自分を奮い立たせている人も少しくらいは自分にご褒美をあげてみても良いと思いますよ。 何もやる気が起きない時の改善・対処法は自分を責めないこと 責任感の強い人ほど、何もやる気が起きない時は自分を責めてしまいがちです。 何もやる気が起きない自分はダメだと思ってしまい、その思考が頭の中でループします。 ですがそれでは余計にやる気を失うばかりですので逆効果です。 自分を責めることをしてはいけないです。 友人と会って自分を責める気持ちを忘れてしまう 気心の知れた友人と会うことで、自分を責める気持ちを忘れられます。 とても気心の知れた友人なら、何もやる気が起きないような心理状態でも会いやすいはずです。 友人と会うことで、自分とは違った考え方を直に知ることができますよね。 そうすることで自分を責める気持ちは薄れていきますし、何もやる気が起きないことを思い切って相談するのも、良い意味での気持ちの変化につながります。 自分を責める気持ちを忘れてしまう対処法として、友人と会うのは効果的です。 家族と積極的にコミュニケーションを取って大切にされていることを実感 家族と積極的にコミュニケーションを取れば、大切にされていることを実感できますよね。 実感できれば、自分を責める気持ちはなくなっていきます。 何もやる気が起きない時は、どうしても一人で抱え込んでしまいがちですよね。 その結果自己嫌悪に陥ってしまうなど、一人で悶々とすることがどうしても多いです。 それでは自分を責める気持ちが止まらなくてしまいますので、人間関係の基本である家族と積極的にコミュニケーションを取り、大切にされていることを実感すると心が前向きになれます。 何もやる気が起きない時の対処法はさまざま なぜか何もやる気が起きない時の対処法はさまざまですので、これらの対処法を試せば何もやる気が起きない状態から脱せられるかもしれません。 ただ仮に何もやる気が起きない状態が続いたとしても、それで自分を責め続けるのはよくないです。 責任感が強い人ほどそのような思考に陥りやすいですが、何もやる気が起きないのは心が疲れ切っている場合が多いです。 そのような状態で無理に動こうとしても空回りするだけですので、焦らずゆっくりと対処していくことが大事です。 今はスピード社会ですので、時間に追われた生活をしている人は少なくありません。 そのせいでいろいろと悩んでしまいがちですし、何もやる気が起きない状態になってしまうこともあります。 ですがそうなっても自分を責めるのではなくさまざまな対処法を行うことが、心の状態を好転させるためによく意識したいことです。 パートナーがまったくやる気を失ってしまったら 「最近、妻がご飯を作ってくれなくなった…」「以前は元気だったのに、妻の気分が沈んでいて話もしてくれない…」そんな、夫婦間の悩みを抱えていませんか? 「なんとかしてくれ!」と妻にキツく当たってしまって、険悪なムードになる日々を繰り返してしまったり…周りの人に相談しようにも、なんだか情けなくて、こんなこと誰にも相談できませんよね。 特に、結婚当初は上手くいっていたのに、なぜだか最近になって上手くいかなくなった場合には、要注意です。 そんな時は必ず、何か原因があるはずです。 でも、どうすればいいのかわからない…そんな場合は、まず以下の方法を試してみてください。 なぜ何もやる気が起こらないのか聞いてみる 夫婦間の悩みは、ちょっとしたすれ違いから始まってしまうこともあります。 この方法で、少しでもあなたたち夫婦の悩みが改善されれば幸いです。 まずは優しく、聞いてみてください。 もしかしたら奥さんには、何かに不満があるのかもしれません。 それは自分に対してなのか、社会に対してなのか、それともあなたに対してなのかもしれません。 でも、ただ改善して欲しいことを要求するのではいけませんよ。 まずは冷静に、相手の言うことにゆっくりと耳を傾けてみてください。 最後に奥さんと話し合ったのはいつでしょうか。 もしかすると、忙しくて会話する暇もなかったりはしませんか? 奥さんがどうして何もやる気が起きない状態になってしまったのか、きっと途方に暮れてわからない状態なのではないかなと思います。 あなたもあなたで、何かに不満を抱えているから、奥さんに優しくなれないのかもしれません。 思い当たることはあるでしょうか?もしかしたら、意外なところに問題の原因が見つかるかもしれませんよ。 原因があるなら一緒に改善する 例えば、奥さんが家事と仕事をどちらもしていて、精神的にも体力的にも疲れているのかもしれません。 もしその場合は、、子どもさんがいる場合はベビーシッター等にお願いするのも良いですね。 もし奥さんが、あなたの行動に不満があるのなら、できる限り改善してあげましょう。 「なんで俺ばっかり!」と思うかもしれませんが、結婚した当初を思い出してみてください。 夫婦というのは、助け合うものです。 どちらかが辛い時は、支え合うのが夫婦です。 あなたが過去に辛かった時、奥さんは何もしてくれませんでしたか?きっとこれまでは、助け合っていたんじゃないかなと思います。 もしも過去を思い返してみて、何一つ良いことが思い出せなかった場合は、その夫婦生活はすでに破綻しているのかもしれません。 ですがそんな方は、ごく少数派だと思います。 奥さんが辛そうだから、そんな彼女を見る自分が辛いから。 ほとんどの方は、この現状を何とかしたいと考えているのだと思います。 しかし、場合によっては「話し合い」では解決できないこともあります。 可能性の一つとしては、「病気」も視野に入れないといけません。 2週間以上改善が見られない場合 2週間以上改善が見られない場合、もしかしたら奥さんは「非定型うつ病」かもしれません。 色々試してみて、一向に症状が改善されない場合は、非定型うつ病の可能性もあります。 「うつ病」というのは有名な病名ですが、「非定型うつ病」という言葉はあまり耳にしたことがないかもしれません。 これは主に20代〜30代の女性に起こる症状で、よくあるうつ病の症状とは少し異なります。 そのため、奥さんが病気ではなく、単なる甘えのように映ってしまっている場合もあります。 「もしも病気だったら?」というのは可能性の一つですが、万が一の場合もあります。 その時は、以下の項目をチェックしてみてください。 もしかすると、あなたの奥さんにも当てはまるかもしれません。 非定型うつ病って?改善へどう進むべきか 簡易的ですが、非定型うつ病のチェックリストを作成してみました。 もちろんこれで確実に病気かどうかの判断はできませんが、参考にしてみてくださいね。 気分が落ち込んでいても、楽しいことがあると元気になる。 10時間以上眠ったのに、まだ寝足りない気がする。 朝方は気分が良くても、夕方になると気分が不安定になる。 (過眠気味になる)• 何かとよく食べるようになる。 (過食気味になる)• 常にイライラするようになる。 いくつ当てはまりましたか?これらの症状が表れているようなら、非定型うつ病の可能性があります。 非定型うつ病は、何か楽しいこと、望ましいことがあると、気分がよくなります。 普通のうつ病 定型うつ病 では、何があっても元気が出ないのに対し、出来事に反応して気分が明るくなるのが大きな特徴です。 その他、下表にあるように、タ方になると調子が悪くなる、過食や過眠ぎみになる、などの傾向もみられます。 引用元:医療法人和楽会() このように非定型うつ病は、一見するとうつ病ではないような症状が特徴です。 過食や過眠が目立つことで、「本人が甘えているような」言動が目立ちます。 なので家族や夫婦などの場合、「以前はできていたのに、最近になって何もやる気が起きないように見える」状態が目についてしまうのです。 これではなかなか、病気のせいだと気づくことができませんよね。 最近では、ネットで簡単に情報を調べられるようになりました。 幸か不幸か、それにより、素人でも簡単に病気について知ることができてしまいます。 もしあなたが「うつ病」だけを知っていて、「非定型うつ病」について知らない場合、あなたの中では奥さんは「ただの甘えた人」という認識で止まってしまう可能性があります。 それは怖いことですよね。 そうならないためにも、常に色々な可能性を模索してみてください。 今回は、その一部である「非定型うつ病」について説明していきます。 ですが、他のことが原因となっている場合もあるので、あくまで参考程度にしてみてくださいね。 どんな人がなりやすいの? 主に、20代〜30代の女性に多く症状が現れます。 幼い頃から人の顔色をうかがったり、良い子であることを目標にしてきた、優しい人に多い傾向があります。 さらに 家庭環境が複雑だったり、人間関係で恐怖心を覚えるような出来事があったりするのも要因の一つです。 また、生活習慣が乱れていたりすると、より症状を悪化させてしまうこともあります。 はっきりした原因かどうかはわかりませんが、神経伝達物質の減少も関係しているという一説もあります。 非定型うつ病の症状 気分が落ち込みやすくなりますが、楽しいことがあると元気が出ます。 また、朝方には元気がありますが、夕方になると気持ちが不安定になるのも特徴です。 過眠がちになり、10時間以上寝ているのにもかかわらず、まだ眠り足りないなどの症状もあります。 さらに過食気味になったり、常にイライラしたり、時にはリストカットに及ぶなどの言動も見られます。 うつ病とどう違うの? うつ病は「定型うつ病」というのですが、ずっと気分が落ち込み続けたり、朝から元気が出ないのが大きな特徴です。 そのため、「この人はうつ病ではないのに、だらけた生活をしている!」と思われがちです。 また、夜なかなか眠れなかったり、食欲のなさが目立ったり、常にボーッとしているのもうつ病の特徴です。 先ほどの非定型うつ病とは反対の症状が見られますね。 もちろん病気ならば、専門の医療機関に行くことをおすすめします。 それでも当人がなかなか病院へ行きたがらなかったり、見るからに命に関わるほどの症状が表れていない場合は、まずは以下のことを試してみるのも良いかもしれません。 ですが、明らかに状態がおかしい場合などは、迷わず医療機関に相談してみてくださいね。 まずは生活習慣を整えよう まずは規則正しい生活習慣を取り戻すことが先決です。 仕事などに行けていない時は、辛くても職場に向かったりして「いつも通り」のリズムを取り戻すことが大事です。 昼夜逆転をしている場合はそれを戻したり、三食きっちり摂るようにしたりと、身近なことから改善していきましょう。 簡単な運動をするのも良いですね。 散歩をしたり、家事をしてみたり、とにかく何か目標を持つことが大事です。 非定型うつ病の人への接し方 うつ病の場合は「頑張れ!」と励ましたりすることは禁句、というのは有名ですよね。 しかし非定型うつ病の場合は、励ましたりすることがかえって症状を改善させることもあるのです。 いつも通りに朝起きたり、仕事へ向かったりすることが、非定型うつ病の場合には効果的です。 ただし、きつい言葉を浴びせるのではなく、優しく見守ってあげることが大事です。 本人のやる気が出るように、しっかりと根気強くサポートしてあげてくださいね。 きちんとした医療機関に相談する 素人判断では、「うつ病」と「非定型うつ病」の判断は難しいです。 もしかすると他の病気の可能性もあるので、その時は奥さんと一緒に病院へ付き添ってあげてくださいね。 奥さんも自分の状態が不安で苦しんでいるかもしれません。 無理をせず、その旨を専門の医師に伝えてみてください。 夫婦の問題は、なかなか表面化しづらいです。 それゆえに、なかなか状況が改善されなかったりもします。 何が原因で、どうすれば良いのか?今回は一例として、「非定型うつ病」をご紹介しましたが、これはすべての人に当てはまるわけではありません。 特に病気の場合は一人で抱え込まずに、周囲の人に相談してみることも大事です。 もちろん、病院の先生でも良いですよ。 夫婦間の問題であれば、まずは夫婦で話し合う。 そして、他の家族や友人などにも相談する。 最終的には医療機関に行き、正しい治療をしてもらう。 これがとても大事なことですね。

次の