前髪 丸顔。 丸顔に似合う前髪は?気をつけるポイントも合わせてご紹介!

おでこが広い女性に似合う髪型17選!前髪ありなし別に紹介!

前髪 丸顔

Contents• なぜ丸顔だとポニーテールが似合わないのか? そもそもどうして丸顔だとポニーテールが似合わないのでしょうか? 丸顔の私が実際にポニーテールにしてみて似合わないな~と思った時の理由を紹介します。 ポニーテールにすると顔が大きく見える 丸顔でポニーテールにすると、丸い輪郭が丸出しになるので、ぷっくりした顔が目立ってしまいます。 丸顔の人は頬骨が出ている人が多く、頬の肉もしっかりついていることが多いです。 そんな輪郭でポニーテールをすると、髪を下ろしている時より顔が大きく見えてしまって悲しい思いをすることになります…。 私もポニーテールにしたときの写真を後で見て、自分の想像より顔が大きく見えてショックを受けたことがありますね…。 やっぱり、女性は小顔に見えた方が良いですよね。 前髪もポニーテールに含めるとさらに顔が大きく見える おでこを出すヘアスタイルで前髪が長い人がポニーテールを作るときに、後ろ髪と一緒に前髪もまとめると、さらに丸顔が強調されてしまいます。 雑誌に載っているようなモデルさんがそういったヘアスタイルのときは可愛く見えるのですが、自分がやると大変ショックを受けます…。 私もついつい前髪が長く伸びてしまった時に、家の中で前髪も一緒にポニーテールを作るときがあったんですが、人様に見せられる代物ではないので外では絶対できないですね。 よっぽど顔立ちが整っていないとこのヘアスタイルは失敗します。 雑誌の中のモデルさんがおでこだしでポニーテールをしているからといって自分でも似合うとは限りません。 丸顔は幼く見えるのに、ポニーテールでさらに幼く見える ただでさえ、丸顔だと幼く見えがちです。 私も丸顔のせいか実年齢より幼く見られることが多いです。 そんな幼く見える丸顔の人がポニーテールにするとさらに幼く見えることがあります。 ポニーテールって若い学生がやるイメージがあるので気を付けないと学生みたいになってしまいます…。 学生のようなシンプルなポニーテールを作ると幼く見えてしまうので注意が必要です。 スポンサーリンク 「丸顔はポニーテールが似合わない」なんて言わせない方法 では、丸顔の人がポニーテールを似合うようにするためには何を気を付ければいいでしょうか? 次は丸顔の人がポニーテールをする際に気を付けたいことを紹介します。 顔周りのおくれ毛を残して輪郭をカバー 丸顔の人が全ての毛をポニーテールにまとめてしまうと、丸顔が強調されて顔が大きく見えてしまいます。 それを防ぐために、顔の周りの後れ毛を残すようにポニーテールを作りましょう。 きっちり全ての髪をまとめるのではなく、後れ毛をふんわり残すことで丸顔のフェイスラインを隠すといいでしょう。 なかなか後れ毛を上手く残せるかどうかは手先の器用さが関わってくるので難しいとこではありますが。 ポニーテールはできるかぎり頭の高い位置で結ぶ 丸顔の人が小顔に見せたい場合は、頭の上の位置でボリュームをつけるといいでしょう。 トップにボリュームを持っていくことで顔のバランスがひし形に近づくので、丸顔感が薄れます。 ポニーテールも頭の高い位置で結び目を作ることでトップにボリュームを持っていくことが出来ます。 丸顔の人がポニーテールを作る場合は、頭の高い位置で結ぶようにしましょう。 髪をコテやパーマでくるくるにする ストレートの髪をポニーテールにすると、どうしてもスッキリしすぎてしまって輪郭が強調されてしまいます。 そんなときは、ポニーテールを作る前の髪をコテやパーマでくるくるにしておきましょう。 そうしておけば、簡単に結ぶだけでもふんわり感がでるので顔の輪郭を隠してくれます。 さらにくるくるさせているだけで可愛い雰囲気にもなるので簡単に出来ちゃいますね。 髪の毛をくるくるにすることでおしゃれな雰囲気が簡単に出せちゃうので私も基本的にパーマをかけていることが多いです。 パーマをしていると朝のセットも楽できるのでいいですよ。 大き目のヘアアクセをつけて輪郭から注目を逸らす リボンなどの大き目のヘアアクセをつければ、まずそのアクセに注目がいきますよね。 ヘアアクセをつければそれだけで華やかな印象になるし、輪郭からも注目を逸らせるので良いです。 リボンは会社などで禁止されているし年齢的にも合わないという方は、大人の女性が会社で付けても違和感のないヘアアクセもいっぱい発売されているので、そのようなヘアアクセを選ぶといいでしょう。 クリップ系のヘアアクセなら手先が不器用な人でも簡単につけられるので使いやすいです。 私は不器用なのでクリップ系を使うことが多いです。 前髪はちゃんと作って前に出す 前髪も一緒にポニーテールにしてしまうと、輪郭が強調されてしまうので丸顔感が増してしまいます。 そうならないためにも前髪はきちっと作って、ポニーテールをする際は前髪をおろすようなスタイルにしましょう。 私も前髪がすぐ伸びてしまうので、前髪を流していることが多いのですが、ポニーテールをする季節には必ず前髪はつくるようにしています。 前髪を出すようにすると、顔が見える範囲が狭くなるので小顔に見えますので、前髪を伸ばしているという方も、ポニーテールの季節にはぜひ前髪を作ってみてください。 前髪ってすぐ伸びるからメンテナンスが大変なんですが、前髪があるのとないのではかなり印象が変わってくるので、こまめにメンテナンスをしましょう。 スポンサーリンク.

次の

前髪ありなし、どっちがいい?顔型別の似合う前髪&印象特集

前髪 丸顔

この記事もチェック• 小顔に見えるのは前髪あり・なしどっち…?顔が小さく見える前髪のポイント まずはどんな前髪が小顔に見えるのか、切り方やセットのポイントを押さえておきましょう。 顔だけでなく頭までもっさりと大きく見え、その結果スタイルが悪く見えてしまうこともあるので避けた方が無難です。 眉毛が見えるくらいの長さなら問題なしですが、おでこが半分以上見えるような長さだと小顔に見せるのは難しいかも。 が、ピタッとタイトにまとめすぎると顔まわりを隠すことができずあらわになってしまうので、輪郭の主張が目立ってしまいます。 ストンと落ちるようなまっすぐすぎる前髪だと、縦のラインが強調されてしまうので面長さんの顔の長さをより目立たせてしまいます。 ふんわりとした流れをつけてあげることで、顔の長さを目立たせることなく小顔効果が狙えちゃう。 透け感のあるシースルーバングも、縦の長さが際立つ前髪なので面長さんは避けた方が良さそう。 重ための前髪でおでこをしっかりと隠せば、顔の長さをさりげなく隠すことができますよ。 面長をカバーしつつ小顔に見せてくれる《前髪なし》の髪型 大人っぽく見られることが多い面長さん。 雰囲気的には前髪なしのヘアスタイルがよく似合うんですが、顔の長さをカバーするのが難しいので人一倍バランスに気をつけて。 前髪なしにするなら分け目はセンターからずらす、ストレートではなくパーマをかけるなど、のっぺりと見えないように工夫してみて。 この記事もチェック• 【丸顔さん用】小顔に見える前髪ヘアカタログ ふっくらとした輪郭の丸顔さんは、前髪あり・なしどちらにするにしても縦の長さを強調してあげるといいですよ。 さらに幅狭め&サイドを長めに残す前髪の切り方にすれば、顔の横幅を錯覚で狭く見せることもできて小顔効果は抜群です。 ショートヘアは輪郭をカバーできないので丸顔さんが苦手としがちですが、前髪をふっくらとセットして頭〜顔の長さをごまかしてしまえば、丸顔に感じさせないヘアスタイルに仕上がります。 丸顔をカバーしつつ小顔に見せてくれる《前髪なし》の髪型 丸顔さんのふっくらとした輪郭をすっきりと見せるには、前髪なしのヘアスタイルでスタイリッシュに仕上げるのがおすすめ。 この記事もチェック• 【ベース型さん用】小顔に見える前髪ヘアカタログ 角ばった輪郭のベース型さんは、エラや顔の横幅が気になりますよね。 ベース型をカバーしつつ小顔に見せてくれる《前髪なし》の髪型 前髪なしにするなら、ゆるっとセットしてエラをさりげなく隠してみて。 輪郭の特徴や小顔効果が狙えるポイントさえ押さえておけば、顔の大きさをカバーするのが簡単なことがわかりましたね。

次の

丸顔に似合う前髪は?気をつけるポイントも合わせてご紹介!

前髪 丸顔

小顔になりたい... !女性なら誰もが思う願い。 そんな思いを叶えることができる重要なパーツといえば前髪。 前髪の作り方次第で顔を小さく見せることができます!絶対小顔に見える前髪の切り方やスタイリング法って?丸顔さん、面長さんのそれぞれの輪郭悩みを自然にカバーしてくれる小顔見せバング特集です。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ 顔がデカいって悩む人にすすめたい前髪【小顔見えバング】 動きのある前髪をサイドにつなげて小顔効果抜群 \ラフなナチュラル感でも、女っぽスタイルに/ 今っぽい無造作なカール感で、ギリギリ結べる長さを残したボブヘア。 梅雨・夏に向けてパーマをゆるくかけておくとシャレ感もアップし、スタイリングも楽チンになります。 自粛期間に伸びきった髪をスタイルチェンジするにも、今季、パーマスタイルは一押しです!クシュっと動きをつけた前髪は、サイドとラウンドで繋げることで顔型をカバーして小顔効果も。 女性らしい柔らかさのあるパーマデザイン。 おしゃれを楽しみたい人、ボリュームが欲しい人、髪の癖が活かせるので癖が気になる人はぜひトライして。 \前髪&スタイリングのポイント/ 前髪は目の上でカットし、顔まわりのラインがラウンドするように繋げます。 スタイリングは、根本を立ち上げながら8割ほど乾かしたらスタイリング剤を塗布します。 おすすめはツヤ感と束感がつくれるバーム。 目の上ギリギリのハネ感バングがおしゃれ \パーマの軽さをプラスした短めボブは、小顔効果もバッチリ!/ 気温の上昇につれて、髪も軽やかにスタイルチェンジしたい。 そんな気分にぴったりなのがこちらのボブヘアです。 外ハネ+パーマ+長めの前髪が、エアリーで抜け感を演出してくれます。 また、顔まわりにおくれ毛をつくることで、面長でも丸顔でも万能に骨格修正をして、小顔見せ効果も。 前髪ありでも、長めバングなので幼く見えません。 カジュアルで大人可愛いボブ。 パーマ無しでアイロンでも作れますが、パーマをかけた方が湿度が高くても崩れにくく、時短ヘアを叶えるのでおすすめです。 \前髪&スタイリングのポイント/ 顔まわりにおくれ毛をつくるのが小顔効果のポイントに。 前髪は目の上ギリギリの長さで空気感がある仕上がりに。 スタイリング剤はバームとオイルを混ぜて、全体に揉み込みます。 涼しげな長めシースルーバングで軽やかに \タイトなフォルム、長めのシースルーバングがオシャレ感を演出/ 引き続き人気のマッシュショートボブもシースルーにすることで、ぐっと軽やか仕様に!骨格に合わせた丸みが、シンプルだけどピュア感漂うスタイルです。 前髪も今オーダーの多い、長めのシースルー。 程よい抜け感がおしゃれに見せてくれると人気です。 また、この長め前髪からサイドにラウンドしてつながるカットラインにすることで、顔の幅をカバー。 丸顔・面長の人にもおすすめです。 カットでスタイルがほぼ完成しているので、スタリングはドライヤーとオイルのみ。 朝のお手入れも簡単なヘアです。 サイドを耳掛けすれば、今っぽさ増し! \前髪&スタイリングのポイント/ サイドはリップラインの長さで、瞳の位置でカットした前髪とつなげます。 骨格に沿ったラインにすることができるので、どんな顔型にも調節可能。 スタイリングはドライヤーを放射線状に全体にかけます。 ヘアオイルを内側からまんべんなくささっとつければ完成。 最後に片方の耳に髪をかければ、ぐっと今っぽいスタイリングになります。 目尻を隠すと小顔に見える!錯覚ショートヘア \小顔になれる絶対ヘア! ひし形シルエット/ とにかく小顔になりたい人は必読。 髪型次第で輪郭はスッキリ見えます。 そんな魅力的なスタイルとは、トップにボリュームを出したひし形のショート。 ふわっとしたひし形ヘアで輪郭を包むと、顔はキュッと小さく見えます。 これはまさに、錯視を利用した髪型。 見た目の印象で、実際の顔の大きさより小さく見せることができるんです。 トップのボリュームだけでなく、前髪や襟足の作り方にも秘密あり。 目尻を隠すように前髪を流すと顔の面積が必然的に小さくなるし、襟足をタイトに作ると顔周りのふわっと感が際立ち顔がスッキリ見えます。 そんな計算された小顔に見せるための錯視ショート。 輪郭マッサージの効果にヤキモキしている間に、サロンに行く方が賢明です! \前髪&スタイリングのポイント/ サイドはあご下、やや前下がりにカット。 前髪はリップラインからサイドに繋げてカットします。 長め前髪でおでこにヌケ感を作ると重たくならず、大人かわいい印象に。 トップにボリュームが出るようにレイヤーを、襟足をタイトにカットするとひし形シルエットが作りやすくなります。 分け目がパカッと割れないように、トップを乾かすときは毛束を手前に引き出し指の腹で地肌をこすりながら乾かします。 表面がふわっとするようにトップと前髪の毛束に太めのマジックカーラーを根元から巻き付けて。 5分くらい経つと自然なカールに。 ソフトワックスを全体にもみ込み、襟足はタイトに、トップの毛先は後ろに流れるようにします。 前髪は目尻を隠しつつ、毛先はトップのふわっと感に繋がるように流せば完成です。 カットベースでひし形を作っているので、スタイリングは表面をカーラーで巻くだけのラクチンヘア。 ひし形シルエットはパッと見の収まりが良く、上品な印象を与えます。 また長め前髪で大人かわいい印象にも。 小顔だけでなく、欲しいが詰まった優秀ヘア。 小顔になりたい人はもちろん、髪型チェンジに悩んでいる人にもぜひおすすめしたいスタイルです! 厚めバングのマッシュシルエットで小顔に \絶壁を感じさせないふんわり丸いシルエット/ 髪型次第で絶壁をカバーし、頭の形をキレイに見せることができます。 そのスタイルとはズバリ、ショート。 後頭部で毛量調整しながら毛先を動かすので、丸いシルエットを自然に作ることができます。 でもショートはクールになりがちでちょっと苦手…という人におすすめしたいのが、こちらの前髪ありのショート。 やや厚めの前髪を作り、さらに後頭部はふんわり丸いシルエットなので、ショートでも柔らかくかわいらしい印象に。 ショートに抵抗がある人でも、思い切ってカットしてみれば新たな自分に出会えるはず。 今までの悩みを克服できるスタイルなので、絶壁に悩んでいる人は今すぐお試しあれ! \前髪&スタイリングのポイント/ 前髪は厚め、顔周りを包むようにややマッシュっぽくカットすると小顔効果にも。 前髪の表面も軽く巻いて丸みをつけるとかわいらしい印象に。 重たくならないパウダー系のワックスを根元にもみ込むと、立体的なボリューム感と束感をKEEPできます。 でも夏のバカンスは、明るめカラーで遊びたい!という人も多いはず。 そんな人におすすめしたいのがこちらのボブ。 全体がハイトーンなわけではなく、ベースは上品なアッシュベージュで、絶妙なハイライトによって明るく見せています。 先にハイライトを入れた上からトーンを落としたアッシュベージュを重ねているので、境目が浮かず自然な立体感だけを演出します。 カットは表面のレイヤーで動きを出しつつ、前髪があるので軽くなり過ぎない外ハネボブ。 夏のバカンスを盛り上げること間違いなしのスタイルなので、ぜひ参考にしてみて! \前髪&スタイリングのポイント/ 前髪は眉にかかる長さで、隙間が作れるように毛先を調整してカット。 サイドは襟足から3cmのワンレンベース。 動きが欲しい顔周りや表面にはレイヤーを入れます。 顔 周りを外ハネにするとフェースラインが隠れて小顔効果も期待できます。 前髪は真っすぐ下ろさず、毛先に軽く隙間を作って。 軽く耳掛けをし、ウエット系のスタイリング剤を全体の毛先にもみ込み、束感と立体感を出せば完成です。 女性らしさが叶う流し前髪ふわふわショート \ラフに動く毛先は、女っぽさと骨格矯正のW効果あり!/ 一歩間違えればボーイッシュになり過ぎたり、顔が大きく見えたりしがちのショート。 おしゃれにスタイリングするのは難しそうで、挑戦したいけれど足踏みしている人も多いのでは? そんな人におすすめしたいのがこちら。 またフェースラインをカバーできるので小顔効果も抜群。 さらにスタイリングは簡単なアイロン使いでOK。 \前髪&スタイリングのポイント/ 前髪は流せるように目の下でやや長めにカット。 サイドは前下がりになるようリップラインでカットし、バックは耳上のラインに丸みが出るようグラデーションにカットします。 スタイリングで毛先をふわっと巻くことを想定し、気持ち長めにカットするのがポイントです。 乾かすときはトップの根元をつぶさないように注意。 丁寧に行わず、あえて手ぐしでバサバサッと乾かす方がラフな空気感が出やすくなります。 全体の毛先を32mmのヘアアイロンでワンカールします。 また一回の毛量は気にせず、ランダムに取って巻いていけばOK。 ヘアクリームを手のひらに伸ばし、巻いた毛先をくしゃくしゃっと崩せば完成です。 前髪が目にかかるときは毛先を軽くサイドに流しましょう。 ラフさを活かしたスタイリングなのでとにかく時間がかかりません! 不器用な人にもおすすめのスタイルです。 また後頭部がふわっとするので、絶壁など頭の形が気になる人もぜひtryを。 外ハネ前髪なら頬骨をカバーできる \頬骨の高さを長めの前髪でカバーしてキュッと小顔に/ 顔の大きさが強調される原因の頬骨に、外ハネにした長めの前髪をはらりとかぶせて小顔に錯視。 髪の表面にはレイヤーを入れて顔周りをリバースに巻くと、バランスの良いひし形フォルムが完成。 前髪は流さず隙間を開けると小顔に見える! \前髪は斜めに流さず、まっすぐ下ろして隙間をあける/ 眉下くらいの長さだとつい流してしまいがちな前髪も、小顔見せのためには下ろし+隙間あけが鉄則。 ツヤ質感ワックスで引き締めるのもお忘れなく。 「丸顔」にお悩みの人におすすめの前髪 透けバングは長めにして大人っぽく \小顔見せを叶えるひし形シルエットのミディ/ ひと昔のウルフのようにがっつりレイヤーではなく、アウトラインには厚みを残しつつ、表面に独立したレイヤーを入れたミディウルフ。 顔まわりのレイヤーを骨格に合わせて入れることで、ひし形シルエットとなり美人見え効果も抜群です。 幼く見えやすいシースルーバングは、長めに設定にして大人女性にマッチするデザインとなっています。 束間をしっかり出すことがスタイルの最大ポイント!丸顔さんや柔らかい髪の質感に見せたい人、作り込み過ぎないおしゃれヘアにしたい人におすすめです! \前髪&スタイリングのポイント/ 顔まわりと表面にレイヤーをたっぷり入れます。 シースルーバングにするために奥行きを狭く取り、巻いて目にかかる程度の長さにカットします。 ドライ後、前髪はマジックカラーで巻いておきます。 32mmのアイロンで全体を外ハネにしてから、表面は内巻きにワンカール。 スタイリング剤はヘアオイルを毛先中心に均一となるように揉み込みます。 この時、つけ過ぎに注意!手に残ったオイルで、顔まわりと前髪の束感を丁ねいにつくるのがシャレ感アップのポイントに。 束感が髪の動きを演出し、ひし形シルエットに整えることで小顔見せにも。 狭めにとったシースルーバングの浮遊感がかわいい \浮遊感のあるボブは、おくれ毛効果で小顔もアリ!/ 風にふわっと吹かれたような毛先のスウィングが魅力のボブ。 大人かわいいだけでなく、内巻き&外ハネのランダムな動きで柔らかな質感をプラスして色っぽスタイルに。 カジュアルさとフェミニンさの表情があり、欲張りな女心を満たしてくれます。 透ける前髪と浮遊感のある毛先のボブ。 レイヤーを入れることで絶壁も解消してくれます。 軽やかな浮遊感をアップさせたいならアッシュベージュとのベストマッチを楽しんで。 \前髪&スタイリングのポイント/ 前髪は三角ベースで狭めにとり、シースルーバングに。 骨格をカバーするため、前髪の目尻横に短めのおくれ毛をつくります。 丸顔童顔さんは縦ラインを強調した前髪で小顔な大人顔に \頬ラインで揺れる長め前髪が、縦長効果と小顔効果に/ 丸顔や顔のパーツが中央に寄っていると童顔に見られる傾向あり。 ヘアで縦のラインを作ってあげると、グッと大人っぽい印象に変わります。 とはいえ、ただ髪をストンと肩に落としただけでは色気ゼロ。 肩先でラフに揺れる毛先やサイドに流れる長め前髪で、ふっと力の抜けたような色気を作り出せます。 ここで重要なのが、長め前髪を流す位置。 頬ラインで流すと、丸い輪郭を隠しながら毛先と一緒に視線をサイドに誘えます。 これで丸顔の印象をカムフラージュでき、また単純に顔が隠れるので小顔効果にも期待大。 このヘアはとても大人っぽく色気のあるスタイルです。 これを童顔の人がやるからこそ、アンバランスさが魅力に。 ふわっとヌケ感のある裾は、もともと柔らかな雰囲気がある童顔の人にベストマッチ。 顔の悩みを克服するだけではなく、それを味方につけるスタイルです。 \前髪&スタイリングのポイント/ 前髪は頬ラインからサイドに流れるようにカットします。 顔周りにレイヤーを、全体の中間から毛先に毛量調整カットを。 シアバターなどトリートメント系のスタイリング剤を全体の中間から毛先にもみ込みます。 1回転半の内巻きパーマは毛先をランダムに動かしやすく、内・外に重なるカールを作れます。 これが色っぽいヌケ感に。 前髪にもスタイリング剤をなじませ、毛先をサイドに流せば完成です。 サイドで輪郭をつつみ前髪で抜け感をプラス \前髪に隙間を作って縦ラインを強調!/ 丸顔カバーの秘訣はサイドをコントロールして鋭角なひし形フォルムにし、出来るだけ顔の露出面積を少なくすること。 さらに前髪に隙間を作って縦のラインをプラスすることで、顔の丸みが目立たなくなる上、顔の隠し過ぎも防げて、自信のある表情に。 前髪のポイントは、幅は狭めに 隙間を作って 縦ラインを強調!サイドは、輪郭を覆いながら チークラインで 自然に広がるひし形 フォルムを作る。 眉下くらいの長さで、顔面積を少しでも縮小するのがベスト。 しっかり隙間を作ってヌケ感を出し、フェースラインに視線が集中しないよう肌見せバランスもコントロール。 「面長」にお悩みの人におすすめの前髪 ペタンとしやすい人にもおすすめなカジュアルバング \フェミニンなアクセントをプラスした大人カジュアルヘア/ 風を運んでくれるような明るく元気なイメージのショートボブ。 大人カジュアルの決め手は、動きと毛束をメイクするナチュラルなニュアンスパーマと目を引くバングにあり!また、マッシュラインの柔らかい丸みのあるシルエットにすることで、カジュルアルの中にフェミニンさを盛り込んだ欲張りスタイルに。 マッシュには顔まわりをすっきり見せる効果もあります。 ハイライトで立体感を出しつつ、暖色系のカラーリングをチョイスして活発な印象に。 髪の動きが出にくい人やペタンとしやすい人、面長さんには大プッシュしたいショートボブです。 \前髪&スタイリングのポイント/ 前髪を目にかからない長さに設定し、顔まわりをマッシュラインで繋いでから流しやすくするためにレイヤーを入れます。 ベースはショートボブにカットし、全体にもレイヤーを。 前髪は大きく1カール巻きます。 ノンパーマなら、26mmのアイロンでフォワード&リバースに巻いて毛先の動きをしっかりつけます。 スタイリングはややセット力のあるミルクワックスやソフトワックスを毛先から揉み込み、全体の質感を揃えて整えます。 最後に前髪の毛先に塗布したらフィニッシュ。 マッシュベースの前髪で輪郭カバー \アンニュイでピュアさが漂うスタイル/ 緩やかなパーマとウェットな質感で魅せるショートヘア。 こなれ感があり、おしゃれ感度の高い人にフィットするスタイルです。 ショートのパーマスタイルでも、縦長カールで巻くことで、ボリュームを抑えた小頭を実現しながら、動きをプラス。 クールやミステリアスといった雰囲気を演出し、注目度されているアンニュイ女子のムードに。 幅広い年齢層におすすめできるこちらのショート。 バングをマッシュベースでつくり、面長のカバーも。 髪の動きが出にくい人、簡単にスタイリングしたいという人はぜひチャレンジして。 \前髪&スタイリングのポイント/ トップは重めに、前髪はすっかり目が隠れるくらいの長さでカットします。 セニング&スライドカットで量感調整をします。 前髪は太めのロッドで内巻きに巻きます。 スタイリングは手軽で簡単!7割ほどドライヤーで乾かしてから、スタイリング剤を全体的につけてから、ムギュっと揉み込んでカール感を調整します。 スタイリング剤は、ウェットな質感とツヤ感を出すバームを選んで。 丸みをつけた流し前髪で面長さんを小顔に \前髪をサイドに流して、おでこの肌面積を削る/ 8:2くらいに前髪をけて、サイドに流す。 切りそろえた前髪に頬にかかる毛束で輪郭をカバー \頰にかかる毛束を作り丸みを際立たせる!/ ふんわり丸いマッシュフォルムのショートヘアが、顔の長さをカムフラします。 さらに、頰にかかる毛束を丸くラウンドするようにカットし、輪郭にふわっと沿わせることで顔周りに丸さが加わり、均整のとれた小顔に出合えます!丸みを帯びた毛束を 頰周辺に作るのがポイント。 幅広めの直線前髪で面長から小顔に \広く直線的にカットしたフルバングで横幅をつける!/ 横のラインと丸みを足し、輪郭の長さとのバランスをとるのが面長カバーの極意。 そのため前髪は、目尻の位置まで幅広く作るのがコツ。 サイドは、エラの位置でラウンドしたマッシュ形に。 頰にかかる毛束も作れば、丸みが増して小顔効果がアップ!前髪は、広く直線的にカットしたフルバングで横幅をつける。 サイドは、程よくラウンド させて顔周りに 丸さをプラス。 顔が小さく見える「前髪なし」スタイル ふんわりかきあげがいい女感を増長 \グラデーションベースの丸みと、毛先に遊びのある色っぽヘア/ いざショート!と、なるとちょっとドキドキしてしまいますよね。 ショート初挑戦の人や、子供っぽくなるのが不安な人、女らしいイメージにしたい人に一押しのスタイルがこちら。 ショートにしたいけど顔まわりの長さは残すことで女らしさをキープし、日本人の骨格に合うひし形シルエットがオススメです。 襟足をキュッとタイトにすることで、首をすっきり長く見せることができ、小顔効果も絶大。 長め前髪がスタイルの鍵となるショートは、レイヤーの軽やかな動きが旬なニュアンスをプラス。 また、根元のふんわりとした立ち上がりが、女っぷりを上げてくれます \前髪&スタイリングのポイント/ サイドの長さをあご上に設定して、ウェイトラインが頬骨となるように低めのレイヤー入れます。 毛量調整をやや軽めにすることでスタイリングが楽チンに。 タオルドライをしたらヘアオイルを全体的に馴染ませてから乾かします。 前髪のふんわり感がポイントなので、手でかき上げながらドライします。 空気感のあるラフなスタイルは、ざっと乾かすだけでもOK。 ニュアンスが欲しい時は、前髪の毛先をアイロンでワンカールさせると耳にかけた時にもおしゃれな印象になります。 ツヤと自然な束感、そして素髪のようなナチュラルな仕上がりを引き出すように、スタイリング剤はオイルクリーム、もしくは柔らかめのミルククリームを選んで。 ボブは首元にボリュームがある三角形スタイルでかわいらしい印象。 ショートボブはボブをグッと短くしたスタイルで、全体的に短めですが顔周りは長いのでボーイッシュにはならず女性らしさがあります。 前髪を作らずおでこを出せば、よりすっきり見えてデキる女風に。 まさにショートボブは、女性らしさを残しながらカッコ良さを表現できる大人女子に嬉しいスタイルです。 また、前髪を作らず顔周りに縦のラインを作る、頬ラインにボリュームを出しあごラインに沿ってシャープになるようひし型にカットする、などを考慮すれば、丸顔をカバーし小顔効果にも期待大。 大人っぽく見せたい、きちんと感がほしい、小顔になりたい…そんな人は今すぐショートボブにTRYすることをおすすめします! \前髪&スタイリングのポイント/ 表面に動きを出しやすくするためレイヤーを入れ、リップラインでカットした長めの前髪を作ります。 正面から見たときは毛束がなじむので前髪なしの印象に。 この毛束により顔周りに動きが出て、表情が明るく見えます。 全体の毛先にシアバターをなじませ、頬ラインに立体感が出つつあごラインに沿って毛先がキュッとシャープになるように整えます。 顔周りの毛先に束感を作り軽く動かせば完成です。 前髪に立体感が出ない人は、前髪の根元に極少量のシアバターをなじませると髪にコシが出て立ち上がりやすくなります。 ノーバング(前髪なし)ロブ(ロングボブ)ならおしゃれで小顔 \ノーバングロブって?/ ノーバング(前髪なし)ロブ(鎖骨よりも少し長いロングボブ)のこと。 おでこを出すことでカジュアルさと女っぽさが両方手に入るノーバングロブは、長すぎず短すぎない絶妙なレングスだから、ヘアアレンジも自由自在!に誰にでも好感をもたれる王道さにおしゃれ感が加わるだけでなく、縦ラインを強調することで小顔効果も! \ゆるんとした毛先の動きが柔らかさを醸し出す/ 前髪は重たくならないようあごラインに設定し、鎖骨下5cmから前上がりにカット。 顔周り&ハチから上のみにレイヤーを入れて毛先の動きを出やすくします。 知的おしゃれなセンターパートもおすすめ。 \少し重みを残すのが大人のニュアンス/ やや前下がりのカットでシャープさを出すことで、甘くなりすぎないように調整します。 毛先には重さを残したまま内側だけに軽さを入れると、程よい重みを出す束感と空気感が両立した新鮮なロブスタイルに。 迷ったらコレ!あなたに似合う【前髪診断】にTRY 人気サロン「MINX」のトップスタイリストが監修!あなたに似合う前髪は? 丸顔?面長?診断テストであなたに「似合う前髪」が判明!顔の印象を大きく変える前髪。 一体どんな前髪にすればお洒落に、そしてフェースラインが綺麗に見えるの?顔の形、毛量、髪質で分かる「似合う前髪」診断をして、あなたの新しい魅力を引き出すヘアスタイルに挑戦してみましょう! 監修してくれたのは…MINX 青山店 副店長 清水豊さん 一人一人丁寧になりたいイメージとライフスタイルに合わせたヘアスタイルが人気のトップデザイナー。 お手入れしやすい再現性の高いカット技術でお悩みを解決し、今の髪の状態に合わせたベストな似合わせヘアが好評。

次の