ピクスタ。 ストックフォトのPIXTAで副業したい!売れる写真とは?

Pixta

ピクスタ

竹内さんは自宅スタジオで奥さんの協力も得ながら「売れる写真」を徹底追求 東証1部上場の金融会社に勤めていた竹内正人さん(40)が、本格的なデジタル一眼レフカメラを初めて買ったのは2006年だ。 それから約8年。 竹内さんは今、「写真を売って」生計を立てている。 直近の月収は約80万円にも上る。 年収1000万円プレーヤーとほぼ同等だ。 驚くのは竹内さんがつい最近まで会社員だったこと。 アマチュアカメラマンながら、一流企業サラリーマン並みの収入を副業で得てきたのである。 今年10月、竹内さんは19年勤めていた会社を辞めた。 いわゆる脱サラだ。 「写真は好きじゃない」 ところが竹内さんに聞くと「私はもともと写真好きでもなんでもなくて、今もそう」。 つまり、写真好きが高じたワケではないという。 そんな竹内さんが、どうやって月収80万円を稼ぐようになったのか。 始まりは2007年5月。 写真投稿サイト「PIXTA」(ピクスタ)にクリエイターとして登録したのがきっかけとなる。 当時のピクスタは2006年に産声を上げたばかりのベンチャー企業。 プロ、アマ、本業、副業を問わず一般から広く写真の素材を集め、それを一般に公開して商用目的で利用したい企業などに販売するというネットサービスである。 風景や個人、動物など写真の内容はさまざま。 たとえば旅行会社がパンフレットに使う風景写真として買う、求人サイトが募集職種のイメージカットとして利用する、フリーペーパーのワンカットで掲載する、などといったような使われ方をされている。 写真の素材をピクスタに投稿するのがクリエイター。 クリエイターはピクスタが販売した売り上げのうち一定分を報酬として受け取る。 竹内さんは2013年に1214万円分の写真をピクスタ経由で売り、報酬は年収換算で約700万円に上った。 現在、ピクスタに登録する約14万人のクリエイターの中で4位。 1~3位は本業のプロカメラマンなので、副業でやっているアマチュアカメラマンとしてはトップの実績となった。 ピクスタにはクリエイターから集まった約900万点の写真が投稿されている。 竹内さんはこれまでに3万8000点の写真を投稿。 登録当初の報酬は月7000円だったが2年後には月10万円程度まで増え、それから順調に伸ばしてきた。

次の

PIXTA(ピクスタ)を使って写真販売で稼げるか試してみた!評判や審査、写真販売のやり方も徹底解説!

ピクスタ

お客様は、下記の禁止事項に該当しない範囲において、個人使用(個人的に又は家庭内等限られた範囲内における使用をいいます。 )および間接営利目的(顧客に提示するため・集客のため・衆人に告知するための資料等に使用する目的をいいます。 )で画像素材を使用できます。 詳細は、本製品に同梱された『たっぷり素材 PIXTA』使用許諾契約を必ずご確認ください。 間接営利目的の例:• チラシ・ポスター・カタログ・パンフレット等の商品又はサービスを広告する印刷物での使用• 社内報、企画書、プレゼンテーション資料等での使用• お客様は、禁止事項に抵触しない範囲で、トリミング、反転、サイズ変更、色変更、文字乗せ、簡単な合成等、画像素材の加工が可能です。 禁止事項 画像素材の使用にあたっては、加工の有無を問わず、以下に該当する使用を禁止します。 販売を目的とする製品のデザインに使用すること• 提供について有償無償を問わず、TVその他映像 TV番組、CM、映画、ゲーム等 又はデジタルコンテンツの一部に組み込んで使用すること• わいせつ又は公序良俗に反する内容での使用• 商標、サービスマーク、ロゴ等の一部としての使用、その他、画像素材を特定の企業・個人・団体・活動・サービス等の特徴的なシンボルとして使用すること• 風俗産業、ポルノ、アダルトコンテンツ、出会い系サイト他それらに準じるものでの使用• 暴力団等反社会的勢力に関連する使用• 画像素材 その作者を含む 又は被写体の名誉棄損、信用棄損、誹謗中傷、その他、画像素材 その作者を含む 又は被写体の不評につながる、又はそのような恐れのある使用 画像素材又は被写体の著しい加工・変形等に起因するものを含むがこれに限られません。 下記の注意を要する題材に関する使用 【注意を要する題材】 身体的精神的障害又は疾病、薬物、たばこ、老化に伴う諸症状 痴呆、薄毛、シミ、シワ、その他 、精力剤、暴力 DV、虐待、いじめ等 、不妊・避妊・妊娠中絶、賭博・ギャンブル、消費者金融、美容整形、遺影、情報商材等、被写体について不快と思われるような題材• 画像素材の盗用又は盗作、又はそのような恐れのある使用 画像素材を自らの作品として公表する行為を含むがこれに限られません。 被写体が特定の営業、商品又はサービスを利用等しているような印象を与える使用• 被写体が特定の宗教・政党 政治 ・思想 団体 等に所属・賛否しているような印象を与える使用• 虚偽、誤認惹起、詐欺、その他、違法な内容又は文脈において画像素材又は被写体を利用すること• 画像素材を、有償無償を問わず、転売、譲渡、再使用許諾、貸与、又は中古取引等する行為、又は第三者が利用可能な状態で画像素材をネットワーク上等に保管・蓄積する行為 その他、本契約で明示的に許諾される範囲を超えて、画像素材を利用することはできません。 免責・その他• ピクスタ株式会社及びソースネクスト株式会社は、本製品及び画像素材に関して、いかなる保証もいたしません。 お客様が本製品及び画像素材を使用したことにより生じるあらゆる障害、事故、その他損害に関し、一切の責任を負いません。 画像素材及びその説明やカテゴリ等付随する情報につき、その正確性及び完全性についていかなる保証もいたしません。 お客様は、自ら確認の上、その責任において当該情報を利用するものとします。 画像素材の製造上の物理的な欠陥については、ご購入日から90日以内に限り、ピクスタ株式会社の裁量により、良品又は同等品との交換をもって対応するものとし、それ以外の責任を負いません。 会社や商用ウェブサイトのイメージとして利用することはできる? A. はい、できます 会社の商用ウェブサイトのイメージとして利用できます。 ただし、商標、サービスマーク、ロゴ等の一部としての使用、その他、素材を特定の企業・個人・団体・活動・サービス等の特徴的なシンボルとしての使用や、虚偽や違法にあたる使用は別添の使用許諾契約にて禁止しています。 企業や商品のイメージとしてご利用になる場合には特にご注意ください。 例: ・被写体を商品そのものと誤解させるような表示 ・被写体の人物が特定の人物であるかのように偽った表示 ・被写体の人物が商品・サービスの実際の利用者であるかのように偽った表示 素材の使用にあたっては、禁止行為、使用可能範囲等、使用許諾契約をご確認ください。 購入した素材に使用期限はある? A. いいえ、原則ありません 一度ご購入いただきますと、使用期限なく何度でもご利用いただけます。 素材使用時にコピーライト表記(著作権表示)は必要? いいえ、不要です Q. 購入した素材をそのまま使える? いいえ、使えません 有償無償を問わず、素材を転売、譲渡、再使用許諾することは、使用許諾契約に基づき禁止されています(禁止行為には、第三者が利用可能な状態で素材をネットワーク上に保管や蓄積する行為も含まれます。 使用用途に適した解像度にする、デザインに組み込み第三者が勝手に素材を取得できないようにする、その他、加工を施した上でご使用ください。 また、使用許諾契約の禁止事項に該当しない範囲で、トリミング、反転、サイズ変更、色変更、文字乗せ、簡単な合成等、素材の加工が可能です。 収録されている素材のサイズは、PIXTAで販売しているどのサイズと同じですか? A. Sサイズです web用としてご利用いただくのに最適なサイズです。

次の

売れる写真と売れない写真があるよ!PIXTA(ピクスタ)で審査落ちした?

ピクスタ

昨今のサイトデザインはテキストよりもイメージ(画像)中心で構成されているのが常識ですから、サイト内で使用するイメージデーターの品質というのは集客アップや売り上げ貢献を大きく左右する要素になるのです。 そこで、少しでも製作コストを圧縮するためにはロイヤリティー(著作権)フリーな画像データーを使うことが望ましいのですが、目的に見合う高品位な画像データーを検索するだけでも相当な労力を消耗することになります。 このように画像データを取り扱うデザイン関係やWeb製作会社で仕事をする人に是非オススメしたいのが今回紹介する「ピクスタ(PIXTA)」です。 ここなら上記のような「 画像データー」に関する問題点をスッキリと解消してくれることでしょう。 豊富なストック!写真やイラストだけじゃなく動画素材も充実! 「ピクスタ(PIXTA)」最大のメリットは「豊富なイメージデーターのストックが低コストで簡単に誰でも利用出来る」という点です。 サイト製作時にプロのカメラマンを雇うと1日あたり平均で4〜5万円程度のコストが発生することになります。 しかし「ピクスタ(PIXTA)」なら• 常時1650万点以上のデータストック量• 写真素材、イラスト素材、動画素材を定額制で利用可能• 会員登録で無料素材も利用可能! というルールで利用することができます。 素材自体は有料が基本ですが、写真素材で一枚あたりのコストが39円からの定額制ですから、カメラマンに外注を出すよりはるかに低価格ですし、書店で画像データ集を購入するよりもはるかにローコストですみます。 しかも、利用出来る画像データーは高画素データーが揃っていますからレタッチしても破綻の少ない極めて高品位な画像データがダウンロードできる上に、動画素材も充実しているので、一般的なサイト製作や資料製作などならここ一箇所でカバーすることができるのではないでしょうか? 昨今はインターネット時代ですので、何かを購入したり探したりするのも、ホームページだより。 という方がほとんどだと思います。 そのホームページに、きれいな写真や動画が載せてあったら。 親しみもわきやすいですし、ここで購入しよう。 といった様な気持ちにもなりますよね。 そんなホームページ等に載せる写真素材を購入できるのが、ピクスタ(PIXTA)です。 ピクスタ(PIXTA)は人物や自然、動物や食べ物など、ありとあらゆる写真を撮り揃いている写真素材専門のサイトになります。 写真のサイズは、S(WEB用)・M(はがき、A5サイズ)・L(A4、パパンフレットサイズ)・XL(A3〜印刷用)・V(ベクター素材)の5種類をご用意。 お好きな素材が見つかったら、レイアウト確認として無料でお使いいただける確認用データーもご用意していますので、是非使用して頂ければと思います。 素材はこれでOK。 となりましたら、お支払いに進んでください。 お支払いの方法はカードや銀行振り込み、コンビニ、プリペイドカードなど、数パターンからお選びいただけます。 購入が完了しますと、ダウンロード用のURLがメールにて届きますので、これですべての手続きが完了となります。 もし、早急に素材が欲しい。 との事であれば、お支払い方法は「プリペイドカード」が良いかと思います。 これは、1プリペイド108円としてピクスタ(PIXTA)専用でお使いいただけるカードです。 事前に購入して頂くことにより、現金よりもお得に、カード情報などの入力も省けますので、スムーズに素材を手に入れることができます。 また、素材を販売したい人にもピクスタ(PIXTA)は役立ちます。 購入する人にも販売する人にもメリットがあるサイトですので、是非ご活用ください。 さまざまなビジュアル表現を可能にしてくれます。 そんなデジタル素材が1650万点以上販売されているサイトがあります。 広告代理店、アフィリエイターから年賀状や誕生日カードを作りたい人まで、1度購入しておけば、何度でも使える商用利用ができる素材を探している人に人気のサイトです。 高品質で日本人写真素材が豊富です。 こんなビジュアルが欲しいなぁというものが、ピンポイントで見つかります。 欲しい素材は1点から購入でき、その場でダウンロードができます。 定額制プランもあるので、一定期間にたくさんの素材が必要という時には、たくさん買えて便利です。 コスパが高く、手ごろな価格で品質の高い素材をたくさん使えるのが便利です。 サイトを立ち上げる時など、一時的にたくさんの素材をアップしたい時は、定額プランの方がコスパが高く使い勝手も良いでしょう。 良い素材をふんだんに使って、見た目にも魅力的でわかりやすいサイトや広告が作れます。 ニッチな職業、シーンにも対応の、多彩なデジタル素材が!.

次の